【科学・数学】

≪情報や本舗≫≪プレートテクトニクスをアニメ動画で!≫≪木村学地質学者≫≪JAMSTEC(海洋研究開発機構)≫

Photo_3

テクトニクス、構造地質学の学者「木村 学」さんが、フェイスブックでJAMSTEC(海洋研究開発機構)投稿を、これは素晴らしいアニメ! で、これまで見たものの中で最も優れていると思うとシェアしていました

同郷で、高校の同窓で、共通の知人を持つことからフェイスブックを閲覧していることから、難しいお話も興味があると読んでみる。ここ数年の日本での飛び石?とはいえ縦断の大きな地震!・・・何かある?


Images_21_2【木村学:著】

木村学さん「日本列島バージョンも欲しいな・・・でも議論噴出でしょう・・・このビデオもどの部分にどのような議論があるかを展開すると、更に素晴らしい教材になるでしょう」と・・・FBのコメントでした
_______________________________

JAMSTEC(海洋研究開発機構)

【地学をもう一度学んでみようかな~というみなさんへ】「プレートテクトニクスの基礎」アニメーション動画


 
テキサス大学が制作した動画「Plate Tectonic Basics1:Creation and Destruction of Oceanic Lithosphere」は、プレートテクトニクスの最も重要な2つのプロセスである、

拡大海嶺で起こる「プレートの生成」と、沈み込み帯で起こる「プレートの破壊」について、詳細なアニメーションで説明しています。

6
 
私たちの暮らす地球の表層部分は、地殻とマントルの最上部からなる深さ約100km程度までの硬い岩盤で覆われており、それが中央海嶺、海溝などにより、十数個程度のブロックに分けられています。このブロックをプレートと呼んでいます。


Photo_2

各プレートは内部で変形や破壊を受けず相互に運動しており、このプレート運動により、大陸移動、海洋底拡大のような大規模な地球の表層活動が生じます。また、プレート同士の相互作用により、その境界で地震・火山活動などが発生しています。
 
このような地球表層のさまざまな地質現象を統合的に説明するモデルが1960年代に確立された「プレートテクトニクス」です。

【JAMSTEC(海洋研究開発機構)】のコメントより
 Images


Continue reading "≪情報や本舗≫≪プレートテクトニクスをアニメ動画で!≫≪木村学地質学者≫≪JAMSTEC(海洋研究開発機構)≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪PDR≫≪米国医師用卓上参考書≫

Age6_3Agespdr_2Age6

「米国医師用卓上参考書」と訳され、医療関係者(米国の医師や薬剤師等)が半世紀も前から、最新の非処方箋薬品と栄養補助食品に関する情報を解説している書籍!

Images_11

PDRは68年前から処方薬に関する権威筋であり、事実上、すべての医療、薬局、診療所および図書館で見つけることができる。

最も新しい情報が掲載され、広く認知され、評判の高い医学的参考文献であるPDRは、警告、予防処置、薬物相互作用、および何百ものフルカラーの画像を含んだ完全な食品医薬品局(PDR)承認薬のラベル情報を載せている。

PDR中のすべてのラベルには、投与量、副作用、および安全に関する情報が含まれている。

Agesburogu

毎年、約50万冊のPDR誌が米国内の開業医や薬剤師に配布されており、そのほか歯科医、看護師、獣医師、病院や図書館などを含む他の医療専門家がこの本を購入している。

総配布数は優に100万冊越える部数となっている


Ajonryh


【赤い表紙のPDR】⇒”繁用処方箋(病院が患者のために提供する薬)の適応、用法、用量、禁忌、副作用などを3000ページ以上にわたって解説している書籍です!米国における全ての医師のデスク・オフィス・病院、そして薬局などに置かれて参照しています


Axner23

【青い表紙のPDR】⇒一般の人も利用するので、安全が保証され、広く使用されている非処方箋薬品と栄養補助食品のリストを掲載しています。PDRは包括的な研究結果を記載することはありませんが、それぞれの製品欄に関連のある製品に関して行われた実験、臨床研究、適応、用法、用量、副作用などを3.000頁以上に亘って詳しく解説した書籍です。


