【糖鎖・糖質栄養素】

≪情報や本舗≫≪糖鎖の栄養素!≫≪凄いこと!≫≪凄いもの!≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Saibou_denntatu_1免疫細胞が会話をしている貴重な写真です!(日経サイエンスー2006年より)                               


⇒【この画像の解説
クリック!・・・日経サイエンスの本には左にもう一個の細胞が・・・・


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Photo_4【メルアド】ここをクリック!

                 
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Cazyyhe3

ある女医【研修医なのかな?】さんのブログに書き込みがありまして、この女医さん【糖鎖の栄養素】を摂っていたらしくアメリカのPub Med にこの【栄養素)が公開されている文献を非常に分りやすく翻訳されていました!以前にも書き込みしましたがアメリカ国立図書館の在籍文献としてインターネット公開して検索エンジンでもあるPub MED (パブメド=Medline(メドライン)に果たして掲載があるのか知りたくありません?検索してみました!

Photo_8

ありましたよ、確かに女医先生の書かれた「Effect of a glyconutrient on macrophage functions=マクロファージの機能に対する糖質栄養素の効果」・・・【補足:glyconutrient=(糖鎖の栄養素)を世に出した際の造語と聴いています】原文がビンゴ!でヒットしましたよ
===========================
Pubmed1

疑い深き人は?このPub Med のウェッブサイトに「Effect of a glyconutrient on macrophage functions」左の英文を鍵カッコを外してコピーペーストで検索箇所に入力して見てください!書かれていることは女医先生のワードに落とした翻訳文章【末尾に一部掲載!】がありますので、是非とも読みたいという方はご連絡下さい!添付送信しますので

Side_ttl_3お問い合わせ・資料請求】⇒ 【コチラ】


【ちなみに「糖鎖の栄養素の開発会社名」を入力してみましたところ5件の文献がビンゴ!糖質栄養の開発者の一人で8つの糖鎖が糖たんぱく質に細胞内でどのように創られどのように体内で作用するのかを頭の中にびっしりと入っている「ビル・マカナリー博士」の文献が最初にヒットします】


Photo_9

糖鎖の栄養素は本当に凄いと思いませんか!食品だというのに、医学の最先端を進む「スクリプス研究所」「NSF」そして「アメリカ国立医学図書館」と認知され公表されていることに驚きばかりです!アメリカ国立医学図書館は以前の書き込みのの分化された機関であること【ウィッキペディアで観て見て】

Pub Med のサイトのメインページの入力ボックスに、キーワードを入力します。Automatic Term Mapping という機能が働いて、自動的に検索してくれます。キーワードの入力が済んだら 「 Go 」ボタンをクリックします。すると文献リストが表示されます!トライしてみて下さい。【東邦大学医学部のメディアセンターで詳細な使い方を公開しています】

===========================
Photo

■論文のサワリ 以下・・・↓この論文はアメリカ国立医学図書館(U.S. National Library of Medicine)に収められているもので、正式な医学論文として認められたものです。
糖鎖の栄養素の開発会社の主力商品である糖鎖栄養を使った実験結果です】

===========================
Effect of a glyconutrient on macrophage functions
【マクロファージの機能に対する糖鎖の栄養素の効果】Lefkowitz DL, Stuart R, Gnade BT, Roberts E, Lefkowitz SS

International Journal of Immunopharmacology 2000; 22: 299-308
Newspaper

白血球やマクロファージといった細胞は病原菌を食べたり(貧食作用)、殺菌物質(活性酸素)を出したりして、体内の菌を殺してくれます。マクロファージはマンノースに反応するアンテナ(マクロファージ・マンノース受容体)を持っていて、病原菌の表面にあるマンノースを感知して菌を殺してくれます・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・【中略&後略】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪正しい応答≫⇒≪免疫応答≫⇒≪応答反応≫ ≪糖質栄養による副反応?≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Header_3


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo

「コレクティングレスポンス」と言う文責”レジ・マクダニエル博士”の取り置いたファイル【検索遭遇】を、盆休み中に辞書を左手に、画面に翻訳機を、右手にはネズミ?と概略からすると、先ずは≪コレクティング≫=は「正しい」そして≪レスポンス≫(response)とは 「応答する,反応する」という意味で情報や工学の世界でよく使われ、会話型システムに対してユーザが問い合わせをしたり,要求を出したりする、そのシステムが応答する状況での応答【音声応答】!

たとえば,図書館システムで,本の所在を問い合わせて,その結果の情報が戻ってくる!また銀行のATMでキャッシュカードを入れて,パスワード,出金指示,出金額を入れてから,お金が出てくるあるいは,ネットワークにアクセス要求を出してからアクセスの結果が戻ってくる!・・・【上智大学の学識者のサイトより一部抜粋】

Photo_2

マクダニエル博士の書かれた「コレクティング レスポンス」は直訳すれば「正しい応答」です細胞と細胞が会話をして≪もちろん音声応答などするはずはありません!細胞のアンテナといわれる【糖鎖】を使っての会話です≫身体をバランスのとれた正しい自然な状態に持っていくことを会話【糖鎖と糖鎖の応答】のやり取り=応答いかがでしょうか?細胞のアンテナ=糖鎖が、応答して反応してウェルネス=健康増進を目指す

植物由来の糖質栄養は細胞間コミニケーションを正しく応答できる糖鎖の働きを正常に活性させる働きをもつ栄養素で、本来なら21世紀に登場するはずのものが?20世紀に登場してしまった!のですから、既存の栄養素でも起きる好転反応は20世紀に置いていきましょう!内容も知って得する!「応答反応」です・・・・・・・書き込みの準備中!

