≪アセア=ミトコンドリア≫

≪ASEA≫≪インフルエンザ≫≪免疫機能≫≪レドックス・シグナリング分子≫≪ミトコンドリア≫

02

私たちの体は、過去にインフルエンザウィルスに感染したことで、それなりに免疫ができていますが、全く新しいウィルスには免疫がありません

Aaaphoto

新しいウィルスを作り出すのは研究者やテロリスト だけではありません!最大の脅威は、自然そのもので、ウィルスは自然界で姿を変えるのです

A
【中央が細菌、周囲の小さな点がウイルス】

ところで、細菌とウィルスの大きな違いは、細菌はそれ自体が細胞を持っているので細胞分裂によって増殖しますが、ウィルスには細胞が無いので、他の生物の細胞に取り付いて、増殖するしかありません

強毒性を持つといわれる鳥インフルエンザは《H5N1》型と呼ばれ、HやNは、ウィルスの周りを被っているタンパク質の突起!それが糖鎖のことなんです

4

生物の細胞の表面は糖鎖でびっしり覆われています。細胞の一番外側にありますから、外から細胞に感染初に接触するのが糖鎖です。インフルエンザウイルスは糖鎖を使って感染する。

さて、鳥インフルエンザの場合、まずはHの突起≪Hはヘマグルチニンの略≫で細胞に取り付いて内部に侵入し、例えていうなら細菌を乗っ取りさらに細胞のコピー機を使って、自分の仲間を大量にコピーするのです⇒図解入りで観て見ましょう


Aaaaimg_05

細胞の中に仲間が大量に増えると、今度はNの突起≪NはN-アセチルノイラミンサン=シアル酸とも≫で細胞を破り、次の細胞に侵入していくのです。この酵素を働けなくする【Nの突起で阻害させて】のがタミフルやリレンザという薬です。

Aseadamagedcells1

こうして繰り返し、繰り返し細胞が次々に死滅しついき、病気を発症するのです。ところが、細菌で自分の仲間を大量にコピーするのですする際に高い頻度でコピーミスが生じてしまいます

こうして誕生したウィルスの大半は、生存できずに死滅していきます!なかにはしぶとく生き抜く種類が生まれます。かくして、これが新型インフルエンザの誕生・流行となるのです

Banerealswitchheader

新型!!新型!とコピーを繰り返し生き残るウイルスに対抗するには、免疫を高め、自己治癒力の機能を落とさないことですよね!

ここにきて、体の免疫の働きが、新しい科学のテクノロジーとともに解明されてきています。免疫機能の促進【ROS】と酸化還元のホメオスタシス機能【RS】の二つの”はたらき”を持つ≪レドックス・シグナル分子【反応伝達分子】≫というもののはたらきが注目され始めてきているそうです

Howaseaworks1_2
ROS⇒免疫システムのコミュニケーション!(ウイルスやバクテリアを攻撃)とあります】

RS⇒抗酸化の機能!(フリーラジカルと闘う)とあります】


≪レドックス・シグナリング分子≫とは、細胞内のミトコンドリアで常時作られているもので、からだの免疫機能や自然治癒力にとっては、必須なもの物らしいが、年をとるとともに減っていく?

Agazineprosper

そこでアメリカのASEA(アセア)という会社が、研究開発に30億円の費用と17年の年月をかけて、人体がもともと持つ、体を修復する分子」(レドックス・シグナリング分子)を外から体に取り入れらるようにと【ASEA(アセア)】なるものが開発されたのです【もっと読む!】

119asea_b8 インフルエンザウイルスやノロウイルス、C型肝炎と糖鎖の関わりがよくわかるサイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪細胞が自分を食べる≫≪オートファージ≫≪ASEA≫≪分子生物学≫

02baner
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

私たちの体を構成する細胞の中で、日々、劇的な変化、大規模な「リサイクル」が起きていることが分かった!

At4okboc

私たちは、からだをつくるタンパク質を一日200g程のの自分のタンパク質をアミノ酸に分解している。コレは食事の約3倍にあたると、口から食べているタンパク質よりズーット多い量の自分のタンパク質を食べていると?