PDRは毎年更新され、特にサプリメントはその内容と効果を立証するデータを提出し、FDAの監修をうけて研究結果等の信憑性などが厳しく判定されて掲載されているのです≪時代の流れか!今やコンパクトディスクに≫


Photo60年以上にわたりサービスされている米国のDrug Labelの収載集のPDR(Physicians' Desk Reference)が4万以上のDrug Labelを収載し、過去5年のDrug Labelをバージョン毎に閲覧可能ということをインターネットで実現したそうですよ

http://www.pohly.com/books/pdr.html

51jbynodjnlなか見!検索

赤いハードカバーのPDRが最新の非処方箋薬品の本で、青いハードカバーの本は栄養補助食品に関する掲載
2011年の検索ではハーブに関するPDRも登場していた!100本以上の植物に関する研究論文 - ほぼ700を超えるハーブの情報、そして安全性と有効性に関する広範囲の新しい研究データ

Photo_3

≪前にハリウッド映画で主役のFBI?CIA?の捜査官が事件に使われたと思える薬物を調べるのに病院で赤いカバーのPDRを紐解いているワンシーンを思い出しましたよ・・・≫

Fda

「PDR」は毎年更新され、健康補助食品はその内容と効果を立証するデータを提出し、FDA(米国食品薬品局⇒日本の厚生労働省のような)の監修の上、研究結果等の信憑性などが厳しく判定されて掲載されています!

Logo

ですから、この「PDR」に掲載されるということは優れていることを意味しているのです!ましてや赤い方のPDRに健康食品が掲載されるとなると薬効効果が認められていることになりません?ファーマネックス社というハーブ製品が以前5・6点掲載されていました

111909_chrome

安全が保証され、広く使用されている非処方箋薬品と栄養補助食品のリストを掲載しているのは「PDR」を一般の人も利用するのからで、「PDR」には包括的な研究結果を記載することはありませんが、それぞれの製品欄に関連のある製品に関して行われた実験、臨床研究、適応、用法、用量、副作用などを詳しく解説している最新のデータベースによる医薬情報を収めている書籍でもあります


4phys

Continue reading "≪情報や本舗≫≪PDR≫≪米国医師用卓上参考書≫"

| | Comments (14) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪国立衛生研究所(NIH)とは?≫

Nih
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

NIH【国立衛生研究所】の年間予算140億ドル(1兆7千億円)はかなり古いデータでしたので改正しますスクリプス研究所とNIH【国立衛生研究所】で書き込みをしたのですが≪日本の厚生労働省に相当する・・・・かなりのスケール違いは兎も角?≫


Dsc00001


2008 年度では、294 億5,700 万ドルである。1ドル=109 円で換算すると約3 兆2,100 億円となる。我が国の科学技術予算は2008 年度の要求ベースで約3 兆5,7000 億円(そのうちライフサイエンス関係は約3,300 億円)であり

Money100_bills

NIH一機関のみの予算額が我が国全体の科学技術予算の約9 割に匹敵することになるのですから、とんでもない数字なのです ≪2012年3月更新しましたが⇒1ドル現在 77円!≫

■2010年度の予算額が【NEDO海外レポート】にありました

Download_pdf国立衛生研究所 NIH2010会計年度予算(米国)

Booknih

ところでこの化け物のような【失礼!】アメリカのNIH(国立衛生研究所とは?今から百年ほど前、アメリカにはナショナルと名のつく国営の医学研究所というものが一つもなく【ヨーロッパには国が支援して医学生命研究所等が沢山あった!世界的に大問題の感染症など成果をもたらしていた】

      【2012年にロゴをリニューアル!それがコレだッ・・・】
200pxnih_master_logo_vertical_2colo


1930年代にある実業家がアメリカ政府に5万4千坪という広大な土地を寄付したのです(スケールが違うのですね?)政府は研究所がないことに気付き8棟の研究所を建てて、研究者に好きな研究に没頭してよいと!

