【糖鎖・糖質栄養素】

≪TGA≫【糖鎖の栄養素】≪認可製品≫【安心・安全・品質】≪オーストラリア保健省≫

Banerealswitchheader

最近、日本の健康食品でよく耳にする⇒【表記されている成分量の10分の1しか実際含まれていなかった】【まったくと言って入っていなかった】 

Tgalogowhite


この種のニュースもオーストラリアのサプリメントでは考えられないことです。なぜならオーストラリア保険省薬品・医薬品行政局では、治療効果のある医薬品やサプリメントの安全性や品質の管理を行っているからなんです

111227s

昨年!このような事も⇒オーストラリアTGAが医薬品成分 (シブトラミン) を含む製品【右の写真】に注意喚起をした!この健康食品 は、100%ハーブ由来の痩身目的の製品と謳って販売されていたが、医薬品成分であるシブトラミンを検出・・・
【詳細を読む】


Pic1_2

≪TGA≫=(Therapeutic Goods Administration)と呼ばれる厳しい基準を設けたもので、その≪TGA≫に認可される基準とは、以下に挙げられるものです

 1.安心して身体に使える安全な商品である

 2.成分中、及び生産過程に汚染が無い

 3.成分の表示に間違いが無い

Gnp【こうした検査が!】


また、TGA認可製品が信頼されている理由として、各製品に対して認可後も常に、抜き打ちなど様々な厳しい検査が続けられているという点が挙げられます。


この、TGAによる確かな安全と品質への追求により、オーストラリアの国民は、安心して薬品・サプリメントを使用しています。


【糖鎖の栄養素】は、TGAの認可を受けている製品で、安心して摂って頂ける栄養素なのです・・・

Logogmpcerts


さらにGMP・NSF・コーシャと製品の安全性&品質の安心と多くのサプリメントの中でも類のない栄養素では・・・・【もっと読む!】


Ages

≪NSF≫≪GMP≫≪コーシャ≫


| | Comments (0) | TrackBack (0)

【糖鎖の栄養素】≪その安全性!安心!≫【CRN】≪世界30カ国特許≫

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
Smoking_kills7


Crn01

日本の厚生労働省に該当する米国食品医薬品局【Food and Drug Administraion】略して「FDA」のウェッブサイトの検索サイト【右上のsearch】に糖鎖の栄養素の開発会社名「・・・・・」と入力してみたところ、362件の結果のヒットが!

トップの表示をクリックして出てきたのが【CRNという機関の“DOCKET NO. 96N-0417(資料案件ナンバー96N-0417)栄養補助食品に関わるGNP”(トピックス:提案された規則の経済影響)が26ページにわたるレポートを見つけました!

Photo_3

その21ページ目に「・・・・・・・」のGNPをクリアーしたCRNが検査終了した13製品の列挙を見つけます。≪CRN=the Council for Responsible Nutrition1973年に創立されたワシントンD.C.に拠点を置くこの機関は、成分供給元とメーカーを代表している栄養補助食品産業の主要な同業組合のうちの1つで、CRNメンバーは、倫理規定のコードを厳守します≫


≪糖鎖の栄養素の開発会社≫

Photo

13種類の製品群の列記【会社のコンプライアンス抵触により表記できません】拡める気が、あるのだろうか?疑問です・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ca4zilyx

その製品群から「・・・・・・・・」と入れてみると52件の結果が出てきて、そのトップは糖鎖の栄養素の開発会社がFDAに報告し、許可を得るために 提出の製品成分のドキュメントファイルでFDAの受領のスタンプの押印がありました!いずれも2003年ごろの情報ですが・・・・

Gmpbig


日本では2007年ごろから栄養補助食品であっても厚労省がGMPを提起し始めたことから、多くの栄養補助食品を取り扱う会社が「わが社の○○はGMPに基づく・・・」云々と声を大にしていますが?実際にはこうした裏づけを持ち合わせた会社はごく少数ではないでしょうかね!

GMPは本来、医薬品の製造、加工、個別包装、保管において製造業者が遵守しなければらない内容を明確化したものなんですが!「mannatech」の糖質栄養は食品でありながら、当初から採り入れているのです】

Ch5_bookoflife

決して手前味噌ではありません!2007年ごろからですが、日本ではなじみの無いことはさておいて、アメリカでは歴史と由緒のある第三機関から認められるコメントとか認証・承認が出され始めているという事実認定があるからです


一つには一昨年の「スクリプス研究所」のナチュラル・サプリメントカンファレンスに出典して多大なる評価を受けた事【既にブログにアップの記事←クリック】
≪”スクリプス研究所”とグーグルの検索!日本では4,460件ですがアメリカでは2,350,000のヒットですよ!「糖鎖の栄養素の開発会社」は、今年もこのカンファレンスにパネル発表で参加しました≫

Photo_3

一つには2008年から2009年にかけての「NSF」での製品の安全・安心での評価を受けたという事実【コチラもブログにアップ記事←クリック】


| | Comments (0) | TrackBack (1)