自分の手足を食べて、腸で分解しているわけではない≪と、当たり前の話≫それは細胞の中で行われている

Bt000017383300100101_tl


こうした細胞内で起きている主なしくみ≪分解方法≫が本のテーマの「オートファジー」ということらしい。オートファジー(autophagy)のautoは自動(自身)で、phagyは食べる!≪マクロファージも大食細胞といわれるようによく食べる≫

オートファジーは、細胞内を毎日、きれいに掃除しては、自らの細胞を食べ、タンパク質を補給し、その中身を新しいものに置き換えるという重要な働きをしていこれると・・・・【もっと読む】


Photo

自らを食べる?、なぜこうした”しくみ”が備わっているのか、この仕組みはからだの成長や老化、病気や免疫とどう関わっているのか。

少し詳しく云うと⇒

 細胞の中の分解処理を行ない掃除の役目を果たしている

Ageskuma

 飢餓の時の対抗策となり(冬眠動物やシロクマが何日も食料がなくとも、また食べなくても生きているわけは、自分の細胞の中のものを「食べて」いたから?)

・細胞の新陳代謝を行い、分化・変化を促進する

Img_1493029_60559146_1

 不良ミトコンドリアを分解し、修復したり、取り替えたりして老化を防ぐ

細菌やウィルス・バクテリアに対抗、病気を防ぐ役目

 がんや、神経変性疾患の治療に、そして難病、不治の病とされている治療に救世主となりそうな


≪なにやら、カテゴリーにあるASEA⇒レドックス・シグナリング・分子のはたらきにも大きく関わっているのではないであろうか!≫

Scisignaling110201


いまやオートファジーは、生物学者や医者たちから熱い注目が寄せられている生命現象であり≪レドックス・シグナリング分子も勿論ソウなのだが≫この本「細胞が自分を食べるオートファージの謎」では、従来の生命観を大きく変えるホットな話題を提供 しているのですね

_news333日本経済新聞のオンライン「日経ヘルス」に体の中の「生ゴミ」再生システムでたんぱく質をリサイクルと題して 「オートファジーは今とてもホットな研究分野であって、医学や生物学の教科書が書き換えられつつあるのです」と・・・・・
【記載記事】

東京大学大学院医学系研究科「水島昇教授」のガイドで、図解入りで解説している

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪ミトコンドリア≫≪レドックス分子≫≪ASEA≫≪アンチエイジング≫≪Redox Signaling≫≪驚きの回復力≫

Assk_logo


太古の昔(20億年前とも)、原始細胞の中に、呼吸能力のある別の細菌が入り込んで、共生を始めたのがミトコンドリアの起源であると考えられています

Photo

ミトコンドリアは、食べ物から取り出された水素を、呼吸によって取り入れられた酸素と反応させて生命活動にかかすことができないエネルギーのもとをつくり出す≪37℃という穏和な条件の中でね≫、その時に発生するエネルギーを使ってATPという物質を合成します

Aaa41fo


スペースシャトルが水素と酸素を爆発的に反応させているのと同じですね、よくエンジンや発電機のたとえで、発電所のようだと、言われる所以なのでしょうか


ATPは、神経細胞が興奮したり、筋肉が収縮したり、肝臓が物質を合成する時に消費されるのですが、大量のATPを細胞に貯めておくことができません
Asea


そこで、ミトコンドリアはATPの必要量に応じて水素や酸素をすみやかに反応させたり、またゆっくり反応させたりすることで、呼吸の速度を調整しているのです


Photo_3

運動をすると呼吸や心拍が激しくなり、休むと次第に収まりますよね。これもミトコンドリアの活動なのです。ミトコンドリアは呼吸によってエネルギーを作り出す発電所ですから、なにかしら運動能力に影響を与えていると予想しミトコンドリアの遺伝子の違いによるとの予想はさて置き

Ageskagaku


ミトコンドリアに内在しているレドックス分子(redox signaling)なるはたらきを、16年前に科学者から聞き及んだ二人の実業家は、このとてつもない科学研究の情報に資金をつぎ込み、研究開発の結果が多くのアスリートの運動能力を引き出す要因となる証をもとめました

1301672609_img2

細胞内のミトコンドリアに内在して酸化・還元の伝達を担うレドックス分子(レドックス・シグナリング)は体外では、決して作られないと云う理論を根底からくつがえすことが起きたのではないでしょうか

詳しくは…http://morrich.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-2a9b.html

Redox

この反応を上手くさせているといっても、ミトコンドリアのエンジン《電子伝達系》から電子が漏れてしまう

そこで電子が酸素に直接わたされてしまうと活性酸素が発生してしまう。通常でも活性酸素の発生源となっているミトコンドリアのタンパク質や脂質をこの活性酸素が攻撃するのです


