【医学・医療】

≪情報や本舗≫≪がん治療最前線≫≪北大医学部≫≪“がん治療革命”が始まった≫≪NHKスペシャル≫

Images_19

11月20日(日)NHKスペシャル午後9:00(50分)で、北大医学部が、がん細胞の遺伝子を解析し速やかに適切な薬を投与するという「プレシジョン・メディシン(精密医療)」が始まるドキュメンタリー番組のようだ


Photo放映前ですので、参考に”サイエンスゼロ”の映像を・・・ここの書き込みとは別のことです!

日本では去年、国立がん研究センター東病院など全国200以上の病院と10数社の製薬会社によって「SCRUM-Japan(スクラム・ジャパン)」と呼ばれるプレシジョン・メディシンのプロジェクトが始動していた

そのプロジェクトとは、進行した肺がんと大腸がんを中心に、がん細胞がもつ遺伝子変異を詳細に解析。効果が期待できる薬を選び出して投与するといった最前線のがん治療のようだ


Images_18


これまでに7000人近くの患者が参加し、肺がんでは1/8の人に薬が効く可能性のある遺伝子変異が見つかった。


平成28年4月より,北海道大学病院では,治療に関連するがん遺伝子を解析し,がん患者さんお一人おひとりに最も適した治療薬の情報を提供するための専門部署として「がん遺伝子診断部」を設置し,


14

「がん遺伝子診断外来」を開始していて、網羅的ながん遺伝子診断「クラーク検査」を実施します。番組内で遺伝子診断⇒がん遺伝子診断部統括マネージャーを勤める西原宏特任教授が出演とのお知らせ情報を身内の方からあっての書き込みです

【おまけ】12時間前は、10年ぶりの日本一を奪回した「日本ハム・ファイターズ」の優勝パレードが行われる


Continue reading "≪情報や本舗≫≪がん治療最前線≫≪北大医学部≫≪“がん治療革命”が始まった≫≪NHKスペシャル≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪花粉症≫≪糖鎖≫≪自己免疫疾患≫≪糖鎖の栄養素≫≪免疫システム≫

02baner

花粉症は、自己免疫疾患の一つで、花粉に過剰に反応して起こるアレルギー(独 Allergie)症状のことです。

Asea≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

もともと人は免疫システム(自己治癒力)を持っています、そこで特定の抗原(ここでは花粉ですね)に対して過剰に反応することを自己免疫疾患(花粉症)といいます⇒

Photo■スギ花粉■


外からの異物(抗原)を排除するために働く、生体にとって不可欠な生理機能ですね、アレルギー(花粉症を含む)が起こる原因はまだ解明されていなかったのですが?

Pollen_allergy


最近になって、異物(抗原)提示また異物(抗原)の排除といった情報を細胞に伝える「情報伝達分子(レドックスシグナリングモレキュル)そしてその情報を受ける細胞のアンテナ=「糖鎖」がその免疫システムや、アレルギーが起こる時に、とても重要な役割を果たしていることが分かってきたのです

【情報伝達分子(レドックスシグナリングモレキュル)の追加書き込みは2011年のことなんですが、この新情報の詳細は右のカテゴリーASEA~・・・特に≪ASEA≫≪科学館の新カテゴリー≫≪ レドックスシグナル伝達の利点≫


Orks1
Agesmitokonn上記の図にここにきて、ミトコンドリアには大きく二つの働きがあることが分ってきたことで・・・・

一つには【ROS】(赤丸)とある免疫システムのコミュニケーションによってウィルスやバクテリア(細菌)を攻撃!また一方の【RS】(ひし形)抗酸化の活性化によってのフリーラジカル(活性酸素等)への攻撃!この二つの働きのあることが解明された

≪免疫とは、人の体にもともと備わっている「病気と闘うしくみ」のことをいいます!厚生労働省の花粉症特集にもこのしくみのことが・・・!≫花粉症の正体は、花粉に対して人間の体が起こすアレルギー反応です。


Aaaages

体の免疫反応が、花粉に過剰に反応して花粉症の症状がでるのです。花粉が鼻や目にはいると、体が花粉を外に出そうとするために、「くしゃみ」で吹き飛ばしたり、「鼻水」「涙」で花粉を洗い流そうとしているのです。


Photo


細胞のアンテナ=糖鎖に異常があると、花粉を異物だと過剰に認識して、花粉をばい菌やバクテリア・ウィルスと同じように認識していまい、「花粉=異物」と免疫システムが情報を「糖鎖」によって免疫細胞に伝えます(細胞間コミュニケーション) 

【↑画面をクリックで拡大!】 過剰に反応した情報でもって免疫細胞は、異物と判断した花粉に総攻撃を始めるのです!


Photo_2


自己治癒慮力が働くことで、鼻水・くしゃみ・目のかゆみ、時には微熱などの症状が引き起こされる分けですね。そこで「糖鎖」が正常であれば、外部から侵入してきた抗原が、病原菌やバクテリア・ウィルスなのか?そうでないのか?の免疫システムが正常に働き、異物は異物であっても、花粉を「花粉」と認識することで、過剰な反応をせずに正しい情報を伝えることができ、花粉症は避けられるのです

0656


よく聞かれるのは「昔は花粉症なんてなかったはずだけど!」とお年寄りの方々がおしゃいます。つい十数年前までは、自己免疫疾患は30を数える程だったのに、最近では80を超えているそうです!例えば、関節炎・繊維筋痛症・多発性硬化症・ルーパス・糖尿病(IDDM)・喘患など、これら1つ1つの病気に冒されている人が5.000万人もいるのです!こうしたことは、食文化の多様化による食生活の変化や社会に於けるストレス・環境汚染などの原因によるものと・・・

