【糖鎖・その応答反応】

≪情報や本舗≫≪糖質栄養素≫【有用性のまとめ】 ≪糖尿病と代謝異常≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Banertop_main


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

       【有用性のまとめ】<糖尿病と代謝異常>


糖質栄養素には次のような有用性があります:

□ 先天性代謝異常によってもたらされる一部の疾患を効果的に治療します

□ 糖たんぱく質糖鎖不全症候群(CDGS)を効果的に治療します

□ 血中のグルコース量およびインシュリン分泌の調節に重要です

□ 糖尿病や腎不全の動物が、白内障になるのを防ぎます

□ 糖尿病の治療に役立つ可能性があります


  【有用性の詳細と作用機序】<糖尿病および代謝異常>


■ 代謝異常とは、糖質栄養素の糖が正しく代謝されない、あるいは複合糖質に必要な合成(グリコシル化)が行  なわれないことから引き起こる疾患ですが、適切な糖による栄養補助を行うことにより、その検出及び治療が   可能となります

■ マンノースを毎日経口摂取することは、糖たんぱく質へのマンノースの取り込みが少ないことが原因で発症す  る糖タンパク質糖鎖不全症候群(CDGS)に対して、効果的な治療法とされています

■ 異常なグリコシル化に関与する一般的な病気や疾患には、肝疾患・ガン、甲状腺機能低下症 などが挙げられ  ますが、免疫グロブリンA(IgA)腎症、I-cell症、好酸性血清の遺伝性多核赤芽球症、そして白血球接着不全  症Ⅱ型なども含まれています

■ 糖尿病モデルの動物実験では、マンノースを栄養補助として摂取することで、膜の代謝産物を維持することができ、糖尿病性白内障の発症から水晶体を守ることが示されています

■ 動物実験では、食事に由来するガラクトースが白内障の形成を阻害しました

■ N-アセチルグルコサミンとグルコースは、インシュリンの放出を刺激し、またこれらの代謝がインシュリンによ  って調節されているため、糖尿病患者がこれらの糖質栄養素の糖を含む栄養補助食品を大量に摂取する時   は、薬の投与を調節する必要がある可能性があります。

■ ヒトでは、ガラクトースがインシュリン分泌を刺激をすることがなく、またガラクトースとフコースの利用にインシュ  リンを必要としないため、糖尿病患者がこれらの糖質栄養素の糖を摂取しても代謝の相互作用  に関与する  可能性はほとんどありません。

■ 過去の調査結果に基づくと、糖質栄養素は糖尿病の治療に役立つ可能性があります

■ 事例報告の結果によれば、糖質栄養素はインシュリン非依存性(Ⅱ型)糖尿病患者の血中グルコース量と筋  繊維痛を軽減できる可能性があります

Copyright

Fda

* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪糖質栄養素≫【有用性のまとめ】 ≪ヒト母乳中の糖質栄養素≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Banertop_main


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

       【有用性のまとめ】<ヒト母乳中の糖質栄養素>


糖質栄養素(シアル酸(NANA)、フコース、ガラクトース、N-アセチルグルコサミン、およびN-アセチルガラクトサミン)は、新生児の健康に特に重要であり、ヒトの母乳には豊富に含まれています。母乳中の糖質栄養素は、授乳中の幼児に対して下記の有用な役割を果たします:


■ 呼吸器系ウイルスの侵入を阻害し、細菌を殺します

■ 細菌感染による下痢を予防します

■ アレルギーを予防します

■ 適切な鉄分の吸収に有用です

■ ビタミンB12の生物学的利用能に有用です

■ 脂肪消化系の正常で健康な発育と機能に有用です

■ 正常で健康な脳の発育に有用です

Copyright

Fda

* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖質栄養素≫【有用性のまとめ】 ≪がん≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Banertop_main


