【がん情報・・・新聞・雑誌】

≪情報や本舗≫≪がんワクチン療法⑩≫≪厚労省で承認の方向?≫                        

New日経新聞ニュース■【がんワクチン:大手製薬会社が相次ぎ参入!】⇒(2010年7月9日)


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Header_3


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

    


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

New毎日新聞ニュース■【がんペプチドワクチン療法:先進医療に承認--厚労省会議】⇒(2010年5月19日)

S004

今年1月の記事掲載から鳴りを潜めていた「がんワクチン療法」でしたが!桜前線も北上して新緑の季節の足音が耳元にささやき始めた、昨日”毎日新聞(東京版・朝刊)記事によると、新たながん治療法として久留米大学(福岡県久留米市)が開発したがんペプチドワクチン療法が、

Cancer

5月18日開催された厚生労働省の先進医療専門家会議で、高度医療(第3項先進医療)に前立腺がんを適応症として承認されました。、前立腺がんに限って先進医療として承認することを、厚労省先進医療専門家会議で決めたと!

Photo_6

【補足】 「高度医療」は、保険適用されるほどの有効性が確認されたわけではないが、一定の効果が期待できる先進的な医療技術(自由診療)に、保険診療との併用を認める制度。通常は「保険診療」と「自由診療」を併用した場合、すべてが自己負担となってしまう。


がんワクチン療法】≪がん細胞の表面にあるペプチド(たんぱく質の断片)から開発したワクチンを注射することで、がん細胞を攻撃する体内のリンパ球を活性化させる≫がんペプチドワクチン療法が高度医療に認定され、第4の治療法として期待されるようです。

767_2⇒クリック!【情報や本舗カテゴリー

久留米大病院、「がんペプチドワクチン」治療を8月2日開始、混合診療で一定の条件に合致した前立腺がん患者を対象に、久留米大病院は8月2日、未承認薬「がんペプチドワクチン」を使った治療を公的医療保険適用と自由診療を併用する事実上の混合診療として開始する

Data

■未承認の医薬品が先進医療に認められたのは初めてだそうです

■「がんペプチドワクチン」は腫瘍抗原ペプチドを用いたテーラーメイドのがんワクチン療法で、厚労省が6月、高度医療に承認、一定の要件を満たす前立腺がん患者の血液検査などに公的保険の適用を認めた。未承認薬を使った治療に公的保険の適用を認めるのは世界でも稀なケースという


Photo_8

■治療は泌尿器科外来での受け付け、混合診療の適応は、ワクチンを皮下注射する前に患者の免疫検査を実施し、12種類のがんワクチン候補ペプチドの中から患者に適したペプチドを最大4種類選択、毎週または2週間ごとに皮下注射する


Money

■費用は、1回のワクチン注射で6万円が患者負担、検査費用が初診時4万円、8回ごとに3万円。平均的患者で85万円(13回注射、検査料含む)程度という。ただ民間保険の先進医療特約の対象になるため、自己負担は軽くなる場合もある

■■全額負担が必要だったのが、一部に健康保険が適用されるようになる

Cover_nature3

関連して行う検査には、健康保険が適用されるとのこと

問い合わせは先端癌治療研究センター臨床研究部門(0942(31)7989、平日10時-16時に受け付ける。泌尿器科外来の責任医師は野口正典教授


Photo_2

■2009年6月!一年前と比較してみてくださいコチラ⇒クリック!【がんワクチン療法③】


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪がんペプチドワクチン療法⑧≫≪産経新聞ニュース≫最新情報≫

Photo_2thumb


_news■最新⇒ガンワクチン療法⑩クリック!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

200pxjhu_homewood_sign

がんワクチン療法 ≫については7回書き込みしています

そしてグーグル検索ページのスポンサーサイトには⇒【科学的根拠に基づくがんワクチン療法 肝がんの再発リスクを81%減少!】とある、クリックするとこの≪がんワクチン≫の研究開発会社「セルメディシン」のとても分かりやすいサイトに行き着く!