≪この原因は活性酸素ではないかと≫

自己免疫疾患にならない為には、「糖鎖」の働きが重要なのですが、上記の原因などから正常に働かない環境を作ってしまっているようです

≪この原因は食べ物ではないかと≫

Image001_th

「汝の食物を汝の医薬とせよ、汝の医薬は食物とせよ」有名な、ヒポクラテス(医学の父・疫学の祖とも云われています)の言葉です!人間の体は食物によって作られており、60兆個の細胞で成り立っています。その一つ一つの細胞に「糖鎖」がついているのですね「糖鎖」が正常であれば花粉症をはじめとする多くの自己免疫疾患から遠ざかることができます。

Photo_3

まだ医師も栄養士も知らない新栄養素で、「糖質栄養素」と呼ばれる分類の栄養補完は非常に新しく、補完栄養補助食品を扱う専門家でも、ほとんどの人はまだ聞いたことがないか、聞いたとしてもその重要性を十分に理解していないのが現状です。健康な細胞を作るためにはビタミンとミネラルはもちろんのことですが、免疫システムを正常に機能させるためにも細胞間のコミュニケーションと免疫系のサポートに欠かせないのが、この「栄養素」なのです


Logo_2お問い合わせ・資料請求】⇒ 【コチラ】

人間の体は、常に自らが自らを治癒し、正していくものです。ただしそれは、体が本来の機能を果たすための“道具”をもっているときだけです。その道具とは、まさしく「糖鎖」です。これが正常に働くことで、健康な生活を送ることができるのではないでしょうか!

Photo_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖質栄養素≫【有用性のまとめ】 ≪糖尿病と代謝異常≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Banertop_main


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

       【有用性のまとめ】<糖尿病と代謝異常>


糖質栄養素には次のような有用性があります:

□ 先天性代謝異常によってもたらされる一部の疾患を効果的に治療します

□ 糖たんぱく質糖鎖不全症候群(CDGS)を効果的に治療します

□ 血中のグルコース量およびインシュリン分泌の調節に重要です

□ 糖尿病や腎不全の動物が、白内障になるのを防ぎます

□ 糖尿病の治療に役立つ可能性があります


  【有用性の詳細と作用機序】<糖尿病および代謝異常>


■ 代謝異常とは、糖質栄養素の糖が正しく代謝されない、あるいは複合糖質に必要な合成(グリコシル化)が行  なわれないことから引き起こる疾患ですが、適切な糖による栄養補助を行うことにより、その検出及び治療が   可能となります

■ マンノースを毎日経口摂取することは、糖たんぱく質へのマンノースの取り込みが少ないことが原因で発症す  る糖タンパク質糖鎖不全症候群(CDGS)に対して、効果的な治療法とされています

■ 異常なグリコシル化に関与する一般的な病気や疾患には、肝疾患・ガン、甲状腺機能低下症 などが挙げられ  ますが、免疫グロブリンA(IgA)腎症、I-cell症、好酸性血清の遺伝性多核赤芽球症、そして白血球接着不全  症Ⅱ型なども含まれています

■ 糖尿病モデルの動物実験では、マンノースを栄養補助として摂取することで、膜の代謝産物を維持することができ、糖尿病性白内障の発症から水晶体を守ることが示されています

■ 動物実験では、食事に由来するガラクトースが白内障の形成を阻害しました

■ N-アセチルグルコサミンとグルコースは、インシュリンの放出を刺激し、またこれらの代謝がインシュリンによ  って調節されているため、糖尿病患者がこれらの糖質栄養素の糖を含む栄養補助食品を大量に摂取する時   は、薬の投与を調節する必要がある可能性があります。

■ ヒトでは、ガラクトースがインシュリン分泌を刺激をすることがなく、またガラクトースとフコースの利用にインシュ  リンを必要としないため、糖尿病患者がこれらの糖質栄養素の糖を摂取しても代謝の相互作用  に関与する  可能性はほとんどありません。

■ 過去の調査結果に基づくと、糖質栄養素は糖尿病の治療に役立つ可能性があります

■ 事例報告の結果によれば、糖質栄養素はインシュリン非依存性(Ⅱ型)糖尿病患者の血中グルコース量と筋  繊維痛を軽減できる可能性があります

Copyright

Fda

* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ダウン症候群≫≪PDRの掲載情報⇒ダウン症≫≪補完栄養素≫

Barner_2


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo_7

「PDR」⇒米国医師用卓上参考書に「ダウン症候群≪原文≫」について【何が、ダウン症候群を引き起こしますか?】&【ダウン症候群の徴候と症状は、何ですか?】&【どのように、ダウン症候群は治療されますか?】&【どこで、私はサポートされると言う事と詳細な情報を見つけることができますか?】といったことを分かりやすく記載されているので参考になればと要訳を列記します≪日本語の可笑しいところはご勘弁を!≫

Tn_mailbox_150_150≪以下読まれる前に「PDR」とは?⇒【コチラ


ダウン症(また、ダウン症候群と呼ばれている)は、染色体の数で問題に起因する状態です あなたの子供が余分の染色体数21を持つとき、ダウン症候群は起こります。これは、あなたの赤ちゃんには生まれて、彼の人生の残りの間ある状態です。それは、しばしば精神遅滞(学習に関する問題)と他の健康問題を引き起こします

