【自閉症情報】

≪情報や本舗≫≪自閉症と診断された≫≪ジェイコブ・バーネット君≫≪脅威の・・・IQ 170≫

【自閉症は世界を別な角度で見てしまうものらしいと・・・この図で逆さまの!】
Images_3

IQといえば、東大の学生でさえ平均110とか120ぐらいじゃないでしょうか、人口の95%の人が、IQ70~130の間に入るそうですから、ご近所さんから「あんた、頭が良いんだね!」とか、また学校で「お前頭いいな!」とか言われる友達は、そうはいっても130以下らしいですよ

3_2
         【アインシュタインの領域が170!】

それがアメリカで、2歳の時に重度の自閉症への中等度とと診断された、ある少年は、その10年後、「未来のノーベル賞候補」と呼ばれるまでに成長していたのです

IQ 170とも言われる当時13歳の少年!ジェイコブ・バーネットくんと言います、そのジェイコブ君が過去の天才たちが「学ぶこと」の代わりに行っていた”あること”について語りました。(TEDxTeen より/この動画は2012年に公開されたものです)

【BBCニュース】http://www.bbc.com/news/uk-22477958

12歳の天才少年ジェイコブ・バーネット(Jacob Barnett)君当時は12歳でCalculus(微積分)をマスターしていて、14歳の時には、なんとすでに量子物理学の修士号を得る為に勉強していると言うのです


現在15歳のジェイコブ君は、在席していたインディアナ州の大学での4年間に、ほとんどの学部過程、そして様々な大学院過程レベルの数学、物理のコースを修得してしまったので、

Gazou51
         【難問を解いているジェイコブ君】

その後更なるチャレンジを求めて、この8月からカナダのワーテルロー(Waterloo)にある、 Perimeter Institutefor Theoretical Physicsという基礎、理論物理学の研究所で修士課程レベルの学科を学んでいるようであります


Photo
上のビデオのテープお越しに「アインシュタイン」氏のことについての笑いをとりながらのコメントは必読です!

■・・・・・すべてを忘れ、これを解決できる人が必要だったのです。その男の名前はアルバート・アインシュタインです。

彼も止まることを余儀なくされ、あまりうまくいっていませんでした。彼はユダヤ人で、ナチスドイツが始まる直前のドイツにいました。だから地元の大学で教職につくこともできなかったのです。

そのため特許庁で働かなければいけませんでした。それは理論物理学ではありませんが、これにより彼は突然、たくさんの考える時間を得ることになりました。


Gazou101
      【13年前のジェイコブ君です】

彼は学ぶことを止めなければいけませんでしたが、考える時間はたくさんありました。また彼は思考実験、そしていろいろな異なることについて考えることが好きでした。

そこでアインシュタインは思ったのです。数人の友人と自分自身をトランポリンの上に想像し……。私の文章は間違っていますね。物理学者にはそんなに友達はいませんね。

           (会場笑)

アインシュタインはたぶん友達のひとりとトランポリンの上にいたでしょう。そしてテニスなどをして遊んでいたかもしれません。


Gazou141

でも彼らは物理学者ですので、あまり優れた視覚と手の協調関係を持っていません。だからたぶんテニスボールを掴むことができなくて、ボールは彼らのまわりを転がっていたことでしょう。

そしてアインシュタインはそれを見て「摩擦もない、これは引力でしょう」と言ったのです。彼は「これがただの引力だ」と悟ったのです。


そしてその後、彼はこのスクリーンのような結果になる動きを予測したのです。クレイジーですよね。

Cover_nature


Continue reading "≪情報や本舗≫≪自閉症と診断された≫≪ジェイコブ・バーネット君≫≪脅威の・・・IQ 170≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪自閉症と診断され≫≪ASEAを摂らせ≫≪動画で記録を≫

Antiaging_13

ゼーンは自閉症という症状をもって生まれてきた子なんだと思っています!多くの自閉症の子をかかえる親たちがよく説明している突如として襲ってくる怪我とか予防接種などに、私はまったくといって気がつかなかったのです

Photo

ゼーンが3歳と6ヶ月になって、かなりひどい自閉症とされた時、私はゼーンのためにどんな事があっても、回復することを見つけるよう、サポートしていくことを、ゼーンと生きて行くことの使命と考えたのです

