【がん・ガン・癌・】

≪情報や本舗≫≪事例その5≫≪乳がん・胃がん≫≪医師の栄養療法≫【報告事例】パート⑦-4】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Banertop_main


Photo_5事例その6=乳がん・胃がん

Photo


マキシンは65 歳の主婦です。1984 年に乳ガンを患い、両側乳房切除術を受けました。13 年後の1997 年、ガンが腹部と胃に再発し化学療法を6 度受けましたが、経過が悪く、病状は回復しませんでした。結腸閉塞を起こして人工肛門が必要になりました。


胃内の閉塞のせいで腹部は腫れ、食欲は減退し、体重が急速に減ってゆきました。これ以上手の施しようがないと言われ、ホスピスで痛みを抑えるための麻酔剤を注射してもらっていました。余命6 カ月ということでした。

515393da4pl

3 カ月が過ぎ、病状は悪化するばかりです。しかし、マキシンも夫もあきらめませんでした。ハーブが良いと聞けばハーブを使うなど、何でも人が良いと勧めるものを試しましたが、どれも役に立ちませんでした。ある時、話題のサプリを教えてもらったマキシンは必死の思いで飲み始めました。

2 週間もしない内に、彼女は起きて教会に行きました。その1 週間後、ガレージセールにどうしても行きたいと言ってききませんでした!今では元気で料理や家事をこなし、食事を楽しんでいます。痛みはほとんどありません。そして、腹部の腫れもひいてしましました。ハレルヤ!

Photo_3


例に挙げた人、またそれ以外の多くの人々に起きたことは、60 年の私の医師生活で一度も見たことがないものばかりです!飲んだサプリメントが安全で、無害で、処方薬の邪魔をせず、しかも効果があるということは十分に立証されました!この世に100パーセントのものはありません。

ですから、人体に不可欠な成分にも、今分かっている要素の酸素、水、食物(アミノ酸、脂肪酸、炭水化物、ビタミン、ミネラル、微量元素)以外に、まだ分かっていない要素があるに違いないのです

Fda

* ココでの書き込みは、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません


| | Comments (1) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖質栄養素≫【有用性のまとめ】 ≪がん≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Banertop_main


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

           【有用性のまとめ】<がん>

□糖質栄養素は、ある種のガンの増殖や腫瘍細胞の転移の阻害を助けます

          【有用性の詳細と作用機序】<ガン>

■ フコース・ガラクトース・マンノースあるいはマンノースを含む多糖体、グルコサミン(N-アセチルグルコサミンの  代謝産物)、そしてN-アセチルガラクトサミン を含む多くの糖質栄養素の糖は、一部のガンにおいて増殖や   腫瘍細胞の転移を阻害します。

■ マンノースのような糖質栄養素の糖によるガンの増殖阻害は、ガン細胞を破壊する白血球の一種であるナチュ  ラルキラー細胞の免疫系活性化が、部分的に関係していると思われます

■ 糖質栄養素の糖が、細胞表面にある糖質栄養素の糖の結合部分と拮抗することで、腫瘍細胞と正常細胞の  接着を防止し、それにより腫瘍細胞の転移を阻害すると思われます

Copyright

Fda

* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪がんワクチン療法③≫≪ニッポンの最先端技術≫                         

Header_3


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_4

最新情報としては、≪がんワクチン療法 ≫の外来を日本で」最初に設けた「久留米大学医学部」だという事はご存知の方々も多く、この療法については既に8回の書き”込みで右の”カテゴリー=Categories”の棚に置いてあります?昨年末にテレビ東京「たけしの日本のミカタ!」でニッポンの最先端技術ー進化を続ける医療技術”と紹介されていました


_news_2

■【たけしの日本のミカタ】⇒クリック!【読む方はコチラ


Photo_5

免疫細胞治療は 、人間の体の中にある「樹状細胞」などを利用した治療法で「樹状細胞」は体に有害な物質を排除するリンパ球にがんを攻撃するように指示する能力を持つことから、がんについて学習させた樹状細胞とリンパ球を大量に培養し、体内へ戻し、免疫細胞が活性化してのがん攻撃をくりかえす・・・・・・と

久留米大学の臨床試験での情報はいまのところでて来てはいませんが、学部の教授の発表がいくつかあって、とてもわかり易く書かれている⇒久留米大学ペプチドワクチン事務局から”レビュー”が2件

Photo_3

■【がんワクチンについて」―久留米大学・・・免疫免疫治療学講座”伊東恭悟先生

          ① がんワクチンはまだ承認されていません
          ② がん免疫
          ③ がん免疫療法
          ④ がんワクチン
          ⑤ がんワクチンの限界

クリック!⇒PDF【読む方はコチラ

Photo_4

■【がん治療薬の薬効評価】―久留米大学先端癌治療センター・がんワクチン分子部門”山田亮教授”