Photo_3

通常、人の体の中のほとんどあらゆる細胞は46の染色体があります。そして、23の一組(各々のうちの2つ)で準備されます。性細胞(例えば精子と卵)は、各々23の一つの染色体だけがあります。受精(精子と卵が会うとき)の時点で、各々の親からの23の一つの染色体は、結び付きます。一旦卵と精液が出会うならば、細胞は新しい細胞を分けて、形成し始めます。そして、後であなたの子供に成長します。ダウン症候群で、間違いは3つの染色体数21を引き起こしている受精の間、または、の直後に起こります。これは、トリソミー(Trisomy) 21とも呼ばれています。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo_4

■【何が、ダウン症候群を引き起こしますか?】

あなたが、あなたの子供がダウン症候群の兆候を見せることに何かをした訳ではありません!誰しもがダウン症候群の兆候原因の要因を持っています。女性の年齢が高くなるにつれて、ダウン症候群の子を産む確立は増加します。あなたの子供のダウン症候群は、以下のどれを通してでも起こったかもしれません

Photo

ダウン症候群 では22対の常染色体のうち21番以外の染色体は全て正常な2本組だが、21番染色体だけは3本組(トリソミー)になっており、これがダウン症候群を引き起こす原因で「トリソミー21」と言われる所以である

Photo_2

■【ダウン症候群の兆候と症状は、何ですか?】

新生児はおとなしく、めったに泣かず、筋弛緩低下の傾向があります、

≪顔≫ダウン症候群の子供は目線が上へ傾斜する傾向があります、そして、目の色のついた部分⇒(虹彩)に、小さな白い発疹があるかもしれません。彼の鼻頭は、平面的で、あごは小さく、舌診では・・・シワが多く、中心溝がなく、大きな舌がはみ出て、口は普段でも開き気味のままとなることが多い。 、

≪成長と発育≫ダウン症候群の子供には、年齢のわりには、学習問題が?身体及び精神の発達が遅れ、IQ(知能指数)は50以下 の場合が多く見られるようだ ?それと歩くこと!話すこと!読むこと書くこと!が他の子供たちより、ゆっくりとしているかもしれません。


Photo_5

≪手と足≫ヤシ実の中央を走って横切る一つの深いしわのように、ダウン症候群の子供には、手のひらに見られる兆候【手のひらにはシワが1本(猿線)のことが多い】。指は短く、指の関節が2つしかないことが多い。足は通常、5本目の指は曲がり気味で短いです。つま先は短くもあるかもしれなくて、第一趾および第二趾の間の隙間が広く、足の底にあるシワが足の後方まで続く

≪頭と首≫ダウン症候群の子供は、背中でわずかに平らである、小さな、丸い頭があります。クビの後ろ周りに過剰な皮膚がみられることが多い。

≪筋肉≫ぐったりした筋肉で、ダウン症候群の子供は、ゆるい間接を持っています。


≪ダウン症候群の子供の合併症≫血(例えば白血病)の病気、目、歯茎、口、副鼻洞または肺の感染症など

■【どのように、ダウン症候群は診断されますか?】  赤ちゃんが生まれる前に、ダウン症候群と診断されるかもしれません。介護者は、以下の一つ以上のテストをするでしょう

≪羊水穿刺≫このテストは、羊水で見つかる赤ちゃんの細胞をチェックします。羊水は、胎児(子宮の内側の赤ちゃん)のあたりの流体です。超音波で、介護者は皮膚と子宮を通して挿入される針を使っている流体サンプルをします。サンプルは、それからテストのために研究室に送られます。

≪血液検査≫異なる血液検査は、赤ちゃんがダウン症候群がありそうかどうか調べるためにされます。

≪絨毛膜絨毛サンプリング≫このテスト(また、CVSと呼ばれている)は、胎児で問題について調べます。超音波を使って、介護者は胎盤(母と赤ちゃんをつないでいる子宮の組織)からサンプリングします。細いチューブは膣と頸部(子宮の一番下の部分)を通して、そして、胎盤に挿入されます。サンプルズも腹部(胃)を通して、そして、胎盤に細い針を置くことによって集められるかもしれません。サンプルは、それからテストのために研究室に送られます。

≪胎児の超音波≫このテストは、胎児のモニター画像を観るために、音波を使います。若干のゼリーのようなローションは、腹部に置かれます。小さなハンドルは、ローションによって、そして、腹部の皮膚全体に穏やかに動かされます。あなたは、テレビのようなスクリーンで赤ちゃんの画像を見ることができます。介護者は赤ちゃんの年齢を学ぶことができて、彼がどれくらい速くなっているかについて見ることができます。赤ちゃんの動き、心拍数と位置は、見られることができます。介護者は、ダウン症候群で見つかる赤ちゃんについて物事を見ることもできるかもしれません。

一旦赤ちゃんが生まれるならば、介護者はその時点で、赤ちゃんを見ることによってダウン症候群があるということを認識するかも知れない。あなたの子供の介護者は、診断を確認するために、あなたの子供の特別な実験をするかもしれません。染色体分析は、介護者があなたの子供の染色体を見るのを確認する血液検査です。


Photo_6

■【どのように、ダウン症候群は治療されますか?】

ダウン症候群のための治療はありません。処置は、最高のものへと彼の能力を引き上げてあなたの幼児使用を助けて、促すことを含みます。あなたは、あなたの子供に彼の成長と発育をサポートしてくれるかもしれない専門家(作業療法士)を含む異なる介護者に会わせることで、特別のプログラムでもってまたは特別の学校に置くかもしれません。他を扱って、支配して、健康問題も、重要です。あなたの子供は、以下の一つ以上を持つかもしれません:

