【薬物乱用】

≪情報や本舗≫≪増え続けるリタリンの乱用?≫≪クローズアップ現代≫≪向精神薬≫

02
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

2007年の情報や本舗≪自閉症について調べてみよう!≫で向精神剤の一つ「リタリン」の書き込みをしていますが、6年たった今でも増え続け、そして使われ続けていることに多くの疑問を感じるわけなんです

Aaalogo_01

10年以上も前からアメリカの小学生に使われ始めた問題提起されているというのに、何故か日本の医師らもここ数年使用し始めているようです。その副作用からつい先週のNHKクローズアップ現代で”くすり漬けになりたくない”というタイトルで特集していたのが2012年6月13日


News4

≪これは、別途書き込みするとして、スイス・インフォという日本版ニュースに「増加の一途をたどるリタリン消費」という記事の掲載があった≫・・・・以下抜粋して


注意欠陥・多動性障害 ADHD と診断された児童は集中力に欠け、何を始めても最後までやり抜くことができなかったり、また児童のほとんどが衝動的な行動を取る。

Aaimages



リタリンはADHDを持つ児童に処方されている。服用することで物事に集中できるようになり、「脱線する」ことが少なくなるからだ」


Aaphoto_4

≪だからアメリカでは、ダンプでリタリンを小学校に荷下ろしする風刺漫画まで出る始末・・・情報や本舗≫


多動症・注意欠陥生涯(ADHD )の治療薬リタリン ( Ritalin ) の生産は、過去10年間で約10倍 になった。近年は集中力を高めるためのドーピング剤やパーティ用のドラッグとして乱用されている。

Aaaaa

特記として医療従事者の書き込みがある

■≪成人にとっては注意力散漫が問題であって、多動性が問題ではない ≫ ・・・・・ダニエル・バース氏(ソロトゥルン 州小児青年精神科主任医)

■≪ リタリンを使用しても、大抵、1度か2度試すだけに限られる ≫・・・・・アレクサンダー・ビューヒェリ氏(社会福祉援助青年相談)


リタリンの原料、メチルフェニデート ( Methylphenidat ) の需要は、1999年以来スイスで約10倍になったとスイス治療薬研究所 ( Schweizerisches Heilmittelinstitut ) の担当者、ヨアヒム・グロース氏は説明する。一方、スイスの製薬会社ノバルティス ( Novartis ) 社は具体的な数値を公表することを控えている。

1413016_s


■【リタリン】 ( Ritalin ) ■

1944年に初めてリタリン ( Ritalin ) に含まれる作用物質のメチルフェニデート ( Methylphenidat ) がスイスの製薬会社( 現)ノバルティス社/Novartis ) の社員、レアンドロ・パニッツォン氏によって合成された。

当時は新開発された薬剤を自己試験するのが通例だったため、パニッツォン氏と妻のマルギューリが服用していた。

夫妻はテニスの成績が改善したことでこの薬剤の効果を確信。その後、薬品は妻マルギューリのニックネーム「リタ」に因んでリタリンと名付けられ、1954年よりドイツ市場で販売された。

メチルフェニデートは刺激作用や興奮作用があり、疲労や心理的抑制を取り除く効果がある。そのほか、短期的に運動能力を高め、筋肉痛や疲労といった知覚シグナルを次第に取り除き、食欲を減退させ、幸福感を満たす作用がある。長期間の服用は中毒になる可能性があるが、身体的な依存反応はない。


Atomgen

リタリンは時にスポーツ競技のドーピング剤として使用されているが、、スポーツなど競技で好成績を挙げるための薬物を投与!その他の物理的方法を採ること!はオリンピック、競馬など全ての競技で使用が禁止され、違反行為となる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪インド薬草アシュワガンダ≫≪産総研≫≪がん細胞の増殖を抑える≫

