【植物のチカラ】

≪情報や本舗≫≪WHO=世界保健機関≫≪ツボクサは21世紀の驚異的薬草≫≪WHOが位置づけ≫≪若返り!長寿!記憶力向上≫≪センティラアジアティカツボクサ≫

Images

ツボクサは凄い効能を秘めています!多くのスキンケアにツボクサが使われている事をご存じでしたか?テレビCMでお馴染みの”ドモホルンリンクル”もサントリーの”サントリーエファージュ”"
フジフィルムの"アスタリフト" ほかにも聞くところによると多くのスキンケア製品に使われているようです

WHO【世界保健機関がツボクサの薬理的効能についてとても高い評価のコメントを発表しています

その発表を書き込みする前に来年始め、おそらく日本ローンチ【日本でのかいgの運びとなって、発売されるアンチエイジングクリーム「オプティメラ」も勿論、ツボクサの成分を使用しています

Images_32

その上さらに”オプティイメラ”は「SIG-12734」という特許取得申請済の成分を配合し、際立った効果を求めている、他社のツボクサだけの製品とは、有効性の面でも・・・CMのフレーズ⇒違いの分かる○○○でしょう

≪50代~60代からでもハリを取り戻すと謳われていて、たっぷりツボクサ成分が配合されています≫


Imagetsub8

※ ツボクサは外用により、炎症による皮膚湿疹、日焼けによるシミ、肌荒れや外傷の治りを早める。シワを改善する

※ ツボクサ特有の酸成分アジア酸とマディッカソ酸、アジア酸が糖と結合した配糖体のアジアコシドには抗炎症作用があり、皮膚の代謝、肉芽形成促進等の働きがあります。

※ 最近ではコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の合成を促す美容成分として注目されています。

Images_36


それでは、WHOが発表したツボクサのもつ主に、インド、東南アジアで栽培されるツボクサは古くからインドのアーユルベーダや漢方にも用いられている 特別なハーブで、別名は、多くありますゴツコラとセンティラアジアティカツボクサとかね


先にも述べましたように、化粧品の原料として沢山使われています、ツボクサは亜熱帯から熱帯にかけて世界中に広く分布し、どの地域でも とても大切な薬草として扱われてきたのです


1_2


■ ツボクサ(ゴツコラ)はWHO(世界保健機構)が21世紀に残さなければならない重要な薬草リストに加えているほどで、薬効を言い始めれば膨大なリストができるものです。

■ 「21世紀の驚異的薬草」保護すべき薬用植物の中でもっとも重要なものの一つ」と位置付けて、同発行の文献に以下の症状に効果があると謳っています

3

■インド5000年の知恵アーユルヴェーダの中で最も重要な若返りの薬!といわれています。また、世界中で使われています。

■ インドでは魔法の植物(quasi magique)とまで言われ、ブラフミー(創造の神ブラフマンの知恵を助けるもの→崇高な実態についての認識をもたらすもの、の意味)と言う名前まで付けられています。

≪驚くべき効能≫

■ ツボクサの成分アジアティック酸は皮膚を引き締めてくれます


Images_35

■ ツボクサに含まれているアジアティコサイドが健康な皮膚に必要な、脂質やタンパク質の合成を刺激。細網内皮系を刺激して速やかな新陳代謝、コラーゲンやヒアルロン酸の合成を助けます。

■ 肌や髪をきれいにし、血管を丈夫にする若返りの妙薬

■ 韓国では国内栽培が出来るように遺伝子組み換え技術を使ってまで生産に取り組んでいます

■ 傷をきれいに治し、胃薬となり、目の薬、痛み止め、不眠や、神経の高ぶりを抑える

■ コラーゲンの生成を促す細胞分裂を促進させ、やけどやキズ、乾癬、湿疹の回復を促す

■ 抹消血管の血流を増加させる効果が確認され、脚のむくみや、冷え性の人、女性全般に喜ばれている

Images_40

■ 特に下肢静脈の血行改善に注目され、海外では「足痩せ= 美脚線」のサプリメントとして人気が!

■ 打ち身に効くことからムエタイボクサーが試合後にジュースにして飲むことでも知られています

≪多くの女性が気に止める「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」にツボクサの働き≫

ビタミンCもコラーゲンを生成を助けて抗酸化作用があります。更にカロチンにも皮膚粘膜を保護する働きがあります。

さらにコラーゲンやエスラチンに直接働きかけて細胞の再生を促すと言われています。オイル抽出したものはセルライトや妊娠線対策にヨーロッパを中心に使われてきました。フランスには「つぼくさ」を専門的に扱った有名化粧品メーカーもあります

≪長寿のハーブとしてのツボクサ!≫


Images_27

1933年に亡くなった中国の薬草研究者LeeChingyuenは長寿には特に「つぼくさ」を推奨していましたが、なんと256歳でこの世を去ったといわれています。このような長寿伝説を「つぼくさ」は世界中に創っています。中国やインドをはじめ、アジア中で代表的な強壮薬として「皮膚、神経、血管の機能改善および活性化」を目的に古来より使われ、文献には長寿に関する記述が多く見られます

