【母乳と乳児のかわら版】

≪情報や本舗≫≪母乳その認識力と学習機能の関係≫≪母乳栄養とアレルギー疾患≫

Asea
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

Babysignalingfrontiernutrition


母乳で育った子供は、肥満、糖尿病、喘息、感染症、胃腸炎などになりにくく、様々なメリットがあることを、このブログ内でも掲載、ところが、このようなメリットは子供だけでなく、授乳≪母乳哺育≫をしている母親にも大いにあることが

Photo

母乳の栄養に影響されることとして最も注目されるのは、免疫作用と脳の発達である。特にcolostrum(初乳)には多く含まれています。胎児の免疫機能が作られる時期と一致し、これらの単糖は、早い時期の脳開発にとっても重要な成分と見られています【この糖は粉ミルクに含まれていない】


Df300f0d

母乳を与えることはその期間が短くても長くても人間の成長にいかに大切かと訴えられてきましたが、その授乳期間が長い赤ちゃんの方が、IQの高さ!標準テストの優秀さ!高校に上がったときの成績が等々の結果、またアレルギー疾患についても免疫機能の正常な働きの好結果がデーターから・・・・!【これが全ての結果でな無いでしょうが・・・・結果を出しつつある”莉杏(リアン)ちゃん!】


Aaaaa_3


 ≪調査その1≫


「母乳とその後の認識力および学習機能の関係」というテーマでニュージーランドで行われた調査です!生後間もない、赤ちゃん1025人を対照に18年間!すなわち18歳になるまでの壮大なる追跡調査です


Photo_3
             【画像クリックで拡大】

グラフの【縦軸】は「IQテスト・標準テスト・教師の評価・高校の学習成績」 【横軸】は「年齢経過」を表します。

■≪調査結果≫として、授乳8ヶ月以上&授乳4~7ヶ月&授乳4ヶ月未満&母乳以外の順番で授乳期間の長い赤ちゃんの方が、成長後その頭脳に関わる評価が高い結果がみられる

Aaaaa_4


 ≪調査その2≫

                                                                                                 「母乳栄養とアレルギー疾患」というテーマでの調査です!この実験結果では「アトピー性皮膚炎」と「喘息」ともに驚きの結果がでております


Photo_4
                画像クリックで拡大


グラフ【縦軸】は各疾患の「累積発症率(%)」、【横軸】は「月数経過(60ヶ月後=5年後)」を表します。Breast:母乳 Good Start:乳清添加人工乳 Isomil:大豆人工乳  Similac:一般人工乳 で点示されています。

■≪調査結果≫はアトピー・喘息ともに、母乳で育てた場合の方が、はるかに発症率が低いという事が、このグラフから明確に判定できる!誰しもが、元気で溌剌な子に!また優秀な子に育つ事を当然願うはずですよね、いかに「母乳」が赤ちゃんにとって必要で!大切だという事がお分かりいただけたのではないでしょうか


Photo_3

母乳には赤ちゃんが発育に必要な栄養素が完璧に含まれています。母体が絶妙に調合しているので、赤ちゃんが、その時期に必要な栄養素(=多くの微量栄養素)が過不足なく含まれているのです。細胞間コミュニケーションを司る「8つの糖質栄養素」のうち、5種類が母乳に含まれていることがわかっています

8sugars


| | Comments (4) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪母乳で子供を育てるのが最適≫【裏付ける調査・研究】≪睡眠中の乳児の脳画像をMRIにて≫

Ef0a472d
【出処: MRI Study: Breastfeeding Boosts Babies' Brain Growth】
http://www.sciencedaily.com/releases/2013/06/130606141048.htm

特別な健康上の理由がない限りは、母乳で子供を育てるのが最適であることは知られ、それを裏付ける様々な調査・研究が行われている。


130606141048

Logo_news3332013年「母乳に関する」最新情報⇒≪母乳で子供を育てるのが最適≫【裏付ける調査】

画像として明確に脳の発達に差があることを示した研究は行われていなかったが、ブラウン大学のシーン・ディオニ(Sean Deoni)博士らによって開発された静音核磁気共鳴画像法(MRI)を用いることで、

睡眠中の乳児の脳画像を正確に撮ることが可能となり、母乳で育つ乳児は人工乳で育つ乳児に比べて、脳内の連結を助ける白質の成長が早いことが分かった。


Baby

彼らは、同様の社会経済的背景を持った133人の10ヶ月から4歳までの子供を、”母乳のみで育つ子供”、”母乳と人工乳で育つ子供”、”人工乳のみで育つ子供”の3グループに分けて調査を行った。

すると、母乳のみの子どもは、母乳と人工乳よりの子供より、母乳と人工乳の子供は、人工乳のみの子供よりも、脳の成長を促進させることが示された。


また母乳を与える期間が長いほど子供の脳の成長を促進させることも示された


■■■■≪この件↑「母乳を与える期間が・・・」に関しては情報や本舗の2009年10月に書き込みで、ニュージーランドでの調査結果を≪母乳その認識力と学習機能の関係≫公開しています・・情報や本舗≫


Babysignalingfrontiernutrition

ディオニ(Deoni)博士によると、母乳と人工乳による、その成長の差は20~30%にも及ぶという。これまでの全ての研究結果と今回の研究結果を合わせることで、母乳での育児は確実に好影響を与えるだろうという結論に


