【糖鎖による臨床】

≪情報や本舗≫≪正しい応答≫⇒≪免疫応答≫⇒≪応答反応≫ ≪糖質栄養による副反応?≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Header_3


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo

「コレクティングレスポンス」と言う文責”レジ・マクダニエル博士”の取り置いたファイル【検索遭遇】を、盆休み中に辞書を左手に、画面に翻訳機を、右手にはネズミ?と概略からすると、先ずは≪コレクティング≫=は「正しい」そして≪レスポンス≫(response)とは 「応答する,反応する」という意味で情報や工学の世界でよく使われ、会話型システムに対してユーザが問い合わせをしたり,要求を出したりする、そのシステムが応答する状況での応答【音声応答】!

たとえば,図書館システムで,本の所在を問い合わせて,その結果の情報が戻ってくる!また銀行のATMでキャッシュカードを入れて,パスワード,出金指示,出金額を入れてから,お金が出てくるあるいは,ネットワークにアクセス要求を出してからアクセスの結果が戻ってくる!・・・【上智大学の学識者のサイトより一部抜粋】

Photo_2

マクダニエル博士の書かれた「コレクティング レスポンス」は直訳すれば「正しい応答」です細胞と細胞が会話をして≪もちろん音声応答などするはずはありません!細胞のアンテナといわれる【糖鎖】を使っての会話です≫身体をバランスのとれた正しい自然な状態に持っていくことを会話【糖鎖と糖鎖の応答】のやり取り=応答いかがでしょうか?細胞のアンテナ=糖鎖が、応答して反応してウェルネス=健康増進を目指す

植物由来の糖質栄養は細胞間コミニケーションを正しく応答できる糖鎖の働きを正常に活性させる働きをもつ栄養素で、本来なら21世紀に登場するはずのものが?20世紀に登場してしまった!のですから、既存の栄養素でも起きる好転反応は20世紀に置いていきましょう!内容も知って得する!「応答反応」です・・・・・・・書き込みの準備中!

Photo_3 ←【中味の観れる本】


この事が、盆の入りで移動の渋滞時間を使い読み直しの”アンドルー・ワイル博士”の「癒す心、治る心」の64ページに、将にこの内容に通じる著述がありました!

≪□からだは健康になりたがっている!健康とは、完全にバランスがとれた状態のことである!そのとき、すべてのシステムは円滑にはたらき、エネルギーが無理なく循環していて、それは自然な状態であり,なんの努力もしない状態である!したがってからだはバランスを崩したとき、自然な状態にもどろうとする。健康な状態にもどろうとするその勢いは人為的に活かすことが可能でありまた活かすべきである・・・・・それを治療と言う!≫

Photo_4 ←自然療法の臨床医”華陀

植物自然療法【自然治癒力】によく起ると言われる、好転反応にはいろんな説があり東洋医学では別名「瞑眩反応」と言い特に医学的な根拠やデータがあるわけではないと言われていますが?実際このような事が起きることが多々あり、単に体感では片付けられない状況に近年なりつつあるのではないでしょうか?・・・・(情報や本舗の私論・持論・独断論)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪記憶・認知力の低下に≫≪ある栄養素が!≫

02


Photo
”NMI”が今年6月に発表した調査によると、全米で成人人口の44%(女性の52%、男性の36%)が、老化による<記憶・認知力の低下・衰退がベビーブーマーの最も恐れていることだと、またベビーブーマー世代の62%が、ストレスや不安が記憶・認知力低下の引き金になると考えているという。


Timemagazinecover4150x150

ちなみに、アンチエイジングに熱心なベビーブーマー世代が危惧しているのがアルツハイマー病などによる記憶力や認知力の低下、そこでベビーブーマー世代の90%が、機能性食品やサプリメントを摂取していれば、健康的な外見を維持できると信じているという!

Ca0hefgp

【植物由来の糖鎖の栄養】が記憶や認知力の低下どころか、一日わずかテーブルスプーン一杯分の補完栄養素を摂ることで、認知力【視覚認識】&記憶【作用記憶】を高めるという発表が、既に今年4月にあったのです・・・・・まさに「驚き!の凄い!ニュース」なんですよ

Photo

学識・学術経験者による発表で、ハワード大学の科学者!アチヤ・N・スタンシル(Atiya N. Stancil)博士とレスリーH.ヒック(Leslie H. Hicks)は、2009年4月16日にジャーナルPerceptualとMotor Skillsに糖鎖の栄養(Ambrotose)に関する研究調査を発表しました!【その詳細を読む!】⇒

Photo_2

その書き込みはクリック⇒ 
糖鎖の栄養素!驚きのニュース!≫


この認知力【視覚認識】&記憶【作用記憶=ワーキングメモリー】が高まれば”認知症”かどうかを調べる阪大式(西村式)認知テスト・長谷川式認知テストなど不要になるでしょう?