        ① はじめに
        ② 薬効の評価項目
        ③ 奏功率は正しい評価か?
        ④ 患者にとっての真のメリットは?
        ⑤ がんワクチン

111909_chrome


■PDFの内容では、延命効果が認められています

クリック!⇒PDF【読む方はコチラ


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

久留米大学医学部が市民公開講座を開催するとのことです!ワクチン外来を開設して1年が過ぎようとしている今、これまでの経緯の報告をパネル講座で発表するらしい

  日時:平成22年3月27日(土)13:30~15:30(13:00開場)

  会場:エルガーラホール・大ホール(大丸福岡天神店東館隣8F)

■【詳細】⇒クリック!【久留米大学ペプチドワクチン事務局のウェッブ 


                

| | Comments (1) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪第9回ジェンナー糖鎖生物学≫≪医学シンポジウム≫≪糖質栄養素&多糖類のテクノロジー≫

Pic1
       知って!ガッテン糖鎖情報や本舗


Ecsegar09

グーグル・ファイナンス・ニュースに糖質栄養素の会社・・・に驚きのニュース発表がありました!糖鎖の栄養素を摂った被験者の血液中の糖タンパク質に利点のある変化が見られたと・・・

Bibbia06


■このニュースのすごい事の根拠を求める方に学術論文が提出されて⇒ 【学術論文】

糖鎖の栄養素開発会社の科学者による【第9回ジェンナー糖鎖生物学と医学シンポジウム】プレゼンテーション 

■【シンポジウムのプログラム】⇒グーグル翻訳版      

                           (2009年10月8日)

Inthenews5full⇒【セネット博士⇒医薬素材の特許をお持ちの博士】


糖質栄養素の科学者は、糖鎖生物学と医療シンポジウムで科学を提示しました !2009年9月13日~15日ベルギーのブリュッセルで開かれた第9回年次ジェンナー糖鎖生物学と医学シンポジウムに於いて糖質栄養素の多糖類コンプレックス(パウダー)についてのテクノロジーを2つのポスター発表でプレゼンテーションが行われました。

Photo

最初のポスター発表が、糖鎖の栄養素開発会社科学部門の最高責任者ロバートAセネット博士により
行われ、その詳細はマウスに多糖類=粉末(パウダー投与前と投与後での臨床試験データを示す表示をセネット博士の口頭で行われた!

Inthenews8full【左端にセネット博士・右端がボイド博士・←白いジャケット姿がアクスフォード博士】

≪ジョン・アクスフォード博士≫は、火曜日(2009年9月15日 ) の「セッション7」:【糖鎖の診断と治療 】
Chair: Prof John Axford, St George's University of London, Director of the Sir Joseph Hotung Centre for Musculoskeletal Disorders London, UK 司会:「ジョンアックスフォード教授」=ロンドンジョージセント大学(イギリス)、

Logojyennna


2.30 pm午後2時半 ntroduction はじめに
Prof John Axford, St George's University of London, Director of the Sir Joseph Hotung Centre for Musculoskeletal Disorders London, UK筋骨格疾患について、ロンドンHotungセンターのディレクター⇒サー・ジョゼフ (英国 )・・・・・・


Science

そして結果は、≪健康なマウスの結腸内の遺伝子発現に有益な効果があります≫と遺伝子発現解析で知られるニュージャージー州プロダクツ安全研究所でテキサス大学サウスウェスタン医療センターダラス校の科学者によって、動物実験をユーロフィン”Eurofins”⇒【補足:世界30各国で800億円の売り上げを食品検査などで計上する、国際的に比類のない検査機関(従業員が3000人)です!・・・・・情報や本舗調べ】

Cover_nature3

開発会社の研究開発(R&D)グループが資金を提供し、プロジェクトを管理し、コンパイルされたデータです

【補足:コンパイルとは人間が書いたプログラムをコンピュータの判る機械語に翻訳したという意味だそうです】

2番目のポスター発表は聖ジョージのロンドン大学【補足:ジョン・アクスフォード博士が聖ジョージ病院の医学学校の教授を務めている大学】の研究者が、コチラは動物ではなくオープン?で人間の研究による多糖類(Advanced Ambrotose)パウダーが血液中においてN -グラ イコシレーン(グリコシル化) した糖鎖プロファイル【=糖鎖の特徴.特性?】.に影響を与えるという発表でした!

