【不思議な世界・・・自然界】

≪情報や本舗≫≪冬眠しないヒグマ≫≪世界自然遺産の知床のヒグマ≫≪知床サイクリングサポート≫≪主宰「西原重雄」≫≪茂木健一郎も彼のガイドで知床を満喫!≫

Photo

先日、フェイスブックに日本サイクリング協会(JCA)認定のサイクリング・インストラクターで、現在世界自然遺産の知床で「知床サイクリングサポート」を開業している西原 重雄さんが”ヒグマ”の冬眠をアップしていました
http://www.shiretokocycling.com/

ヒグマであれツキノワグマであれ白くまでさえ冬眠するものと思っていたので、ビックリ!最近分かったことらしい・・・ヒグマは冬眠といっても眠っているわけではなく、穴では寝起きをしていているので、冬眠というより「冬ごもり}といった感じらしい


タイミングよく海外のニュースに”冬眠しないクマ”と写真とコメントがあったので以下に


Aflo_owda170499

冬眠しないクマ - A bear lies on an artificial stone in a zoo in Warsaw March 9, 2009. Bears in the zoo in the Polish capital do not hibernate in winter. ワルシャワの動物園で人工石の上に寝そべるクマ!この動物園のクマたちは冬眠しない


チョッと調べてみた⇒野生のクマは冬に備えて秋からたくさん食べ、そして冬に冬眠するはずだが?冬眠中は物を食べたり、糞や尿を一切しないそうだ。


3

野生のクマは冬が近くなると木の実、川魚、小動物をたくさん食べ、厚い皮下脂肪をつけてから冬眠する。この皮下脂肪がクマにとっては冬眠するのにとても重要で皮下脂肪がついていなければ冬眠中に死んでしまうので冬眠はしないそうだ

活動時と冬眠時の体温の差も少なく【活動時=37~39℃、冬眠時=30~35℃】また冬眠しているときは睡眠が浅く、起きては寝るを繰り返しているらしい・・・西原さんの言うとおりだ!

Images_5

だから「冬眠」というより「クマの冬ごもり」と言われる所以なのでしょう・・・”ヒグマ”の場合、冬眠を開始する順番も繁殖の有無で差があるそうだ


冬眠が早い順に①妊娠しているヒグマ②妊娠していないヒグマ③オスのヒグマ・・・妊娠しているクマは冬眠期間中に出産し、生まれた子供に授乳を行います

Images_6

そして動物園では餌が一定なので皮下脂肪がつきません。なので冬が近づいても動物園のクマは冬眠しないのです。・・・・物あまり時代の日本!やたらむやみに物を残さず,あちらこちらにばら撒かないことが必要なのですよね

Dscn083584bdathumbnail2

昔は,そうそう人里近くには出没しなかったのは、なるほど!なるほど!・・・出されたものは一つも残さず食べましょう!茶碗に残ったご飯の一粒たりとも作った農家の方に感謝して,食べるのです


決して,侮るな・・・こんな恐ろしいヒグマがいるのだから・・・


Images_2


Continue reading "≪情報や本舗≫≪冬眠しないヒグマ≫≪世界自然遺産の知床のヒグマ≫≪知床サイクリングサポート≫≪主宰「西原重雄」≫≪茂木健一郎も彼のガイドで知床を満喫!≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ミクロの決死圏≫≪からだの中を探索!≫≪目で見て!耳で聞く!≫ 

Photo_2

ミクロの決死圏とは、1966年に公開された、SF映画史上不滅の最高傑作で、奇抜なアイデアと卓越した技術の抜群の特撮技術で体内の神秘へ挑戦するミクロの世界を描いた映画でした!

Photo_5


脳内出血を起こした要人の命を救う為ミクロ・サイズに縮小された科特殊潜航艇に乗り込みその体内に入って炎症箇所を取り除くという内容でした!

