【インフルエンザ対策】

≪情報や本舗≫≪新型インフルエンザ最新情報!≫≪パンデミック!対策 ≫パート6

02baner
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料


     ■≪新型インフル第2波は11月に予想≫■


厚生労働省は新型インフルエンザの集団感染が流行期に入り、8月16日までの集団感染の報告数は、確定患者が1197人だそうです【毎日JPより】


Fig_flu_01

パート④で投稿=ウイルス研究・ワクチン開発では国際的権威の「根路銘国昭」氏のこともフジTV「とくダネ」で知ったのですが!コチラの先生、1993年にはWHO(世界保健機関)の理不尽極まる、無謀なやり方に孤軍奮闘し、一歩も引かず、提訴して日本のウィルス研究開発に多大なる貢献者であることはこの世界では周知の事実だそうです!

02


Aaaaa■新型の高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)ウイルスは、強い毒性を持ち、もしパンデミック(大流行)が起きれば、日本だけで、最大約60万人が死亡するとの被害想定のあるなか、日本のウイルス研究の権威「根路銘国昭」氏の2013年最新ニュースはこれrだ⇒ 【夢の扉+】


02


今騒がれているインフルエンザ・ウィルス起源”鳥”も”豚”も動物!獣医学部の研究分野なんですね?根路銘先生は北海道大学の獣医学部をでられていて、現在の北海道大学大学院獣医学部教授の「喜田 宏」先生が昨日UHBテレビに新型インフルエンザ対策のゲストで出演されていて季節性インフルエンザも新型インフルエンザも一緒にワクチンを造るのがベストであると述べておられました!【5月の讀賣新聞のニュース


Photo

「喜田宏教授」は分けて造るには日本での数量に限りがあるため間に合わせる事が現実難しいとの見解!このことは「根路銘」先生もフジテレビ「とくダネ」にゲスト出演の際に

Ages_2

新型インフルエンザは新しいウィルスが登場した時点で以前のウィルスは消失するので【PC用語の上書き保存のような!】新種だけを今から造らないと、遅きに失する事になると喜田先生と同様な見解を述べていた筈です!

また喜田先生は、厚生労働省が不足分を輸入の方針でとの発表に「とても恥ずかしい事ですね?」と賛成出来かねるコメントを残されたいたことも事実です!このような問題提起のコメントを聴くにおよび


Agestakkuru

今週「ビートたけしのTVタックル」に出演の現役のお役人「木村 盛世」=(アメリカで最も全ての点で人気度NO.1の「ジョンホプキンス大学公衆衛生大学院疫学部修士課程修了の厚労省医系技官)さんがある放送番組で「今の霞ヶ関では日本をパンデミックから守れない」と過激発言!【トーク番組でのコメント】←クリック!

■経済誌」ダイヤモンドのオンライン」でインフルエンザで国内初の死者が出てのコメントが読めます!
http://diamond.jp/series/tsujihiro/10081/

Photo_2

■新型インフルエンザワクチンの話になると「副反応」とこれまた聴き慣れない、この言葉ですが?調べてみましたら≪ワクチン投与に伴う免疫付与以外の反応も、外来物質の化学的作用ではなく免疫学的機序によって起こるものが多い。このため、ワクチン投与に伴うものは副反応と呼んで副作用と区別している。≫とウィキペディア に・・・・

■よく聴かれる「副作用」は狭義には「医薬品の使用に伴って発現した有害な事象」を、広義には「医薬品の使用に伴って生じた治療目的[1]に沿わない作用全般」を指す。

Aaigtrmages

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪新型インフルエンザ最新情報!≫≪パンデミック!対策≫ パート5

1s8bdb

新型インフルエンザは世界各地に混乱をもたらしていて、ネット上でも”メキシコ現地報告”とか言い、真偽不明の「新型インフルエンザ関連の詐欺メール」が出回っているそうです!中には、実在の「国立感染症研究所」を詐称したものも・・・

Fig_flu_01

とうとう日本でも新型インフルエンザA型(H1N1)初の死者が持病と併発とはいえ出たそうで、感染者は170以上の国と地域で18万人近くに上り、死者は約1500人にも上っている!特に冬の時期にある南半球では患者が増えていて、これから秋・冬の時期を迎える北半球での早期対策の情報

6月11日!世界保健機関は、新型の豚インフルエンザの警戒レベルを世界的大流行(パンデミック)を意味する最高度のフェーズ6を41年ぶりに宣言した。雑誌ネーチャーのアジア・パシフィックのオンライン版に次のように・・・・・・・

表紙はH1N1 ウイルスが感染細胞から出ていく際の走査型電子顕微鏡写真で、細胞表面を覆っているH1N1ウイルス粒子の多くは、球状ではなく糸状である(Review )