Covermedium

今回の「糖鎖生物学と医療シンポジウム」には、ヨーロッパアジア、アメリカ合衆国の糖鎖生物学や医学の分野での主要な研究グループから100名以上の医療関係者が出席しました。この会議は、王立医学協会(英国)によってレガ医学研究所のルーヴァン・カトリック大学(ベルギー)との共同で開催されました。

Photo ⇒【ジョン・アクスフォード博士】

【王立医学協会はジョン.アクスフォード博士が会長を務めていました...・この協会会長は日本で言えば“厚生労働大臣”“医師会会長”“癌学会会長“と3つを兼任するようなものだと聞及んでいます!「】この研究は糖質栄養の研究開発会社からの学術研究助成金によって賄われたそうです


■オンラインで公開発表の 英語版ニュースを情報や本舗が辞書を片手に翻訳をした書き込みです専門外の事ゆえ、誤訳があるかもしれませんグーグル・ファイナンスのニュースは何故か消えていましたが、会社の「in the news」にはありましたので翻訳試みしてみますか!⇒ 【原文ニュース

Photo_9

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ガンと宣告されたら・・・?≫≪がんペプチドワクチン療法⑦≫≪NHKテレビ≫≪クローズアップ現代≫≪夢のワクチン!≫

Logo

最新情報=2月6日NHK「あさイチ」

    ■「驚き!がんワクチン最前線」■
 


Aphoto_nhkAphoto_nhk_4Aphoto_nhk_5
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

                                


10月26日(月)に■NHK【クローズアップ現代で「実現するか”夢”のガンワクチン」と題して放映がありました。がん細胞を体の中の免疫システムを利用して攻撃する「がんワクチン」。三大療法といわれる⇒手術・放射線・化学療法につぐ第4のがん治療法として注目され、

Ageskurozu

ワクチン注射だけで、がんの増殖を抑え、余命数ヶ月と宣告された患者が2年以上も生存した例も臨床試験では報告されているそうです。国内では「すい臓がんのワクチン」が臨床試験の最終段階に来ていると言う嬉しいニュースも伝わってきている

Aaages⇒【実現するか”夢”のがんワクチン】と余命数ヶ月と宣告されたがん患者が2年以上も生存した方の体験談などの放映の一部がウェッブ内の公開動画で観ることが出来ます↑

         ≪コレが夢のワクチン!≫
28061


Button_switch_nowNHK教育の【サイエンスZERO⇒(4月4日)「ガンの個性を探れ」

Button_switch_now_2TBSの【総力報道!THE NEWS】での「ガンが小さくなる」⇒(6月6日放映)に引き続いての特集ですね!

 
これで進行が止まって、縮小したという「男性のがん患者」の話をTBS【THE NEWS】が取り上げての特集だったのですが

Photo

男性ガン患者は和歌山県立医大で すい臓がん治療をうけていたのですが、2007年に「余命7か月」と診断された。すでに手術には遅く、このガンペプチドワクチン療法でかなりの確立でガンが小さくなった!

Cancer

また完全に消えたという情報を知った、病院の提案でがんワクチンの臨床試験を受けることをきめて、「すい臓がん」で好結果をだしている遠く離れた「岩手医科大学付属病院」に出向いたのです

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【情報や本舗の勝手な書き込み】・・・治療の仕組みは、ガン細胞の表面にはペプチドという組織ができるが、もともと患者の細胞だからリンパ球はこれを敵と認識しない⇒≪自己≫≪非自己≫・・・【認識するのは受容体⇒この先端には「細胞のアンテナ」がついているのです・・情報や本舗述】そこで同じペプチドを注射してリンパ球に異物であると認識させて、攻撃させるという⇒テーラーメード≪紳士服・婦人服のオーダーメードのようにそのガンに合わせた?≫・・・認識をしたリンパ球はがん細胞のペプチドを攻撃するようになる!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

■【ここからのニュースは今回知りました!】

Photo28061⇒【クローズアップ現代⇒ウェッブより】


注射で8回投与されたが、がんの進行が止まり、1年後の2008年、2年後の2009年と、変わりなく、普段の生活に戻って、仕事もつづけ、旅行にも行き順調な生活を送っていたのにも関わらず、今年の8月残念なことに、容態が急変!亡くなったそうです、当初の診断【余命7ヶ月】を超えてのことでした

また番組内で、国内のすい臓がんのワクチンが臨床試験の最終段階に来ているというのに、一方で他の肺、胃、ぼうこうなど13種類のがんワクチンの臨床試験は進んでいないのが現状で、その理由は臨床試験を行うための資金不足にあると!


_100_bills112x180

アメリカではがん患者を支援する民間団体が研究資金を提供【NPOの支援団体、1万7000人がネットやイベントで寄付を募り、27億円を提供】、政府も動かし開発を強力に推進させている【公的資金でも、米政府のがん研究費は5000億円以上です!日本では数百億円!これが現実です


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪がんペプチドワクチン療法≫≪特別編≫≪がん免疫療法←→自家がんワクチン≫

Baner02_2


【新たながんワクチン療法が研究】


20090813hjc8d000_13

ガンの治療方法といえば「手術」「抗癌剤」「放射線治療法」の3大療法が主流ですが、新しい治療法が加わりそうです。新たな治療法は、「がんワクチン療法」で、インフルエンザなどの感染症などにかからないように体内を守る免疫力を高めると免疫療法と同じ方法で、