Photo


インドの人参(ジンセン)とも呼ばれる強壮ハーブ・アシュワガンダは、インドで古来滋養強壮や長寿薬として効果があるとされています

Ashwagandha

根や葉には、抗酸化作用、抗炎症作用、免疫調整作用、抗ストレス作用、滋養強壮作用、造血能増強作用などを示す薬効成分が多数見つかっています


動物実験の研究ですが抗がん剤や放射線治療の効果を高め、副作用を軽減することや、がん細胞を死滅させる直接的な抗がん作用が報告されてもいます


今回!産総研は科学的な検証がないアシュワガンダの有効作用に注目して、葉をアルコールで抽出した

Photo_2

その成分が、正常細胞とがん細胞に与える影響を動物実験などで調査したところ、がん細胞の増殖を抑え、がん細胞を死滅させ、正常細胞の老化を防ぐ効果があったと発表した

【実験結果】

動物実験(ネズミ)で、通常は皮下腫瘍が肥大化するのに対し、アシュワガンダを投与すると腫瘍は縮小した

産総研では、アルツハイマーやパーキンソン病へのアシュワガンダの効果についても研究を進めており

【用語解説】アシュワガンダ

Ashwa

インドやネパールの乾燥地などに自生するナス科の低木植物で、約2メートルに成長する。「アシュワガンダ」はサンスクリットで「馬」を意味し、飲めば馬の力を得るなどといわれることが語源とされる。

産経新聞 5月22日(火)15時51分配信

004


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪LD-50とは!≫≪半数致死量≫≪LD-100」とは?≫≪絶対致死量≫

165416

LSD”ではありません!【LSD=日本では1970年に麻薬に指定された恐ろしい劇物です】

50_lethal_dose


LD-50」とは「LD-50Lethal Dosage 50」ということなのだそうです?といっても益々判りません≪「Lethal Doseとは「致死的な服用量」ということらしい≫また”LD”というと、日本では一般に学習障害と訳されている”LD”(ラーニング・ディスオーダー)でもありません!


これは、製薬会社が「薬の認可」を受けるために、はじめに通らなくてはいけない試験のことを言うんだそうです&薬品・食品を問わず、FDA(米国食品医薬品局【日本でいうところの厚生労働省の一機関局】に詳細な書類をだして審査を通った時点で

Fda

テスト「急性毒性試験」といわれある実験動物(主にラット)が、14日間その「申請薬」が使われラットの50%が【死に至る量】から、その製品の毒性基準が決定されるのだと、そこで”LD-50”の50とは、50%=半分ということを意味しているのですね!

実験に使われた動物(主にラット)が、半数(50%)が死ねば、平均致死量は”LDー50”、もし全量が死ねば、絶対致死量、”LDー100”が決まります。 実験をいくつも積み重ねることによって、人間を死にいたらしめる毒の量!

Photo


⇒”LDー50”あるいは”LDー100”という致死量)を知ることができるのです≪決して真似はしないで下さいよ!今から自殺しようかと、馬鹿な事考えてる人はね是非ですね絶対致死量のLD-100を使ってください!≫

Photo_2■辞書を紐解くと⇒【LD100】= Lethal Dose 100 percent ( dose having 100 % probability of causing death ) LD100= Lethal Dose 100 パーセント ( 100 %の 可能性 がある 死 を引き起こす 服用 ) とあった!


L2005annai

≪ネット検索で、あるサイトにはこうも著述されていました!≫

現実問題として薬や毒の物質の危険性、あるいは安全性を評価する必要性があり、一定の指標が必要となる。そのため半数致死量という概念が一般的に用いられている。

83ca7


これは、「ある物質を-ある状態の動物に与えた場合-その半数が死に至る量」を示す。なお、半数致死量はしばしばLDー50(50% Lethal Doseの略)と簡略化して書かれる

このテストは1927年、J.W.トレバンによって発明され少々のチェンジはありますが現在も続いているのです、ただし問題点も提起されて・・・・≪あるブログ抜粋?以下≫

Banerealswitchheader


【例えばこんな・・・・・】

・死ぬまでテスト物質を与える試験なので、少量で副作用が出るが、沢山食べても死なないテスト物質を安全と評価してしまう。
・マウスとラットでも、大きく値が異なるので、人間に当てはめるのは困難。
・他の物質との組み合わせ毒性がわからない。例えば、塩化カルシウムと一緒に食べると100倍毒性が増す物質があるが、このテストでは判断できない。
・安全な物質でも死ぬまで、おなかに詰め込まれるので、内臓破裂で死ぬことがある。全く非科学的といえる。


Iceberg

なら、いくら摂っても・食べても害になることは無いと言う”100%あなたのからだは!組織は!臓器は!細胞は!安全である”神代の昔からある食べ物は「LD-ゼロ(に近い)」なのだ【現在は環境汚染または人的汚染(化学物質等々)自然環境の変化による空気・水・土壌等々の劣化などで、

Baby


安全性・質の良さを考慮して食材選びを余儀なくされています?】人のからだを創ってきたのですから、やはり「食育」!
水は医薬品でしょうか?毎日飲んでる「水道水」を試験したらどうなりますか?14日間飲んでもどんな動物も死にませんから、「医薬品」として、認可はされませんよね!

