【食・栄養・サプリ】

≪情報や本舗≫≪ビタミンD欠乏症≫

Images

ビタミンD欠乏症が慢性頭痛のリスクを高める

http://neurosciencenews.com/chronic-headache-vitamin-d-5859/


要約:血清ビタミンD値が低下した頻繁な慢性頭痛と新しい研究が結びついています。

出典:東フィンランド大学。


Neurosciencenewslogo2014


ビタミンD欠乏症は、慢性的な頭痛のリスクを高める可能性があると、東フィンランド大学の新しい研究によると、調査結果は、に掲載された科学的なレポート。

この研究は、慢性疾患のリスク上昇に対するビタミンDの低摂取と結びついている蓄積的な証拠に加えている。低ビタミンDレベルは、以前のいくつかの、主にかなり小さい研究によっても頭痛のリスクと関連していた。

フィンランドや赤道から遠い他の国では、夏の間は太陽からのUVB放射線がビタミンDの十分な供給源ですが、夏の季節以外は、ビタミンDや食品から十分なビタミンDを得る必要がありますDサプリメント。


Photo

自閉症は妊娠中のビタミンD欠乏症と関連している
研究では、20週でビタミンD値が低い妊婦が自閉症特質を持つ子供を持つ可能性が高い

【その関連記事】


Continue reading "≪情報や本舗≫≪ビタミンD欠乏症≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪誰が決めたの?1日3食≫≪トースターの発明前は1日2食だった?≫

Images_7


Images

人類が初めて1日3 食になったのかは、1910年!発明家トーマスエジソンが、トースターを発明し、これを普及させようと、これがあれば1日3食の食事が出来る とトースターを宣伝したことから始まったようにも言われています

Images_2


それまでの人の食事と言えば、1日2食だったのですね、あなたは2食派それとも3食派、どちらが人間社会の食生活に向いているとお思いますか?

100年前!電気は無く、太陽の光を照明として利用していた時代に人間社会にとって、1日2食は自然摂理にかなった食事方法だったのかも知れませんね

Images_6

700年万年という人類が歩んできた歴史の進化を紐解いてみても、からだは1日2食に合わせて体内の五臓六腑の働きもそれなりに合わせるようになってきたようです


2000年前の中国医学の古典医学書「黄帝内経」の記載では、五臓六腑の内、消化器官が活発になる時間帯というと


Phgurafu570x207

朝5時から7時が大腸経で排泄、

摂取する胃経は朝7時から9時で、

9時から11時の脾臓経、

そして午後1時から3時までの小腸経となっています

午後3時以降は消化器官の働きが終わってしまうのです


Images_8


電気の発明により人工照明などで明るい中、人類の過ごす時間が延びたことで1日2食のエネルギーでは足りなくなったのか電気炊飯器調理器などの普及により、1日3食は近代文明の象徴になったのですね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪誰が決めたの?1日3食≫≪トースターの発明前は1日2食だった?≫≪1日3食は近代文明の象徴≫

Images_7


Images

人類が初めて1日3 食になったのかは、1910年!発明家トーマスエジソンが、トースターを発明し、これを普及させようと、これがあれば1日3食の食事が出来る とトースターを宣伝したことから始まったようにも言われています

Images_2


それまでの人の食事と言えば、1日2食だったのですね、あなたは2食派それとも3食派、どちらが人間社会の食生活に向いているとお思いますか?

100年前!電気は無く、太陽の光を照明として利用していた時代に人間社会にとって、1日2食は自然摂理にかなった食事方法だったのかも知れませんね

Images_6

700年万年という人類が歩んできた歴史の進化を紐解いてみても、からだは1日2食に合わせて体内の五臓六腑の働きもそれなりに合わせるようになってきたようです


2000年前の中国医学の古典医学書「黄帝内経」の記載では、五臓六腑の内、消化器官が活発になる時間帯というと


Phgurafu570x207

朝5時から7時が大腸経で排泄、

摂取する胃経は朝7時から9時で、

9時から11時の脾臓経、

そして午後1時から3時までの小腸経となっています

午後3時以降は消化器官の働きが終わってしまうのです


Images_8


電気の発明により人工照明などで明るい中、人類の過ごす時間が延びたことで1日2食のエネルギーでは足りなくなったのか電気炊飯器調理器などの普及により、1日3食は近代文明の象徴になったのですね

Images_4

Continue reading "≪情報や本舗≫≪誰が決めたの?1日3食≫≪トースターの発明前は1日2食だった?≫≪1日3食は近代文明の象徴≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪植物栄養ハイチュウ≫≪抗酸化≫≪ORAC法≫≪糖鎖の栄養素≫

Ages
   知っておきたい栄養素!糖鎖情報や本舗


Logooracfront

【ORAC】=オラクという言葉!お聴きになったことは?・・・【ORAC(オラク)】とは≪Oxygen Radical Absorbance Capacity≫の頭文字からとった、1992年に米国の国立老化研究所が抗酸化力の新しい指標として米国農務省(USDA)にて開発されたらしい!