「ガン細胞」に対抗しようというのがこの免疫療法なのです≪癌の免疫治療法は、「抗癌剤」と併用して「癌ワクチン」を投与するという方法≫

がんワクチン療法には大きく分けて、2つの方法があります。ひとつは、手術などで取り出した、患者さん自身の癌の組織を利用してワクチンを作成する方法≪つくばの理化学研究所を中心として≫、もうひとつは、人工的に合成したペプチド(蛋白)を用いてワクチンを作成する方法≪東京大学医科学研究所・大阪大学医学部・久留米大学等々を中心とした≫です。


Photo

患者自身の癌の組織を利用する方法≪自家ワクチン」とよぶ≫当然、手術などで癌をとりだした場合にしか、ワクチンを作成することはできない!≪ただし、顕微鏡標本に用いた材料からでも、ワクチンを作成することは可能ですので、術後、時間がたっていても、この方法でワクチンを作成することは可能です

この療法の利点は、癌そのものを使うので、標的がはっきりさせることができ、効果が現れる率が高いといわれています


Kaiwa_meneki

情報や本舗・・・・標的というのは正常細胞にもがん細胞にも、その細胞の表面につく糖タンパク質のさきの「糖鎖」←このはたらきが=細胞のアンテナと言われる所以ですよね!

アンテナの感度良好が求められる事を鑑みれば、細胞のアンテナ⇒「糖鎖」の栄養素」は必須であって、併用されれば好結果につながるのではないかと?考えるのは素人の考えですかね】

一方、人工ペプチドを用いたワクチンは、分子生物学の進歩により可能となったもので開発したのは、東京大学医科学研究所の中村祐輔教授です。中村教授は、癌細胞の表面にある「ペプチド」という物質に注目。癌細胞と同じカタチの「ペプチド」を合成して再生に成功。この再生した「ペプチド」を体内に注入。


Cy_050101


すると、体内にある免疫細胞が、この「ペプチド」を「敵」であると認識して攻撃を加えます「ペプチド」を攻撃することを覚えた免疫細胞【獲得免疫の働きを活用しているのでしょうかね?】は、もともと体内に巣くっていた「癌細胞」の「ペプチド」を攻撃します、癌細胞のペプチドを攻撃することによって、癌の増殖を抑制させるというのが「癌ワクチン療法」です。

081227_10530001

癌の種類によって10種類の「ワクチン」が用意されています。【テーラーメードワクチン療法と称しています!】250人の臨床研究の結果、4割で癌の進行が止まり、2割で癌が小さくなったということです。

分かりやすいサイトが⇒ 朝日新聞オンラインニュースの画像とコメント

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪川村カオリ≫≪ロック歌手≫≪ZOO=愛をください≫≪シングルマザー≫≪乳がん≫≪2009年7月28日天国への旅≫

Aaaaa2004年!乳がんが発覚して「川村カオリ」(38)の決断は『胸よりも生きる事が大事、ジャー要らないと・・』乳房を取去った彼女でしたが・・・
6

2013年5月ハリウッド女優「アンジェリーナ・ジョリー」(37)が乳がんのリスクを高める遺伝子の変異が見つかったからと言って(がんが発覚してはいないのに?)、予防措置として両乳房を切除する手術を受けたとのニュース!・・・http://xfs.jp/7Z4c4
関連は無いのだが”年齢”が奇しくも気になった?

Themeつい、先月にも「川村カオリ」と同じく、人気ロック歌手「アナスタシア」 の「乳がん再発」ニュースが流れたばかりだ!(2013年4月14日)

           ⇒【シネマトゥデイ】の記事


02

2009年もピンクリボンキャンペーンが始まった!なのに”川村カオリはここにいない・・・・毎年4万人が罹っている”」乳がん”!彼女の思いを無駄にしないで下さい

Ageskawamura3

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Format_header_2

■昨日【2009年7月28日】一人のガンと闘う、女性ロック歌手が都内の病院で永眠してしまった!■

Photo

2004年に乳がんが発覚!手術!その時の決断は『胸よりも生きる事が大事、ジャー要らないと・・』そして手術は成功していたかに見えたものの?2008年に多発性リンパ節・胸骨・肺と転移が見つかる、昨年久々に封印していた?デビュー曲≪ZOO≫を原宿のアストロホールの誕生コンサートで10数年ぶりに歌い、愛娘の「ルチア」ちゃんの為にもと精一杯ガンとの闘病を続け生きると言う事に決してあきらめない姿に、スタッフが、彼女の38回目の誕生日にビッグなプレゼントを申し出た・・・・

Ageskawamura1

申し出を受けたのは、39回目を迎えることなく旅立ってしまった女性ロック歌手≪川村カオリ≫だ!38歳!シングルマザーで3ヶ国語を話す女性ロックーそしてトップモデルで、女優としても活躍という多芸多才な≪川村カオリ
≫!今はいない!【本当に、残念なことです】

