【北野たけし・ビートたけし】

≪情報や本舗≫≪たけしくん、ハイ!≫【はにかみタケシ】≪その男凶暴につき≫【チョイわるタケシ】・・・羽田でのバイト時代

Photo新宿時代・学生時代は【コチラ!】

6665f

【北野たけし】 当時、北野は新宿のジャズ喫茶ビレッジヴァンガードでボーイのバイトをしていて 寝どころ(処)先と決め込み、一宿一飯どころか

数年!転がり込んでいた同居の誠くんが「ギリのバイト先が、どうやら金になるらしい,おまけに深夜の仕事で 週3日!最近金回りも好いらしい・・・」とでも言ったのか

Images_25

まずは、誠くンがバイトをするといって、客室係り(飛行機の客室の掃除)で働き始めた、続いて 数ヶ月してだったか?北野も働くといって、誠の紹介で搭載係り(貨物・手荷物の飛行機への積み込み)で働き始めたと

寝食を共にしていた 北野たけしが、私と誠君のアルバイト先(羽田空港のAGSという日航の下請け) に、「一緒にバイトしている中上!だ」といって紹介された記憶がある

Images_38_2

中上氏が受賞したのが昭和50年・・・その数年前に一度だけ接点があった 北野たけしが、私と誠君のアルバイト先(羽田空港のAGSという日航の下請け) に、「一緒にバイトしている中上!だ」といって紹介された記憶がある

誠くんに「たけし!元気でやっているのか?」と聞くと「あの中上とかと搭載途中の コンテナの上でふざけあっているのを何度か見た」・・・その相棒?が後の芥川賞 作家とは、夢にも思わぬことだったのだから

ここは、ウイッキペディアで分かったことだが「中上健次」はヴァンガードの常連客 だったらしく、「中上」がすでに羽田の搭載でバイトをしていたことから、聞き及んで 金になる仕事先とでも考えたのかも

Images_26_2

数年前とは、大阪万博の昭和45年のことでした、金回りは確かに良かったのも 当然、私は旅客係り(手荷物の仕分け&朝便のポーター)といって外国客のポーター チップ!チップ!でポケットが一時間であっという間に宝の山・・・

大卒の初任給が2万8千円の時代である、時にではあるが時給2万円~3万円とは驚きでしょう!おまけに通常の日当も計算され給料日に加算される


万博が終わると同時に私は辞め、誠くん・たけしくん・芥川小作家はバイトに精出して いたようです・・・

Images_32_2

親からの仕送りがそっくりと手付かずに、当時の平和銀行の口座に 残っていたのだから、万博景気、様!様!だったのですね

話を戻し、ここから本題「中上健次」の≪知られざる興味あるお話≫ 執筆活動はお金に貧すること多々、多しで、芥川賞を受賞のときもバイトしながら の「物書き活動」

Images_39

大変だったのでしょうね ココから30数年経って、「週刊文春」に掲載された記事を「文芸春秋」の文学賞の 特集を読んでの抜粋です・・・・・【お勧め】受賞作品は「文芸春秋」で読むことにして います

_______________

昭和50年度下半期に《岬》で芥川賞を受賞した受賞会場になんと酩酊状態であら われたのだ!一緒に飲んでいた古山高麗雄(作家)と記者に肩を支えられながら 会見の中、突如として「そんなこと、知るかい!」と何故かぶち切れ、

前代未聞の 噺は続く 翌日に当時の担当だった高橋一清宅に押しかけ、芥川賞主催の日本文学振興会 に掛け合って、

贈呈式に渡される副賞の三十万円を今日、もらいたいと? いやはや、高橋氏は賞金を前借りを無心したのは、後にも先にも中上氏ただひとり であろうと 週刊文春2012・2・2より ________________

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪北野たけし≫≪ツービート=ビートたけし≫≪北野武監督≫≪マス北野≫≪落語家立川タケシ=錦之助≫

0wbxs

村上春樹といえば「ノルウェイの森や「海辺のカフカ」などの作品で知られ、日本のみならず世界中に多くのファンを持つ作家ですよね。累積販売部数が900万部というノルウェイの森」といえば、