Logoaaaaa_2


 ≪ニュージーランドの調査結果!≫ 


「母乳とその後の認識力および学習機能の関係」というテーマでニュージーランドで行われた調査です!生後間もない、赤ちゃん1025人を対照に18年間!すなわち18歳になるまでの壮大なる追跡調査です・・・画像を拡大してご覧下さい


Photo_3
             【画像クリックで拡大】

グラフの【縦軸】は「IQテスト・標準テスト・教師の評価・高校の学習成績」 【横軸】は「年齢経過」を表します。

■≪調査結果≫として、授乳8ヶ月以上&授乳4~7ヶ月&授乳4ヶ月未満&母乳以外の順番で授乳期間の長い赤ちゃんの方が、成長後その頭脳に関わる評価が高い結果がみられる


Aaigtrmages


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪妊婦の認知力≫【母親の微量栄養素による】≪幼児の認知能力&運動能力≫【ハーバード大学公衆衛生学部】

Baby
ある栄養素の不足が、現代病の共通する原因となっていると考えられる【食源病!】この不足した栄養素が足りれば、私達は自己治癒力が向上し、健康を回復できる【自然治癒力をとりもどす!】ということが分っています

Baner3065200

子供の健康を願わない親はいませんよね!願わくば、まず、自分が口にしている食べ物を考え、与えることが⇒
自分も健康になり、子供も健康になる秘訣では?ハーバード大学の研究で、妊婦にとって、とても興味ある発表が今年(2012年)ありました!如いては、お腹にいる子供にも、幼児にとっても・・・・・

20120827004705422

ビタミンB6、亜鉛、ヨウ素のような微量栄養素を妊婦に与えると、≪妊婦の認知能力≫が向上し、その≪子供の運動能力と認知能力≫が促進されることが、2つの新しい研究によって明らかになった【栄養失調や貧血状態の妊婦で微量栄養素による良い効果が、より顕著に認められた】

Button_switch_now≪幼児の認知機能向上と運動能力向上≫

2012年8月20日「Pediatrics」に、母親の微量栄養素栄養補完が子供に与える影響についての研究が掲載された⇒妊娠中に複合微量栄養素サプリメント=【MMNs】を摂取した母親と、鉄と葉酸のサプリメントを摂取した母親から生まれた3歳半の子供の認知能力を比較したところ

複合微量栄養素サプリメントには、ビタミンD、ビタミンE、テチノール、アスコルビン酸、ナイアシン、亜鉛、銅、セレン、ヨウ素、ビタミンB6を含む4種のビタミンB群が含まれていて

 【MMNs】は妊娠中に栄養失調や貧血状態であった母親の子供に顕著な正の効果を示した

 【MMNs】を与えられた栄養失調の母親から生まれた子供は、運動能力の発達が向上した。

 【MMNs】を摂った事で、貧血状態であった母親の子供も同様に、視覚的注意・空間能力の向上が観察された。

これらの結果は胎児の脳の発達に微量栄養素が重要であることを示しており、幼児期早期の発育の遅れが大きな問題となっている低中所得国では、これらのサプリメントは特に重要であると著者らは強調する。

Antiaginglonglife_2

母親への栄養補完は鉄や葉酸だけよりも複合微量栄養素サプリメントを与えたほうが子供の発育に重要な役割と長期的な影響があることを示していると・・・・

この研究は、【MMNs】補完介入試験後3年間、子供たちの追跡調査をしたものである。32000人以上の女性を対象に、妊婦には日常的に摂取を推奨する「鉄と葉酸のサプリメント」と「微量栄養素=【MMNs】」による栄養補完の効果の違いを比較した試験


Button_switch_now_2≪妊婦の認知力も向上≫

妊娠中に「鉄と葉酸のサプリメント」か「微量栄養素=【MMNs】」を摂取した640人の妊婦の認知、運動の機敏さ、心的状態についての再度検査を行った研究結果も発表された

 認知テストと運動テスト、特に解読効率に関しては、「複合微量栄養素サプリメント」を摂った妊婦の方が「鉄と葉酸のサプリメント」よりもスコアが高かった。

 認知能力全体では、すべての母親が小学校教育1年分の効果とほぼ同程度、貧血状態だった母親では2年分、栄養失調の母親では3年分の効果であった。

Babysignalingfrontiernutrition

より高い教育と能力を母親に与えることが、幼児の生存率や栄養失調だけでなく、子供たちの病気や発育不全のリスクも下げることになると今までの研究で指摘されてきたが、複合微量栄養素サプリメントは女性の子育て≪それに伴う幼児の健康と生存率の向上≫を改善する重要な役割を果たす可能性があると・・・・

「母親の認知改善が、母体の栄養が本人の健康と子供の健康と発育に影響を及ぼす可能性があるという、いままで認識されてこなかった経路に光を当てる」

Checkcover_nature3

さらにこの発見を調べるために、母親と子供の健康、認知、子供の学校生活に対する複合微量栄養素サプリメントの長期効果を測定するために、今回の研究に参加したすべての母親と子供たちの10年フォローアップを現在行っているそうです

by Karen Feldscher 【ハーバード大学公衆衛生学部の記事から】・・・・(2012年08月29日)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪母親の食生活が≫≪赤ちゃんのアレルギー発症に≫≪オメガ3の優秀さ≫