Nih

それが今日、36万坪のキャンパスに60棟のビルが並ぶ国立医学衛生研究所なのです!従業員1万9千人で医師、研究職員が5.000人、所外異国からの留学生3,000人で日本から留学生研究者だけでもは400人はいるそうです

Bibbia06

右上の「アメリカNIHの生命科学戦略」著者は掛札堅氏で、1967年にNIHの主任研究員となられ、長年にわたって米国の医学・バイオ研究の中心に位置する国立衛生研究所(NIH)で研究を続けられていました。その歴史、特殊な機能、学術成果など、世界最大の医学生物学研究機関になった経緯を解説しています

Nih2■広大なNIHの敷地内

NIHは、非常にユニークな機関で、それは研究の質の高さについてだけではない同研究所は、米国内外の研究者に対して国の研究費を配分する役割を担っているのですね【NIHの年間予算は270億ドル(約3兆円)】そのうちNIHの所内で使われるのは10%から15%!75%は多くの研究所のために支出されている

Photo_19

NIHの職員のほとんどが博士号を持っているという。事務方といえども研究者の視点を強く持った人たちが国の研究費を配分して世界中の医学・生命科学の研究をサポートしている!米国立衛生研究所が次々に送り出すノーベル賞級の発明・発見があるからこそ、アメリカNIHは、この半世紀になんと”112人のノーベル賞学者”を輩出しているのです       ≪是非、本の購読をお勧めします≫


Photo_15■【米国国立衛生研究所=(NIH)】の役割がとっても分かりやすい≪ウェッブサイト


所内活動はNIH以外の大学などでおこなわれている研究活動とほとんど変わりがなく、違いは、NIH研究者はNIHグラントの申請ができないということ?すなわち、各研究部・各課・各個人に与えられた予算で研究活動が支えられているので所内活動で得られた、新発見、新開発されたものはすべてNIHの財産となります。

Moneybss

特許も発見者の名前も形式的なものにとどまり、業績から得られた収益は研究費、旅費などの追加予算に使われて、発見者の手に多額の現金が手渡されることは全くないそうです!

Usa

日本では文科省が大学・研究所を厚労省が国立病院などの機関を通じて医学、生命科学の研究・教育・医療を独自に行っている【いわゆる縦割り制度ーこの仕組みを変えることは難しいでしょう?】


これに対してアメリカでは厚生労働省に相当する「HHS」に3つの国立総合機関があり、新薬・食品・新治療法の検定、認可などを行う「FDA」!

9784166600700

流行病などが起ると対策にあたる重要な機関である「CDC」!そして第三の最も大きな機関が「NIH」名のです、医学・生命医学の基礎的研究と、米国内外で行われている研究・教育に連邦政府からの研究資金支援をを行っているのが「国立衛生研究所の実態です

     
【一部・・ガン遺伝子を追いつめるから抜粋】


Aaaaa右の書籍=「ガン遺伝子を追いつめる」(著者掛札 堅の免疫細胞の働きが、いかにがん細胞を攻撃してヒトの身体を守りきっているのかが!とても理解しやすくかかれてあります⇒是非、本の購読をお勧めします=文藝春秋より出版=

Ages

スクリプス研究所である栄養素の研究発表が基礎科学部門で最優秀賞!そしてアロエベラの研究では免疫促進性ということは免疫を高めるという研究では準最優秀賞といずれはこのNIHでの研究発表も待たれることですね!忠臣蔵ではないですが、「明日、待たれるその宝船!」(宝井其角と、大高源吾の連歌)の心境です

1004


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪スクリプス研究所≫≪NIH【国立衛生研究所】≫≪ノーベル賞受賞者≫

_news333スクリプス研究所の凄いニュース(iPS細胞の・・・!)


0123

                 


スクリプス研究所というのは世界で最も成功を収めた研究所です!1989年に化学科が出来て13年目にノーベル化学賞受賞者を2 年連続で輩出していること!