このペプチドワクチン療法と同じだと考えられるレポートがNEDO海外レポートに2005年の4月に公開されていた⇒≪癌を撃退するように身体を教育する試みの中で、研究者達はある免疫細胞が他のものより「賢い」ことを発見した

ジョンズ・ホプキンス・キンメル癌センターの研究者達は、ガンに狙いを定めているT 細胞2 種類の癌殺傷率を調べた結果、骨髄に存在するT細胞は血中を循環するものよりも90%以上効率が良いことが判明した≫と


Photo

”Cancer Research 誌”(3 月1 日号)に掲載したこの研究の「イワン・ボレロ医学博士」は⇒「今回、私達は骨髄にあるT 細胞を『教育すること』で、最も効果的に抗腫瘍反応を得ることができるという証拠を掴んだ」と

とても私、素人には詳細は難しく!お知りになりたい方は⇒【NEDOレポート】←37ページ(PDF)         

Sankeinewslogo

先月ガンの3大療法の1つ放射線療法の効果に疑問符が投げかけられた!ここ数年前から既存療法に問題提起の情報が傑出してきていますよね


11月7日には、オンラインの「産経ニュース」で【がんと闘う ワクチン療法】(中)免疫療法 人により効果に差≫このニュースの中で「丸山ワクチン」の謎が解けたのでは?

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Maruyama_img

1980年代には米国でも初期のがんワクチンが臨床に導入されたが、期待されたほどの効果がなく、丸山ワクチンの承認見送りと合わせ、「免疫療法は怪しげなもの」との印象が広まり、現在に至っていますが、

ここにきて、「自然免疫」の働きが解明され、 丸山ワクチンは自然免疫、現在のがんワクチンは獲得免疫を主に利用するという違いはあるが、がんワクチン療法もこれまでに解明された免疫の理論に基づいて行われている・・・・・・

コチラも⇒【詳細】=産経ニュース(2009年11月7日)


Photo_3
情報や本舗がんペプチドワクチン療法≫③新聞記事【ワクチン療法の詳細!】に丸山ワクチン書き込みをしています!

虎ノ門病院の病理部で多くの病巣を見てこられた「遠藤雄三」医学博士は≪丸山ワクチンとがんを考える会≫の2006年の講演会で「大人のがんは生活習慣病・・・従ってがんは予防できる」と演題で講演されています

■≪補足:病理医って?それは、重大な病気,例えば”がん”などが疑われた時には,病理医の診断によって治療が大きく変わると言うことをご存知でしょうか≫

Photo_2

ホリスティックケアーで多くのがん患者の信頼も厚い「帯津三敬病院」院長帯津良一先生がこの講演会で登壇しています

Continue reading "≪情報や本舗≫≪がんペプチドワクチン療法⑧≫≪産経新聞ニュース≫最新情報≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪がんペプチドワクチン療法ー⑥≫≪日本経済新聞】の最新ニュース≫

■がん最新情報!■久留米大学での外来受付更新情報】


Baner
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料


6月10日のTBSの総力報道!THE NEWSで「ガンが小さくなる」というタイトルでガン治療"がんペプチドワクチン”の特集を放映から、3ヶ月が経ちました、

Science

ちょうど3ヶ月目の昨日(9月10日)のことです!日本経済新聞に「がんペプチドワクチン」の最新のニュースが・・・・・以下


Newsstand_2

≪バイオベンチャーのタカラバイオ(株)、同社が「複合的がん免疫療法の研究開発プロジェクトが文部科学省及び経済産業省/NEDOの橋渡し研究推進合同事業に採択された」と

発表した同社と三重大学、慶應義塾大学が共同で申請していたプロジェクトで、がんに対する特異的T細胞輪注療法を【ガンペプチドワクチン】と組み合わせた新しい治療法の開発を進めるもの。3つのプロジェクトを推進する計画という。≫

