【母乳・母乳育児】

≪情報や本舗≫≪母乳≫≪小児がん≫≪糖質栄養素≫≪授乳=母乳哺育≫

Asea
       ≪知って!ガッテン≫糖鎖情報や本舗

                         
母乳を与えることは、その授乳期間が長ければ長いほうが、赤ちゃんのIQの高さ!標準テストの優秀さ!に関連が!⇒≪母乳その認識力と学習機能の関係≫

Photo_2


母乳で育った子供は、肥満、糖尿病、喘息、感染症、胃腸炎などになりにくく、様々なメリットがあることを、このブログ内でも掲載、ところが、このようなメリットは子供だけでなく、授乳≪母乳哺育≫をしている母親にも大いにあることが、2009年!「産婦人科学会誌」the journal Obstetrics and Gynaecology(2009, April issue)で明らかなことが発表されていました・・・・・詳細記事は後述⇒

Baby


今年(2011年1月)米国テネシー州にある小児研究病院から、小児がん治療経験のある女性は可能であれば自分の子に授乳(母乳哺育)を行うことで自らの健康を守る効果が期待できるとの報告が発表されました。


02

研究チームは、母乳哺育が骨密度やメタボリックシンドローム発症リスク、心血管疾患やがんの再発にポジティブな影響をもつことを見い出したものの、結論としては元がん患者の授乳(母乳哺育)に関する症例数が少なく、更なる研究が待たれるとしている

Photo_3

治療技術の発達により、小児がん患者の80%は生存が可能になり、いまや20歳~39歳の女性640人に一人は元小児がん患者であると推計されるという。 元がん患者は発育障害・発達障害・機能不全や妊娠・出産が困難といった問題に加え、がんの再発リスクも抱えている。 一方授乳(母乳哺育)は母子双方の健康を守るために効果があるとも言われていることから、研究チームは、元がん患者女性が母乳哺育を行った場合の母体への影響を既存の論文レビューで検証

Cda_displayimage


小児研究病院では、喫煙を避け、野菜や果物を多く摂る健康的な食生活や、適切な日光予防や性生活、運動習慣に関してアドバイスを行い、また元がん患者にも可能であれば授乳(母乳哺育)を勧めるべきだ、とコメント!

X

出典】は⇒「SpringerLink」といって学術論文などの紹介サイト

コチラ⇒【原文=がん生存率雑誌


≪2009年!「産婦人科学会誌」≫の【詳細記事】


Photo_4

米国の研究によると、1年以上授乳を行っている女性は、授乳経験のない女性に比べて10%以上心臓疾患になる頻度が低いと、また1ヶ月間以上授乳している女性でも、糖尿病、高血圧そして高コレステロールのリスクも低いという報告・・・・以下

研究では、約14万人の更年期後の女性を対象にし、授乳経験のある母親とその人の健康度を調べました。その結果、授乳経験のある女性では心臓疾患の頻度が低くなっており、更に高血圧を12%、糖尿病や高コレステロール症を20%近く低下させることがわかりました。

Books1


この効果は、授乳終了後長期間にわたって続いていたそうです。実際、女性たちは最後の授乳後平均して35年経た人であり、その効果が何十年にもわたっていることになります。今までも、授乳は体内の脂肪蓄積を減少させることにより、循環器系の障害を下げることが示唆されていました。さらに子宮がんや乳がんあるいは骨粗鬆症になるリスクも低下していることも明らかになっています。

Aaigtrmages


| | Comments (2) | TrackBack (0)

≪糖質栄養素≫【有用性のまとめ】 ≪ヒト母乳中の糖質栄養素≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Banertop_main


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】
                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

       【有用性のまとめ】<ヒト母乳中の糖質栄養素>


糖質栄養素(シアル酸(NANA)、フコース、ガラクトース、N-アセチルグルコサミン、およびN-アセチルガラクトサミン)は、新生児の健康に特に重要であり、ヒトの母乳には豊富に含まれています。母乳中の糖質栄養素は、授乳中の幼児に対して下記の有用な役割を果たします:


■ 呼吸器系ウイルスの侵入を阻害し、細菌を殺します

■ 細菌感染による下痢を予防します

■ アレルギーを予防します

■ 適切な鉄分の吸収に有用です

■ ビタミンB12の生物学的利用能に有用です

■ 脂肪消化系の正常で健康な発育と機能に有用です

■ 正常で健康な脳の発育に有用です

Copyright

Fda

* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪発芽玄米≫≪母乳≫≪免疫増進≫≪日本経済新聞掲載≫≪産経新聞掲載≫