【糖鎖の栄養素】による【小脳動脈瘤破裂】からの驚くべき回復!                                      【報告事例】パート③

02

Photo_4

アルバータ大学医学部【カナダ】を卒業したアレックス医師は1987年に小脳動脈瘤破裂(右側)による頭蓋内の大量出血に襲われました!まったくもって健康で医療に携わって来たというのに

Photo_12

1987年11月5日の午後10時40分!自宅で起きた突然のことだったそうです。奥様の迅速で的確な判断で救急車~病院と!その運ばれた病院はアレックス医師が主任医師として今さっきまで医療現場で活躍していたのですから!救急救命の最高のスタッフと最先端の医療技術による緊急処置を受けてほとんど死んでいた命をとり止めたのです!


Photo_5

緊急処置から24時間後!状態が安定したので、破裂部分を修復して、脳の血流を取り戻す脳外科手術にとりかかりましたが場所が場所だけに9時間の大手術だったそうです。

その後はICUで昏睡状態にあり、完全に回復するのはとても難しいと思われていたらしく医局の掲示板にはアレックス医師の状態が毎日「昏睡状態、危篤、回復の見込みなし」と書かれていたそうですよ!

Photo


そして4ヵ月後、ついに昏睡から醒めはしたものの、全く何もすることが出来ず(歩く・話す・食べる)すべてのリハビリを病院で何ヶ月も続け、家に戻ってからもさらに何年も続けたのです

元の生活を取り戻そうと努力をしての12年間!そんな中ちょうど2000年に秘書がある糖鎖の栄養素による体質改善を紹介してくれたのだそうです。医師としてか最初は半信半疑だったようですが、いろいろ調べていく内に生物的・生化学的にも納得のいくものだと分かったのです

Photo

奥さんとも話し合いの上、その糖鎖の栄養素を摂り始めたところ、数ヶ月の内に効果が現れてきたのです。まずはエネルギーレベル・記憶喪失・認識障害といった状態に変化が現れました

気分も非常に良く、昼寝の必要もなくなり、ヒザから下の感覚も戻り転ぶこともなく4ヶ月後になったのです!12年間、悩まされ続けた頭痛も減って、2000年の7月以降、多くの鎮痛剤がマジック?のように私のポケットからドンドンと消えてしまったようです!と・・・


Photo_13

すべての面で改善がみられ、毎日エネルギッシュな活動ができるようにもなった今は、障害年金も必要ではなく。市立大学で解剖学と生理学を教え、公開セミナーでは、科学と糖質栄養素の素晴らしさを教え、今では16年前の1987年以前に、タイムスリップでもしたかのように、日に16時間以上も働くこともしばしばです。糖鎖の栄養素を取り始めて年経ちますが、いまだに健康が向上しているように思います!

103_3     【画像クリックで拡大

あえてこう呼ばさせて頂きますが「糖鎖臨床医学」によって再び命を与えてくれた糖鎖・糖質栄養学は大変重要なのです。細胞が正しく機能していれば、あなたは健康です。細胞は、正しい栄養素さえ与えられれば、自分で自分を修復する力を持っているからです

                                                                    □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
8sugars


糖鎖の栄養素の開発者の一人「レジ博士」はかつてからこの栄養素が糖鎖の形成に大きく関わることと同時に、この栄養素によって、血中の幹細胞が増加すると推定されることによって人の何かによって欠けているところに働くことで、原因などよくわからないている病と言われているものに

糖鎖の栄養素が働いているのではと考えていたことが2004年のJAMA=アメリカの医師会のレビュー誌に脳細胞・神経細胞は再生される事が発表された事からだったのです!

News1

1996年に世に出た「糖鎖の栄養食品」は現在30ヶ国で特許承認されていますが!その4年後にアレックス博士が秘書からの情報で、調べてとり始めたことで伝聞手記のようなことが起きたことは、まさにレジ博士の推定していた考えと一致すると思いませんか?【私見ですがね!】

Photo_8

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


                                                              
【悪魔の苦しみが⇒喜びの笑顔に】

Nlesqw


 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3人の医師の身に起きた奇跡のようなお話!                           【報告事例】パート①

Aimg141


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

アメリカでは7000人を超える多くの医師たちが、糖鎖の栄養素=糖質栄養素の効果を認めています!
Img_downloads_mrlogo

特に3人の医師の糖質栄養による生活改善(QOL)された体験を、敬虔なキリスト教徒でありマナリリーフと言う慈善団体(【72カ国、4万2000人にのぼる子どもたちへ栄養補助食品を届けし続けている】
Alinda

この中心的人物の「リンダ・キャスターさんが、そのマナリリーフのことと、現代のアメリカの奇跡といわれるバイオテクノロジー企業の創業の回想録「確固たる運命」のなかで著述されていましたのでご紹介します!≪日本でも始まっています=マナリリーフ・ジャパン=詳細はPDFにて≫

