【伝説のスピーチ】

≪情報や本舗≫≪ジョブス伝説のスピーチ≫≪12歳の少女伝説のスピーチ≫

Abyr2j7

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


≪時は違え、時空を超えて話題が「繋がった!」・・・一番目のスピーチ「点を繋げる」=「点は繋がると道(線)になる」・・・・・≫

□■□■□■≪ジョブスの伝説のスピーチ≫□■□■□■□■

Photo_2


「伝説のスピーチ」は今日、11日全国一斉に発売された米アップルの携帯電話端末「iPhone 3G」を開発発売もとのアップル社の「スティーブ・ジョブス」のスタンフォード大学での卒業式の祝辞スピーチ?です。iPhoneの誕生の歴史がこのスピーチに隠されています=先ずは10分ほどお時間を下さい・・・

079629284dcdf5a529c3c8293d4fe5b8


■⇒Apple創始者・スティーヴ・ジョブスの伝説のスピーチ】(1)


■⇒Apple創始者・スティーヴ・ジョブスの伝説のスピーチ】(2)

Aaaaaおまけ⇒「iPhone 3G」を知らなかった方?これから購入しようとする方のためにApple iPhone 3G/ WWDC の使用をジョブス自身コメントしています

Agesjyobusu

■⇒【iPhone を発表するスティーブ・ジョブス(日本語字幕)】 2007・1・9基調講演

Appuru


■⇒【スティーブ・ジョブズ大学卒業式(英文字幕)】←クリック

PS:伝説のスピーチの中で「ウィンドウズ=WINDOWSはマックの単なるコピーだから・・・」の件では卒業生の全員から絶大なる拍手が送られていました!

Button_switch_now_2【文章で】⇒「ジョブス伝説のスピーチ全文

【原文で】⇒伝説のスピーチ英語版

183576_10150415775260179_515880178_

                             □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■少女の伝説のスピーチ
181358a7dcb9e971833fde1159b4abd3


□■□■≪12歳の少女の伝説のスピーチ≫□■□■□■□■

4313812067

洞爺湖サミットが昨日閉幕しました、昨年の5月12日のブログで元祖?「伝説のスピーチ」12歳の少女に感心!スピーチの内容に感動!「どうやって直すのかわからないものを、こわしつづけるのはもうやめてください」と言った
12歳の女の子”セヴァン・スズキ”(カナダ)に感激!したことを思い出しながら今一度聴きましたが、タイムリーなこともあって地球環境問題は不明瞭なまま各国の要人たちは自国に戻って行ってしまったのではないでしょうか
どこかで注目していたことでしょう?今年28歳になったセヴァン・スズキ”(カナダ)はどう感じたのでしょうか・・


Antwait
■【伝説のスピーチ 環境サミット@リオ】■

PS:高校の英語の教科書に彼女のこの事がテキストに取り上げられているそうですよ!彼女のプロフィールを下記に


Photo

セヴァン・カリス・スズキ(Severn Cullis-Suzuki、1979年- )≫
1979年に現代文学で博士号を取得したタラ・エリザベス・スズキと、著名なカナダの遺伝学者で環境問題活動家のデヴィッド・スズキ(生物学で博士号取得)の娘として生まれる。。カナダ在住、日系4世。幼いときに両親と訪れたアマゾンへの旅がきっかけで、9歳のときにECO(Environmental Children Organization)という環境学習グループを立ち上げる。

Photo_3

■⇒地球環境サミットでの伝説のスピーチと200万キロの旅情報や本舗 提供

1992年6月、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで「自分たちの将来が決められる会議」が開かれることを聞き、「子どもこそがその会議に参加すべき!」と自分たちで費用を貯め、「地球環境サミット」へ赴く。NGOブースでのねばり強いアピール活動が実を結び、サミット最終日、セヴァンは「子ども代表」としてスピーチするチャンスを得た。

