【本当?それとも嘘なの?】

≪情報や本舗≫≪ガン患者≫≪つけ込む詐欺と偽り≫≪称して”ガン・マフィア”!≫≪気をつけよう!知らぬ話には≫

02

     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料


    【ガンマフィアにはくれぐれも気をつけましょう!】

News

ガン?と懸念する方やガンに罹病!と診断された方が、情報と希望を求めてインターネットを利用することが多く、効果のない「治癒法」を売る業者にだまされることも極めて多いと”HealthDay News”の記事にありました。

20081009hjba9001_09


また、記事ではないですが、米連邦取引委員会(FTC)の発表では、癌が治るとの虚偽および誤解を招く説明をしたとして5社が告発されたと、ハーブ混合物・アンズの種子からの抽出物・腐食性の軟膏・キノコ抽出物などを制ガン剤!抗ガン剤!と謳って販売している事実!

Images_8


Photo_2【専門家の助言があります】

どのような種類のガンも治るなどの上手すぎる話には要注意

「科学的大躍進」「秘密の成分」「奇跡の回復」「古代から伝わる薬」などのうたい文句や、「自然」だから安全である、といった説明にも疑いをもつべき。また、商品に限りがあ
る、前払いが必要という場合にも注意が必要である。


その製品がヒトを対象に試験済みであるかどうかを確認する

実験室や動物の試験で良好な結果が出ていても、ヒトへの使用を推奨する基準とはならない。

その製品を勧める人の経歴に注意する

ガンでない人をガンと診断し、後に「治った」とする悪徳な治療院もあり、「患者」は本当にガンが治ったと信じていることもある。

根拠が証言のみである場合は要注意


明らかに事実に反する誤りを見極める


「ステージ7」のガンが治ったというような人がいたら、疑うべきである。「ステージ7」の癌は存在しない


【癌の進行度分類でステージ分類では4までしかありません・・・・・情報や本舗】

Photo


「いずれもガンを予防もしくは治癒、治療するとの科学的根拠はない」と当委員会の消費者保護局の担当が言及、またFDA(米国食品医薬品局)は、お茶・錠剤トニックウォーターなどを万能薬とうたい販売した24社に対して警告!100社以上に対して同様の文書を発行!していたそうです。

米国ガン研究協会(AICR)によると、こうした商品のすべてに癌と戦う効果のある可能性がゼロだというわけではないが、商品の多くは、予備的な研究だけに基づいて“希望”を売っている部分が大きいと!


8


【記事内容ではありませんが!米国ガン研究協会(AICR)では食事と栄養・運動という方法によってガンの60~70%は予防できることを様々なメディアを通じて提言しています。すなわち全てのガンのうち40~60%は食生活の選択に結びついているとし、ガンによる死亡の35%は食事に関係していると推定している!

そして食事がCancer Process(ガン発生過程)で演じる役割!予防と治療で演じる役割!についての知識と理解を深めるための教育プログラムと研究で 食生活を変えることが、

Images

どうガンリスクを少なくするために役立つかの理解を助け、またガン治療に対する新しい食事と栄養手段を発達させるための"食事、栄養とガン"の研究=食育を奨励する先陣をきっている・・・・情報や本舗】

Data


医学や科学に関わったことのない人が癌やほかの疾患の治癒法にたどりつくとは考えにくい。信頼できる情報の発信元としては、米国癌協会(ACS)米メモリアル・スローン・ケタリング癌センター(ニューヨーク)、米テキサス大学M.D.アンダーソン癌センター(ヒューストン)などがある      


Youkosojpg

【いずれもウェブサイトがあり!『メモリアル・スローン・ケタリング癌センター』については、2007年の情報や本舗の書き込みでも紹介!⇒クリック! ”【正常細胞】が【癌(ガン)】の悪性度を決めると米科学誌「Science」に・・・・!”


■米国ガン研究協会のWally氏は「このような商品に飛びつく前に、落ち着いて医師と話し合う必要がある。代替医療や補完医療が受け入れられつつある時代にこそ、偽者か価値があるものかを見分けることが重要」と述べている。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_9

似て非なるもの!その判断・区別は、正確で的確な情報・知識ではないでしょうか?・・・・情報や本舗】

HealthDay News”の記事【【原文記事からの一部抜粋しました・・・・・原文


Continue reading "≪情報や本舗≫≪ガン患者≫≪つけ込む詐欺と偽り≫≪称して”ガン・マフィア”!≫≪気をつけよう!知らぬ話には≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪天空におきた神のなせる業?≫

Baneranc1ox

フジテレビの早朝5:22のニュース・トピックス?で友人から送られてきた”凄い写真!”沖縄で撮影したらしく


232

この写真を7人の人に送ると幸せが訪れると?この写真見覚えどころか!一昨年「乳ガン」に罹病した事を告白された宮崎ますみさんのブログに公開されていた写真なのです

250pxhands_of_god_and_adamアダムの創造』=父なる神の手がアダムに生命を吹き込む

どこかの誰かがあまりにも天の神の手のごとくの雲を「幸せの写真」におきかえてしまったのでしょうね!確かに私も、これを見た瞬間にシスティーナ礼拝堂(Cappella Sistina-バチカン宮殿内に建てられた礼拝堂)全能の父なる「神の手」によりて生命が吹き込まれる天井図

Images

とダブってしまいましたよ?将に偶然なのか?仕組んだのか将に「神の手!」ですよね


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Photoやはり置き換えられていたようです・・・この「神の手」の写真については、朝日新聞社が発行する週刊誌「アエラ」で『神の手雲』と題して取り上げられていました!