数年前に病院の検査で内視鏡検査で大腸の中を、光ファイバーカメラで胃の中をモニターで見せられた時、思わず「こりゃー~!ミクロの決死圏だ!」と叫んでいました【もちろん無言でしたが!】 映画は「血管内を血液と一緒に潜航艇が進んでいくのですが!いまや血管内で起きている事が実写で見られることで、43年ぶりに「これぞ!ミクロの決死圏」と

Photo_6

ネット検索中に”株アイカム”という会社が公開している数十秒の実写動画、そして動画アニメは将に映画の「ミクロの決死圏」?60兆個の細胞で出来ている人間の体は小宇宙とよく言われますが、「糖鎖」の働きと推定できる動画もあって”なるほど!”と頷ける!≪いくつか,動画の様子を書き込みしましたので参考までに≫

■ミクロの決死圏!【動画(実写)&動画アニメ】 ←クリック!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

≪血管編≫

Photo  【血管の収縮】

血圧が上がったり下がったりで一喜一憂している方はこの働きをご覧になって下さい!血管の内壁にはビッシリと「糖鎖」が付いている事が電子顕微鏡での画像で公開されているそうです

【肝臓の血管、膵臓の血管 】

膵臓を流れる血液壁にも糖鎖がビッシリと付いていてランゲルハンス島から分泌されるインスリン(ホルモン)を細胞内に取り込めと糖鎖の働きが作用して、トランスポーターという取り込み口からブドウ糖を取り込む!

Photo_2  【白血球が接着する】

赤血球はご存知のように栄養や酸素を体内に運んでいますが、白血球は免疫細胞で血管中を警察官や軍隊に例えれるようにパトロールしているのですが、炎症箇所や病原菌などが発生しているとブログ「・・・」で観られるように糖鎖がその箇所に白血球に知らせるべく突起して出てくると、白血球はゆっくりとクルクルと回りながら炎症を抑えるために、また病原菌を攻撃するために向かっていくのです!この事を”白血球のローリング”と言われる所以です!

【血栓】

の動画ではとても分かりやすく梗塞の原因が見られる、国民的英雄の「長嶋茂雄」氏の心臓の動脈でおきていた血栓が溶けないで、脳に届いてしまったのですね!

Photo_3  【動脈硬化】

その箇所で血管変化が起きれば梗塞が起きて仕舞うということなんですよね? 

≪CGデモ編≫

Photo_4

【CG デモ Vol.1】

何万もの受容体というのが「糖鎖」です!走査電子顕微鏡の開発で細胞生物学(含む糖鎖研究)の分野がドンドンと解明されてきているのです。ここにきて「糖鎖」の事を糖鎖研究のいくつかの大学でも「細胞のアンテナのような・・・」と言う表現をとり始めました!我々の細胞の大きさって、どれぐらか想像つきます?イメージしてください針の先に1万個!分かりにくいでしょうから一万円札が一万枚で一億円、そうです針の先に一億円が広がっているとお考え下さい
その一個一個の細胞の周りに何万もの「糖鎖」が付いているのですから”身体は小宇宙”と言われるのもよく分かります


【デモVol.2】

は【白血球が接着する】の赤血球を除いてのコンピューターグラフィックの画像

【CG デモVol.3】

腸管の内壁粘膜のじゅう毛の先にも「糖鎖=細胞のアンテナ」がビッシリと付いているのです、そこで身体にとって必要か、不必要か(栄養か、毒か)といった働きをしているのですね!毒素排泄に関わる”グルタチオン”も糖質栄養素を摂取する事で増えるという事も立証されているのですから

Single_glycoform_thumb_2

【CGデモ Vol.4】

稲の若苗のようなのが「糖鎖」でしょう!

■【ミクロの決死圏】 You-Tube  ←で見ることが出来ます

■【インナースペース】=リメイク版は「スピルバーグ」が製作総指揮を執っています
 You-Tube 

Continue reading "≪情報や本舗≫≪ミクロの決死圏≫≪からだの中を探索!≫≪目で見て!耳で聞く!≫ "

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ガンの新治療法の臨床開始!≫≪がん・白血病の最先端医療!≫

Baner


アメリカで医学校としては名門中の名門で、医学教育では世界の頂点に立つと言っても過言ではないだろうと言うジョンホプキンス大学」の2000年の報告書に、こう記されていました!