≪作業処置を助けること≫これは、補聴器・酸素マスクとかを含むかもしれません。

≪薬≫子供は、心臓疾患を治療するか、発作(痙攣)をおさえるか、感染症と戦うために、薬を必要とするかもしれません。

≪治療≫これらは、身体検査(職業的な)と言語療法を含むかもしれません。理学療法士は、特別なエクササイズであなたの子供を手伝います。これらのエクササイズは、彼の骨と筋肉をより強くするのを助けます。作業療法士は、あなたの子供が彼自身の世話をすることがよりよくできるようになるのを手伝うかもしれません。技術、例えば入浴すること、ドレッシングと食べ物は、教えられもするかもしれません。言語療法士は、彼が話すか、正しく唾をのむのを援助するために、あなたの子供と働くかもしれません。

≪手術≫手術は、医学問題(例えば心臓の欠陥、ブロックされたか不完全な腸または骨訂正)を修正するために必要かもしれません。

■【どのように、私はダウン症候群で私の子供の世話をすることができますか?】

あなたの子供のダウン症候群を防がなかったということを知っていることは、重要です。ダウン症候群で特別な子供を持つったことでためらわないでください。以下は、彼を助ける両親が彼の状態に対処してすることができることなのです

≪常に、あなたの子供を定期的に医学療法を受けられるところへ連れて行ってください≫子供の医学療法を逃さないでください。そのときに、子供を介護者へ連れて行くことは、健康にしておくのを助けます。子供自身の人生でいつでも得ることができた多くの医学問題が、あります。定期的な試験とテストをすることは、介護者があなたの子供には処置を必要とする問題があるかどうかわかっているのを援助します。多くの場合に、彼の問題が見つかって、早く扱われるならば、あなたの子供の健康はよりよいかもしれません。

≪常に、予防接種をさせてください≫予防接種のためにあなたの子供を彼の介護者へ連れて行ってください。あなたの子供が簡単に感染症にかかるかもしれないので、彼がこれらのショットに彼の健康を保護させることは重要です。

あなたの子供の状態について学んでください≫ダウン症候群についてシッカリと読んでください。子供のことで介護者に状態の影響について尋ねてください。あなたがよりダウン症候群とその問題を知っているほど、あなたはよりよく子供を助けることができます。ダウン症候群子供がいるならば、もう一人の子供をもうける前に、介護者と話してください。

≪子供に人と交流する方法を教えてください≫どんな赤ちゃんまたは子供とでも通常するだろうすべてのことをこころ見てください。子供を家族旅行へ連れっていってください。本を読んだり、子供に合わせて歌を唄ってください。一緒に、あなたの子供の足を道具に、手と足を使わせる活動をしてください。何度も何度も繰り返してしてください。子供を特別な学習プログラムに入れてください。これらのプログラムは、ダウン症候群赤ちゃんと子供たちが育って、する方法を学ぶのに役立ちます。

≪あなた自身とあなたの子供に対する支持を見つけてください≫ダウン症候群子供がいる多くの家族が、あります。彼らと話すことは、あなたがあなた自身の感情を調査するのを援助するかもしれません。あなたがしている方法とあなたの家族が調整された方法について他の人と話してください。たくさんの質問をしてください。あなたがあなたの子供を気にかける重荷がひどすぎるのを感じるならば、介護者と話してください。

■【どこで、私は支持と詳細な情報を見つけることができますか?】

ダウン症候群で子供を持つことは、あなたとあなたの家族の生活状況が変わっています。子供がダウン症候群であることを認めることは、難しいです。あなたの近くのあなたと人々は、混乱したか、怒っているか、悲しいか、怖いか、無力であると感じるかもしれません。両親として、あなたはあなた自身を非難するかもしれなくて、あなたが間違った何かをしたと思うかもしれません。これらは、通常の感情です。あなたの感情についてあなたの介護者、家族または友人と話してください。あなたは、支援グループに加わりたくもあるかもしれません。

詳細は以下に連絡してください

米国小児学会・国家ダウン症候群会議・全国ダウン症候群協会

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖尿病新薬≫≪メルク≫≪ジャヌビア≫≪インスリン≫≪WBS≫                           テレビ東京のニュース番組で・・・

Photo_222010年9月に万有製薬が糖尿病新薬「ジャヌビア」の講演会に参加した医師325人謝金を支払いしたことで、公正競争規約違反で警告を受けた

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

BarnerAseamolecules1

もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Januvia28

10月21日、小谷真生子がキャスターを務める「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京系)で日本の糖尿病市場の特集がありました。

現在、日本の糖尿病患者数は900万人ともいわれ、その予備軍を含めると、2000万人かとも?世界ではと言うと、糖尿病全患者数は2.85億人、2030年に4.35億人を超える恐れがあると予想されているとコメント!

番組内では、厚生労働省がアメリカのメルク社の経口糖尿病治療薬「ジャヌビア」を承認した(10月16日)ことを、そして販売はメルクの日本子会社=万有製薬が!メルク社といえば、10年ほど前には世界で最大の製薬メーカーでしたが、現在は8番目だそうです。【年内にはM&A?同業大手の経営統合で第2位の予想も】

232

売上高 2,419,770万ドル(2007年) 従業員数約62,600人 の詳細はクリック⇒ コチラ


【日経プレスリリース:万有製薬、経口糖尿病治療薬「ジャヌビア」の製造販売承認を取得】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

20090611hjc6b000_11

糖尿病の患者数が急速なスピードで増えていて、糖尿病は世界的な問題ともなっていて今回承認された糖尿病治療薬⇒新薬の「ジャヌビア」は【スピード承認だったともコメントしていました】治療が必要な人にとっては朗報でしょうね?