02
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

母親になる女性の食生活は本人が思っている以上に、とても大切なことなんです!妊娠中に母親が食べたものと子供のアレルギー発症には関係があるということ≪ScienceDaily(Sep. 9, 2011)≫を確認した新しい研究が、今月の「The Journal of physiology」に掲載された

Babysignalingfrontiernutrition


魚やウォルナッツオイル、亜麻仁油などに入っているオメガ3脂肪酸の一種が母親の食事に含まれていると、赤ん坊の腸の発達は違うものになるということを発見した。オメガ3は細菌や外来物質に反応する腸の免疫細胞の働きを向上させ、赤ん坊をアレルギーに罹りにくくすると考えられている。

数例の臨床試験によって、魚やウォルナッツオイルを栄養補完した妊婦の子供は、アレルギー発症のリスクが下がることはわかっていたが、メカニズムは分かっていなかった。

Baner3065200

「妊娠中の母親の食事について関心が高まり精力的な研究が行われています。腸の機能にオメガ3脂肪酸の一種が役立つという結果を我々は示しましたが、西洋式の食事からは失われてしまっているというのが実際のところです。

食事から摂るはずの魚やナッツオイルは違う種類の脂肪酸であるコーン油に置き換わっています。」とフランス、レンヌにあるINRA研究所のガエル・ボードリー博士は言う。

Pic2


研究チームは、母親の食事にオメガ3脂肪酸を加えると、新生児の腸はより透過性を持つことを確認した。浸透性を増した腸は、内壁を介して細菌や新しい物質を血流へと通しやすい。この新しい物質は赤ん坊の免疫反応と抗体生成を促す。


【結果は?】

Photo

「結果として赤ん坊の免疫系はより早く発達・成熟し、よりよい免疫機能を導き、アレルギーに罹りにくくすると考えられる。今まで行われてきた研究も含め、妊娠中にオメガ3を摂取すると腸の長さが長くなり、赤ん坊の中枢神経系が成熟し、そして幼児期の知的作業も向上するようだということが分かった。


「他の研究でも、妊娠中に魚やウォルナッツオイルを含む食事を摂っていると赤ん坊の頭が良くなるということが分かっている。我々の研究も加えると、このようなサプリメントは食物アレルギーを防ぐ健康的な免疫システムの発達を早めると考えられる。」

89fdb64e0be437aa5eebf96302d0b845208

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪食事は子供のIQに影響するか?≫≪米国CRN≫≪栄養補完≫≪運動≫

8


【Healthyscience.net】という健康サイトに≪食事は子供のIQに影響するか?≫"Is a Child's IQ Influenced by His Diet?"とあった[2011年04月]

Photo


米国CRN(有用栄養評議会)は、『食事・栄養補完・運動』を最良の健康やウェルネスを手に入れる3要素と位置付けている。しかし、先進国に住む実に多くの人々は、ガイドラインに示す栄養摂取をしていない。

Abpmap1

幼児や小さな子供の知能に対して、精製糖・高脂肪・加工食品・手軽な食品といった典型的なジャンクフードが与える影響について、調査を行った。3、4、7、8.5歳の子供約4000人の食事とIQの関係について調べたところ、『加工した食事』『伝統的な食事』『健康志向な食事』の3グループに分かれた。

A0113065200

『加工した食事』とは砂糖や脂肪が多く手軽な食事、『伝統的な食事』とは家庭で調理した食事の割合が高いもの、『健康志向な食事』とは、サラダや果物、野菜、魚が多い食事のこと。

結果として明確に表れたことは、人生最初の3年間の食事が、8.5歳で測定したIQを下げたこと。言いかえれば、「子供の学ぶ能力に対して食事は長期間影響する」

Brainfunction


あまり知られていないかもしれないが、脳は人生の最初の3年間で最も早く成長する臓器だから、この時期に良質な栄養を与えることは脳の最良な成長を促す可能性がある。


Photo_2『健康志向な食事』は逆に、すべての年齢でIQを高める結果となった!

最初の3年間は、脳や中枢神経を含む体の臓器システムが急速に発達し成熟する期間であるから、最良の成長や発達のために良い栄養摂取は不可欠である。

Photo_2

このような臨床結果からはっきり言えるのは、もし食事や栄養摂取が最適でないなら、脳の発育や機能は最適にならないということだ。また、この研究でもうひとつわかったことは、初期の栄養不足が及ぼす脳機能の低下は、半永久的であると思えることだ。

IQに影響があった被験者は、持っている潜在能力を十分に発揮することはないかもしれない。これが、栄養不足が持つパワーなのだ。

_rotavirus_children


V007_2


親は、体の健康を第一に願いますが、次に求めるのは学力ですよね。どちらも最初の3年間が決定的に大事となったら、親がすることははっきりしています。とにかくバラエティに富んで栄養価の高い食事を口に運ぶこと。頑張れ! 若いママさんたち!