Agesyaai

日本語に訳すと「活性酸素吸収能力」と呼ばれ消費者にその食品【果物、野菜、ハーブの果実、ジュース、粉末ブレンド】の抗酸化物質(カテキン、フラボノイド、ビタミンEなど)がどれだけ活性酸素を吸収する【抗酸化能力】があるかを具体的数値で示す分析方法です。

Pb_image2806

最近では、食品やサプリメントの抗酸化能力を科学的に分析する基準として用いられ、アメリカにおいては【ORAC値】を表記した食品が多くあり、消費者にその食品がどの くらいの抗酸化力があるかを具体的な数値で表しています。


Photo【WEBで拡大してみる】⇒【画像をクリック!


■左から順に≪植物栄養ハイチュウ≫≪<モナビー・ジュース≫≪タヒチアン・ノニ・ジュース≫≪ザンゴ・ジュース≫≪ズルリ・ジュース≫⇒上から【ビタミン群】≪ビタミンA!C!D!E!≫≪ビタミンB群≫&【ミネラル群】≪クロム≫≪銅≫≪鉄≫(マグネシウム≫≪セレニウム≫≪亜鉛≫≪モリブデン≫

Photo


この植物栄養素ハイチュウとの違いをどう説明したらいいのでしょうか?ほとんどのジュース類にはビタミン・ミネラルが?一目瞭然では・・・・

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Logooracfront

【ORAC】は食品などに含まれる抗酸化物質(カテキン、フラボノイド、カロチノイド、アントシアニン、ビタミンC、ビタミンEなど)の能力を分析する方法で、各製品サンプルに化学薬品を加え、液体の酸化力、吸収力を検査します。吸収力が高いほどORAC値が高くなり、抗酸化能力も高くなります。

Orac_comparables_2【WEBで拡大してみる】⇒【画像をクリック!


■血清中のORACのパーセンテージ(%)を比較対象【血中のORAC法に於ける,食物の影響、若しくは栄養補助食品の影響】

右の数値(グラフ表示)の大きいほうから順に≪植物由来の抗酸化剤≫≪ほうれん草≫≪ビタミンC≫≪ワイルド・ブルーベリー・パウダー≫≪イチゴ≫≪コンコード・グレープ・ジュース(マサチュウセッツ州コンコード産)≫≪>そばハチミツ≫≪モナビジュース≫≪高カロチノイドの食事≫≪他社の抗酸化サプリメント剤≫

Mi


植物由来のの抗酸化栄養
自然界の優れた抗酸化物質を含む植物をブレンドすることによって相互作用により優れた抗酸化力が得られることが分かっています!⇒緑茶(カテキン)フラボノイドを豊富に含むブドウ皮(アントシアニン)、ケルセチン、トコフェロール(ビタミンE)そしてアスコルビン酸(ビタミンC)の柑橘類(特にワイルドプラム)は、強力な抗酸化力を発揮すると云われています)

20080905095152


補足】:ワイルドプラムという果実は、オーストラリア先住民アボリジニが古くから食用していたベリーの一種で、地上のあらゆる野菜、果物のなかで最も高いビタミンCと言われています≪アセロラの1.5倍≫】

Photo_6


ここ数年ウェッブ検索でも”ミラクル”な製品というものが多くでてきます!「ミラクル」・「奇跡」などと謳う製品にはあまり栄養素や抗酸化栄養素が入っていないという事実を、多くの人はご存じないのでしょう

Button_download_pdf≪植物栄養ハイチュウ≫コチラ⇒【PDF


【抗酸化で言えば自販機・コンビニ・スーパーで手軽に摂れる「優れモノ!」がありますよ】
Orac_values_of_super_juice_products【WEBで拡大してみる】⇒【画像をクリック!


■左から抗酸化力の強い順に≪【市販】のウェルチ100%グレープジュース≫≪モナビー社のアサイベリー・ジュース≫≪ファーマネックス社(NS)g3ガック・ジュース≫≪ザンゴ社のザンゴ・ジュース≫≪フリーライフ社のゴッチ・ジュース【中国の木の実】≫≪アラスカの木の実キャニ・サンライズ≫≪ジュース+と果樹園ブレンド≫≪エックスフユーズのセブン・ジュース≫≪タヒチアン・ノニ≪モリンダ社≫のノニ・ジュース≫≪ジュース+と家庭菜園ブレンド≫

Pro_01_2

Agesburogu■この表で分かることは、世にスーパーージュースといわれるジュース類より「ウェルチの100%グレープジュース]を飲むことのほうが”抗酸化のためにはズーット良いと思われるチャート!