Button_switch_now12歳にして大人たちに「どうやって直すのかわからないものを、こわしつづけるのはもうやめてください!」と、圧倒させる言葉での感動的なスピーチは、「リオの伝説のスピーチ」として、世界中で紹介されることとなる。

Photo


 「地球環境サミット」以降、世界中の学校や企業、国際会議やミーティングに招かれ活動してきたセヴァンは、1993年に「グローバル500賞」を受賞したほか、1997~2001年にかけては「国連地球憲章」を作る作業に青年代表として携わった。

Earthtram



| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪免疫細胞を活用≫≪がん治療法の開発≫≪北大薬学部!≫

Photo_2最新ニュース(読売新聞■がん攻撃細胞を活性化させるワクチン(2010年8月18日)

Download_pdf北海道大学=広報発表(読売新聞記事と同日)プレスリリーフ・ニュース


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Barner_5


Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】  

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo

世界初の「自動糖鎖合成装置=(ゴルジ)」の発明でノーベル賞の候補にも挙がった糖鎖研究では第一人者の「西村紳一郎」氏は33歳の若さで北大理学部教授となった現在は大学院理学研究科・理学部の教授として活躍中ですが!もう一人!同じ西村姓で凄いことを研究開発した「西村孝司教授」が居られました!同大学の北大遺伝子病制御研究所の教授で免疫細胞を活用した、がん治療の開発研究を完了して、臨床試験に入ると!【共同開発の完了ニュース】

Photo_4

免疫細胞のことがよく分かるウェッブサイトはコチラ⇒【クリック】!

西村孝司教授の免疫細胞治療は、免疫が病原菌やがんなどを撃退する場合、「ヘルパーT細胞」という免疫細胞が指令を出し、がん細胞を直接破壊する「キラーT細胞の機能を高めると言う免疫細胞を活用したがん治療法の開発で「キラーT細胞」の働きを支援する機能を持つ「ヘルパーT細胞」に着目したのは2003年のことでした、細胞医療支援事業のメディネット(横浜市と免疫療法の研究開発を手掛けるバイオイミュランス(札幌そして北大発ベンチャーとして遺伝子病制御研究所の西村孝司教授を中心とした北海道大学だったのです!⇒【医療・医学ニュースの掲載記事

Photo

Photo北海道新聞「ひと2010】(2010・8・31)


京都新聞】「西村孝司教授京都府庁で、免疫力には手作りご飯を!食育講演会(2010年7月)でこう言いました≪コンビニ弁当ばかりの食生活やストレスが免疫力が低下させ、アレルギーを引き起こす≫と警鐘を鳴らした⇒クリック【もっと読む!詳しく


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo

特に、がん治療に有効とされる「Th1細胞を患者のリンパ球から採取し、外部で培養して患者に戻すことで、人が本来持つ免疫システム=(自己治癒力)そのものを強化することで、がんの増殖を抑えるのが狙いで、再発防止にもつながるという。

≪現在主流の三大抗ガン治療の一つ、医薬品(抗ガン剤)を使わず患者の細胞を増殖させる細胞療法であれば、極めて副作用も少ないでしょうし、期待するところは大きいのでは!≫
Photo_2


新エネルギー・産業技術総合開発機構【NEDO】の事業に採択された。研究期間は三年間で、毎年最高3億円≪3年間で最高9億円ですか!≫の委託費が支払われ、来年にも臨床試験【バイオイミュランス】(札幌)、細胞治療を手がける【テラ】(東京)が参加し、毒性試験などを行い!2009年にも北大と札幌北楡病院で臨床試験に着手する(北大と北海道臨床開発機構の協力)西村孝司教授は「治療法を確立し、普及を目指したい」と話している。


Newspaper

=上記ニュースは11月24日の北海道新聞= 北海道新聞記事は期限切れ・

・・取り置きの【掲載記事

がん・白血病の最先端医療 「細胞治療」本格化へ 札幌北楡病院(11/23 11:28)北海道新聞,

札幌北楡(ほくゆ)病院は、がんや白血病の新しい治療法として注目される「細胞治療」に使用する細胞の培養施設を備えた「免疫細胞療法センター」を院内に開設した。今後、治験への参加などを通して、細胞治療の取り組みを本格化させる。 細胞治療は、患者から採取した ...