ゼーンに総てのことで、良い機会があればと思います、絶えず治療法・医療・ホメオパシー・栄養療法と探し求め続けました
404awps9gv

≪ゼーンのためにならなら、少しでも彼の背負った重荷を軽くできるよう又前に進めることなら、どんな事でもしようと≫

私たちのして来た治療法が、彼にとって利益がもたらせていたか、どうか、突きとめるために、定期的にゼーンの動画を取り始めました

Aultouthizumu

■その2歳の時のシャボン玉に興味を示す動画⇒【コチラ!】

ゼーンが僅かであっても、良い結果が出るように手がかりにでもなればと、考えたからです

Aseabike_02289x300

その後2年が経ち、ビタミン・ミネラルといった栄養素でも還元水・水素水でもない アンチオキシダント・ドリンクのアセアASEAN≪塩水の中の反応分子ー元来細胞内にある≫という「水ではない水?」と言ったら良いのか2010年に製品化された「ASEA」をを摂らせ始めたところです

Aultjiheisyou

■取り始めてから1週間後の、5歳半のゼーンがトランポリンで飛び跳ねている映像です 
⇒【コチラ!】 

アイコンタクトも、とても良いようです≪親の欲目で見たとしても、いろいろな様子が違っている≫ゼーンは自閉症の世界から抜け出せたらと一生懸命戦い、私たちのいる世界で、少しでも多くの時間を過ごそうとしているようです【わずか1週間でこの結果は親にとっては嬉しい出来事ですよね≫

Img_1546


Aaaaaブログが公開されていました!数枚の写真から「ゼーン」の変わりゆく様子がアップされていますよ・・・最後にASEAをどう飲んでいるかの書き込みが⇒午前 - 1.5オンス(空腹時に単独で)そして午後 - 1.5オンス(胃が空になった状況の午後4時ごろに単独で)

【自閉症とASEA・・・その闘病記】


Img_1435

たとえゼーンにとっては一瞬と思える事であっても、この瞬間というのは、大切なことなのでしょう


Photo_3ASEAについてもっと知るには右上のカテゴリー

≪アセア=ASEA≫を紐解いてください!

Photo_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪≪情報や本舗≫自閉症≫≪糖鎖の栄養素による臨床結果≫≪医療研究所≫≪機関誌プロセーディング≫

Banerch04
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

1977年に非営利の研究所として、設立された「フィッシャー・インスティチュート」は科学者・医師・研究者らが集まって学術的な研究をサポートすることを目的とした!20年後の1997年、フィッシャー・インスティチュート・メディカル・リサーチの機関紙≪プロセーディング=Proceeding≫(第三者機関)に糖鎖の栄養素による臨床結果の特集号が掲載されていたのを、要訳してみました


メディカル・リサーチの機関紙≪プロセーディング

 P_vol1no1bigP_vol4no3bigProcedings_3_3

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

10534_2

≪序論=INTRODUCTION≫

「自閉症」の親御さんへ植物由来の栄養素とファイトケミカルを、そのお子さんに摂ってもらうことで健康面・生活活動面ではどうか?の質問公開状を送った。この研究は栄養面・生活活動面で子供たちにインパクトがあることなのかどうか設計されての研究でした

Photo


≪方法=METHOD≫

植物由来の栄養素nとファイトケミカル(完熟野菜・果物)を摂っている40人の自閉症の子供の親に自閉症の分野に関わる専門的な質問回答を求めた。この検査(トライアル)期間中に糖鎖の栄養とファイトケミカル(完熟野菜・果物)と一緒に摂っていたその使用製品名すべて、また処方で他の介在で摂ることがあったかどうか?その他の製品の使用した期間は、糖質栄養(多糖類)と植物栄養(完熟野菜・果物)を取る前と、摂った後での回答は⇒4つのポイントとは「言葉」「認識力」「感覚」「運動神経」です。その回答では初期の摂り始めた時点で「感覚」と「運動神経」でわずかに問題があったこと、最低3ヶ月間、他の栄養素を併用してい他のですが、その後同じか?少し良いか?かなり悪いか?どうかの回答を求められていたのです