小説の中にこの行りが「…ドイツ語の授業が終わると我々はバスに乗って新宿の町に出て、紀伊国屋書店の裏手の地下にあるDUGに入ってウォッカ・トニックを二杯ずつ飲んだ。…僕は黙ってセロニアス・モンクの弾く「ハニサックル・ローズ」を聴いていた」・・・・

当時はジントニックとか今若い人に人気の出始めた昭和の飲み物?ハイボール!ウオッカトニックは飲んだ記憶はないかな・・・・・

Cw1be 【DUG=ダグ】


同じような思いで、”DUG"にも、よく行ったものです。ジャズ喫茶というより、ジャズルームといったほうが似合う、とてもお洒落なお店でしたね・・・

14

”DUG”以上によく行ったお店が、東口近くにあった「ビザール」!ドイツ語の授業ではなかったですが小説同様にバスでもなく、ダグでもなく、この「ビザール」に行っては、何かしら本を読みながら耳は心地よく流れるスゥイングジャズに傾ける(時に客のリクエストでハードジャズが流れると顔中央がシワシワ状態・・・


セシルテイラーだったかな?そんな時、店をぬけ”DUG"に立ち寄るのだ、途中に「石の家」の餃子で腹ごしらえをし【学生を終えてからも通ったお店でした・・・飛び切り易く、飛び切り旨い、めちゃめちゃ混んで、めちゃめちゃ油ギトギト】

Harukitokyojazz16 【ビザール

どんな店でも必ず居るのが「ご常連」と称する人!ビザールにも当然のことながら、居ましたねというより狭い店で3人掛けの列車スタイル!隣人?同士が、自然知り合いになる確率が高く、同郷の3人の友人とよく通ったわけですが?

友人より気の合う常連の「ヒデさん」と知り合ったのが」、それこそ「いい友の和」になって、ジャズ好きの明治大学に通う「ホウちゃん」放蕩癖の"放”か?法学部の"法”かの謂れは定かではない!

Ans3itt


その「ホウちゃん」が、ある時ビザールに連れ立って来たのが「来たの?」「北野!」そう、いまや世界の人となった当時明治大学に席のある頃の北野武=ツービートと知り合うキッカケでもあった!

だれかれとなく、示し合わせることもなく”ビザール”に来ては、4人集まれば中国文化の研究!人数が満たない時は韓国文化のパチ研究!と

北野は正統派の打ち方で、ツービート漫才のあの喋りなど想像できないほど、寡黙に打ち続ける雀士?でしたね、同郷の麻雀好きな五十嵐誠くんに付き合っての義理立てからか、私がエネルギッシュにいつも”脂ぎった顔”していたからか?定かではないが、私に「ギリ」とあだ名をつけたのもタケシ君でした!


Photo 【北野武君】

大学生活に適応できなかったわけでもなかっただろうに、大学2年の時には、家出同然に一人暮らしを始め、新宿界隈で当ての無い日々を送るようになる。フーテンのような、フーテンでないような

学生運動にも北野は、参加したようだが、チャランポランに熱心ではなかったようだよ!ジャズに傾いたものにとっては新宿の東口の辺りには「Lefty(レフティ)」・「Canty(キャンティー)」や「ビザール」「DUG」「DIG」「ヴィレッジヴァンガード」それに「新宿ACB(アシベ)」・「風月堂」・・・・北野といえども同様で、特にビザールに顔をだしていたようだ

Photo_2 【コチラ!から】 ←クリック


Takeshikitanolavieengrisetrose


| | Comments (1) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪たけしくん、ハイ!≫【はにかみタケシ】≪その男凶暴につき≫【チョイわるタケシ】・・・新宿時代・学生時代

6665f

夜にもなれば「キャット」に「ベビグラ」「たる小屋」と行くところに、こと欠かないのだから新宿東口から歌舞伎町にかけては楽しい!大學封鎖でわれらと共通項の輩が集まってくる町だった

そうそう港の「ヨウコ」横浜♪・・・♪ではないが、「めぐみ」といって浜の港(横浜)から時おり「ビザール」に来て、「ベビグラ」に行き、辺りが暗くなると「たる小屋」へは、「チャコ」と言うエキゾチックな美人さんと現れたものだ!同郷の誠くんが、この美人さんにオカボレして出入りしていた

Photo

Images_44

この頃には、北野はすでに五十嵐のアパートに転がり込んでいた、「たる小屋」に接点があったのか、めぐみと知り合うきっかけになったのだろうか?