走査型電子顕微鏡によるH1N1ウィルス糸状粒子

H1n1

ブタ由来の新型インフルエンザH1N1 の感染拡大はパンデミック(世界的大流行)の段階にあることが、今や公式に認められている。そして、国際社会のパンデミックに対する準備が不十分であると結論付けており、将来の備えを改善していくには、これまで学んできた多くのことに加えて、異種間での伝播、遺伝子再構成、ヒト- ヒト感染についてさらに知る必要があると論じている。

記載記事の全容】は←クリック!
http://www.natureasia.com/japan/nature/updates/index.php?i=72717

≪コチラは世界的科学雑誌「ネーチャー」のオンラインニュースソースですから信憑性は各自のご判断で!≫

Photo

11日現在でオーストラリアは1307人、南米チリは1694人の感染者が確認されていて、特に、オーストラリアのある州で、人から人への持続的感染が確認された【感染者が1千人を超えた】 WHOの確認では世界の感染者は75カ国で2万7737人(死者は141人)

日本では早くから用意してある治療薬のタミフルも大阪での感染者にはタミフルが効かない耐性新型インフルエンザウイルスであることが判明?治療薬リレンザは効果があるとの検査結果が今日7月4日に厚生労働省から検査結果が発表された!http://osaka.yomiuri.co.jp/tokusyu/influenza/if90705a.htm?from=tokusyu

Photo_2

治療薬もこうした状況では、やはり80年前【スペイン風邪】から伝来の予防方法の手洗い!うがい!に頼る術しかないのが、科学の進歩は日進月歩というのに?ところがこのうがいもマスク着装も予防と言う事では?果たして意味があるのかというと!疑問であるらしい・・・・


■【インフルエンザ予防におけるマスク着用の意義に関する諸問題】PDF
http://homepage3.nifty.com/sank/jyouhou/BIRDFLU/2006/mask.pdf

Photo_3

■【最大の防御策は篭城&マスク実は役に立たない「うがい」】日経トレンディネットhttp://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20080214/1007068/?P=2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪人類最強の敵≫≪ウイルスの脅威≫≪新型インフルエンザ・ウイルス≫

Ac8h9m9


70年代以降、人口の増加や環境破壊などで社会の変化と共に、新しいウイルスが次々と出現し感染症も絶えず変化します。人類とウイルスの戦いに終わりはないのかもしれません。

Photo_4

現在、世界中で最も警戒されているウイルスが 「新型インフルエンザウイルス」ではないでしょうか?とドクター月尾教授・・・・

■1918~20年 スペインかぜ   4000~6000万人
■1957~58年 アジアかぜ    100~400万人
■1968~69年 香港かぜ     5万6000人(100万人の説もある)

【20世紀!3回の「新型インフルエンザ」が発生】

インドネシアなどでヒトへの感染も確認されています、鳥インフルエンザが突然変異を起こし、ヒトからヒトへ感染する 「新型インフルエンザ」が発生する可能性もあります。

Cajepjx1

また、航空機が大陸間を頻繁に往復し、 多くの人が世界中を駆け巡る現代では 一人の人がウイルスに感染し、その周囲で流行をはじめると、 たちどころに世界中へと拡散してしまう可能性さえあると!

最悪の場合、WHO試算では世界で死者5億人、厚生労働省が、日本では最悪64万人死亡すると推計しています。国民一人ひとりが「新型インフルエンザ」の脅威を理解し、予防する必要があるのではないかと地球方程式の月尾教授は警鐘しています

___________________________

Photo_2

=ウイルスは、生物では無いという事をご存知でしたか?=

生物は、すべての遺伝情報を持っていて、成長・増殖することができますが、ウィルスには細胞はなく、DNAとそれを包むタンパク質の殻だけでできていて自らエネルギーをつくる機能はなく部分的な遺伝情報しか持たないので宿主細胞に寄生して増殖するため、生物学の世界では、ウィルスを生物と見なさないむきもあるとのことです!
Photo_3

現代の医学では、ウイルスが入り込んでいる人間の細胞も一緒に壊してしまう恐れがあるので、ウイルスだけを殺すことはできません。そこで、ウイルスに対抗するために考え出されたのが、「ワクチン」です。
1798年、イギリスの医師ジェンナーによって「天然痘ワクチン」がつくられました。
ジェンナーは、天然痘に似た病気であった「牛痘」にかかった人は天然痘にはかからないことに目をつけました。

ワクチンは、ウイルスから人体に害となる毒を取り除いたもの、あるいは弱めたもので、それを体内に入れることで免疫をつくり、ウイルスに負けない体にする働きがあります。しかし、あらたに現れるウイルスに対し、すぐにワクチンをつくることは出来ませんウイルスが出現した場合、感染症の流行に間に合わないのです。

Asea2011年!細胞レベル(ミトコンドリア)で活性酸素を攻撃し抗酸化酵素の働きを活性して免疫を高めてくれる、右のカテゴリーにあるASEAを検討してみるのも感染を防ぐ手立ての一つかも・・・・
 

Photo

2008年のノーベル賞は、日本人の3人【≒4人】の受賞者の影に隠れてあまり報道されませんでしたが、今年の生理学医学賞は3人の「ウイルス」の発見者が受賞してることを ドクター月尾・地球の方程式で紹介していました!