Aaa9146_5_2

怖いのは、設計図であるDNAが攻撃を受け、その設計図がキズつき、発電所《ミトコンドリア》で正しい部品を作ることが出来ず、エンジン《電子伝達系》からさらに活性酸素が漏れやすくなってしまうのです

もちろん加齢とともに遺伝子の変異蓄積によって、活性酸素漏れも増大して細胞機能に悪い影響を与えてしまいますCa6zprmx


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪活性酸素≫≪ミトコンドリア≫≪抗酸化剤≫≪レドックス分子≫≪ASEA=アセア≫        

02baner
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

2009年でしたか?ミトコンドリアの実態が観ることが出来てから【ノーベル賞の下村教授のお陰ですね!】いろいろなことが分かってきました

Img_1187105_30735646_1ミトコンドリアの断面写真

ゴールデンウィークにミトコンドリアの内部で活性酸素がつくられる映像を電子操作顕微鏡で見せていました、その中で、病気の原因の大半は活性酸素にあるとコメントしていました!

Photo_4

そういえば若年性パーキンソン病の原因が細胞内で異常ミトコンドリアがたまってエネルギーが生産できなくなる上、有害な活性酸素も出て、神経細胞が影響を受けパーキンソン病につながるのではないかというニュースも4月に公表されたばかりである

  ≪うごめく緑の正体が⇒ミトコンドリアの実写!≫


細胞生物学・生化学を基盤として、すなわち細胞レベルでの健康維持を目指して、多くの病気、特にココにきて増え始めているのが自己免疫疾患!

9336597body

これらには、ASEAは完成した酸化還元伝達物質らしい、そんな中こうしたニュースは機能食品としての面目躍如で世界中で摂リはじめた人には、グッドニュースなんでしょうね

■バクテリアはミトコンドリアの祖先といわれています≪近年!ミトコンドリア内にはレドックス・シグナル分子=酸化還元伝達分子なるもののはたらきが注目され始めてきているそうです


【もっと読む】 【ASEA(アセア)】

Ass

≪難しい事はさておいて、私には「活性酸素の製造工場もミトコンドリア」なら、活性酸素を攻撃する「抗酸化物質」がないと病気の原因を引きおこすことにも、そこでヒトの体には元々あるSODとかグルタチオンが大活躍するわけです!

そこで【M16”を持った超A級狙撃手(スナイパー)ゴルゴ13】?ではないか!と思えるのですが≫

Aseabike_02289x300

外から摂る「抗酸化物質」はミトコンドリア内では、有るものがないと働かないことが分かってきたそうです!それがレドックス・シグナル分子で、アメリカのASEAという会社がこのものを経口で摂ることを長年の研究開発によって製品化したそうです≪アメリカ・カナダではかなり話題になっているそうですよ


【お問い合わせ】

Side_ttl_3レドックス・シグナル分子について
【コチラ】


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪ミトコンドリア≫≪活性酸素≫≪レドックス分子≫≪サイエンスゼロ≫

Redoxtitration


高校の生物で習った「ミトコンドリア」といえば、小さいカプセルのようなイメージでしたが、蛍光タンパク質の登場!そうノーベル賞の下村脩博士が発見した「緑色蛍光タンパク質」によって、生きているミトコンドリアの姿が明らかになって、その本当の姿も明らかになった

Img_1188022_30086637_0


ミトコンドリアは細長いミミズのような形で、グニュグニュと細胞の中を動きまわっていることがわかった【先日のNHKスペシャルでは・・】勿論、細胞分裂をしては、それが切れたり、他とくっついたりして

Photo

参考書で見た絵とはかなり違っていて、コッペパンのようなものが2,3個細胞の中にあるイメージだったのですが、細胞の中いっぱいにゴチャゴチャとうごめいている感じですか


その詳しい仕組みが、わかってきていて、特に注目されているのが、ミトコンドリアと健康の関係で、これまで知られていなかった新たな姿が次々と明らかになっている。

細胞の中のミトコンドリアの量が多いほど、疲れにくいことや、運動によってミトコンドリアの量をふやすことができることは、既にもわかっていることだが

Ages

注目されているものとは、「レドックス・シグナリング」という聞きなれない分子のはたらきである。身体に過剰なストレスがかかると一転、活性酸素を多量に発生するようになる。するとミトコンドリア自体が傷つき、本来の役割を果たせなくなってしまう。