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo■■■がん細胞を免疫細胞【リンパ球】が攻撃する実際の画像=動画で見られるサイトです
Mv_01_2 メディネット(横浜)が提供している画像!
  【動画のスタート】  ←開いたサイトの一番上の画像をクリックすると別画像から見られます 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪最後の授業≫≪ランディ・パウシュ≫≪見るサル!聞くサル!言いたくなるサル!≫

Baner


カーネギーメロン大学のコンピューター・サイエンスの教授で、バーチャルリアリティーの分野では世界的権威の一人と評されている「ランディ・パウシュ」氏

Randypauschlastlecture

2006年9月に膵臓ガンを宣告され余命半年との宣告を受けた、数か月後の講義「last lecture」本当に残念な事に、これが最後の授業になってしまったのです!

ランディ・パウシュ」氏は、妻と3人の幼い(6歳、4歳、2歳3ヶ月)子供を残して7月25日ついに天国へ召されてしまいました!


    【パウシュ氏の肝臓ガンのCT画像写真】
Ct1  Ct2  Ct3


≪3枚のCT写真を拡大クリック!⇒ガンの箇所を赤矢印で≫

手術と化学療法で一度は癌をコントロールしたように見えたのでしたが、【と言っても、その壮絶なガンとの闘いは凄い事だった!ことがご本人のブログ(日本語訳あり)から】2007年8月になって肝臓への転移を認め、彼は自分の置かれている状況を受け止める決心をしたことで、幼い子供達に何を残すか考え「最後の授業(Last Lecture)」をすることに...........


20070919pprandypausch_500

「僕の命のあるうちに、どうしても伝えたいことがある」「夢の実現をしてほしい!と言う話」=「人の夢の実現の手助けは、楽しいものです」と最後のメッセージ!

【最後の授業】ランディ・パウシュ著の本はなんと、驚異の全米大ベストセラー!となり、各メディアで初登場と同時に第一位を独占!!
Smallrandyaliveonfeb15


ニューヨーク・タイムズ紙=6週連続1位

☆ワシントン・ポスト紙=6週連続1位

                                                                  ☆パブリシャーズ・ウィクリー=6週連続1位

アマゾン.COM=7週連続1位

Photo

この素晴らしい、全米で600万人の人が涙の感動をした授業を聞いてみませんか!【You Tube 】

「最後の授業」1~9まで【80分】の無料講義は必見です!■「最後の授業」1


  授業の内容・子供時代の夢と無重力46歳のランディ・パウシュ教授は、2006年に膵臓ガンと診断され、肝臓にも10個の腫瘍があり、医師からは数週間から数ヶ月の命と言われたが、最後の授業でも腕立て伏せをして見せるなど、とても病気とは思えないエネルギッシュなスピーチを披露している


■「最後の授業」2
  NFL、百科事典、カーク船長、ぬいぐるみ
Smallhalloweenincredibles


■「最後の授業」3
  ディズニーのイマジニア、VRシステムとランチとパウシュ教授はカーネギー・メロン大学を卒業した後、ディズニーのイマジニア(アトラクションなどを企画するエンジニア)になるという子供時代の夢をかなえるため、意気揚々とディズニーへの入社を申し込んだが、あっさり断られ、そうした挫折について、「人生にはレンガの壁がある。この壁は私たちがどれだけ本気かを試すためにある。本気なら壁を破ることができるし、中途半端な気持ちの人は壁にブロックされる」と話している


Copy2520of2520the2520young2520pausc

■「最後の授業」4   ワルモノ学部長とディズニー、夢を助ける=大学教授となった後は極秘で仮想現実のプロジェクトを進めていたディズニーのイマジニアに働きかけ、大学から長期研究休暇をもらってディズニーのイマジニアチームとともに魔法の絨毯等のアトラクション考案に参画した話