糖尿病は一昔までは「成人病」そして今は、「生活習慣病」!この疾患は名の通り生活習慣が適正でなかったために罹患したのであれば、その生活スタイル・慣れ親しんだ習慣を変えることで、元の体に!すなわち健康な状態になると言う事ですよね

Photo

健康な体は、健康な組織、その組織は健康なる器官、そして器官は健康な細胞からつくられるのですよね!糖尿病はエネルギー源としてのブドウ糖を細胞に取り込むときに必要なインスリン(ホルモン)がないか!はたらきが悪いか!【簡単に解釈するとね】が


Colum07_image02 ⇒【クリック画像!拡大】

実は「糖鎖」=細胞のアンテナがインスリンを取り込むアンテナの感度の役目をしていて細胞の取り込み口⇒トランスポーターという所からドンドンとブドウ糖を取り込んでいるのです!【インスリンには細胞のアンテナ「糖鎖」はついていないので受けての細胞の糖鎖⇒”インスリン受容体”!】アンテナ=糖鎖の感度が悪くなるとブドウ糖は血中に流れて赤血球に取り付いて、120日間ランデブーをするのです!この血中の数値⇒ヘモグロビンA1Cが血糖値履歴?と言われる所以です

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo←≪”ヤヌスの神”≫


ジャヌビア」という名前は、「ローマ神話に登場の神!ヤヌス⇒【JANUSと言って≪入り口&出口≫≪前&後≫の門を持つ二面性の神⇒門の守護神」とビア⇒【via】=経由という単語をつなげて命名したそうです!この新薬は、血糖値の調節において正反対の働きを持つ2つのホルモン、【インスリン】と【グルカゴン】の量を調節することで効果を示すことから、この「正反対の働きを持つ2つのホルモンを調節する作用をジャヌビアの命名者がなぞらえたのでは,ないか?とサイトにあったそうです・・・・・


| | Comments (2) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ダウン症の英語論文を要約しているブログの紹介!≫

        ■■■【2009年11月=更新!】■■■

   ■ダウン症の英語論文を要約してブログの紹介!■

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

_rotavirus_children_2

もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_2

昨年5月に三人目のお子さん(プリンセス)が授かった医療翻訳を目指していたブログ名「働く主婦の独り言」の家族に思わぬ出来事が!生まれたお子さんに、ある不測の事【←詳細はクリック!】が!

今年11月の事なのでしょうね?ネットサーフで13歳のダウン症の男の子ダウン症の健康問題についていろいろな情報を提供をウェッブサイトで小児科医でもある父親が1997年から今日まで配信し続けている!その貴重な情報を要約して公開しているのです

Photo_3

情報や本舗の「自閉症&ダウン症」のカテゴリー・ページにも多くのヒットがあり、是非是非情報を求めている方にとって役立てばと思い「働く主婦の独り言」の管理人さんに連絡をとってリンクを貼ることの許可を頂きました!是非!是非!読まれる事をお奨めします!この翻訳サイト13歳のダウン症の男の子のお父さんであり、小児科医でもある人が作っているサイトだそうで、ダウン症の健康問題についていろいろな情報を提供してくれているとのことでした!


             ■■■【ダウン症関連論文】■■■

お断りが一つ!私のブログにて書き込みしている「糖質栄養」を働く主婦のお子さんが摂っていることはブログ内に書き込みがありますが以下の「働く主婦の独り言」さんの翻訳文のダウン症候群のお子さんが摂っていたわけではない事を強調しておきます】

■ ダウン症関連論文(1)  ←クリック  ≪思春期前のダウン症児のレプチン値を兄弟と比較したもの≫

■ ダウン症関連論文(2  ←クリック! ≪ダウン症児の認知症と死亡率

■ ダウン症関連論文(3) ←クリック! ≪ルームランナーを使ったダウン症児の(歩行)訓練~根拠に基づいた発達成果

■ ダウン症関連論文(4)  ←クリック!  ≪ダウン症児の母親が、産後に受けたサポート(告知含む)について振り返る ≫

■ ダウン症関連論文(5))  ←クリック!  ≪学齢に達したダウン症の子どもの医学的側面 ≫

ダウン症関連論文(6) ←クリック   ≪ダウン症児の睡眠の特徴≫

ダウン症関連論文(7) ←クリック  ≪ダウン症者発話言語理解の長期的な変化を予測する≫

ダウン症関連論文(8) ←クリック   ≪ダウン症者の身体測定値(頭蓋顔面部と身長)の年齢による変化

ダウン症関連論文(9) ←クリック   ≪成人ダウン症者の言語障害に対するドネペジル投与:24週間に渡る予備的なオープン試験

ダウン症関連論文(10) ←クリック   ≪ダウン症児に、新生児の時期にチロキシン投与を行うと2年間の発達と成長にどのような効果があるか:無作為化臨床試験


| | Comments (8) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪インスリンの調整≫≪線虫(センチュウ)≫≪抗加齢!)≪抗酸化!≫

Barner
C13


20070719hja7j001_19

血糖値の調整に重要な役割を果たすインスリンが、アンチエイジング(抗加齢)治療の土台となる可能性のあることが!線虫(センチュウ)でのインスリンレベルを調整することによる研究で通常2週間の線虫(センチュウ)の寿命が約1週間延長することが判明。


ヒトに換算すれば相当大きなものと、研究者の米ハーバード大学医学部ジョスリン糖尿病センター(ボストン)のケイス・バックウェル博士は述べている。    ―医学誌「CELL=セル」に掲載―

2010

インスリン】よく知られているのは、健康なヒトの血糖値を調節する・糖尿病患者のさまざまな障害に関連するホルモンである

バックウェル博士によると、インスリンはこれ以外にも、細胞によるエネルギー産生を調節するはたらき・細胞に指示を送りブドウ糖の処理を促す作用・腫瘍の成長を抑える作用など働きがあると


130pxsts107_launch

今回の研究に使われた線虫(センチュウ)は最先端の遺伝子研究に長年利用されているもので、2003年のスペースシャトル事故から生還したことでも知られるている!