* 共同介在の製品の使用
* 共同介在の製品使用の継続期間
* 体重に対してサプリメントの総合計の相関の欠如
* 円熟した効果の可能性


10530



≪方法論=METHOLOGY≫

25人の子供たちの親からは調査票の回答(63%)が得られた。其のうち3件は不完全回答、1件は3ヶ月以下の摂取であったため除外。このように、この研究は21件の子供の栄養に関わるデータベースに基づく。内訳は4人の女の子と、17人の男の子⇒その男の子は3歳から15歳(17人のうち13人が7歳以下でした)3ヶ月から18ヶ月の間、糖質栄養とファイトケミカルを摂り続けた3ヶ月から36ヶ月の間これら製品を摂ってレポート提出したのは10人以下であった
14人の子供たちは糖質栄養とファイトケミカル摂り続けた(他の処方薬・栄養素)一緒に摂っていた(それら他のものとは:ビタミン・ホメオパテック【○○療法】リメディ【医療】アンチファンガル【抗菌】・トランキライザー)


Photo


そして20人の子供たちが、キャンディのような栄養素を一日に2個から8個摂っていた。またその内9人の子供たちは糖鎖の栄養素とファイトケミカルとヤムイモと大豆を摂った。このうち3人の子供たちは他の介在があった

最も多かった報告は栄養素を摂る前と、摂った後とでの行動の変化、少なくとも半分以上の父親はわずかばかりであっても改善・回復がみられたことは、それを摂りはじめた初期の段階で「言語」「認識作用」「感覚」「運動動作」と自閉症に良くみられる特に目立った特徴で少なからず感じたようです

心配のおける「言葉」「認識作用」での問題のあるケースでも「言語」表現力では20人、理解力では16人、そして「認識作用」でも13人の回復回答のレポート提出があった


Photo_5


初期段階の自閉症の問題点として「知覚」、その運動分野では「聴力感覚=14人」「視覚感覚=12人」「運動調整の問題=10人」と最も頻繁に作用する問題は「視覚認識」の欠陥であった。そして食欲不振・食べ物の嗜好・繰り返しといった行動はわずかな回答ではあった

提示されたチャートではカテゴリーに応じて「言語」「知覚認識」「感性」「運動作用」での健康面での特徴・・・前もってテストをして、その子供たちの些細なこと・厳しいことに関わらず感じていたことが、その後どうなったかを人数とパーセンテージで表している

≪ここでチャートでは表示ができないので、左の数字は【わずかであてっも厳しくもあっても問題点をかかえた子供の人数】続く数字は【とてもよく改善・回復した子供の人数】その【回復改善のパーセンテージ】

004_3


≪特性≫ ≪問題のあった子供≫ ≪改善・回復≫ ≪%≫

アイコンタクト  20人           17人       85%
食欲       17人           12人       71%
嗜好       19人           16人       84%
反応動作    17人           13人       76%
睡眠       14人           12人       86% 
積極性      14人           10人       71%
無気力       8人            7人       88%
言語・記憶力  ―――          ―――       ―――
言語表現力   21人           19人       90%
理解力      20人           19人       95%
認識力開発   19人           17人       89%
知覚論争    ―――           ―――      ―――
聴感度      17人           15人       88%
触覚感度    19人            16人       84%
視覚感度     9人            8人        89%
運動調整    14人            10人       71%

【補足:女の子7人の両親の内の一人の親は、理学療法士ですが同じ療法士によって、その子供は1才から5才までサポートを受けていた報告がされている。こうした多くの子供たちは理学療法士による、何らかの聴覚トレーニング・プログラムでのサポートを受けているとみられることを別記しました】

Photo_7

≪病状の改善・回復はというと?≫


≪特性≫ ≪問題のあった子供≫ ≪改善・回復≫ ≪%≫

アレルギー    14人             9人      64%
喘息         3人             3人     100%
耳の感染      5人             2人      40%
静脈問題      9人             6人      67%
皮膚発疹      6人             5人      83%
下痢         5人             5人     100%
便秘        11人            10人      90%

【補足:2人の子供たちの親は、耳の感染で「ある程度」若しくは「厳しい」問題点の改善回復を論じている。数人の両親からのコメントを付け加えるなら、彼らの子供たちの健康や、その子供たちの感染防御能力・技量・菌による感染・長い間のコブの除去などと、本質的に改善回復が認められることを別記しました】


Photo_4

≪論考=DISCUSSION≫

多くの子供たちに多面的領域での改善面がみられた。ある場合、両親は確かにその改善点がそれら製品の使用での直接の関連に感じ入っています。他の場合、その両親は実際のところ何らかの介在による応答などによって確信できないまま、ほとんどの両親たちはサプリメントを子供たちに与え摂りつづけることを選択している