そこで「レドックス・シグナリング分子」というものが傷ついた細胞を修復したり、活性酸素を抑制したり【抗酸化作用】

Logo_redox 【レドックスシグナリングとは何ですか?】


レドックスシグナリングは、地球上のすべての生命の中心となる機能です。レドックスシグナル分子は、体内のあらゆる細胞内に作成され、免疫系へと細胞の治癒のメカニズムに不可欠ですされています。

Photo_4

レドックスシグナル分子はそれらなしで、あなたが数分以内に死ぬという人生にとって非常に不可欠です。損傷、機能不全の細胞が離れてフェードや健康、活気のある細胞が引き継ぐ:レドックスシグナル分子の適切な供給は細胞の治癒が可能になります。

Aseabike_02289x300


そこでアメリカにASEA(アセア)という会社が、研究開発に十数年かけて⇒【人体がもともと持つ、体を修復する分子」(レドックス分子)を手軽に飲めるように】と2010年にオープンしたようです

【動画で観る!】⇒

Photo_3━▼━  【ASEA◎分かりビデオ】 ━▼━

そしてミトコンドリアの量が減ると、糖尿病やがんなどの病気につながる可能性さえ見えてきた。単なるエネルギー生成器官ではなかったミトコンドリアの本当の素顔に最新研究から迫る。

Side_ttl_3この栄養素!摂ってみますか】⇒ 【コチラ】

Aalogo


NHK教育テレビの「サイエンスZERO」(2009/11/7)放送。そのミトコンドリアゲノムは、母性遺伝(母親の遺伝子)のみによってのみ子供に伝えられていくことを知りとても不思議な感覚を持ちました。肥満や不健康な人の細胞内にはミトコンドリアが健常者と比較して少なくなっているということもわかったそうです。

Photo「サイエンスZERO」(2009/11/7)放送分は⇒【こちら!】


Photo_2

つまり、元気なミトコンドリアを持つことが元気の秘訣なのです。免疫作用、ガン防御、血管造作に作用している活性酸素もミトコンドリアが産生しているのでミトコンドリアの機能を落とさないことが老化・肥満予防にもなります。過剰なストレスは、活性酸素が過大となって細胞や遺伝子を傷つけるので良くないようです。

Science


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪アセア≫≪ASEA≫≪レドックス分子≫≪糖鎖≫≪REDOX≫≪ミトコンドリア≫

Agesburogu■2012年1月2日・・・ASEAブログの更新!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Baner


Redox


糖鎖のはたらきを伝えた友人からアメリカの健康のホット情報があると!糖鎖の細胞間コミュニケーションに深く関わるニュースだと、そこで聴いてきたのだが、「レドックス分子」とかで、なにやら難しい!「糖鎖」を初めて聞いたときもそうだったのだが

Photo

・・・2009年にアメリカで開発されたビタミンでもミネラルでも、抗酸化剤でもジュースでも、エネルギードリンクでもない、今アメリカで爆発的なブームを呼んでいる健康ドリンクだというのです。「レドックス分子とは、細胞内のミトコンドリアで常時作られているもので、からだの免疫機能や自然治癒力にとっては、必須な【酸化還元反応分子】というもの物らしい ≪下記の拡大図をご覧あれ・・・!≫


Howaseaworks1


友人に伝えに来た「小松原」さんが言うには「レドックス分子」がないと、生命体はわずか1、2分でも生きていることはできないそうだ!」と・・・・必須アミノ酸・必須栄養素と同じではないか!

Aphoto_2

ホントかよと思ったが≪友人の話では「小松原」さん、東京工業大学の出身と言う事ゆえ、いい加減な事は言わないであろうと、聞き耳を立てた訳である≫

Banerasea_b9

その健康ドリンクの製品名はアセア(ASEA)」というらしい資料と会社の公式サイトを教えてもらったので、糖鎖の時のように興味もあり、検索して調べてもみた⇒グーグル検索に「レドックス分子」で入れると≪ASEA日本上陸2011年の衝撃!≫ というサイトがあり、「レドックス分子」の説明があり、貰った資料どおりのことが書かれていた

■【右の画像をクリック!するとシグナルの受け渡しの様子が・・・】

Neuron

「レドックス分子」は細胞同士のシグナルの受け渡しをする働き≪なるほど糖鎖の働きに関与しているのかな?≫があって、そのシグナルによって免疫機能や新陳代謝が正常に働くと!つまり、「レドックス分子」というのは、健康な細胞のコミュニケーション(シグナルの受け渡し)や機能を最適化するものなのです

