【原理・原則・法則】

≪情報や本舗≫≪フィボナッチの法則≫≪学校の連絡網!≫≪電話でも、Cメールでも、ラインでも、≫

10478681_789510147746889_4330907429


ある学校の連絡網は、次のようになっています。まず先生が、A君に電話をかけます。電話を受けた生徒は、それぞれ二人の生徒に電話をかけます。

電話をかけるのにかかる時間は、すべて一分とします。8分後には、何人の生徒に連絡が回っていますか?実はこの答え!フィボナッチの法則を理解している人には、とても簡単に紐解けるはずです


50

解答は⇒54人です・・・・答えの過程は後ほどにして、ここでは54とこの「50」前後【54から44】に関わるお話を進めます

学校の連絡網の電話をかける人数を44名としたら、そう、あなたの「ともだち」が44名いたとしてその44名がそれぞれ同じように44名の知人に電話をかける⇒44×44×44×44×44

驚いてくださいね!なんと5回、たったの5回繰り返すことで世界人口を超えるのですよ

「50」に関わる話では、進化人類学者ロビン・ダンバー博士の「人間がある時点で親しい関係として交流できる人数が50~60人であるとする」学説にヒントを得たのです、パスの特徴は利用者が登録できる「ともだち」が50人前後、限定であること


5
ほとんどの大型バスの定員が50前後というのも、バスの運転手が添乗員が利用者を把握しうる人数のようです

バスの50人がこのエピソードに結びつくかどうかは,別にしてどちらの話も「50」人という数字が出てくるのである。マスターマインドの力、アンドリュー・カーネギーは約50人のマスターマインドを持っていたと言います。

8

鉄鋼王カーネギーも一人では成功出来なかったということ。これはナポレオンヒルが書かれ、世界で”一億部”も売れたという「思考は現実化する」にも記載があり、もう一つのエピソードも記載されている

自動車王といわれた「フォード」が聴聞会に呼ばれ委員長から質問をされ、鋭く質問(しつこく)されたときに「おそらく、あなたには持ち合わせていないことと考えますが、私には50人の専門知識を持ち合わせたスタッフがいる・・・・こんな話の満載の本が、今年文庫本で出版さらました、ぜひ購読をお勧めします

ここでも「50」に関わるこんな話⇒有料アプリ(Androidマーケットで公開されている)のうちダウンロード数が50未満のものが全有料アプリのうち76%だというのです、逆に、50以上ダウンロードされると大部分のアプリは100ダウンロード以上されるようです。

10155076_783048928420987_3158520176

50以上ダウンロードされた有料アプリは伸びるが50ダウンロードを超えるのはなかなか難しいということです。これは口コミの問題でしょう(電話をかける問題と同じ)50以下のダウンロードではAndroidマーケットの上位にもランキングされずダウンロードが伸びないという結果にも

この人数は「50」ではありませんが、9倍してみると54です、50前後の【54から44

50_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪LD-50とは!≫≪半数致死量≫≪LD-100」とは?≫≪絶対致死量≫

165416

LSD”ではありません!【LSD=日本では1970年に麻薬に指定された恐ろしい劇物です】

50_lethal_dose


LD-50」とは「LD-50Lethal Dosage 50」ということなのだそうです?といっても益々判りません≪「Lethal Doseとは「致死的な服用量」ということらしい≫また”LD”というと、日本では一般に学習障害と訳されている”LD”(ラーニング・ディスオーダー)でもありません!


これは、製薬会社が「薬の認可」を受けるために、はじめに通らなくてはいけない試験のことを言うんだそうです&薬品・食品を問わず、FDA(米国食品医薬品局【日本でいうところの厚生労働省の一機関局】に詳細な書類をだして審査を通った時点で

Fda

テスト「急性毒性試験」といわれある実験動物(主にラット)が、14日間その「申請薬」が使われラットの50%が【死に至る量】から、その製品の毒性基準が決定されるのだと、そこで”LD-50”の50とは、50%=半分ということを意味しているのですね!

実験に使われた動物(主にラット)が、半数(50%)が死ねば、平均致死量は”LDー50”、もし全量が死ねば、絶対致死量、”LDー100”が決まります。 実験をいくつも積み重ねることによって、人間を死にいたらしめる毒の量!

Photo


⇒”LDー50”あるいは”LDー100”という致死量)を知ることができるのです≪決して真似はしないで下さいよ!今から自殺しようかと、馬鹿な事考えてる人はね是非ですね絶対致死量のLD-100を使ってください!≫

Photo_2■辞書を紐解くと⇒【LD100】= Lethal Dose 100 percent ( dose having 100 % probability of causing death ) LD100= Lethal Dose 100 パーセント ( 100 %の 可能性 がある 死 を引き起こす 服用 ) とあった!