■ セキセツソウ(雪積草)と言う生薬名で漢方の世界では 痛み全般に使われています。特に外傷性の疼痛には効果が高いと言う臨床報告があります

≪他にもある脅威の効果≫

ツボクサは、漢方のよく言う薬効の位置づけで上品、上薬、に分類されています。下記画像はその仕分け

2013100114143005e


■ カルシウムイオンには、神経の興奮や緊張を和らげて精神を安定させる効果があります。ナイアシンは精神の状態を安定させる脳内物質の働きを助けます。またツボクサ特有の酸成分、セント酸とセンテラ酸には鎮静作用があるとされています

■ 脱力感、疲労回復、滋養強壮に効果がある

■ 鉄は赤血球の成分ヘモグロビンの原料となり、酸素を血流に乗せて体中に行き渡らせて鉄欠乏による疲労を防ぐと共に、老廃物質である二酸化炭素を排出してリフレッシュさせます。ビタミンB1、ナイアシンは糖質をエネルギーに変える働きをします。

■ 山菜、野草に含まれる苦味物質アルカロイドには、腎機能を高めて老廃物の排出を促進する作用があり、
下肢のむくみ、静脈瘤を防ぐ

■ それらツボクサ特有のトリテルペン~(生体物質である炭化水素、テルペンの一種)には、下肢の血流をよくする働きがあります。

≪脳にも良いツボクサ!≫

Images_3


■ 頭脳を明晰にするブレインフードで記憶力、集中力を高める

■ 民族薬理学の情報誌Journal of Ethnopharmacologyの2008年3月号には、コンケン大学(タイ)の研究チームが実施した研究の報告が掲載されました。

28人の健常高齢者ボランティアにツボクサエキスを2ヶ月間投与して認知力の変化をみるという実験で、一日に250mg、500mg、750mg投与のグループにランダムに分け、思い込み効果を防ぐために偽薬も用いた方法です(無作為化偽薬対照二重盲検試験)その結果、用量を多く摂取したグループに認知力と気分改善がみられたということです

ツボクサエキス摂取によって加齢に伴う認知機能の低下や気分障害を改善する可能性が高く、この結果をうけて更にそのメカニズムを調査する必要があるとしています。

■ 化学物質や薬剤に汚染されたからだを無毒化し、脳細胞や神経を活性化する作用がある。アーユルヴェーダなどの伝統的医学では、主に神経や脳 を活性化させるハーブとして扱われています。


■ 知能障害を持つ子供に12週間の施薬で行動に改善が見られたと言う報告があります。欧米ではボケ防止、学習能力向上の健脳 サプリメントとして、非常に多くのメーカーによって使われています。

そのなかでは静脈や毛細血管が強くなり血行改善。神経系を正常に作用させ記憶力や集中力の向上が報告されています 疲労を軽減し、うつ症状や不眠症を緩和する。


Photo■注意!■アトピー、アレルギーの方に

最近の報告ではつぼくさを原料としたサプリメントで90%の人にアトピーやアレルギーの改善が見られたとインターネット上にありました。

すでに以上の効果のあるお薬を服用されている方、乳幼児、妊産婦、高脂血症、ツボクサアレルギーの方。現代医学による毒性と禁忌は今までのところ報告はありませんが妊娠中の服用はお勧めいたしません。

Images_31

マレーシアでは出産を終えたばかりの女性や、体を温めたい時、血行を改善したい時、子宮の収縮を促進させたい時に特に推奨される薬草だそうです。

いやはや、ツボクサ(センティラアジアンティカ)はWHO(世界保健機関)が21世紀に残さなければならない重要な薬草リストに加えているだけあって、薬効を言い始めれば、まるでマジックショーのように次から次と出てくるものですね


Images_38

Continue reading "≪情報や本舗≫≪WHO=世界保健機関≫≪ツボクサは21世紀の驚異的薬草≫≪WHOが位置づけ≫≪若返り!長寿!記憶力向上≫≪センティラアジアティカツボクサ≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪WHO=世界保健機関≫≪21世紀の驚異的薬草と位置づけ!≫≪若返り にツボクサ≫≪オプティメラに含有≫

Imagetsub8


WHOが,,≪21世紀の驚異的薬草≫と位置づけた植物とは、若返り・アンチエイジングに効果効能の評価の高い
「ツボクサ(アジアン・センティラ・ツボクサ)」である


化粧品の原料として沢山輸入され使われていて、日本で販売の400を超えるスキンケアーに原料として使われているらしい

Images

ツボクサ(アジアン・センティラ・ツボクサ)はWHOが、21世紀に保護すべき薬用植物の中でもっとも重要なものの一つとして、残さなければならない特別な薬草リストに加え、

薬効を語り始めれば膨大なリストになるとのことですよ!同発行の文献に以下の症状に効果があると謳っています

インド5000年の知恵アーユルヴェーダの中で最も重要な若返りの薬!と言われ、またインドでは魔法の植物(quasi magique)とまで言われ、世界中で使われています

Photo_5  6  Photo_6


 【エファージュ】    【アスタリフト】   【ドモホルンリンクル】


日本では、サントリーのエファージュ、フジフィルムのアスタリフトのシリーズ、ドモホルンリンクル等に使われています(それはコラーゲン、エラスチンの合成を促す美容成分としてツボクサが注目されているからなんですね