Brainfunction

≪この二つの検査法の中には【視覚認識】=≪幾つかの物を瞬間的に覚えて隠したものを答える)【作用認識=簡単な算数・・・100引く1の答えは?)私もベビーブーマー真っ盛りの年代、そしてシッカリと糖鎖の栄養素を摂っているからは、先ずは大丈夫!

Photo_2お試しあれ!】⇒ 【コチラ】


Data1

先ずは、チェック!⇒ 
長谷川式認知症テスト


補足:NMIとは調剤薬局を中心に、メディカルゾーン事業、介護や福祉の面での良質なサービスなど、きめ細かい医療サービスを展開するエヌ・エム・アイ グループ】らしい?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪2010年の二重盲プラセボ研究の臨床結果≫≪ベスト・タリサ博士の研究≫≪糖鎖の栄養素で記憶力・認知力の顕著な改善≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Header_3


Photo 私は映画”レッドクリフ”にも登場する「華陀」と言う医師です、1600年前の三国時代(魏の国・呉の国・蜀の国)に民衆からは「神医」「名医」と呼ばれ、薬学・鍼灸を得意としていました!


きっと「華陀」が現世の医師であったら、この■糖鎖の栄養素■が、いかに画期的な体内メカニズムに理想的な機能を働かせている事に、感嘆したかもしれませんね!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
_btn041≪序論=INTRODUCTION≫

Inthenews10_fullベスト・タリサ博士・・・お美しい方ですよね!

2010年に二重盲プラセボ研究をスタートしました!45歳~60歳の健康な成人を対象に12週間の調査をしました。 この年代の人を選んだ理由は二つあります。この年代は最もクリエイティヴであること。

Photo_5


もうひとつの理由は年齢が上がると問題が起きてくるものですが、そういう問題が起き始める前の年代であるということです。 この研究の目的は、サプリメントによって認知能力や健全な維持が可能かどうかということでした。栄養と脳の機能との関係を調査しました。

Imgyasai


2006年に発表された6年間にわたる調査結果を土台としたものです。【糖鎖の栄養素】を摂取している何千人もの人に対して、繰り返し調査は行われてきました。記憶力の変化が追跡調査されていました。

Photo_6

野菜や栄養価の高いグループでは機能の減退は40%であるということから、食事は認知能力に影響を与えるということは明らかでした。この結果に私はとても興味をもち、さらに詳しく研究したくなったのです。

どういう栄養が、どういう影響を与えるのかということを知りたくなりました。 そこで次の研究をスタートしました。

_btn041≪方法=METHOD≫

Brainfunction

109人の健康な45歳~60歳までの人:男性71人 女性38人をランダムに2グループに分け12週間の調査をしました。 糖質栄養素【多糖類】のグループとプラセボのグループに分けました。 考え方や記憶力などすべての項目でかなり厳しいテストをしました。そのためテストが終了した時には、参加者はかなり疲れていました。おかげでたくさんのデータを集めることが出来ました。

767_3≪条件≫:朝と夕、【多糖類】をティースプーン1杯づつ食べてもらいました。 別のグループでは【多糖類】に見せかけたものを食べてもらいました。 ほとんどの参加者は規定に従ってくれました。始める前、終了後のテストの結果を比較しました。

Photo_7

認知能力にはいろいろな要素が影響を与えます。栄養だけではないのです。 教育、仕事、薬、アルコール、タバコ、運動、BMI、の糖鎖の栄養素以外の製品を食べているか、どんなタイプの食事内容か、自分がどのくらい健康だと思っているかなどの要素によって違ってきます。


_btn041≪12週間のテストの結論 ≫

■□【記憶力テスト】 :全体を通して【多糖類】のグループでは顕著な改善が認められた。 統計学的に意味のあるデータとなった、明確に意味のある変化、違いが認められた。

■□【ムード(感情)】:敵対的な感情、いらいらするといった状態を示すスコアが低くなった。 人生を前向きに考えるようになった。 鬱状態、悲観的な状態を示すスコアが低くなった。