Photo_3 ←【中味の観れる本】


この事が、盆の入りで移動の渋滞時間を使い読み直しの”アンドルー・ワイル博士”の「癒す心、治る心」の64ページに、将にこの内容に通じる著述がありました!

≪□からだは健康になりたがっている!健康とは、完全にバランスがとれた状態のことである!そのとき、すべてのシステムは円滑にはたらき、エネルギーが無理なく循環していて、それは自然な状態であり,なんの努力もしない状態である!したがってからだはバランスを崩したとき、自然な状態にもどろうとする。健康な状態にもどろうとするその勢いは人為的に活かすことが可能でありまた活かすべきである・・・・・それを治療と言う!≫

Photo_4 ←自然療法の臨床医”華陀

植物自然療法【自然治癒力】によく起ると言われる、好転反応にはいろんな説があり東洋医学では別名「瞑眩反応」と言い特に医学的な根拠やデータがあるわけではないと言われていますが?実際このような事が起きることが多々あり、単に体感では片付けられない状況に近年なりつつあるのではないでしょうか?・・・・(情報や本舗の私論・持論・独断論)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪アセア=ASEA≫≪糖鎖異状≫≪筋ジストロフィー≫≪超未熟児の奇跡の闘病≫≪1億3500万人に一人という疾患≫

Banerch04


糖鎖異常による疾患では筋ジストロフィーが数年前から大阪大学医学部・お茶の水女子大などで言及されてきています!

Photo

また北海道大学の糖鎖解析では第一人者と言っても決して過言ではない「西村紳一郎」教授は糖鎖異状によるいくつかの疾患の糖鎖異状をプリント【シュガープリント?】公表している

【この記事で検索エンジンに】ある種の筋ジストロフィーでは糖鎖合成に異常が起こる事によりこの安定化が破綻して発症すると考えられている


本日のトピックスは”糖鎖異状での一億3千万人に一人と言う先天性疾患に罹ってしまったというイギリスの「キートン・フォアエル君のお話です!

Top


12月11日のニュース)本当にこんな病気があるのでしょうか?この写真を見るほどに、見るにつけ、キートン君の笑顔!後ろで見守る母親の笑顔!信じがたいと考えるのは私だけでは無いはずです


Gum06_cl19014

まれな遺伝形成【先天性疾患糖鎖形成異状】を持っており、胃の中に入ってこようとする食べ物をすべて拒絶してしまうと言う常に何も食べることが出来ない!液体すら飲み込むことが出来ないのです。

また、定期的に内出血を起こしてしまうため、1年の間に多量の血液を失ってしまうとのこと。

生後3ヶ月の時に分かったそうです、急激に体重が落ち始め鼻腔でも食べ物すべて吐き出してしまったり肺の中に入ってしまったりするため、

現在、特注のチューブを胃の中まで入れて栄養価の高い特殊なミルクを流し込むという1回50分間もかかる食事を1日に4回行わなければならないそうです


Photo_3

原文ではキートン君は24週という早期も早期の早産で、生まれたときの身長は4インチ!【≒10センチ⇒メモ用のボールペン】で生後1年まで黄疸・貧血・伝染病などに苦しみ、盲目にならないようレーザー手術も受けたとのことですから今後順調に成長しても寿命は60年?とありました

≪この笑顔がある限り生き続けてくれるのではないでしょうか!≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_2

□糖鎖のはたらきを、正常にするという栄養素も開発されています。こうした栄養素は栄養価は別としても糖鎖形成を正常にする役目を担える栄養素ではないでしょうか?

Agesbusiness


またこうした情報伝達に欠かせない人が本来持つ”レドックス・シグナリング・モレキュル(=反応伝達分子)となりうる外から摂ることが出来るという革新的な製品の開発も進み3年ほど前にアメリカで発表されました!


クリック⇒【原文The boy who can't eat food | The Sun |News

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪第9回ジェンナー糖鎖生物学≫≪医学シンポジウム≫≪糖質栄養素&多糖類のテクノロジー≫

Pic1
       知って!ガッテン糖鎖情報や本舗


Ecsegar09

グーグル・ファイナンス・ニュースに糖質栄養素の会社・・・に驚きのニュース発表がありました!糖鎖の栄養素を摂った被験者の血液中の糖タンパク質に利点のある変化が見られたと・・・

Bibbia06


■このニュースのすごい事の根拠を求める方に学術論文が提出されて⇒ 【学術論文】

糖鎖の栄養素開発会社の科学者による【第9回ジェンナー糖鎖生物学と医学シンポジウム】プレゼンテーション 

■【シンポジウムのプログラム】⇒グーグル翻訳版      

                           (2009年10月8日)

Inthenews5full⇒【セネット博士⇒医薬素材の特許をお持ちの博士】


糖質栄養素の科学者は、糖鎖生物学と医療シンポジウムで科学を提示しました !2009年9月13日~15日ベルギーのブリュッセルで開かれた第9回年次ジェンナー糖鎖生物学と医学シンポジウムに於いて糖質栄養素の多糖類コンプレックス(パウダー)についてのテクノロジーを2つのポスター発表でプレゼンテーションが行われました。

Photo

最初のポスター発表が、糖鎖の栄養素開発会社科学部門の最高責任者ロバートAセネット博士により
行われ、その詳細はマウスに多糖類=粉末(パウダー投与前と投与後での臨床試験データを示す表示をセネット博士の口頭で行われた!