10534

□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「発芽玄米、母乳の免疫増進」という【記事】⇒その【記事 

   (10/8付 日本経済新聞より)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
New「浅田真央」さんは”玄米”を好んで食べている!発芽玄米を教えてあげたい(玄米を発芽させた米が「発芽玄米」)
Photo

動画You-Tube


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo

国際科学振興財団筑波大学、東京家政大学が授乳期の女性41人を発芽玄米を主食とするグループと通常の白米のグループに分けて比較した。発芽玄米のグループは母乳に含まれる「s-IgA」という免疫成分が摂取後に1ml中平均893マイクロ(マイクロ=百万分の一)と摂取前に比べて13%増えた。一方、白米のグループはほとんど変化しなかった。」ストレスを抑制する効果もみられたそうです。

Photo_3■【発芽玄米】をお試しに食してみませんか?特別価格にての購入サイトは⇒【コチラ


Photo_2

発芽玄米のGABA(ギャバ)量は白米の約10倍玄米の約3倍だそうで、そのギャバはアミノ酸の一種で、γ-アミノ酪酸、通称GABA(ギャバ)と呼ばれていて、神経を鎮める働きがあるといわれています。 発芽玄米と玄米を摂取したグループでは、総コレステロール、LDL-コレステロール、過酸化脂質の上昇を白米摂取のグループに比べ有意に抑制された。玄米の油分が過酸化脂質を発生させるどころか、抑制する効果があったようですね(その効果は発芽玄米の方がより高かったとか)

Photo_7 DNA解明世界的権威・筑波大学名誉教授の村上和雄氏が産経新聞のコラムに記事掲載していました
↓ ↓ ↓

□この新聞記事は⇒ 【コチラから】ジックリ読めます

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

米の中で眠っていた栄養素が活性化され、発芽(芽が出た瞬間)させたものを発芽玄米と言い、白米はもちろんのこと、玄米よりも栄養価が高く、白米や玄米にはなかった栄養も生まれます。発芽玄米には、増加した豊富な栄養素と新しく生まれた栄養素、さらには柔らかくて美味しいという素晴らしい利点があります。
 
≪まさに21世紀の主食であるといえます。≫
Photo_3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪母乳その認識力と学習機能の関係≫≪母乳栄養とアレルギー疾患≫

Asea
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

Babysignalingfrontiernutrition


母乳で育った子供は、肥満、糖尿病、喘息、感染症、胃腸炎などになりにくく、様々なメリットがあることを、このブログ内でも掲載、ところが、このようなメリットは子供だけでなく、授乳≪母乳哺育≫をしている母親にも大いにあることが

Photo

母乳の栄養に影響されることとして最も注目されるのは、免疫作用と脳の発達である。特にcolostrum(初乳)には多く含まれています。胎児の免疫機能が作られる時期と一致し、これらの単糖は、早い時期の脳開発にとっても重要な成分と見られています【この糖は粉ミルクに含まれていない】


Df300f0d

母乳を与えることはその期間が短くても長くても人間の成長にいかに大切かと訴えられてきましたが、その授乳期間が長い赤ちゃんの方が、IQの高さ!標準テストの優秀さ!高校に上がったときの成績が等々の結果、またアレルギー疾患についても免疫機能の正常な働きの好結果がデーターから・・・・!【これが全ての結果でな無いでしょうが・・・・結果を出しつつある”莉杏(リアン)ちゃん!】


Aaaaa_3


 ≪調査その1≫


「母乳とその後の認識力および学習機能の関係」というテーマでニュージーランドで行われた調査です!生後間もない、赤ちゃん1025人を対照に18年間!すなわち18歳になるまでの壮大なる追跡調査です


Photo_3
             【画像クリックで拡大】

グラフの【縦軸】は「IQテスト・標準テスト・教師の評価・高校の学習成績」 【横軸】は「年齢経過」を表します。

■≪調査結果≫として、授乳8ヶ月以上&授乳4~7ヶ月&授乳4ヶ月未満&母乳以外の順番で授乳期間の長い赤ちゃんの方が、成長後その頭脳に関わる評価が高い結果がみられる

Aaaaa_4


 ≪調査その2≫

                                                                                                 「母乳栄養とアレルギー疾患」というテーマでの調査です!この実験結果では「アトピー性皮膚炎」と「喘息」ともに驚きの結果がでております


Photo_4
                画像クリックで拡大


グラフ【縦軸】は各疾患の「累積発症率(%)」、【横軸】は「月数経過(60ヶ月後=5年後)」を表します。Breast:母乳 Good Start:乳清添加人工乳 Isomil:大豆人工乳  Similac:一般人工乳 で点示されています。