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

           【有用性のまとめ】<がん>

□糖質栄養素は、ある種のガンの増殖や腫瘍細胞の転移の阻害を助けます

          【有用性の詳細と作用機序】<ガン>

■ フコース・ガラクトース・マンノースあるいはマンノースを含む多糖体、グルコサミン(N-アセチルグルコサミンの  代謝産物)、そしてN-アセチルガラクトサミン を含む多くの糖質栄養素の糖は、一部のガンにおいて増殖や   腫瘍細胞の転移を阻害します。

■ マンノースのような糖質栄養素の糖によるガンの増殖阻害は、ガン細胞を破壊する白血球の一種であるナチュ  ラルキラー細胞の免疫系活性化が、部分的に関係していると思われます

■ 糖質栄養素の糖が、細胞表面にある糖質栄養素の糖の結合部分と拮抗することで、腫瘍細胞と正常細胞の  接着を防止し、それにより腫瘍細胞の転移を阻害すると思われます

Copyright

Fda

* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖鎖のはたらき≫≪細胞も言葉のようなものを使って会話をしている≫≪それは糖鎖!≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Cell_3

■細胞も言葉のようなもの【糖鎖】を使って会話をしているのです、何が必要で!何が不要か!毒素やバクテリアやウイルスのような外から、やって来る不要なものを排除したり、やむなく体内に入り込んでしまい、損傷した箇所を教えたり、治すように会話をします

■新陳代謝、体温の調整などのはたらきに重要な関わりをもつホルモンとの会話でそれを、何処に使うのか?、今は使わないのか!と言った、必要なことを伝えているのです!

■右の細胞⇒白血球は免疫を司る専門的な細胞です!他の細胞と会話をして健康を支えるために情報の伝達をしているのです、時には悪いことが起き,コミュニケーションがうまく行われません!下記の画像のような事が起きないようにするには言葉ようなもの【糖鎖】がシッカリしていないといけません

■□■□下の写真の解説!⇒【詳細】←クリック!■□■□

Photo_4【詳しくはコチラ⇒≪日経サイエンス2006年≫】


                                                                                                                                                                                                          ■細胞同士がどんな方法で、どんな”言葉のようなもの”で話し合っているか⇒【NEXT】←≪会話に必要な”言葉のようなもの”≫


Photo_8■【理研の画像】より拡大クリック!・・


Photo_7


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪栄養素に於ける生理学上の応答反応≫≪正しい応答≫         

Photo_3


糖鎖の栄養素の話題になって、お話を進めていくと、決まって訪ねられる事は「糖尿病に効きますか?」「血圧下がりますかね?」「がんの人に勧めてみたいですね!」と特定の病気に対しての効果をよく訊かれます

残念ながら(?)、薬事法・会社のコンプライアンスなどにより、そのような効果があっても言えないことになっているのです。

Photo

ここです、糖鎖の栄養素を私は、食品であって食品でない!薬であって、薬でない!と・・・・何故か、”とんち問答”のようですが、その答えを糖鎖の栄養素の研究者の一人である「マクダニエル博士」が「The Correcting Response」=「正しい応答」とレポートされています


Photo_2

細胞のアンテナ糖鎖の働きを高めて、細胞と細胞がコミュニケーションを行い、体にとって「正しい応答」を引き出すために、体に足りない栄養素・なくてはならない栄養素が生体に摂り入れられると、生体が反応をするらしい!


薬の副作用で起る反応・東洋医学で言われる好転反応(メンケン反応とも)とは、似て非なるとはいえ多くの人が体験する「正しい応答」・・・・・是非とも詳しくはお読み下さい!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

12042605_1261354463879735_582454403

  ■□=The Correcting Response=□■

            【正しい応答】 

   Physiological Reactions to Mannatech Optimal Health products 
   (By H .Reg McDaniel /M.D.)