Inthenews8full【左端にセネット博士・右端がボイド博士・←白いジャケット姿がアクスフォード博士】

≪ジョン・アクスフォード博士≫は、火曜日(2009年9月15日 ) の「セッション7」:【糖鎖の診断と治療 】
Chair: Prof John Axford, St George's University of London, Director of the Sir Joseph Hotung Centre for Musculoskeletal Disorders London, UK 司会:「ジョンアックスフォード教授」=ロンドンジョージセント大学(イギリス)、

Logojyennna


2.30 pm午後2時半 ntroduction はじめに
Prof John Axford, St George's University of London, Director of the Sir Joseph Hotung Centre for Musculoskeletal Disorders London, UK筋骨格疾患について、ロンドンHotungセンターのディレクター⇒サー・ジョゼフ (英国 )・・・・・・


Science

そして結果は、≪健康なマウスの結腸内の遺伝子発現に有益な効果があります≫と遺伝子発現解析で知られるニュージャージー州プロダクツ安全研究所でテキサス大学サウスウェスタン医療センターダラス校の科学者によって、動物実験をユーロフィン”Eurofins”⇒【補足:世界30各国で800億円の売り上げを食品検査などで計上する、国際的に比類のない検査機関(従業員が3000人)です!・・・・・情報や本舗調べ】

Cover_nature3

開発会社の研究開発(R&D)グループが資金を提供し、プロジェクトを管理し、コンパイルされたデータです

【補足:コンパイルとは人間が書いたプログラムをコンピュータの判る機械語に翻訳したという意味だそうです】

2番目のポスター発表は聖ジョージのロンドン大学【補足:ジョン・アクスフォード博士が聖ジョージ病院の医学学校の教授を務めている大学】の研究者が、コチラは動物ではなくオープン?で人間の研究による多糖類(Advanced Ambrotose)パウダーが血液中においてN -グラ イコシレーン(グリコシル化) した糖鎖プロファイル【=糖鎖の特徴.特性?】.に影響を与えるという発表でした!

Covermedium

今回の「糖鎖生物学と医療シンポジウム」には、ヨーロッパアジア、アメリカ合衆国の糖鎖生物学や医学の分野での主要な研究グループから100名以上の医療関係者が出席しました。この会議は、王立医学協会(英国)によってレガ医学研究所のルーヴァン・カトリック大学(ベルギー)との共同で開催されました。

Photo ⇒【ジョン・アクスフォード博士】

【王立医学協会はジョン.アクスフォード博士が会長を務めていました...・この協会会長は日本で言えば“厚生労働大臣”“医師会会長”“癌学会会長“と3つを兼任するようなものだと聞及んでいます!「】この研究は糖質栄養の研究開発会社からの学術研究助成金によって賄われたそうです


■オンラインで公開発表の 英語版ニュースを情報や本舗が辞書を片手に翻訳をした書き込みです専門外の事ゆえ、誤訳があるかもしれませんグーグル・ファイナンスのニュースは何故か消えていましたが、会社の「in the news」にはありましたので翻訳試みしてみますか!⇒ 【原文ニュース

Photo_9

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪2010年の二重盲プラセボ研究の臨床結果≫≪ベスト・タリサ博士の研究≫≪糖鎖の栄養素で記憶力・認知力の顕著な改善≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Header_3


Photo 私は映画”レッドクリフ”にも登場する「華陀」と言う医師です、1600年前の三国時代(魏の国・呉の国・蜀の国)に民衆からは「神医」「名医」と呼ばれ、薬学・鍼灸を得意としていました!


きっと「華陀」が現世の医師であったら、この■糖鎖の栄養素■が、いかに画期的な体内メカニズムに理想的な機能を働かせている事に、感嘆したかもしれませんね!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
_btn041≪序論=INTRODUCTION≫

Inthenews10_fullベスト・タリサ博士・・・お美しい方ですよね!

2010年に二重盲プラセボ研究をスタートしました!45歳~60歳の健康な成人を対象に12週間の調査をしました。 この年代の人を選んだ理由は二つあります。この年代は最もクリエイティヴであること。

Photo_5


もうひとつの理由は年齢が上がると問題が起きてくるものですが、そういう問題が起き始める前の年代であるということです。 この研究の目的は、サプリメントによって認知能力や健全な維持が可能かどうかということでした。栄養と脳の機能との関係を調査しました。

Imgyasai


2006年に発表された6年間にわたる調査結果を土台としたものです。【糖鎖の栄養素】を摂取している何千人もの人に対して、繰り返し調査は行われてきました。記憶力の変化が追跡調査されていました。

Photo_6

野菜や栄養価の高いグループでは機能の減退は40%であるということから、食事は認知能力に影響を与えるということは明らかでした。この結果に私はとても興味をもち、さらに詳しく研究したくなったのです。

どういう栄養が、どういう影響を与えるのかということを知りたくなりました。 そこで次の研究をスタートしました。

_btn041≪方法=METHOD≫

Brainfunction

109人の健康な45歳~60歳までの人:男性71人 女性38人をランダムに2グループに分け12週間の調査をしました。 糖質栄養素【多糖類】のグループとプラセボのグループに分けました。 考え方や記憶力などすべての項目でかなり厳しいテストをしました。そのためテストが終了した時には、参加者はかなり疲れていました。おかげでたくさんのデータを集めることが出来ました。

767_3≪条件≫:朝と夕、【多糖類】をティースプーン1杯づつ食べてもらいました。 別のグループでは【多糖類】に見せかけたものを食べてもらいました。 ほとんどの参加者は規定に従ってくれました。始める前、終了後のテストの結果を比較しました。

Photo_7

認知能力にはいろいろな要素が影響を与えます。栄養だけではないのです。 教育、仕事、薬、アルコール、タバコ、運動、BMI、の糖鎖の栄養素以外の製品を食べているか、どんなタイプの食事内容か、自分がどのくらい健康だと思っているかなどの要素によって違ってきます。


