【ベン・カーソン】

≪情報や本舗≫≪ベン・カーソン医師≫≪大統領自由勲章≫≪大統領から授与のTVニュース!≫

Bushcarson_2

6月20日ジョージW.ブッシュ大統領は、木曜日にベンジャミンカーソン(ベン・カーソン)博士に2008年の大統領の自由勲章を贈りました!

Alfreedom

この賞はアメリカ合衆国における文民向けの最高位の勲章の一つでアメリカ合衆国の国益や安全、または世界平和の推進、文化活動、その他の公的・個人的活動に対して特別の賞賛に値する努力や貢献を行った市民(個人)に対して授与される!


例年、独立記念日の前後に行なわれるのが今年は洞爺湖サミットに日程が重なることで繰上げ受賞式と!


Photo_2■その受賞模様はYou Tube で観られます

【このアメリカ自由勲章を取るにいたったベン・カーソン医師の活動内容はコチラ←クリック!』


Ben_carson

2003年の夏にベン・カーソン博士は健康診断で前立腺ガンと診断されたのです!ジョンホプキンス大学の神経外科・腫瘍科・形成外科・小児科教授のベン・カーソン医師は、大きな衝撃を受けました!

それまで私は健康な生活を送り、定期健診も受けてきました。それでも非常に攻撃性の強い重症のガンに罹ってしまったのです』・・30年間に渡り他人の命を救ってきた彼が、今度は自らが「死」の可能性に直面することになったのです


■■■①【この内容詳細のブログ


■■■②【数年前にベン・カーソン博士が大統領指令で倫理の国家プロジェクトにメンバーとなって活動する背景になった幼き頃のある事件が強い土台石となっているかも知れませんね?その書き込みがブログ

★★★大統領に生医学的な科学とテクノロジーの進歩に関連した倫理問題についてアドバイスする大統領機関のサイトにあるベン・カーソンのメンバーボード

20051104hj8b4001_04

ベン・カーソン博士は友人でガンになって食生活を変え適切な栄養を摂り始める事を心掛け、元気に生活を送っていることに影響を受けて体に良い栄養補完食品を探すようになった【と後日コメントしています】


そんな時、"補完栄養素=糖鎖・糖質栄養素”という世界中に特許を申請しているテキサスに拠点をおくバイオテクノロジーのある会社を患者の父親がベン・カーソン博士に教えたのでした!父親はカーソン医師にその会社にコンタクトをとるように奨めたのです、ベン・カーソン医師は会社の持つテクノロジーに驚愕しました。


Photo_6

その栄養素が以下に身体の再生・修復といった正常機能を支えることに向けられた科学的技術に対して、3年前には、タイム誌とCNNがベン・カーソン医師を全米中の医師のトップ20の一人に挙げ、又1987年、博士は世界で始めてのシャム双生児の頭部接着分離手術を成功させた


医学界でもっとも著名な医師の一人が、栄養補完食品(=糖鎖・糖質栄養素)で自らの免疫系を守ることを決意した背景には栄養素の研究開発20年に渡る健康に対しての補完栄養素(=糖鎖・糖質栄養素)の利点&臨床体験談によるものでしょう


Photo

ベン・カーソン博士はこう述べます『補完栄養素は私にとって大きな意味を持ちました。健康を保つために何が必要かを!・・・・・私はかねてから尿路に障害を患っていましたが、糖質栄養素を摂り始めてから4週間の内に、その症状が消えたのです、

手術等の治療は不要ではないかと考えるようになりました、いかなる医療処置を受けずに、栄養素を補って身体を守ることでガンを克服できるはずと、思ったと!』

結果的には医療処置を受ける決意に至ったのは、西洋医学を学び実践してきた自分が栄養補助食品=糖質栄養素を医療に取りいれ使っていることを知った人々が従来の医療処置を怠ったリしては?

という懸念からだったベン・カーソン医師の術後の回復は6週間は医療現場には復帰が無理だろうと、聞かされていたのですが?『補完栄養素を摂ったおかげで、3週間以内に職場復帰できました』

| | Comments (0) | TrackBack (1)

≪情報や本舗≫≪ベン・カーソン医師≫≪ある栄養補完にて≫≪余命数ヶ月の前立腺ガンから・・・≫

Baner

2009年に「ベン・カーソン医師」の伝記物語が映画化されたのです!メジャーネットワークのCBSテレビでも取り上げられていると言うことは、高視聴率で話題になったのでは?と推察します。

■「Gifted Hnads=授けられた手・・日本流に言えば神の手!」≪さわり≫をご覧になりますか⇒【イントロ動画】

【本編】1時間35分はコチラ↓

米国でベストセラーとなった邦訳『癒す心、治る力』&邦訳『 アンドルー・ワイル博士の医食同源』の著者 アンドルー・ワイル博士は薬用植物の世界的権威とされている医師ですが!