Photo_2

今年5月5日にデビュー曲≪ZOO=愛をください!≫をツアー活動の拠点としていたステージ、想いで深き渋谷のC.C.Lemonホール【渋谷公会堂のことです】でのライブが彼女を奮い立たせたプレゼントだったのです!2008年の10月にピンクリボンフェスティバル終了後の驚きの会見からか、

Aphoto_4

マスメディアでの特番などの出演が多く、そのうちの一つ、7月17日に川村カオリと一人娘の「ルチア」ちゃんに密着取材の全てを「金スマSP」で紹介のYou-Tube検索をして観たところ、金スマのメインMC仲居正広さんの「何がつらいことでしょう?」の質問に「自分の寿命が見えないことは、つらい!何月何日と言われたほうが・・・良い・・!」と彼女は答えました

Ages

■今になっては、子供の日のライブがラストステージになってしまったが、集まったファンに語りかけた「奇跡を信じよう・・!奇跡を起こしてみたいな・・・」がむなしく、胸に残る一日になってしまった

【You-Tube】川村カオリに追悼の意をもって観ました!

川村カオリの【ブログ=調子はいいんだけど・・・・

Aaaphoto_3


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


昨年やはりガンとの闘いをブログにも書きこみ、教え子、大学関係者のまえでの大学の講堂でラストメッセージとして「最後の授業」を終えた「ランディバウッシュ教授」のお話と、何かしらダブってしまいました!バウッシュ教授はブログ、本の中で子供達へのメッセージを沢山残し、川村カオリさんもブログ、愛娘の為にいつとも知れず確実に近づきつつあるカウントダウンの無い「死!」と直面しながら・・・・ガンは容赦なく身体を蝕んでいく

Aaa_394791_28955382_0

そんな中・・・人の為に!誰かの為に!生きていたいと、ここにきて考えるようになって、抗がん剤の副作用による痛み・不調にも絶えて、川村自身で作詞作曲したロック「リメンバー 17歳の君へ」」の曲は間違いなく最愛の娘「ルチア」ちゃんへのラストメッセージだったのでしょうね・・・・音楽活動から離れていたとは言え、片時も唄は忘れる事はなかったのでしょう!『人と出会い!別れ!そして経験!深さを増して、人とともに成長する、人に伝わる唄を歌いたいものです・・・』

Check

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪正常細胞が≫≪癌(ガン)の悪性度を決める!≫≪米科学誌「Science」!≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Saibou_denntatu_1免疫細胞が会話をしている貴重な写真です!(日経サイエンスー2006年より)                               


⇒【この画像の解説
クリック!・・・日経サイエンスの本には左にもう一個の細胞が・・・・
                               

                       □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo

信頼性の高い医療ニュースは配信しているHealth Day ジャパン新医学見識の掲載記事です!この研究は米科学誌「Science(サイエンス)」オンライン版に昨年の8月に掲載されていて、その内容は「腫瘍が出現するはるか前から存在する正常細胞の性質により、癌(がん)の悪性度【下記に補足説明】が決定される可能性!すなわち、このような細胞は早い段階で身体の離れた場所へ移動し、癌遺伝子が活性化されるまで何食わぬ顔でそこに留まっているのだという新しい研究結果がで示されたのです!

Img_buy_1_01_3【結核菌もじっと息を潜めて隠れていると言った話を聴いたこともあるでしょう!】


■補足:【悪性度とは、癌としての性質(たち)の悪さの度合いのことで、悪性度が高いほど、転移・再発しやすく、治療がしにくい傾向がある】とのことです

Cancer


この知見は、悪性細胞だけを標的とする治療は効果的ではないことを意味する。 【標的ガン治療の放射線治療!科学療法(抗癌剤)が近年、正常細胞も攻撃してしまうのではないか?危惧されてきましたが!ここにきて現実と成りつつあるのでしょうか?≫・・・・・では≪がんワクチン=がんペプチドワクチン≫がテーラーメード療法ということも正常細胞の性質?によって度合いの変化があるなら、この療法は確かにガン患者にとっては光明が見え隠れしていません?・・・・・情報や本舗】

Photo_2

従来の医学的見識では、癌の転移は比較的後期の段階で起こるものであり、原発腫瘍の細胞が十分な変異を経て、さまざまな癌遺伝子のスイッチがオンになって初めて生じるものと考えられてきた。

≪遺伝子(ガン遺伝子も含む)のスイッチがオンについてはハーパー生化学の筆頭著者である”ロバート・K・マレー博士”が「・・・・糖質栄養が体内でどのような働きをする可能性があるのかについては、さまざまな働き方をすることが研究で立証されています。第一に、糖質栄養には、細胞にウィルスや細菌が結合することを阻害する働きがある・・・・・

【中略】・・・・

第四に、遺伝子の活動をONにしたりOFFにしたりするスイッチ機能の可能性です・・・・」とならば、正常細胞が正常細胞でいられる可能性は、極めて糖質栄養の働きによるものではないかと推察できませんか?   (Robert K. Murray)