_news■植物由来の糖質栄養が知能を高めた【集中力が高まったといった方が良いのかな!】データーがここにあります
 
■17項目にわたって、生徒の習慣や行動を教師に観察してもらった結果を植物由来の栄養素食べる前と食べた後【6ヶ月間】の評価をグラフにしたものです

Image16_2


Photo_6画面クリック!拡大ではっきり見れます


■5人の教師たちによる「把握力」「協調性」「生徒と教師の会話」「生徒同士の会話」「宿題の提出は・・」「教室内での集中力・注意力」「授業態度・学習環境」等々を、食べる前・食べた後【6ヶ月間】での、はっきりと改善の見られた点の評価のグラフ!全ての項目で大幅な改善が見られ、特に「把握力」「授業態度」では、驚きの評価です

Photo_2


完熟してからの野菜・果物がシッカリと入っている「ファイトケミカル」を摂る事が出来る!【ファイトケミカルは完熟の野菜・果物で摂ると言うことには、訳があるのです・・・・・】


■美味しそうにファイトケミカルのサプリを頬張る3歳の子

Photo_3


Continue reading "≪情報や本舗≫≪食事は子供のIQに影響するか?≫≪米国CRN≫≪栄養補完≫≪運動≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪母乳≫≪小児がん≫≪糖質栄養素≫≪授乳=母乳哺育≫

Asea
       ≪知って!ガッテン≫糖鎖情報や本舗

                         
母乳を与えることは、その授乳期間が長ければ長いほうが、赤ちゃんのIQの高さ!標準テストの優秀さ!に関連が!⇒≪母乳その認識力と学習機能の関係≫

Photo_2


母乳で育った子供は、肥満、糖尿病、喘息、感染症、胃腸炎などになりにくく、様々なメリットがあることを、このブログ内でも掲載、ところが、このようなメリットは子供だけでなく、授乳≪母乳哺育≫をしている母親にも大いにあることが、2009年!「産婦人科学会誌」the journal Obstetrics and Gynaecology(2009, April issue)で明らかなことが発表されていました・・・・・詳細記事は後述⇒

Baby


今年(2011年1月)米国テネシー州にある小児研究病院から、小児がん治療経験のある女性は可能であれば自分の子に授乳(母乳哺育)を行うことで自らの健康を守る効果が期待できるとの報告が発表されました。


02

研究チームは、母乳哺育が骨密度やメタボリックシンドローム発症リスク、心血管疾患やがんの再発にポジティブな影響をもつことを見い出したものの、結論としては元がん患者の授乳(母乳哺育)に関する症例数が少なく、更なる研究が待たれるとしている

Photo_3

治療技術の発達により、小児がん患者の80%は生存が可能になり、いまや20歳~39歳の女性640人に一人は元小児がん患者であると推計されるという。 元がん患者は発育障害・発達障害・機能不全や妊娠・出産が困難といった問題に加え、がんの再発リスクも抱えている。 一方授乳(母乳哺育)は母子双方の健康を守るために効果があるとも言われていることから、研究チームは、元がん患者女性が母乳哺育を行った場合の母体への影響を既存の論文レビューで検証

Cda_displayimage


小児研究病院では、喫煙を避け、野菜や果物を多く摂る健康的な食生活や、適切な日光予防や性生活、運動習慣に関してアドバイスを行い、また元がん患者にも可能であれば授乳(母乳哺育)を勧めるべきだ、とコメント!

X

出典】は⇒「SpringerLink」といって学術論文などの紹介サイト

コチラ⇒【原文=がん生存率雑誌


≪2009年!「産婦人科学会誌」≫の【詳細記事】


Photo_4

米国の研究によると、1年以上授乳を行っている女性は、授乳経験のない女性に比べて10%以上心臓疾患になる頻度が低いと、また1ヶ月間以上授乳している女性でも、糖尿病、高血圧そして高コレステロールのリスクも低いという報告・・・・以下

研究では、約14万人の更年期後の女性を対象にし、授乳経験のある母親とその人の健康度を調べました。その結果、授乳経験のある女性では心臓疾患の頻度が低くなっており、更に高血圧を12%、糖尿病や高コレステロール症を20%近く低下させることがわかりました。

Books1


この効果は、授乳終了後長期間にわたって続いていたそうです。実際、女性たちは最後の授乳後平均して35年経た人であり、その効果が何十年にもわたっていることになります。今までも、授乳は体内の脂肪蓄積を減少させることにより、循環器系の障害を下げることが示唆されていました。さらに子宮がんや乳がんあるいは骨粗鬆症になるリスクも低下していることも明らかになっています。

Aaigtrmages


| | Comments (2) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪オメガ3≫≪不飽和脂肪酸≫≪妊婦≫≪DHA≫≪胎児≫≪子供の脳の発達≫

Logo_news3332013年「母乳に関する」最新情報⇒≪母乳で子供を育てるのが最適≫【裏付ける調査】

Asea

ある栄養素の不足が、現代病の共通する原因となっていると考えられる【食源病!】この不足した栄養素が足りれば、私達は自己治癒力が向上し、健康を回復できる【自然治癒力をとりもどす!】ということが分っています

Dha

「DHA(ドコサヘキサエン酸)」をご存知ですか?以前から記憶力を良くしたり、目を良くする働きがあると言われて、当時「大トロ・中トロ」より人気物のマグロの目玉の脂肪に含まれる成分といえば!・・・思い出されましたか


Brain


「DHA]は、人間の体内で合成できず、食品からしか摂取できない多価不飽和脂肪酸の1つなのです。マグロの目玉が話題になった頃、不飽和脂肪酸の摂取が胎児期の脳神経の発達に影響を与え子供の身体及び知能の発育が良くなるという報告がなされました⇒

Photo_2

2005年頃、そして2009年に「母親が妊娠中に魚を多く食べ、また母乳で育てる」という発表が続きました!