他にもフランスには「ツボクサ」を専門的に扱った有名化粧品メーカーもあります、それはコラーゲンやエスラチンに直接働きかけて細胞の再生を促すと言われているからで、


Images_2_2


アメリカで3年前から爆発的に愛用されているアンチエイジングクリーム=ネリウム・インターナショナル社のナイトクリームにももちろん使われています・・・

20え16年夏には日本にオープンするのではと言われていますが、流通する製品が画像にもある「オプティメラ」というナイトクリームです、ツボクサ以外にもシグナム社が開発して特許取得の「SIG-1273」など肌を画期的に改善する効果が現われいるアンチエイジングクリームなのです


≪その実証になるか、どうか?ご判断は自由です・・・≫


Img_8697300x200


一年目に単品≪ナイトクリーム≫だけで100億円の売り上げ2年目には200億円!3年目には440億円!と業界の注目度は、途轍もありません


【ツボクサの薬効とは!】

◆ ツボクサの成分アジアティック酸は皮膚を引き締めてくれます

◆ 肌や髪をきれいにし、血管を丈夫にする若返りの妙薬

Images_4

◆ 傷をきれいに治し、胃薬となり、目の薬、痛み止め、不眠や、神経の高ぶりを抑える

◆ コラーゲンの生成を促す細胞分裂を促進させ、やけどやキズ、乾癬、湿疹の回復を促す

◆ 外用により、炎症による皮膚湿疹、日焼けによるシ、肌荒れや外傷の治りを早める。

◆ シワを改善する。(アジア酸、マディッカソ酸、アジアコシド、ビタミンC、カロチン)

◆ 強壮薬として「皮膚、神経、血管の機能改善および活性化」を目的に古来より使われ


Images_5

中国の薬草研究者LeeChingyuen(?年・・・1933年)は 長寿にはハーブの中でも特にツボクサを推奨した!なんと256歳でこの世を去ったといわれています。このような長寿伝説を「ツボクサ」は世界中に創っています
中国やインドをはじめ、アジア中で代表的な強壮薬として「皮膚、神経、血管の機能改善および活性化」を目的に古来より使われ、文献には長寿に関する記述が多く見られます。


セキセツソウ(雪積草)と言う生薬名で漢方の世界では 痛み全般に使われています。特に外傷性の疼痛には効果が高いと言う臨床報告がありますツボクサは、上品、上薬、に分類されています。

Continue reading "≪情報や本舗≫≪WHO=世界保健機関≫≪21世紀の驚異的薬草と位置づけ!≫≪若返り にツボクサ≫≪オプティメラに含有≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪食生活≫≪米国立がん研究所≫【ヤムイモ】≪乳がん≫【ディオスゲニン】≪マザーホルモン≫

Baner3065200


食生活によって一部の癌(がん)の発症リスクが左右される可能性が複数の研究で示され、ボストンで開催された米国癌学会(AACR)主催の癌予防研究に関する国際シンポジウムで発表された。

20061122hj9bm000_22


米国立癌研究所(NCI)のLarissa Korde博士らによる研究では、幼少期に多量の大豆を摂取した女性で、乳癌発症リスクが有意に低いことが示された。

Photo

アジア人は米国人に比べ大豆の消費量が多く、乳癌発症率は米国人の4分の1から7分の1である。しかしアジア人が米国に移住すると、わずか3世代で米国人の乳癌発症率に追いついてしまうさらに対象者の母親255人にも情報を求めた結果、大豆が最も重要な因子であることを突き止めたという。

大豆がどのように乳癌リスクに影響しているのかは正確にはわかっていないが、大豆に含まれるイソフラボンにはエストロゲン様の保護作用があり・・・・・・詳細はヘルスニュース(米)http://health.nikkei.co.jp/hsn/news.cfm?i=20061122hj000hj

Check_01


日本でもアメリカからの小麦粉の大量輸入が始まる前は大豆の摂取がほとんどでは?味噌・しょうゆ・豆腐・納豆・・・!それらがイソフラボンを多く含んでいるとの事そして女性ホルモンのエストロゲン様の働きがあるということ前回、前々回と野菜の身体に及ぶ栄養の関わる保護作用はとても大きな作用を持っているのですが、近年大豆よりエストロゲン様の含む植物が見つかっていました!

Book


【植物って、本当に凄い力を持っている】

それは古代よりハーブの効果(薬効)が言われている世界中にある「山芋」のことです!ヤム芋には、豊富なジオスゲニンという、体内合成によってプロゲステロンに変化することで、細胞のカルシウムの取り込み量を増やします。

ヤム芋を日常的に食事として食べている国や地域では、骨粗しょう症も、月経前症候群もほとんど知られていないのは、ヤム芋に含まれるディオスゲニンの効果と考えられているからです。

Ages958
陸上の100メートルの記録を9秒69!そして9秒58・・驚きのタイムでぬりかえた「ウサイン・ボルト」はヤムイモを毎日、食べているそうです


野生のヤム芋は、数世紀に渡り、伝統的な医療によって使われてきました。 無論日本にもあります、がこのディオスゲニンの含有が残念ながらほとんどありません!

