« ≪イチローと愛犬・一弓≫≪引退会見で≫≪情報や本舗≫ | Main | ≪4人の妻を持つ王が最後に愛すべき妻が誰かを・・・≫≪情報や本舗≫ »

≪十牛図≫≪情報や本舗≫

 

Photo_3_1

 

「十牛図」は 本当の自分とは何か を探求し、心(牛馴らし)の修練過程を十段階に分けて解説した禅書。(天風の「盛大な人生」の中にも収録してあり)いま 自分は 十牛の何番目だろうと、自覚し努力を続ける 

以前にが十牛図の一から十までの天風翁が講演でのテープ起しを 差し上げていた友人が 十牛訓の「つかみ」を要約して、易しく解説しててくれましたので以下に

≪中村天風翁も次のように語っています「十牛の教えというのはね。それを難しく聞いた人は 禅の坊さんが難しく説いたおかげで それがために 耳を傾けて聞こうとする者が少ないんだろうと思うんだ それを私はできるだけ「くだけて」語っている≫

第一図「尋牛」



病なり運命なりに突き当たって、良くなる方法はないだろうかと 探し始める

第二図「見跡」



牛をたずね求めて、山、また山と探しまわって、牛の足跡を発見。教典や語録で 手がかりを見い出したという意味。  「こんな 良い本があった!」。 こんな教えを聞いた!

第三図「見牛」



ようやく牛を見つけた。自然の摂理をわかりかけ、やや安心の道を見出した様に感じた。正しい人生観や宇宙観を おぼろげながらも考えだした時の喜び

第四図「得牛」

苦心惨憺の結果、牛を捕まえた。が しかし牛は もとの山の奥に逃げ帰ろうと 暴れる。逃がしてなるものかと 一生懸命に努力して、引っ張りっこしている

心身統一法の方で言うと、教えを一通り聞き、実際方法もやるにはやったが、健康や運命上の出来事が新しく顔をだして、全部が自分のものに完全になっていないように思う。 延々と努力するという状態。

第五図「牧牛」


 
本当の自分を知らない自分に気づき 牛(心)を飼いならして、育てあげようとする図。悟りを開くのは易しいけど、それを続けていくのは難しい。目的とするより 楽しみにする。

第六図「騎牛帰家」



荒牛も、次第に飼い主の思うように馴れてきて、背中に乗って、のんびりと笛を吹いて、牛と共に楽しみながら家に帰れる様になった。心身統一の 正しい境地に生きられるようにり 命の力を発揮できるようになった「安心立命の大義はらしくする」学んだ者らしくしなさい。

病になってる者は、現在 もうすでに病が治った気持ちに なりなさい。理想の成就は、頭のなかで 出来てない事でも 出来きた格好にしてしまう。不平不満もなく、純一無雑な、きれいな気持ちで生きている。それが騎牛帰家。

第七図「忘牛存人」



(今まで一緒にいた牛がいない。)牛と一体に為って居るので 別に気づかない今まで求めていた牛(自我の本質)が、自分自身であった という事。今まで熱心に求めていた真実の人生が、今まさに その人と一体になった。

殊さらに 幸福な人生を考える必要がない。既に 共にあるのだから。自分を忘れて 物を忘れて 道を見ている。

第八図「人牛倶忘」



人も牛も 共に忘れちゃった。何もない。修養が進み、迷いも 悟りもない 聖人も 凡夫も 善人も 悪人も ない。病も薬も、名誉も地位も、金も物も、全てが心から離れた状態。恬淡明朗、颯爽溌剌。仏性独朗(仏性はひとり朗らか)ただの人間と同じ様にしか見えない。が 何か事がある時だけ 違うのみ。

第九図「返本還源」

修養もしつくして、本然に返る。何の塵も汚れもない、清浄無垢の姿 霊性世界の生活が完全にできている人人生の出来事は何でも、突いてくる刀と同様に、受けず、流して 相手にしない。「大賢は愚の如く、大人は小児の如し」。

第十図「入鄽垂手」



布袋さん ニコニコし 霊性生活 常に 誠と愛で 人間としての正しい境涯を生きている

 

第八図までが、自分の願い。九図と十図が 利他のために生きる命ができる。自己より他の為を先にする正念を 心のなかに求め 魚一つ食べる時でも、心の中で、「有難う御座います」と言って食べる正しいことを言ってさえすれば 共鳴した者がくっついてくる。

他人に勧めて来ないようだったら、できてないのだ。どんな些細なことでも、自分一人で決して成しあげる事はできない。修行の階段を、牧童と一匹の牛の絵にたとえて教えている。自分は 十牛の何番目にいるかを考えて 努力を続ける。

                                      「十牛図」要約;2019.03.17 

 

|

« ≪イチローと愛犬・一弓≫≪引退会見で≫≪情報や本舗≫ | Main | ≪4人の妻を持つ王が最後に愛すべき妻が誰かを・・・≫≪情報や本舗≫ »

【中村天風】」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ≪イチローと愛犬・一弓≫≪引退会見で≫≪情報や本舗≫ | Main | ≪4人の妻を持つ王が最後に愛すべき妻が誰かを・・・≫≪情報や本舗≫ »