■正しく適正な食事を摂ることで又健康を構築する為に開発された糖鎖の栄養製品を補完することで、身体にとって劇的にとても良い反応が出始めます。

          ■≪理想的な応答≫■

理想だと応答はどんどんと改善されていく感覚で起こるのです。先ず最初に疲れにくいということに気がつきます そしてエネルギーが一日中働いて持続します。朝の目覚めがとても良く、夕方になると疲れが出るといった、以前よくあったことも改善されていく感覚を感じることでしょう。翌朝にはもっと目覚めの良い朝を迎えるということに、心理的にも情緒的にも健全な状況を感じるとともに、どんな些細なことにも悩んだりすることも無くなり、あなたの古き行動パターン・気分の優れなさを置き去った感覚で、幸せと感じ始めることになるのです。


Cy_050101
 


 ■≪正しく起きる応答≫■ 
                                 
細胞間コミュニケーションを通じての免疫系の働きが始まると、同時に生理学上・生化学上の不安定なバランスを保ちながら身体の何らかの不快な感覚が起きうることがあるかもしれない。それは長い間の不適正な食事を取り続けてきたことで、そう簡単には身体を調整することが難しいと言うことなのでしょう。                                    
不適正な食事を取っていたことで生じるかもしれないこれら応答が出たときは、身体が健康の改善・回復の状態へ向かっているのだと確信を高めることでしょう。その応答とは発熱・発疹・蕁麻疹・甚だしいガス・水っぽい鼻水・頭痛・不眠・喉の乾き・疲れやすい・不活発無気力・吐き気・下痢・単純ヘルペス・口の乾癬・口内糜爛・便秘・めまい神経過敏・様々な身体の痛み・及び関節と筋肉の痛みなど等々!                         Data
                                                                  
あなたが、これらを正しい応答と認識するなら、より良い健康へ向かっての道のステップだと考えてください、これらの応答反応は長い目でみると多くの利点を得るための小さなリスクだとも考えられませんか?

あなたの身体が不適正な食事からくる情緒的ストレス・物理的ストレスおよび環境ストレス【重金属など長期に渡ってさらされてきた食材・石油化学製品・その他の化学物質】によって、あなたの持ち合わせている自然防御体制は少なくとも何らかの危険にさらされることになります。免疫系が回復される時 その応答はインフルエンザの兆候に似た状況を起こすかもしれません              

Vitrv

人体は身体に蓄積される毒素を排泄排出するための驚くべき浄化システムを持っています。このシステムに不具合が生じた際に排泄機能が作用することなく毒素は増え、体内の脂肪として格納し始めるのです。一旦この自然浄化システムが効率よく働き始めると、応答が生じて、腎臓・肝臓・皮膚および肺が蓄積された毒素をより早く取り除こうと免疫システムを稼動させるのです。これらの応答は身体中のあらゆるリンパ腺に波及して吐き気・頭痛・膨潤とといった症状を引き起こします

           ■≪アレルギータイプの応答≫■

胃の中の塩酸の欠乏またはその機能障害によって酷使された肝臓および副腎によって、ある種のアレルギー応答が出始めます。そのアレルギーのタイプは発疹と息切れです!

           ■≪応答が出始めた時には≫■

一日あたり100ポンド(60キロ)の体重につき少くとも1クォータ・ボトルの水又は野菜・果物のコンビネーションジュース・天然の炭酸等を飲むことで毒素を洗い流し腎臓の自然排泄システムの働きを活発にします。果物・野菜などの糖質シリアルを多く摂ることを心がけてください、こうすることで体内からの毒素を排除する機能を高めてくれるからです!