2751214692 【ヤム芋=ヤムイモ】


マザーホルモンといわれているDHEAを身体の中で合成するための成分が、このディオスゲニンなのですが、DHEAは、80以上あるといわれている各種ホルモンの原料になる成分なので、ホルモンのバランスを保つためにこのDHEAがとても大切です。

Photo_2


メキシカンヤムが豊富なニューギニアのトロブリアンド島の住人はいつまでも若く健康です。メキシカンヤムは長年避妊薬、ステロイド、ホルモン剤とするために研究がなされてきました。結果、体内のホルモンバランスを取るのに非常に有効であることが判明しました。

                (February 25, 2007)

| | Comments (3) | TrackBack (4)

≪情報や本舗≫≪植物ステロール≫≪LDL≫≪HDL≫≪総コレステロール≫≪ヤムイモ≫

Baner4nxx

「コレステロール」は、ヒトのあらゆる組織の細胞膜に見出される脂質である体内の細胞を作ったり、ホルモンの原料となったり、栄養素の消化吸収にかかわるなど、人の体には欠かせない成分。

Photo


コレステロールの大部分は食事に由来するのではなく、体内で合成され肝臓で作られるとともに、食事からも吸収され、余分なものは排出されるなど、体の中でバランスがとられています。

Photo_2


人の身体は、食べたもの(食事)で出来ています。それも自然の恵みの食べものが良いことは、誰しも認めることですよね、家庭菜園で種も蒔かず何をしなくても50種類を超える植物が生育してくる、そしてそのほとんどの物が食せるらしい。

植物には組織の細胞膜に見出される「植物ステロール(フィトステロール)」という、ヒトでいう「コレステロール」と同様な役割を果たすものがある

コレステロールも植物ステロールも小腸から吸収されるが、植物ステロールはほとんど吸収されないらしい、というのは植物ステロールの分子構造はコレステロールとよく似ているのに、ヒトは、しっかり区別して、植物ステロールを消化吸収せず、体外に排出しています。

Tosa4_2


≪小腸にも大腸にも内壁の先端には「糖鎖」がビッシリとついています、要・不要を選別する働きも糖鎖の役目なら、その機能を果たしているのでしょうね・・・・・私論ですが?≫


Photo_7


世に、ワイルドヤム=ヤムイモを主成分にしたサプリメントは多くありますが、このヤムイモは、メキシカンヤムイモの主用成分⇒デュアスゲニンが特筆すべきことなんです!また、植物ステロール&サポニンが豊富に含まれていてこの働きを調整してくれるのですね

Photo_8


植物ステロールがコレステロールを低下させるとはいっても、正常範囲以下に下げ過ぎることはなく、善玉コレステロールを下げることはないし、また悪玉コレステロール値を下げる意味でも植物ステロールの摂取は大切であり


高脂血症の患者は、多くの場合、肝臓でのコレステロールの合成を抑えるスタチン系コレステロール低下薬【メバロチン・リピドール・リポバスなど】を処方されるが、薬だけでは下がりにくい場合にも、植物ステロールの併用摂取が効果的といわれています!

Photo_6


もっとわかり易く言うとですね・・・穀物や野菜の中に、このコレステロールが過剰に吸収されないように調節する作用のある栄養素があり、これが「ステロール」と呼ばれる成分です。

ステロールの調節作用は、過剰なコレステロールの体内吸収を抑えて正常化する働きをしますが、これは正常なコレステロール量を妨げることはありません。

Koresute_zu02【植物ステロールの多い食品油の日清のウェッブより】

また、コレステロールの吸収調節作用の他に、植物ステロールには血液中のコレステロール調節作用もあることがわかっています!命題の生活習慣病を防ぐには、日ごろから、植物ステロールの多い食品(大豆油、ナタネ油などに豊富)を取ることが必要だといえる。もちろん植物由来の栄養素を摂ることは必須ですが、どうやら相乗効果があるらしい

Photo_3

≪チョット耳よりな生化学・生理学情報≫
こうしたワケで、植物ステロールが高コレステロール血症の原因となるコレステロールを減らすことに繋がるわけです。コレステロール値で一喜一憂していたのは、つい昔の事となりにけり!

2007年に今まで基準値・標準値としていた総コレステロール値を判断基準とせず!と発表したのが日本動脈硬化学会です、そもそも以前は240mg/dl以上と決めていたこの学会が1987年に220mg/dlに改定したワケですが≪こちらのワケはワケがよく分かりませんね?≫

Photo_4中国の名医「華陀.」】

コレステロールが生体内の代謝過程において主要な役割を果たしていること(生化学)は、分かりました!そこでコレステロールが生命維持に必須な役割を果たす物質であるという事実(生理学)は、科学者以外にはあまり知られていない。むしろ、一般社会には健康を蝕む物質として認知されていることが多いということです、すなわち、善玉・悪玉と水戸黄門のドラマのようにこちら良ければこちら悪し!


たとえば、医者が患者に対してコレステロールの健康上の懸念がある場合には、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の危険性を訴える。一方、悪玉コレステロールの対極には善玉コレステロール (HDLコレステロールl)が存在する。この両者の違いは簡単に言うと、コレステロールを体内輸送する際における役割の違いだけらしい

| | Comments (2) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪絵本に見る”糖鎖”のはたらき≫≪お子さんにも良くわかる!≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Baner


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photoすべての画面をクリック!することで見れます

Goma3

植物ってえらい!植物ってすごい!」という絵本が数年前に”ライフサイエンス研究所”から出版されていて、本中で世間でもあまり知られていない「糖鎖」ということが紹介されていました!当時大型書店では、平積みで置いてあった記憶が、最近ネット検索に本の中味が数ページアップしてあっての紹介です【とてもわかり易いのです!というのもこの絵本は子供向けにファイトケミカルという栄養素をお母さんと一緒に知ってもらおうとの目的での出版だったのではと思われます