お一人は、エイズの原因である「HIV(ヒト免疫不全ウイルス)」を発見した、 フランス・パリ大学のリュック・モンタニエ名誉教授!そして女性研究者のフランソワーズ・バレシヌシ教授!

このお二人のHIVの発見にはひと騒動があって、 モンタニエ博士らが、エイズ患者から新種のウイルスを発見し、 「LAV」として発表したのが1983年。しかし、その翌年、アメリカ国立がん研究所のロバート・ギャロ博士らが、 別のウイルス名で「エイズの原因ウイルスを発見した」と発表しました。

200pxhivbudding ←HIV【ヒト免疫不全ウイルス】

紆余曲折があって結局、アメリカのギャロ博士が敗北を認めたのですが、 今回のノーベル賞によって、フランスのモンタニエ博士らによる発見であったと 結論づけられたそうです

【田中耕一フェローの時もドイツの科学者との紆余曲折ごとがありませんでした?】

N3043

もうお一方は、ドイツのがん研究センター・ハラルト・ツアハウゼン名誉教授で子宮頸がんの原因の「HPV(ヒトパピローマウイルス)」の発見をしたことでのノーベル生理学医学賞を受賞!

【病気の原因であるウイルスが特定されれば、予防法や治療法などの研究も 進むので、ウイルスの発見は人類にとって非常に有益なことなのですね】

| | Comments (1) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

Clarity- 2D Research System | ≪Lexi Boling-雑誌ヴォーグ≫ | ≪OcciGabi=オチガビ≫ | ≪YouEconomy=ユーエコノミー≫ | ≪アルツハイマー病創薬研究財団(ADDF)≫ | ≪アンチエイジング≫ | ≪シグナムの美肌効果≫ | ≪リディア・コーLPGA≫ | ≪脳内活性サプリ≫ | ≪脳内活性サプリ・Q&A≫ | ≪INK.500ーランキング≫ | ≪JAPAN OPEN≫ | ≪PP2A≫ | ≪PP2A&TAU(タウ)≫ | ≪SIG-1012(高レベル分子)≫ | ≪Signum Biosciences≫ | ≪WEBでの取り扱い説明≫ | ≪WEB登録をWEB動画で≫ | 【24時間テレビ】 | 【お知らせ】 | 【がん・ガン・癌・】 | 【がん情報・・・テレビ番組】 | 【がん情報・・・新聞・雑誌】 | 【ねこ:ネコ・猫が三昧】 | 【やってTRY!やって渡来!】 | 【アスリート・・・・プロスポーツ選手】 | 【アセア=ASEA】 | 【アルツハイマーと認知症】 | 【インフルエンザ対策】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【コーヒーと医療】 | 【スクリプス研究所】 | 【スーパーボウルのCM】 | 【スーパーボウル・ハーフタイム】 | 【ダウン症候群】 | 【トランス脂肪酸】 | 【ノーベル賞・レガシー認定】 | 【パンデミック対策】 | 【ファイターズガール】 | 【ベン・カーソン】 | 【マクガバン・レポート】 | 【マグロ・・・アンブロ | 【レスベラトロールと長寿】 | 【中村天風】 | 【伝説のスピーチ】 | 【偶然の発明・偶然の発見】 | 【免疫・ハーブ】 | 【再生医療】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医学・医療】 | 【原理・原則・法則】 | 【反魂丹・万金反】 | 【古事記にまつわる話】 | 【地震・津波・未曾有の災害】 | 【大原麗子・・・ギラン・バレー症候群】 | 【妊娠中の食べ物=りんご】 | 【子供の脳の栄養素=DHA】 | 【子宮頸がんワクチン】 | 【宇宙と医学】 | 【幹細胞・再生医療】 | 【心温まる・癒される】 | 【抗加齢・寿命・延命】 | 【文明開化】 | 【本・書籍・BOOK】 | 【本当?それとも嘘なの?】 | 【植物コレステロール】 | 【植物・・・草・花・葉・茎・根】 | 【歴史における出来事】 | 【母乳・・・邪馬台国・卑弥呼】 | 【母乳・母乳育児】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵と火星探査写真】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【知っててお得情報】 | 【科学の粋】 | 【米国立がん研究所】 | 【糖質栄養素その有用性】 | 【糖鎖】 | 【糖鎖と免疫細胞】 | 【糖鎖による臨床】 | 【糖鎖の栄養素】 | 【糖鎖・その応答反応】 | 【細胞の最新情報】 | 【脳内活性】 | 【脳梗塞と再生医療】 | 【自閉症・ADHD】 | 【自閉症・ADHD・他動症・・・】 | 【著名人・有名人・芸能人】 | 【遠位型ミオパチー・・・難病】 | 【雑学・耳学・よもやま話】 | 【顕微鏡・双眼鏡・望遠鏡】 | 【食・栄養・サプリ】 | 【DNAテスト】 | 【ISC細胞・細胞再生】