Photo_3

2008年の12月に「女の子は男の子より2倍重要なオメガ3系」が必要だと!胎児期のDHA(ドコサヘキサエン酸)摂取が、その後の胎児のIQと相関が示されているというのはDHAは脳や神経組織の発育や機能維持に不可欠の成分で

Ca81sl0v_2


脳細胞内のDHAが減ると機能が低下し情報伝達がスムーズにいかなくなり、赤ちゃんの脳神経の発達が悪くなります≪情報伝達するのは糖鎖ですよね⇒詳細文末に!≫

                                                                 

Profile

四国高松で外科胃腸科を開業している田井先生のブログに、この記事を翻訳して要旨論評していました(ブログLife-LOG””)より一部

≪原文はEssential Fats for Child Brain Developmen

20101028hjdas000_28

この記事の筆者はオメガ3脂肪酸の重要性は胎児~生後3カ月の間にも及ぶと述べています。胎児の頃からオメガ3脂肪酸であるDHAを高濃度で摂取することで、子供の脳の発達に著しく影響を与えます。

そればかりか、研究によるとその期間にオメガ3脂肪酸を十分に摂取することで子供たちのIQが高くなることがわかりました。様々な研究では高濃度のDHAを胎児や幼児が摂取することで高いIQスコアを生涯得ることができるといっています(だいたい平均して6ポイント高くなると!)

Photo_2

DHAは胎児のうちや幼児のうちは体内で合成されず、母乳や胎盤を介してでないと供給できません。そのため、母親が妊娠中や出産後のみならず、妊娠前にDHAを体内に十分に蓄えておくことも重要なことだと指摘しています。ただ、妊婦などは臭いなどの影響から今回の記事のような成分が摂りづらいのも現実です。

Realswitchsupplementalfacts

サプリメントを活用して、将来の子供たちのために適切な脳の発達をさせてあげたいですね・・・・と〆ています

そのためにも安心で安全な、そしてさらに質の良いサプリメントを摂ることをお勧めします!お母さんの口に入れる食べ物はすべて赤ちゃんの栄養につながるのですから


Sapuri≪DHAやEPAの安心・安全・良質のオメガ3を検証≫ ⇒⇒⇒【コチラから!】

上の記事と同様に、順天堂大学医学部の小児科教授であられる「清水俊明先生」も青魚やまぐろなどの魚油に豊富に含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)が脳神経の働きに大きな影響を与える・・・とニッスイのウェッブサイトの”マーケット&テクニカルリサーチ”に、データやグラフなど使い記載記事をが詳しく書かれてあります!

Aalogo_ci 【ニッスイのその記載記事】←

                                                                     【妊娠中・授乳中にDHAを摂ると赤ちゃんの脳神経の発達を促進】

妊娠中にDHAを摂ると、妊婦さんの血液中のDHAは胎盤を通って胎児に与えられます。出産後の授乳期には、お母さんが摂ったDHAは血液から母乳を通して、赤ちゃんに与えられます。

妊娠中や授乳中のDHAの影響を調べるために、清水先生は30人の妊婦さんを、DHA・EPA を投与した群と投与しない群に分け、生まれた30人の赤ちゃんの発達の様子との関連を調べました。

【続きをよむ】

Sapuri

Continue reading "≪情報や本舗≫≪オメガ3≫≪不飽和脂肪酸≫≪妊婦≫≪DHA≫≪胎児≫≪子供の脳の発達≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪妊婦の食べ物≫≪リンゴ≫≪パブメド=pub med≫≪食生活を調査≫≪小児の喘息≫・≪湿疹≫を予防

Baner
【最大酸素摂取量(VO2MAX)のテストで12%上げることが判明PDF】

世界最大級の医学・生物文献データベースと言えば「PUB MED(米国立医学図書館のオンラインデータ)」ですが!世界中の多くの医師がパブメドに掲載があるかどうかで信憑性を判断しています⇒【pub med 検索結果】に載っていました≪妊娠と喘息(5才の子供たちの呼吸でアトピー性徴候)の間の母の摂食量≫のタイトルで・・・

妊娠中にリンゴを食べることによって子供の喘息を予防


WebMD Medical News「臨床医による医学ニュース」Reviewed By Louise Chang, MD「ルイス・チャン臨床医師によるレビュー で、オランダのユトレヒト大学環境疫学科学研究所での追跡調査の発表である

Pubmed

             ■Abstract=要約■

【背景=BACKGROUND】5才の子供たちの喘息・喘鳴(ゼーゼーいう息使い)とアレルギー疾患との間には妊娠中の母親のビタミンE・ビタミンD・そして亜鉛を摂ることに関連性があることは前に報告されていました。今回の研究は、妊娠中の母親の特定の食品の摂取量が、子供たちの喘息・喘鳴とアレルギーの結果と関係しているかどうか調査するために行われました!

Imgyasai

【方法=METHODS】妊娠中の女性から産まれる1,924人の子供たちで実行されました妊婦の食生活を追跡調査し、その子ども1253人の呼吸器の健康状態を確認しました。その食物グループは、果物・野菜・果物ジュース・穀物全製品・魚・酪農製品と脂肪スプレッドでした!