Photo_8

子供たちの誰一人として自閉症の総合的分析、それは健康・技術・能力の証明・論証での改善が安定したレベルであることを子供たちにとっては、多くのことを学び取ったように見えます
信頼すべきデータは制限つきで、その結果はより良いコントロールされた結果の提示があるとはいえ、さらに研究の必要が求められる

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_16

「…人間の体は、それを構成している一つ一つの細胞が正常なバランスを取っていれば病気にならない。また、細胞を正常に働けるようにしてやれば、病気は治る。 細胞に栄養を与えることが、これからの新しい医学である。」

Side_ttl_3この栄養素!摂ってみますか】⇒ 【コチラ】

「…病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の修復能力である。それを のに最も大切なものは、食べ物に含まれる栄養素である…」


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪オバマ大統領≫≪医療のトップ項目に”自閉症スクリーニング"≫

Photo_5【2010年8月更新!】ある医療研究所での≪自閉症の臨床データ≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Header_3

Photo_6

【事実!】知見に基づく最新の糖質栄養学なのです、子どもたちの身体の健康・脳の健康を広めている故”七田真”さんの右脳開発による「七田式教育研究所」や”鈴木昭平”さんが始められた「エジソン・アインシュタインスクール」でも【糖鎖の栄養素】を摂りいれている、お子さんが多いようです

                   □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo

2006年アメリカの議会は自閉症対策法案【Combating Autism Act】毎日のように自閉症に苦しむ何千もの家族の日々の窮状認識しての疾患関連の画期的な法案だった!当ブログでも≪自閉症の新しいガイドライン=米国小児学会≫で書き込みしましたが、2009年9月にオバマ大統領は実践すべき医療のトップ項目に”自閉症スクリーニング”【選別検査】


大統領のホワイトハウス 24ポイントの政策リストの中に自閉症のことが入っています、4つの箇条書きにて自閉症との取り組みを次のように

Photo_2

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

■ 1.自閉症のための研究、待遇、治療、検査診断、国民意識の向上とサポートサービスのためのさらなる資金提供。

■ 2.自閉症の人々のための「一生涯のサービス」(子供たちの、また大人たちの)多くの両親は、自閉症児のために治療や診断の為にお金を払おうとするが、彼らの子供たちスクリーニング【選別検査】と治療の料金を払うのに苦労するため、この個人負担を少なくする

■ 3. 2006に制定されたCombating Autism法【自閉症の為の法律】のための、より多くの資金提供をします。


Photo_4

■ 4. 2歳児のうちから自閉症を見つけ出すために、すべての幼児に普遍的なスクリーニング【選別検査】による全ての乳幼児を再度診断し、自閉症を見つけ出すことを行います。この事はとても大事なことで、自閉症の子どもたちは両親・小児科医が心配事を口にしない限り、小学校入学まで自閉症への治療が行われない。早期の診断と治療がより早く始まるほど、それはより効果的なのですが、国のスクリーニング計画で見逃してしまうのです!こうした行動で子供の数を減らすことができます

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

簡単なチェックテストDefault

■アメリカでの自閉症診断がくだされる平均年齢は3.1歳!親が自閉症の兆候に気づいて医者の診断をあおいだにもかかわらず、「心配する必要はありません。」「考え過ぎです。」「もうちょっと大きくなるまで待ちましょう。」などと言われて、大切な時期を逃してしまうこともあります。リサーチによって、自閉症は早く発見され早く治療を始めれば始めるほど良いことが現在明らかになっています。

赤ちゃんが18ヶ月位になるまでに言葉の遅れなどから親が気づいたりしますが、以下は18ヶ月以前の自閉症の赤ちゃんに見られるかもしれない兆候です。アメリカ小児科アカデミー(APA)では2歳になるまでに二回、自閉症の検査をすることを薦めています⇒ここに「自閉症のチェックリスト」←”クリック”をご紹介します


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Cover_nature11

またこのような事で、政府と個人で加入している保険へのおおきな保証をすることもできるだろうし、最近の調査で、自閉症の親の52パーセントが、そのケアと治療の為に家族のためのお金を使い財政を逼迫していると答え!自閉症を持たない家族の13%程度の親が子供の病気やケアが家庭の財政を逼迫させると答えた、