_btn041≪12週間のテストの結論 ≫

■□【記憶力テスト】 :全体を通して【多糖類】のグループでは顕著な改善が認められた。 統計学的に意味のあるデータとなった、明確に意味のある変化、違いが認められた。

■□【ムード(感情)】:敵対的な感情、いらいらするといった状態を示すスコアが低くなった。 人生を前向きに考えるようになった。 鬱状態、悲観的な状態を示すスコアが低くなった。

■□【糖鎖の栄養】:多糖類のグループでは感情のコントロールがしやすくなり、いらいらが少なく、より積極的に考えるようになるという変化が見られました。

_btn041≪論考=DISCUSSION≫

Photo

■□【多糖類】を食べた結果、明確に良い変化が認められました。記憶力・認知能力・感情のコントロールがしやすくなると結論づけることが出来ます。 植物からの多糖類は健康な人にも顕著な貢献をし、認知能力に良い影響を与え、記憶力や感情の安定にポジティヴな影響を与えるのです。

皆さんにぜひ覚えてほしいことは、健全な中年を対象としたということです。この年代の人たちは社会の中核だということなのです。 この関連性を証明した研究は初めてのことではないでしょうか。 良い栄養素を与えることは、人間の良い生活につながることを示しています。ここには大きな可能性があるのです。
Photo_2

この研究を発表したことによりエクサイティングなことが起きはじめています。 【より多くの新しい研究課題を与えた(健康な人への研究が今までなかった)】 ・【オメガ3と認知能力に関する研究をしようかという人が出てきた】
【 マルチビタミンと認知力、具体的な特定のビタミン、抗酸化食品との関連性などについ ての研究をしようという人も出てきました】

_newsこれまでには想像もつかなかった研究分野が生まれました。 身体と脳の関係にも光を当てることが出来ました。私達は、まだまだ知らないことが多いのです。身体と脳は総合的に影響し合っているのです。また今回、いろいろな認知力改善をみるためのテスト手法を使いました。確かめるための手法を考えました。

BRAIN・・・・Beautiful Resilient Ageing Integrating Nutrition

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖鎖の栄養素!≫≪脳の栄養素?≫≪ハワード大学の発表ー翻訳文≫≪驚きのニュース!≫≪視覚認識を高める≫≪動態記憶を高める≫

Photo【2015年最新のお知らせです!昨年にアメリカのプリンストン大学で20年間研究の末、脳の栄養素といえるものが発表に・・・】

コチラをクリック!クリック!⇒ 【脳の働きを高めるEHT】

Banertop_main_2


この植物由来の糖質栄養素の不足が、現代病の共通する原因となっていると考えられる【食源病!】この「糖質栄養」が足りれば、私達は自己治癒力が向上し、健康を回復でき、さらには老化を遅らせることが可能に【自然治癒力をとりもどす!】ということが分かってきました

738e583947054f9ca59373c3b731536a

「糖質」と聞くと、すぐに甘い糖のことをイメージする方が多いですが、それとは違いますガンや糖尿病患者が減少しはじめいている米国では、この糖質栄養が、150万人以上の健康回復、維持向上の役に立っています【事実!】知見に基づく最新の糖質栄養学なのです

                  
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Default


プレスリリース”から下記のニュースが!英文の記事で訳文概要は、植物由来の糖質栄養素をテーブルスプーン=カレースプーンで一杯分摂ることで、「視覚識別」と「動態記憶?」が大幅に高まったという

Doctors


ハワード大学での研究調査で判明したというプレス・ニュース≪翻訳なのと学識・学術経験者による発表なので使用製品・提供会社名は訳文のまま書き込み≫


Logo34ハワード大学の科学者が、2009年4月16日にジャーナルPerceptualとMotor Skillsに糖鎖の栄養(Ambrotose)に関する研究調査を発表しました!アチヤ・N・スタンシル(Atiya N. Stancil)博士とレスリーH.ヒック(Leslie H. Hicks)


【お二人ともワシントンD.C.のハワード大学】は、62人の健全で健康なヤングアダルト(若者)の脳機能への(Ambrotose)の影響を調査した無作為二重盲検プラセボ対照試験を発表しました。

Ca0hefgp


その研究発表とは、たった一杯の大さじテーブルスプーン糖質栄養素の摂取が視覚の認識差別と動作記憶を大幅に向上させました。)

Data1

補足訳■:

①【visual =視覚的 discrimination =識別・認識・・・by英辞郎】


②【working=作用・機能・メカニズム memory=記憶力・記銘力・・・by英辞郎】

この研究で使用されている製品はクラフトFoods社(1)によって資金を供給され Mannatech社から寄付されました

Cover_nature3

前述の二重盲検プラセボ対照臨床試験ではAmbrotose複合体の摂取が注意力またはその機敏さ(2)に関連した脳波を強化することができることを証明して、集中を強化して、精神的な反応時間(3)を改善して、記憶(4)を改善します。


Books1

≪補足②の・・・「working memory」(ワ-キングメモリー )という訳はないのですが?書籍がありました「Working Memory and Learning」!このクリックなか見!検索・・[What is working memory] とありましたので、覗き見したところ working memory(ワーキングメモリー)という言葉は心理学者によってよく使われる語のこと!

Img_nou

「ワーキングメモリー」その能力は心理的な短期記憶、思考や判断などの際に必要な情報を一時的に保持・処理する記憶機能!我々の日常生活のすごす時間に於いて重要な情報などをメモ書きしたりすることを心理格納する(心に書き留める?といったこと?)