■≪調査結果≫はアトピー・喘息ともに、母乳で育てた場合の方が、はるかに発症率が低いという事が、このグラフから明確に判定できる!誰しもが、元気で溌剌な子に!また優秀な子に育つ事を当然願うはずですよね、いかに「母乳」が赤ちゃんにとって必要で!大切だという事がお分かりいただけたのではないでしょうか


Photo_3

母乳には赤ちゃんが発育に必要な栄養素が完璧に含まれています。母体が絶妙に調合しているので、赤ちゃんが、その時期に必要な栄養素(=多くの微量栄養素)が過不足なく含まれているのです。細胞間コミュニケーションを司る「8つの糖質栄養素」のうち、5種類が母乳に含まれていることがわかっています

8sugars


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪妊娠中に魚を食べ≫≪母乳で育てると≫≪子供の知能の発育が向上!≫

Logo_news3332013年「母乳に関する」最新情報⇒≪母乳で子供を育てるのが最適≫【裏付ける調査】
04
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

Photo

デンマークで行われた母親と乳幼児に関する研究によると、母親が妊娠中に魚を多く食べ、また母乳で育てると、子供の身体及び知能の発育が良くなることが分かりました。この妊娠時期の魚の摂取の効果と、母乳の効果は、それぞれ別々に有効だったそうです。以前にも、同様の報告が米国や英国で行われていましたが、今回の研究で改めて確認されたことになります。

研究は、デンマークのスタテンス・セレウム(Statens Serum)研究所のエミリー・オーケン(Emily Oken)助教授らが、米国ハーバード大学と共同でおこなったもので、American Journal of Clinical Nutrition誌(Vol.,September 2008)に報告されたものです。

Photo_2

研究は、デンマーク・バース・コンホート研究に参加した、新生児を持つ母親25,446人を対象にし妊娠後の子供の発育や妊娠期中食事内容などについて、聞き取り調査しまし、子供が6ヶ月になった時点での、ハイハイや立つ・座るなどの動作、音声の聞き分やまねることが出来るかなども調べ!

Photo

更に、18ヶ月目には階段の登り降り、靴下を自分で脱げるか、カップから水を直接飲めるか、絵を描いたり出来るか、言葉などを発するか、自分で歩けるかなどを調べたそうで

≪その結果は妊娠時期に魚を多く摂った母親の子供は、より動きが活発で、知能の発育も良いことが明らかになったそうです≫

例えば、妊娠中に魚をほとんど食べなかった母親の子供では、18ヶ月目には5.7%の子供が発育度が悪いとの判定結果だったのに対し、魚を多く摂った母親の子供では3.7%で

Photo_3


また、魚をあまり摂らなかった人に比べて、多く摂った母親(平均1日あたり60グラム)では、6ヶ月目での発育成績が高かった子供は25%、18ヶ月目では約30%が高いスコアを得たそうです


Babysignalingfrontiernutrition

同様に、長期間の母乳で育てた場合でも乳幼児の発育がよく、特に18ヶ月目にその差が大きくなっていることが明らかになりました。その理由として、魚や母乳に含まれているオメガ-3脂肪酸が、そのような効果をもたらしたと考えられるそうです。


AaaaaTVコマーシャルで「あなたのサプリメント!健康ですか・・・」そうです!将にCM通りのサプリメントを探してみては?


今回の研究によると、妊娠時期に週3回以上魚を食べると、子供の発育が良くなるとされていますので、妊娠中の方は是非魚を多く摂ることを試みては如何でしょう?
Photo_3


| | Comments (1) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪母乳の代わりに「水あめ」を使った先人の知恵!≫パート②  

Photo_3


雑誌「サライ」の13号に浮世絵特集が組んであり「広重の東海道53次」のいくつかの宿場の画を紹介しています!

Pic25a


その東海道53次の26番目の宿が「日坂」(静岡掛川)その手前に「小夜の中山」峠と言う難所があるそうです
急な坂ではあるが広重の日坂(ニッサカ)の画をみるとかなり誇張してある、


Agesburogu_2坂の途中に大きな石が横たわる、ある臨月の身重になった婦人が安産祈願をして帰る途中、その石に腰かけて休んでいた時、そこに山賊が出て来て斬り殺されてしまう!

