【糖尿病最新情報】

≪情報や本舗≫≪糖尿病新薬≫≪メルク≫≪ジャヌビア≫≪インスリン≫≪WBS≫                           テレビ東京のニュース番組で・・・

Photo_222010年9月に万有製薬が糖尿病新薬「ジャヌビア」の講演会に参加した医師325人謝金を支払いしたことで、公正競争規約違反で警告を受けた

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

BarnerAseamolecules1

もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Januvia28

10月21日、小谷真生子がキャスターを務める「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京系)で日本の糖尿病市場の特集がありました。

現在、日本の糖尿病患者数は900万人ともいわれ、その予備軍を含めると、2000万人かとも?世界ではと言うと、糖尿病全患者数は2.85億人、2030年に4.35億人を超える恐れがあると予想されているとコメント!

番組内では、厚生労働省がアメリカのメルク社の経口糖尿病治療薬「ジャヌビア」を承認した(10月16日)ことを、そして販売はメルクの日本子会社=万有製薬が!メルク社といえば、10年ほど前には世界で最大の製薬メーカーでしたが、現在は8番目だそうです。【年内にはM&A?同業大手の経営統合で第2位の予想も】

232

売上高 2,419,770万ドル(2007年) 従業員数約62,600人 の詳細はクリック⇒ コチラ


【日経プレスリリース:万有製薬、経口糖尿病治療薬「ジャヌビア」の製造販売承認を取得】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

20090611hjc6b000_11

糖尿病の患者数が急速なスピードで増えていて、糖尿病は世界的な問題ともなっていて今回承認された糖尿病治療薬⇒新薬の「ジャヌビア」は【スピード承認だったともコメントしていました】治療が必要な人にとっては朗報でしょうね?


糖尿病は一昔までは「成人病」そして今は、「生活習慣病」!この疾患は名の通り生活習慣が適正でなかったために罹患したのであれば、その生活スタイル・慣れ親しんだ習慣を変えることで、元の体に!すなわち健康な状態になると言う事ですよね

Photo

健康な体は、健康な組織、その組織は健康なる器官、そして器官は健康な細胞からつくられるのですよね!糖尿病はエネルギー源としてのブドウ糖を細胞に取り込むときに必要なインスリン(ホルモン)がないか!はたらきが悪いか!【簡単に解釈するとね】が


Colum07_image02 ⇒【クリック画像!拡大】

実は「糖鎖」=細胞のアンテナがインスリンを取り込むアンテナの感度の役目をしていて細胞の取り込み口⇒トランスポーターという所からドンドンとブドウ糖を取り込んでいるのです!【インスリンには細胞のアンテナ「糖鎖」はついていないので受けての細胞の糖鎖⇒”インスリン受容体”!】アンテナ=糖鎖の感度が悪くなるとブドウ糖は血中に流れて赤血球に取り付いて、120日間ランデブーをするのです!この血中の数値⇒ヘモグロビンA1Cが血糖値履歴?と言われる所以です

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo←≪”ヤヌスの神”≫


ジャヌビア」という名前は、「ローマ神話に登場の神!ヤヌス⇒【JANUSと言って≪入り口&出口≫≪前&後≫の門を持つ二面性の神⇒門の守護神」とビア⇒【via】=経由という単語をつなげて命名したそうです!この新薬は、血糖値の調節において正反対の働きを持つ2つのホルモン、【インスリン】と【グルカゴン】の量を調節することで効果を示すことから、この「正反対の働きを持つ2つのホルモンを調節する作用をジャヌビアの命名者がなぞらえたのでは,ないか?とサイトにあったそうです・・・・・


| | Comments (2) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪インスリンの調整≫≪線虫(センチュウ)≫≪抗加齢!)≪抗酸化!≫

Barner
C13


20070719hja7j001_19

血糖値の調整に重要な役割を果たすインスリンが、アンチエイジング(抗加齢)治療の土台となる可能性のあることが!線虫(センチュウ)でのインスリンレベルを調整することによる研究で通常2週間の線虫(センチュウ)の寿命が約1週間延長することが判明。


ヒトに換算すれば相当大きなものと、研究者の米ハーバード大学医学部ジョスリン糖尿病センター(ボストン)のケイス・バックウェル博士は述べている。    ―医学誌「CELL=セル」に掲載―

2010

インスリン】よく知られているのは、健康なヒトの血糖値を調節する・糖尿病患者のさまざまな障害に関連するホルモンである

バックウェル博士によると、インスリンはこれ以外にも、細胞によるエネルギー産生を調節するはたらき・細胞に指示を送りブドウ糖の処理を促す作用・腫瘍の成長を抑える作用など働きがあると


130pxsts107_launch

今回の研究に使われた線虫(センチュウ)は最先端の遺伝子研究に長年利用されているもので、2003年のスペースシャトル事故から生還したことでも知られるている!


というヘルスデイニュースからですが、ここでバックウェル博士が「ヒトの体は、生きているだけで自らの細胞に傷害を引き起こすフリーラジカル(活性酸素)を作り出している。

Photo_2

身体には傷害から身を守るための独自の抗酸化システムが備わっており、われわれは、このシステムの活性を高めることにより動物の寿命を延ばすことができた」と言及しています!

「CELL(セル)=細胞!その細胞内で活性酸素がDNAを攻撃して障害を引き起こしてしまう、年とともに体内で細胞分裂の機能が低下しこのことが老化の原因ともなっているのです!

インスリンレベルの調整も然りですが、バックウェル博士が言う「・・・・身体には傷害から身を守るための独自の抗酸化システムが備わっており・・・」これは、体内にも細胞内にも在る抗酸化物質「グルタチオン」のことではないでしょうか?