Cover_nature


■【覗き見した原文は末尾】!に、なお「ワーキングメモリー」は長い歴史をもつ概念だそうで、最近の脳科学の進歩によって、≪知能≫や≪老化≫、≪ADHD≫との関係などが明らかになってきたそうです・・・・・・

Photo_3

「ワーキングメモリー」を使う活動の1つの例としては、”暗算”ですね、あなたが計算機、若しくはペンと紙を使うことができない状況で数字の43と67を足し算しようと試みていることを想像してみtください!先ずすることは、最初に2つの数字を「ワ-キングメモリー」保管格納する必要があります・・・・・・いか「クリックなか見!検索!」では続きを読めます


Brainfunction

(1.)Stancil AN, Hicks LH. Glyconutrients and perception, cognition, and memory. Perceptual Mot Skills 2009;10:259-70.
(2.)Wang C, Szabo JS, Dykman RA. Effects of a carbohydrate supplement upon resting brain activity. Integr Physiol Behav Sci 2004;39:126-38.
(3.)Wang C, Pivik RT, Dykman RA. Effects of a glyconutritional supplement on brain potentials associated with language processing. Federation Proceedings: Experimental Biology Meeting, New Orleans, Louisiana, April 20-24. 2002;1-4 (abstr).
(4.)Best T, Kemps E, Bryan J. The impact of saccharide supplementation on cognition and mood in middle-aged adults. Presented at the 36th Annual International Neuropsychological Society Meeting, February 6-9, 2008, Waikoloa, Hawaii 2008.


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Brainfunction_2

【覗き見の原文!】・・・・2ページ目の「What is working memory」の箇所を一部抜粋

Working memory is the term used by psychologists to the ability we have to hold and manipulate infomation in the mind over short periods of time.It provides a mental workspace or jotting pad that is used to store important information in the course of our every-day lives One example of an activity that uses working memory is mental arithmetic. Imagine ,yor example ,that you are attempting to multiply together the numbers 43 and 67 in a situation where you are unable to use either a calculator or pen and paper . To do this,you would first need to store the two numbers in working memory . The next step would be to use the multiplication rules you have already learned to calculate the products of successive pairs of numbers,adding to working memory the products as you go . finally,you would need to add together the products held inworking memory ,arriving at a final solution.

Workingmemory

| | Comments (1) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖鎖のはたらき!≫≪再認識!≫


Photo

■【さてその4分間】 ⇒ 左下の再生 ▽をクリック!


■拡大画像で観られる方⇒ クリック!⇒【Glyconutrients - 8 Vital Sugars・・・・右下の 4つ葉のクロバーマーク ↑ をクリックで最大画像に

■■■【この動画の説明はコチラ!】 ←クリック ■■■


Photo

糖鎖は身体の何処にあるのか?】人間の身体を作っている約60兆個の細胞の表面(細胞膜)からウニのヒゲのようにビッシリと付いている!

その糖鎖はどんな働きをしているのか?】一言で言うと「細胞間のコミュニケーション」=細胞と細胞がお話をしている?糖鎖は細胞のアンテナの様な働きをしている事が分かってきたのです≪山梨大学医学部では1999年に既に細胞のアンテナという言葉を使っていました≫

自己非自己(有害と無害の識別=細菌・バクテリア・ウィルス・毒素は有害、ビタミン・ミネラル・ファイトケミカルは無害どころか必要なもの・・・その識別を糖鎖がして細胞に取り入れるか入れないかの判断を!

29

≪すなわち、荷札のような役割を食べ物などの種類を速やかに認識し、必要な物質を選別して行き先や、体内での蓄えを指示したり、体外への排除をしたりします≫

ホルモン神経伝達物質を識別=ブドウ糖を取り込むインスリン(ホルモン)伝えるレセプターの働き

白血球の病原菌への攻撃指示 =免疫機能・がん細胞を認知することで免疫細胞への伝達

Photo

精子卵子の適正結合=異種交配がないのは糖鎖の働き

血液型=糖鎖の組み合わせで決まっている
≪身分証明書のような血液のA,B,O,AB型の識別!身分証明以外の血液が混じればたちまち凝固して命取りとなるのですから、とても重要な役割を担っているのです≫

Cells

糖鎖が異常になると?】上記の機能が働くなるのは勿論の事、細胞で作られるタンパク質・脂質が機能せずに臓器や器官が形勢異常となって健康な身体を保つ事が出来なくなるわけです


この糖鎖は8種類の単糖類(糖質栄養素)から成り立っている

8種類の単糖
                      グルコース・
                    ガラクトース・
                    マンノース・
                    フコース・
                    キシロース・
                    Nアセチルグルコサミン・
                    Nアセチルガラクトサミン・
                    Nアセチルノイラミン酸。

8esdsential

この8種類の単糖から構成されている「糖鎖」は、私達の健康に大変、重要な働きをしている事実が、世界の医療・生化学分野で次々と発表されているそうです

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あなたの「糖鎖」は大丈夫?】


Vitrv

人間の体は水分を除けば、ほとんどタンパク質で出来ていますよね、あなたの筋肉!皮膚!髪の毛!爪!骨!など、その大切なタンパク質の品質管理をしているのが「糖鎖」だと言う事を理解して頂けたことと思いますが?「糖鎖」の重要性が分かったのはここ最近のことなのです

人間の体が栄養分を必要とするように「糖鎖」も必要とするものが在るのですね!それは「糖鎖の栄養素」というものです!ところがこの聞きなれない栄養素も、他の栄養分と同様に今では、化学肥料や農薬の使用で土壌は汚染、疲弊しており野菜や果物が十分な「糖鎖の栄養素」を含まなくなってきている訳で、気がつかないうちに全ての栄養分が・・・もちろん微量栄養素の「糖鎖栄養素」といえども不足してしまっている現状です