Photo_5

またこの業界には体裁だけの混合といって、1つの製品によく知られた成分をとにかく、いくつも入れて”健康に効く”と言われるもの全てを配合と!しかし、その物には必要であるにも関わらず全く欠落しているか!不足してしまっている!

| | Comments (26) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪発芽玄米≫≪母乳≫≪免疫増進≫≪日本経済新聞掲載≫≪産経新聞掲載≫


10534

□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「発芽玄米、母乳の免疫増進」という【記事】⇒その【記事 

   (10/8付 日本経済新聞より)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
New「浅田真央」さんは”玄米”を好んで食べている!発芽玄米を教えてあげたい(玄米を発芽させた米が「発芽玄米」)
Photo

動画You-Tube


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo

国際科学振興財団筑波大学、東京家政大学が授乳期の女性41人を発芽玄米を主食とするグループと通常の白米のグループに分けて比較した。発芽玄米のグループは母乳に含まれる「s-IgA」という免疫成分が摂取後に1ml中平均893マイクロ(マイクロ=百万分の一)と摂取前に比べて13%増えた。一方、白米のグループはほとんど変化しなかった。」ストレスを抑制する効果もみられたそうです。

Photo_3■【発芽玄米】をお試しに食してみませんか?特別価格にての購入サイトは⇒【コチラ


Photo_2

発芽玄米のGABA(ギャバ)量は白米の約10倍玄米の約3倍だそうで、そのギャバはアミノ酸の一種で、γ-アミノ酪酸、通称GABA(ギャバ)と呼ばれていて、神経を鎮める働きがあるといわれています。 発芽玄米と玄米を摂取したグループでは、総コレステロール、LDL-コレステロール、過酸化脂質の上昇を白米摂取のグループに比べ有意に抑制された。玄米の油分が過酸化脂質を発生させるどころか、抑制する効果があったようですね(その効果は発芽玄米の方がより高かったとか)

Photo_7 DNA解明世界的権威・筑波大学名誉教授の村上和雄氏が産経新聞のコラムに記事掲載していました
↓ ↓ ↓

□この新聞記事は⇒ 【コチラから】ジックリ読めます

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

米の中で眠っていた栄養素が活性化され、発芽(芽が出た瞬間)させたものを発芽玄米と言い、白米はもちろんのこと、玄米よりも栄養価が高く、白米や玄米にはなかった栄養も生まれます。発芽玄米には、増加した豊富な栄養素と新しく生まれた栄養素、さらには柔らかくて美味しいという素晴らしい利点があります。
 
≪まさに21世紀の主食であるといえます。≫
Photo_3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪食育≫≪子育て≫≪リンゴを食べることが?≫≪妊婦の食生活!≫≪小児の喘息・湿疹を予防≫

Logo_news3332013年「母乳に関する」最新情報⇒≪母乳で子供を育てるのが最適≫【裏付ける調査】

Banerantiaginglonglife


        ≪「食育&子育て」の最新情報!≫


新しい研究で、1,200組の母子を対象として、出産前から5歳になるまで追跡調査したところ、妊娠中の母親のリンゴの摂取状況と小児喘息および喘鳴の発現率の関連が比較された

【その結果は?】

Photo

妊娠中にリンゴを定期的に母親が食べていた数で比較すると、最も≪リンゴの摂取≫の多かった群(1週間に4個以上)の母親から生まれた子どもと、最も≪リンゴの摂取≫の少なかった群(1週間に0-1個)の母親から生まれた子どもの小児喘息および喘鳴の発現率が大きく違った!


Babysignalingfrontiernutrition

≪リンゴの摂取≫の多かった群の母親から生まれた子どものこれまでの喘鳴のリスクが27%低く、5歳までに喘息または喘鳴を発症する可能性がおよそ半分であったとか。

【トマトが赤くなると!リンゴが赤くなると!⇒医者が青くなる】


【リンゴの予防効果は】
リンゴ中に含まれるフラボノイド等によるものである可能性が高いと研究者は述べているようです・・・また魚を食べるとアトピー性皮膚炎(湿疹)発症率がそれぞれ低下することも明らかになった。


Asea
【“リンゴを食べれば医者いらず”のことわざの理由が明らかに】


Photo_8


リンゴが健康的な食品であることはすでに常識ともなっていますが、新しい研究で、果物に含まれる”ペクチン”と呼ばれる成分が消化器系の善玉菌(friendly germs)を増大させることが明らかにされつつあると言う事です!

■ニュースソース⇒この知見は、≪医学誌「BMC Microbiology(微生物学)≫・・・デンマーク工科大学国立食品研究所での研究(1月20日オンライン版)

Logoまた、ペクチンの驚きの機能が!「りんご」に含まれる「ペクチン」が、身体に取り込まれた放射能≪セシウム137≫を排出するのに効果的ですと、swissinfoに記載されたニュースです

Thumbnail

≪セシウム≫≪リンゴ≫≪放射能排出≫≪ペクチン≫≪原発事故≫


植物ってえらい!植物ってすごい!でこのように⇒野菜・果物に含まれる微量栄養素=ファイトケミカル【トマトのリコピン・お茶のカテキンなど】の働きが生体に重要な役割を持っていることが知られてきていますが、

Ages

オランダの研究機関で妊娠中にリンゴを1日1個食べることが、母親にとって “医者いらず” と言うのはトマトでもリンゴでも風聞として伝えられていますよね!【トマトが赤くなると!リンゴが赤くなると!⇒医者が青くなる】