Photo

子を想う母の魂が、石にのり移ったのか、すすり泣く声が山頂にあるお寺まで、聞こえ【これが「夜鳴き石」のいわれか】、お寺の住職が泣き声に気づき、下り訪ねてみると、丸い石のかたわらで虫の息でいる赤ちゃんを見つけ、寺に連れ帰ったのだが、飲ませるお乳がなく困り果てた住職は早速、水飴を作り大事に育てました。

Photo_2

その水飴は、もち米と麦芽糖を原料として現在でも「子育飴」として昔とまったく同じ製法で手作しているのが1751年に創業の小泉屋である!小島屋にはその「夜鳴き石」が店の裏山に祀られていて、伝説を聞いた弘法大師が指で石に刻んだ文字があるという【南無阿弥陀と?】


Ages_2

弘法大師=空海と言えば奈良・平安時代の方!伝説はその前からあった事になりません?不思議!不思議!不思議発見・・・と言う事で母乳代わりの「水飴」はここ静岡でもあったのですね、それも奈良時代からと言う事になりますよね。米と発芽した大麦が発酵した糖分!もちろん砂糖を使っていない事からか「程よい甘さで歯にもつきにくい」

Sayo4 【南無阿弥陀と?弘法大師】


赤ちゃんが初めて口にする栄養が母乳≪特に初乳は大切≫ですよね、母乳は調べれば調べるほど、凄い力を持っていて、生まれたばかりで抵抗力の無い赤ちゃんを守る直ぐに役立つ選ばれた戦士みたいなものです!

Photo_4

赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいるとき同じ生活環境で育っているわけですから「今までにお母さんが出会った敵(細菌など)に対する戦士」(=免疫)です、母乳にその事前に敵の情報をもった(獲得免疫)優秀な戦士達を送り込んでくれているのですよ!

Baby

20世紀の終盤にエネルギー源になる「糖」ではなく、身体にとって生体作用に重要な働きをもつ、甘くない「糖」の発見があって8つの「糖」が大切な役割をしていて、母乳にはこのうちの大半が含まれているのですね!

8sugars

オリゴ糖(糖質)がたくさん入っているし、乳糖としてグルコースやガラクトースはもちろん、脳の発達に必要なシアル酸(Nアセチルノイラミンサン)、免疫促進のマンノースやフコースなど、まさしく糖鎖を構成するために必要な糖質栄養がたくさん入っています。

Photo_5愛用してみますか!】⇒ 【コチラ】

Photo_6


生まれて直ぐに母乳を飲んでいる赤ちゃんは病気知らず!でしょう。それも、赤ちゃんの発育に合わせてその種類と量が変わっていくというから、本当に凄い働きをもっているのですね!もちろん、腸内細菌のえさにもなるので、赤ちゃんのお腹の健康をも保っているわけなんです!

Photo_5


母乳の栄養分については前回の書き込みに!金沢の俵屋のじろ飴も、米と大麦を原料として、砂糖・添加物一切不使用で、穀物本来の甘味を活かした自然健康食品で乳飲み子を抱えながらも母乳が出ない母親達のため、何とか母乳のかわりになる栄養価の高い食品はないかと考えた末に作り上げた水飴!静岡の「子育飴」もお坊に与えたのが水飴!
【京都にも子育ての飴があるそうですよ・・・・・!】

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪末期ガンの男性が≫≪母乳を飲むことで治った?≫≪ニュース!≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Saibou_denntatu_1←≪免疫細胞が会話をしている≫貴重な写真です!(日経サイエンスー2006年より)                               


⇒【この画像の解説
クリック!・・・日経サイエンスの本には左にもう一個の細胞が・・・・

Side_ttl_3お問い合わせ・資料請求】⇒ 【コチラ】


                   □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Cancer

グーグルの検索エンジンからヒットした末期ガンの母親の闘病手記を何とか翻訳し、「末期ガンと闘う!75歳の母親の栄養療法・・・」とタイトルでブログの書き込み、今日、このアップ・タイトルから検索した方からのお知らせで「娘の母乳を飲んだら末期ガンが治った? 英国人男性の事例が話題に・・・」と言うオンラインニュースが飛び込んできました!

Chronic_illness_2

2007年7月に胃痛のため病院で検査を受けた結果、末期の肝臓がんと診断された英国の男性(67歳)が、すぐに手術を受けて成功しその後1年間は化学療法が奏効し、小康状態を保ちながら生活していた、ところが一年前の手術の一週間前に結婚をした娘さんが第1子の妊娠中にこの男性の肝臓ガンが再発したそうだ。

Photo

そんなある日、娘さんは父親の治療に役立つかもしれないという情報を、あるテレビ番組から仕入れた。それは米国の前立腺がんの男性患者が、ある機関を通じて母乳を入手して、毎日飲み続けることで治療を行っているという番組を観て、当初はばかげたこととは思いながらも、「父が良くなるためなら何でも試してみよう」と決断し、娘さんは、出産後で母乳も出ていることから、父親に母乳の提供を提案をして、母乳を飲んでもらったところ、なんと回復傾向を示した【その効果はてきめんで、飲み始めてから1か月後の検査で状態が良くなったと診断された】ことでの、英米のメディアによって報じられた!

