≪Signum Biosciences≫

≪情報や本舗≫≪SIG-1012≫≪シグナムバイオサイエンス社≫≪ グラクソ・スミスクライン」社≫

Photo現在進行中で、記載記事の整理中につき、右カテゴリーにアップの一部記載記事は情報や本舗の金庫に保管しました・・・

Maintenance

■待ちきれない方は個別対応させて頂きますので、ご連絡ください・・・


Images_8お問い合わせ】⇒ 【コチラ】

9233_n

Continue reading "≪情報や本舗≫≪SIG-1012≫≪シグナムバイオサイエンス社≫≪ グラクソ・スミスクライン」社≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ダニエルGエーメン博士With EHT≫≪SIG-1012≫≪シグナム社のジェフリーストック博士≫

Photo現在進行中で、記載記事の整理中につき、右カテゴリーにアップの一部記載記事は情報や本舗の金庫に保管しました・・・

Maintenance

■待ちきれない方は個別対応させて頂きますので、ご連絡ください・・・


Images_8お問い合わせ】⇒ 【コチラ】

9233_n

Continue reading "≪情報や本舗≫≪ダニエルGエーメン博士With EHT≫≪SIG-1012≫≪シグナム社のジェフリーストック博士≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪シグナム・バイオサイエンス社≫≪ホームページ≫≪SIG-1273≫

Photo現在進行中で、記載記事の整理中につき、右カテゴリーにアップの一部記載記事は情報や本舗の金庫に保管しました・・・

Maintenance

■待ちきれない方は個別対応させて頂きますので、ご連絡ください・・・


Images_8お問い合わせ】⇒ 【コチラ】

9233_n

Continue reading "≪情報や本舗≫≪シグナム・バイオサイエンス社≫≪ホームページ≫≪SIG-1273≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪シグナムバイオサイエンス社≫

シグナムバイオサイエンス社は民間ベースのバイオテクノロジー企業です

老化に伴う疾患に効果的で革新的かつ経済的な予防医薬品を取得するために研究開発を重ねている会社です

タンパク質研究開発のネットワークを通じて、その生物学的システムをコントロールして、アルツハイマー病、パーキンソン病、関節炎、ガン、心血管疾患、おゆび他の神経変性疾患といった様々な皮膚の状態を調べて、それらの治療候補となるべきものを開発して、提供しているのです

同社はまた認識能力、認知能力に知力、そして心臓保護、抗糖尿病、抗ガン、スポーツパフォーマンスのためにシグナム社がもつコーヒー抽出物からの高レベル分子SIGー1012を提供してます


この事でバイオテクノロジー企業であるシグナムバイオサイエンス社は、シグナル伝達の不均衡を調整するために少分子治療薬の開発を進めています

シグナム社はまた、この取得した特許に基づき、慢性的神経変性疾患(アルツハイマーなど)、炎症性疾患(脳震とう等)に対する脂質のシグナル伝達の変調器(STMS)を開発しています

シグナム社のSTM技術、アルツハイマー病に有望な新しいアプローチは、プリンストン大学の高等研究所でシグナル伝達の研究を続けてきた、シグナム社の共同設立者でもあるジェフリー・ストック教授

STMSはPP2Aが侵害された場合、マスター調節タンパク質を活性化、神経細胞死と認知機能低下につながるシグナル伝達の不均衡を生成する事ができます

プリンストン大学と共同でシグナムバイオサイエンス社の研究者たちは、コーヒーから分離された生理活性分子の混合物を発見しました

この混合物は脳を強化しサポートする事で堅牢で健全なニューロンの接続を維持する事によって機能します

()


アルツハイマー病の創薬基金(ADDF)はこうした、シグナム社の小分子、疾患修復など、経口送達が可能な調節機能を果たすプロテインホスファターセ2A=リンタンパク質ホスファターセ(PP2A)という調節化合物を評価し、評価するためにシグナムバイオサイエンス社にアルツハイマー病の治療薬への研究開発に役立てることで、27万ドル(2700万円)の助成金を提供しています

()


他にも、映画バック・トゥ・ザ・フューチャーで主演のマイケルJフォックスがパーキンソン病に罹り自らこの病のためのマイケルJフォックス財団は一億円近い資金提供をしていますそしてアルツハイマー病財団とこの二つの財団の貢献があったからこそ20年以上の研究のすべてが製品化を可能にしたのではないでしょうか


製品化された製品は
MEsportsUSAmeの科学者によって販売されていました

この製品の恩恵を受ける多くの人々の存在を聴くに及び、ネリウムインターナショナル社はプリンストン大学研究所と提携しているシグナムバイオサイエンス社の科学者から事実を入手し、シグナム社と提携して、昨年の4月にこの製品の独占契約を結び、販売し始めたのてすね