Img_buy_1_01_3詳細全文読む】←クリック!―――by 情報や本舗≫


Photo_3←【ロバート・K・マレー博士

今回の研究では、現在がんの情報では絶対的信頼度の於ける米メモリアル・スローン・ケタリング癌センター!(ニューヨーク)そのセンターの「カトリーナ・ポドスパニア(Katrina Podsypanina)博士」らが、マウスを用いて一連の実験を行ったこの知見は、転移カスケード(編集注=1つの反応が生じるとそれに派生して連鎖的に反応が継続していく現象を、階段状の滝を水が流れ落ちる様子にたとえたもの)の第一段階が正常細胞によって起こるのかどうかを示す重要なステップであると「ポドスパニア」氏は述べている。


Photo ←【米メモリアル・スローン・ケタリング癌センター

補足:医学や科学に関わったことのない人が癌やほかの疾患の治癒法にたどりつこうとしても信頼できる情報の発信元に行き着くことが難しい!そこで信頼できる情報元としては、米国癌協会(ACS)、米メモリアル・スローン・ケタリング癌センター(ニューヨーク)、米テキサス大学M.D.アンダーソン癌センター(ヒューストン)などがあり、特にこの記事の発祥元”米メモリアル・スローン・ケタリング癌センター”はU.S.News & World Report マガジンから “米国一の癌治療センター ”であるという栄誉を受けています!


Data1

(HealthDay News 8月28日ー2008年)原文ニュース ←コチラをクリックで読む事が出来ます【英文】


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪末期ガンの男性が≫≪母乳を飲むことで治った?≫≪ニュース!≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Saibou_denntatu_1←≪免疫細胞が会話をしている≫貴重な写真です!(日経サイエンスー2006年より)                               


⇒【この画像の解説
クリック!・・・日経サイエンスの本には左にもう一個の細胞が・・・・

Side_ttl_3お問い合わせ・資料請求】⇒ 【コチラ】


                   □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Cancer

グーグルの検索エンジンからヒットした末期ガンの母親の闘病手記を何とか翻訳し、「末期ガンと闘う!75歳の母親の栄養療法・・・」とタイトルでブログの書き込み、今日、このアップ・タイトルから検索した方からのお知らせで「娘の母乳を飲んだら末期ガンが治った? 英国人男性の事例が話題に・・・」と言うオンラインニュースが飛び込んできました!

Chronic_illness_2

2007年7月に胃痛のため病院で検査を受けた結果、末期の肝臓がんと診断された英国の男性(67歳)が、すぐに手術を受けて成功しその後1年間は化学療法が奏効し、小康状態を保ちながら生活していた、ところが一年前の手術の一週間前に結婚をした娘さんが第1子の妊娠中にこの男性の肝臓ガンが再発したそうだ。

Photo

そんなある日、娘さんは父親の治療に役立つかもしれないという情報を、あるテレビ番組から仕入れた。それは米国の前立腺がんの男性患者が、ある機関を通じて母乳を入手して、毎日飲み続けることで治療を行っているという番組を観て、当初はばかげたこととは思いながらも、「父が良くなるためなら何でも試してみよう」と決断し、娘さんは、出産後で母乳も出ていることから、父親に母乳の提供を提案をして、母乳を飲んでもらったところ、なんと回復傾向を示した【その効果はてきめんで、飲み始めてから1か月後の検査で状態が良くなったと診断された】ことでの、英米のメディアによって報じられた!

【英紙デイリー・メールなどによるニュース全容は!】 ←クリック!

Preview

情報や本舗でも「母乳】と【糖質栄養」とカテゴリーを設けています、「赤ちゃんにとっての最良の食事の母乳」は栄養と免疫力に富んでいることは周知の事実です。成人に対してもさまざまな効果がある可能性が指摘されています!現在のところ、母乳の摂取が、ガン抑制につながるという医学的根拠は証明はされてはいませんが・・・

■英国では世界がん研究財団が「母乳ががん患者に何らかの利益をもたらすという根拠は、まだ見つかってない」と英紙デイリー・ミラーにコメントしている!

Fda

■米国では母乳ががんに効果があることが注目されており、米ABCでは「米食品医薬品局(FDA)は、母乳が小児がんのリスクを下げるかもしれないと公式サイトに掲載している」と紹介。FDAは「母乳に含まれるたんぱく質が、がん細胞を『自滅させる』要因になり得る」と説明している。

         ≪6月15日にライブドアーオンラインニュースより抜粋≫

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ある集まりでのスピーチで「ひとのために造られ、人にとって一番の食糧は母乳だ。他のものとの大きな違いはこれらの糖だ!神(天?・自然界?)が母乳を造った、それも完璧な食料として造ったのです!乳飲み子が脳の発達に、免疫作用の発達に確実に必要なものとなるように!また神はあなた方にそれと同じ物を与えた。それは子供たちが、母乳をやめたあとも同じように良いものを食べ続けることができるようにだ!それが・・・・・・・

Twitter_2■■■ @tenboss ■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪末期ガンと闘う!≫≪75歳の母親の栄養療法≫≪「ある看護師の闘病手記」より≫

グーグルの検索エンジンに「Cancer」と入力してヒットしたあるサイトに未知との遭遇?ある看護師の末期のガンの母親の闘病手記でした翻訳機を使ってそのサイトを翻訳!怪しげにも何とか意味がある文章になりましたので書き込み!