■そして、今年「ライフサイエンス研究所」から新刊が出版されたそうです!「直伝料理」著者”坂本ひろみ”さんで中味にまたまた「糖鎖」が登場しているのです!★若さの解明 糖鎖★糖鎖のなせる技★ 糖鎖への希望 ★ 糖鎖の成分⇒と4つの項目

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


29_2
■細胞同士をつなぐ「連結器」の役目■体の中に入ってきたエイリアンをテキかミカタか見分ける「アンテナ」の役目・・・・・その他にも、『糖鎖』にはいろんな役目が!■タンパク質がバラバラになるのを防ぐ「カバー」や「安全装置」の役目■タンパク質などを示す「荷札」の役目■ホルモンの情報を受け取る役目■血液型を決る役目■酵素をかたちづくる役目

Goma2

免疫はどうやってテキやミカタをみわけるの?このフニャフニャの『糖鎖』でわかるんだよ。

「ねー、細胞膜の表面に何かフニャフニャしたものが突き出ているよ」「『糖鎖』っていうんだ。8つの糖類が複雑につながったもので、たんぱく質とくっついて、いろいろな働きをするんだよ。」

糖鎖はぼくたちの体にある60兆個の細胞を被う細胞膜の表面にびっしりついている。その働きは長い間知られていなかったけど、実はぼくたちが生きていくためにかかせない“生命の情報管理役”だったんだ。

Goma5


うれしいことに日本は、糖鎖の研究では世界のトップクラス!ノーベル賞を受賞したあの田中耕一さんが次に研究するテーマも、糖鎖だっていうよ。

「糖鎖って、1個の細胞にいくつぐらいあるんだろう?」「およそ10万っていわれてる。でも今の人は昔より少なく
なって3~4万本になっちゃったんだって」「糖鎖は、ビタミンやミネラルの働きがないと作用しないんだヨ」(抜粋ここまで)

Goma4Goma6


 

Goma8


Goma9

Goma10

| | Comments (1) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪IQの高い子どもは野菜好き≫ パート②

Photo_5■植物ってえらい!植物ってすごい!■
情報は⇒【コチラ!クリック!】

Baner
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_4

栄養素と言えば「三大栄養素」=糖質(炭水化物)・タンパク質・脂質ですよね!近年この三大栄養素胃が食材から十分に摂れていないことから、不足しているビタミン、ミネラルの栄養素が加えられ、その後これまた不足しているファイトケミカルと言う微量栄養素がとても重要な役割を持った「栄養素」だと言う事が判明してきたのです!

古くから、なぜか?知らずに食べ継がれてきた野菜・果物に含まれる「ファイトケミカル」とは

Mil05077s1


ファイトケミカルという言葉!この【ファイト】=植物で【ケミカル】=化学を意味していて、「ファイトケミカル」とは植物に含まれる化学成分を意味しているとのことです。


前述の5つの栄養素が体の素材を作り、生存に必要なエネルギー源を作るのに対し、ファイトケミカルは抗酸化作用、免疫系制御、解毒酵素誘導など、健康に重要な効果をもたらすことがわかってきた事からブログでも書き込みのある「植物ってえらい!植物ってすごい!」と言う絵本も出ています【詳細は本を読んでください

Photo

■「植物ってえらい!植物ってすごい!」この本は子供向けの本ですよね?絵本ですし、付録にはお母さん向けの”もっと知りたい方へ”と・・・・そして「トップに公開の動画の「糖鎖」の事が、この絵本にやさしく紹介されいるのですよ!【パート③】で書き込みの準備中

【パート①】⇒≪IQの高い子どもは野菜好き≫←クリック!の文末の”アメリカのある学園の58人の生徒が、補完糖質栄養を食べての全ての評価で大きく改善されたことは、データと共に発表されいます!

Image15_4


画面クリック!拡大ではっきり見れます

■17項目にわたって、生徒の習慣や行動を教師に観察してもらった結果を補完糖質栄素を食べる前と食べた後【6ヶ月間】の評価をグラフにしたものです

Image16_2


画面クリック!拡大ではっきり見れます


■5人の教師たちによる「把握力」「協調性」「生徒と教師の会話」「生徒同士の会話」「宿題の提出は・・」「教室内での集中力・注意力」「授業態度・学習環境」等々を、食べる前・食べた後【6ヶ月間】での、はっきりと改善の見られた点の評価のグラフ!全ての項目で大幅な改善が見られ、特に「把握力」「授業態度」では、驚きの評価です


Photo_2


こうした結果は身近でも、世界中の国々でも多く聞こえてきています【世界の声はマナリリーフと言うNPOのボランティア組織団体からの情報!】


【植物のチカラ】 | | Comments (2) | TrackBack (1)

≪情報や本舗≫≪植物ってえらい!植物ってすごい!≫≪アロエベラの有効成分?≫パート①

Photo■2011年の大震災による原発事故での放射能漏れからの書き込みが多く検索!ウイッキペディアにアロエベラが放射線皮膚炎に効果ありや?無し?