Man_newspaper_2

日本経済新聞に記事より・・・今は見れます】

タカラバイオといえば、フコイダンの研究を(20年とか!)早くから取り組み代名詞的存在なのでしょう、今は函館のガゴメ昆布【由来:表面模様が籠目(かごめ)の様】の”ぬめり”に多く含まれる多糖類フコイダンの単糖「フコース」のバイオ研究での医食品バイオ?開発を・・・・・他にはガラクトース・マンノース・キシロース・グルクロン酸とかが含まれている⇒【http://www.maruibussan.co.jp/definition.pdf


8sugars


■細胞で重要な働きを持つ「単糖」には8つの単糖・・「糖鎖」が、上記4つのほかにガラクトース・N-アセチルグルコサミン・Nーアセチルガラクトサミンそして脳の栄養素とも言われるシアルサン=N-アセチルノイラミンサンをコンプレックス=複合体!

すなわち体内【細胞】で構成できるように植物由来の自然多糖類で開発されているものです!1996年に生体にとって必要不可欠なる8つの単糖が学術的【医学の生化学】の本に・・・・・


Photo_8

Button_switch_now_2TBSの【総力報道!THE NEWS】

≪がんペプチドワクチン療法≫②


Button_switch_now_3NHK教育TVの「サイエンスZERO」【がんの個性を探れ】

≪ガンペプチドワクチン療法


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪がんペプチドワクチン療法-⑤≫≪産学官事業≫≪国の委託事業として≫≪文科省が3億円を!≫

【日経サイエンス情報】ガンを知るためのホームページ

_news_2■情報は⇒【コチラ!クリック!】

Barner

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_2

がん患者それぞれに最適なワクチンを処方する久留米大(久留米市)の「がんペプチド(タンパク質)ワクチン療法」を核とした産学官事業「久留米高度先端医療開発クラスター」が、文部科学省の委託事業に選ばれた。本年度から5年間、年間約3億円の委託費が支給される。全国で4件が採択され、九州では唯一。県や久留米市が7日に発表した。

同事業に参加するのは久留米大や九州大、県や県内企業など。肺がん、肝臓がん、ぼうこうがんに有効ながんペプチドワクチン療法の実用化研究▽大学や製薬企業の技術者などを迎えた講座による人材育成事業▽海外との人材交流や技術開発による国際展開の強化‐などの事業を展開する。


Photo

久留米大の がんペプチドワクチン療法は、患者への負担が格段に軽い「第4のがん治療法」と注目される技術で、全国初の取り組み。患者やがんの種類によって異なるがん細胞の表面に存在するペプチドを識別。【この識別作業は受容体と言っていますが、糖鎖の働きなんですよね!・・・情報や本舗】

化学合成した30種類のペプチドの中から、患者の免疫機能を最も活性化させるペプチドを選び注射することで、免疫細胞にがん細胞を認識【免疫細胞の先端にも細胞のアンテナ「糖鎖」がん細胞の先端にもアンテナ「糖鎖」・・・・情報や本舗】させ攻撃するという治療法だ。

Photo_3

県庁での会見に出席した久留米市の江藤守国市長は文科省の委託事業採択を受け「われわれのプロジェクトに大きな弾みがつく。将来的には世界から治療に来るような都市になれば素晴らしい」と期待を込めた。

               =2009/07/08付 西日本新聞朝刊=より

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Photo_4

久留米大学(福岡県久留米市)と関西医科大学付属枚方病院(枚方市)との共同で、膵臓がん≪膵臓がんは発見時には手術できないことが多く、放射線・化学療法の効果も十分ではなく、一年生存率は10-15%≫ がんの中でも難敵の1つとされている≫に対するワクチン療法開発に取り組んでいます

このがんワクチンは久留米大学の伊東恭悟教授らが開発した「テーラーメード型ワクチン」。がんの目印となるたんぱく質の断片(ペプチド)約70種類の中から、患者の血液検査で、反応性の高い4種類を皮下注射する。これによって、患者のがんに対する免疫力を高め、腫瘍(しゅよう)を攻撃させる。患者ごとに投与するペプチドが異なるため、「テーラーメード型」と呼ばれる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪がんペプチドワクチン療法ー④≫≪もう一つの自家がんワクチン療法!≫