Photo_2_2

【結果=RESULTS】1,253人の子供たちが5年間に渡って調査に参加した結果は、小児の喘息・喘鳴のリスク低下との関連が認められた食品はリンゴのみであることがわかった・・・≪魚=オメガ3にもあったのだが≫妊娠中に1週間に4個以上のリンゴを食べた妊婦は、週に1個、もしくは、全くリンゴを食べなかった妊婦に比べて、子供が喘息・喘鳴とアレルギーにかかるリスクが53%低下することが分かりました!

Default

【結論=CONCLUSION】一貫した調査結果の発表で、妊娠中の食生活と子どもの喘息との関連性(証拠)はリンゴと魚(オメガ3脂肪酸)にのみ確認されました!リンゴと魚の摂取消費では、週に1回魚を食べた女性は、全く魚を食べなかった女性に比べて、子どもが小児喘息とアレルギー疾患(アレルギー性皮膚炎)にかかるリスクが43%低下することも合わせて明らかになりました!


Photo

[解 説]この研究では、濃縮液を原料とするリンゴジュースの飲用や、1日1本以上のバナナの摂取と喘鳴発現率の改善との関連も示された。研究者であるユトレヒト大学のウイラー博士(S.M. Willers)らは、リンゴの予防効果は、リンゴに含まれている健康に対する様々な効果があることがわかっているフラボノイド等のファイトケミカル(植物化学物質)によるものである可能性が高いと述べる。妊娠中、おそらく、妊娠前の食生活が、生まれ来るお子さんの健康に大きく影響を及ぼすことは、これまでの数々の調査から明らかになってきています!」


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪オメガ3脂肪酸≫≪DHA≫≪EPA)≫≪脳の発達傷害≫≪妊婦の食べ物≫

Logo_news3332013年「母乳に関する」最新情報⇒≪母乳で子供を育てるのが最適≫【裏付ける調査】

Banerch04
         =【本文全篇の訳文を読む】

Button_switch_now≪近年の多くの発見の一つがDHA(ドコサヘキサエン酸)EPA(エイコサペンタエン酸)として知られるオメガ3脂肪酸が胎児や早期の幼児の頃の脳の発達に最適であり必要な栄養だとわかったことです≫

A00008

実際に、女性がDHA&EPAの栄養素が不足した状態であるなら、出生時に脳の発達に傷害のある子供と強く関係し、明らかに生まれつき学習障害の存在する傾向にある。

Brainfunction

問題の根本に、胎児とお母さんの関係が要因としてあり、お母さんの体にDHAの必要性があるということです。出生後、乳児にも母乳からDHA&EPAを母乳より摂り続け、最初の3カ月の間は摂取することで最適な脳の発達が続きます。

Default


生化学の見地からは、成長しつつある胎児は、特にいくらかのDHAを不飽和脂肪酸である亜麻仁油に豊富に含まれているα-リノレン酸(ALA)、青魚やフィッシュオイルに豊富に含まれているエイコサペンタエン酸(EPA)から作ることができます。しかしながら、胎児の体や乳児の体(少なくとも出生後最初の3カ月)は

十分な量のDHAを合成できないため最適な脳の発達のために満たしておく必要があります。このように、ぜひとも女性にとっては妊娠する前からDHAを摂取し、妊娠中や出生後3カ月の間(母乳で与えることをお勧めするが)は子供たちの脳が理想的な発達と機能を得るために与えてください。

Photoオメガ3系の脂肪酸ををサプリで摂るなら、もちろん良質なDHA&EPAが豊富に含まれているものが理想です

【オメガ脂肪酸が、特にDHA&EPAは高血圧や認知症そしてアルツハイマーなどに、とても効果があることがわかってきたのです・・・・書き込み予定!

Brain


残念ながら、多くの女性は十分な量のDHAを摂っておらず、また、この最適な期間を経過してしまっては、これによる影響を代償することはできません。妊娠中や出生してから最初の3カ月の間に子供は脳の発達に影響を与えるほどDHAを摂っていません。

Photo_5

ほとんどの女性はDHAと脳の発達の間の関係に気づいていません。しかしながら、プライマリーヘルスケア専門家は出産年齢の女性の患者に毎日魚を食べる(1週間に2人前)はもちろんのこと、必須脂肪酸サプリメントを毎日摂る(私はすべてを含んでいるフラックスシード(亜麻仁)、魚とルリジサの種の油を好んでいます)重要性を警告するべきです。

Button_switch_now_2脳の発達とDHAについて何の研究で紹介されているのか

上記述べたように、多くの魚にDHAであるオメガ3脂肪酸が含まれており、同様にサプリメントならばフィッシュオイルに含まれています。体ではα―リノレン酸とエイコサペンタエン酸からDAHは合成することができます。様々な研究では高濃度のDHAを胎児や幼児が摂取することで高いIQスコアを生涯得ることができるといっています(だいたい平均して6ポイント高くなります)。

加えて、様々な研究で最初に生まれた子供が全体的にそれ以降の子供より高いIQを持っているとしています。これは女性が生涯かけて組織に蓄積したDHAを最初に生まれた子供は得ることができることに要因があり、それに加えて出生後に母乳からDHAを得ることができることも要因です。

Photo_6

とてもしっかりとしたオメガ3脂肪を食事やサプリメントでの摂取プログラムをきちんと実践しない場合、第2子以降の子供たちは第1子のようにDHAを集中して摂取することはできず、第1子のように高いIQと明白な学習障害を減らす傾向にはいたりません。