⇒【パート③】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Baner_6

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Kureopatora_2

古代工ジフトのミイラと共に発見されたパピルスという書物には、アロエベラが紀元前2000年の頃から最高の薬草とされていたことが古い文献に記述されています。クレオパトラはアロエベラの液汁を体中に塗りつけ、その伝説となった美貌を保ち続け、またアレキサンダー大王は兵士の体調維持にアロエベラを携帯させたことは有名なエピソードとして近世に伝えられています。

Ch5_bookoflife

【紀元前1550年の古代エジプトの医学書には、アロエベラミイラ製造の為の防腐剤の一つとして用いられていたこと、また、特に眼病に効くといった記述ガあるのです!】

キダチアロエとアロエベラ【日本ではなじみ薄い?】の大きな違いは、ムコ多糖体の成分が、アロエベラにはキダチアロエの約9倍強も含有されています。アロエベラはカリブ海に浮かぶバルバドス島を原産地とするユリ科の多年生多肉植物で、植物学者の”リンネ”博士がこのバルバドスのアロエを、500種類の中から特定【有効成分が最も多い!】した事で、通称「アロエベラ リンネ」と呼ばれる所以なのですね

Image4

アロエベラに含まれる、8つのうちの一つ「マンノース」が持つ薬効効果を長年に渡って研究していた二人の博士、「ビル・M博士」と「レジ・M博士」なわけですが、この研究のアロエが「バルバドス・アロエ」っだのです!下記のアロエベラの成分の「多糖体」の中に「グルコース」「キシロース」「ガラクトース」そして「アロエマンナン」と見出せることと!8つの糖鎖の知識をお持ちの方は、なるほど!と頷けるはずです


一般にアロエベラ生葉(果肉・皮)に含まれているとされる以下はその成分です【皮には毒性が強く使用しないで葉肉【粘粘のゲル状のもの】だけを使用】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

10530

【酵素類】アリナーゼ アミラーゼ カタラーゼ リバーゼ オクトシドーゼ アルドナターゼ グリコシドブドウ糖 ラモノーゼ

【ビタミン】
ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンB3 ビタミンB6 ビタミンB12 ビタミンA ビタミンC ビタミンE 葉酸 ビタミンM

【ミネラル】
マンガン クロム 銅 亜鉛 鉄 マグネシウム リン ゲルマニウム カリウム ナトリウム 塩素   

103_3

【多糖体、その他】
グルコース キシロース ガラクトース セルローズ 生理活性物質 植物ホルモン サポニン アロイン アロエエモジン アロエウルシン アロミチン アロエマンナン アロクチン アルボランAB アロエチン アロエシン アロエソンエモジン ホモナタロエン ベータババロエン オーグリコシド ウロン酸 ムコ多糖類液合体 ルミセン リモネン コニフェリルアルコール グルコサミン酸 クリサミン酸 クリソファン酸

【 アミノ酸】
リジン メチオニン アエニルアラニン ロイシン バリン イロソイシン スレオニン トリプトファン アスパラギン酸 グルタミン酸 アラニン プロニン ヒスジン セリン グルシン アルギニン チロシン シスチン

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo

〔アロエベラにおける効果〕・火傷・抗炎症・便秘・皮膚症・痔・切り傷・発疹・アトピー等・美肌効果(シミ・シワ)やダイエット効果・内臓不調(整腸作用)・細胞の活性化

・リウマチ・抗ガン作用 ・保湿性・高血圧、低血圧・眼の治療 ・肝臓機能を高める・口内炎・抗菌作用 ・免疫力を高める・血糖効果作用・ゼンソクや慢性気管支炎

■【上記 [アロエベラにおける効果] の内容は薬事法に基づき掲載しております】と出典先に記述されていました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪野菜や果物が「ガン」を撃退!≫≪植物のチカラ≫

8


野菜や果物の摂取により、癌のリスクが減少することを示した研究が、米国癌学会(AACR)の2007年の年次集会で報告された【その研究は 米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)による】

ブロッコリーと大豆蛋白による乳癌および卵巣癌に対する予防効果のメカニズムについて、実験室レベルでの研究成果を報告。


Images_13


ブロッコリーが消化されるとジインドリルメタン(DIM)という物質が、大豆が消化されるとゲニステインという物質が形成されるが、


これらの物質が、乳癌および卵巣癌の細胞の運動性に作用し、癌の拡散を抑制することがわかったというが、大豆にはエストロゲン様の作用があるため、エストロゲンにより促進される癌のある人は注意が必要だという

1964928_786527048037663_1899917080_

ブロッコリーやケールなどのアブラナ科の植物や野菜には抗がん作用のある成分が多く含まれています。


ジインドリルメタン(DIM)は、乳がんや前立腺がん細胞など多くのがん細胞の増殖を抑えたり、アポトーシス(細胞死)を引き起こすなどの直接的な抗がん作用が報告されています。

10534_2

さらに、エストロゲンの代謝を促進する酵素を誘導して乳がん細胞の増殖を抑える効果や、ダメージを受けたDNAを修復する酵素を誘導する作用が報告されています。
詳細は【リンク先】

≪野菜や果物が「ガン」を撃退≫≪スルフォラファン≫≪ ブロッコリー≫≪ポール・タラレー博士≫

Continue reading "≪情報や本舗≫≪野菜や果物が「ガン」を撃退!≫≪植物のチカラ≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪植物ってえらい!植物って凄い!≫