科学者から得た事実とは、過去10年の間にプリンストン大学との提携によって得た複数の特許による組み合わせで、シグナムバイオサイエンス社は、革新的・科学的な戦略から製品化した高品質でかつ安全性の高い(EHT)をネリウムインターナショナル社の販売ルートに乗せたのです

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪シグナム・バイオサイエンス社≫≪提携会社とパートナーズ会社≫

45


シグナム・バイオサイエンス社は、自社のプログラムを進め、プラットフォームの科学的根拠を進める大手研究者や研究機関の数との生産コラボレーションを持っています。

___________________________________

≪研究開発協力団体組織≫
___________________________________

20140815102308_rlogo6【ドナルドC.ロー、博士、デューク大学】


ドナルドC.ロー博士(Donald C. Lo, Ph. D., Duke University)がデューク大学の創薬のためのセンターの共同ディレクターです。彼の研究は、神経変性疾患に対する新規治療薬の同定に基本的な神経科学の研究を翻訳に焦点を当てています。無傷の神経組織で高含有量スクリーニング技術の応用は、ハンチントン病、アルツハイマー病やパーキンソン病の分野での研究開発の礎を形成しています。

20140827135300_nyinstitutebasicrese【発達障害の基礎研究のニューヨーク州立大学】


発達障害の基礎研究のためNY州立大学、イクバル博士の研究室では、様々な速度とマウスにおける当社のSTMの影響を模索している「ハリド・イクバル」博士(Khalid Iqbal, PhD)がいます、アルツハイマー神経原線維変性教授兼会長、神経化学部門のパイオニアと共同でアルツハイマー病でのモデル。

20141027095400_rwj【ロバート・ウッド・ジョンソン・メディカル・スクール】


MD、ラトガース(M. Maral Mouradian)博士ーロバート・ウッド・ジョンソンメディカルスクール -は、神経学と神経変性とNeuroimmunologic疾患のセンターのディレクターのウィリアム・ダウ・ラヴェットの教授です。彼女は、「神経治療」のための編集長に選ばれましたし、ラトガース博士の研究では、パーキンソン病の分子病態に焦点を当て、この病気の治療のための重要な治療薬の開発につながった大規模な経歴をたどります。

Images_14【プリンストン大学】

ジェフリー・ストック博士(Jeffry Stock, Ph. D)の分子生物学部門の研究室があり、シグナム社との広範な継続的な相互作用を持っています。シグナム社はストック博士の研究室から、その基礎PP2AとAFC技術のライセンスを取得し、彼の研究室では、これらのシステムの基礎となる生化学を解明する基礎研究を行うことを続けています。博士株式の研究室は、シグナム社の活性剤のいくつかの様々な洗練されたテストを実行することができて、知識と専門知識の源であり続けています。
___________________________________

≪リサーチ・パートナーズ≫
___________________________________

シグナム社は、科学の重要な進歩を可能にし、その重要性を検証している連邦政府の研究基盤ソースからの助成金を受けています


20140815102408_rlogo5【アンガスC.ナリン博士(Angus C. Narin, Ph. D.),エール大学】

ナリン博士はエール大学で薬理学教授で、また精神医学のチャールズ・BGマーフィーの教授です。博士は、プロテインキナーゼおよびホスファターゼの構造と機能の専門家です。彼の特定の興味は、パーキンソン病、統合失調症やADHDなどの神経学的状態の広い範囲に影響を持つドーパミン作動性(dopamineric)シグナル伝達の周りに集中してきました。


20140827135208_nih【国立衛生研究所(NIH)】

国立衛生研究所(NIH)は、合衆国で最も古い医学研究の拠点機関です。保健社会福祉の米国部の官公庁であり、生物医学や健康関連の研究を担当する米国政府の主要機関です。

___________________________________

≪コー​​ポレート・パートナーズ≫
___________________________________


Images_37【ネリウム・INTERNATIONAL、LLC】

nerium_international www.nerium.com

アディソン、テキサス州に本社を置くネリウム・インターナショナル・LLCは、科学によって検証画期的な製品を販売関係のマーケティング会社です。2011年8月の発売以来、ネリウム社は、記録破りの売上に達していると道に沿って消費者の数百万人のファンを構築しながら、業界の賞賛を獲得しました。

集団の業界での経験の200年以上で受賞歴のある経営陣が率いる、ネリウム社は、本物の科学に根ざしているアンチエイジング製品を開発し、配布することをコミットして実際の結果となり、消費者の生活が改善されています。私たちのパートナーシップは、ネリウム・インターナショナル社の戦略目標とシグナム社の技術と研究能力を利用して開発する将来の製品に貢献します。私たちは、生産性、長期的な関係をとても楽しみにしています。

