【自閉症・ADHD・他動症・・・】

≪情報や本舗≫≪オバマ大統領≫≪医療のトップ項目に”自閉症スクリーニング"≫

Photo_5【2010年8月更新!】ある医療研究所での≪自閉症の臨床データ≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Header_3

Photo_6

【事実!】知見に基づく最新の糖質栄養学なのです、子どもたちの身体の健康・脳の健康を広めている故”七田真”さんの右脳開発による「七田式教育研究所」や”鈴木昭平”さんが始められた「エジソン・アインシュタインスクール」でも【糖鎖の栄養素】を摂りいれている、お子さんが多いようです

                   □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo

2006年アメリカの議会は自閉症対策法案【Combating Autism Act】毎日のように自閉症に苦しむ何千もの家族の日々の窮状認識しての疾患関連の画期的な法案だった!当ブログでも≪自閉症の新しいガイドライン=米国小児学会≫で書き込みしましたが、2009年9月にオバマ大統領は実践すべき医療のトップ項目に”自閉症スクリーニング”【選別検査】


大統領のホワイトハウス 24ポイントの政策リストの中に自閉症のことが入っています、4つの箇条書きにて自閉症との取り組みを次のように

Photo_2

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

■ 1.自閉症のための研究、待遇、治療、検査診断、国民意識の向上とサポートサービスのためのさらなる資金提供。

■ 2.自閉症の人々のための「一生涯のサービス」(子供たちの、また大人たちの)多くの両親は、自閉症児のために治療や診断の為にお金を払おうとするが、彼らの子供たちスクリーニング【選別検査】と治療の料金を払うのに苦労するため、この個人負担を少なくする

■ 3. 2006に制定されたCombating Autism法【自閉症の為の法律】のための、より多くの資金提供をします。


Photo_4

■ 4. 2歳児のうちから自閉症を見つけ出すために、すべての幼児に普遍的なスクリーニング【選別検査】による全ての乳幼児を再度診断し、自閉症を見つけ出すことを行います。この事はとても大事なことで、自閉症の子どもたちは両親・小児科医が心配事を口にしない限り、小学校入学まで自閉症への治療が行われない。早期の診断と治療がより早く始まるほど、それはより効果的なのですが、国のスクリーニング計画で見逃してしまうのです!こうした行動で子供の数を減らすことができます

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

簡単なチェックテストDefault

■アメリカでの自閉症診断がくだされる平均年齢は3.1歳!親が自閉症の兆候に気づいて医者の診断をあおいだにもかかわらず、「心配する必要はありません。」「考え過ぎです。」「もうちょっと大きくなるまで待ちましょう。」などと言われて、大切な時期を逃してしまうこともあります。リサーチによって、自閉症は早く発見され早く治療を始めれば始めるほど良いことが現在明らかになっています。

赤ちゃんが18ヶ月位になるまでに言葉の遅れなどから親が気づいたりしますが、以下は18ヶ月以前の自閉症の赤ちゃんに見られるかもしれない兆候です。アメリカ小児科アカデミー(APA)では2歳になるまでに二回、自閉症の検査をすることを薦めています⇒ここに「自閉症のチェックリスト」←”クリック”をご紹介します


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Cover_nature11

またこのような事で、政府と個人で加入している保険へのおおきな保証をすることもできるだろうし、最近の調査で、自閉症の親の52パーセントが、そのケアと治療の為に家族のためのお金を使い財政を逼迫していると答え!自閉症を持たない家族の13%程度の親が子供の病気やケアが家庭の財政を逼迫させると答えた、

Ad1

2006年に制定された法律(Combating Autism act)は5年間の間に自閉症の研究や治療リサーチ等に10億ドル【1.000億円】を供給するという事が決定されたが、【米国の経済事情もかさねっていることも加わってか?】まだ2億ドル【200億円】しか供給されていない。


Cover_nature3


疾病対策センター(The Centers for Disease Control and Prevention)は、9ヵ月18ヵ月&24ヵ月または30ヵ月に健康な赤ちゃんに対して自閉症の検査をすることを小児科医に勧めるのですが、多くの小児科医がそれらのスクリーン・テストに手が回らないのと、推薦されたこのテストが軽い自閉症には十分敏感でないことが、対応の悪さだったようです!自閉症の早めの検査は、本当に素晴らしい考えですが、この問題に意欲的なオバマ大統領のチームであっても、この事は、とても困難なことでしょう

Photo_3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪自閉症の子供等10万人調査≫≪米国立衛生研究所(NIH)が開始≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Saibou_denntatu_1免疫細胞が会話をしている貴重な写真です!(日経サイエンスー2006年より)                               


⇒【この画像の解説
クリック!・・・日経サイエンスの本には左にもう一個の細胞が・・・・


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo

2006年12月19日、アメリカで Combating Autism Act of 2006 【自閉症対策法】が成立していました!この法律は自閉症に対する社会の認知を高め、自閉症児・者への支援と研究を促進させると言うことで、連邦議会を承認通過して、ブッシュ大統領が署名した自閉症対策の法律でした。

