« June 2018 | Main | August 2018 »

≪情報や本舗≫≪特集アルツハイマー病とは≫≪理化学研究所≫

10


理化学研究による神経細胞死機構からのアプローチが理研「BSIニュース No.1」(1998年8月号)に掲載されていた・・・その記載内容は以下に


はじめに  アルツハイマー博士によって、1906年に健忘を示す51歳の女性の臨床経過と病理所見が報告されました。これが今日言われているアルツハイマー病の最初の報告です。


8


現在では同様の病理所見を持つ老人性痴呆を含めて、アルツハイマー病と総称しています。この病気は、初期には記銘力の低下から始まります。すなわち前に覚えたことを思い出せないなどです。中期になると病状は進行して認知能力が失われます。

つまり今日は何月何日なのか、または今いる場所はどこなのかが分からなくなります。そして最終的には高度の痴呆状態になる病気です。


Images_29

発病して10年から20年かけて徐々に進行し、死に至ります。この病気は多くの場合、老年期に発症するため血管性痴呆症と並ぶ代表的な老年期痴呆症として知られており、現在日本における患者数は約60万人程度だと推定されています。


Images_30

残念なことに血管性痴呆症と比べ、アルツハイマー病には有効な予防法や治療手段がないというのが現状です(理研アルツハイマー病研究チームリーダー 高島明彦) 


Continue reading "≪情報や本舗≫≪特集アルツハイマー病とは≫≪理化学研究所≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪唾液による遺伝子検査≫≪サイジーン社とマナテック社≫≪浜松医科大学≫

Dnaimage
昨日、テレビニュースでも流れ、各紙新聞でも報道があった(2018年7月1日)今や遺伝子検査の次のようなニュースが遺伝子情報の解析などを手がけるバイオ系スタートアップのアメリエフ株式会社のプレスリリース(2018年7月2日 9時)に

内容は国立大学法人 浜松医科大学と、遺伝子検査結果に対する医学的な位置付けを検討する・・という情報で、このフレーズから頭の中で


Img_3818

「サイジーン社の唾液一滴で遺伝子検査のキットの開発に成功し販売する(2010年のことである)という、この書き込みをブログ(情報や本舗)にあったのを思い出して反応してしまい・・・見つけ出した

Images_27

糖鎖・糖質栄養素で開発を進め、多くの科学研究者があつまっていたテキサスのマナテックと言う企業がサイジーン社のこのキットを販売契約をむすび世界に発信したことを!日本には情報だけで普及はしなかったため情報の提供だけで終わっていた

今回のことで検索・・・やはりグーグル日本語検索では見つからず英語版で「CyGene」と入力するとヒットした、現在では日本でも対応してビジネスとしても発展しているようだ・・・マナテックは関わっていない

Cygene Laboratories Incと言うラボがある⇒https://www.bloomberg.com/research/stocks/private/snapshot.asp?privcapId=6424606
日本でのハンドリングはジェネシスヘルスケア株式会社という事

当時(2010年)のサイジーン社の遺伝子検査の詳細は【コチラに!】

Bannerlogo


情報や本舗が書き綴った記事は2006年で、そのブログは【コチラ!】http://morrich.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-62d2.html

【追記】浜松医科大学と言えば、虎の門病院で病理学のトップにいた「遠藤雄三」先生が退職後、浜松医科大に籍を置いてリタ時に、マナテックのスピーカーズビューローに着席する寸前までいったことを思い出した・・・当時のジャパンのトップが「三顧の礼」を学んでいたなら実現したものを!残念至極である当時は病理と言えば虎の門が医師たちの間では通り言葉だったから

Oa

日本食品機能研究会 "がん対策”で帯津良一先生遠藤雄三先生


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪毘沙門天=多聞天≫≪須弥山≫≪美しき吉祥天≫

Img_0

大円座の上にできた世界の中央に標高約132万kilometerという想像を絶する高い山!それは神々が住まいする須弥山という名の山で、その中腹には日天と月天がまわっていて、東西南北・地水火風の四大元素とをそれぞれ司る四天王が守護神として座している

その四天王の一人として良く知られる「毘沙門天」は語られるとき「多聞天」と呼ばれます、漢字のままから理解すると、多くのことをよく聞くと、なんとサンスクリット語ではペイシラマナと言って、これは「すべてのことを一切聞き漏らさない知恵者」という意味

Syumi1

知恵と勇気と強さ(邪悪なものを振り払い倒す力)そして賢さ、財産と初心の両面の福を持ち、吉祥天という世にも美しき妻を持ち、戦略にも強けた軍神(夜叉や羅刹那を従え北方-風を守る)四天王のなかでも最強と云われている

日本では福の神として毘沙門天は恵比寿・大黒天にならぶ人気で日本独自の信仰として七福神の一尊(四天王では毘沙門天だけ)とされ崇められている

そのご利益をみても、戦いには勝運を(賭事の運…戦略の良し悪し)それらを与えてくれる神様としても信仰されてきました


Bmtn01mv


戦国武将に戦いの神として崇めていたのが足利尊氏や上杉謙信で特に謙信公は毘沙門天の生まれ変わりだと思いあつかった事はよく知られている


須弥山中腹の下方をとりまいて七つの金山と鉄囲山があり、その間に八つの大海原が存在し、四大州に分かれていて、その南方に南演部州(ミナミエンブダイ)という州の中に地球があるのだそうだ

Pastedimage026

須弥山その全体を銀河系に例えるとこの南演技州とて針の穴ほどのようなものであろう

34560083660b8fcd528c281668646054

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2018 | Main | August 2018 »