■□【糖鎖の栄養】:多糖類のグループでは感情のコントロールがしやすくなり、いらいらが少なく、より積極的に考えるようになるという変化が見られました。

_btn041≪論考=DISCUSSION≫

Photo

■□【多糖類】を食べた結果、明確に良い変化が認められました。記憶力・認知能力・感情のコントロールがしやすくなると結論づけることが出来ます。 植物からの多糖類は健康な人にも顕著な貢献をし、認知能力に良い影響を与え、記憶力や感情の安定にポジティヴな影響を与えるのです。

皆さんにぜひ覚えてほしいことは、健全な中年を対象としたということです。この年代の人たちは社会の中核だということなのです。 この関連性を証明した研究は初めてのことではないでしょうか。 良い栄養素を与えることは、人間の良い生活につながることを示しています。ここには大きな可能性があるのです。
Photo_2

この研究を発表したことによりエクサイティングなことが起きはじめています。 【より多くの新しい研究課題を与えた(健康な人への研究が今までなかった)】 ・【オメガ3と認知能力に関する研究をしようかという人が出てきた】
【 マルチビタミンと認知力、具体的な特定のビタミン、抗酸化食品との関連性などについ ての研究をしようという人も出てきました】

_newsこれまでには想像もつかなかった研究分野が生まれました。 身体と脳の関係にも光を当てることが出来ました。私達は、まだまだ知らないことが多いのです。身体と脳は総合的に影響し合っているのです。また今回、いろいろな認知力改善をみるためのテスト手法を使いました。確かめるための手法を考えました。

BRAIN・・・・Beautiful Resilient Ageing Integrating Nutrition

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖鎖の栄養素による≫≪細菌性?脳障害?からの驚くべき回復!≫≪報告事例≫パート⑥

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Banertop_main_2

■【失われた栄養素】の著者が語った糖鎖の必要性!■


30年以上も6000種類を超えての栄養補助食品を研究をし続けてきた補完栄養療法の世界的権威者の博士が、その大部分には有用性が認められないものが多く、有用性が認められるものの中では糖鎖の栄養が別格であったと声を大にするのには、わけがありました!

Photo


博士が糖鎖の栄養を知る前々から、博士の息子さんは、ある細菌性の病気に冒されていたのです!その病気とは脳に最近が影響を与えていて身体にひどい震えが起きるそうです。最初に息子さんがこの症状を起こし病院へ運ばれた時医師は「24時間生き延びるのは難しいことかもしれません!」と言われたそうです


【脳疾患の詳細は不明ですが、余命なしとの診断からして細菌性髄膜炎では無いようです?聞き及んだ話で信憑性は?ですが、世界中で17人が罹病して生命維持しているのは4人ほどとの伝聞だったような記憶が・・・?】

Caklyb0d

医師らの治療の甲斐あって、生き延びることはできたのですが、厳しい宣告が待っていました!医師に「息子さんの知能は5歳以上になることはないでしょう」と、博士はすべての知識を持って息子を助けようと、そして毎日病院へ通いました!息子の記憶が日々、少し前のことすら思い出せなくなっていったからなんです。

毎日会いに行っているというのに、息子は「どうしてずーっと、会いに来てくれなかったの?」と涙ながらに毎日繰り返し言うのです。自然療法医学博士でもあり、他にも学位を持ち、様々なところからの情報で糖鎖の栄養素を知ることとなり、良いものだと確信をもって息子に摂らせ始めたのです!

Brainfunction


すると、少しずつですが記憶の改善がみえ出し、知能も発達してきたのです!毎週数値を測りながらクスリの方を、回復の兆しが見え始めると少しづつですが減らし続けていきました!一年半も経った頃でしょうかを、クスリをほとんど使わなくても良いほどになったのです

糖鎖の栄養を知る前は、博士は自身希望の無い子供を持つ絶望的な父親でしたが今ではいまだ病院のベッドからは離れてはいませんが幸せな19歳の息子を持つ父親になったことへの喜びを隠し切れません!その後多くの博士が抱える患者にも摂らせ始めたことで、その患者たちの回復が早まる様子が博士のライフワークの方向性を変えることになったのです

Photo_4 ←【子供に姿を変えたキリストが貝殻で海水を全部汲み取っている(これは奇跡でしょう?)ところに、アウグスティヌスが遭遇し、この不思議な子供と問答をしている絵・・・・余談の話であり、画像です】

博士はこう言います”奇跡は人間の身体の中に存在することを知りました、もちろん奇跡はそのものが起こすわけではありません、必要な栄養成分が身体に供給されることで、このことを奇跡と呼ぶのなら身体が奇跡をおこし始めるのでしょう!”