L2005annai

≪ネット検索で、あるサイトにはこうも著述されていました!≫

現実問題として薬や毒の物質の危険性、あるいは安全性を評価する必要性があり、一定の指標が必要となる。そのため半数致死量という概念が一般的に用いられている。

83ca7


これは、「ある物質を-ある状態の動物に与えた場合-その半数が死に至る量」を示す。なお、半数致死量はしばしばLDー50(50% Lethal Doseの略)と簡略化して書かれる

このテストは1927年、J.W.トレバンによって発明され少々のチェンジはありますが現在も続いているのです、ただし問題点も提起されて・・・・≪あるブログ抜粋?以下≫

Banerealswitchheader


【例えばこんな・・・・・】

・死ぬまでテスト物質を与える試験なので、少量で副作用が出るが、沢山食べても死なないテスト物質を安全と評価してしまう。
・マウスとラットでも、大きく値が異なるので、人間に当てはめるのは困難。
・他の物質との組み合わせ毒性がわからない。例えば、塩化カルシウムと一緒に食べると100倍毒性が増す物質があるが、このテストでは判断できない。
・安全な物質でも死ぬまで、おなかに詰め込まれるので、内臓破裂で死ぬことがある。全く非科学的といえる。


Iceberg

なら、いくら摂っても・食べても害になることは無いと言う”100%あなたのからだは!組織は!臓器は!細胞は!安全である”神代の昔からある食べ物は「LD-ゼロ(に近い)」なのだ【現在は環境汚染または人的汚染(化学物質等々)自然環境の変化による空気・水・土壌等々の劣化などで、

Baby


安全性・質の良さを考慮して食材選びを余儀なくされています?】人のからだを創ってきたのですから、やはり「食育」!
水は医薬品でしょうか?毎日飲んでる「水道水」を試験したらどうなりますか?14日間飲んでもどんな動物も死にませんから、「医薬品」として、認可はされませんよね!

Photo_6

ところが時には”水”も薬【医薬品】のように使うではありませんか?気付けの水とか!炎症を抑えるのに水をかける!傷口を消毒するのに水をかけるとかごく自然に使っていますよね?もっと自然に毎日のことで一日ふつうは3回と!

Baner3065200

考えることなく「食べる」という作業をしていませんか?これが”食の育”ではないかと!お腹がすけば食べる・食べ過ぎれば自然にからだ自身が知らせてくれる!

【満腹中枢神経が指令してくれる】・・・・・心と体を結ぶものは神経系統だと!何故その神経系統を皆さん、大事にしないのか?と”中村天風氏の実践哲学!・・・・・神経のことばが出て来ると「中村天風」にココロが行ってしまうもんですから!・・・・・悪しからず!

Wwwredoxjapancom02

| | Comments (2) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ダビンチコード≫≪パスワード≫≪フィボナッチの数列≫≪ダン・ブラウン長編小説≫

Lastsupper

                 
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

地獄の釜も開くという、お盆に撮り於いていた映画「ダビンチ・コード」を観た!・・・・2011年「数学ブーム」で新しい書き込み⇒≪フェルマーの最終定理≫≪数学ブーム≫≪クローズアップ現代≫


Ages_2

昨年の11月に書き込みをした”フィボナッチの数列【黄金比率】が前半部分の重要なキーワードになっていたのには驚いた!

レオナルドダビンチの画を解析していくうちにフィボナッチの法則【黄金比】が字幕に出てきて、ダビンチの人体は完全という
Photo

ウィトゥルウィウス的人体図」通りに殺人事件現場(ヒロインの叔父)から手に入れたスイス銀行の貸金庫のキー!この銀行のセキュリティから一度たりともパスワード(暗証番号)を間違えると永久に開けられなくなるという、それも10桁の数列!

Ages_3


緊迫したなかで主人公は、ある数列の数字を入れていく!それがフィボナッチの数だったく「1・1・2・3・5・8・13・21」と果たして・・・・・この数列は自然界に多く見られるもので、ダビンチは黄金比だとかフィボナッチだとか知らずして適用して画に生かしていたのですね!


Photo_6

”植物の葉の付き方”はフィボナッチ数と関連している”蜜蜂の家系”を辿っていくとフィボナッチ数列が現れる。 この数列を考え出した人のファーストネームが、なんとですねレオナルドというのも何か因縁めいたものでも感じられませんか?レオナルド・フィボナッチと云う数学者【元々は商人】なんです

Monalisamake■【メイクアップアーティストで大変身】←クリック!