Photo【ジョン・ホプキンス大学医学部

ガンに毎年数十億ドルがその研究に費やされているにもかかわらず2004年には140万人の人々が医師に「ガンですよ!」と聞かされると言う事態が予測されます【ジョンホプキンス大学:ブログにも度々出てくるベン・カーソン医師の所属する大学病院】

ベン・カーソン医師は、タイム誌とCNNが全米中の医師らが博士を、トップ20の一人に挙げ、又1987年、博士は世界で始めてのシャム双生児の頭部接着分離手術を成功させた

博士自身も前立腺がんに罹病してしまいました・・・≪前立腺がんに打ち勝つ”7つの鍵”≫【ジョンズ・ホプキンス大学】≪糖鎖のはたらき≫【ベン・カーソン医師】

一日に1500人がガンで命を失うことになるでしょう。今日3人の内の一人は一生「ガン」と関わって2010年には二人に一人が「ガンの宣告」を受けると予測!そして、それは死の主要原因となるでしょう・・・

Photo_14← 【T細胞】

2008年も”もういくつ♪、寝るとお正月・・・♪♪”ではないですが、2010年までは秒読み段階ですよ、10月に北海道大学の西村孝司薬学教授が免疫細胞の「ヘルパーT細胞」に着目して、ガン治療の開発研究を終了して、臨床試験に入ると発表したばかりでしたが!今回、がん・白血病に細胞治療という名目で最先端の医療の扉が開きました

Photo_8最新ニュース(読売新聞■がん攻撃細胞を活性化させるワクチン(2010年8月18日)


8645_1←【北楡病院が開設した細胞培養設備】

新エネルギー・産業技術総合開発機構【NEDOの事業に採択されて、3年間で毎年最高で3億円の委託費が支払われたこともあって早々と、札幌北楡病院には機器が導入され、同病院では免疫に関する細胞治療を展開、北大の西村教授【北大遺伝子病制御研究所】ガンの細胞治療について治験を担当するそうです


【東京大学・大学院医学系研究科のウェッブサイト

Photo_13

人が本来持つ免疫システム=(自己治癒力)そのものを強化することで、がんの増殖を抑えるのが狙いで、再発防止にもつながるし、抗ガン治療の一つ、医薬品(抗ガン剤)を使わず患者の細胞を増殖させる細胞療法であれば、極めて副作用も少ないと考えられますよね

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


        【食品には副作用は無いはず!】

≪下記サイト【Science Information 】には補完栄養食品を摂ることで血中の幹細胞が増えることが書かれています!深意!真意!は分かりません?のでお確かめください!≫
Glyco Nutrients & Stem Cell Production ←原文


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪白血球≫≪糖鎖≫≪血管」の中で≫≪白血球の動画≫

Baner02


北大の薬学部「西村教授」が免疫細胞を活用した、がん治療の開発研究を完了して、臨床試験に入ると!新聞でも公表されていましたが、免疫細胞とは「白血球」のことですよね!

地球上のすべての動物で「白血球」を持たない動物はいないそうで【「赤血球」を持たない動物は多くいます(イカやタコなど)!知っていました?】

Photo

「白血球」も「赤血球」も休みことなく血管の中をめまぐるしく流れていて、特に「白血球」は炎症箇所を見つけては外部からの異物に攻撃を仕掛けたり、修復作用をしたりと、

私たちの体の中に「お医者さん=主治医」を持っているようなものですよね!

 ■流れていく白血球=この動画は下記↓

「白血球=主治医」が血管を巡回検診?(パトロール)していて炎症箇所の連絡があると血管壁をゆっくりとクルクルと回りながら【ローリング】その炎症部分まで行きつき、血管壁の細胞と細胞の間から炎症箇所に入っていくという動画がありました

【ちょうど”1分”のところから見てください】


白血球のローリング


この動画で「白血球」が炎症部分に近づいてきたときに血管壁からとび出てくるものが「細胞のアンテナ=糖鎖」なんですよ!この糖鎖の働き【アンテナの感度】が良くなければ?

どうなるでしょうね、いくら名医の「主治医=白血球」と言えども巡回検診で患者の様態の変化を見逃してしまうことにもなりかねないでしょう!


こうしたことが電子顕微鏡のもっと優れたものが研究発明されて、実像で見れるように成っててきたことで、免疫の仕組みはもちろんのこと、

Zu7

1996年に「ハーパー生科学」に初めて掲載された”糖たんぱく質”が8つの単糖【食品として摂れるように研究開発したテキサスの会社の科学者たちは”ビッグ8”と呼んでいますがが】


Stke030513s

細胞の膜から飛び出て生体活動に於いて、とても重要な働きをしていて、8つの単糖が複雑に鎖状に木の枝のように「糖たんぱく質」の先についている「糖鎖」と呼ばれるものが近年、様々な役割を担って生体活動に寄与していることが判明してきたのです


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪マクロファージ≫≪免疫応答で要!不要!≫≪京都大学医学研究科≫

02


免疫細胞が会話をしている【免疫応答】の貴重な写真です!(日経サイエンスー2006年より)                               

Photo_66【画面をクリックで拡大】


この画像の解説】・・・・日経サイエンスの本には(写真の左に見えていない)もう一個の【細胞】があって右の細胞【B細胞】が左端にわずかに見えてりる【細胞】を攻撃して破壊しようとしている中央の殺し屋細胞【ナチュラル・キラー細胞】に、【その細胞】は⇒健康で正常細胞だから破壊すべきではないことを知らせているという画像です!   