Baner_2

「…人間の体は、それを構成している一つ一つの細胞が正常なバランスを取っていれば病気にならない。また、細胞を正常に働けるようにしてやれば、病気は治る。 細胞に栄養を与えることが、これからの新しい医学である。」

Photo_16

「…病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の修復能力である。それを のに最も大切なものは、食べ物に含まれる栄養素である…」

Komekome

植物たちは、太陽の光エネルギー、大気に含まれる二酸化炭素(CO2)、大地から水を吸って彼らのエネルギー、車で言えばガソリンに相当するデンプンを作っているんです。

そのデンプンを人間は口からとってそれを身体の中の細胞にブドウ糖という形にして取り込み、全ての細胞質、細胞の中にあるミトコンドリアという所で、鼻から吸った酸素を使って燃焼させて私たちが生きる全てのエネルギーを生み出しているんですよ。


私たちの主食のお米も植物ですよね!そのお米の構成している最小単位がブドウ糖、グルコース(glucose)っていう化合物なんです。グルコースは細胞間コミュニケーションに不可欠の「8つの糖鎖」のうちの一つでしたよね!


とても水に溶けやすい物質で、ブドウ糖が炭素結合で繋がり、お米のデンプンになるんです。

8

ただ、この結合の仕方がちょっと違うと、紙(セルロース)になるんです。ブドウ糖が結合の仕方が少しだけ違うだけで方やお米、方や紙になるなんて・・・ね。


糖鎖の栄養素にもコメでんぷん由来で複合糖質として、取り入れているのです

Photo_2

ヤギや牛や馬などの草食動物ってのは紙も食べちゃいますよね。(我が家の愛犬”クッキー”君もティッシュを引きちぎっては食べているみたいです)草食動物ってのはこの紙をブドウ糖に分解してしまうすごいヤツを身体の中に持ってます。


だから、紙だって彼らのエネルギーになっちゃうんですよ。人はやっかいな動物で、草食動物とは違って、紙をブドウ糖に分解しちゃうヤツを身体の中に持っていないので、紙を食べてもそのまま消化されずにお尻から出てきちゃうんです。

519181363

ちなみに、全ての植物たちの細胞壁はこの紙と同じ物質、セルロースで出来てます。なので、生野菜を食べると、ほとんどがそのまま出て来るので、お通じ、腸内清掃に良いということになります。


なんか、全ては地球の大地と繋がっていると思いませんか?

Photo_3

食べたお米(デンプン)は消化されブドウ糖に分解されて最終的には全ての細胞の中に入ってしまいます。【この機能が正常で無くなることが糖尿病に繋がるのです】


さらに、細胞に取り込まれた炭素数6個のブドウ糖はミトコンドリアという所へ運ばれ、2つの炭素原子が二酸化炭素になって、私たちのはく息となって大気中に放出されるのです。

Photo_14

この間にATPという物質が産生されるそうで、車のエンジンルームではガソリンを空気中の酸素を使って一気に酸化(燃焼)させて熱エネルギーを産生させ、車に例えるなら、車を動かす駆動力に変わります。


人の場合は熱エネルギー(火)ではなく、ATPという化学エネルギーが産生され、私たちのエネルギー源となるのです!

車のガゾリン(炭素原子と水素原子だけからなる液体)がエンジンルームで酸素で燃やされ、二酸化炭素になって大気中に放出されるのと全く同じ原理なんですね。


2336404233
  私たちの身体を構成する1つ1つの細胞全てが、車のエンジンルームと同じような機能を持っているってことです。そして、そのエネルギー源となるものは・・・

やっぱり植物たちが、太陽の光、大気中の二酸化炭素、地球の水から作ってくれる、デンプン、それを構成するブドウ糖ってことです。本当に「植物ってえらい!植物ってすごい!」ですよね

そうそう、車を走らせるガソリンだって・・・長い年月をかけて植物たちが変化したものですよね。だから、化石燃料って言うんです。
B21f75783a2c35da30b9fc33d3045f10_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪若さを保つ植物の働き!≫≪もっと知りたいひとに≫

Baner

「…人間の体は、それを構成している一つ一つの細胞が正常なバランスを取っていれば病気にならない。また、細胞を正常に働けるようにしてやれば、病気は治る。 細胞に栄養を与えることが、これからの新しい医学である。」

Photo_16

「…病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の修復能力である。それを のに最も大切なものは、食べ物に含まれる栄養素である…」

                 
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo_7

世界の偉い博士たちも注目しています!三大栄養素に加えてビタミン・ミネラルが注目され、近年になって6つ目の栄養素がそのスーパースターは植物に含まれる「ファイトケミカル」たちだ!
ところがこのごろの野菜や果物には昔の豊かさを失ってしまっている(土や空気の汚れ、そして栽培方法の変化による)ですから十分なファイトケミカルを植物から、じかにとることが、とってもむずかしい!