【カナダのエドモントン「ロイヤル・アレクサンドラ病院」元医局長】

Noimage_01

■元医局長は、1987年に突然!重度の脳卒中に襲われました。これほどの脳卒中ですと、生存率はわずか10パーセントであると言われています。博士の脳は30パーセントもその機能を失い、教えることも、医者として働くことも不可能になりました。
Photo_5


元医局長は他の医師たちから、鎮痛剤を飲みながら残りの人生を過ごすことになるが、その状況を受け入れるべきであると助言されました。それから十年以上経って、元医局長は糖質栄養素のことを聞きます。

Photo_3

そこで手に入る文献はすべて読み、自分でもそれを試してみる決心をします。糖質栄養素の製品を摂り始めてから4ヵ月後、博士の生活の質は劇的に向上し、思考も明晰になってきました。
博士は、自分の脳細胞の再生と、摂取している製品との間に直接的な関係があると信じています。博士は、この製品が自分の命を回復してくれたと認め、今では世界中を回りながら何千人もの人々に、糖質栄養学のテクノロジーについて、また、その効果について説いています。

Doctors

【2004年に「ハーバード医科大学」の元微生物学教授】

米国特許商標局に23年間勤続され定年退職しました。博士は、生物学的に効果のある物質や配合を調査する部門の長でしたので、過去20年間になされた最高の栄養学的、薬学的発見について、豊富な知識を持っていました。


Caoxi7st

最近のインタビューで、博士は次のような発言をしています。特許局で働いていた期間に自分が目撃したものの中で、最も意義ある発見、また、医療保険の将来に大きな影響をもたらすようになるかもしれない発見、それは糖質栄養素の発見であると!


【ベンジャミン・カーソン博士】-(ボルティモアに「ジョン・ホプキンス大学」小児神経外科部長)
Caofel61

■当ブログにも数回書き込みをしている、タイム誌でもCNNで も、在米医師トップ20の一人に挙げているベン・カーソン博士!そのカーソン博士は、1987年に、ドイツのバインダー・シャム双性児に対する頭部接着分離手術を主導しています。このような手術で、分離された双生児がともに生存したのは、これが始めてでした。

Carson_thumb

このように医療の分野で最も影響力のある博士が驚きの発言をしてくれているのです、2002年、博士は、進行性の高い前立腺癌にかかっていると診断されました。博士は、通常の治療法では回復する可能性が低いと判断し、栄養素を用いた補完治療の可能性を探ることにしました。

Photo_2

カーソン博士が治療しているある児童患者の父親が、レジ博士と連絡を取って、糖質栄養素の使用法について話し合ってはどうかと提案してきました。【補足:レジ博士はベン・カーソン博士がアメリカにとって多大な損失どころか彼は世界にとって必要な医師で絶対に救わなくてはとの使命に燃え力強い説得に入ったのでした】

8esdsential

数時間の話し合いを行なった結果、ベン・カーソン博士は自分でもその製品を試してみることにしました。通常の治療と糖質栄養素の併用により、予想以上の効果が出ました。治療中も生活の質は保たれ、手術後の回復は予想以上で現場復帰は6ヶ月と多くの医師らが判断、ところがなんと、3ヶ月でベン・カーソン博士は医療現場に戻られたのです!

Photo_10

カーソン博士は手術はしなくても良い状況まで回復していたのですが「このことは偶然にも私の身に起きたことかも知れない、そこで糖質栄養で多くの人が私と同様なことが起きると思われてしまうことは、非常に危険なことだから私は西洋医学の世界で生きている人間でもある、だから手術はするのです!」と素晴らしい医師ではありませんか!


レジ・博士は、ある医学シンポジウムでカーソン博士が自分の体験について発表するのを聞きました。カーソン博士は大胆にも、癌と戦うための自分の秘密兵器は、補完治療のために摂取した糖質栄養素製品(パウダー)であると発表したのです。


レジ博士の話では、その瞬間、彼は座っていた椅子から落ちそうになったとのことです。博士は、同僚の医者たちを前に、得に癌専門医たちを前に、このような大胆な発言をする勇気を持った医師を見たことがなかったのです。


Jyunnbiages

レジ博士は、糖質栄養の開発会社元CEOで「確固たる運命」の著書リンダ・キャスターとは運命共同体=夫婦!】に、ベン・カーソン博士の講演は、今まで聞いた中で最高のものだったと告げました。そして、どんな犠牲を払ってでも、ベン・カーソン博士に糖質栄養素の研究開発会社の国際大会で講演をしてもらうべきだと提案しました。

Photo_4


元CEOはそれを受け入れ、ベン・カーソン博士に電話を入れました。カーソン博士の返事は、喜んで講演をするが、謝礼はすべて、自分が運営している恵まれない子たちのための財団に送ってほしいということでした。カーソン博士は、マナフェストに事務部門の秘書アンドレイ・ジョーンズを連れてきました。
彼女に会った瞬間、神様が新しい贈り物を私たちマナリリーフに送ってくださったことが分かりました  出典:確固たる運命


183576_10150415775260179_515880178_


| | Comments (0) | TrackBack (0)

糖質栄養素!凄いこと!凄いもの!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Saibou_denntatu_1免疫細胞が会話をしている貴重な写真です!(日経サイエンスー2006年より)                               


⇒【この画像の解説
クリック!・・・日経サイエンスの本には左にもう一個の細胞が・・・・


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Photo_4【メルアド】ここをクリック!