というヘルスデイニュースからですが、ここでバックウェル博士が「ヒトの体は、生きているだけで自らの細胞に傷害を引き起こすフリーラジカル(活性酸素)を作り出している。

Photo_2

身体には傷害から身を守るための独自の抗酸化システムが備わっており、われわれは、このシステムの活性を高めることにより動物の寿命を延ばすことができた」と言及しています!

「CELL(セル)=細胞!その細胞内で活性酸素がDNAを攻撃して障害を引き起こしてしまう、年とともに体内で細胞分裂の機能が低下しこのことが老化の原因ともなっているのです!

インスリンレベルの調整も然りですが、バックウェル博士が言う「・・・・身体には傷害から身を守るための独自の抗酸化システムが備わっており・・・」これは、体内にも細胞内にも在る抗酸化物質「グルタチオン」のことではないでしょうか?

Images_6


抗酸化物質「グルタチオン」は体内・細胞内でつくるのですが!近年の地球環境汚による風土公害?≪肥沃土の減少・ダイオキシンなどによる風害?≫で正しい食の文化は崩壊され、食生活は勿論日常生活も危機となっては

ストレスの増大=活性酸素も増大!グルタチオンは無論ビタミン・ミネラル≪人はストレスを受けると血中にビタミン・ミネラル等々を身を守るために大量に放出する=これも独自の抗酸化システム)同様つくられることが出来にくくなっているに違いありません?


Images_8

抗酸化剤と!して一番優れているのは、体内で生産されるグルタチオンとよばれる物質であるといわれていてグルタチオンが少なくなると糖尿病のような変性疾患や早期老化にかかりやすくなると!


Rola Barhoumi博士とその研究チームの最近のレポートによると、糖鎖の栄養素=糖質栄養素はグルタチオン濃度を50%高め、有毒な化学物質を解毒する肝臓細胞内のグルタチオンの減少を抑える。


Photo_4

動画②の最後に出てくるサプリメントのボトルは?果たしてなんでしょうね!どうやら世界最強の「抗酸化剤」と云うことは最後のほうに云っていますね!ORACOテストとかGMP'Sとか、すごい結果を出しているのですね!
”AO"がヒントですか?

【”ORAC ”検査】【“ ORACo ”検査】

ORACは、水溶性の抗酸化力のみを対象とする測定法で、アメリカ農務省と国立老化研究所で開発された測定法です・・・【“ ORACo ”は、さらに水溶性と脂溶性両方の抗酸化力を検査するという、画期的な検査方法です!】

この検査が果物、野菜、ハーブの果実、ジュース、粉末ブレンドの抗酸化力を測定するための新しい基準となるものとこの測定を装置を開発した

Continue reading "≪情報や本舗≫≪インスリンの調整≫≪線虫(センチュウ)≫≪抗加齢!)≪抗酸化!≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スポーツ補完栄養剤が”国家データベース”&”Pub Med ”に!

Twitter168⇒■■■ @tenboss ■■■


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

1_tousa


Moviecamera_3【細胞のアンテナ(糖鎖)とは・・日本テレビ】
観るここをクリック!≪この糖質栄養素↓≫

0_news


Photo_2

資料・製品・購入のウェッブサイト!】 ↑クリック!

    【日本語(JAPAN)を選択して【continue】をクリック!

Photo_4【メルアド】ここをクリック!

                   □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Logo_2


スポーツ補完栄養(エ・・パ・・クト)の研究が医学およびヘルスケアプロによって使われる国家データベースの一部であると発表されました!ランダムに偽薬対照調査で、エ・・パ・・クトを摂っているスポーツマンが統計学的に心肺フィットネスの有意の増加をを測るのに用いられ、アスリート【スポーツマン】たちは有意の価値を感じていることが明らかになったと!この研究は、検索エンジンPubMedパブリック・メディカル】のウェッブサイトを通して観ることが可能です。論評は、パブメド(日本語サイトです!)本部によってリストされました

_newsスポーツ補完栄養ドリンク
運動前のスポーツドリンク「エ・・パ・・クト」は、身体にに必要なエネルギー源またバイオケミカルを供給し、特に身体のエネルギー生産量を最大限に高める働きをサポートする。また、エネルギー生産中に作り出され筋肉に有害とされる乳酸の除去を助けるよう、糖質栄養と多種のバイオケミカルが含まれている・・・・・情報や本舗】


Photo_4

2006年のこれに関しての研究では「有酸素トレーニング」の前にスポーツ栄養補完(エ・・パ・・クト)を摂ることはコーチ&アスリートにとって実用かつ有用性で意義のあることと結論付けた申請が(スポーツ栄養補完食品)Sports Nutritionのインターナショナル協会ジャーナルで発表されています(バイアーズA.、et.al.、3つの(1):56-59(2006))

Photo

12人の男性と12人の女性からなる計24人のボランティアの人々が、この研究に参加しました。参加者は、motor-driven treadmills【辞書検索になくランニングマシーンのこと?】そこでで1時間~2時間の酸素の消費テストを行い、20分毎に運動の前に、参加者は偽薬(風味をつけた水)か【エ・・パ・・クト(E・Pact)】を摂ってもらいました
その結果、参加者全員?は、この研究にに関する限り【エ・・パ・・クト(E・Pact)】を摂った後に身体能力の増大と運動の間15.5パーセント、酸素を使う代謝のために酸素を使うということが判ったのです

Photo_2

スポーツ栄養補完ドリンクそれは栄養的な製品のMannatechのパフォーマンス栄養ラインのパートです)シトラス風味で(柑橘系の味)運動前にとるスポーツ補完食品で多くのスポーツアスリートたちが【含む!アメリカオリンピック選手72人がテイクしている!そしてマ・・・クが選出の世界のチームマナテックのメンバーが現在130人!その内日本は16人】とって酸素取り込み能力(capacity.)を高めるというバイオケミカル(生物化学)を供給し、その供給を助けるためにフルクトースが栄養補足することはで明確です!