Realswitchsupplementalfacts


■【リンゴの成分って?知っていますか】りんごはその殆ど(84.9%)が水分で、残りの約15%に含まれている成分⇒クリック!【リンゴ成分


今回のオランダの研究機関での調べで実は、実際に恩恵を受けるのは、お腹にいる赤ちゃんかもしれないとの調査結果が・・・・・

Photo_2

【この調査研究は、妊娠中の特定の食品の母の摂取量が同じ子供たちで喘息とアレルギーの結果と関係しているかどうか調査するために行われました】

Photo

【この調査では、母親に妊娠中の食生活と子どもの食事について、また子どもの健康状態についてのアンケートを行った】


その結果、妊娠中に多くのリンゴを食べていた母親の子どもは、喘鳴(ぜんめい)の発症率が37%低かった。

Photo_2


また、りんご好きな母親の子どもは、果物嫌いの母親の【子ども】と比べて、喘息の症状が46%少なく、医師に喘息と診断を受けた割合が53%低かった

■妊婦と幼児にとって【コチラも↓】新情報! 

≪幼児の認知機能向上と運動能力向上≫≪妊婦の認知力も向上≫

Banerealswitchheader


Ages_2もっと詳しく読む方⇒【コチラ】!

Pubmed

上記に記載されたことは「PUB MED=米国立医学図書館が提供する世界最大級の医学・生物文献データベース」に載っているのです⇒【pub med 検索結果

Photo

米ビューモント病院(ミシガン州)小児アレルギー・免疫科のDevang Doshi博士は、予防効果のメカニズムについてはさらに研究が必要だが、リンゴに含まれるフラボノイドや他の抗酸化物質と何らかの関係があるとみている。

A0113065200

また、医学誌「Thorax(胸郭)」に昨年(2008年)掲載された研究によれば、週に1回以上魚を食べていた母親の【子ども】は、全く食べなかった母親の【子ども】と比較して湿疹になる確率が43%低かった。

Photo_3

米セントジョン病院(デトロイト)メディカルセンターのアレルギー・免疫科のジェニファー・アップルヤード博士は、子どもの食品アレルギーのリスクを減らすために、妊娠中にナッツやピーナッツ、貝や甲殻類を控えることを勧めている、しかしアップルヤード博士は「妊娠中の栄養摂取についてはまだ多くの研究が必要だと・・・

Photo_3

妊婦は自分のためだけでなく子どもの将来の健康のためにも、賢い選択をするべきである」とも述べている!
妊婦がオメガ3脂肪酸(DHA)が不足した状態であるなら、出生時に脳の発達に傷害のある子供と・・・・問題の根本に、胎児とお母さんの関係が要因と

   ■≪妊婦≫≪DHA≫≪胎児≫≪子供の脳の発達≫■


Aaigtrmages


| | Comments (3) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪末期ガンと闘う!≫≪75歳の母親の栄養療法≫≪「ある看護師の闘病手記」より≫

グーグルの検索エンジンに「Cancer」と入力してヒットしたあるサイトに未知との遭遇?ある看護師の末期のガンの母親の闘病手記でした翻訳機を使ってそのサイトを翻訳!怪しげにも何とか意味がある文章になりましたので書き込み!

Baner02


私の母、75才のノーマ・クンツは「末期がん」と診断されました。医師は治療が難しいと言って穏やかな、少し時間は掛かるがと化学療法を勧めました。医師らは、母親の余命が1年!生き延びるかもしれないと言いました。

Chronic_illness


母ノーマの子宮・骨盤そして肺そのすべてに腫瘍がありました。CTスキャンによって、彼女の腹部のリンパ節にも、腫脹が見られたのです。医師は、子宮内膜、卵巣がんと処方病理学から診て「ステージ4B」=末期のガンと呼びました。

Photo_5


母のガンは、ある種の進行性で悪性の腫瘍であると言いました。そして、それは通常の化学療法では十分に応じられないでしょうとも。母は、この年まで常に素晴らしい健康に恵まれていて、ついこの前、8ヵ月前の最後の骨盤試験とパプ塗抹試験の結果がまさかと思うほど、この診断は私たちにとって、とても大きなショックでした!

Photo

すぐに化学療法【シスプラチンアドリアマイシン】を開始しました。他の家族のように、私は母のために回復するために神に祈り始めました。私はRN=正看護師です、そして、ここ数年の私の興味は食事療法と自然の補助食品を使用して自然な治癒について勉強していました。私は、神が人間の健康維持のためには、自然というもので我々にすべてを与えたと思っています。

Photo_8


私は、自然治療療法を使っている「末期がん」の癒やされた人々について書かれている2・3冊の本を読みました。私には、肺がんと診断された30才の娘をもつ友人がいるのですが、その娘はガンを治療するために食事療法と補助食品>を用いて2年後、元気でいるのです。

Photo

私は友人親子のとった治療計画がどのようなものだったのか?彼と話し尋ねました。そして数週間にわたり、私は祈り、本を読み、日夜ビデオを観て、何が一番母にとって良いのか?処置計画というか治療計画を探し始めました!母は、私たち兄弟姉妹が一緒になって考えだしている計画を知ってもいて、自然医学にも興味を持っていました。