【英紙デイリー・メールなどによるニュース全容は!】 ←クリック!

Preview

情報や本舗でも「母乳】と【糖質栄養」とカテゴリーを設けています、「赤ちゃんにとっての最良の食事の母乳」は栄養と免疫力に富んでいることは周知の事実です。成人に対してもさまざまな効果がある可能性が指摘されています!現在のところ、母乳の摂取が、ガン抑制につながるという医学的根拠は証明はされてはいませんが・・・

■英国では世界がん研究財団が「母乳ががん患者に何らかの利益をもたらすという根拠は、まだ見つかってない」と英紙デイリー・ミラーにコメントしている!

Fda

■米国では母乳ががんに効果があることが注目されており、米ABCでは「米食品医薬品局(FDA)は、母乳が小児がんのリスクを下げるかもしれないと公式サイトに掲載している」と紹介。FDAは「母乳に含まれるたんぱく質が、がん細胞を『自滅させる』要因になり得る」と説明している。

         ≪6月15日にライブドアーオンラインニュースより抜粋≫

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ある集まりでのスピーチで「ひとのために造られ、人にとって一番の食糧は母乳だ。他のものとの大きな違いはこれらの糖だ!神(天?・自然界?)が母乳を造った、それも完璧な食料として造ったのです!乳飲み子が脳の発達に、免疫作用の発達に確実に必要なものとなるように!また神はあなた方にそれと同じ物を与えた。それは子供たちが、母乳をやめたあとも同じように良いものを食べ続けることができるようにだ!それが・・・・・・・

Twitter_2■■■ @tenboss ■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪母乳に関する≫≪栄養学の致命的な過ち?≫≪栄養学の致命的な誤りなのか?≫

Asea
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料


ある栄養素の不足が、現代病の共通する原因となっていると考えられる【食源病!】この栄養が足りれば、私達は自己治癒力が向上し、健康を回復できることが可能に【自然治癒力をとりもどす!】ということが分っています


Data

最も大きな誤りは、母乳に含まれる栄養素を軽んじてきたことではと!母乳には赤ちゃんが発育に必要な栄養素が全て含まれているそうです。母体が絶妙に調合し、赤ちゃんが、その時期に必要とする栄養素(=多くの微量栄養素)を過不足なく含んでいるのですね!

【母乳に含まれる重要な栄養素!その成分は】

IgA…細菌やウィルス感染防御、マクロファージ活性化

サイトカイン…感染防御、免疫活性、成長発達のサポート

他の糖たんぱく質…感染防御、鉄・ビタミンB2等の吸収強化、善玉菌の増殖促進
(糖タンパク質とはタンパク質と糖質=甘くない糖が結合したもの)

オリゴ糖…善玉菌の増殖促進、感染防御

糖脂質 …感染防御、免疫系の攻撃から細胞を保護
     (糖脂質とは脂質と糖鎖が結合したもの)

他の複合物質…脳発達をサポート、たんぱく質や糖を細胞に固定

■酵素 …細胞接着を促進、複合糖質の代謝

【ここでお話ししてきた8つの糖のうち母乳に含まれる5種類とはフコース、ガラクトース、Nアセチルノイラミン酸、Nアセチルグルコサミン、そしてグルコースです(Fus・Gal・GlcNAc・GalNac・NANA)】

Photo_2

以上が主な成分で、これら栄養素をバランスよく含んでいて、人間の身体が発育するためには多くの種類の糖を必要としているのです!母乳には粉ミルクに含まれていない糖が含まれ、それが幼少期の身体、脳を作るのに大切な役割を果たしているという事はすでに解っています【特にcolostrum(初乳)には多く含まれて】

Babysignalingfrontiernutrition

これらの糖は赤ちゃんの身体にとても大切なので、誕生の時に早期に摂取することが出来るよう準備してくれているのです!医師は母なる自然の力をよく知っています。これが母なる自然の力=母乳の為せる業で粉ミルクには自然の力はありません!

Photo_3

これは赤ちゃんが胎内にいる時にも、出産が間近の時であっても、ある種の糖【甘くない)】がお母さんの身体で増得るのです!この時期は、胎児の免疫機能が作られる時期と一致し、これらの糖【甘くない】は、早い時期の脳開発にとっても重要な成分と見られているのです何種類かの糖は妊娠十数週間目より出産までゆっくり増えだすそうです、そして妊娠一週間後に、全ての糖質が著しく増大するのは、お母さんの乳房の組織・新陳代謝と関連しているらしい!