Photo_21

シャープレス教授が2001年度のノーベル化学賞受賞、翌02年度も化学科教授のビュートリッヒ博士が、同賞を受賞しています、


また世界で最も多くの論文が引用されている化学者上位15 人のうち3 人が在籍している【ノーベル賞受賞者がずらりの教授陣というビックリ仰天の研究所なんです?】

Logo_news3332011年!スクリプス研究所は、免疫のボイトラー博士がToll-like receptorの研究でノーベル賞を受賞し、これで計4人のノーベル賞学者を輩出するという名門研究所の名を高めています

私立の研究所ということにも驚きを!国立の「NIH」は別格として私立としては世界最大の総合研究所であろう、教授陣が288人・ポスドク【ポストドクター】が755人・大学院生230人・そして職員の数1,500人!

Aascripps_la_jolla【スクリプス研究所の前が最終18番ロングホール】


スクリプス研究所の近辺にはUSDAやソーク研究所もあり、医学生物学の世界的な研究拠点ともいえる、またゴルフファンにはよく知られる「トーレイパインズ・ゴルフクラブ」が隣接と言うよりスクリプスの庭のようなもの!あのタイガーウッズが相性一番のコースとしても有名である・・・・・


Banner_nimh_3

【国立のNIHはスクリプス研究所の年間運営費3億ドル(330億円)の半分を拠出しているのです!】

Money100_bills

ちなみにNIH【国立衛生研究所の年間予算140億ドル(1兆7千億円)従業員19.000名の内4.500名は学位を持った研究者と管理職員と世界でも比類ない研究所なんです
【日本からも留学生が400人を超えて在籍しています】


Photo_5

スクリプス研究所に話は戻して、この研究所の基礎理念は例えば、ある疾患の治療法開発のために,分子生物学者,薬理学者,コンピュータ化学者,構造生物学者からなるグループをつくった.多様な分野の研究者が協力することで,多角的に病態プロセスを分子レベルで解明することを目指したことが思想背景にあり、こうしたことが成功を収めた理由なのでしょう
Img20070123


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo

アクスフォード博士のネット検索で遭遇したのが、今年一月にカリフォルニア州サンディエゴで開催されたスクリプス第5回年次ナチュラル・サプリメント・カンファレンス【Scripps 5th Annual Natural Supplements AnEvidence-Based Update】のプログラム!そのプログラムのメディカル・ボードにはアクスフォード博士が掲載されていました【3ページ目の7番目!】

このような驚くべき研究所の2004年から始まった年次会議において、8つの糖が摂り入れられる(多糖類=アンブロトース・コンプレックスを腸内細菌が分解する能力を持っているという研究に対して第一位そして腸内フローラ【お花畑に例えられる腸内細菌群】の中でもアロエベラ・ジェルに含まれる高分子成分を利用する能力に大きな差があるという研究に対して第二位を受賞したことは本当に素晴らしい研究だったわけです!


Photo_2



| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ハイテク界を牛耳る≫≪MITのテクノロジー!≫

Photo_8thumb

_news_2ノーベル賞を60人から超えて輩出している大学と言えば⇒マサチューセッツ工科大学(MIT)

1281680205

マサチューセッツ工科大学(MIT)が発行する『Technology Review』誌(2003年2月号)において

”グライコミクス”は「世界を変える10大テクノロジー」の一つに挙げられた【グライコミクス(糖鎖生物学、糖鎖工学を研究=糖鎖解析) 】ことはブログでも以前に書き込みしていますが、


最近 ”You Tube”でMITを検索したところ、こんな動画が!先ずはご覧あれ「MIT スケッチング」・・・スケッチといっても、なんとスケッチした画像が【さすが、60人を超えて、ノーベル賞受賞者を排出しているマサチューセッツ工科大でないと出来ない技ですね!】

 
Photo_2 下記アドレスからもこの不可思議な映像が

http://www.youtube.com/watch?v=NZNTgglPbUA

Mit_sketching

まさにハイテクでしょう!なぜならマサチューセッツ工科大学の機関誌「テクノロジーレビュー」誌にはこのように掲載されたのです!