Images_6


抗酸化物質「グルタチオン」は体内・細胞内でつくるのですが!近年の地球環境汚による風土公害?≪肥沃土の減少・ダイオキシンなどによる風害?≫で正しい食の文化は崩壊され、食生活は勿論日常生活も危機となっては

ストレスの増大=活性酸素も増大!グルタチオンは無論ビタミン・ミネラル≪人はストレスを受けると血中にビタミン・ミネラル等々を身を守るために大量に放出する=これも独自の抗酸化システム)同様つくられることが出来にくくなっているに違いありません?


Images_8

抗酸化剤と!して一番優れているのは、体内で生産されるグルタチオンとよばれる物質であるといわれていてグルタチオンが少なくなると糖尿病のような変性疾患や早期老化にかかりやすくなると!


Rola Barhoumi博士とその研究チームの最近のレポートによると、糖鎖の栄養素=糖質栄養素はグルタチオン濃度を50%高め、有毒な化学物質を解毒する肝臓細胞内のグルタチオンの減少を抑える。


Photo_4

動画②の最後に出てくるサプリメントのボトルは?果たしてなんでしょうね!どうやら世界最強の「抗酸化剤」と云うことは最後のほうに云っていますね!ORACOテストとかGMP'Sとか、すごい結果を出しているのですね!
”AO"がヒントですか?

【”ORAC ”検査】【“ ORACo ”検査】

ORACは、水溶性の抗酸化力のみを対象とする測定法で、アメリカ農務省と国立老化研究所で開発された測定法です・・・【“ ORACo ”は、さらに水溶性と脂溶性両方の抗酸化力を検査するという、画期的な検査方法です!】

この検査が果物、野菜、ハーブの果実、ジュース、粉末ブレンドの抗酸化力を測定するための新しい基準となるものとこの測定を装置を開発した

Continue reading "≪情報や本舗≫≪インスリンの調整≫≪線虫(センチュウ)≫≪抗加齢!)≪抗酸化!≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

≪EHT≫・・よくある質問(Q&A) | ≪EHT≫・・・BSCG公認!WADA認可! | ≪EHT≫・・・EHTとは | ≪EHT≫・・・NFLフットボウル選手 | ≪EHT≫・・・アスリートのサプリ | ≪EHT≫・・・シグナム・バイオサイエンス社≫ | ≪EHT≫・・・タウたんぱく質とPP2A | ≪EHT≫・・・体感・体験談 | ≪EHT≫・・・動画・You-Tube | ≪EHT≫・・・学術的な視野から | ≪EHT≫・・第三機関による検証 | ≪EHT≫・・能書きと成分表 | ≪EHT≫・・脳内の働きを高める | ≪Nerium=ネリウム≫・・ビジネス・チャンス! | ≪Nerium=ネリウム≫・・ボーナスプラン | ≪Nerium=ネリウム≫=オプティメラ(optimera) | ≪Nerium≫・・・ネリウムインターナショナル社 | ≪Signum≫・・・提携&パートナー | ≪オプティメラ≫ | ≪オプティメラ≫=体感レポート | ≪オプティメラ≫=健康肌革命 | ≪オプティメラ≫=動画で真実が!(体感談) | ≪オプティメラ≫=日本上陸! | ≪オプティメラ≫=日本語ビデオ | ≪オプティメラ≫=最新情報 | ≪オプティメラ≫=洗顔法と使用法 | ≪オプティメラ≫=科学諮問委員会 | ≪オプティメラ≫=脅威の技術革新 | ≪オプティメラ≫=臨床試験 | ≪グーグル=Google≫ | ≪ミトコンドリア≫ | ≪ASEA≫=アスリート | ≪ASEA≫=カテゴリー! | ≪ASEA≫=公式ページ日本語 | 【がんと宣告されたら】 | 【がん最新情報】 | 【アスリート&栄養素】 | 【インフルエンザ・ウイルス】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【カーブドッチ】⇒【オチガビ】 | 【ダイエットかわら版】 | 【ダウン症候群】 | 【トランス脂肪酸】 | 【ドッキリ=フラッシュモブ】 | 【パンデミック=対策】 | 【不思議な世界・・・自然界】 | 【世界のかわら版】 | 【世界の音楽】 | 【中村天風】 | 【人気スポーツ・あれこれ】 | 【伝説のスピーチ】 | 【健康かわら版】 | 【偶然の発明・発見】 | 【再生医療・幹細胞】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医食同源】 | 【地産地消】 | 【地震情報かわら版 | 【子供を放射能から守る】 | 【宇宙のかわら版】 | 【幹細胞】【再生医療】 | 【抗酸化食品】 | 【書籍のかわら版】 | 【書籍・雑誌】 | 【最新医療】 | 【栄養と疾患】 | 【植物のチカラ】 | 【正常細胞・ガン細胞】 | 【母乳と乳児のかわら版】 | 【母乳の薬効効果】 | 【江戸のかわら版】 | 【浮世絵・春画・あぶな絵】 | 【知って得するかわら版】 | 【石原裕次郎】 | 【科学・数学】 | 【糖尿病最新情報】 | 【糖鎖・糖質栄養素】 | 【細胞】 | 【絵画・書画・骨董】 | 【肝炎】 | 【脳梗塞・・・幹細胞】 | 【自閉症・多動症のかわら版】 | 【自閉症情報】 | 【薬物乱用】 | 【認知症&アルツハイマー】 | 【資源のかわら版】 | 【過去!未来!】 | 【長寿寿命・医食延命】 | 【頭脳明晰】=頭の体操