Photo_11


*あるスポーツドリンクとは違い、この製品はショ糖(蔗糖)を含みません。そして、インシュリンの放出を誘発ということもするのですね!糖質栄養の開発研究会社の製品は、World Anti-Doping Codeリストされる禁止された物質【450品を越えている】のどれ一つも含んでいないということ!


S_data1
(* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません。)

上記の原文≫⇒【コチラ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪脳梗塞≫≪骨髄幹細胞で治療≫≪国立の施設が臨床試験へ≫

02


NHK教育のサイエンスZEROで驚きの再生力! と題して骨髄幹細胞を自分の骨髄幹細胞を増殖培養して注射することにより脳梗塞や心筋梗塞で傷ついた組織を修復すると言う

Photo

画期的な治療法が札幌市立札幌医科大学での臨床の場で応用されて結果を出された梗塞患者の追跡番組を紹介していましたが!

【臨床試験とはいえ治療法として国立の施設が昨年11月に年内にも始めると朝日新聞に掲載されていたそうです】

Aaaaa【その全貌!】2007年11月「NHKスペシャル」


Photo_3

「脳梗塞、骨髄幹細胞で治療 国立の施設が臨床試験へ」と見出しで、始めるのは大阪府吹田市の国立循環器病センターで骨髄中の幹細胞を注射して脳の血管を再生させ、組織の再生を促すことで脳梗塞(こうそく)による後遺症の治療を目指す臨床試験!重い後遺症が残る重症患者を対象とし、治療効果の検証を目指す幹細胞治療は国内初となる。すでに国の承認を得ており、センター内の最終調整を進めている。【補足:国内初は一昨年から開始した札幌大学医学部脳神経外科が初だと思いますが?】

Photo_5

同センターの成冨博章部長(脳内科)を統括責任者とする臨床試験は、心臓にできた血栓が血流で移動して脳の血管を詰まらせる、心原性脳梗塞の重症患者を対象とする


長嶋茂雄・元巨人監督も発症した病気だ。
20~75歳で、入院から7日の間に改善がほとんど見られない患者12人に対し、本人か家族の同意を得て実施する。


Photo_4

発症後7~10日の間に腰の骨から骨髄を採取。その日のうちに、骨髄単核球細胞と言われる幹細胞を分離して注射する。【札幌医科大学での骨髄幹細胞による再生医療は抽出してから培養していましたが、国立循環器病センターでは抽出してその日のうちにと言うことは培養なしでと言うことなのですね?】

【1カ月後、臨床試験を直接担当しない部署が安全性・効果を評価!】


Photo_2

骨髄採取を発症後7~10日としたのは、マウスの実験や人間の研究で、この時期に神経幹細胞が損傷部位に集まるとわかったため。
【補足:このことはサイエンスゼロで実際画像で見せていました,北の国立大学”北海道大学医学部”では骨髄幹細胞が梗塞箇所に向かう映像撮影に成功してそのメカニックも解明した!とこちらもサイエンスZEROで紹介していましたよ】

Img_797324_52870652_0_2

こうした幹細胞は血管がないと死んでしまう。骨髄単核球細胞には血管再生を促す働きがあるので、それによって神経幹細胞がうまく定着すれば、症状の改善が見込めるという。 同センター研究所の田口明彦・脳循環研究室長は「脳出血が一番こわい副作用だが、骨髄に元々ある細胞を使うだけに安全性は高い」と話す。

■札幌医科大学の2007年からの臨床試験一年=2008年1月6日,北海道新聞

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪自閉症の新しいガイドライン≫≪発見方法!≫≪米国小児科学会≫

Photo_5【2010年8月更新!】ある医療研究所での≪自閉症の臨床データ≫


Asea

ある栄養素の不足が、現代病の共通する原因となっていると考えられる【食源病!】この栄養が足りれば、私達は自己治癒力が向上し、健康を回復できることが可能に【自然治癒力をとりもどす!】ということが分っています

Photo_6

米国小児科学会(AAP)は、自閉症スペクトラム障害をもつ小児の発見および対処法について2つの勧告を発表しました

20071108hjab8000_08


【第1の報告】は、自閉症スペクトラム障害の発見方法を詳細に示したもので、その兆候は

■両親や世話をする人を見つめるとき、嬉しそうな表情がみられない
■生後5カ月ごろ以降、親子の間での喃語でのおしゃべりがない
■親の声を認識しない。親が子どもの名前を読んでも振り向かない
■目を合わせない
■9カ月を過ぎても喃語(なんご=片言を言う)が出ない
■手を振る、指差すなどの身ぶりが少ないか、全くない
■反復的な行動がある

言語が発達するころに明確に現れる危険信号は以下のとおり:

