« ≪新ウィルス≫≪細菌とウィルスの大きな違い≫≪情報や本舗≫ | Main | ≪知りたい腸内細菌の話≫≪情報や本舗≫ »

≪ありがとうの語源≫≪情報や本舗≫

 

Images-2929


実は「ありがとう」の語源は、仏教に由来するといわれます。お釈迦様が説かれた「盲亀浮木(もうきふぼく)の譬え」に「ありがとう」の語源があるのです。

それは、お釈迦様が、阿難というお弟子になされた、こんなたとえ話です。




「そなたは人間に生まれたことをどう思っているか」

「大変喜んでおります」

「では、どれくらい喜んでいるか」

「どれくらいと申しましても……」

「では、人間に生まれることはどれほど有難いか、たとえをもって教えよう」そう仰られ、お話しされたのが盲亀浮木の譬えです。


「果てしなくひろがる大海原を思い浮かべるがよい。その底深くに、目の見えいない一匹の亀(盲亀)がいる。その亀は100年に一度、海面に顔を出す。

13_20200210154901

一方、海面には一本の丸太棒が浮いている(浮木)。その丸太の真ん中に拳くらいの大きさの穴が空いている。丸太は波のまにまに風のまにまに波間をただよっているのだ。阿難よ、この眼の見えない亀が、浮かび上がったとき浮木の穴に、ひょいと頭を入れることがあるだろうか」

「さようなことはとても考えられません」
当然でしょう。太平洋のような広い海ですから、亀は日本の近くにいて、丸太はアメリカ近辺に浮いているかもしれません。

風呂の底からピンポン玉を浮かび上がらせて、浮かばせている小さなおもちゃに狙いを定めても、簡単には当たってくれません。

まして、この亀は目が見えませんので、丸太の穴どころか丸太自体を目指すこともできないのです。しかし、お釈迦様はなおも尋ねられます。

「絶対にないと言いきれるか」
絶対にないか、といわれれば、一応、亀の頭が入る穴は開いているのですから「絶対ない」とは言いきれません。


「確かにないとはいいきれませんが、無いと言ってもよいくらい難しいことです」

「ところが阿難よ、人間に生を受けることは、この亀が、丸太ん棒の穴に首を入れることが有るよりも、難しいことなんだ。有り難いことなのだよ」

 

「有り難い」とは「有ることが難しい」ということで、めったにないことをいいます。

人間に生まれることは、それほど喜ばねばならないことだと、お釈迦様は教えさとされているのです。

 

Images-19_20200210154901

これが「ありがとう」の語源です。

 

|

« ≪新ウィルス≫≪細菌とウィルスの大きな違い≫≪情報や本舗≫ | Main | ≪知りたい腸内細菌の話≫≪情報や本舗≫ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ≪新ウィルス≫≪細菌とウィルスの大きな違い≫≪情報や本舗≫ | Main | ≪知りたい腸内細菌の話≫≪情報や本舗≫ »