20140827143718_rohto【ロート製薬株式会社】

http://www.rohto.co.jp/

ロート製薬は、スキンケア、目のケア、および経口薬を含む製品の広い範囲を製造・販売している日本の会社です。大阪に本社を置き、ロート製薬は彼らに日本の消費者市場での幅広い範囲を与え、子会社20社及び関連会社5社を持っています。

私たちは共同で、新しいアプリケーションや製品を開発し、ロート製薬のRVK(リサーチビレッジ京都)施設との研究パートナーシップを固化します。シグナム社の技術の商業、事業の発展と市場の焦点を強化しながら私たちのパートナーシップは、ロート製薬の戦略的目標に貢献していきます。私たちは、生産性と長期的な関係をとても楽しみにしています。

Continue reading "≪情報や本舗≫≪シグナム・バイオサイエンス社≫≪提携会社とパートナーズ会社≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

Clarity- 2D Research System | ≪Lexi Boling-雑誌ヴォーグ≫ | ≪OcciGabi=オチガビ≫ | ≪YouEconomy=ユーエコノミー≫ | ≪アルツハイマー病創薬研究財団(ADDF)≫ | ≪アンチエイジング≫ | ≪シグナムの美肌効果≫ | ≪リディア・コーLPGA≫ | ≪脳内活性サプリ≫ | ≪脳内活性サプリ・Q&A≫ | ≪INK.500ーランキング≫ | ≪JAPAN OPEN≫ | ≪PP2A≫ | ≪PP2A&TAU(タウ)≫ | ≪SIG-1012(高レベル分子)≫ | ≪Signum Biosciences≫ | ≪WEBでの取り扱い説明≫ | ≪WEB登録をWEB動画で≫ | 【24時間テレビ】 | 【お知らせ】 | 【がん・ガン・癌・】 | 【がん情報・・・テレビ番組】 | 【がん情報・・・新聞・雑誌】 | 【ねこ:ネコ・猫が三昧】 | 【やってTRY!やって渡来!】 | 【アスリート・・・・プロスポーツ選手】 | 【アセア=ASEA】 | 【アルツハイマーと認知症】 | 【インフルエンザ対策】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【コーヒーと医療】 | 【スクリプス研究所】 | 【スーパーボウルのCM】 | 【スーパーボウル・ハーフタイム】 | 【ダウン症候群】 | 【トランス脂肪酸】 | 【ノーベル賞・レガシー認定】 | 【パンデミック対策】 | 【ファイターズガール】 | 【ベン・カーソン】 | 【マクガバン・レポート】 | 【マグロ・・・アンブロ | 【レスベラトロールと長寿】 | 【中村天風】 | 【伝説のスピーチ】 | 【偶然の発明・偶然の発見】 | 【免疫・ハーブ】 | 【再生医療】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医学・医療】 | 【原理・原則・法則】 | 【反魂丹・万金反】 | 【古事記にまつわる話】 | 【地震・津波・未曾有の災害】 | 【大原麗子・・・ギラン・バレー症候群】 | 【妊娠中の食べ物=りんご】 | 【子供の脳の栄養素=DHA】 | 【子宮頸がんワクチン】 | 【宇宙と医学】 | 【幹細胞・再生医療】 | 【心温まる・癒される】 | 【抗加齢・寿命・延命】 | 【文明開化】 | 【本・書籍・BOOK】 | 【本当?それとも嘘なの?】 | 【植物コレステロール】 | 【植物・・・草・花・葉・茎・根】 | 【歴史における出来事】 | 【母乳・・・邪馬台国・卑弥呼】 | 【母乳・母乳育児】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵と火星探査写真】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【知っててお得情報】 | 【科学の粋】 | 【米国立がん研究所】 | 【糖質栄養素その有用性】 | 【糖鎖】 | 【糖鎖と免疫細胞】 | 【糖鎖による臨床】 | 【糖鎖の栄養素】 | 【糖鎖・その応答反応】 | 【細胞の最新情報】 | 【脳内活性】 | 【脳梗塞と再生医療】 | 【自閉症・ADHD】 | 【自閉症・ADHD・他動症・・・】 | 【著名人・有名人・芸能人】 | 【遠位型ミオパチー・・・難病】 | 【雑学・耳学・よもやま話】 | 【顕微鏡・双眼鏡・望遠鏡】 | 【食・栄養・サプリ】 | 【DNAテスト】 | 【ISC細胞・細胞再生】