【細胞間コミュニケーションの伝達が誤った為の!危機一髪のところでしたね、どちらかの細胞のアンテナ=糖鎖が活性化していないと、このようなことが起きてしまいます・・・・情報や本舗】

Mv_01_2

■■■マクロファージ【免疫細胞リンパ球】が異物(ココでは食胞)を食べている映像ですが、バクテリアや細菌もちろんがん細胞も食べます 【動画のスタート】                                                                                                                                                    


Cover_nature12

前記事の「免疫応答の・・・・と免疫細胞の動画!」の最後の「動画で■B細胞が病原体を発見すると食べて、ヘルパーT細胞に報告→「抗体」を作りだし、病原体を直接攻撃して、その残骸をマクロファージが食べつくす【マクロファージが大食細胞といわれる所以です】と!このメカニズムを京都大学の医学研究科のチームが解明・・・

体内の”大食細胞”“掃除屋”細胞と言われる「マクロファージ」が不要になった細胞を取り除くさい、アレルギーなど免疫にかかわるたんぱく質がセンサーのように要!不要!を見分けていることを、京都大医学研究科の長田教授らが突き止めた


4

【体内の重要なタンパク質すべてに「糖鎖」が付いているのですから、細胞のアンテナ「糖鎖」の働きでは?】

Naturegorira

ぜんそくやアレルギー、アトピーなど自己免疫疾患の解明や治療法の開発に役立つ成果という。25日付の英科学誌ネイチャーに発表しました

                                                                                                                  Photo

【このことも2001年の読売新聞の記事≪ガン・アトピー・じん不全・・・・発病に関与≫それ以来多くのマスメディアで掲載されています!】


Photo

古くなり不要になった細胞が死ぬと、有害な物質が放たれて周囲に炎症が起きないように、マクロファージが細胞を丸ごと取り込んで分解する。死んだ細胞の表面にリン脂質の物質が現れるが、マクロファージがどのように目印を見分けるかは未解明の部分が多かった【菌を食べるマクロファージ!】 ⇒【動画】

【この目印=糖タンパク質の先にも糖脂質の先にも糖鎖がついていてこの目印で病原体(細菌・バクテリア・ウィルスなど)血液中を追い掛け回す「マクロファージ」の画像⇒≪コレだつ↓≫

まるで鬼ごっこ?=動画

Photo_2

マクロファージの表面にあり、この目印と結合するたんぱく質を探したところ、免疫にかかわる「Tim1」と「Tim4」が当てはまると判明。これらを抗体で働けなくすると、マクロファージは細胞を取り込めなくなり、Timたんぱく質が死細胞を取り除くために必要だと分かった。

研究グループの大阪大医学系研究科、内山安男教授は「マクロファージがうまく掃除できないことと、自己免疫疾患など免疫の病気が関係すると分かった。治療法を考えるうえで重要な発見だ」と話している。

Agesburogu2011年、理化学研究所(野依良治理事長)は、がんの死細胞を貪食し、がん免疫を活性化する新しいマクロファージを発見し、このマクロファージを効率的に活性化することによって、がん免疫を誘導する新しい免疫治療への応用に期待がもたれている【記事をもっと読む!】


■【 】での書き込みは、すべて情報や本舗でニュースソースとは違います

[毎日新聞 / 2007年10月25日] http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071025-00000008-mai-soci

004

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪世界時計とは?≫≪地球環境!≫≪蔓延する疾病!≫≪秒刻みで≫

Ajmn1tz

昨年(2007年10月)「ロイター通信」に記事掲載されライブドアニュースでも紹介された”Death Clock 死の時計】”
データを入力するとあなたが天に召されるその年その日その時間!画面で刻々と秒読みを始めると言う「死の告知時計」でした!
Aaaphoto_6


今回はWorld Clockという「地球の死?カウントダウン時計」・・・世界の現在人口を刻み・現在ガンに罹病・糖尿病・自己免疫疾患・心臓病・など多くの病気に罹病した世界での員数をそして交通事故・溺死・自殺など!