                 
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Cazyyhe3

ある女医【研修医なのかな?】さんのブログに書き込みがありまして、この女医さん【糖質栄養】を摂っていたらしくアメリカのPub Med にこの【栄養素)が公開されている文献を非常に分りやすく翻訳されていました!以前にも書き込みしましたがアメリカ国立図書館の在籍文献としてインターネット公開して検索エンジンでもあるPub MED (パブメド=Medline(メドライン)に果たして掲載があるのか知りたくありません?検索してみました!

Photo_8

ありましたよ、確かに女医先生の書かれた「Effect of a glyconutrient on macrophage functions=マクロファージの機能に対する糖質栄養素の効果」・・・【補足:glyconutrient=(糖質栄養素)を世に出した際の造語と聴いています】原文がビンゴ!でヒットしましたよ
===========================
Pubmed1

疑い深き人は?このPub Med のウェッブサイトに「Effect of a glyconutrient on macrophage functions」左の英文を鍵カッコを外してコピーペーストで検索箇所に入力して見てください!書かれていることは女医先生のワードに落とした翻訳文章【末尾に一部掲載!】がありますので、是非とも読みたいという方はご連絡下さい!添付送信しますので

Side_ttl_3お問い合わせ・資料請求】⇒ 【コチラ】


【ちなみに「糖質栄養の開発会社名」を入力してみましたところ5件の文献がビンゴ!糖質栄養の開発者の一人で8つの糖鎖が糖たんぱく質に細胞内でどのように創られどのように体内で作用するのかを頭の中にびっしりと入っている「ビル・マカナリー博士」の文献が最初にヒットします】


Photo_9

糖質栄養素は本当に凄いと思いませんか!食品だというのに、医学の最先端を進む「スクリプス研究所」「NSF」そして「アメリカ国立医学図書館」と認知され公表されていることに驚きばかりです!アメリカ国立医学図書館は以前の書き込みのの分化された機関であること【ウィッキペディアで観て見て】

Pub Med のサイトのメインページの入力ボックスに、キーワードを入力します。Automatic Term Mapping という機能が働いて、自動的に検索してくれます。キーワードの入力が済んだら 「 Go 」ボタンをクリックします。すると文献リストが表示されます!トライしてみて下さい。【東邦大学医学部のメディアセンターで詳細な使い方を公開しています】

===========================
Photo

■論文のサワリ 以下・・・↓この論文はアメリカ国立医学図書館(U.S. National Library of Medicine)に収められているもので、正式な医学論文として認められたものです。
糖質栄養の開発会社の主力商品である糖質栄養を使った実験結果です】

===========================
Effect of a glyconutrient on macrophage functions
【マクロファージの機能に対する糖質栄養素の効果】Lefkowitz DL, Stuart R, Gnade BT, Roberts E, Lefkowitz SS

International Journal of Immunopharmacology 2000; 22: 299-308
Newspaper

白血球やマクロファージといった細胞は病原菌を食べたり(貧食作用)、殺菌物質(活性酸素)を出したりして、体内の菌を殺してくれます。マクロファージはマンノースに反応するアンテナ(マクロファージ・マンノース受容体)を持っていて、病原菌の表面にあるマンノースを感知して菌を殺してくれます・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・【中略&後略】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪2010年の二重盲プラセボ研究の臨床結果≫≪糖鎖の栄養素で記憶力・認知力の顕著な改善≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Header_3


Photo 私は映画”レッドクリフ”にも登場する「華陀」と言う医師です、1600年前の三国時代(魏の国・呉の国・蜀の国)に民衆からは「神医」「名医」と呼ばれ、薬学・鍼灸を得意としていました!


きっと「華陀」が現世の医師であったら、この■糖鎖の栄養素■が、いかに画期的な体内メカニズムに理想的な機能を働かせている事に、感嘆したかもしれませんね!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
_btn041≪序論=INTRODUCTION≫

Inthenews10_fullベスト・タリサ博士・・・お美しい方ですよね!