02
     知って!ガッテン糖鎖情報や本舗

Aaaaa■2011年自家がんワクチンの開発会社セルメディシンはHOMEサイトで⇒自家がんワクチンとがんペプチドワクチンは同じものと混同している方が多くいると、自家がんワクチンは患者自身の体の一部だったがん組織そのものが原料で、がんペプチドワクチンは化学合成品であるペプチドが原料で、“はっきりと違うものである”と言及している


下記画像は⇒自身のがん組織が残っていれば可能だと言うコチラの療法!上の画像は「自家がんワクチン療法」によって回復過程にあることが見られます

02_2

Photo

■【自家がんワクチン療法】の図解と動画で見られる≪コチラ動画!≫


Photo_2 ←【ノーベル化学賞の「野依良治博士」】

2001年に「ノーベル化学賞を受賞している「野依良治」博士が理事長を務める文部科学省が所管する独立行政法人で、かつ、日本で唯一の自然科学の総合研究所【ご存知でした?】この理化学研究所から巣立った企業でセルメディシン(本社・茨城県つくば市)の技術により、現在既に「自家がんワクチン療法」と言う免疫療法が保険適用外の自由診療【全額患者様負担】ではありますが、全国の各病院で始まっています!「自家ガンワクチン」治療にかかる費用は、現在150万円で、投与は1回きりが基本だそうです

最新サイト!】 自家ガンワクチン療法(詳細)≫【コチラ

Photo_6


この自家がんワクチン療法での免疫細胞=キラーT細胞に異物(抗原)として認識させる必要があります、このことに「糖鎖」が関割っていると!ノーベル賞受賞の「田中耕一」さんの在籍している 、島津製作所のウェッブの【糖鎖研究開発の背景】に次のように書き込みがあったからなんですが、

Photo_2⇒【画面クリックで拡大

「・・・糖鎖はがんの発生や転移などのメカニズムに影響を与えることが最近の研究によって明らかに・・・」 「・・・・タンパク質の正確な同定と詳細な構造解析を行うことができます・・・・・」「・・・・・一方、タンパク質の一種であるヒトの抗体を利用した抗体医薬品の研究も急ピッチで進められています。抗体医薬品は病気に関わる特定のタンパク質を標的分子として治療を行うため、副作用が少なく効果も高いとして、がんやリウマチなどの新しい治療法として脚光を浴びています・・・・」

≪拡大画像の実写が下記にある・・・「Tキラー細胞が、がん細胞にグラニュール(ドリルで穴あけ)パーフォリンを打ち込みがん細胞を攻撃している原子顕微鏡による映像写真である≫

3253


香川大学生命研究センターのウェッブでの書き込みです!⇒≪糖鎖は細胞表面に存在し、糖鎖結合タンパク質がこれを認識することにより、免疫細胞の活性化や、ウィルス・細菌感染に深く関与しています・・・≫と


Fig_1_1b■2000年に総理官邸会議の議題に「糖鎖」が!その時の配布資料
上記画像の拡大画像⇒【コチラ】産総研

Photo_5


糖鎖の研究進む中で、糖鎖と免疫は切っても切れない関係にあることがわかってきました、免疫システムを総合的にコントローしていて、糖鎖が認識の働きをしているのですから、補完栄養としての糖質栄養の必要性も認識していただきたいものです!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2009


■最新⇒■≪がんペプチドワクチン療法のすべて!≫⇒【1】から【11】まで⇒【カテゴリー


Photo_7

6月10日の総力報道で反響を呼んだ「がんペプチドワクチン」!と言うのも,4月にNHK教育のサイエンスゼロで放映された「がんペプチドワクチン」の書き込みをしていたことから総力報道」=TBSの特番終了後!情報や本舗の「がんペプチドワクチン」の書きこみに数時間の間に1.000件を超えるアクセスがありビックリしていましたが?