Photo_2


(糖鎖科学) は、リューマチ性関節炎から癌細胞の転移にいたるまで、さまざまな健康問題に効果をもたらすと考えられる・・・

糖科学がもたらす知的興奮は、これまで見過ごされることの多かった糖が、身体のなかで枢要な役割を果たしていることが判明してきたことにある。

Photo_3

・・・その医学的な可能性は・・・まったくはかり知れない。・・・ここ2、30年間徐々にではあるが、研究者たちによって、糖のもつ機能の一端があきらかになってきている。(Technology Review, MIT, Feb 2003)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

≪EHT≫・・よくある質問(Q&A) | ≪EHT≫・・・BSCG公認!WADA認可! | ≪EHT≫・・・EHTとは | ≪EHT≫・・・NFLフットボウル選手 | ≪EHT≫・・・アスリートのサプリ | ≪EHT≫・・・アルツハイマー病・認知症 | ≪EHT≫・・・シグナム・バイオサイエンス社≫ | ≪EHT≫・・・タウたんぱく質とPP2A | ≪EHT≫・・・体感・体験談 | ≪EHT≫・・・動画・You-Tube | ≪EHT≫・・・学術的な視野から | ≪EHT≫・・第三機関による検証 | ≪EHT≫・・能書きと成分表 | ≪EHT≫・・脳内の働きを高める | ≪Nerium=ネリウム≫・・ビジネス・チャンス! | ≪Nerium=ネリウム≫・・ボーナスプラン | ≪Nerium=ネリウム≫=オプティメラ(optimera) | ≪Nerium≫・・・ネリウムインターナショナル社 | ≪Signum≫・・・提携&パートナー | ≪オプティメラ≫ | ≪オプティメラ≫=体感レポート | ≪オプティメラ≫=健康肌革命 | ≪オプティメラ≫=動画で真実が!(体感談) | ≪オプティメラ≫=日本上陸! | ≪オプティメラ≫=日本語ビデオ | ≪オプティメラ≫=最新情報 | ≪オプティメラ≫=洗顔法と使用法 | ≪オプティメラ≫=科学諮問委員会 | ≪オプティメラ≫=脅威の技術革新 | ≪オプティメラ≫=臨床試験 | ≪グーグル=Google≫ | ≪ミトコンドリア≫ | ≪ASEA≫=アスリート | ≪ASEA≫=カテゴリー! | ≪ASEA≫=公式ページ日本語 | ≪EHT≫・・・≪MMSEテスト&体験談≫ | ≪EHT≫・・・体験談 | ≪EHT≫・・・摂取方法 | ≪EHT≫・・・Q&A | ≪Nerium=ネリウム≫・・・登録 | 【がんと宣告されたら】 | 【がん最新情報】 | 【アスリート&栄養素】 | 【インフルエンザ・ウイルス】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【カーブドッチ】⇒【オチガビ】 | 【ダイエットかわら版】 | 【ダウン症候群】 | 【トランス脂肪酸】 | 【ドッキリ=フラッシュモブ】 | 【パンデミック=対策】 | 【パーソナル】 | 【不思議な世界・・・自然界】 | 【世界のかわら版】 | 【世界の音楽】 | 【中村天風】 | 【人気スポーツ・あれこれ】 | 【伝説のスピーチ】 | 【健康かわら版】 | 【偶然の発明・発見】 | 【再生医療・幹細胞】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医食同源】 | 【地産地消】 | 【地震情報かわら版 | 【子供を放射能から守る】 | 【宇宙のかわら版】 | 【幹細胞】【再生医療】 | 【抗酸化食品】 | 【書籍のかわら版】 | 【書籍・雑誌】 | 【最新医療】 | 【栄養と疾患】 | 【植物のチカラ】 | 【正常細胞・ガン細胞】 | 【母乳と乳児のかわら版】 | 【母乳の薬効効果】 | 【江戸のかわら版】 | 【浮世絵・春画・あぶな絵】 | 【知って得するかわら版】 | 【石原裕次郎】 | 【科学・数学】 | 【糖尿病最新情報】 | 【糖鎖・糖質栄養素】 | 【細胞】 | 【絵画・書画・骨董】 | 【肝炎】 | 【脳梗塞・・・幹細胞】 | 【自閉症・多動症のかわら版】 | 【自閉症情報】 | 【薬物乱用】 | 【認知症&アルツハイマー】 | 【資源のかわら版】 | 【過去!未来!】 | 【長寿寿命・医食延命】 | 【頭脳明晰】=頭の体操