2010年に二重盲プラセボ研究をスタートしました!45歳~60歳の健康な成人を対象に12週間の調査をしました。 この年代の人を選んだ理由は二つあります。この年代は最もクリエイティヴであること。

Photo_5


もうひとつの理由は年齢が上がると問題が起きてくるものですが、そういう問題が起き始める前の年代であるということです。 この研究の目的は、サプリメントによって認知能力や健全な維持が可能かどうかということでした。栄養と脳の機能との関係を調査しました。

Imgyasai


2006年に発表された6年間にわたる調査結果を土台としたものです。【糖鎖の栄養素】を摂取している何千人もの人に対して、繰り返し調査は行われてきました。記憶力の変化が追跡調査されていました。

Photo_6

野菜や栄養価の高いグループでは機能の減退は40%であるということから、食事は認知能力に影響を与えるということは明らかでした。この結果に私はとても興味をもち、さらに詳しく研究したくなったのです。

どういう栄養が、どういう影響を与えるのかということを知りたくなりました。 そこで次の研究をスタートしました。

_btn041≪方法=METHOD≫

Brainfunction

109人の健康な45歳~60歳までの人:男性71人 女性38人をランダムに2グループに分け12週間の調査をしました。 糖質栄養素【多糖類】のグループとプラセボのグループに分けました。 考え方や記憶力などすべての項目でかなり厳しいテストをしました。そのためテストが終了した時には、参加者はかなり疲れていました。おかげでたくさんのデータを集めることが出来ました。

767_3≪条件≫:朝と夕、【多糖類】をティースプーン1杯づつ食べてもらいました。 別のグループでは【多糖類】に見せかけたものを食べてもらいました。 ほとんどの参加者は規定に従ってくれました。始める前、終了後のテストの結果を比較しました。

Photo_7

認知能力にはいろいろな要素が影響を与えます。栄養だけではないのです。 教育、仕事、薬、アルコール、タバコ、運動、BMI、の糖鎖の栄養素以外の製品を食べているか、どんなタイプの食事内容か、自分がどのくらい健康だと思っているかなどの要素によって違ってきます。


_btn041≪12週間のテストの結論 ≫

■□【記憶力テスト】 :全体を通して【多糖類】のグループでは顕著な改善が認められた。 統計学的に意味のあるデータとなった、明確に意味のある変化、違いが認められた。

■□【ムード(感情)】:敵対的な感情、いらいらするといった状態を示すスコアが低くなった。 人生を前向きに考えるようになった。 鬱状態、悲観的な状態を示すスコアが低くなった。

■□【糖鎖の栄養】:多糖類のグループでは感情のコントロールがしやすくなり、いらいらが少なく、より積極的に考えるようになるという変化が見られました。

_btn041≪論考=DISCUSSION≫

Photo

■□【多糖類】を食べた結果、明確に良い変化が認められました。記憶力・認知能力・感情のコントロールがしやすくなると結論づけることが出来ます。 植物からの多糖類は健康な人にも顕著な貢献をし、認知能力に良い影響を与え、記憶力や感情の安定にポジティヴな影響を与えるのです。

皆さんにぜひ覚えてほしいことは、健全な中年を対象としたということです。この年代の人たちは社会の中核だということなのです。 この関連性を証明した研究は初めてのことではないでしょうか。 良い栄養素を与えることは、人間の良い生活につながることを示しています。ここには大きな可能性があるのです。
Photo_2

この研究を発表したことによりエクサイティングなことが起きはじめています。 【より多くの新しい研究課題を与えた(健康な人への研究が今までなかった)】 ・【オメガ3と認知能力に関する研究をしようかという人が出てきた】
【 マルチビタミンと認知力、具体的な特定のビタミン、抗酸化食品との関連性などについ ての研究をしようという人も出てきました】

_newsこれまでには想像もつかなかった研究分野が生まれました。 身体と脳の関係にも光を当てることが出来ました。私達は、まだまだ知らないことが多いのです。身体と脳は総合的に影響し合っているのです。また今回、いろいろな認知力改善をみるためのテスト手法を使いました。確かめるための手法を考えました。

BRAIN・・・・Beautiful Resilient Ageing Integrating Nutrition

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪糖鎖≫≪糖鎖の栄養素≫≪プロエビティ=Proevity≫≪米国医療関係者の再教育講座≫

Saibou_denntatu_1免疫細胞が会話をしている貴重な写真です!(日経サイエンスー2006年より)                               


⇒【この画像の解説
クリック!・・・日経サイエンスの本には左にもう一個の細胞が・・・・


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Moviecamera_3上映中!「細胞のアンテナ(糖鎖)とは・・・」
上映ここをクリック!【7分間のビデオ】                                    

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


Photo_2

「プロエビティ」=「糖鎖の栄養=糖質栄尾要素」に関する基礎知識、最新情報を学ぶ講座を持つ研究機関で、アメリカ医療関係者【医師・薬剤師・栄養士・看護婦等】の再教育プログラムのメニューを公開している!【Proevity】(Proevity Education Groupと呼ばれている)のウェッブでの研究機関の説明は=健康と栄養で画期的なテクノロジーを強調し、有効な、公認の、継続的教育を提供することに集中する専門教育開発機関です。

Photo_2


「糖鎖」がクローズアップされ始めたのは1996年に「ハーパー生化学」24版の56章に”糖タンパク質”という掲載で新情報認識でのことでしょうが、その数年前から細胞のアンテナの役割をしている「糖鎖」の働きを高める「糖質栄養」に関わる事、また「プロエビティ」についての書き込みをしていましたので事を記します