Photo_7


数日前のテレビ報道番組で一秒間に地球上から「森林」が消失していると!そうです「あ~っと・・」言葉を発する間にテニスコート10面から20面の 「森」が消えていると言うことらしいです?(日経ビジネス)


 【地球の死?カウントダウン時計】・・・日本語バージョン⇒
36t_rou_sha


上の世界時計!コチラをクリック!⇒World Clock(日本語)「警告・警鐘の時計」なのか、秒を刻んでいますよ

秒読みで失われていく「森林消失」「動植物の種の絶滅」「ポンプで吸い上げられる地球資源(オイル)」等と全てを年間で月で日で、そして秒より短い「今ーNow!」で

Aaaphoto_4

”地球の体温”?など知りませんでしたが、時計はめまぐるしく数値を刻んでいます!こちらはたった今の”世界人口”生命の誕生・生命の終焉でのプラス&マイナスの凄い数字の勢いでの表示が


Moneymbs

英語圏にない私も含め、アルファベットに弱いからといって、この世界時計を観ても???ではしょうがないでしょう
≪訳してましたが、間違いはご自信で訂正して下さい≫

noncommuicable diseases 細胞間の不通による疾患

meningitis 髄膜炎 cardiovascular diseases 心血管疾患 tropical cluster disease s熱帯集団病 cancer  ガン hepatitis 肝炎 respiratory diseases 呼吸器疾患 dengue デング熱 digestive diseases 消化病気 STD/HIV/AIDS エイズ感染 psychiatric conditions精神医学的な状況 diarrhoeal diseases 下痢症 diabetes 糖尿病 TB TB病 endocrine disorders 内分泌の障害  childhood cluster diseases 小児期集団病 other noncommuicable 自己免疫性疾患 malaria マラリア  leprosy ハンセン病 other infectious diseases  他の伝染病  

njuries 怪我

traffic accidents 交通事故  folls  落下事故 drownings 溺死 poisonings 中毒 other accident 他の自己  fires 火事  suicide 自殺 violence 暴力 war 戦争

囲み枠外左

Abortions 妊娠中絶 Hiv infections Hiv感染症  Cancer incidence ガン発生率 marriages 結婚 divorces離婚  US prison population米刑務所内の受刑者 US illegal immigrant pop 米国の不法入国者ポップ

囲み枠外右

earth temp species extinct 絶滅していく動植物種 forest lost 失われゆく森  oil pumped ポンプで揚げられる油 cars produced 車の生産台数 bicycles produced オートバイク生産台数 computers produced コンピューターの生産台数

Earthtram


| | Comments (0) | TrackBack (1)

≪情報や本舗≫≪天空におきた神のなせる業?≫

Baneranc1ox

フジテレビの早朝5:22のニュース・トピックス?で友人から送られてきた”凄い写真!”沖縄で撮影したらしく


232

この写真を7人の人に送ると幸せが訪れると?この写真見覚えどころか!一昨年「乳ガン」に罹病した事を告白された宮崎ますみさんのブログに公開されていた写真なのです

250pxhands_of_god_and_adamアダムの創造』=父なる神の手がアダムに生命を吹き込む

どこかの誰かがあまりにも天の神の手のごとくの雲を「幸せの写真」におきかえてしまったのでしょうね!確かに私も、これを見た瞬間にシスティーナ礼拝堂(Cappella Sistina-バチカン宮殿内に建てられた礼拝堂)全能の父なる「神の手」によりて生命が吹き込まれる天井図

Images

とダブってしまいましたよ?将に偶然なのか?仕組んだのか将に「神の手!」ですよね


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Photoやはり置き換えられていたようです・・・この「神の手」の写真については、朝日新聞社が発行する週刊誌「アエラ」で『神の手雲』と題して取り上げられていました!