Default

人工乳や加工乳の研究開発会社には、次のような事は高度過ぎて不可能と言っても過言ではないのかも!それは人体の神秘とも言うべき事実ですが、『母乳』というのは、例えば未熟児にはそれに合わせた糖配合のものを、疾患持ちの子にはそれに合わせたものへと、まさにその子にとってベストなものへと、自動的に糖の配合が変化するそうなんですね。

Photo_12■幹細胞■

ここにきて再生医療でもクローズアップされている幹細胞!その幹細胞を劇的に増やす幼児期の栄養成分にもかかわらず、それを見落としてきたことは問題提起に存するのか?。粉ミルクの中に含まれる栄養素の成分内容は、「生化学的」常識に当てはめても唖然とするくらいお粗末な組成だと言う方もいます!「母乳保育!粉ミルク保育!」と是非を問われてきました、粉ミルクには、基本的に微量栄養素が欠落しているため、母乳保育の子どもに比べて、さまざまな幼少期における疾病の要因となっているのも事実だということも知っていてください!

Photo


『母乳』だけが、細胞の糖鎖を構成する8種類の単糖の内5種類の糖をバランスよく含んでいるのです。糖質【エネルギー源としては使われない、甘くない】は、胎児そしてお母さんにとってとても必要な栄養素なのです!
人間にとって、最も大切な栄養素のうち、5つが授乳期に母体から提供されているという事実が物語るのは、甘くない糖質!この栄養素が人間の生命維持に不可欠である、もの言わぬ証拠ではありませんか!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪発芽玄米≫≪母乳の免疫増≫≪産径新聞≫≪つくば大学≫≪日経新聞≫≪母乳保育か?≫≪粉ミルク保育か?≫パート①

Banerantiaginglonglife


筑波大学名誉教授、村上和雄先生が2008年の産経新聞「正論」に寄稿され、食品はできるだけ、あるがままの状態で食べることが栄養と生命力を同時に受け取ることができるのではないか!」

Photo_12

そして「授乳期の女性に発芽玄米をとらせたところ、母乳中の免疫成分が摂取前に比べ13%増えた」とこの事は2007年に日本経済新聞に「発芽玄米、母乳の免疫増進」という記事「国際科学振興財団と筑波大学、東京家政大学が授乳期の女性41人を発芽玄米を主食とする・・」があっての「正論」の書き込み⇒【詳細記事はコチラ

「浅田真央」さん”玄米”を好んで食べている!


新しい生命の誕生とともに一番に母親が赤ちゃんに与える母乳【出産後3日以内の母乳=これを初乳と言い免疫性物質を最も含んでいる】には栄養だけでなく、限りない秘密があるのですね!生まれたての赤ちゃんにはまだ免疫システムが完成していないのです!

Photo_2

産声を上げた瞬間から多くのバイ菌やウイルス、病原体にさらされることになります。しかし、生まれてから約半年くらいまで、つまり、お母さんの母乳を飲んでいる間はほとんど病気をしません。その秘密は母乳に母親の持つ免疫性物質が含まれていて、それにより外からの様々な危険因子から守られているのです。


母乳には赤ちゃんが発育に必要な栄養素が完璧に含まれているのです、母体が絶妙に調合しているので、赤ちゃんが、その時期に必要な多くの微量栄養素=糖質栄養・植物栄養・・・等々が過不足なく含まれているわけなんですね!

Teturyu

札幌医大の再生医療で多く関心を持たれている「幹細胞」この「幹細胞」を劇的に増やす幼児期の栄養成分!ある時期、栄養学はこの重要な営養素を軽視し、見落としてきていたのですね?限りなき大切な秘密があるにも拘らず

「母乳保育か粉ミルク保育か」の是非を問われてから久しいのですが、粉ミルクの中に含まれる大雑把さは、「生化学的」な常識に当てはめると唖然とするくらいお粗末な組成なのですと、コメントがありました!栄養素の基本的に微量栄養素が欠落しているため母乳保育の子どもに比べて、さまざまな幼少期における疾病の要因となっているのも事実ということから、母乳の何が?大切で!重要なのか!・・・・・・


Photo_3

近年解明された糖鎖栄養学から鑑みて、細胞間コミュニケーションを司るいくつかの「単糖類」のうち8種類の「栄養素」の基本は[母乳](=5種類が母乳に含まれていることがわかってきています)にあります。ですから赤ちゃんは免疫力が強く病気にかかり難いと言われる所以なのか

Photo_3

この補完栄養素が、大袈裟ではなく生命活性維持に於いて、とても大切で重要で不可欠な栄養素だという事を、いまだ多くの人の知らないところだという点です。粉ミルクを例にとっても こうした栄養は、まったく入っていません!疑問視する方は、薬局で粉ミルクの含有成分を調べてみてください・・・。それくらい「生化学的常識」から見れば遅れているというわけです!