プロエビティーセミナー」に参加しての

2004年から、糖質科学の教育プログラムとしてMedicalEducation Collabolative.Incと「プロエビティ」が共同スポンサーで開催する「プロエビティ(Proevity)セミナー」が始まりました。これは医学生涯教育のための認定評議会(ACCME)やアメリカ薬学教育協議会(ACPE)、アメリカ看護継続教育協会(ANCC)の履修単位に認定される講座です。去年は「健康と病気の基礎における糖質科学」と題して糖タンパク質の基礎から喘息、嚢胞性線維症、糖鎖形成不全などについて講義がありました。

【プロエビティのリーフレット・・・要旨】
Newyears10


朝から夜までのセミナーに約400人が集まりました。講師は、アックスフォード博士、ロバート・マレー博士、ボイド博士、マカナリー博士、【プロエビティのウェッブサイトに面々の紹介←クリック】そして外部の博士たちです。マカナリー博士が登場したときは全員がスタンディングオベーションでした。


Photo

そして今年は、半日ごとの入れ替え制にもかかわらず、一回に200人近い人が受講していました。午前中は「健康における糖質栄養素 糖質栄養素の基礎」と題して、アックスフォード博士とロバート・マレイ博士が、午後は「健康における糖質栄養素 抗酸化の技術」と題してボイド博士とダン・フォート博士【左下の写真】

Photo_3

いずれも最新の情報をたっぷりと盛り込んだ内容で講義をしました。テーマごとに簡単なテストがついていて、それを提出すると認定書がもらえます。臨床データをみんなで侃々諤々討論する雰囲気はありませんが、医師・看護師・薬剤師・栄養士など医療に関わる人々が知識を更新するためのプログラムの一環として糖質科学が組み込まれたと考えると、既にある程度の認知度が確立したのだなと感じました。
_______________________


Photo_4

プロエビティの目指すゴールは、公平で、科勢学で基礎を形成し、明示される糖質科学の情報網にアクセスできて評判のよい教育の主要な提供者であることです。まず最初に小さなセミナー堺さんの参加した「プロエビティセミナー」を公開セミナーとして、より大きなグループにする為に企業顧客と後援を通して、スピーディーに拡大していきます。

Photo


いまや、「栄養と健康」と言う分野は、よりスピーディーに発展する産業です、そして、それが成長して、健康に対する情報と教育を求める要求は今後も増加する一方でしょう!特にベビーブーマー世代の人々が、健康と最適の健康とProevityの教育に関する更なる情報を求める要求も、

Photo_2


この議論されている話題の糖質科学【糖質栄養】についての詳細な知識と研究に基づく完全なる、専門的、なおかつ注文仕立てのプログラムに応じられるようすばやく提供することにありますと「プロエビティ」のウェッブサイトで声明発表していました


        


| | Comments (1) | TrackBack (2)

前立腺がんに打ち勝つ「7つの鍵」と糖質栄養

Saibou_denntatu_1免疫細胞が会話をしている貴重な写真です!(日経サイエンスー2006年より)                               


⇒【この画像の解説
クリック!・・・日経サイエンスの本には左にもう一個の細胞が・・・・

もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Moviecamera_3上映中!「細胞のアンテナ(糖鎖)とは・・・」
上映ここをクリック!【7分間のビデオ】                                    
Side_ttl_3お問い合わせ・資料請求】⇒ 【コチラ】

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Cancer


米ジョンズ・ポプキンス大学の健康情報サイト「Health Alerts」が、同大医学部と共同で発行した報告書「前立腺癌(がん)治療の7つの鍵」によると、前立腺癌に打ち勝つには、早期発見と早期治療が不可欠であるという。
 2006年には、米国で23万2,000人が新たに前立腺癌と診断されると推定されている。

Photo_6

同報告書は、前立腺癌患者が自らの治療について、十分な情報に基づいた決断ができるようにと作成されたもの。同大学James Buchanan Brady泌尿器研究所のJacek L. Mostwin博士による執筆で、前立腺癌治療の鍵となる7項目をまとめているほか、予防法に関する助言を提供している。

620e732bd9410b7d8d70cb115d488d8f

同報告書による、前立腺癌治療の7つの鍵は以下のとおり:

・ 前立腺生検について理解する。
・ セカンド・オピニオン(ないしサード、フォース・オピニオン)を聞く。
・ 適切な治療法を選択する。
・ 勃起機能障害に対処する。
・ 必要に応じて精神面での治療や助言を求める。
・ 食生活法の役割を理解する。
・ 代替治療を検討する。         出典: [2006年10月19日/HealthDayNews]