がんペプチドワクチンの研究開発での東京医科学研究所を中心とする60を超える大学医学部の研究が功を奏しそうですね!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪がんペプチドワクチン療法③≫≪新聞記事≫≪ワクチン療法の詳細!≫

Photo_2≪産経新聞ニュース≫】謎解けた丸山ワクチン

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Man_newspaper_2

昨年の【読売新聞】(2008年12月4日)に来春から大学病院内に「がんワクチン外来」を設置し、全国初のがん患者らへのワクチン療法を始めると発表記事があり、今年、国内初「がんワクチン外来」開設に2時間で1700人が殺到した久留米大学医学部での「がんペプチドワクチン療法」の記事が【J-CASTニュース 】(2009年4月2日)の二つのニュース記事に「ワクチン療法」の詳細がありましたので書きこみ!

Img_buy_1_01_3■【久留米大病院外来での療法とは!】


補足:1700人が外来に殺到したわけではなくホームページと自動応答による電話で受け付けだった!(内訳はホームページに1600人、自動応答に100人)・・・・・最新のガン情報を多くの人がインターネットから≫


Newsstand_5

■■■【讀賣新聞】

■吐き気などを催す抗がん剤などと違って副作用が少ないほか、週に1度注射するだけで入院も必要ないなど、従来の治療法に比べ患者の負担が少ない。

前立腺がん・膵臓(すいぞう)がんなどの患者500人余に対する臨床試験で安全性を確認。延命効果が得られた患者も多かったとして、がんワクチン外来の新設を決めた。患者には少なくとも計6回、ワクチンを投与する

Pep51

ペプチドワクチンは医薬品として国の承認を得ていないため、公的医療保険を使えないが、患者の治療費を数十万円(6回分)に抑え、残りは大学側で負担する方針。 5年以内の医薬品承認を目指している。

国内初の外来開設の久留米大学(福岡県久留米市)の薬師寺道明学長は「どの治療からも見放された『がん難民』と言われる患者への治療法を考えてきた。患者に『第4の選択肢』ができたのではないか」

■■■【J-CASTニュース

■治療は週に1回注射を打ち、6週連続で行う。注射を打った後は帰宅できる。

02

■かかる費用はおよそ60万円弱にものぼる。保険が効かないので患者には大きな負担だ。【6回ですから¥3.600.000!現在は臨床試験でしょうから、大学側が負担するのでしょうね?】

効果については、「腫瘍の縮小がみられるのは、ごくごく稀で、効果としては認められていません

■ただ、免疫反応が増強するのは確実であること、一部の患者については生存期間が延長するといった効果が見受けられます」

Photo_12⇒【ガン細胞】

■ただ、がんワクチンの利点は副作用が少ないことで、他の治療法を組み合わせた利用が期待されている。

≪がんペプチドワクチン療法≫②で東京大学医科学研究所の「中村祐輔教授のビデオ紹介している【講演】をご覧くさい!・・・・・映写機の画像のところ

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ここからは上記とは関連の無いとは云えない!・・・ガンに関するブログ情報

Photo_3

上記のビデオの冒頭でも中村教授は「免疫療法と言うと、なんとなく先生方は胡散臭い療法だと思われがち・・・・・」とお話されていますが!
ここに虎の病院で病理専門医として28年間在職されていた「遠藤雄三」先生が”大和薬品のコラムに無学無知の私にも分かりやすく、またためになるお話を書かれています!