Photo_3

最もDHAが日常的に必要性を生じる時は、胎児の頃では"妊娠第三期"と幼児期では、少なくとも生後3カ月の間です。この間では脳神経シナプスが最も早く形成される時期であり、胎児の酵素を合成するために容量を上回るDHAを要求する頃にあたります。したがって、胎児の発達期間には胎盤からDHAが供給されています。

Df300f0d

分娩後、幼児は母乳からすぐに得られる十分な量のDHAを当てにして、効率よく脳組織と機能を発達させます。実際には、妊娠第三期では脳の大きさが3倍に大きくなり、この急激な脳の成長期には目に見えてDHAが大量に必要になります。(注目すべきは、DHAはまた視覚にも必要になります。)

Button_switch_now_3≪出産年齢の女性は何をすべきですか?≫


最もよいアドバイスは大人の女性は1週間に2回は魚を消費するべきです。これを実行することはお母さんの脳と体全体に豊富にDHAがあることで、将来生まれてくる子供の脳の発達の補助となります。

631c3f

最近のいくつかの研究によると、EPAや魚に含まれるオメガ3脂肪の二つの必須脂肪は老年期の脳においてアルツハイマー病やその他の痴呆病変の危険性を減らすことに関係するとされています。もちろん、オメガ3脂肪はまた心臓疾患や癌の危険性も減らす効果があります。

Baby_2

1週間で2人前以上の魚を食べることは賢明とはいえません。それは、魚の消費量と水銀毒素やその他の汚染に関連したものの危険性があるからです。しかし、それでもオメガ3脂肪をさらに摂取し続けることが望ましいです。

したがって、私は大人の女性(男性にも)日常サプリメントにフィッシュオイル、亜麻仁油やルリジサ種油を併せて摂ることを推奨します。これらのサプリメントカプセルには400mg程度含まれています。私は包括的な健康維持と病気予防のために1日3粒摂ることを提唱します。

Photo_2

出産適齢期の女性にとっては必須脂肪のサプリメントを摂ることは最も重要なことです。EPA,DHAやALAをサプリメントとして加えることで妊娠前の女性にとって体の組織にDHAを浸透させるとても効率のよい方法であり、妊娠中のDHAを組織に補充する方法でもある。

それは彼女らの子供たちにとって最適な脳の発達のためにDHAを利用することになります。今、多くのケースで医者が母乳で育てている期間に必須脂肪サプリメントを摂る教育を行っています。最近まで、多くの医者は妊婦へビタミンとミネラルサプリメントだけを推奨していました。

Photo_4

最適にデザインされた必須脂肪サプリメントを使うことは水銀や汚染物質を含まないことが重要なポイントですが、精製された油のサプリメントには重金属や毒素による健康被害を生じない利点があります。

しかしながら、タラの肝油もしくはその他の肝油サプリメントを使うことは賢明ではなく、これらの肝臓には汚染物質やコレステロール、ビタミンAやDが毒素と共に集中して高いレベル保持されている状態で、これを使うことは胎児の体内でも同様のことが起こります。

大量にビタミンAを女性が摂取するとその子供たちは先天奇形を持って生まれやすいことが知られています。このように、私はタラの肝油やそれに似たものよりも、亜麻仁油やフィッシュオイル、ルリジサ種油などを含んでいるサプリメントを推奨しています。

Continue reading "≪情報や本舗≫≪オメガ3脂肪酸≫≪DHA≫≪EPA)≫≪脳の発達傷害≫≪妊婦の食べ物≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪母乳≫≪邪馬台国・卑弥呼≫≪補完栄養素≫≪追跡調査≫≪母乳の効能?≫≪鎌倉時代に答えが!≫


Images_3


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!


Photo

邪馬台国の女王・卑弥呼の墓は奈良だ?九州だ?と論争が続いていますが、卑弥呼の死亡推定時期から奈良県の墓説は疑問視されてきての論争点でもあったらしい、

ところが今年、2009年5月に国立歴史民俗博物館が、その古墳の築造された年代を改めて調査したところ「西暦240年~260年の間」ではと!と発表

≪ドクター月尾の地球方程式より≫


Photo_2

墓といっても1800年前のもの、遺跡ですよね!ここからは2007年の発掘調査で分かったお話です

当ブログでも再三とり上げている母乳がどんなに、お子さんにとって大切なものかと言う、お話なんです、遺跡から出土した鎌倉時代の人骨を調べたところ、

当時は2歳前後で離乳食を始めていた可能性が高いことが、東京大学(先史人類学)の研究で分かった


Photo_3

現在の日本では生後5カ月前後から離乳食を始め、同1年から1年半で完了する例が多いが、この研究をした米田准教授によると人間の授乳期間はもともと、2歳より相当長いとみられる。

研究結果は、離乳食に穀物などを与えるようになって進んだ授乳期間の短縮・離乳の早期化が人口増とも関連しているのでは?2007/11 【共同通信】一部抜粋

近年、追跡調査の母乳を離乳食などなかった鎌倉時代のように【母乳はいつの世にも在るわけですよね】なるべく長く母親から与えられている乳児の方が全ての面で優位性を持つのではないかと認められ始めました。

少なくとも生後6ヵ月間母乳を与えられた子供は精神的に安定し、将来、母乳の利点がさらに強調された形となったことが伝えられた。


Photo_5

【追跡調査ーその1-】

「母乳とその後の認識力および学習機能の関係」というテーマでニュージーランドで行われた調査です!生後間もない、赤ちゃん1025人を対照に18年間!