Zennri


ジョンホプキンス大学医学部の現代のアメリカで脳神経外科医として有名なベン・カーソン医師は前立腺ガン【余命3ヶ月という末期の状況】から一番下の代替治療【栄養】によって回復された医師ですが!世界で始めて双子の頭が繋がっている子【結合双子】の脳の分離手術を成功させた医師であり、またカーソン医師は貧しいアフリカ系アメリカ人の家庭に生まれ、小学校時代はクラス一の劣等生でした。しかしながら熱心なクリスチャンであるお母さんの励ましにより・・・昨年12月に本【伝記本といっても良いのでは?】が出版されている
http://www.tsutaya.co.jp/item/com/cp_use00000001.zhtml?pdid=40608072&catcd=4
カーソン医師はアメリカンドリームのを達成した一人にも数えられ、現在ブッシュ大統領機関の拝命でホワイトハウスにてのお仕事もされているそうです!もちろん代替治療【栄養】での栄養素を家族中で摂っているそうです
Photo_10

←【ベン・カーソン医師です】
SBの「堺晶子」先生のウェッブログ「AKIKOのブログ」に昨年テキサスの「こちらヒューストン!・・・どうぞ!」と、ある糖質栄養素の取り組んでいる糖質栄養がさまざまな現代の未解決の難病?にどう関わるかを研究発表する補完栄養のグライコカンファレンス(糖鎖解析研究会議?】に参加されカーソン医師と対談された模様を下記に実況中継?・・・・・

http://glyco-therapy.jugem.jp/
「堺晶子」エグゼクティブ・コーチ
Sakai_large


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハーパー生化学【第46章】に糖質栄養素が掲載!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Banertop_main_2


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
Side_ttl_3お問い合わせ・資料請求】⇒ 【コチラ】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


462107801101


ハーパーの生化学はアメリカの医学生・研修生(医師らも)が勉強する教科書・テキストで、新しい発見があるごとに再版され、本来ならば、医療関係者はその度に目を通すべき事なのでしょうが?・・・ですから新発見の事実を医療関係者でも、知らないということがありえるのですね!

Dlotca下の青い表紙2001年発売の「ハーパー生化学25版」を最後にハーパーは26版から上の表紙の「イラストレイテッドハーパー生化学」と刷新して発売されている【丸善より】

ハーパー生化学27版(最新版)の第46章に新しい発見なのでしょう!糖たんぱく質の中の556ページに以下の記述があります。   以下一部引用
Harper1

表46-4(人の糖たんぱく質中に見いだされるおもな糖)にあげたグルコース以外の糖は、体を維持するために必要十分なグルコースから合成できると考えられている。ひと組織における酵素はグルコースからこれらの糖を作る
ことができる。しかしながらほかの糖は、食事に加えられた状態が有益であるかもしれないという証拠がある。これは表46-4にあげた糖およびその前駆体を含む、糖質栄養素補助食品glyconutrient supplementを発展させた。これらの食品添加物の効果については検討中である。

Data1

【これはまさに糖鎖の栄養素のこととしか考えられません!グーグル検索で「glyconutrient」と入力でアメリカのデータベースサイトには糖質栄養の研究開発会社の糖質栄養製品がずらりと掲載されていました!と言うことはすなわちこれ”イコール”ですよね?糖質栄養の粉=アンブロがハーパーに掲載されたといっても過言ではありません・・・・・・私論ですが!決して過言でもないです】

Photo_6昨年、ロバート・K・マレー博士が第6回日本抗加齢医学会の講演で東京に来られ、その初日「糖鎖の基礎科学」というタイトルでお話されました
≪Robert K.Murray・University of Toronto, Toronto, Ontario, Canada≫

クリック!⇒【第6回日本抗加齢医学会総会 プログラム


Photo_4

ハーパー生化学の筆頭編集者であリ、著述者でもあるマレー博士!さすがですね・・・・・

1990年にジョン・ホジソン博士、「細胞表面にある炭水化物が、その相互作用に関係している。」と言う発表をしたのがきっかけで、研究が盛んになったことと、糖質はからだ中何処にでもある酸素、水素、炭素で出来ていながら非常に複雑な構成をしていた為に、なかなか研究が進まなかったのです

Harper2

自然界には単糖類が約200種類ありますが、人体で特に重要なのはわずか8種類とのことで、糖タンパク質の項目に1996年の24版56章に【左写真】詳しく記載されたが初めてなのですが、正に生化学の最先端の学問なのです。糖鎖形成している糖質栄養素は、糖質と言っても、細胞内でエネルギーになる、炭水化物など、いわゆる甘い糖と違います、体内でとても重要な働きをしている糖それがここ数年の研究で明かになりました!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「糖質栄養素」を摂ることで、1週間以内に幹細胞の生成が促進・・・

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Banertop_main


Cover_nature1

科学雑誌「ネーチャー」の表紙にある細胞分裂にも、「糖鎖」は細胞のコミュニケーションのスキル!gとして関わっていると・・・もっと分かりやすく言いますと、糖鎖とはいわば「言葉」のようなもので、人体の細胞同士がお互いにさまざまな形(構造)の糖鎖を使ってお話しているんですよ。その「糖鎖」を適正に構築、働かせるためにも「糖質栄養素」「糖鎖構築栄養素」「糖鎖構造栄養素」呼び方はどうあれ現在、生体には必要なのです!なぜなら「糖鎖の栄養素」なのでから


