« ≪ウイルスは生物では無い!≫≪ウイルスのその正体とは?≫≪情報や本舗≫ | Main | 【再掲】―≪2005年11月インフルエンザ治療薬「タミフル」≫≪情報や本舗≫ »

【再掲】ー ≪2005年11月ウイルスがどう侵入して!どう増殖して!どう出ていくのか!≫

Photo_20200327185201

 

図解でウイルス表面につくHA(ヘルグルチニン)というものが細胞の表面につく「糖鎖」を認識≪会話をするらしい?)して結合して細胞内に入るらしい、そして細胞内で増殖して細胞表面にある「糖鎖」が新たなHAと結合、外に出にくくなるため、NA(ノイラミニダーゼ)というものが「糖鎖」を切断するらしい!

 

Fig_flu_01

 

ひょっとすると1918年のスペイン風邪の再来以上の蔓延を引き起こすかもしれない「鳥インフルエンザ」の治療薬と言われている「タミフル」はインフルエンザウィルスのNAの働きを抑え感染した細胞からウィルスが外に出るのを防ぐ薬だと言う事らしい(クライアントの体内でウィルスの感染が広がらないようにする効果がある)

 

H5n1

 

そう云えば「鳥インフルエンザ」―H5N1と読んでいますよね、これはどうも(HはHAでNはNA)の頭文字をとっているのでしょうか?このHやNは、ウイルス表面にある突起物の略称だそうです

 

Hは15種類、Nは9種類、1918年のスペイン風邪のウィルスを検索!「H1N1」と記述がありました!そしてがんの転移、精子が卵子に出会う受精、脳を正常に維持する、炎症を抑える、そして免疫細胞である白血球の働きなど、ゲノムを越えると言われる生命現象の鍵・・・・

|

« ≪ウイルスは生物では無い!≫≪ウイルスのその正体とは?≫≪情報や本舗≫ | Main | 【再掲】―≪2005年11月インフルエンザ治療薬「タミフル」≫≪情報や本舗≫ »

【インフルエンザ・ウイルス】」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ≪ウイルスは生物では無い!≫≪ウイルスのその正体とは?≫≪情報や本舗≫ | Main | 【再掲】―≪2005年11月インフルエンザ治療薬「タミフル」≫≪情報や本舗≫ »