そのコラム⇒クリック!【炎症と免疫】・・・病理専門医からみた一人ひとりのガン戦略とのサブタイトルで、コチラもテーラーメードのお話では?前シリーズでは”・・・・生体に対する糖鎖による免疫賦活作用については無数の研究結果が検証されていて、丸山ワクチンの「アラビノマンナン」大和薬品「アラビノキシラン」マナテックの「アラビノガラクタン」など免疫賦活作用が証明されています・・・・」とコメントしていました

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo_16

「…人間の体は、それを構成している一つ一つの細胞が正常なバランスを取っていれば病気にならない。また、細胞を正常に働けるようにしてやれば、病気は治る。 細胞に栄養を与えることが、これからの新しい医学である。」

Side_ttl_3お問い合わせ】⇒ 【コチラ】

「…病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の修復能力である。それを のに最も大切なものは、食べ物に含まれる栄養素である…」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

≪アンビットのQ&A≫ | ≪アンビット・エナジーについて動画で・・・≫ | ≪アンビット・エネルギー(Ambit Energy)≫     | ≪アンビット概要ビデオ≫ | ≪シグナムの美肌効果≫ | ≪リディア・コーLPGA≫ | ≪脳内活性サプリ≫ | ≪脳内活性サプリ・Q&A≫ | ≪INK.500ーランキング≫ | ≪PP2A≫ | ≪PP2A&TAU(タウ)≫ | ≪SIG-1012(高レベル分子)≫ | ≪Signum Biosciences≫ | ≪WEBでの取り扱い説明≫ | ≪WEB登録をWEB動画で≫ | 【24時間テレビ】 | 【お知らせ】 | 【がん・ガン・癌・】 | 【がん情報・・・テレビ番組】 | 【がん情報・・・新聞・雑誌】 | 【ねこ:ネコ・猫が三昧】 | 【やってTRY!やって渡来!】 | 【アスリート・・・・プロスポーツ選手】 | 【アセア=ASEA】 | 【アルツハイマーと認知症】 | 【インフルエンザ対策】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【コーヒーと医療】 | 【スクリプス研究所】 | 【スーパーボウルのCM】 | 【スーパーボウル・ハーフタイム】 | 【ダウン症候群】 | 【トランス脂肪酸】 | 【ノーベル賞・レガシー認定】 | 【パンデミック対策】 | 【ファイターズガール】 | 【ベン・カーソン】 | 【マクガバン・レポート】 | 【マグロ・・・アンブロ | 【レスベラトロールと長寿】 | 【中村天風】 | 【伝説のスピーチ】 | 【偶然の発明・偶然の発見】 | 【免疫・ハーブ】 | 【再生医療】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医学・医療】 | 【原理・原則・法則】 | 【反魂丹・万金反】 | 【古事記にまつわる話】 | 【地震・津波・未曾有の災害】 | 【大原麗子・・・ギラン・バレー症候群】 | 【妊娠中の食べ物=りんご】 | 【子供の脳の栄養素=DHA】 | 【子宮頸がんワクチン】 | 【宇宙と医学】 | 【幹細胞・再生医療】 | 【心温まる・癒される】 | 【抗加齢・寿命・延命】 | 【文明開化】 | 【本・書籍・BOOK】 | 【本当?それとも嘘なの?】 | 【植物コレステロール】 | 【植物・・・草・花・葉・茎・根】 | 【歴史における出来事】 | 【母乳・・・邪馬台国・卑弥呼】 | 【母乳・母乳育児】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵と火星探査写真】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【知っててお得情報】 | 【科学の粋】 | 【米国立がん研究所】 | 【糖質栄養素その有用性】 | 【糖鎖】 | 【糖鎖と免疫細胞】 | 【糖鎖による臨床】 | 【糖鎖の栄養素】 | 【糖鎖・その応答反応】 | 【細胞の最新情報】 | 【脳内活性】 | 【脳梗塞と再生医療】 | 【自閉症・ADHD】 | 【自閉症・ADHD・他動症・・・】 | 【著名人・有名人・芸能人】 | 【遠位型ミオパチー・・・難病】 | 【雑学・耳学・よもやま話】 | 【顕微鏡・双眼鏡・望遠鏡】 | 【食・栄養・サプリ】 | 【DNAテスト】 | 【ISC細胞・細胞再生】