Ad1

2006年に制定された法律(Combating Autism act)は5年間の間に自閉症の研究や治療リサーチ等に10億ドル【1.000億円】を供給するという事が決定されたが、【米国の経済事情もかさねっていることも加わってか?】まだ2億ドル【200億円】しか供給されていない。


Cover_nature3


疾病対策センター(The Centers for Disease Control and Prevention)は、9ヵ月18ヵ月&24ヵ月または30ヵ月に健康な赤ちゃんに対して自閉症の検査をすることを小児科医に勧めるのですが、多くの小児科医がそれらのスクリーン・テストに手が回らないのと、推薦されたこのテストが軽い自閉症には十分敏感でないことが、対応の悪さだったようです!自閉症の早めの検査は、本当に素晴らしい考えですが、この問題に意欲的なオバマ大統領のチームであっても、この事は、とても困難なことでしょう

Photo_3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪自閉症の子供等10万人調査≫≪米国立衛生研究所(NIH)が開始≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Saibou_denntatu_1免疫細胞が会話をしている貴重な写真です!(日経サイエンスー2006年より)                               


⇒【この画像の解説
クリック!・・・日経サイエンスの本には左にもう一個の細胞が・・・・


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo

2006年12月19日、アメリカで Combating Autism Act of 2006 【自閉症対策法】が成立していました!この法律は自閉症に対する社会の認知を高め、自閉症児・者への支援と研究を促進させると言うことで、連邦議会を承認通過して、ブッシュ大統領が署名した自閉症対策の法律でした。

翌2007年11月30日には米国小児科学会(AAP)が自閉症スペクトラム障害をもつ小児の発見および対処法について2つの勧告を発表しました。


Photo_2

【第1の報告】は、自閉症スペクトラム障害の発見方法を詳細に示したもの【詳細はコチラ!】 ←クリック

【第2の報告】は、自閉症と診断された後の対応に焦点を当てたもので、早期介入の重要性を強調。自閉症が疑われる場合は、診断が確定するのを待たずに、できる限り早く介入治療を開始するよう推奨している。少なくとも週25時間、1年間の治療が必要だという。

Photo_3

2006 年成立の自閉症対策法に対して2007年予算では一億ドル (120億円)を計上【ホワイトハウスの発表による】そしてこの法律は、全米規模で2011年まで、自閉症やそれに近い症候群に関する予算を計上し、各地に拠点を設けることなどが盛り込まれていたわけで、

Photo_14

この以下のニュースは、生活環境や遺伝によって、自閉症や肥満・学習障害・小児糖尿・小児ぜんそく・出生異常など対策をしているにも関わらず近年増えていく現況を危惧してのアメリカ政府の対応でしょうか?10万人を出生前から21歳まで追跡する「全米子ども調査」を来年から始めると発表したのです!

総費用は、なんと32億ドル(約3370億円)に上るという。大学や病院、政府機関など全米約40カ所の拠点施設で、妊娠中や妊娠予定の参加希望女性を募り、生まれた子どもの健康診断データや遺伝子のほか、住居内のごみや飲料水といった環境試料も収集、発症した病気などとの関連を解析するという!
Gmp


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪自閉症の新しいガイドライン≫≪発見方法!≫≪米国小児科学会≫

Photo_5【2010年8月更新!】ある医療研究所での≪自閉症の臨床データ≫


Asea

ある栄養素の不足が、現代病の共通する原因となっていると考えられる【食源病!】この栄養が足りれば、私達は自己治癒力が向上し、健康を回復できることが可能に【自然治癒力をとりもどす!】ということが分っています

Photo_6

米国小児科学会(AAP)は、自閉症スペクトラム障害をもつ小児の発見および対処法について2つの勧告を発表しました

20071108hjab8000_08


【第1の報告】は、自閉症スペクトラム障害の発見方法を詳細に示したもので、その兆候は

■両親や世話をする人を見つめるとき、嬉しそうな表情がみられない
■生後5カ月ごろ以降、親子の間での喃語でのおしゃべりがない
■親の声を認識しない。親が子どもの名前を読んでも振り向かない
■目を合わせない
■9カ月を過ぎても喃語(なんご=片言を言う)が出ない
■手を振る、指差すなどの身ぶりが少ないか、全くない
■反復的な行動がある

言語が発達するころに明確に現れる危険信号は以下のとおり:

■16カ月までに単語が出ない
■1歳までに喃語がなく、指差しなどの身振りによる伝達もみられない
■2歳までに2語文が出ない
■年齢にかかわらず、言語能力が低い

Photo

小児の発達には大きな個人差があるとして親を安心させる傾向があるために、小児が正式に自閉症であると診断されるまでに1年以上を要することもあり、治療に最適な時期を逃してしまうことがある(ニューヨーク大学小児研究センターMellissa Nishawala博士)ですから、たとえ親が特に心配していなくても、生後18カ月から24カ月の間にすべての小児について共通のスクリーニングを実施するよう推奨している。

Chek


【第2の報告】は、自閉症と診断された後の対応に焦点を当てたもので、早期介入の重要性を強調。自閉症が疑われる場合は、診断が確定するのを待たずに、できる限り早く介入治療を開始するよう推奨している。少なくとも週25時間、1年間の治療が必要だという。

小児科医へは家庭で行われる可能性のある補完療法代替療法を知っておくよう推奨している。例えば、自閉症改善のために子どもにカゼイン・グルテン除去食を与える親がいるが、栄養障害を生じる危険もある     ≪2007年HealthDay Newsより≫

Photo

アメリカでは数年前から「リタリン」と言う薬を自閉症児・ADHDの子らに使われている事実が問題視され続けてきていました【風刺漫画で学校にダンプカーが横付けで満載の「リタリン」を荷降ろししている】なぜなら「リタリン」はマリファナなどと同類項の基準の薬だそうだからです!
つい最近日本でも抗ウツ剤として処方どおりに使用せずに問題提起されてマスメディアでも取り上げられていましたが!抗ウツ剤としては使用しないということで野放し状況【自閉症・ADHDに使用は医師のモラルの問題】
小児科で投薬されていると言う話も聞こえ始めています

Photo_8

3年ほど前に、清田区美しが丘で開院の”ながの小児科”の院長長野先生が「リタリン」を日本の子供に使い始めだしてしまったら大変なことになってしまうと懸念され、以前からの「食育」は勿論、今回の自閉症ガイドラインにも小児科医に提唱されている補完栄養も取り入れられている”子供の健康”を最優先に考えられている先生です

Photo_3■アメリカの風刺漫画ではダンプカーに満載の「リタリン」!を小学校の校庭に荷下ろししている・・・・日本でも密かにこんなことが起きつつあるのですから怖い話です

| | Comments (0) | TrackBack (1)

≪情報や本舗≫≪自閉症について!≫

Photo_6■「防災ハンドブック・・・【支援者向け】&【本人・家族】&【助けてカード】

2010e4b896e7958ce887aae99689e79787e
Grant_2

偶然にも今日!4月2日は国連が定めた「世界自閉症啓発デー」である、改めて「自閉症」を調べてみることにした。いまや、日本では1,000人に1か 2人の発症率、どこまでを自閉症の範囲とするかによって発生率は大きく違うようだが、「自閉症」推定36万人!知的障害や言語障害を伴わない高機能自閉症(アスペルガー症候群、またはアスペルガー障害)など含めると120万人いるといわれているとのことです・・・・【日本自閉症協会調べ】

Cztitle自閉症は生まれつきの障害で、脳に何らかの先天的な障害があり、そのことで様々な症状を引き起こしていると言われています!今のところ、原因は明らかにはされていません

Photo_2


「自閉症」という言葉からして、他人との関わりを拒否して自分の殻にこもる「引きこもり」と混同されがちですが、実際は全く違うらしい、自閉症の特徴的な症状としては、ザックリ?と言うと「ことばの発達の遅れ」・「対人関係の難しさ」・「特定の物や場所へのこだわり」とこの3つが挙げられると・・・・

自閉症児の80%は、知的障害が伴い、この目安としては一般的だがIQが70未満ということ!知的障害が重ければ「重い自閉症」とされ、この症状の程度によって知的障害を伴わないものを高機能自閉症やアスペルガー症候群と呼ぶらしい

Photo_3

現代医学では根本的な原因を治療する事は不可能とされているのだが、自閉症の治療は療育(治療教育)を中心に行う【療育の基本となるのは行動療法】=社会との摩擦を減らすために、望ましい行動をサポートし、ふさわしくない行動をやめさせる方向にもっていく治療法が療育らしい・・・・・【リサーチ・ナビ国立国会図書館より一部抜粋】

Grant_3

Cahmb7d2

原因が完全に究明されていない現在、疫学・予防策は確立されていない時には症状によって薬を使うこともありますと!何のクスリかは知りませんがリタリンは使っては、欲しくないですね、ここにきて「リタリン」を日本でも多く使い始めたようです!


