【コーヒーと医療】

≪情報や本舗≫≪C型肝炎患者≫≪コーヒーで!≫≪疾患の進行を遅らせる≫パート②

Photo

Photo_4【メルアド】ここをクリック!

                   □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


コーヒーを飲んでいる人は肝臓がんの死亡率<が低いという疫学的研究結果が日本や欧米の研究グループから多数報告された

Photo_2


、コーヒー摂取と肝臓がん発症リスクとの関連について検討した10件の研究(肝臓がん患者2,260例)のメタ解析を行った結果が2007年にイタリアの研究グループから報告されています。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ≪画像の解説≫


図:C型肝炎ウイルスの持続感染により、肝細胞の壊死と炎症が起こり、次第に肝臓の線維化(結合組織の増殖)が進行して肝硬変になり、さらに肝臓がんが発生する≫


Ffa5041435fe9d8eb519b648f2b5ec9a【画像をクリックして下さい!】


コーヒーを多く飲むとC型慢性肝炎の進行や肝臓がんの発生が抑制される【進行速度が遅くなる】ことが報告されている、


■画像&もっと詳しくは⇒コチラのサイトから

パート①でも書き込みのコーヒーに含まれる「アラビノガラクタン」や「アラビノマンナン」に由来する多糖類やオリゴ糖類が作用するのではないかと考えられません?


Photo_3

コーヒー豆に10%以上含まれるアラビノガラクタン、このアラビノガラクタンの腸内細菌の増殖に対する影響、それは特定のビフィズス菌を増殖させる効果があることを発見しましたと(この成果は日本食品微生物学会で論文にて報告しています)
Photo

補完栄養素に含有の西洋カラマツ由来の「アラガラクタン」!が腸管でシッカリと腸内細菌によって分解吸収されていると「スクリプス研究所で証明されたことも改めて特筆しておきます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪C型肝炎患者≫≪疾患の進行を?≫≪コーヒーで遅らせる≫パート①

                 
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Barner_4

Photo_4【メルアド】ここをクリック!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2009oct29hhno1

2008年5月に【膵臓ガンのリスクを「コーヒー」が!=大腸ガン&肝ガンも?=】2002年頃からコーヒーを飲むと血糖値を正常に保つインスリンの働きが活発になる?と書き込みをしていましたが、つい先週の29日に今度は>「コーヒーを飲むと、慢性C型肝炎患者の疾患の進行を遅らせることが新しい研究により判明した!」とアメリカの医学誌「Hepatology(肝臓学)」11月号に掲載されました(2009.10.29掲載)

Photo

米国疾病管理予防センター(CDC)によると、米国で300万人以上(世界人口の2.2%)がHCVに感染している。米国ではHCVが肝移植の主要な原因となっており、毎年8,000~10,000人が死亡しているそうです


この研究では、患者766人を対象に、コーヒー、緑茶および紅茶の摂取についてたずねるとともに、3カ月ごとの診察を約4年間実施したほか、18カ月目と3.5年目に生検を行い肝疾患の進行を調べた。その結果、1日に3杯以上コーヒーを飲む患者は、コーヒーを飲まない患者に比べ肝疾患の進行がみられる確率が53%低かった・・・と!この詳細は⇒【HealthDay News より】

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


Data

どうしてコーヒーが、このような疾患に対してガンのリスクを軽減したり、疾病の進行を遅らせるのか当ブログの【膵臓ガンのリスクを「コーヒー」が・・・】でも書き込みしましたが!コーヒーに含まれる「アラビノガラクタン」や「アラビノマンナン」に由来する多糖類オリゴ糖類が作用するのではないかと考えられません?。今でも多くのがん患者が使用している「丸山ワクチン(SSM)」の有効成分が「アラビノマンナン」です


Photo_2

生体に対する糖鎖による免疫賦活作用については無数の研究結果が検証されています。大和薬品のバイオブランのアラビノキシランという糖鎖、丸山ワクチンのアラビノマンナン、牛結核菌(BCG)のアラビノガラクタン、そしてこのブログで再三紹介の「糖質栄養素」の開発会社の製品に含まれるアラビノガラクタンなどは免疫賦活作用が証明されています

コーヒー・免疫賦活剤と言えば、”UCC”の上島コーヒーが2006年に技術開発発表をしていました⇒【ここをクリック!また「免疫賦活剤とその製造方法」で特許出願も同時にしていましたコーヒー抽出物がアラビノガラクタンを含有する抽出物である免疫賦活剤であるこの免疫賦活活性が、マクロファージなどの免疫担当細胞の増殖促進に由来することを特徴とする⇒【詳細はコチラ!】

Photo_3

ここからの2007年12月のUCC上島コーヒーが神戸大学との共同研究発表「コーヒー豆由来アラビノガラクタンビフィズス菌増殖効果を発見!」多糖類コンプレックスに含有の西洋カラマツ由来「アラビノガラクタン」が腸管でシッカリと腸内細菌によって分解吸収されていると「スクリプス研究所で証明されたことと非常に関連する発表だったのではないでしょうかね?