Photo_9


兄弟姉妹と私とで、機能の良いジューサーを買いました、そして、母は毎日人参ジュースを飲むこと、smoothesを豆腐と新鮮な果物を摂る事を始め、肉・酪農製品・砂糖を含んでいない菜食を執って貰うことに決めました。食餌療法は、大量の大豆製品を大豆含有製品を使用しました。

Photo_7


そして母には補完栄養素(アロエ・ベラによる免疫系モジュレータ)、完熟野菜・果物(ドライフルーツと野菜をフリーズドライ)と脂肪酸と植物繊維(繊維、プロバイオティクスとオメガ3脂肪酸)を含む自然製品を大量に使用しました。他にも膵臓酵素・マイタケとシャイタケ・キノコ・緑茶・Essiac茶、・アルファリポ酸・亜麻の種・ニンニク・セレンと多種多様なビタミン類をとりました。【私たちがそれについてガンによいことを読んだ何でも療法に加えた】

Cancer

母がチェックのために病院の戻り、診断を受けた後で、医師らは、母がどれくらい良くなっているについて驚いたのです、CTスキャンをする度に、医師は母の腫瘍が縮小している事を提示しました。ところが化学療法は被害【副作用】を与え始めました、こうした処置療法で、母はより吐き気を催し、体力も弱り、食欲も減退して、ひどくなるばかりでした。母の不満はピークになりそうです。医師は、生きたいならば無期限に化学療法を続けなければならないと言われていたのですが、母は積極的には化学療法に応じなかったのです。


Photo_2

6回目の処置の後、Oncologistは子宮摘出を推薦しました。彼は、腫瘍がより小さかったが、それにもかかわらずそこで静まる、そして、彼女が化学療法をすることをやめるならば、彼女が多分3~6ヵ月で死んでいるだろうと言いました。私の母は、子宮摘出またはいかなる更なる化学療法もしないことを選びました。彼女の婦人科医は、彼女がするMegase(プロゲスチンホルモン)を命じました。徐々に、彼女の食欲と力は、戻りました。彼女は彼女のダイエットと補助食品についてさらに用心深くなって、頻繁な長い散歩をして、1週につき3回、ジムでトレーニングし始めました。


Renkei_24_11


化学療法をやめたその4か月後に、彼女はガンのチェックのために婦人科医のところに戻りました。医師は、胸部エックス写真を撮ることを支持しました。放射線科の医師は、彼女の肺に腫瘍を見つけることが出来ませんでした。また医師は骨盤試験からも、異常な何も見つけませんでした。そうなんです、彼女の子宮と骨盤の腫瘍を見つ~無かったのです、すなわちガンは、どこにもありませんでした。若干の瘢痕組織を見るだけでした。私たちの上に、奇跡がおきたようです。

Photo_10


医師が自然医学という選択をしたならば、神がすぐに彼女を治療し始めることを確信しています。私も、医師も、そして本人もガンに対して自然医学のこの分野を通して治療で私たちをリードするのを明らかにするために、私たちは直ぐに、それを認めて、それを使いはじめました。現在この研究分野が、非常に多くの注意と認知に値することは確かです


NOTE: If you are in cancer treatment, these diet changes may not be right for you.
【注:あなたがガン治療中であるならば、これらのダイエットによる変化が、あなたにとって正しいかどうかは分かりません】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Photo_16

「…人間の体は、それを構成している一つ一つの細胞が正常なバランスを取っていれば病気にならない。また、細胞を正常に働けるようにしてやれば、病気は治る。 細胞に栄養を与えることが、これからの新しい医学である。」

Side_ttl_3お問い合わせ!】⇒ 【コチラ】

「…病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の修復能力である。それを のに最も大切なものは、食べ物に含まれる栄養素である…」

Aaigtrmages

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪発芽玄米≫≪母乳の免疫増≫≪産径新聞≫≪つくば大学≫≪日経新聞≫≪母乳保育か?≫≪粉ミルク保育か?≫パート①

Banerantiaginglonglife


筑波大学名誉教授、村上和雄先生が2008年の産経新聞「正論」に寄稿され、食品はできるだけ、あるがままの状態で食べることが栄養と生命力を同時に受け取ることができるのではないか!」

Photo_12

そして「授乳期の女性に発芽玄米をとらせたところ、母乳中の免疫成分が摂取前に比べ13%増えた」とこの事は2007年に日本経済新聞に「発芽玄米、母乳の免疫増進」という記事「国際科学振興財団と筑波大学、東京家政大学が授乳期の女性41人を発芽玄米を主食とする・・」があっての「正論」の書き込み⇒【詳細記事はコチラ

「浅田真央」さん”玄米”を好んで食べている!


新しい生命の誕生とともに一番に母親が赤ちゃんに与える母乳【出産後3日以内の母乳=これを初乳と言い免疫性物質を最も含んでいる】には栄養だけでなく、限りない秘密があるのですね!生まれたての赤ちゃんにはまだ免疫システムが完成していないのです!