         >■「最後の授業」5   

生徒の作品発表同教授はカーネギー・メロン大学で、学生が自由な発想で仮想現実や3Dの活用を楽しみながら学べる講座や、アートと技術の融合をめざしたエンターテイメント・テクノロジーセンターと呼ばれる大学院課程の創設に関わった。

Smallrandywhisperstojai

■「最後の授業」6
  忍者のローラースケート、後継者、ETCと評価制度

■「最後の授業」7
  「Alice」プロジェクト、両親、恩師、友人=パウシュ教授は、高校生や大学生が手軽に3Dアニメーションを作成できるようにと、アリスというプログラムを考案した。

Smallpauschfamilychristmas2007

■「最後の授業」8   友人、進学、夫人の誕生日


■「最後の授業」9 ・・・・・最後のビデオ  

夢の実現、批判を聞く、子供へ教授の最後の講義は、自らの幼い子供達に向けたものであり、同教授の人生観を映し出したメッセージがちりばめられている。「私は楽しいことが好きだ。これまでも楽しんできたし、死ぬ直前まで楽しく生きる。それ以外の生き方を知らないからね」とわが子へのメッセージで80分の「ラスト・メッセージ」

| | Comments (2) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪伝説のスピーチ」ダブルタイムリー!≫≪スティーブ・ジョブス≫≪セヴァン・カリス・スズキ≫≪

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Saibou_denntatu_1←≪免疫細胞が会話をしている≫貴重な写真です!(日経サイエンスー2006年より)                               


⇒【この画像の解説
クリック!・・・日経サイエンスの本には左にもう一個の細胞が・・・・


Moviecamera_3【細胞のアンテナ(糖鎖)とは・・日本テレビ】
観るここをクリック!≪この糖質栄養素↓≫


                   □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


≪時は違え、時空を超えて話題が「繋がった!」・・・一番目のスピーチ「点を繋げる」=「点は繋がると道(線)になる」・・・・・≫


______≪ジョブスの伝説のスピーチ≫______


Iphone_3g

「伝説のスピーチ」は今日、11日全国一斉に発売された米アップルの携帯電話端末「iPhone 3G」を開発発売もとのアップル社の「スティーブ・ジョブス」のスタンフォード大学での卒業式の祝辞スピーチ?です。iPhoneの誕生の歴史がこのスピーチに隠されています=先ずは10分ほどお時間を下さい・・・

■⇒Apple創始者・スティーヴ・ジョブスの伝説のスピーチ】(1)


Photo_4

■⇒Apple創始者・スティーヴ・ジョブスの伝説のスピーチ】(2)

おまけ:「iPhone 3G」を知らなかった方?これから購入しようとする方のためにApple iPhone 3G/ WWDC の使用をジョブス自身コメントしています

Photo_10


■⇒【スティーブ・ジョブズ基調講演(英文字幕)】←クリック

PS:伝説のスピーチの中で「ウィンドウズ=WINDOWSはマックの単なるコピーだから・・・」の件では卒業生の全員から絶大なる拍手が送られていました!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


______≪12歳の少女の伝説のスピーチ≫______

Photo_2

洞爺湖サミットが昨日閉幕しました、昨年の5月12日のブログで元祖?「伝説のスピーチ」12歳の少女に感心!スピーチの内容に感動!「どうやって直すのかわからないものを、こわしつづけるのはもうやめてください」と言った
12歳の女の子”セヴァン・スズキ”(カナダ)に感激!したことを思い出しながら今一度聴きましたが、タイムリーなこともあって地球環境問題は不明瞭なまま各国の要人たちは自国に戻って行ってしまったのではないでしょうか
どこかで注目していたことでしょう?今年28歳になったセヴァン・スズキ”(カナダ)はどう感じたのでしょうか・・