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2006081104640045jijpsociview001

CBSのキャスター『ダンラーザー』氏が本日キャスターを降板!その最終レポートで幹細胞(胚幹細胞)をラットに使って脊髄損傷が修復されたニュースを流していましたこの実験をしたジョンホプキンス大学医学部が発表したのは、「後ろ足の上がらなかったラットの脚の神経が繋がり修復されると,さらに細胞再生もおきたという事!」
(ジョン・ホプキンス病院は、看護、研究、職員教育などのあらゆる面で常に全米で一位に選ばれている)

2003年3月にカリフォルニア大学医学部で行われた実験では脊髄損傷を受けたために、両足を引きずり、しっぽを立てることができなくなったマウスがしっぽをぴんと立て、自分の体を支え、ぎこちないながらも動き回った発表!(映像で見せたようです)

Data1

2002年6月ミネソタ大学幹細胞研究所で注入された幹細胞がマウスの血液や骨髄、脾臓、肺、肝臓、腸の一部になっていることが確認された。

2005年になってはマウス以外にウマの屈腱炎や靭帯損傷、骨折などの治療に、そのウマの脂肪組織から採取した幹細胞を利用して、短期間で回復し、傷跡も残りにくいと発表した


Photo

2003年3月にはヒトの損傷した16才の男子の心臓に幹細胞治療が!4日間にわたり骨髄の幹細胞生産を活性化させる薬剤を投与し、21日、ボンビルくんの血液中から幹細胞を採取した。その幹細胞を、心臓カテーテルを使って、【事実ですよ!写真の公表】心臓の前部に血液を供給する動脈内に移植した(写真)

結果は「興奮を抑えきれない。患者の心臓機能がすでに著しく回復したと判断できるからだ」この治療を行ったのは、ミシガン州ロイヤルオークにあるウィリアム・ボーモント病院のチーム

Jama

2003年2月19日、アメリカ医師会(JAMA)の雑誌に注目に値する記事が掲載されました。ジョンズ・ホプキンス大学医学部では、初めて、ドナー幹細胞が血液脳関門を通って移植者の神経細砲になったことを報告したのです。 このことは神経細胞が人体の中でもっとも高度に発達した細胞であることからとても重要な報告でした。そして神経細胞は体内の全ての脳や筋肉の機能をコントロールしているのです。この事実は人間の脳を修復して再生したリする可能性に関する革命的な発見なのです。糖鎖栄養素に関する初期の研究によると食事に糖鎖栄養索を加えることによって骨髄での幹細胞の生成を増加させることが出来るのです。

Noimage_01


アメリカ医師会(JAMA)の記事が掲載されるまでは、糖鎖の補完栄養素の研究チームは成人のアルツハイマーやパーキンソン、ハンチントン舞踏病や子供の脳性〈小児〉麻痺、大脳白質萎縮症、ダウン症、自閉症、胎児期アルコール症侯群などが糖鎖栄養素やそのほかの微量栄養素を与えることによって脳の機能の回復することがあることに関して、説明をすることが出来ませんでした。

また、脳梗塞や外傷性障害や神経変性障害の人たちが医師や科学者の判断では回復不能と言われていたにもかかわらず失われた中枢神経系の機能は、回復したり取リ戻したリすることに関する理解できる科学的な説明が出来ませんでした。

Photo_6

糖鎖の補完栄養素が人間の骨髄幹細胞の生成を促すということを理解することによって、なぜこのような前代未聞の脳機能の回復が起きるのかを科学的に理解することが出来るのです。幹細胞は人間の体が必要とする細胞に進化する能カを持っているのでしょうか、重要で科学的な幹細胞から生成された脳の神経細胞は正しく機能するだろうか?
まだまだ不確実な段階とはいえ、昏睡状態から目覚めた事例は報告されています。脳波検査の結果も糖鎖の補完栄養素をとり始めて、脳のいろいろな不分で顕著な活動の増大が認められています。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Photo_16

人間の体60兆個の細胞一つ一つについている糖鎖【昔は10万個!現在は糖質栄養の不足で3~4万個】を適正に働かせる為に必要な「糖鎖の栄養素」!なんとこの栄養素を補完すると「幹細胞」が白血球5000個から1万個の一マイクロリットル中に400から500増えたと推定発表されたというインターネット検索情報に観られました


≪微量栄養秦の健康回復に役立つ可能性については想像の域を超えているのです≫

004_2

そしてこの胚芽細胞の注入はわずかで良いと言う発表でした、どこやらの売名症候群?に罹病した?「黄教授」が発表したお話とは『雲泥の・・・・何とやら」ですね!
今日のニュースなので、検索して内容の詳細と・・・見つかりませんでしたが新聞を各紙検索すれば見つかるのでは!

Aaigtrmages_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)