Img_2912


≪雲の画像は加工して神秘的な画像にした写真だったのですね≫週刊誌「アエラ」の記事には、経緯とその画像の正体を暴いていて、この画像が「本物」として独り歩きし、都市伝説化してしまったとも書いています⇒【補足:都市伝説とは近代に広がる伝説の一種で、古くからの民話と同じように、大真面目に語られ、口から口へと広がっていく。伝説形成にあたっては「本当のこと」として語られることが多いとウィキペディアに解説されています】

■□【元写真が公開されていました!】⇒≪その画像写真

1190453971_2人間が食べたものを最終で排出する部分⇒黄門様とも言う、その黄門様を大きく広げる努力をしている写真であると!つまり、真ん中の太陽の光ってる部分は広げられた黄門様!

Kaminote01

この写真も真偽は?定かではない・・・都市伝説にするも、しない(市内?)もあなた次第では≪レントゲン写真ではない≫


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪電子レンジでチンした水は?果たして!≫

Images_112016年5月更新しました!【「ジョンホプキンス大学」での電子レンジに関する重要な発表が!】⇒ ⇒ 【重要な発表!はこちらクリック!】
A0113065200_2
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

1930年代に驚異的な治癒率を誇った食事療法であるゲルソン療法は、マックス・ゲルソン博士によって確立されたのですが!患者の一人でもあり生涯ゲルソン療法の支持者であったノーベル平和賞受賞者、アルバート・シュバイツァー博士

Photo

「ゲルソンの中に医学史上、もっとも傑出した1人の天才を見る」と言及!ゲルソン療法では、
電子レンジの使用を一切禁止しているのです。

Ages

電子レンジはマイクロ波と呼ばれる周波数の高い電磁波を使用した加熱器です。、1秒間に24億5千万回というすごいスピードでマイクロ波によって食材に含まれる水の分子と荷電分子が動かされます。

この動きによって分子同士で激しい摩擦がおきる事によって温度が上がりますこの振動によっては分子、原子レベルで深刻な影響を受けて、自然界には存在しない構造異性体が出来てしまうことが懸念されています?奇しくもある天才学者が・・・・

Photo_4

2度もノーベル賞を受賞している天才学者ライナス・ポーリング博士【化学賞・平和賞】は「電子レンジで調理された食品のタンパク質は、

L型アミノ酸が自然界にはないD型アミノ酸に変化しており、代謝不可能となっている。それが原因となって、きわめて有害な活性酸素の発生が促進される。」


無論、電磁波(電子レンジはマイクロ波)の人体への影響はまだ正確には明らかにされてはいませんが、食材ばかりではなく、調理方法の食への影響!疑わしきことが新聞・雑誌・TVで情報としてリークされててきています

■その一例として、検証というか?実験というか?アメリカから以下の情報が送信されてきた!

Photo

植木鉢の植物に左側には「電子レンジ水(電子レンジで沸騰させた水)」と右側にはストーブにかけた鍋で沸騰させた「水道水」、その二つの水を冷ましてから、毎日、水やりした結果、両者にはどのような違いが出るのか、試みた写真のアップです

Day12 Day32 Day52


≪画面をクリックして拡大画面で観るとよく分かります!≫


Day72 Day92


結果は一目瞭然、電子レンジ水を与えた植物は、5日目あたりからだんだんと違いが?、9日目には朽ち枯れてしまっていますね!

■英語力の無さに情けないやら、空しいやらで、書き込みをした2007年!メール配信で≪情報や本舗≫≪電子レンジでチンした水は?果たして!≫最近になって以下のURLにきっちりよ書き込みがありました


_news333≪コレはアメリカの小学年の子が宿題のテーマを電子レンジの水がどうなるかと?その祖父のアシストの下、実験した結果発表だったようです≫・・・その翻訳は・・・【こちら!】


Microwaved Water - See What It Does To Plants


Banerealswitchheader

≪このような情報も開示されています!≫


Photo_2アメリカスタンフォード大学の医師と研究グループは、電子レンジが免疫力に与えるダメージを与えることを発表

【是是非非はともかく】

スタンフォード大出身のジョン・A・カーナー医学博士も同じ研究チームにいたが、「科学ニュース(Science News)(1992年4月25日号)」に掲載された記事に彼の言葉が引用されている。

≪以下にその要約の抜粋を記します≫

Photo_3

「母乳の解凍では、体温(37℃)以上にあげると病原菌と戦う抗体だけでなく,リゾチームあるいはバクテリアを消化する酵素をも破壊する」

ジョン・A・カーナー・ジュニアとスタンフォード大学の彼の同僚は電子レンジで再加熱した母乳は33.5度という低い温度でもリゾチームの活動性、免疫抗体という反伝染性物質の損失がおき,潜在的病原となるバクテリアの成長を促進するという。 