■⇒伝説のスピーチ 環境サミット@リオ
Photo_3

■⇒地球環境サミットでの伝説のスピーチと200万キロの旅情報や本舗 提供

PS:高校の英語の教科書に彼女のこの事がテキストに取り上げられているそうですよ!彼女のプロフィールを下記に


Photo

セヴァン・カリス・スズキ(Severn Cullis-Suzuki、1979年- )≫
1979年に現代文学で博士号を取得したタラ・エリザベス・スズキと、著名なカナダの遺伝学者で環境問題活動家のデヴィッド・スズキ(生物学で博士号取得)の娘として生まれる。。カナダ在住、日系4世。幼いときに両親と訪れたアマゾンへの旅がきっかけで、9歳のときにECO(Environmental Children Organization)という環境学習グループを立ち上げる。1992年、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで「自分たちの将来が決められる会議」が開かれることを聞き、「子どもこそがその会議に参加すべき!」と自分たちで費用を貯め、「地球環境サミット」へ赴く。NGOブースでのねばり強いアピール活動が実を結び、サミット最終日、セヴァンは「子ども代表」としてスピーチするチャンスを得た。12歳にして大人を圧倒させた感動的なスピーチは、「リオの伝説のスピーチ」として、世界中で紹介されることとなる。

 「地球環境サミット」以降、世界中の学校や企業、国際会議やミーティングに招かれ活動してきたセヴァンは、1993年に「グローバル500賞」を受賞したほか、1997~2001年にかけては「国連地球憲章」を作る作業に青年代表として携わった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪地球環境サミット≫≪伝説のスピーチ≫≪セヴァン・スズキ≫≪200万キロの旅!≫

Event

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Anataga

2008年の夏に日本で主要国首脳会議(G8サミット)の首脳会合が、標高625メートルのポロモイ山の頂上に立ち、東に洞爺湖、西に内浦湾を見下ろすという北海道の「ザ・ウィンザーホテル洞爺」で開かれることになり、今年6月上旬に開く主要国首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)の主要議題は温暖化策など、また2012年で期限切れとなる「京都議定書」代わる新しい策定。

C070808_2

世界中の国々の人々が10年ごとに一同に会して地球の環境問題を討議する「地球サミット」!思い出してください、15年前1992年ブラジルリオでの一人の12歳の女の子”セヴァン・スズキ”(カナダ)の6分間のスピーチが人々の強い感動を呼び、世界中をかけめぐり、いつしか「リオの伝説のスピーチ」と呼ばれるようになった。

BSevern_youngcantwait


Photo_2_2

このスピーチの全容が動画で見て聞ける!近年のITのウェッブ進化によるユーチューブによっていまだ知らない人にも、このスピーチが見て聞くことが出来るように【無論本の出版は既刊されています】


A0104434_11205329

ところで「素敵な宇宙船地球号」(2009年に何故か打ち切り)のTV番組でタスマニアの自然環境の変化での日本のワカメが現地の海に生息し始めて、その糖質の薬効効果をオーストラリアの薬品会社がそのワカメを独占契約で・・・・この少女”セヴァン・スズキ”の「誰でも世界を変えられる」も番組紹介されていました!

Sev20with20iremaohp

この女の子も今や27歳?彼女は変わっているというのに、環境問題提起を並み居る大人たちに向かって提言したのに、当時となんら変わっていないどころか良くない意味で負の進化の行進をし続けているのでは?

≪スピーチの中にはとても胸打つ、今でも心に残る印象深い言葉が 「どうやって直すのかわからないものを、こわしつづけるのはもうやめてください」  ≫

Severn_riospeach

コチラで全文読むことが!】http://www.sloth.gr.jp/relation/kaiin/severn_riospeach.html
「どうやって直す・・治す・・のかわからないものを、こわしつづけるのは・・・・知らないことをむやみに否定することをもうやめてください」

Howto


環境問題が体内でも異常な問題を起こし始めていると提起して世界中を飛び回っている、ある一人の自然療法医学博士がいます!昨年「いのちの鎖」という本を出版されたドクター・ニュージェントです。

