« ≪情報や本舗≫≪小林真央!みまかる≫≪市川海老蔵の最愛の妻!最良の連れ添い!≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪アンビット登録方法≫≪You-Tubeで説明≫ »

≪情報や本舗≫≪偶然と言う名のもとに発見された偉業!≫

グリシンというアミノ酸をたまたま飲んで寝た社員がいたが、これを飲んだときに偶然にもぐっすり眠れることがわかった

1

 アレクサンダー・フレミングによる世界初の抗生物質であるペニシリンの発見は、偶然の産物であったといわれている。細菌を培養したシャーレを冷蔵庫にしまい忘れたために、カビが発生してしまった。

Images_13

そのとき、細菌のコロニーがカビの周囲だけ生育が阻止されていることを見つけ出した。これによってカビに抗菌作用があることが偶然発見され、そこから抗生物質が作られて世界中の人命を救ったのである。


 島津製作所の田中耕一氏は、たまたま間違えて配合した物質を捨てるのがもったいなくて、それを実験に使用した。それで出てきた一見平凡に見えるデータをさらにしつこく分析した結果として、偶然にもたんぱく質を解析する手法を発見。これがノーベル賞につながったそうだ。


Images_19

 また、ニュートンは林檎が木から落ちるのを偶然見ていて万有引力を発見したという説もある。

しかし私は偶然が発生することが世界の大発見になっていると素直に考えていない。例えば細菌の実験をしていて培養地にカビが生えてしまった人は、本当にフレミングが最初だったのだろうか。おそらくフレミングの前にも同じ失敗をした人はいただろう。

また凡人ならば間違えた配合物質で実験などしないだろうし、そのデータを詳しく分析などもしないであろう。少なくとも木の実が偶然地面に落ちる瞬間を世界で一番最初に見た人は、ニュートンではなかったはずである。

Images_6

 私はこう考える。偶然が発生したことが世界の大発見になったのではなくて、偶然が発生したことに気がつく人がいたことが世界の大発見につながったのだと。そしてその偶然に気がつく能力があるかどうかこそが、ノーベル賞をとるような才人と凡人を分けていると。

凡人は同じ偶然が発生していてもその重大さに気がつくことができない。林檎農家はニュートンより早くまたその何倍も自然落下する林檎を見ていたことであろう。でも一番最初に引力の存在に気がついたのはニュートンなのである。 


|

« ≪情報や本舗≫≪小林真央!みまかる≫≪市川海老蔵の最愛の妻!最良の連れ添い!≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪アンビット登録方法≫≪You-Tubeで説明≫ »

【偶然の発明・偶然の発見】」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34281/65521077

Listed below are links to weblogs that reference ≪情報や本舗≫≪偶然と言う名のもとに発見された偉業!≫:

« ≪情報や本舗≫≪小林真央!みまかる≫≪市川海老蔵の最愛の妻!最良の連れ添い!≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪アンビット登録方法≫≪You-Tubeで説明≫ »