ところで、レオナルド・ダビンチは女性の肖像画にも多くこの黄金比率【フィボナッチの数列】を取り入れているのですね!”無論モナリザの微笑み”もそうですよね。

私たちをひきつける美しいものには、ある決まった定理や比率が隠されているようです。このようなことを頭の片隅に置いて芸術作品は勿論!様々なものを見ると、また新しい目線で美しい世界を発見できるかもしれませんね。

27

ダビンチが「人体は完全」と言及した、すなわち黄金尾比率で、人体の構造も同様に認められるならば先に述べた1996年にハーパー生化学に始めて記述された糖たんぱく質の先に8つの糖鎖というものがついていて、この組み合わせが人体での細胞間の会話【情報伝達】をしている


8sugars

この比率でいくと以前からエネルギー源でもある「グルコース」が【1】もう一つ食事からとれると云われている「ガラクトース」が【1】食事からはなかなか摂る事が難しいとされる


残りの6つの糖のうちでも、単糖で細胞内で単独行動?で糖鎖形成をすることに近年解明された「マンノース」を入れて【3】残りの単糖が【5】合わせて【8】の糖鎖が!


Photo_4


近年、重要な糖たんぱく質すべてに8つの糖鎖がついていることが解明されてきました、そして食事から摂取することが【昔から比較して少量である】難しいことはビタミンやミネラルと同様なんです!


そのことに1996年に8つの糖の働きを栄養補完する栄養素なるものを20世紀に早々と世に提供したためか?多くの人が知りえないお話なんです

Photo_16

「…人間の体は、それを構成している一つ一つの細胞が正常なバランスを取っていれば病気にならない。また、細胞を正常に働けるようにしてやれば、病気は治る。 細胞に栄養を与えることが、これからの新しい医学である。」

「…病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の修復能力である。それを のに最も大切なものは、食べ物に含まれる栄養素である…」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

Clarity- 2D Research System | ≪Lexi Boling-雑誌ヴォーグ≫ | ≪OcciGabi=オチガビ≫ | ≪YouEconomy=ユーエコノミー≫ | ≪アルツハイマー病創薬研究財団(ADDF)≫ | ≪アンチエイジング≫ | ≪シグナムの美肌効果≫ | ≪リディア・コーLPGA≫ | ≪脳内活性サプリ≫ | ≪脳内活性サプリ・Q&A≫ | ≪INK.500ーランキング≫ | ≪JAPAN OPEN≫ | ≪PP2A≫ | ≪PP2A&TAU(タウ)≫ | ≪SIG-1012(高レベル分子)≫ | ≪Signum Biosciences≫ | ≪WEBでの取り扱い説明≫ | ≪WEB登録をWEB動画で≫ | 【24時間テレビ】 | 【お知らせ】 | 【がん・ガン・癌・】 | 【がん情報・・・テレビ番組】 | 【がん情報・・・新聞・雑誌】 | 【ねこ:ネコ・猫が三昧】 | 【やってTRY!やって渡来!】 | 【アスリート・・・・プロスポーツ選手】 | 【アセア=ASEA】 | 【アルツハイマーと認知症】 | 【インフルエンザ対策】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【コーヒーと医療】 | 【スクリプス研究所】 | 【スーパーボウルのCM】 | 【スーパーボウル・ハーフタイム】 | 【ダウン症候群】 | 【トランス脂肪酸】 | 【ノーベル賞・レガシー認定】 | 【パンデミック対策】 | 【ファイターズガール】 | 【ベン・カーソン】 | 【マクガバン・レポート】 | 【マグロ・・・アンブロ | 【レスベラトロールと長寿】 | 【中村天風】 | 【伝説のスピーチ】 | 【偶然の発明・偶然の発見】 | 【免疫・ハーブ】 | 【再生医療】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医学・医療】 | 【原理・原則・法則】 | 【反魂丹・万金反】 | 【古事記にまつわる話】 | 【地震・津波・未曾有の災害】 | 【大原麗子・・・ギラン・バレー症候群】 | 【妊娠中の食べ物=りんご】 | 【子供の脳の栄養素=DHA】 | 【子宮頸がんワクチン】 | 【宇宙と医学】 | 【幹細胞・再生医療】 | 【心温まる・癒される】 | 【抗加齢・寿命・延命】 | 【文明開化】 | 【本・書籍・BOOK】 | 【本当?それとも嘘なの?】 | 【植物コレステロール】 | 【植物・・・草・花・葉・茎・根】 | 【歴史における出来事】 | 【母乳・・・邪馬台国・卑弥呼】 | 【母乳・母乳育児】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵と火星探査写真】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【知っててお得情報】 | 【科学の粋】 | 【米国立がん研究所】 | 【糖質栄養素その有用性】 | 【糖鎖】 | 【糖鎖と免疫細胞】 | 【糖鎖による臨床】 | 【糖鎖の栄養素】 | 【糖鎖・その応答反応】 | 【細胞の最新情報】 | 【脳内活性】 | 【脳梗塞と再生医療】 | 【自閉症・ADHD】 | 【自閉症・ADHD・他動症・・・】 | 【著名人・有名人・芸能人】 | 【遠位型ミオパチー・・・難病】 | 【雑学・耳学・よもやま話】 | 【顕微鏡・双眼鏡・望遠鏡】 | 【食・栄養・サプリ】 | 【DNAテスト】 | 【ISC細胞・細胞再生】