めぐみは当時若松孝二プロダクションに所属と言ってもアシスタントとして【後に助監督となる】働いていた

「めぐみ」はビザールに来ては、よくエキストラを募集に!めぐみと親しかった「洋一」の取り計らい?でジャズ仲間の懐寂しい連中どもが、こぞってこのバイトに参加したようだ!その中に「北野」がいた、ひょっとしたらこの時に、映画の下地を取り込んでいたのかも?知れない

Photo_2

この頃、明治大学で一緒の「ホウちゃん」はビザールでボーイとして、また北野はヴィレッジヴァンガードでボーイとして働いていた。【北野タケシの後述談であるが、遅番のボーイで、その時ヴィレッジヴァンガードで早番のボーイとして、あの”連続射殺事件”の永山則夫が働いていたことが、あとで分かったと】

ここらあたりから、お互いにアルバイトに明け暮れえる生活が始まる・・・大学生であって、大学生でない【大学が封鎖されているのだから】私にはねぐらはあるが、「北野」は家出同様な状況ゆえ、ねぐらはなし、そんなこんなで、どういう経緯(いきさつ)なのか、私と同郷の「五十嵐まこと」のところに転がり込んだ「北野」!・・・居候とも言うが

「まこと」のねぐら=棲家は新宿から徒歩で帰れる”十二社(じゅうにそう)”で、その先の”初台”が余の棲家だった。居候の「北野」は何度か「まこと」の棲家に踏み込めない時に「初台」に臨時停車?しに来たこともあった

10539215_675972132483516_948664404_

この頃、学生のねぐら代は月に一万円前後で、大卒の平均給与が2万5千円程度だったか?ねぐらがあるのと、無いのとでは、この住居費の差は大きい!そこでバイトに明け暮れ、より高額な処を求め歩くのだが、そこはビザールで拡がった、タモリの「友達の和!」だ、今のアルバイト情報誌を越えているかも

大学の学生占拠のキャンパスも落ち着きを取り戻し、学校生活にそろそろ戻らないと卒業証書やらが手に出来なくなる。

Dango4

Images_45 

【こんなセット?で団子を焼いて・・・「シズルを売れ!」というとおりウナギを焼いてシズルを売って、団子を焼いてシズルを売る】

今のバイト新宿三幸町の三越の地下(今で言うデパチカである)で特設売り場での「売り子」のバイトである、名古屋名物の”みたらし団子”売りだ・・・バイトも昼日中は難しくなった時

「洋一」が浜のめぐみの家で知り合った慶応ボーイの「博太」くん!そして私がビザール・ベビグラで知ることとなった「バブーン」とが偶然なのか?同じバイト先【あとで「北野」もここで働くことになるのだが】このバイトが、皆が眠る丑三つ時のお仕事で朝8時にあがる学生には、ドンピシャのピッタシ、カンカンなのだ

一方、北野はというと、居候先の「まこと」の一緒にいた兄が就職が東北の都に出向社員で赴き、転居せざる状況になり、」何故か池袋の椎名町のほうに、もちろん一緒であるが、違ったのは居候ではなく同居人である、そう家賃は折半と聞いた

Images_38

理由はあれ、兎も角ふたりとも大学生活と縁を切ることを同時ではないし、挙ってでもない様だが、決意したのか!世間で言う”中退”の二文字を選択した!北野は池袋界隈でバイトに精を出し、「まこと」は六本木でスナックのカウンターを任され料理にシェーカーにと清を出していた

この頃は青春の葛藤期でもあり、友人の下宿に居候しアルバイト三昧の青春時代を過ごす。ジャズ喫茶のボーイ以外に、菓子の計り売り[実演販売員、ビルの解体工クラブのボーイ東京国際空港での荷卸し、タクシー運転手、ガソリンスタンド店員を転々とする。

東京国際空港のではジャズ喫茶でしった中上健次と共にAGS荷役作業役として働いていた

404

5

後に通訳になろうと思い立ち、留学費用を稼ぐ目的でタクシーの運転手を務めるも半年で退社、ガソリンスタンドでアルバイトをした。この間、若松との縁で『新宿マッド』『腹貸し女』など、幾つかの若松プロ初期作品に端役ながら出演したり学生演劇に参加したが、ヴォードヴィルのような軽演劇で、舞台役者ではなく構成に携わっていたという。