Photo_2

産声を上げた瞬間から多くのバイ菌やウイルス、病原体にさらされることになります。しかし、生まれてから約半年くらいまで、つまり、お母さんの母乳を飲んでいる間はほとんど病気をしません。その秘密は母乳に母親の持つ免疫性物質が含まれていて、それにより外からの様々な危険因子から守られているのです。


母乳には赤ちゃんが発育に必要な栄養素が完璧に含まれているのです、母体が絶妙に調合しているので、赤ちゃんが、その時期に必要な多くの微量栄養素=糖質栄養・植物栄養・・・等々が過不足なく含まれているわけなんですね!

Teturyu

札幌医大の再生医療で多く関心を持たれている「幹細胞」この「幹細胞」を劇的に増やす幼児期の栄養成分!ある時期、栄養学はこの重要な営養素を軽視し、見落としてきていたのですね?限りなき大切な秘密があるにも拘らず

「母乳保育か粉ミルク保育か」の是非を問われてから久しいのですが、粉ミルクの中に含まれる大雑把さは、「生化学的」な常識に当てはめると唖然とするくらいお粗末な組成なのですと、コメントがありました!栄養素の基本的に微量栄養素が欠落しているため母乳保育の子どもに比べて、さまざまな幼少期における疾病の要因となっているのも事実ということから、母乳の何が?大切で!重要なのか!・・・・・・


Photo_3

近年解明された糖鎖栄養学から鑑みて、細胞間コミュニケーションを司るいくつかの「単糖類」のうち8種類の「栄養素」の基本は[母乳](=5種類が母乳に含まれていることがわかってきています)にあります。ですから赤ちゃんは免疫力が強く病気にかかり難いと言われる所以なのか

Photo_3

この補完栄養素が、大袈裟ではなく生命活性維持に於いて、とても大切で重要で不可欠な栄養素だという事を、いまだ多くの人の知らないところだという点です。粉ミルクを例にとっても こうした栄養は、まったく入っていません!疑問視する方は、薬局で粉ミルクの含有成分を調べてみてください・・・。それくらい「生化学的常識」から見れば遅れているというわけです!

Mil05077s1


話を戻して、母乳にも含まれている、これらの補完栄養は我々の体にとても大切なので、母なるしぜんは我々の人生の早期に摂取することが出来るよう準備してくれている。母乳には不可欠とされる8つの単糖のうち5つの単糖を含んでいるのです。最近の研究では、母乳を与えることはその期間が短くても長くても人間の成長にいかに大切な事であるか!特に母乳の栄養に影響されることとして最も注目されるのは免疫作用と脳の発達である。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Books1


≪上記の原文≫⇒http://sev.prnewswire.com/health-care-hospitals/20080317/LAM53217032008-1.html

| | Comments (1) | TrackBack (1)

≪情報や本舗≫≪NSF≫≪ヤムイモ≫≪糖質栄養素≫≪ORAC 検査≫≪ORACo 検査≫

Images_19


Photo

6月に「糖質栄養」がANSI(米国規格協会)、SCC(カナダ規格評議会)から、試験、規格開発、認証プログラムについて認定を受けている「NSFインターナショナル」【民間で非営利の第三者認証 ・試験・規格開発の1944年設立の独立機関機関】認定されていました

10月に【ヤムイモ主成分の製品】と【糖質栄養の抗酸化剤AO】が認定されました!

Photo_2

今回追加で認定された【ヤムイモ主成分の製品】にも【糖質栄養の抗酸化剤AO】」にも6月に認定された「糖質栄養の粉」が含まれています【ヤムイモ主成分の製品】は1994年にテキサスにある糖質栄養を研究開発した会社が最初に発売した製品

オリンピック100メートル金メダリストの”ボルト選手”が食べているヤムイモの主成分=ディオスゲニンを多く含むメキシカンヤムイモを成分としています!ディオスゲニンを化学的に分析すると、人体で作り出されるDHEAとほとんど同じ形状ですから、体内で自然に有効に働きます


Photo_12

DHEAとは:DHEA(dehydroepiandrosterome)は主にステロイドホルモンを作るプレホルモンです。これが各個人の体内で不足しているホルモンを作り補うので、マザーホルモンと呼ばれています。≫


Ao

【糖質栄養入りの抗酸化剤AO】は市場に出回っている”抗酸化”と謳っている全ての製品が同様の働きを持っているわけではないと、糖質栄養の開発会社の科学者たちが世界中から天然のありとあらゆる抗酸化の食材を集めに集めて、

その中から4種類の抗酸化剤を見出してテキサス大学の学生らと同社の研究室で組み合わせた最強の抗酸化ブレンドを発明し、特許を出願!

「Mtech AOブレンド」と銘々”ぶどう皮””緑茶””ケルセチン””ワイルドプラム”の4種類にビタミンEを加えそれら相互の作用によって他に類を見ない高水準の抗酸化力を提供供するために2004年に開発発売されました!