41q6nq14rnl

2007年の11月に日本で「いのちの鎖」と言う原題が「The Missing Nutrients=失われた栄養素」の日本版で既刊されています!多くの人がいまだ知らない糖鎖の栄養素と言うものを説明する上で必要な知識がすべて網羅されていて、研究結果も分かりやすくまとめて掲載されています!


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Ca4zilyx_2

(* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪不妊≫≪妊娠≫≪糖鎖の栄養素が関与!≫

Logo_news333池田レディースクリニックのクライアントの驚きの臨床結果?⇒ ≪糖尿病≫【池田史郎医師】≪インスリンか?食育か?≫【血糖値・A1Cの低下】


Photo
受精という生命の神秘の瞬間

糖鎖栄養療法研究会に所属している産婦人科院のある講演でのお話です⇒「不妊!それは原因が女性にある⇒3分の1!男性に原因がある⇒3分の1!男女双方に原因がある⇒3分の1!女性の不妊の原因は卵子の受精機能の低下ということも考えられます、

Aaaaa弘前の産婦人科医「池田史郎」先生が院長を務める≪池田レデーィス・クリニック≫は【糖鎖栄養療法】を相談できる病院です!【不妊治療ばかりではなく免疫ということでも】

また、卵子の細胞膜の先についている「細胞のアンテナ=糖鎖」が正常化すると受精の成功率が非常に高い確率で発生します。
            糖鎖栄養療法研究会


93867

いっぽう精子の先にも「細胞のアンテナ=糖鎖」がついていて、互いに認識しあうのです【異種交配の起きないのはこの働きがあるから】互いの糖鎖が正常でなければ精子は卵子の中に入っていけないし、妊娠もできませんよね!受精という生命の神秘の発生には

Photo_2

1996年に「ハーパー生化学」に掲載された”8種類の糖鎖”を十分に摂取することは必要です、精子と卵子の糖鎖も健康で元気であれば正常な受精という儀式が行なわれるのではないでしょうか・・・・・・・・・」
 
004

2006年に2年前から函館の産婦人科医療チームの治療を受け,自分の卵子と夫の精子で体外受精した45歳6カ月の女性が妊娠、出産に成功し、自分の卵子による国内最高齢の出産であったと報道がありました


「今回成功した女性は食生活の改善や適度な運動に取り組むなど、努力を惜しまなかったことが出産に結びついた大きな要因でした」「45歳での妊娠出産は栄養素」の治療による体質改善も成功の大きな要因であった」

_news333■2013年2月10日”池田レディースクリニック”「池田史郎」院長の仙台講演

【現代医学に殺されないために】←≪12編はコチラから≫

      【現代医学に殺されないために・・・12/1】

「1個の精子と1個の卵子は、それぞれの糖鎖が相手の情報を受信しながら結合して受精卵となります。そのため精子と卵子、いずれかの糖鎖に異常があると受精障害を起こします。」


2002年頃からでしょうか?食事からなかなか摂れていない糖質栄養素に理解を深めて、来院のクライアントに説明をされて、以前から投薬の漢方薬と一緒にこの栄養補完療法を奨め始めたそうです


Photo_4

財界さっぽろ”と言う月刊誌に健康倶楽部というコラム欄で連載中に、2回に渡って妊娠へつなぐ糖鎖の栄養素」と題し書かれています!要約しますと、270種類60兆個の細胞で出来ている体は食べ物で出来ている。

Photo_3

心臓を一秒たりとも休まず動かしている心筋細胞も、体内に入り込んだ毒素を解毒・排泄する肝臓も、そして赤ちゃんの素である卵子と精子も例外ではありません、生殖細胞は食べ物と栄養を糧に育ち、受精のチカラを持ちます。妊娠しやすい体を作るのは食べ物だと言うことを深く肝に銘じてください


0783ebc0b1ea02e92d5a0331bd14ca9e

           【中略】

糖鎖の栄養素は受精―生命の始まりに関与します。不妊を克服使用と努力している夫婦には、妊娠への希望をつなぐ魔法の栄養素となり得る可能性を秘めています。

           【中略】

糖鎖が重要なのは、細胞間同士の情報伝達の役割を果たしているからです。【自己?非自己?の認識作用―情報や本舗】

Photo

たとえば、卵子の糖鎖には「私は卵子よ!」と精子に教える暗号コードが組み込まれています。精子の糖鎖には「あれが卵子だ!進入しよう・・・」と行動を起こす暗号コードが組み込まれています。卵子と精子の糖鎖同士が細胞間コミュニケーション【細胞同士が人間のように会話をする】を図ることで、初めて受精が成り立ちます