Img_2912


≪雲の画像は加工して神秘的な画像にした写真だったのですね≫週刊誌「アエラ」の記事には、経緯とその画像の正体を暴いていて、この画像が「本物」として独り歩きし、都市伝説化してしまったとも書いています⇒【補足:都市伝説とは近代に広がる伝説の一種で、古くからの民話と同じように、大真面目に語られ、口から口へと広がっていく。伝説形成にあたっては「本当のこと」として語られることが多いとウィキペディアに解説されています】

■□【元写真が公開されていました!】⇒≪その画像写真

1190453971_2人間が食べたものを最終で排出する部分⇒黄門様とも言う、その黄門様を大きく広げる努力をしている写真であると!つまり、真ん中の太陽の光ってる部分は広げられた黄門様!

Kaminote01

この写真も真偽は?定かではない・・・都市伝説にするも、しない(市内?)もあなた次第では≪レントゲン写真ではない≫


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪会話をする細胞!≫≪免疫細胞≫

Saibou_denntatu_1免疫細胞が会話をしている貴重な写真です!【電子顕微鏡での】

この電子顕微鏡写真の解説を、実はこの写真に写っている2つの免疫細胞の左(ナチュラルキラー細胞)の左側にもう一つある細胞が本誌【日経サイエンス】には写っているのです!その想定を頭に描いて聴いてください。
ニューロンシナプスを介して情報交換をするように、免疫細胞も『免疫シナプス』を作ってやりとりをする、その様子がこの公開写真から・・・・・【くっついて情報交換)】 2つの免疫細胞が情報交換をしているところ!

Cover_nature1

右の細胞と中央の細胞の接触点(シナプス)にたんぱく質(黄色)が集まっており、右の細胞(B細胞)が中央のNK細胞(ナチュラルキラー細胞)に一番左にある細胞が(この写真には見えていない)、健康で正常細胞だから破壊すべきではないことを知らせているという、3次元画像なのです!このやりとりがない場合、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)は酸性の細胞小器官(赤色)を接触点(シナプス)に差し向け、毒液(細胞に孔を開けるパーフォリンとグランザイムという標的細胞の破壊させる酵素)を注入して相手の細胞を殺す                            【日経サイエンス06’5月号】
■補足■ 黄色のたんぱく質の先に細胞のアンテナ”糖鎖”がついていて、会話(情報伝達)をしているのです!上記のやりとりが無くNK細胞が正常細胞を攻撃(殺す)してしまうことが自己免疫性疾患を引き起こすのでね

Photo


【画像をクリックで拡大します】
【糖鎖は細胞の「言葉=ことば」】 もっと分かりやすく言いますと、人間の身体は60兆個の細胞が情報伝達をし合う"細胞間コミュニケーション=会話”によって機能しています「ことば」を使ってね!・・・

8sugars

この”ことば”の役割を担う「糖鎖」は近年の生化学上の大発見によって8種類の「糖」で構成されることが解明されています!「細胞間コミュニケーション」が最大限に効果的に行われる時、60兆個の細胞は最適な状態で機能し、健康な身体が維持でいきるのです!その「糖鎖」を適正に働かせる栄養素とは?・・・・

Aq2

もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←クリック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪天空におきた神のなせる業なのか?≫≪必見の映像二つ「神の手」と「神の子に差しのべられた手」!≫

システィーナ礼拝堂(Cappella Sistina-バチカン宮殿内に建てられた礼拝堂)ミケランジェロが描いた創世記などの大天井画、最後の審判の壁画で有名ですよね!そして「天地創造」の絵画の中の「神の手!」が天空に突如現れたとしたら
Miche_000


天空に起きた、神のなせる業なのか!それ本の偶然なのか!はたまた人の為せる業なのか?ご覧になりたい方は・・・・
Aaaaa

【上記写真の出処】

【昨年「乳ガン」に罹病した事を告白された宮崎ますみさんのブログに公開されていました】・・・(2006年8月のこと)

_news333そしてもうひとつは、モーゼが出エジプトでイスラエルの地に向かう途中!映画「十戒」でお馴染みの突然海が割れるシーンを覚えていますよね!それがこの写真映像を見てください・・・

入道雲の上に青空が広がり、その上にまた入道雲が?将に天空での「十戒」の再現ではと?こちらも「神の手」がなせる業なのか・・・・・・不思議!不思議!・・・・不思議発見

入道さまの上に青空・・その上にまた入道さま?
入道さまの上に青空・・その上にまた入道さま?