Tousa0103

【糖鎖と病気はとても密接な関係にあるのです!】

ケガや急性疾患以外の病気のほとんどに糖鎖が関わっています。 例えば、癌、ぜんそく、高血圧、糖尿病、脂質異常症、リウマチ、不妊症、肝機能障害、認知症、精神疾患などなど。昨今、糖鎖と病気の関係に関する研究の成果が数多く発表されております!ですからその為にも不足している栄養素を私の「糖鎖」大丈夫と声を大にして云える為にも摂る事が必須なのです

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪8つの糖鎖の働き≫≪細胞間コミュニケーション≫≪細胞の会話≫

■□■どんな言葉で?どのように使っているのか?■□■

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Griko8

■細胞と細胞が会話をかわす「【言葉のようなもの】」とは、8つの単糖を「単語」に置き換えてみての組み合わせにより上記のような記号=言葉と仮定してみてください!その「単語」である糖タンパク質(グライコプロティン)はすべての細胞の表面に見られ、何干・何万もの単糖の組み合わせを行なう事で【情報伝達⇒会話】をしています。

8sugars

■【8個の単糖】の基本的な形を、【アルファベットの単語】としてみたときに、下記の画像にあるように短い”-”と長い” ― ”と小さい” ) ” と大きい” ) ”<4種類の”フォーム”に置き換えてみると、26文字(アルファベット文字)を表示できるのですね!

Alpha

■□■□■細胞と細胞の会話の失敗■□■□■

アルファベットを使った英単語「FAT」!「EAT」!を見比べてください”F"と”E"⇒たった一つの短い”-”のフォームの違いなんですが、会話の意味となると大きな違いが生まれるのですね!「FAT]=肥る・脂肪「EAT」=食べるといった具合にまるで、コミュニケーション(情報連絡)が取れなくなってしまうのです

Moneybss

■以下の図のようになると⇒英語のアルファベットを構成している4種類のフォームうちの1つが欠けるだけで、英語がそのものも、全く読めなくなってしまいます。細胞と細胞の会話がこうして十分な「文字」が無くなると、正確なコミュニケーション(情報伝達)が出来なくなり、健康に重大な支障をきたす事になりませんか!

Sell1_5【I I I D M I) 】⇒意味を成していません「ⅢのD?・・DM??・・・」

Sell2_7【F E E D M E 】⇒これなら意味が通じる「わたしに何か食べ物を下さい・・・」


■最初の図では文字と言うより記号?そうフォームがいくつか欠けているので、単語として機能していません!その下の図で欠けていたフォームが戻る事で単語として機能して意味が通じる訳ですね!

Photo

■その重大な支障というのは、言葉が通じなくなるわけですから正常な細胞も異常をきたしている細胞も見分けがつかなくなってしまう、こうした事で起りうる病状を【自己免疫性疾患】とよんでいます!

Photo_7

免疫機能を持つ細胞【マクロファージ・NK細胞・白血球)が自身の正常細胞を攻撃してしまう事から起きてしまう疾患です。私達の身体は活発で正しい細胞間の会話>によって、自然治癒能力(免疫機能)を正常にし、ホルモンのバランスを整え各器官が正常に働くことにより、健康を回復し維持していく【仕組み】になっているのです


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Ageskatakana

アルファベット(26文字)ばかりでなくカタカナ(51文字)で「情報の伝達」を見てみましょう!思いついたのが≪フニフクヘレ≫⇒何のことか?分かりませんよね、では≪フキヲタベル≫≪カニヲタベル≫≪マキヲクベル≫とチョットした文字に転換すると意味が見えてきましたよ・・・「フ」に一線入って⇒「カ」「マ」&「ニ」⇒「キ」&「ク」⇒「タ」「ヲ」

こちらもフォームが変わることで意味が全く違ってしまうわけなんです。間違っても「マキ」は食べませんからね



Aaigtrmages
もっと続きを読む糖鎖情報や本舗

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖鎖の栄養素による≫≪細菌性?脳障害?からの驚くべき回復!≫≪報告事例≫パート⑥

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Banertop_main_2

■【失われた栄養素】の著者が語った糖鎖の必要性!■


30年以上も6000種類を超えての栄養補助食品を研究をし続けてきた補完栄養療法の世界的権威者の博士が、その大部分には有用性が認められないものが多く、有用性が認められるものの中では糖鎖の栄養が別格であったと声を大にするのには、わけがありました!

Photo


博士が糖鎖の栄養を知る前々から、博士の息子さんは、ある細菌性の病気に冒されていたのです!その病気とは脳に最近が影響を与えていて身体にひどい震えが起きるそうです。最初に息子さんがこの症状を起こし病院へ運ばれた時医師は「24時間生き延びるのは難しいことかもしれません!」と言われたそうです


【脳疾患の詳細は不明ですが、余命なしとの診断からして細菌性髄膜炎では無いようです?聞き及んだ話で信憑性は?ですが、世界中で17人が罹病して生命維持しているのは4人ほどとの伝聞だったような記憶が・・・?】

Caklyb0d

医師らの治療の甲斐あって、生き延びることはできたのですが、厳しい宣告が待っていました!医師に「息子さんの知能は5歳以上になることはないでしょう」と、博士はすべての知識を持って息子を助けようと、そして毎日病院へ通いました!息子の記憶が日々、少し前のことすら思い出せなくなっていったからなんです。

毎日会いに行っているというのに、息子は「どうしてずーっと、会いに来てくれなかったの?」と涙ながらに毎日繰り返し言うのです。自然療法医学博士でもあり、他にも学位を持ち、様々なところからの情報で糖鎖の栄養素を知ることとなり、良いものだと確信をもって息子に摂らせ始めたのです!