           【中略】

Af9t5j0

不妊症を治すには、原因を調べ、必要な治療を行うことが必須です。治療の障害になっている原因を取り除き、治療法を選択して不妊症を克服する方向へ向かわせてくれるのが医師です。同時に治療に必要なエネルギー、糖鎖の栄養素を体内に取り込むことが理想です。両者は互いに必要不可欠な車の両輪と言えます。

            【中略】


妊娠に成功するには、質の良い卵子が排卵されなければいけませんが、糖鎖の栄養素を摂取している患者さんでは、明らかに卵子および受精卵の質がアップしていることが確認できます。
2006年に当院では自分の卵子と夫の精子で・・・・・【冒頭の書き込み!と続きます】


               以下は【後略】


____________________________

       【池田先生!糖鎖の栄養素を語る・・・】

Logoこの栄養素に関しての詳細は冒頭の池田レディースクリニックの「池田史郎」院長をお尋ね下さい

            【コチラ情報や本舗でも連絡はとれます】


【補足】この栄養素はバルバドス・アロエ【マンノースの前駆体の多糖類】を研究開発して8つの糖鎖を構成する単糖類を特許に基づくテクノロジーで栄養素としての複合多糖類の製品化したものです

Photo


| | Comments (0) | TrackBack (1)

≪情報や本舗≫≪若い女性の多発性硬化症 !≫≪難病も正しい栄養で・・≫【報告事例】パート④

Baner

Photo_11

12月8日のGooのヘルスケアー「健康と医療」に東京女子医科大学医学部の清水優子先生の下記取材協力記事が・・・以下抜粋


Brain2


若い女性に多発性硬化症≪神経疾患≫が増えてきているそうです!多発性硬化症(MS:Multiple Sclerosis)という病気、原因不明で、脳や脊髄の神経系が障害を受け、体のさまざまな部位に影響を及ぼすらしく、また次第に症状が進行する慢性疾患病ということです

適切な情報がなく、病気への認知度が低い、周囲の理解が得られない上に根治薬もなく早期診断・早期治療と言われています!しかし、患者数は確実に増え続けている。   【もっと読む】!

Photo

この病気のはっきりした原因はまだわかっていません、おそらくウイルスや細菌から体を守るリンパ球などの免疫系が、何らかのきっかけで、脳や脊髄の中枢神経系や視神経を攻撃するようになるのではないかと考えられていて、このように、本来、体を守ってくれる免疫系の異常による病気を「自己免疫疾患」といいます。

免疫を高めてくれるという、ある栄養素を摂った事でこの多発性硬化症それも突発性の症状から数ヵ月後に回復したニュースがネバダのウーマン=WOMAN」と言う雑誌に報じられ、そしてテレビニュースでも報じられたのです!ジャクリン・パーマーさんという24歳で結婚したばかりだと言うのに・・・・

Photo

その模様がYou Tube で見ることが!

【動画と写真を見る前のプレゼンテーションです!】

2月ごろに結婚を控えていたパーマーさんは突然体の至るところに変化が生じたのです、右手が内出血でも起こしたように紫色に成って腫れあがり、冷たくなって痺れてもきました。右足が動かず歩くことが出来ません。最初は杖を使い、その後は歩行器を最終的には車椅子に乗ることにもなりました!

Thumbnailserver2


主治医のブレイン・パーセル医師はパーマさんの症状からして多発性硬化症(MS)と診断しました。その5ヶ月の間には、症状の改善もままならず、友人とも家族であっても会いたくないと鬱状態にもなっていた時に、パーマーさんは依然聞いたことのあるテキサスにある

Photo_3

人から奨められたある栄養素というものを、パーセル医師に見せました!医師は最初見たとき「それは何なのですか?」と尋ねましたが、ボトルのラベルを読んで決断をしました。医師はパーマーさんに、その栄養素を摂らせることにしたのです!そして

Jaclyn1123x167

7月12日:朝8時、元気なパーマーさんは目覚めたときに足が伸ばせることに驚きを感じました【映像で字幕12日の日付が】

7月14日:昼12時55分、レストランの身体者障害パーキングスペースからは杖を使って食卓テーブルにつくことが出来たのです!記念すべき日かもしれませんね!