Orac_pc

≪最強の抗酸化剤と自負するには訳がありました!食品とその他化学物質の抗酸化力を測定する化学分析法の”ORAC”そして水溶性&脂溶性両方の抗酸化力を測定できるという世界最強の抗酸化剤の開発会社の独自開発の”ORACo"で100種類近くの抗酸化製品の比較試験において格段の違いの測定値を獲得したからなのですね!≫

【”ORAC ”検査】【“ ORACo ”検査】

ORACは、水溶性の抗酸化力のみを対象とする測定法で、アメリカ農務省と国立老化研究所で開発された測定法です。“ ORACo ”は、さらに水溶性と脂溶性両方の抗酸化力を検査するという、画期的な検査方法です!

この検査が果物、野菜、ハーブの果実、ジュース、粉末ブレンドの抗酸化力を測定するための新しい基準となるもの


話を「NSFインターナショナル」の認定製品に戻してこちらに認定された証明をコチラのサイトから見ることが出来ます

証明・証拠のサイト ←クリック!

If you would like to create a new search, please click here. These listings
were last updated on Wednesday, October 01, 2008 at 4:15 AM Eastern Time.
____________________________

Photo

サプリメントに関するNSF認定の項目

■ラベルに表記されている通りの成分と量を含有しているかどうか

■ラベルに表記されていない成分が存在するかどうか

■許容レベル以上のコンタミネーション(混入物)があるかどうか

936cd6ddcbc7ec3565ef82ba88ec6342

「ラベルに書いてある通りの内容物が混じりけなく入っている」ことが
認められたという証明でもあります

Photo

スクリプス研究所のナチュラルサプリメントのカンファレンスで第一位
と免疫促進と言うことで第二位を受賞したことが背景にあるのかも?


このニュースソースは「Market Watch」「RTT NEWS」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪膵臓ガンのリスク≫≪コーヒーが!≫≪大腸ガン&肝ガンも?≫

Baner02
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

_news333_2


厚生労働省研究班がコーヒーを1日に3杯以上飲む男性は、ほとんど飲まない男性に比べ、膵臓がんになる危険度が低いとの疫学調査結果を発表した!

Coffeeshop⇒【レーチェルのコーヒー


調査は、全国40-69歳の男女約10万人を対照として、1990年から平均約11年の追跡期間中に233人が 膵臓がんになった年齢や喫煙などの影響を取り除いてコーヒー摂取量との関係を調べたところ

004


ほとんど飲まない男性が膵臓がんになる危険度に比べ、1日に1-2杯飲む男性の危険度はやや低く、コーヒーを1日に3杯以上飲む男性は、膵臓がんになる危険度が低いとの疫学調査結果で、よく飲む男性ほど危険度が下がる傾向があった。(2007年10月5日の中国新聞)

他にも【厚生労働省研究班の調査では女性の大腸ガン・男女の肝ガン予防・生活習慣病の改善等々!】


20051104hj8b4001_04

さらに研究班は「コーヒー以外の生活習慣や体質の影響もあるのかもしれない」と、生活習慣病といえば「糖尿病」膵臓と言えばインスリンですよね?

Photo_2

つい最近もコーヒーを飲むと血糖値を正常に保つインスリンの働きが活発になる?という研究が2002頃からヨーロッパ・日本・アメリカで相次いでの発表でしたが、調査の期間が短く九大医学部・古野純典教授(予防医学)の研究グループが事実かどうかの調査に入ったと3月8日の朝日新聞に掲載があったばかりです!


Photo_5

「コーヒー」の栄養素に関わることか?栄養素を調べてみました、コーヒーの中味はナイアシンカリウムに炭水化物で=コーヒーの生豆の約50%は炭水化物からなると

⇒大手コーヒーメーカーのUCC上島珈琲株式会社は神戸大学との共同研究により、

コーヒー豆に含まれる水溶性多糖類の一種であるアラビノガラクタンに特定のビフィズス菌を増殖させる効果があることを発見しました。この成果は日本食品微生物学会で論文にて報告しています。

Photo_6


もう一つ、驚く事が判明したのです!抗ガン作用を持つといわれるアラビノガラクタンですが、コーヒーには「アラビノガラクタン」や「アラビノマンナン」に由来する多糖類やオリゴ糖類が含まれていたことが判明したのです!


じつは、カラマツから抽出のアラビノガラクタンが10種の多糖類の中に含まれていたのです!