Brainfunction


すると、少しずつですが記憶の改善がみえ出し、知能も発達してきたのです!毎週数値を測りながらクスリの方を、回復の兆しが見え始めると少しづつですが減らし続けていきました!一年半も経った頃でしょうかを、クスリをほとんど使わなくても良いほどになったのです

糖鎖の栄養を知る前は、博士は自身希望の無い子供を持つ絶望的な父親でしたが今ではいまだ病院のベッドからは離れてはいませんが幸せな19歳の息子を持つ父親になったことへの喜びを隠し切れません!その後多くの博士が抱える患者にも摂らせ始めたことで、その患者たちの回復が早まる様子が博士のライフワークの方向性を変えることになったのです

Photo_4 ←【子供に姿を変えたキリストが貝殻で海水を全部汲み取っている(これは奇跡でしょう?)ところに、アウグスティヌスが遭遇し、この不思議な子供と問答をしている絵・・・・余談の話であり、画像です】

博士はこう言います”奇跡は人間の身体の中に存在することを知りました、もちろん奇跡はそのものが起こすわけではありません、必要な栄養成分が身体に供給されることで、このことを奇跡と呼ぶのなら身体が奇跡をおこし始めるのでしょう!”

41q6nq14rnl

2007年の11月に日本で「いのちの鎖」と言う原題が「The Missing Nutrients=失われた栄養素」の日本版で既刊されています!多くの人がいまだ知らない糖鎖の栄養素と言うものを説明する上で必要な知識がすべて網羅されていて、研究結果も分かりやすくまとめて掲載されています!


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Ca4zilyx_2

(* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖鎖とは?≫≪4分の動画で・・・! ≫ ≪目で見て!耳で聞く!≫

Photo

■【さてその4分間】・・・あなたの体の中の細胞で日常何が起きているのかを!


【この動画の説明を下記に!≪写真⇒クリックで拡大!≫】


Photo

新星の発見?新種のウィルス?まさか惑星を攻撃しているの・・・否!違いますあなたの体の中で今起きている、細胞のグラフィック映像なんです!まるで雑木林のようですが、細胞にとって必要なものを取り入れ口【トランスポーター】からドンドンと摂り込んでいる正常(健康)一方、左上の細胞では、身体にとって不要なもの・不要になったものをドンドンと吐き出しています【いずれも生命維持の活性細胞ですよね!】


Photo_4

オレンジ色の細菌・バクテリアが近づいてきますが、取り入れ口が開くどころか雑木林の枝先で撥ね付けられています!うしろから黒い突起を持ったウィルスが近づきますが、これも同じく受け付けません【身体に不要なものは受け付けないように設計されているのですね=正常細胞は!】

4個の細胞がお互いにミサイル発射をして攻撃しあっているCGではありません!互いの細胞同士が情報を持ち寄り、光通信?をしているのです【これが”細胞間コミュニケーション!】そ~うなんです、集まって互いに情報交換で”井戸端会議?”をしているのです・・・・【生命維持のためのね】


Photo_5

【ESSENTIAL NUTRIENTS=重要な栄養分と字幕が!】

● 26 Vitamins=26のビタミン

● 72 Trace Minerals=基準値を超えないミネラル

● Fatty Acids=脂肪酸

● Amino Acids=アミノ酸 

上記の重要な又必須な栄養分を全て摂り入れることが健康増進のために必要な事なのですから、正常な働きを持った細胞はシッカリとその役割をしているのです!その為にも下記のことが必要となってくるのです


Photo_2

8個の光り輝く”ダイヤモンドが現れます!実はこれが「細胞間コミュニケーション」を司る8つの単糖=糖鎖なのです!

【MONOSACCHARIDE】=≪生化学≫単糖(類)が細胞内に入り込んでいきます、細胞の内部に入り込みました、沢山の酵素【=糖転移酵素】が出てきて単糖と情報交換しながら【15工程からの糖転換を繰り返し、糖鎖を形成している】タンパク質と結びついて細胞の外にアンテナのように張り出させている

Photo_6

雑木林を作り上げる最初の木が生まれ、ドンドンと増えていきます(まるでアデランスやアートネーチャーのように?)ですから必要で正確な情報のやり取りが出来るのです!黒い色の突起を持ったウィルスがやって来て、細胞に入り込もうとしていますが、細胞のアンテナ”糖鎖”が「これは、不要で害である!」と取り込み口を開こうとはしません、そこにいつも外敵を排除して廻っている「マクロファージ」が、突然表れて飲み込んでしまいました【大食細胞と云われる所以ですね】

赤血球が安心して身体に栄養分と酸素を運んでいます、血管内で健全な生命維持活動が行われることによって、臓器(五臓六腑・血管など)が健康で組織が健康故に、60兆個の細胞で出来ている体が健康を維持していけるのですよね

Photo_3

ところが、一方通行の出入り口のようにお互い交信することなく、情報が行き交わなければ雑木林はドンドンと枯れて行ってしまいます!健康増進に必要な大切な働きが損なわれてしまっては下記の機能が遅れをとってしまいます

● immune system response=免疫系システム

● tissue regeneration=≪生物≫組織再生

● cell replication=細胞複製

● growth=増殖

● structural stability=構造的安全性

● foster fertilization=受精促進


Photo_8

8つのダイヤモンド【糖鎖】が出てきます、そして2つの糖鎖が画面に、一つはGlucose=ブドウ糖で、一つはGalactose=乳糖です!私たちが普段の食事から摂れる単糖はこの二つで、前述の「糖転移酵素転換」による糖鎖の構築によって必要なる物を採りこんで60兆個の細胞が元気で健全で健康なんです

Photo_7

糖鎖の構成をしていくための栄養素が取れないと細胞のアンテナ”糖鎖”は要!不要?の認識が不能になり取り込み口【トランスポーター】を大きく開けて不要物を採り入れてしまい、不健全で、不健康な細胞と化して画像のようにバクテリア・細菌そしてウィルスなどから無防備にも攻撃をうけていしまいます

通信機能が全くと言って、働かず細胞はまるでニュージェント博士曰く「毒の惑星」の様相です!既に生命維持機能を持たない細胞は外敵を防ぐ事もできず細胞内に進入を許してしまう訳です!見廻りの【必殺仕事人】マクロファージも取り逃がしてしまいます!