Photo_6

ところが時には”水”も薬【医薬品】のように使うではありませんか?気付けの水とか!炎症を抑えるのに水をかける!傷口を消毒するのに水をかけるとかごく自然に使っていますよね?もっと自然に毎日のことで一日ふつうは3回と!

Baner3065200

考えることなく「食べる」という作業をしていませんか?これが”食の育”ではないかと!お腹がすけば食べる・食べ過ぎれば自然にからだ自身が知らせてくれる!

【満腹中枢神経が指令してくれる】・・・・・心と体を結ぶものは神経系統だと!何故その神経系統を皆さん、大事にしないのか?と”中村天風氏の実践哲学!・・・・・神経のことばが出て来ると「中村天風」にココロが行ってしまうもんですから!・・・・・悪しからず!

Wwwredoxjapancom02

| | Comments (2) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

≪EHT≫・・よくある質問(Q&A) | ≪EHT≫・・・BSCG公認!WADA認可! | ≪EHT≫・・・EHTとは | ≪EHT≫・・・NFLフットボウル選手 | ≪EHT≫・・・アスリートのサプリ | ≪EHT≫・・・シグナム・バイオサイエンス社≫ | ≪EHT≫・・・タウたんぱく質とPP2A | ≪EHT≫・・・体感・体験談 | ≪EHT≫・・・動画・You-Tube | ≪EHT≫・・・学術的な視野から | ≪EHT≫・・第三機関による検証 | ≪EHT≫・・能書きと成分表 | ≪EHT≫・・脳内の働きを高める | ≪Nerium=ネリウム≫・・ビジネス・チャンス! | ≪Nerium=ネリウム≫・・ボーナスプラン | ≪Nerium=ネリウム≫=オプティメラ(optimera) | ≪Nerium≫・・・ネリウムインターナショナル社 | ≪Signum≫・・・提携&パートナー | ≪オプティメラ≫ | ≪オプティメラ≫=体感レポート | ≪オプティメラ≫=健康肌革命 | ≪オプティメラ≫=動画で真実が!(体感談) | ≪オプティメラ≫=日本上陸! | ≪オプティメラ≫=日本語ビデオ | ≪オプティメラ≫=最新情報 | ≪オプティメラ≫=洗顔法と使用法 | ≪オプティメラ≫=科学諮問委員会 | ≪オプティメラ≫=脅威の技術革新 | ≪オプティメラ≫=臨床試験 | ≪グーグル=Google≫ | ≪ミトコンドリア≫ | ≪ASEA≫=アスリート | ≪ASEA≫=カテゴリー! | ≪ASEA≫=公式ページ日本語 | 【がんと宣告されたら】 | 【がん最新情報】 | 【アスリート&栄養素】 | 【インフルエンザ・ウイルス】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【カーブドッチ】⇒【オチガビ】 | 【ダイエットかわら版】 | 【ダウン症候群】 | 【トランス脂肪酸】 | 【ドッキリ=フラッシュモブ】 | 【パンデミック=対策】 | 【不思議な世界・・・自然界】 | 【世界のかわら版】 | 【世界の音楽】 | 【中村天風】 | 【人気スポーツ・あれこれ】 | 【伝説のスピーチ】 | 【健康かわら版】 | 【偶然の発明・発見】 | 【再生医療・幹細胞】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医食同源】 | 【地産地消】 | 【地震情報かわら版 | 【子供を放射能から守る】 | 【宇宙のかわら版】 | 【幹細胞】【再生医療】 | 【抗酸化食品】 | 【書籍のかわら版】 | 【書籍・雑誌】 | 【最新医療】 | 【栄養と疾患】 | 【植物のチカラ】 | 【正常細胞・ガン細胞】 | 【母乳と乳児のかわら版】 | 【母乳の薬効効果】 | 【江戸のかわら版】 | 【浮世絵・春画・あぶな絵】 | 【知って得するかわら版】 | 【石原裕次郎】 | 【科学・数学】 | 【糖尿病最新情報】 | 【糖鎖・糖質栄養素】 | 【細胞】 | 【絵画・書画・骨董】 | 【肝炎】 | 【脳梗塞・・・幹細胞】 | 【自閉症・多動症のかわら版】 | 【自閉症情報】 | 【薬物乱用】 | 【認知症&アルツハイマー】 | 【資源のかわら版】 | 【過去!未来!】 | 【長寿寿命・医食延命】 | 【頭脳明晰】=頭の体操