Photo_3【免疫細胞が会話をしている画像】

2006年5月号日経サイエンスの掲載記事とその画像⇒ 【コチラ】

友人の伝え聞いた事は、本当だ!糖鎖の働きに関連があるのか?別のものなのか?いずれにしても「細胞間コミュニケーション」に、関わる話ではある

Asea

「糖鎖」は細胞内の”ゴルジ体”で作られ細胞の外に出ているタンパク質の先に突き出た糖タンパク質である、一方、「レドックス分子」は元々が細胞内にあって、ミトコンドリアで作られるものらしい

Agesmitokonn≪ミトコンドリア≫≪活性酸素≫≪レドックス分子≫≪サイエンスゼロ≫


だとすると、「糖鎖は細胞の外で働き、レドックス分子は細胞の内で細胞のコミュニケーション(シグナルの受け渡し)や機能を最適化」することで働くと、言うことになるのかな?

Photo_3━▼━  【ASEAの8分間ビデオ】 ━▼━


簡単に捉えると、「糖鎖」を活性化するものが≪糖鎖の栄養素≫で、「レドックス分子」を活性するのが≪アセア=ASEA≫いずれにしても、この健康ドリンクは日本には入ってきていないそうだ

Abottle_2

資料によると、アメリカでASEA(アセア)」は、世界で初めて商品化に成功!ASEA(アセア)のその技術とは・・・ASEAの科学者たちは「20以上の取得した特許!」を使い、史上初の、人体の外でバランスのよい「レドックス分子」を形作ることに成功したそうです。

【人体がもともと持つ、体を修復する分子」(レドックス分子)を手軽に飲めるようにしたと】

Cagn0hgn日本オープンは未だですが!飲んでみたい方には、「小松原」さんが、メンバー【登録なし】で購入する便宜を計ってくれるそうだ

32オンス(907CC)入りのボトルが4本入って1カートンが小売価格⇒150ドルだそうで≪公式サイトを検証しても間違いない≫・・・換算レートで変換⇒12.096円

Moneybss


便宜価格⇒120ドルで購入可!円建て?ドル建て?12.000円前後としてプラス送料&通関手数料が50ドル(4.032円)・・・掛かる費用でアバウト@16.000円となりますか!

Money100_bills

公式サイトによると、天然の健康サプリメントの分野で、この研究成果の特に安全性!この安全・安心を証明する為に、16年の研究期間と数百万ドル(数億円)の先行投資が必要だったとコメントしているのは


Caqfw3hi

クラフト・フーズ社に30年務め、戦略担当の副社長を担当していたバーディス・ノートン氏≪ASEAの創業者の一人らしい≫だった≪アメリカのフォーブズ誌によると、クラフト・フーズ社はアメリカでもっとも評判の良い企業≪ビッグカンパニー≫上位3社のうちの第2位です。ちなみに1位はジョンソン&ジョンソン、3位がケロッグ、4位がディズニー、5位がペプシです≫

Twitter

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

≪ASEA購入のご案内!≫ | ≪アセア=ASEA≫ | ≪アセア=ミトコンドリア≫ | ≪ネリウムAD=購入の方法≫ | ≪ASEA創業秘話≫ | ≪ASEA=よくある質問?≫ | ≪ASEA=アスリート見聞≫ | ≪ASEA=スポーツ選手≫ | ≪ASEA=体感見聞≫ | ≪ASEA=公開資料≫ | ≪ASEA=動物&ペット≫ | ≪ASEA=摂り扱い説明書≫ | ≪ASEA=目の石鹸≫ | ≪ASEA=知って!ガッテン≫ | ≪ASEA=科学検証!≫ | ≪NeiumAD=うわさの情報≫ | ≪Nerium=取り扱い説明≫ | ≪Nerium=商い情報≫ | ≪Nerium=洗顔&塗り方≫ | ≪Nerium=科学の証明≫ | ≪NeriumAD≫≪ネリウムAD≫ | 【がんと宣告されたら】 | 【がん最新情報】 | 【インフルエンザ・ウィルス】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【カーブドッチ】 | 【パンデミック=対策】 | 【世界のかわら版】 | 【健康かわら版】 | 【再生医療・幹細胞】 | 【哲人・中村天風】 | 【子供を放射能から守る】 | 【宇宙のかわら版】 | 【小児栄養かわら版】 | 【書籍のかわら版】 | 【母乳と乳児のかわら版】 | 【江戸のかわら版】 | 【糖鎖の栄養素】 | 【自閉症・多動症のかわら版】 | 【自閉症情報】 | 【認知症&アルツハイマー】 | 【資源のかわら版】 | 書籍・雑誌