Baner02


私の母、75才のノーマ・クンツは「末期がん」と診断されました。医師は治療が難しいと言って穏やかな、少し時間は掛かるがと化学療法を勧めました。医師らは、母親の余命が1年!生き延びるかもしれないと言いました。

Chronic_illness


母ノーマの子宮・骨盤そして肺そのすべてに腫瘍がありました。CTスキャンによって、彼女の腹部のリンパ節にも、腫脹が見られたのです。医師は、子宮内膜、卵巣がんと処方病理学から診て「ステージ4B」=末期のガンと呼びました。

Photo_5


母のガンは、ある種の進行性で悪性の腫瘍であると言いました。そして、それは通常の化学療法では十分に応じられないでしょうとも。母は、この年まで常に素晴らしい健康に恵まれていて、ついこの前、8ヵ月前の最後の骨盤試験とパプ塗抹試験の結果がまさかと思うほど、この診断は私たちにとって、とても大きなショックでした!

Photo

すぐに化学療法【シスプラチンアドリアマイシン】を開始しました。他の家族のように、私は母のために回復するために神に祈り始めました。私はRN=正看護師です、そして、ここ数年の私の興味は食事療法と自然の補助食品を使用して自然な治癒について勉強していました。私は、神が人間の健康維持のためには、自然というもので我々にすべてを与えたと思っています。

Photo_8


私は、自然治療療法を使っている「末期がん」の癒やされた人々について書かれている2・3冊の本を読みました。私には、肺がんと診断された30才の娘をもつ友人がいるのですが、その娘はガンを治療するために食事療法と補助食品>を用いて2年後、元気でいるのです。

Photo

私は友人親子のとった治療計画がどのようなものだったのか?彼と話し尋ねました。そして数週間にわたり、私は祈り、本を読み、日夜ビデオを観て、何が一番母にとって良いのか?処置計画というか治療計画を探し始めました!母は、私たち兄弟姉妹が一緒になって考えだしている計画を知ってもいて、自然医学にも興味を持っていました。

Photo_9


兄弟姉妹と私とで、機能の良いジューサーを買いました、そして、母は毎日人参ジュースを飲むこと、smoothesを豆腐と新鮮な果物を摂る事を始め、肉・酪農製品・砂糖を含んでいない菜食を執って貰うことに決めました。食餌療法は、大量の大豆製品を大豆含有製品を使用しました。

Photo_7


そして母には補完栄養素(アロエ・ベラによる免疫系モジュレータ)、完熟野菜・果物(ドライフルーツと野菜をフリーズドライ)と脂肪酸と植物繊維(繊維、プロバイオティクスとオメガ3脂肪酸)を含む自然製品を大量に使用しました。他にも膵臓酵素・マイタケとシャイタケ・キノコ・緑茶・Essiac茶、・アルファリポ酸・亜麻の種・ニンニク・セレンと多種多様なビタミン類をとりました。【私たちがそれについてガンによいことを読んだ何でも療法に加えた】

Cancer

母がチェックのために病院の戻り、診断を受けた後で、医師らは、母がどれくらい良くなっているについて驚いたのです、CTスキャンをする度に、医師は母の腫瘍が縮小している事を提示しました。ところが化学療法は被害【副作用】を与え始めました、こうした処置療法で、母はより吐き気を催し、体力も弱り、食欲も減退して、ひどくなるばかりでした。母の不満はピークになりそうです。医師は、生きたいならば無期限に化学療法を続けなければならないと言われていたのですが、母は積極的には化学療法に応じなかったのです。


Photo_2

6回目の処置の後、Oncologistは子宮摘出を推薦しました。彼は、腫瘍がより小さかったが、それにもかかわらずそこで静まる、そして、彼女が化学療法をすることをやめるならば、彼女が多分3~6ヵ月で死んでいるだろうと言いました。私の母は、子宮摘出またはいかなる更なる化学療法もしないことを選びました。彼女の婦人科医は、彼女がするMegase(プロゲスチンホルモン)を命じました。徐々に、彼女の食欲と力は、戻りました。彼女は彼女のダイエットと補助食品についてさらに用心深くなって、頻繁な長い散歩をして、1週につき3回、ジムでトレーニングし始めました。