「神の手」が彼女に「救いの手」となってガンの進行を抑えてくれるのではと!念じています!「クリッとした目をして、意外と茶目っ気たっぷりなキュートな宮崎さんのブログ書き込みをそのまま抜粋現況報告です・・・

Babyallergy


以下に≪ホルモン治療中ですので、自己判断で植物ステロール=ヤムイモは避けています。やはりなんと言っても基本は糖鎖の栄養補完ですよね。玄米菜食を補う形で、植物由来の総合ビタミン・ミネラルや世界最強と言われる抗酸化剤も飲んでいます≫

Photo_16

「…人間の体は、それを構成している一つ一つの細胞が正常なバランスを取っていれば病気にならない。また、細胞を正常に働けるようにしてやれば、病気は治る。 細胞に栄養を与えることが、これからの新しい医学である。」

「…病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の修復能力である。それを のに最も大切なものは、食べ物に含まれる栄養素である…」

【ところで、ココまで読んでいただいた方には、種明かしです!】

Aaaa3■合成写真だったのですね!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

≪EHT≫・・よくある質問(Q&A) | ≪EHT≫・・・BSCG公認!WADA認可! | ≪EHT≫・・・EHTとは | ≪EHT≫・・・NFLフットボウル選手 | ≪EHT≫・・・アスリートのサプリ | ≪EHT≫・・・シグナム・バイオサイエンス社≫ | ≪EHT≫・・・タウたんぱく質とPP2A | ≪EHT≫・・・体感・体験談 | ≪EHT≫・・・動画・You-Tube | ≪EHT≫・・・学術的な視野から | ≪EHT≫・・第三機関による検証 | ≪EHT≫・・能書きと成分表 | ≪EHT≫・・脳内の働きを高める | ≪Nerium=ネリウム≫・・ビジネス・チャンス! | ≪Nerium=ネリウム≫・・ボーナスプラン | ≪Nerium=ネリウム≫=オプティメラ(optimera) | ≪Nerium≫・・・ネリウムインターナショナル社 | ≪Signum≫・・・提携&パートナー | ≪オプティメラ≫ | ≪オプティメラ≫=体感レポート | ≪オプティメラ≫=健康肌革命 | ≪オプティメラ≫=動画で真実が!(体感談) | ≪オプティメラ≫=日本上陸! | ≪オプティメラ≫=日本語ビデオ | ≪オプティメラ≫=最新情報 | ≪オプティメラ≫=洗顔法と使用法 | ≪オプティメラ≫=科学諮問委員会 | ≪オプティメラ≫=脅威の技術革新 | ≪オプティメラ≫=臨床試験 | ≪グーグル=Google≫ | ≪ミトコンドリア≫ | ≪ASEA≫=アスリート | ≪ASEA≫=カテゴリー! | ≪ASEA≫=公式ページ日本語 | 【がんと宣告されたら】 | 【がん最新情報】 | 【アスリート&栄養素】 | 【インフルエンザ・ウイルス】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【カーブドッチ】⇒【オチガビ】 | 【ダイエットかわら版】 | 【ダウン症候群】 | 【トランス脂肪酸】 | 【ドッキリ=フラッシュモブ】 | 【パンデミック=対策】 | 【不思議な世界・・・自然界】 | 【世界のかわら版】 | 【世界の音楽】 | 【中村天風】 | 【人気スポーツ・あれこれ】 | 【伝説のスピーチ】 | 【健康かわら版】 | 【偶然の発明・発見】 | 【再生医療・幹細胞】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医食同源】 | 【地産地消】 | 【地震情報かわら版 | 【子供を放射能から守る】 | 【宇宙のかわら版】 | 【幹細胞】【再生医療】 | 【抗酸化食品】 | 【書籍のかわら版】 | 【書籍・雑誌】 | 【最新医療】 | 【栄養と疾患】 | 【植物のチカラ】 | 【正常細胞・ガン細胞】 | 【母乳と乳児のかわら版】 | 【母乳の薬効効果】 | 【江戸のかわら版】 | 【浮世絵・春画・あぶな絵】 | 【知って得するかわら版】 | 【石原裕次郎】 | 【科学・数学】 | 【糖尿病最新情報】 | 【糖鎖・糖質栄養素】 | 【細胞】 | 【絵画・書画・骨董】 | 【肝炎】 | 【脳梗塞・・・幹細胞】 | 【自閉症・多動症のかわら版】 | 【自閉症情報】 | 【薬物乱用】 | 【認知症&アルツハイマー】 | 【資源のかわら版】 | 【過去!未来!】 | 【長寿寿命・医食延命】 | 【頭脳明晰】=頭の体操