Ben_carson

Cancer

ウィキペディア検索しました、そこで以前にアップした前立腺ガンそれも余命宣告の末期がんに罹病のベンジャミン・カーソン博士【ボルティモアにある「ジョン・ホプキンス大学」の小児神経外科部長】を検索したところ、何せ英文!辞書を片手に悪戦苦闘の結果下記内容をゲットしました

A_banda_2


タイム誌もCNN も、カーソン博士を在米医師トップ20の一人に挙げている。博士は、1987年に、ドイツのバインダー・シャム双性児に対する頭部接着分離手術を主導し、このような手術で、分離された双生児がともに生存したのは、これが始めてでした(ウィキペディア検索結果)

Aamqdefault


2008年カーソン医師米アメリカ大統領自由勲章を授与されました!
⇒その時の【ビデヲニュース

2002年、博士は、進行性の高い前立腺癌(余命3ヶ月)にかかっていると診断されました。博士は、通常の治療法では回復する可能性が低いと判断し、栄養素を用いた補完治療の可能性を探ることにしました。

Bencarson_2

カーソン博士が治療しているある児童患者の父親が、レジ博士と連絡を取って、補完栄養素の使用法について話し合ってはどうかと提案してきました。

インターネットでも調べてみて、レジ博士との数時間の話し合いを行なった結果、カーソン博士は自分でもその栄養素を試してみることにしたのです。

Photo■カーソン博士のリンクをクリックした画面で最新のビデオと博士がかなり進んだ前立腺がんに罹病した際の書き込みが(中ほど)にあります≪英文ですがね≫

Doctors

通常の治療と補完栄養の併用により、予想以上の効果が出ました。治療中も生活の質は保たれ、回復に要した時間も予想の半分で済みました。

カーソン医師と親しい、ある博士は、同僚の医者たちを前に、得に癌専門医たちを前に、このような大胆な発言をする勇気を持った医師を見たことがないと・・・・

Photo

カーソン博士は、多くの分野で私たちにチャレンジを与えてくれました。そこにいた六千人の聴衆は、最初から最後まで博士の話に魅了されました。講演が終わると、聴衆は感激して博士に喝采を送りました。

医学界でこれほどの名声を持った医師が、複合糖質科学の有用性を擁護してくれたのです。健康産業に従事する人たちの中には、糖質生物学に未だ深く知りえないがゆえに、この補完栄養の食品に疑いを抱いている人々がたくさんいます。

Earthtram1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

Clarity- 2D Research System | ≪Lexi Boling-雑誌ヴォーグ≫ | ≪OcciGabi=オチガビ≫ | ≪YouEconomy=ユーエコノミー≫ | ≪アルツハイマー病創薬研究財団(ADDF)≫ | ≪アンチエイジング≫ | ≪シグナムの美肌効果≫ | ≪リディア・コーLPGA≫ | ≪脳内活性サプリ≫ | ≪脳内活性サプリ・Q&A≫ | ≪INK.500ーランキング≫ | ≪JAPAN OPEN≫ | ≪PP2A≫ | ≪PP2A&TAU(タウ)≫ | ≪SIG-1012(高レベル分子)≫ | ≪Signum Biosciences≫ | ≪WEBでの取り扱い説明≫ | ≪WEB登録をWEB動画で≫ | 【24時間テレビ】 | 【お知らせ】 | 【がん・ガン・癌・】 | 【がん情報・・・テレビ番組】 | 【がん情報・・・新聞・雑誌】 | 【ねこ:ネコ・猫が三昧】 | 【やってTRY!やって渡来!】 | 【アスリート・・・・プロスポーツ選手】 | 【アセア=ASEA】 | 【アルツハイマーと認知症】 | 【インフルエンザ対策】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【コーヒーと医療】 | 【スクリプス研究所】 | 【スーパーボウルのCM】 | 【スーパーボウル・ハーフタイム】 | 【ダウン症候群】 | 【トランス脂肪酸】 | 【ノーベル賞・レガシー認定】 | 【パンデミック対策】 | 【ファイターズガール】 | 【ベン・カーソン】 | 【マクガバン・レポート】 | 【マグロ・・・アンブロ | 【レスベラトロールと長寿】 | 【中村天風】 | 【伝説のスピーチ】 | 【偶然の発明・偶然の発見】 | 【免疫・ハーブ】 | 【再生医療】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医学・医療】 | 【原理・原則・法則】 | 【反魂丹・万金反】 | 【古事記にまつわる話】 | 【地震・津波・未曾有の災害】 | 【大原麗子・・・ギラン・バレー症候群】 | 【妊娠中の食べ物=りんご】 | 【子供の脳の栄養素=DHA】 | 【子宮頸がんワクチン】 | 【宇宙と医学】 | 【幹細胞・再生医療】 | 【心温まる・癒される】 | 【抗加齢・寿命・延命】 | 【文明開化】 | 【本・書籍・BOOK】 | 【本当?それとも嘘なの?】 | 【植物コレステロール】 | 【植物・・・草・花・葉・茎・根】 | 【歴史における出来事】 | 【母乳・・・邪馬台国・卑弥呼】 | 【母乳・母乳育児】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵と火星探査写真】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【知っててお得情報】 | 【科学の粋】 | 【米国立がん研究所】 | 【糖質栄養素その有用性】 | 【糖鎖】 | 【糖鎖と免疫細胞】 | 【糖鎖による臨床】 | 【糖鎖の栄養素】 | 【糖鎖・その応答反応】 | 【細胞の最新情報】 | 【脳内活性】 | 【脳梗塞と再生医療】 | 【自閉症・ADHD】 | 【自閉症・ADHD・他動症・・・】 | 【著名人・有名人・芸能人】 | 【遠位型ミオパチー・・・難病】 | 【雑学・耳学・よもやま話】 | 【顕微鏡・双眼鏡・望遠鏡】 | 【食・栄養・サプリ】 | 【DNAテスト】 | 【ISC細胞・細胞再生】