Mil05077s1


話を戻して、母乳にも含まれている、これらの補完栄養は我々の体にとても大切なので、母なるしぜんは我々の人生の早期に摂取することが出来るよう準備してくれている。母乳には不可欠とされる8つの単糖のうち5つの単糖を含んでいるのです。最近の研究では、母乳を与えることはその期間が短くても長くても人間の成長にいかに大切な事であるか!特に母乳の栄養に影響されることとして最も注目されるのは免疫作用と脳の発達である。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Books1


≪上記の原文≫⇒http://sev.prnewswire.com/health-care-hospitals/20080317/LAM53217032008-1.html

| | Comments (1) | TrackBack (1)

≪情報や本舗≫≪母乳の代わり≫≪”水あめ”≫を先人の知恵!≫

Agesburogu_3
【母乳代わりの水飴が静岡の掛川でも!】情報は⇒【コチラ!クリック!】

Images_7

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「母乳」の代わりにと糖鎖の栄養素は研究開発されたのですがこの栄養素の不足によって、現代病の共通する原因となっていると考えられる【食源病!】

Photo_3

食源病から免疫低下の子どもにとっても、この栄養補完が足りれば、私達は自己治癒力が向上し、健康を回復でき、さらには老化を遅らせることが可能に【自然治癒力をとりもどす!】ということが分かってきました

Photo_4

米国では、この糖鎖の栄養補完が、多くの健康回復、維持向上の役に立っています【事実!】知見に基づく最新の糖質栄養学なのです

≪もっと続きを読む≫糖鎖情報や本舗

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

8sugars

ディスカバリージャパンというTV番組で小京都といわれる金沢の特集をしていました、地元で昔から人々に人気の「水飴」のとても興味深い特集を組んでいました!8つの糖鎖に関わる話でもあって

Baby

前にこのブログでも紹介の「母乳には5つの糖鎖が!その配合は」と同様のお話が飛び出しました?


Redoxsignalingfrontiernutrition


”その内容は、「乳飲み子を抱えながらも母乳が出ず困り果てていた母親が多く入るのを見て、何とか母乳のかわりになる栄養価の高い食品はないかと考えた末に作り上げたのがはじめといわれております。

原料は良質の米と大麦!それを糖化するために発酵させることで砂糖がわたしたちの生活に入ってくる以前に、穀物の甘味を得たのですね、将に先人の知恵!果てさて?それは何でしょうか・・・・・・

Ages_2

「水あめ」なんですよ!近年炭水化物の摂取が少なくなってきているとそれは現代では砂糖という食文化が入ってきたため炭水化物の摂取で50%以上がこの「甘い糖」を摂ることになってきたいるからで、「甘くない糖」を摂る事が必須といっても過言でないことが判明してきているわけですが!

Komeno 

先人の知恵は既に知っていたことに、驚きだったため番組の内容を見ながら聴きながら、ふとある栄養開発会社の基幹製品の成分内容の筆頭に「米デンプン」とあります

また以前大麦も使っていたことが、金沢の老舗の水あめも補完栄養素を赤ちゃん【母子共に】栄養補給摂り入れる事を・・・・人間が人間のことを考えると、知識と知恵とで知らず知らずにでも、体に良い結果をもたらすものを、考えつくものなのだと!

Photo_16

かつて、現在のような良質の代用乳が得られない時代に、母乳が出ないこと、母乳の出の悪さは乳児の成育に直接悪影響を及ぼし、その命にも関わる事に重大さを感じ、知恵を絞り母乳代用を考え出した古人の凄さに感服しました!

A0113065200■「ひとのために造られ、人にとって一番の食糧は母乳だ。他のものとの大きな違いはこれらの糖だ!

Photo_5

神(天?・自然界?)が母乳を造った、それも完璧な食料として造ったのです!乳飲み子が<脳の発達に、免疫作用の発達に確実に必要なものとなるように!

また神はあなた方にそれと同じ物を与えた。それは子供たちが、母乳をやめたあとも同じように良いものを食べ続けることができるようにだ!