Renkei_24_11


化学療法をやめたその4か月後に、彼女はガンのチェックのために婦人科医のところに戻りました。医師は、胸部エックス写真を撮ることを支持しました。放射線科の医師は、彼女の肺に腫瘍を見つけることが出来ませんでした。また医師は骨盤試験からも、異常な何も見つけませんでした。そうなんです、彼女の子宮と骨盤の腫瘍を見つ~無かったのです、すなわちガンは、どこにもありませんでした。若干の瘢痕組織を見るだけでした。私たちの上に、奇跡がおきたようです。

Photo_10


医師が自然医学という選択をしたならば、神がすぐに彼女を治療し始めることを確信しています。私も、医師も、そして本人もガンに対して自然医学のこの分野を通して治療で私たちをリードするのを明らかにするために、私たちは直ぐに、それを認めて、それを使いはじめました。現在この研究分野が、非常に多くの注意と認知に値することは確かです


NOTE: If you are in cancer treatment, these diet changes may not be right for you.
【注:あなたがガン治療中であるならば、これらのダイエットによる変化が、あなたにとって正しいかどうかは分かりません】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Photo_16

「…人間の体は、それを構成している一つ一つの細胞が正常なバランスを取っていれば病気にならない。また、細胞を正常に働けるようにしてやれば、病気は治る。 細胞に栄養を与えることが、これからの新しい医学である。」

Side_ttl_3お問い合わせ!】⇒ 【コチラ】

「…病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の修復能力である。それを のに最も大切なものは、食べ物に含まれる栄養素である…」

Aaigtrmages

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

≪アンビットのQ&A≫ | ≪アンビット・エナジーについて動画で・・・≫ | ≪アンビット・エネルギー(Ambit Energy)≫     | ≪アンビット概要ビデオ≫ | ≪シグナムの美肌効果≫ | ≪リディア・コーLPGA≫ | ≪脳内活性サプリ≫ | ≪脳内活性サプリ・Q&A≫ | ≪INK.500ーランキング≫ | ≪PP2A≫ | ≪PP2A&TAU(タウ)≫ | ≪SIG-1012(高レベル分子)≫ | ≪Signum Biosciences≫ | ≪WEBでの取り扱い説明≫ | ≪WEB登録をWEB動画で≫ | 【24時間テレビ】 | 【お知らせ】 | 【がん・ガン・癌・】 | 【がん情報・・・テレビ番組】 | 【がん情報・・・新聞・雑誌】 | 【ねこ:ネコ・猫が三昧】 | 【やってTRY!やって渡来!】 | 【アスリート・・・・プロスポーツ選手】 | 【アセア=ASEA】 | 【アルツハイマーと認知症】 | 【インフルエンザ対策】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【コーヒーと医療】 | 【スクリプス研究所】 | 【スーパーボウルのCM】 | 【スーパーボウル・ハーフタイム】 | 【ダウン症候群】 | 【トランス脂肪酸】 | 【ノーベル賞・レガシー認定】 | 【パンデミック対策】 | 【ファイターズガール】 | 【ベン・カーソン】 | 【マクガバン・レポート】 | 【マグロ・・・アンブロ | 【レスベラトロールと長寿】 | 【中村天風】 | 【伝説のスピーチ】 | 【偶然の発明・偶然の発見】 | 【免疫・ハーブ】 | 【再生医療】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医学・医療】 | 【原理・原則・法則】 | 【反魂丹・万金反】 | 【古事記にまつわる話】 | 【地震・津波・未曾有の災害】 | 【大原麗子・・・ギラン・バレー症候群】 | 【妊娠中の食べ物=りんご】 | 【子供の脳の栄養素=DHA】 | 【子宮頸がんワクチン】 | 【宇宙と医学】 | 【幹細胞・再生医療】 | 【心温まる・癒される】 | 【抗加齢・寿命・延命】 | 【文明開化】 | 【本・書籍・BOOK】 | 【本当?それとも嘘なの?】 | 【植物コレステロール】 | 【植物・・・草・花・葉・茎・根】 | 【歴史における出来事】 | 【母乳・・・邪馬台国・卑弥呼】 | 【母乳・母乳育児】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵と火星探査写真】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【知っててお得情報】 | 【科学の粋】 | 【米国立がん研究所】 | 【糖質栄養素その有用性】 | 【糖鎖】 | 【糖鎖と免疫細胞】 | 【糖鎖による臨床】 | 【糖鎖の栄養素】 | 【糖鎖・その応答反応】 | 【細胞の最新情報】 | 【脳内活性】 | 【脳梗塞と再生医療】 | 【自閉症・ADHD】 | 【自閉症・ADHD・他動症・・・】 | 【著名人・有名人・芸能人】 | 【遠位型ミオパチー・・・難病】 | 【雑学・耳学・よもやま話】 | 【顕微鏡・双眼鏡・望遠鏡】 | 【食・栄養・サプリ】 | 【DNAテスト】 | 【ISC細胞・細胞再生】