■16カ月までに単語が出ない
■1歳までに喃語がなく、指差しなどの身振りによる伝達もみられない
■2歳までに2語文が出ない
■年齢にかかわらず、言語能力が低い

Photo

小児の発達には大きな個人差があるとして親を安心させる傾向があるために、小児が正式に自閉症であると診断されるまでに1年以上を要することもあり、治療に最適な時期を逃してしまうことがある(ニューヨーク大学小児研究センターMellissa Nishawala博士)ですから、たとえ親が特に心配していなくても、生後18カ月から24カ月の間にすべての小児について共通のスクリーニングを実施するよう推奨している。

Chek


【第2の報告】は、自閉症と診断された後の対応に焦点を当てたもので、早期介入の重要性を強調。自閉症が疑われる場合は、診断が確定するのを待たずに、できる限り早く介入治療を開始するよう推奨している。少なくとも週25時間、1年間の治療が必要だという。

小児科医へは家庭で行われる可能性のある補完療法代替療法を知っておくよう推奨している。例えば、自閉症改善のために子どもにカゼイン・グルテン除去食を与える親がいるが、栄養障害を生じる危険もある     ≪2007年HealthDay Newsより≫

Photo

アメリカでは数年前から「リタリン」と言う薬を自閉症児・ADHDの子らに使われている事実が問題視され続けてきていました【風刺漫画で学校にダンプカーが横付けで満載の「リタリン」を荷降ろししている】なぜなら「リタリン」はマリファナなどと同類項の基準の薬だそうだからです!
つい最近日本でも抗ウツ剤として処方どおりに使用せずに問題提起されてマスメディアでも取り上げられていましたが!抗ウツ剤としては使用しないということで野放し状況【自閉症・ADHDに使用は医師のモラルの問題】
小児科で投薬されていると言う話も聞こえ始めています

Photo_8

3年ほど前に、清田区美しが丘で開院の”ながの小児科”の院長長野先生が「リタリン」を日本の子供に使い始めだしてしまったら大変なことになってしまうと懸念され、以前からの「食育」は勿論、今回の自閉症ガイドラインにも小児科医に提唱されている補完栄養も取り入れられている”子供の健康”を最優先に考えられている先生です

Photo_3■アメリカの風刺漫画ではダンプカーに満載の「リタリン」!を小学校の校庭に荷下ろししている・・・・日本でも密かにこんなことが起きつつあるのですから怖い話です

| | Comments (0) | TrackBack (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

≪アンビットのQ&A≫ | ≪アンビット・エナジーについて動画で・・・≫ | ≪アンビット・エネルギー(Ambit Energy)≫     | ≪アンビット概要ビデオ≫ | ≪シグナムの美肌効果≫ | ≪リディア・コーLPGA≫ | ≪脳内活性サプリ≫ | ≪脳内活性サプリ・Q&A≫ | ≪INK.500ーランキング≫ | ≪PP2A≫ | ≪PP2A&TAU(タウ)≫ | ≪SIG-1012(高レベル分子)≫ | ≪Signum Biosciences≫ | ≪WEBでの取り扱い説明≫ | ≪WEB登録をWEB動画で≫ | 【24時間テレビ】 | 【お知らせ】 | 【がん・ガン・癌・】 | 【がん情報・・・テレビ番組】 | 【がん情報・・・新聞・雑誌】 | 【ねこ:ネコ・猫が三昧】 | 【やってTRY!やって渡来!】 | 【アスリート・・・・プロスポーツ選手】 | 【アセア=ASEA】 | 【アルツハイマーと認知症】 | 【インフルエンザ対策】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【コーヒーと医療】 | 【スクリプス研究所】 | 【スーパーボウルのCM】 | 【スーパーボウル・ハーフタイム】 | 【ダウン症候群】 | 【トランス脂肪酸】 | 【ノーベル賞・レガシー認定】 | 【パンデミック対策】 | 【ファイターズガール】 | 【ベン・カーソン】 | 【マクガバン・レポート】 | 【マグロ・・・アンブロ | 【レスベラトロールと長寿】 | 【中村天風】 | 【伝説のスピーチ】 | 【偶然の発明・偶然の発見】 | 【免疫・ハーブ】 | 【再生医療】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医学・医療】 | 【原理・原則・法則】 | 【反魂丹・万金反】 | 【古事記にまつわる話】 | 【地震・津波・未曾有の災害】 | 【大原麗子・・・ギラン・バレー症候群】 | 【妊娠中の食べ物=りんご】 | 【子供の脳の栄養素=DHA】 | 【子宮頸がんワクチン】 | 【宇宙と医学】 | 【幹細胞・再生医療】 | 【心温まる・癒される】 | 【抗加齢・寿命・延命】 | 【文明開化】 | 【本・書籍・BOOK】 | 【本当?それとも嘘なの?】 | 【植物コレステロール】 | 【植物・・・草・花・葉・茎・根】 | 【歴史における出来事】 | 【母乳・・・邪馬台国・卑弥呼】 | 【母乳・母乳育児】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵と火星探査写真】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【知っててお得情報】 | 【科学の粋】 | 【米国立がん研究所】 | 【糖質栄養素その有用性】 | 【糖鎖】 | 【糖鎖と免疫細胞】 | 【糖鎖による臨床】 | 【糖鎖の栄養素】 | 【糖鎖・その応答反応】 | 【細胞の最新情報】 | 【脳内活性】 | 【脳梗塞と再生医療】 | 【自閉症・ADHD】 | 【自閉症・ADHD・他動症・・・】 | 【著名人・有名人・芸能人】 | 【遠位型ミオパチー・・・難病】 | 【雑学・耳学・よもやま話】 | 【顕微鏡・双眼鏡・望遠鏡】 | 【食・栄養・サプリ】 | 【DNAテスト】 | 【ISC細胞・細胞再生】