« ≪大谷翔平が心酔した≫≪中村天風とは何者か≫≪あの一本足打法の王さんも≫≪情報や本舗≫ | Main | ≪紋章上絵師≫≪ルイ・ヴィトン柄のルーツ!≫≪モノグラム・キャンパス柄≫ »

≪尾形光琳の春画≫≪上村松園の春画≫≪渡辺崋山の春画≫≪まさかの作家たちの春画≫≪情報や本舗≫

「尾形光琳」の新作が入荷! コチラにアップURLをクリック!
Images-34

 

春画(しゅんが)とは、江戸時代の頃に にぎわい申した 特に男女の性風俗を描いた絵画  浮世絵師はいわゆる芸術家であるわけですが、作品は誰かに依頼されて制作することがほとんどだったので、多くの絵師たちは絵を描くことを仕事として割り切っていたのでしょう

 

人気絵師であっても依頼があれば春画であれ何であれ、お金を稼ぐために描いたのですね .ですから今どきの人はは存ぜぬかもしれぬが 我々の中学・高校の歴史教科書とか美術の本にはよく出てきていた名前の日本画作家とて同様です

 

         【尾形光琳】
Images_42
尾形光琳といえば 近世以前の日本絵画史の中で、もっとも知名度と人気の高い画家のひとりでしょうし 京都の呉服商「雁金屋」の当主・尾形宗謙の次男として生まれています…ウィッキペディアより

 

光琳30歳の時、父宗謙が死去し その頃、雁金屋の経営は破綻していて  生来遊び人であった光琳は遊興三昧の日々を送り、莫大な相続財産を そんなこんなで使い果たし、あちこちからの借金で生活も大変なようでした

 

Iimg1000x10001540606586emw8h2157025
         【尾形光琳 春画巻物 12画 木箱入】

 

N2735713851

 

V4656350441
             【尾形光琳 花のにしき】
024
           【画面クリック!で拡大・高画質を・・・】
025
          【画面クリック!で拡大・高画質を・・・】
026
           【画面クリック!で拡大・高画質を・・・】
027
           【画面クリック!で拡大・高画質を・・・】

 

11

 

12
Photo_4

 

冒頭のお話のように お金のかせぎ処に こだわりなんぞは二の次 春画の作品があり申す 尾形光琳の春画には驚きもしますが なぜなら春画でない作品は 国宝や重文扱いのもの  主な作品に「紅白梅図屏風」「燕子花屏風」「伊勢物語図」「八ッ橋蒔絵螺鈿」など国宝に指定されているものなど数多くあり申す

 

Photo
              ≪燕子花(かきつばた)図】
20080727225826
                 ≪風神…雷神図≫

 

Images_41
                  ≪白梅紅梅図≫

 

Photo_3
                   ≪竹虎図≫

 

        【上村松園】

 

Images_35
美人風俗画において精彩を放つ女流日本画家・・・美人画に終始し「近代日本画」の巨匠として不動の地位を得たのが「上村松園」である。明治8年生れ、昭和24年、74歳没(1875~1946)、本名は津弥。
京都四条の葉茶屋「ちきり屋」の次女として生れ、幼くして絵に親しみ、12歳にして京都画学校に入学、入門3年目の15歳の時、内国勧業博覧会で「四季美人図」が一等の褒状を得、この作品はイギリスの殿下に買い上げられた
Images_45
古来、画家の職は男の独占であって、その中に伍して女として身を立てるのに言うに言われぬ苦労をした。その一生を描いたのが宮尾登美子の小説『序の舞』(1985年中公文庫刊)である

 

Images_44
 【注釈】1984年に実在の日本画家である上村松園の生涯を描いた宮尾登美子の同名小説を映画化したもので 葉茶屋「千切屋」が映画の中で商い番頭の半纏が多く登場していた 

 

現在も京都に創業している呉服総合問屋「千切り屋株式会社」(なんと創業二百九十年の老舗である会社に上村松園の「序の舞」など数点あることから映画の着物提供をしていた

 

Images_39

 

66歳(昭和16年)で芸術院会員となりその一生を描いたのが宮尾登美子の小説『序の舞』(1985年中公文庫刊)である苦労する日々の中で、彼女は薬を買うための金策として、勧められて「春画」を描いた。もちろん「芸の肥し」になるという美名のもとに、ではあるが
宮尾登美子の小説では、その部分を、こう描写している・・・・・・・・・「ひとつ枕絵を描いてみいひんか  あんたまさか生娘やおへんやろ」 «続きはこの上村松園の文末で»

 

6
さてさて ネット検索でも作品の春画は多く見つからず そのうちの一枚が掲出した浮世絵春画「尻やぐら曲取り」と題する絵である・・・・全12図画帖)のうち

 

20090228161128
        【印刷された春画集「春色十六景」】のうちの一枚である

 

T4507618862

 

W845083623

 

W845083621

 

Iimg438x60015504802271zifmw2476

 

N2255281662

 

6_2

 

Images_41
Images_35

 

Images_38

 

Images_37

 

Images_36

 

Images_40



・・・・・「ひとつ枕絵描いてみいひんか」 「あんたまさか生娘やおへんやろ」 「この絵の裸の娘さん、清らかな色気があってなかなかよろし」このいきで男女のナニ描いたらきっと喜んで買うてくれはるひともおっせ

枕絵とはまた何といやらしいことを、津也は顔から色の引く思いだったが、しかし見知らぬ男に体を売ることから考えると、こちらはまだしも、という気はする。もしこれが、平安なときの津也だったら、「筆が汚れます」とにべもなかったろうが、いまは追い詰められた果て、頼るは我が絵筆より他にないのであった・・・・・

 

      【渡辺崋山】

9980221364
渡辺崋山の「タコと海女」と題する春画である 海女(あま)にタコがからんで犯しているという独特の構図である。この絵は崋山の絵として、よく引かれる作品である

 

Fi1860814_4e
他に彼の春画があるかどうか判らないが、崋山は写生派画家であり男女のからみという春画はそう多くは見つからなかった

 

H2177496151

 

H2177496152

 

H2177496153

 

20170617b02
渡辺崋山(1793~1841)は三河国田原藩士の渡辺定通の長男として江戸半蔵門外の藩邸で生れる  幼少の頃から赤貧の家計のために画業に励み、後、谷文晁に師事し、写生派画家となる

 

2b530e80c7d0de90885e285c5d7980635
          「蛮社の獄」で自刃している  (49歳)
高野長英らと共に幕府の外国船に対する強硬論に反対して慎重論をとり、蘭学者らと交友したため、崋山の影響力を警戒され、長英とともに処罰された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« ≪大谷翔平が心酔した≫≪中村天風とは何者か≫≪あの一本足打法の王さんも≫≪情報や本舗≫ | Main | ≪紋章上絵師≫≪ルイ・ヴィトン柄のルーツ!≫≪モノグラム・キャンパス柄≫ »

【浮世絵・春画・あぶな絵】」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ≪尾形光琳の春画≫≪上村松園の春画≫≪渡辺崋山の春画≫≪まさかの作家たちの春画≫≪情報や本舗≫:

« ≪大谷翔平が心酔した≫≪中村天風とは何者か≫≪あの一本足打法の王さんも≫≪情報や本舗≫ | Main | ≪紋章上絵師≫≪ルイ・ヴィトン柄のルーツ!≫≪モノグラム・キャンパス柄≫ »