7月16日:杖も誰の支えもなく、歩くことが出来ます【画像でもしっかりと歩いています】

Jaclyn2110x165

7月20日:なんと!なんと!パーマーさんはジムに行ってウォーキングマシーンでトレーニングに励んでいます【写真で見てください】       

【5年ほど前にダラスで起きた実話】

フィッシャー医科学研究所の出版誌「プロセーディング」と「Sugars That heel」にパーマーさんの回復のことが掲載されています!

P_vol2no1big
P_vol1no1big


字幕で、この栄養素がこうしたことの可能性を持っていることを、他にも4つの病名をあげてコメントしています!「自己免疫性疾患」「キャンサー=ガン」「心臓疾患」「不妊症」に対して

≪如何です?なくてはならない栄養が奇跡を起こしているのではありません!奇跡は正しい栄養に支えられた人間のからだの中にあるのです≫

Fda

* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

Clarity- 2D Research System | ≪Lexi Boling-雑誌ヴォーグ≫ | ≪OcciGabi=オチガビ≫ | ≪YouEconomy=ユーエコノミー≫ | ≪アルツハイマー病創薬研究財団(ADDF)≫ | ≪アンチエイジング≫ | ≪シグナムの美肌効果≫ | ≪リディア・コーLPGA≫ | ≪脳内活性サプリ≫ | ≪脳内活性サプリ・Q&A≫ | ≪INK.500ーランキング≫ | ≪JAPAN OPEN≫ | ≪PP2A≫ | ≪PP2A&TAU(タウ)≫ | ≪SIG-1012(高レベル分子)≫ | ≪Signum Biosciences≫ | ≪WEBでの取り扱い説明≫ | ≪WEB登録をWEB動画で≫ | 【24時間テレビ】 | 【お知らせ】 | 【がん・ガン・癌・】 | 【がん情報・・・テレビ番組】 | 【がん情報・・・新聞・雑誌】 | 【ねこ:ネコ・猫が三昧】 | 【やってTRY!やって渡来!】 | 【アスリート・・・・プロスポーツ選手】 | 【アセア=ASEA】 | 【アルツハイマーと認知症】 | 【インフルエンザ対策】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【コーヒーと医療】 | 【スクリプス研究所】 | 【スーパーボウルのCM】 | 【スーパーボウル・ハーフタイム】 | 【ダウン症候群】 | 【トランス脂肪酸】 | 【ノーベル賞・レガシー認定】 | 【パンデミック対策】 | 【ファイターズガール】 | 【ベン・カーソン】 | 【マクガバン・レポート】 | 【マグロ・・・アンブロ | 【レスベラトロールと長寿】 | 【中村天風】 | 【伝説のスピーチ】 | 【偶然の発明・偶然の発見】 | 【免疫・ハーブ】 | 【再生医療】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医学・医療】 | 【原理・原則・法則】 | 【反魂丹・万金反】 | 【古事記にまつわる話】 | 【地震・津波・未曾有の災害】 | 【大原麗子・・・ギラン・バレー症候群】 | 【妊娠中の食べ物=りんご】 | 【子供の脳の栄養素=DHA】 | 【子宮頸がんワクチン】 | 【宇宙と医学】 | 【幹細胞・再生医療】 | 【心温まる・癒される】 | 【抗加齢・寿命・延命】 | 【文明開化】 | 【本・書籍・BOOK】 | 【本当?それとも嘘なの?】 | 【植物コレステロール】 | 【植物・・・草・花・葉・茎・根】 | 【歴史における出来事】 | 【母乳・・・邪馬台国・卑弥呼】 | 【母乳・母乳育児】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵と火星探査写真】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【知っててお得情報】 | 【科学の粋】 | 【米国立がん研究所】 | 【糖質栄養素その有用性】 | 【糖鎖】 | 【糖鎖と免疫細胞】 | 【糖鎖による臨床】 | 【糖鎖の栄養素】 | 【糖鎖・その応答反応】 | 【細胞の最新情報】 | 【脳内活性】 | 【脳梗塞と再生医療】 | 【自閉症・ADHD】 | 【自閉症・ADHD・他動症・・・】 | 【著名人・有名人・芸能人】 | 【遠位型ミオパチー・・・難病】 | 【雑学・耳学・よもやま話】 | 【顕微鏡・双眼鏡・望遠鏡】 | 【食・栄養・サプリ】 | 【DNAテスト】 | 【ISC細胞・細胞再生】