大学は140単位のうち106単位まで取得していたにも拘らず、結局通学せずに除籍。のち、2004年(平成16年)9月7日、明治大学より「特別卒業認定証」100単位以上を取得しながら、何らかの理由で通学できなくなった人物に与える制度。及び知名度アップに貢献したとして「特別功労賞」を受賞。

Photo

Images_39

階段の壁に”マイルス・デビス”のポートレートを中心にかけてあった記憶がある!当時ボサノバブームで確かスタンゲッツの曲が多く流れていたのではないかな・・・・【ダッグ・ビザール・キャットともに地下の店でジャズの店というのも何かの・・・かな?】

Photo_3

111213

  【この頃集めたマッチはどこへ?】

そうそう当時は禁煙もうるさくなくと言うよりタバコがファッションの一部だったのでは、タバコにはマッチが付き物ですよね?とてもお洒落なマッチを提供している店に出向くといった、やはりファッションだったのですね。ご他聞にもれず「ビザール」「キャット」「DUG」のマッチは持ちあることが新宿ジャズマン・ウーマンのステータス・シンボルであり、現在のように携帯電話などない時代の情報伝達手段の一つだったかも(ビジネスカードとしての役割も兼ね備えていたよ】

Photo_2

Images_43

 【和田誠さんのイラスト=ウイキペディアより】

特に「DUG」のマッチデザインはイラストレーターの「和田誠」氏のデザインでしたね!当時の日本専売公社の一番人気のヒット商品タバコ「ハイライト」のパッケージデザインも「和田氏の作品でそのほか多くのデザインを手がけています!私はこだわりのショートピースを缶入【通称ピーカン】と大型マッチを持ち歩いた記憶があります

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪たけしの家庭の医学≫≪がんワクチン療法≫⑪         

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Barner


「…人間の体は、それを構成している一つ一つの細胞が正常なバランスを取っていれば病気にならない。また、細胞を正常に働けるようにしてやれば、病気は治る。

Photo_16


細胞に栄養を与えることが、これからの新しい医学である

Side_ttl_3この栄養素!摂ってみますか】⇒ 【コチラ】

「…病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の修復能力である。最も大切なものは、食べ物に含まれる栄養素である…」

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Logo1


2010年9月28日「3時間SP=たけしの家庭の医学」で”情報や本舗にて数回ご紹介の≪がんワクチン療法≫が特集されていました!

Cavjjhs0

今年5月、厚生労働省が、これを高度医療に認定して保険の一部併用を認可されたことでもあるし!

Redox■≪がんワクチン療法≫①~⑩までの書き込みは右のカテゴリー【がん最新情報】にて⇒


「免疫の力」でガン細胞を退治!私達の身体の中では、毎日、2.000個とも5.000個>とも言われるガン細胞が発生しているのに、ガンになる人とならない人が!その大きな要因の一つが「免疫力」だと。免疫とは、細菌やウイルスといった侵入者や、体内で発生した数千個のガンなどの異常な細胞を見つけ、攻撃してくれる防御システムのことなのです・・・・・・

Photo_4【番組で放映のガンを攻撃するアニメー動画】は下段に

Photo■突起を持った細胞ががん細胞!


私達の身体には無数の免疫細胞があり、それらが力を合わせて体内の異物を攻撃【ウイルスに感染した細胞を撃退するなど】し病から身を守ってくれています。


H5g1qcxr


中でも、血液の中を絶えずパトロールし、異物を発見すると真っ先に攻撃を仕掛けるのが、「ナチュラルキラー細胞」、通称「NK細胞」。NK細胞とは、白血球の中のリンパ球の一種。ガン発症を未然に防ぐ頼もしい存在なのですが、このNK細胞をはじめとする免疫細胞は、年を重ねるごとに機能が低下していくのですね


Photo_6キラーTー細胞=攻撃部隊】が今や攻撃しようとしている後ろから【Bー細胞】から情報を得た【ヘルパーTー細胞=司令官】が指令を出している画像です

このような時に、様々な身体の不調を引き起こすだけでなく、ガン細胞も抑えきれず、最悪の場合、ガンを高下しきれない時に、今回の「がんワクチン療法」で活性化してがん細胞に立ち向かってくれるのが「キラーTー細胞」で、強力に攻撃!防御!をしてくれるのです!番組の免疫細胞の主役は。この「キラーTー細胞」なのでねす


Nk

しかし、その免疫力を人工的に上げることによって、ガンを退治する新しい治療法が今、注目を集めています。いったいどんな治療法なのか?ここで番組では久留米大学先端癌治療研究センターの野口正典先生が登場して、それは 【ガンペプチドワクチン療法】という最新のガン治療法だと!