Photo_9

最後には細胞がドンドンと「毒の惑星」から「死の惑星」と化していく画像で終わっていきますが!実はこの動画はアメリカの医師「ウィレン」博士が作成の糖鎖プレゼンビデオ(本編45分)を4分間に省略したものです

【本編を観る方は!クリック】⇒【パート1】 

パート2

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

Photo_6


≪補足:ウィルスとは生物学上は非生物である≫

他の生物の細胞を利用して、自己を複製させることのできる微小な構造体!ウイルスは非細胞性で細胞質などは持たない。ウイルスは単独では増殖できない。他の細胞に寄生したときのみ増殖できる。ウイルスは自分自身でエネルギーを産生しない。宿主細胞の作るエネルギーを利用する・・・・・ウィキペディアより

2009

             【これがウイルス!】⇒


| | Comments (1) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

≪EHT≫・・よくある質問(Q&A) | ≪EHT≫・・・BSCG公認!WADA認可! | ≪EHT≫・・・EHTとは | ≪EHT≫・・・NFLフットボウル選手 | ≪EHT≫・・・アスリートのサプリ | ≪EHT≫・・・アルツハイマー病・認知症 | ≪EHT≫・・・シグナム・バイオサイエンス社≫ | ≪EHT≫・・・タウたんぱく質とPP2A | ≪EHT≫・・・体感・体験談 | ≪EHT≫・・・動画・You-Tube | ≪EHT≫・・・学術的な視野から | ≪EHT≫・・・最新情報 | ≪EHT≫・・第三機関による検証 | ≪EHT≫・・能書きと成分表 | ≪EHT≫・・脳内の働きを高める | ≪Nerium=ネリウム≫・・ビジネス・チャンス! | ≪Nerium=ネリウム≫・・ボーナスプラン | ≪Nerium=ネリウム≫=オプティメラ(optimera) | ≪Nerium≫・・・ネリウム ニュース | ≪Nerium≫・・・ネリウムインターナショナル社 | ≪Signum≫・・・提携&パートナー | ≪オプティメラ≫ | ≪オプティメラ≫=体感レポート | ≪オプティメラ≫=健康肌革命 | ≪オプティメラ≫=動画で真実が!(体感談) | ≪オプティメラ≫=日本上陸! | ≪オプティメラ≫=日本語ビデオ | ≪オプティメラ≫=最新情報 | ≪オプティメラ≫=洗顔法と使用法 | ≪オプティメラ≫=科学諮問委員会 | ≪オプティメラ≫=脅威の技術革新 | ≪オプティメラ≫=臨床試験 | ≪グーグル=Google≫ | ≪シグナム≫・・・SIG-1273 | ≪ネリウム≫・・・ネットによる登録方法 | ≪ミトコンドリア≫ | ≪ASEA≫=アスリート | ≪ASEA≫=カテゴリー! | ≪ASEA≫=公式ページ日本語 | ≪EHT≫・・・≪MMSEテスト&体験談≫ | ≪EHT≫・・・体験談 | ≪EHT≫・・・摂取方法 | ≪EHT≫・・・Q&A | ≪Nerium=ネリウム≫・・・登録 | 【がんと宣告されたら】 | 【がん最新情報】 | 【アスリート&栄養素】 | 【インフルエンザ・ウイルス】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【カーブドッチ】⇒【オチガビ】 | 【ダイエットかわら版】 | 【ダウン症候群】 | 【トランス脂肪酸】 | 【ドッキリ=フラッシュモブ】 | 【パンデミック=対策】 | 【パーソナル】 | 【不思議な世界・・・自然界】 | 【世界のかわら版】 | 【世界の音楽】 | 【中村天風】 | 【人気スポーツ・あれこれ】 | 【伝説のスピーチ】 | 【健康かわら版】 | 【偶然の発明・発見】 | 【再生医療・幹細胞】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医食同源】 | 【地産地消】 | 【地震情報かわら版 | 【子供を放射能から守る】 | 【宇宙のかわら版】 | 【幹細胞】【再生医療】 | 【抗酸化食品】 | 【書籍のかわら版】 | 【書籍・雑誌】 | 【最新医療】 | 【栄養と疾患】 | 【植物のチカラ】 | 【正常細胞・ガン細胞】 | 【母乳と乳児のかわら版】 | 【母乳の薬効効果】 | 【江戸のかわら版】 | 【浮世絵・春画・あぶな絵】 | 【知って得するかわら版】 | 【石原裕次郎】 | 【科学・数学】 | 【糖尿病最新情報】 | 【糖鎖・糖質栄養素】 | 【細胞】 | 【絵画・書画・骨董】 | 【肝炎】 | 【脳梗塞・・・幹細胞】 | 【自閉症・多動症のかわら版】 | 【自閉症情報】 | 【薬物乱用】 | 【認知症&アルツハイマー】 | 【資源のかわら版】 | 【過去!未来!】 | 【長寿寿命・医食延命】 | 【頭脳明晰】=頭の体操