博士は30年以上に及ぶ研究生活において、6、000種類以上の栄養補助食品を研究して、奇跡は人間の身体の中に存在することを知ッたのです!「どうやって・・・」もちろんその奇跡は、必要な栄養成分を供給されなければ実現しところがないということに、21世紀の地球環境では、その供給が十分にできないのが実情で

『毒の惑星で生き抜くための方法』という本が既刊されています「いのちの鎖」はその原本の一部なのです!必要な栄養素とは「糖鎖の栄養素」だと、博士が講演を通じての、世界中の旅は200万キロに及んでいるそうです

Earthtram


| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

≪アンビットのQ&A≫ | ≪アンビット・エナジーについて動画で・・・≫ | ≪アンビット・エネルギー(Ambit Energy)≫     | ≪アンビット概要ビデオ≫ | ≪シグナムの美肌効果≫ | ≪リディア・コーLPGA≫ | ≪脳内活性サプリ≫ | ≪脳内活性サプリ・Q&A≫ | ≪INK.500ーランキング≫ | ≪PP2A≫ | ≪PP2A&TAU(タウ)≫ | ≪SIG-1012(高レベル分子)≫ | ≪Signum Biosciences≫ | ≪WEBでの取り扱い説明≫ | ≪WEB登録をWEB動画で≫ | 【24時間テレビ】 | 【お知らせ】 | 【がん・ガン・癌・】 | 【がん情報・・・テレビ番組】 | 【がん情報・・・新聞・雑誌】 | 【ねこ:ネコ・猫が三昧】 | 【やってTRY!やって渡来!】 | 【アスリート・・・・プロスポーツ選手】 | 【アセア=ASEA】 | 【アルツハイマーと認知症】 | 【インフルエンザ対策】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【コーヒーと医療】 | 【スクリプス研究所】 | 【スーパーボウルのCM】 | 【スーパーボウル・ハーフタイム】 | 【ダウン症候群】 | 【トランス脂肪酸】 | 【ノーベル賞・レガシー認定】 | 【パンデミック対策】 | 【ファイターズガール】 | 【ベン・カーソン】 | 【マクガバン・レポート】 | 【マグロ・・・アンブロ | 【レスベラトロールと長寿】 | 【中村天風】 | 【伝説のスピーチ】 | 【偶然の発明・偶然の発見】 | 【免疫・ハーブ】 | 【再生医療】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医学・医療】 | 【原理・原則・法則】 | 【反魂丹・万金反】 | 【古事記にまつわる話】 | 【地震・津波・未曾有の災害】 | 【大原麗子・・・ギラン・バレー症候群】 | 【妊娠中の食べ物=りんご】 | 【子供の脳の栄養素=DHA】 | 【子宮頸がんワクチン】 | 【宇宙と医学】 | 【幹細胞・再生医療】 | 【心温まる・癒される】 | 【抗加齢・寿命・延命】 | 【文明開化】 | 【本・書籍・BOOK】 | 【本当?それとも嘘なの?】 | 【植物コレステロール】 | 【植物・・・草・花・葉・茎・根】 | 【歴史における出来事】 | 【母乳・・・邪馬台国・卑弥呼】 | 【母乳・母乳育児】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵と火星探査写真】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【知っててお得情報】 | 【科学の粋】 | 【米国立がん研究所】 | 【糖質栄養素その有用性】 | 【糖鎖】 | 【糖鎖と免疫細胞】 | 【糖鎖による臨床】 | 【糖鎖の栄養素】 | 【糖鎖・その応答反応】 | 【細胞の最新情報】 | 【脳内活性】 | 【脳梗塞と再生医療】 | 【自閉症・ADHD】 | 【自閉症・ADHD・他動症・・・】 | 【著名人・有名人・芸能人】 | 【遠位型ミオパチー・・・難病】 | 【雑学・耳学・よもやま話】 | 【顕微鏡・双眼鏡・望遠鏡】 | 【食・栄養・サプリ】 | 【DNAテスト】 | 【ISC細胞・細胞再生】