Photo_4


糖質栄養素と関わった時にアメリカの小学校の子ども達に「リタリン」を処方することが多いことから風刺漫画で学校にダンプカーで「リタリン」を積み下ろしする図が!アメリカでは、リタリンは塩酸メチルフェニデートの一般名で知られ、アメリカ合衆国麻薬取締局の「目録II」の麻酔薬として分類されています【コカイン、モルヒネ、アンフェタミン1と同じ分類です】

アンフェタミン:強力な中枢神経刺激剤・・聞いたことがあるでしょう!■「スピード」と呼ばれる覚せい剤です■

Photo■右の「お気に入りリンク」の”ながの小児科”の先生は多くの医師がこのようなクスリを使い始めることになれば、子ども達の健全で健康な未来は無くなってしまうと危機感をお持ちです


Drug


リサーチ・ナビ国立国会図書館の「自閉症について調べる」のページ最後に自閉症児や家族を支援する日本自閉症協会のホームページが紹介されていて、そこには自閉症の理解を深めるためのパンフレット「自閉症の手引き」や自閉症の判断基準、発達障害者支援法などの各種情報を掲載しています

P015

各種情報という所に「防災ハンドブック」といって万が一に震災の起きた時に自閉症の人は、とっさに気持ちを交わすことが難しく、災害時、突発的な状況の急変を読み取れない、そこで対策ガイドラインを小冊子にした物をインターネットでダウンロードできる


■ 防災ハンドブック(支援者向け  

■ 防災ハンドブック(本人・家族向け  

◇ 助けてカード

Caxdbdv4Photo_5


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪アメリカで自閉症対策法が成立 !≫

Photo_5【2010年8月更新!】ある医療研究所での≪自閉症の臨床データ≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Header_3

子どもたちの身体の健康・脳の健康を広めている故”七田真”さんの右脳開発による「七田式教育研究所」や”鈴木昭平”さんが始められた「エジソン・アインシュタインスクール」でも【糖質栄養素】を摂りいれている、お子さんが多いようです

Side_ttl_3お問い合わせ・資料請求】⇒ 【コチラ】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo_2

2006年12月19日、アメリカで Combating Autism Act of 2006 (自閉症対策法)が成立しました!

日本でも自閉症と言う言葉が聞こえ始めていますし論議もされてはいますがその対策は?アメリカでは、ついに成立したようです。自閉症に対する社会の認知を高め、自閉症児・者への支援と研究を促進する法律が連邦議会をとおり、ブッシュ大統領が署名しました!

200pxgeorgewbush


ホワイトハウスのウェッブサイト記事です
http://www.whitehouse.gov/news/releases/2006/12/20061219-3.html

この法律は、全米規模で2011年まで、自閉症やそれに近い症候群に関する予算を計上し、各地に拠点を設けることなどが盛り込まれています。はっきりと研究に重点が置かれた法律になっています。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

主な要旨は以下に↓

■【The Act Authorizes Research Under NIH To Address The Entire Scope Of Autism Spectrum Disorder (ASD).】■

Banner_nimh

NIH (国立衛生研究所)の主導のもとで、自閉症スペクトラム全体を視野に入れた研究を進める、各地域に自閉症の研究と疫学のためのセンターを設置する。・・・・・・・・・・・

ホワイトハウスの発表によると、2007年予算では一億ドル (120億円)ということらしいです。日本は,どうなのでしょうか?
450pxwh_from_north

以下のリンクは、ホワイトハウスの発表です。

自閉症は社会性や他者とのコミュニケーション能力の発達が遅滞する発達障害の一種で、ただ単に「自閉症」という場合は、低機能自閉症の事のみを【フリー百科事典ウィキペディア


≪微量栄養秦の健康回復に役立つ可能性については想像の域を超えているのです≫Photo_16

「…人間の体は、それを構成している一つ一つの細胞が正常なバランスを取っていれば病気にならない。また、細胞を正常に働けるようにしてやれば、病気は治る。 細胞に栄養を与えることが、これからの新しい医学である。」