Data

今でも多くのガンに罹病した人々に使われている、”ガン”の“特効薬”として世にも騒がれた「丸山ワクチン(SSM)」の有効成分が「アラビノマンナン」だったからです【アラビノマンナン=はアラビノースとマンンースの単糖が結びついた多糖類】【アラビノガラクタン=はアラビノースとガラクトースの単糖が結びついた多糖類】

Button_switch_nowアラビノガラクタンは、ドイツではガンの民間療法に用いられる「イスカドール」という薬の有効成分の1つだそうで、抗ガン作用があることが判明!そしてUCCが研究発表した腸内の活性⇒免疫力を上げる作用だけでなく、腸の中の善玉菌を増加させ、便通をよくする効果もあることが判明したわけです


Photo

40年間、虎の門病院で免疫部長、病理検査部長をされていた”遠藤雄三医学博士”(現浜松医科大学)も「病理医からみた一人ひとりのガン戦略」と題したコラムで下記のように述べられています

Photo_55

「”生体に対する糖鎖による免疫賦活作用については無数の研究結果が検証されています。バイオブランのアラビノキシランという糖鎖、丸山ワクチンのアラビノマンナン、牛結核菌(BCG)のアラビノガラクタン、マナテックのアラビノガラクタンなどは免疫賦活作用が証明されています」・・・≪大和薬品のサイトより抜粋掲載≫⇒【コチラ

バイオブランのアラビノキシランは今年米国スクリプス研究所でのナチュラル・サプリメント・カンファレンスで研究発表したそうです!「アラビノガラクタン」は西洋カラマツ・エキナセア(アメリカインディアンが抗炎症として使用のハーブ)などから抽出する多糖類での基幹製品「糖質栄養素=アンブロ」に多く含まれている

Tanaka

コーヒーのガンや生活習慣病に、栄養分中に有効な成分が関わっていることが?電子顕微鏡の発展とかノーベル賞の田中耕一フェローのたんぱく質の質量を計測と言う分野から、今まで不明だった事柄がドンドン解明されて新事実が判明しつつあるのですね!


【研究開発された10の多糖類が取り入れられています、コーヒに含有のアラビノガラクタンと同じ!西洋カラマツ抽出の「アラビノガラクタン」が含まれているの」です

Aaigtrmages


| | Comments (0) | TrackBack (2)

その他のカテゴリー

≪アンビットのQ&A≫ | ≪アンビット・エナジーについて動画で・・・≫ | ≪アンビット・エネルギー(Ambit Energy)≫     | ≪アンビット概要ビデオ≫ | ≪シグナムの美肌効果≫ | ≪リディア・コーLPGA≫ | ≪脳内活性サプリ≫ | ≪脳内活性サプリ・Q&A≫ | ≪INK.500ーランキング≫ | ≪PP2A≫ | ≪PP2A&TAU(タウ)≫ | ≪SIG-1012(高レベル分子)≫ | ≪Signum Biosciences≫ | ≪WEBでの取り扱い説明≫ | ≪WEB登録をWEB動画で≫ | 【24時間テレビ】 | 【お知らせ】 | 【がん・ガン・癌・】 | 【がん情報・・・テレビ番組】 | 【がん情報・・・新聞・雑誌】 | 【ねこ:ネコ・猫が三昧】 | 【やってTRY!やって渡来!】 | 【アスリート・・・・プロスポーツ選手】 | 【アセア=ASEA】 | 【アルツハイマーと認知症】 | 【インフルエンザ対策】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【コーヒーと医療】 | 【スクリプス研究所】 | 【スーパーボウルのCM】 | 【スーパーボウル・ハーフタイム】 | 【ダウン症候群】 | 【トランス脂肪酸】 | 【ノーベル賞・レガシー認定】 | 【パンデミック対策】 | 【ファイターズガール】 | 【ベン・カーソン】 | 【マクガバン・レポート】 | 【マグロ・・・アンブロ | 【レスベラトロールと長寿】 | 【中村天風】 | 【伝説のスピーチ】 | 【偶然の発明・偶然の発見】 | 【免疫・ハーブ】 | 【再生医療】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医学・医療】 | 【原理・原則・法則】 | 【反魂丹・万金反】 | 【古事記にまつわる話】 | 【地震・津波・未曾有の災害】 | 【大原麗子・・・ギラン・バレー症候群】 | 【妊娠中の食べ物=りんご】 | 【子供の脳の栄養素=DHA】 | 【子宮頸がんワクチン】 | 【宇宙と医学】 | 【幹細胞・再生医療】 | 【心温まる・癒される】 | 【抗加齢・寿命・延命】 | 【文明開化】 | 【本・書籍・BOOK】 | 【本当?それとも嘘なの?】 | 【植物コレステロール】 | 【植物・・・草・花・葉・茎・根】 | 【歴史における出来事】 | 【母乳・・・邪馬台国・卑弥呼】 | 【母乳・母乳育児】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵と火星探査写真】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【知っててお得情報】 | 【科学の粋】 | 【米国立がん研究所】 | 【糖質栄養素その有用性】 | 【糖鎖】 | 【糖鎖と免疫細胞】 | 【糖鎖による臨床】 | 【糖鎖の栄養素】 | 【糖鎖・その応答反応】 | 【細胞の最新情報】 | 【脳内活性】 | 【脳梗塞と再生医療】 | 【自閉症・ADHD】 | 【自閉症・ADHD・他動症・・・】 | 【著名人・有名人・芸能人】 | 【遠位型ミオパチー・・・難病】 | 【雑学・耳学・よもやま話】 | 【顕微鏡・双眼鏡・望遠鏡】 | 【食・栄養・サプリ】 | 【DNAテスト】 | 【ISC細胞・細胞再生】