これに反論するテキサス大学医学部のランドル・M・ゴールドブラムのコメントは、「電子レンジが害を与えるという絶対的な証拠はない。それはただの加熱によりる影響である」・・・・

【この反論コメントにさらに反論!】

Apqmxiw

⇒ペンシルバニア州立大学のマドレーヌ・シグマ・グラントは、「低温状態のサンプルにおけるリゾチームと免疫抗体の低下は、電子レンジによって部分的に生じた摂氏60度以上の温度の熱を単に反映しただけかもしれない。

電子レンジによる加熱は本来的にむらがあり、カーナーの研究のように4ml以下の量でテストした場合には正しい結果を予測できない」
__________________________

Cover_nature3


「百聞は一見にしかず」⇒水がこうなるという事が理解する事が出来ました!電子レンジ調理をした際の食べ物がどうなるか?想像してみて下さい・・・・


■スイスのハンス・ヘンテル博士は、スイス連邦技術研究所や大学の生化学研究所の学者達との研究グループを編成して、電子レンジが食物に与える影響について調査し

「電子レンジは食物の栄養成分にダメージを与え、それを食べた人の血液にも悪い影響を与える。」と指摘した。

  【血液中の変化としてはヘモグロビンの減少、(悪玉)LDLコレステロールの増加が起きているという】

Aaigtrmages

| | Comments (7) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

Clarity- 2D Research System | ≪Lexi Boling-雑誌ヴォーグ≫ | ≪OcciGabi=オチガビ≫ | ≪YouEconomy=ユーエコノミー≫ | ≪アルツハイマー病創薬研究財団(ADDF)≫ | ≪アンチエイジング≫ | ≪シグナムの美肌効果≫ | ≪リディア・コーLPGA≫ | ≪脳内活性サプリ≫ | ≪脳内活性サプリ・Q&A≫ | ≪INK.500ーランキング≫ | ≪JAPAN OPEN≫ | ≪PP2A≫ | ≪PP2A&TAU(タウ)≫ | ≪SIG-1012(高レベル分子)≫ | ≪Signum Biosciences≫ | ≪WEBでの取り扱い説明≫ | ≪WEB登録をWEB動画で≫ | 【24時間テレビ】 | 【お知らせ】 | 【がん・ガン・癌・】 | 【がん情報・・・テレビ番組】 | 【がん情報・・・新聞・雑誌】 | 【ねこ:ネコ・猫が三昧】 | 【やってTRY!やって渡来!】 | 【アスリート・・・・プロスポーツ選手】 | 【アセア=ASEA】 | 【アルツハイマーと認知症】 | 【インフルエンザ対策】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【コーヒーと医療】 | 【スクリプス研究所】 | 【スーパーボウルのCM】 | 【スーパーボウル・ハーフタイム】 | 【ダウン症候群】 | 【トランス脂肪酸】 | 【ノーベル賞・レガシー認定】 | 【パンデミック対策】 | 【ファイターズガール】 | 【ベン・カーソン】 | 【マクガバン・レポート】 | 【マグロ・・・アンブロ | 【レスベラトロールと長寿】 | 【中村天風】 | 【伝説のスピーチ】 | 【偶然の発明・偶然の発見】 | 【免疫・ハーブ】 | 【再生医療】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医学・医療】 | 【原理・原則・法則】 | 【反魂丹・万金反】 | 【古事記にまつわる話】 | 【地震・津波・未曾有の災害】 | 【大原麗子・・・ギラン・バレー症候群】 | 【妊娠中の食べ物=りんご】 | 【子供の脳の栄養素=DHA】 | 【子宮頸がんワクチン】 | 【宇宙と医学】 | 【幹細胞・再生医療】 | 【心温まる・癒される】 | 【抗加齢・寿命・延命】 | 【文明開化】 | 【本・書籍・BOOK】 | 【本当?それとも嘘なの?】 | 【植物コレステロール】 | 【植物・・・草・花・葉・茎・根】 | 【歴史における出来事】 | 【母乳・・・邪馬台国・卑弥呼】 | 【母乳・母乳育児】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵と火星探査写真】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【知っててお得情報】 | 【科学の粋】 | 【米国立がん研究所】 | 【糖質栄養素その有用性】 | 【糖鎖】 | 【糖鎖と免疫細胞】 | 【糖鎖による臨床】 | 【糖鎖の栄養素】 | 【糖鎖・その応答反応】 | 【細胞の最新情報】 | 【脳内活性】 | 【脳梗塞と再生医療】 | 【自閉症・ADHD】 | 【自閉症・ADHD・他動症・・・】 | 【著名人・有名人・芸能人】 | 【遠位型ミオパチー・・・難病】 | 【雑学・耳学・よもやま話】 | 【顕微鏡・双眼鏡・望遠鏡】 | 【食・栄養・サプリ】 | 【DNAテスト】 | 【ISC細胞・細胞再生】