Photo_4

コーヒー豆に10%以上含まれる水溶性多糖類の一種であるアラビノガラクタン、このコーヒー豆由来の多糖類の生物活性については今までほとんど明らかにされていなかったのですが、今回、アラビノガラクタンについて注目し、アラビノガラクタンの腸内細菌の増殖に対する影響、それは特定のビフィズス菌を増殖させる効果があることを発見しましたと(この成果は日本食品微生物学会で論文にて報告しています)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

Clarity- 2D Research System | ≪Lexi Boling-雑誌ヴォーグ≫ | ≪OcciGabi=オチガビ≫ | ≪YouEconomy=ユーエコノミー≫ | ≪アルツハイマー病創薬研究財団(ADDF)≫ | ≪アンチエイジング≫ | ≪シグナムの美肌効果≫ | ≪リディア・コーLPGA≫ | ≪脳内活性サプリ≫ | ≪脳内活性サプリ・Q&A≫ | ≪INK.500ーランキング≫ | ≪JAPAN OPEN≫ | ≪PP2A≫ | ≪PP2A&TAU(タウ)≫ | ≪SIG-1012(高レベル分子)≫ | ≪Signum Biosciences≫ | ≪WEBでの取り扱い説明≫ | ≪WEB登録をWEB動画で≫ | 【24時間テレビ】 | 【お知らせ】 | 【がん・ガン・癌・】 | 【がん情報・・・テレビ番組】 | 【がん情報・・・新聞・雑誌】 | 【ねこ:ネコ・猫が三昧】 | 【やってTRY!やって渡来!】 | 【アスリート・・・・プロスポーツ選手】 | 【アセア=ASEA】 | 【アルツハイマーと認知症】 | 【インフルエンザ対策】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【コーヒーと医療】 | 【スクリプス研究所】 | 【スーパーボウルのCM】 | 【スーパーボウル・ハーフタイム】 | 【ダウン症候群】 | 【トランス脂肪酸】 | 【ノーベル賞・レガシー認定】 | 【パンデミック対策】 | 【ファイターズガール】 | 【ベン・カーソン】 | 【マクガバン・レポート】 | 【マグロ・・・アンブロ | 【レスベラトロールと長寿】 | 【中村天風】 | 【伝説のスピーチ】 | 【偶然の発明・偶然の発見】 | 【免疫・ハーブ】 | 【再生医療】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医学・医療】 | 【原理・原則・法則】 | 【反魂丹・万金反】 | 【古事記にまつわる話】 | 【地震・津波・未曾有の災害】 | 【大原麗子・・・ギラン・バレー症候群】 | 【妊娠中の食べ物=りんご】 | 【子供の脳の栄養素=DHA】 | 【子宮頸がんワクチン】 | 【宇宙と医学】 | 【幹細胞・再生医療】 | 【心温まる・癒される】 | 【抗加齢・寿命・延命】 | 【文明開化】 | 【本・書籍・BOOK】 | 【本当?それとも嘘なの?】 | 【植物コレステロール】 | 【植物・・・草・花・葉・茎・根】 | 【歴史における出来事】 | 【母乳・・・邪馬台国・卑弥呼】 | 【母乳・母乳育児】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵と火星探査写真】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【知っててお得情報】 | 【科学の粋】 | 【米国立がん研究所】 | 【糖質栄養素その有用性】 | 【糖鎖】 | 【糖鎖と免疫細胞】 | 【糖鎖による臨床】 | 【糖鎖の栄養素】 | 【糖鎖・その応答反応】 | 【細胞の最新情報】 | 【脳内活性】 | 【脳梗塞と再生医療】 | 【自閉症・ADHD】 | 【自閉症・ADHD・他動症・・・】 | 【著名人・有名人・芸能人】 | 【遠位型ミオパチー・・・難病】 | 【雑学・耳学・よもやま話】 | 【顕微鏡・双眼鏡・望遠鏡】 | 【食・栄養・サプリ】 | 【DNAテスト】 | 【ISC細胞・細胞再生】