NK細胞が異物を撃退する決定的瞬間の映像が紹介された。NK細胞はパーフォリンというたんぱく質をがん細胞に撃ち込むことで死滅させるが、NK細胞をはじめとする免疫細胞は加齢とともに機能が低下する。

Photo_2⇒コチラ【動画】情報をゲットしたNK細胞は酵素(ドリル?)で穴を開け、パーフォリン(タンパク質)を撃ち込んで死滅させる動画をアニメーションにて・・・(細胞の外に突き出た目印が細胞のアンテナ「糖鎖」です!)

Photo_3⇒コチラ【動画】≪マクロファージの異物の補足映像を入手!≫・・・(後半の触手を伸ばして捕える映像は実写だけに迫力がある・・・触手の先に「糖鎖」が出ているのです)

免疫力を人工的に上げ、がんを退治する「がんペプチドワクチン療法」が摘出手術、抗がん剤、放射線に次ぐ第4の治療法として注目を集めている

Health_0001

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪たけしの家庭の医学≫≪遺伝子の活動≫≪受精の瞬間≫≪糖鎖がON・OFF≫≪村上和雄≫

Baner


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗


5ba70d80004492eebe37c3721ef1f0f3_s

私たち人間は精子と卵子が結合し【補足:鍵と鍵穴のように糖鎖の働きがあって】受精した一個の細胞となるのです。 その一個の細胞が二個に、二個が四個に、四個が八個に・・・と分裂して いきます。


その過程で、手になるべきところはちゃんと手になり、足になるところは ちゃんと足になり、内臓になるところはちゃんと内臓になるんですね

Healthycellsbodies

【補足】:遺伝子の活動をONにしたりOFFにしたりするスイッチ機能の可能性を糖鎖が持っているからとハーパー生化学の筆頭著者である「ロバート・K・マレー博士は言及しています。そして、十月十日(とつきとおか)で細胞数約三兆個の赤ちゃんになって、この世に誕生します。 大人になると、細胞の数は約60兆個にもなるそうです。


Vitrv

そして、60兆個の細胞の一個一個に、同じ遺伝子が組み込まれています。 私たち人間の遺伝子の幅は、1ミリの50万分の1という細さです。

今この地球上に住んでいる60億人分の遺伝子を全部集めても、米粒一つの重さにしかならないそうです。そのきわめて小さな一つの遺伝子の中には、30億にものぼる化学文字が書き込まれています。

Istockphoto_8948228illustrationofsh

細胞の一つ一つにある遺伝子のすべてに、30億の文字情報が書き込まれ ているわけです。ということは、体のどこの細胞にも、一人の人間の生命活動に必要な全情報が書き込まれているのです。

しかし実際は、爪の細胞は爪にしかならないし、髪の毛の細胞は髪の毛にしかならないのです。


27


【補足】:1996年にハーパー生化学に糖タンパク質という項目が始めて掲載され糖鎖(細胞のアンテナの働きが解明され始めて今や臓器の細胞は臓器にしか、免疫細胞・血液・肉・骨・歯・他の全てが整然と決まりごとで形成されていく )

Photo_5


16860c200

これを村上和雄教授は、「スイッチのオンとオフ」という表現で説明されています。
つまり爪の細胞は、「爪になる」というスイッチはオンになっているが、「心臓になる」というスイッチはオフになっているわけです

Photo_2

【補足】:糖鎖が持っているスイッチ機能で遺伝子をオンにしたり、オフにしたりする】 だから、爪にはなるが、心臓にはならないわけです。各細胞の遺伝子には、すべてのスイッチがあって、それのどことどこが オンになっているかで、その細胞の役割が決まるわけです。