体内で細胞と細胞がコミュニケーションをする上に必須な8つの「甘くない糖」糖を摂りいれていたのですから

他の甘くない糖質栄養は当時の食料事情を鑑みても豊富に摂れていたのでしょうから?現代は十分な栄養が食材から摂れなくなっている為、当然糖質補完栄養を補足することを考えなくては・・・・!

Ages

補足:水あめの俵屋とは、百万石の城下町金沢の歴史とともに生き続けてきた、この食文化をしっかりと守り抜き、それが俵屋のあめづくりに込める想いなのです。金沢で一番古いあめ屋。それは創業天保元年、連綿百七十余年の伝統を誇る俵屋

Ages8

「めのと」と言って、母親に代わって乳を与える乳母を召し使った皇族、貴族、武家、あるいは豊かな家 は代用母乳が本物の母乳そのもので賄えたわけですが!


そうではない人々にとっては、この「水あめ」がどれほど救いの女神になっていたことでしょう!また、身分の高い人間は子育てのような雑事を自分ですべきではないという考えや、他のしっかりとした女性に任せたほうが教育上も良いとの考えから、乳離れした後、母親に代わって子育てを行う人も乳母という。

Photo_17

【英語では】乳を与えるのを≪Wet Nurse≫、子育てをするのを≪Dry Nurse≫(Nanny)と区別する。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

≪アンビットのQ&A≫ | ≪アンビット・エナジーについて動画で・・・≫ | ≪アンビット・エネルギー(Ambit Energy)≫     | ≪アンビット概要ビデオ≫ | ≪シグナムの美肌効果≫ | ≪リディア・コーLPGA≫ | ≪脳内活性サプリ≫ | ≪脳内活性サプリ・Q&A≫ | ≪INK.500ーランキング≫ | ≪PP2A≫ | ≪PP2A&TAU(タウ)≫ | ≪SIG-1012(高レベル分子)≫ | ≪Signum Biosciences≫ | ≪WEBでの取り扱い説明≫ | ≪WEB登録をWEB動画で≫ | 【24時間テレビ】 | 【お知らせ】 | 【がん・ガン・癌・】 | 【がん情報・・・テレビ番組】 | 【がん情報・・・新聞・雑誌】 | 【ねこ:ネコ・猫が三昧】 | 【やってTRY!やって渡来!】 | 【アスリート・・・・プロスポーツ選手】 | 【アセア=ASEA】 | 【アルツハイマーと認知症】 | 【インフルエンザ対策】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【コーヒーと医療】 | 【スクリプス研究所】 | 【スーパーボウルのCM】 | 【スーパーボウル・ハーフタイム】 | 【ダウン症候群】 | 【トランス脂肪酸】 | 【ノーベル賞・レガシー認定】 | 【パンデミック対策】 | 【ファイターズガール】 | 【ベン・カーソン】 | 【マクガバン・レポート】 | 【マグロ・・・アンブロ | 【レスベラトロールと長寿】 | 【中村天風】 | 【伝説のスピーチ】 | 【偶然の発明・偶然の発見】 | 【免疫・ハーブ】 | 【再生医療】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医学・医療】 | 【原理・原則・法則】 | 【反魂丹・万金反】 | 【古事記にまつわる話】 | 【地震・津波・未曾有の災害】 | 【大原麗子・・・ギラン・バレー症候群】 | 【妊娠中の食べ物=りんご】 | 【子供の脳の栄養素=DHA】 | 【子宮頸がんワクチン】 | 【宇宙と医学】 | 【幹細胞・再生医療】 | 【心温まる・癒される】 | 【抗加齢・寿命・延命】 | 【文明開化】 | 【本・書籍・BOOK】 | 【本当?それとも嘘なの?】 | 【植物コレステロール】 | 【植物・・・草・花・葉・茎・根】 | 【歴史における出来事】 | 【母乳・・・邪馬台国・卑弥呼】 | 【母乳・母乳育児】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵と火星探査写真】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【知っててお得情報】 | 【科学の粋】 | 【米国立がん研究所】 | 【糖質栄養素その有用性】 | 【糖鎖】 | 【糖鎖と免疫細胞】 | 【糖鎖による臨床】 | 【糖鎖の栄養素】 | 【糖鎖・その応答反応】 | 【細胞の最新情報】 | 【脳内活性】 | 【脳梗塞と再生医療】 | 【自閉症・ADHD】 | 【自閉症・ADHD・他動症・・・】 | 【著名人・有名人・芸能人】 | 【遠位型ミオパチー・・・難病】 | 【雑学・耳学・よもやま話】 | 【顕微鏡・双眼鏡・望遠鏡】 | 【食・栄養・サプリ】 | 【DNAテスト】 | 【ISC細胞・細胞再生】