Aq2

ビタミンで例をとってみると、さてここでクイズです(ちょっと回り道)?1951年には一日の「ビタミンA」の摂取量を桃を2個食べることで可能だったわけですが!現代2007年果たして何個食べなくてはいけないでしょうか?【答えは最後に!】

そこで世界の名だたる栄養学の博士たちはファイトケミカルをサプリメントで撮ることを提案しています
Photo_4


★「一昔前まで、健康増進に役立つ老化予防の物質はほんの数種類のビタミンだけと考えられてきた。しかし今では、食べ物、特に植物性食物の中に生体機能を調整する成分(ファイトケミカル)がたくさんあることが分かってきたのです・・・・・以下省略」 米国機能性医学のパイオニア        ■ジェフリー・ブランド博士
★「野菜や果物が細胞の突然変異性・ガン・ウィルス・炎症・血栓症を防ぐファイトケミカルを含むことが分かっている。ファイトケミカルにはコレステロールや血圧を安定させる”植物ステロールなるものがあるのですね!またアレルギーや情緒不安定の症状を緩和し(以前に公開のディオスゲニンを含むメキシカン山芋)肝臓を強化し、難聴や耳鳴りを抑える効果があります、そしてインフルエンザも防ぐ効果もあると言われているよ」                                    ■バーデュー大学医学部教授のバーロタイラー博士

★「ブロッコリーやキャベツ・芽キャベツなどアブラナ科の野菜の濃縮エキスはグルコシノレートという解毒酵素の活性化を助けるファイトケミカルを含んでいる。これが体内に溜まったクスリや化学物質の解毒作用を高
めるんだよ ■ジョン・ホプキンス医療学校 ポール・タラレイ博士

このファイトケミカルを一番含んでいる植物は「あの真っ赤な完熟のトマト」です!

Photo_2


なんと109種類のファイトケミカル(植物化学物質)が含まれているのです!そのファイトケミカルは完熟の取入時期のものでないと薬効効果の発揮が難しいのです


Photo_3

【クイズの答え】:桃を51個も食べなくては一日のビタミンAは摂取することが出来ないそうですよ

Aaigtrmages_3


| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

≪EHT≫・・よくある質問(Q&A) | ≪EHT≫・・・BSCG公認!WADA認可! | ≪EHT≫・・・EHTとは | ≪EHT≫・・・NFLフットボウル選手 | ≪EHT≫・・・アスリートのサプリ | ≪EHT≫・・・アルツハイマー病・認知症 | ≪EHT≫・・・シグナム・バイオサイエンス社≫ | ≪EHT≫・・・タウたんぱく質とPP2A | ≪EHT≫・・・体感・体験談 | ≪EHT≫・・・動画・You-Tube | ≪EHT≫・・・学術的な視野から | ≪EHT≫・・第三機関による検証 | ≪EHT≫・・能書きと成分表 | ≪EHT≫・・脳内の働きを高める | ≪Nerium=ネリウム≫・・ビジネス・チャンス! | ≪Nerium=ネリウム≫・・ボーナスプラン | ≪Nerium=ネリウム≫=オプティメラ(optimera) | ≪Nerium≫・・・ネリウムインターナショナル社 | ≪Signum≫・・・提携&パートナー | ≪オプティメラ≫ | ≪オプティメラ≫=体感レポート | ≪オプティメラ≫=健康肌革命 | ≪オプティメラ≫=動画で真実が!(体感談) | ≪オプティメラ≫=日本上陸! | ≪オプティメラ≫=日本語ビデオ | ≪オプティメラ≫=最新情報 | ≪オプティメラ≫=洗顔法と使用法 | ≪オプティメラ≫=科学諮問委員会 | ≪オプティメラ≫=脅威の技術革新 | ≪オプティメラ≫=臨床試験 | ≪グーグル=Google≫ | ≪ミトコンドリア≫ | ≪ASEA≫=アスリート | ≪ASEA≫=カテゴリー! | ≪ASEA≫=公式ページ日本語 | 【がんと宣告されたら】 | 【がん最新情報】 | 【アスリート&栄養素】 | 【インフルエンザ・ウイルス】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【カーブドッチ】⇒【オチガビ】 | 【ダイエットかわら版】 | 【ダウン症候群】 | 【トランス脂肪酸】 | 【ドッキリ=フラッシュモブ】 | 【パンデミック=対策】 | 【不思議な世界・・・自然界】 | 【世界のかわら版】 | 【世界の音楽】 | 【中村天風】 | 【人気スポーツ・あれこれ】 | 【伝説のスピーチ】 | 【健康かわら版】 | 【偶然の発明・発見】 | 【再生医療・幹細胞】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医食同源】 | 【地産地消】 | 【地震情報かわら版 | 【子供を放射能から守る】 | 【宇宙のかわら版】 | 【幹細胞】【再生医療】 | 【抗酸化食品】 | 【書籍のかわら版】 | 【書籍・雑誌】 | 【最新医療】 | 【栄養と疾患】 | 【植物のチカラ】 | 【正常細胞・ガン細胞】 | 【母乳と乳児のかわら版】 | 【母乳の薬効効果】 | 【江戸のかわら版】 | 【浮世絵・春画・あぶな絵】 | 【知って得するかわら版】 | 【石原裕次郎】 | 【科学・数学】 | 【糖尿病最新情報】 | 【糖鎖・糖質栄養素】 | 【細胞】 | 【絵画・書画・骨董】 | 【肝炎】 | 【脳梗塞・・・幹細胞】 | 【自閉症・多動症のかわら版】 | 【自閉症情報】 | 【薬物乱用】 | 【認知症&アルツハイマー】 | 【資源のかわら版】 | 【過去!未来!】 | 【長寿寿命・医食延命】 | 【頭脳明晰】=頭の体操