Dna

また、私たち人間はみな99.9%以上同じ遺伝子を持っているそうです。そして能力や才能の違いは、遺伝子のスイッチがオンになっているか どうかの違いだというのです。
           【略】
村上教授によると、「私たち人間は、存在するだけでも奇跡中の奇跡だ」とのことです。

           【略】

Ages


「この生命の設計図は、生命を生み出すという意図をもって 何者かが設計したとしか考えられない。」
村上教授は、その設計者のことを≪サムシング・グレート(偉大なる何者か)≫と呼んでいます。

             野口嘉則 地球の法則と「幸せな成功」より

| | Comments (0) | TrackBack (1)

その他のカテゴリー

Clarity- 2D Research System | ≪Lexi Boling-雑誌ヴォーグ≫ | ≪OcciGabi=オチガビ≫ | ≪YouEconomy=ユーエコノミー≫ | ≪アルツハイマー病創薬研究財団(ADDF)≫ | ≪アンチエイジング≫ | ≪シグナムの美肌効果≫ | ≪リディア・コーLPGA≫ | ≪脳内活性サプリ≫ | ≪脳内活性サプリ・Q&A≫ | ≪INK.500ーランキング≫ | ≪JAPAN OPEN≫ | ≪PP2A≫ | ≪PP2A&TAU(タウ)≫ | ≪SIG-1012(高レベル分子)≫ | ≪Signum Biosciences≫ | ≪WEBでの取り扱い説明≫ | ≪WEB登録をWEB動画で≫ | 【24時間テレビ】 | 【お知らせ】 | 【がん・ガン・癌・】 | 【がん情報・・・テレビ番組】 | 【がん情報・・・新聞・雑誌】 | 【ねこ:ネコ・猫が三昧】 | 【やってTRY!やって渡来!】 | 【アスリート・・・・プロスポーツ選手】 | 【アセア=ASEA】 | 【アルツハイマーと認知症】 | 【インフルエンザ対策】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【コーヒーと医療】 | 【スクリプス研究所】 | 【スーパーボウルのCM】 | 【スーパーボウル・ハーフタイム】 | 【ダウン症候群】 | 【トランス脂肪酸】 | 【ノーベル賞・レガシー認定】 | 【パンデミック対策】 | 【ファイターズガール】 | 【ベン・カーソン】 | 【マクガバン・レポート】 | 【マグロ・・・アンブロ | 【レスベラトロールと長寿】 | 【中村天風】 | 【伝説のスピーチ】 | 【偶然の発明・偶然の発見】 | 【免疫・ハーブ】 | 【再生医療】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医学・医療】 | 【原理・原則・法則】 | 【反魂丹・万金反】 | 【古事記にまつわる話】 | 【地震・津波・未曾有の災害】 | 【大原麗子・・・ギラン・バレー症候群】 | 【妊娠中の食べ物=りんご】 | 【子供の脳の栄養素=DHA】 | 【子宮頸がんワクチン】 | 【宇宙と医学】 | 【幹細胞・再生医療】 | 【心温まる・癒される】 | 【抗加齢・寿命・延命】 | 【文明開化】 | 【本・書籍・BOOK】 | 【本当?それとも嘘なの?】 | 【植物コレステロール】 | 【植物・・・草・花・葉・茎・根】 | 【歴史における出来事】 | 【母乳・・・邪馬台国・卑弥呼】 | 【母乳・母乳育児】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵と火星探査写真】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【知っててお得情報】 | 【科学の粋】 | 【米国立がん研究所】 | 【糖質栄養素その有用性】 | 【糖鎖】 | 【糖鎖と免疫細胞】 | 【糖鎖による臨床】 | 【糖鎖の栄養素】 | 【糖鎖・その応答反応】 | 【細胞の最新情報】 | 【脳内活性】 | 【脳梗塞と再生医療】 | 【自閉症・ADHD】 | 【自閉症・ADHD・他動症・・・】 | 【著名人・有名人・芸能人】 | 【遠位型ミオパチー・・・難病】 | 【雑学・耳学・よもやま話】 | 【顕微鏡・双眼鏡・望遠鏡】 | 【食・栄養・サプリ】 | 【DNAテスト】 | 【ISC細胞・細胞再生】