「…病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の修復能力である。それを のに最も大切なものは、食べ物に含まれる栄養素である…」


Photo_8

ある人が島根でハンディを持った児に情報交換などの活動をしている「七田まこと」さんの会に伝えたことが・・・多くの自閉症・ダウン症・多動症・・・・の子らに質の改善【クヲリティ・オブ・ライフ】をもたらし始めたのですね!まこと会の掲示板を見てください!⇒
まこと会の掲示板のウェッブサイト

Photo_7


まこと会の掲示板には、多くの親御さんが投稿された改善回復例がありました!現在公開されていませんが2005年から2007年当時のウェッブ内での記載掲示板の記事はファイル保存して手元に有ります!004_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

≪EHT≫・・よくある質問(Q&A) | ≪EHT≫・・・BSCG公認!WADA認可! | ≪EHT≫・・・EHTとは | ≪EHT≫・・・NFLフットボウル選手 | ≪EHT≫・・・アスリートのサプリ | ≪EHT≫・・・シグナム・バイオサイエンス社≫ | ≪EHT≫・・・タウたんぱく質とPP2A | ≪EHT≫・・・体感・体験談 | ≪EHT≫・・・動画・You-Tube | ≪EHT≫・・・学術的な視野から | ≪EHT≫・・第三機関による検証 | ≪EHT≫・・能書きと成分表 | ≪EHT≫・・脳内の働きを高める | ≪Nerium=ネリウム≫・・ビジネス・チャンス! | ≪Nerium=ネリウム≫・・ボーナスプラン | ≪Nerium=ネリウム≫=オプティメラ(optimera) | ≪Nerium≫・・・ネリウムインターナショナル社 | ≪Signum≫・・・提携&パートナー | ≪オプティメラ≫ | ≪オプティメラ≫=体感レポート | ≪オプティメラ≫=健康肌革命 | ≪オプティメラ≫=動画で真実が!(体感談) | ≪オプティメラ≫=日本上陸! | ≪オプティメラ≫=日本語ビデオ | ≪オプティメラ≫=最新情報 | ≪オプティメラ≫=洗顔法と使用法 | ≪オプティメラ≫=科学諮問委員会 | ≪オプティメラ≫=脅威の技術革新 | ≪オプティメラ≫=臨床試験 | ≪グーグル=Google≫ | ≪ミトコンドリア≫ | ≪ASEA≫=アスリート | ≪ASEA≫=カテゴリー! | ≪ASEA≫=公式ページ日本語 | 【がんと宣告されたら】 | 【がん最新情報】 | 【アスリート&栄養素】 | 【インフルエンザ・ウイルス】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【カーブドッチ】⇒【オチガビ】 | 【ダイエットかわら版】 | 【ダウン症候群】 | 【トランス脂肪酸】 | 【ドッキリ=フラッシュモブ】 | 【パンデミック=対策】 | 【不思議な世界・・・自然界】 | 【世界のかわら版】 | 【世界の音楽】 | 【中村天風】 | 【人気スポーツ・あれこれ】 | 【伝説のスピーチ】 | 【健康かわら版】 | 【偶然の発明・発見】 | 【再生医療・幹細胞】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医食同源】 | 【地産地消】 | 【地震情報かわら版 | 【子供を放射能から守る】 | 【宇宙のかわら版】 | 【幹細胞】【再生医療】 | 【抗酸化食品】 | 【書籍のかわら版】 | 【書籍・雑誌】 | 【最新医療】 | 【栄養と疾患】 | 【植物のチカラ】 | 【正常細胞・ガン細胞】 | 【母乳と乳児のかわら版】 | 【母乳の薬効効果】 | 【江戸のかわら版】 | 【浮世絵・春画・あぶな絵】 | 【知って得するかわら版】 | 【石原裕次郎】 | 【科学・数学】 | 【糖尿病最新情報】 | 【糖鎖・糖質栄養素】 | 【細胞】 | 【絵画・書画・骨董】 | 【肝炎】 | 【脳梗塞・・・幹細胞】 | 【自閉症・多動症のかわら版】 | 【自閉症情報】 | 【薬物乱用】 | 【認知症&アルツハイマー】 | 【資源のかわら版】 | 【過去!未来!】 | 【長寿寿命・医食延命】 | 【頭脳明晰】=頭の体操