すなわち18歳になるまでの壮大なる追跡調査です母乳に関してはこれまでの追跡調査では、乳児の胃腸の調子を整え、呼吸器疾患【感染症・ぜんそく】湿疹・アレルギー疾患などへの免疫力をつけたりといったメリットが!≪ニュージーランドの追跡調査詳細≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


【追跡調査ーその2-】

今回の研究では、2,500人の乳児を16年にわたって追跡調査し、様々な年齢における精神状態や反社会行為や非行に走る確率が低くなるという研究結果が発表され問題行動などを分析。

その結果、母乳を生後6ヵ月未満しか与えられなかった子供はより長い期間母乳を与えられた子供に比べ、6歳までに精神的に何らかの問題を抱える確率が55%高くなり、この確率は10歳までには37%に減少するものの、8歳までには反社会的行為などの問題行動を起こす確率が61%にもなることが新たに分かったという。 


Data

【まとめ】

母乳が子供の必要性に応じた栄養などを与えるためと考えており、【母体が絶妙に調合しているのでその時期に必要な栄養素(=多くの微量栄養素)が過不足なく含まれているのでしょう】

両親の社会的・経済的・教育の背景・家族の幸福感などを考慮した上でも、母乳が子供の精神的健康にもたらす利点は変わらない事が判明!母乳を十分与えられた子供は、将来問題行動を起こす確率が低<いだけでなく、うつ状態や不安などの不安定な精神状態になることもあまりないと示唆している!

≪追跡調査その2は・・UK Today より一部抜粋≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Continue reading "≪情報や本舗≫≪母乳≫≪邪馬台国・卑弥呼≫≪補完栄養素≫≪追跡調査≫≪母乳の効能?≫≪鎌倉時代に答えが!≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

≪EHT≫・・よくある質問(Q&A) | ≪EHT≫・・・BSCG公認!WADA認可! | ≪EHT≫・・・EHTとは | ≪EHT≫・・・NFLフットボウル選手 | ≪EHT≫・・・アスリートのサプリ | ≪EHT≫・・・シグナム・バイオサイエンス社≫ | ≪EHT≫・・・タウたんぱく質とPP2A | ≪EHT≫・・・体感・体験談 | ≪EHT≫・・・動画・You-Tube | ≪EHT≫・・・学術的な視野から | ≪EHT≫・・第三機関による検証 | ≪EHT≫・・能書きと成分表 | ≪EHT≫・・脳内の働きを高める | ≪Nerium=ネリウム≫・・ビジネス・チャンス! | ≪Nerium=ネリウム≫・・ボーナスプラン | ≪Nerium=ネリウム≫=オプティメラ(optimera) | ≪Nerium≫・・・ネリウムインターナショナル社 | ≪Signum≫・・・提携&パートナー | ≪オプティメラ≫ | ≪オプティメラ≫=体感レポート | ≪オプティメラ≫=健康肌革命 | ≪オプティメラ≫=動画で真実が!(体感談) | ≪オプティメラ≫=日本上陸! | ≪オプティメラ≫=日本語ビデオ | ≪オプティメラ≫=最新情報 | ≪オプティメラ≫=洗顔法と使用法 | ≪オプティメラ≫=科学諮問委員会 | ≪オプティメラ≫=脅威の技術革新 | ≪オプティメラ≫=臨床試験 | ≪グーグル=Google≫ | ≪ミトコンドリア≫ | ≪ASEA≫=アスリート | ≪ASEA≫=カテゴリー! | ≪ASEA≫=公式ページ日本語 | 【がんと宣告されたら】 | 【がん最新情報】 | 【アスリート&栄養素】 | 【インフルエンザ・ウイルス】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【カーブドッチ】⇒【オチガビ】 | 【ダイエットかわら版】 | 【ダウン症候群】 | 【トランス脂肪酸】 | 【ドッキリ=フラッシュモブ】 | 【パンデミック=対策】 | 【不思議な世界・・・自然界】 | 【世界のかわら版】 | 【世界の音楽】 | 【中村天風】 | 【人気スポーツ・あれこれ】 | 【伝説のスピーチ】 | 【健康かわら版】 | 【偶然の発明・発見】 | 【再生医療・幹細胞】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医食同源】 | 【地産地消】 | 【地震情報かわら版 | 【子供を放射能から守る】 | 【宇宙のかわら版】 | 【幹細胞】【再生医療】 | 【抗酸化食品】 | 【書籍のかわら版】 | 【書籍・雑誌】 | 【最新医療】 | 【栄養と疾患】 | 【植物のチカラ】 | 【正常細胞・ガン細胞】 | 【母乳と乳児のかわら版】 | 【母乳の薬効効果】 | 【江戸のかわら版】 | 【浮世絵・春画・あぶな絵】 | 【知って得するかわら版】 | 【石原裕次郎】 | 【科学・数学】 | 【糖尿病最新情報】 | 【糖鎖・糖質栄養素】 | 【細胞】 | 【絵画・書画・骨董】 | 【肝炎】 | 【脳梗塞・・・幹細胞】 | 【自閉症・多動症のかわら版】 | 【自閉症情報】 | 【薬物乱用】 | 【認知症&アルツハイマー】 | 【資源のかわら版】 | 【過去!未来!】 | 【長寿寿命・医食延命】 | 【頭脳明晰】=頭の体操