翌2007年11月30日には米国小児科学会(AAP)が自閉症スペクトラム障害をもつ小児の発見および対処法について2つの勧告を発表しました。


Photo_2

【第1の報告】は、自閉症スペクトラム障害の発見方法を詳細に示したもの【詳細はコチラ!】 ←クリック

【第2の報告】は、自閉症と診断された後の対応に焦点を当てたもので、早期介入の重要性を強調。自閉症が疑われる場合は、診断が確定するのを待たずに、できる限り早く介入治療を開始するよう推奨している。少なくとも週25時間、1年間の治療が必要だという。

Photo_3

2006 年成立の自閉症対策法に対して2007年予算では一億ドル (120億円)を計上【ホワイトハウスの発表による】そしてこの法律は、全米規模で2011年まで、自閉症やそれに近い症候群に関する予算を計上し、各地に拠点を設けることなどが盛り込まれていたわけで、

Photo_14

この以下のニュースは、生活環境や遺伝によって、自閉症や肥満・学習障害・小児糖尿・小児ぜんそく・出生異常など対策をしているにも関わらず近年増えていく現況を危惧してのアメリカ政府の対応でしょうか?10万人を出生前から21歳まで追跡する「全米子ども調査」を来年から始めると発表したのです!

総費用は、なんと32億ドル(約3370億円)に上るという。大学や病院、政府機関など全米約40カ所の拠点施設で、妊娠中や妊娠予定の参加希望女性を募り、生まれた子どもの健康診断データや遺伝子のほか、住居内のごみや飲料水といった環境試料も収集、発症した病気などとの関連を解析するという!
Gmp


| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

Clarity- 2D Research System | ≪Lexi Boling-雑誌ヴォーグ≫ | ≪OcciGabi=オチガビ≫ | ≪YouEconomy=ユーエコノミー≫ | ≪アルツハイマー病創薬研究財団(ADDF)≫ | ≪アンチエイジング≫ | ≪シグナムの美肌効果≫ | ≪リディア・コーLPGA≫ | ≪脳内活性サプリ≫ | ≪脳内活性サプリ・Q&A≫ | ≪INK.500ーランキング≫ | ≪JAPAN OPEN≫ | ≪PP2A≫ | ≪PP2A&TAU(タウ)≫ | ≪SIG-1012(高レベル分子)≫ | ≪Signum Biosciences≫ | ≪WEBでの取り扱い説明≫ | ≪WEB登録をWEB動画で≫ | 【24時間テレビ】 | 【お知らせ】 | 【がん・ガン・癌・】 | 【がん情報・・・テレビ番組】 | 【がん情報・・・新聞・雑誌】 | 【ねこ:ネコ・猫が三昧】 | 【やってTRY!やって渡来!】 | 【アスリート・・・・プロスポーツ選手】 | 【アセア=ASEA】 | 【アルツハイマーと認知症】 | 【インフルエンザ対策】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【コーヒーと医療】 | 【スクリプス研究所】 | 【スーパーボウルのCM】 | 【スーパーボウル・ハーフタイム】 | 【ダウン症候群】 | 【トランス脂肪酸】 | 【ノーベル賞・レガシー認定】 | 【パンデミック対策】 | 【ファイターズガール】 | 【ベン・カーソン】 | 【マクガバン・レポート】 | 【マグロ・・・アンブロ | 【レスベラトロールと長寿】 | 【中村天風】 | 【伝説のスピーチ】 | 【偶然の発明・偶然の発見】 | 【免疫・ハーブ】 | 【再生医療】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医学・医療】 | 【原理・原則・法則】 | 【反魂丹・万金反】 | 【古事記にまつわる話】 | 【地震・津波・未曾有の災害】 | 【大原麗子・・・ギラン・バレー症候群】 | 【妊娠中の食べ物=りんご】 | 【子供の脳の栄養素=DHA】 | 【子宮頸がんワクチン】 | 【宇宙と医学】 | 【幹細胞・再生医療】 | 【心温まる・癒される】 | 【抗加齢・寿命・延命】 | 【文明開化】 | 【本・書籍・BOOK】 | 【本当?それとも嘘なの?】 | 【植物コレステロール】 | 【植物・・・草・花・葉・茎・根】 | 【歴史における出来事】 | 【母乳・・・邪馬台国・卑弥呼】 | 【母乳・母乳育児】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵と火星探査写真】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【知っててお得情報】 | 【科学の粋】 | 【米国立がん研究所】 | 【糖質栄養素その有用性】 | 【糖鎖】 | 【糖鎖と免疫細胞】 | 【糖鎖による臨床】 | 【糖鎖の栄養素】 | 【糖鎖・その応答反応】 | 【細胞の最新情報】 | 【脳内活性】 | 【脳梗塞と再生医療】 | 【自閉症・ADHD】 | 【自閉症・ADHD・他動症・・・】 | 【著名人・有名人・芸能人】 | 【遠位型ミオパチー・・・難病】 | 【雑学・耳学・よもやま話】 | 【顕微鏡・双眼鏡・望遠鏡】 | 【食・栄養・サプリ】 | 【DNAテスト】 | 【ISC細胞・細胞再生】