積極的に15分間は歩くと言うエクササイズを日課としてください。こうした適度の運動も外毒作用の働きを高めるので、とても良い方法です!もしも応答が我慢出来ないほどになったら2・3日摂取することを止めるか!量の調節をして序々に細胞の回復を待って、以前摂っていた量に戻していくことを試みてください

細胞の回復レベル機能に必要とされる修復機能に合わせるためにも繰り返し摂られるべきだからです

                                                                 【訳文:テンボス】

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

Photo_10

糖鎖の栄養素■は、最良の健康=(オプティマルヘルス)をサポートするための補完栄養を目的に開発されたものであり、疾病の診断、治療、治癒、あるいは予防を目的としたものではありません。当ブログに記載された情報は、医師による治療などに取って代わるものではなく、栄養に関する一般的な知識を深めていただくことを目的としています

Continue reading "≪情報や本舗≫≪栄養素に於ける生理学上の応答反応≫≪正しい応答≫         "

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

Clarity- 2D Research System | ≪Lexi Boling-雑誌ヴォーグ≫ | ≪OcciGabi=オチガビ≫ | ≪YouEconomy=ユーエコノミー≫ | ≪アルツハイマー病創薬研究財団(ADDF)≫ | ≪アンチエイジング≫ | ≪シグナムの美肌効果≫ | ≪リディア・コーLPGA≫ | ≪脳内活性サプリ≫ | ≪脳内活性サプリ・Q&A≫ | ≪INK.500ーランキング≫ | ≪JAPAN OPEN≫ | ≪PP2A≫ | ≪PP2A&TAU(タウ)≫ | ≪SIG-1012(高レベル分子)≫ | ≪Signum Biosciences≫ | ≪WEBでの取り扱い説明≫ | ≪WEB登録をWEB動画で≫ | 【24時間テレビ】 | 【お知らせ】 | 【がん・ガン・癌・】 | 【がん情報・・・テレビ番組】 | 【がん情報・・・新聞・雑誌】 | 【ねこ:ネコ・猫が三昧】 | 【やってTRY!やって渡来!】 | 【アスリート・・・・プロスポーツ選手】 | 【アセア=ASEA】 | 【アルツハイマーと認知症】 | 【インフルエンザ対策】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【コーヒーと医療】 | 【スクリプス研究所】 | 【スーパーボウルのCM】 | 【スーパーボウル・ハーフタイム】 | 【ダウン症候群】 | 【トランス脂肪酸】 | 【ノーベル賞・レガシー認定】 | 【パンデミック対策】 | 【ファイターズガール】 | 【ベン・カーソン】 | 【マクガバン・レポート】 | 【マグロ・・・アンブロ | 【レスベラトロールと長寿】 | 【中村天風】 | 【伝説のスピーチ】 | 【偶然の発明・偶然の発見】 | 【免疫・ハーブ】 | 【再生医療】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医学・医療】 | 【原理・原則・法則】 | 【反魂丹・万金反】 | 【古事記にまつわる話】 | 【地震・津波・未曾有の災害】 | 【大原麗子・・・ギラン・バレー症候群】 | 【妊娠中の食べ物=りんご】 | 【子供の脳の栄養素=DHA】 | 【子宮頸がんワクチン】 | 【宇宙と医学】 | 【幹細胞・再生医療】 | 【心温まる・癒される】 | 【抗加齢・寿命・延命】 | 【文明開化】 | 【本・書籍・BOOK】 | 【本当?それとも嘘なの?】 | 【植物コレステロール】 | 【植物・・・草・花・葉・茎・根】 | 【歴史における出来事】 | 【母乳・・・邪馬台国・卑弥呼】 | 【母乳・母乳育児】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵と火星探査写真】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【知っててお得情報】 | 【科学の粋】 | 【米国立がん研究所】 | 【糖質栄養素その有用性】 | 【糖鎖】 | 【糖鎖と免疫細胞】 | 【糖鎖による臨床】 | 【糖鎖の栄養素】 | 【糖鎖・その応答反応】 | 【細胞の最新情報】 | 【脳内活性】 | 【脳梗塞と再生医療】 | 【自閉症・ADHD】 | 【自閉症・ADHD・他動症・・・】 | 【著名人・有名人・芸能人】 | 【遠位型ミオパチー・・・難病】 | 【雑学・耳学・よもやま話】 | 【顕微鏡・双眼鏡・望遠鏡】 | 【食・栄養・サプリ】 | 【DNAテスト】 | 【ISC細胞・細胞再生】