【浮世絵】

≪モネ&ドガ&ゴッホ&ロートレック&パウル・クレー&エミール・ガレなどに影響を与えた浮世絵≫≪情報や本舗≫

 

Photo_20190717054201

浮世絵が世界的に知られることになったきっかけは、明治時代に入って大量の浮世絵版画が欧米に流出したことにあった 浮世絵師も喜多川歌麿・喜多川広重(かつては安藤)・葛飾北斎・歌川国芳・菱川師宣・東洲斎写楽・歌川国貞・鈴木春信など数々の絵師による斬新な構図や色彩表現が欧州の画家やコレクターを驚かせる

 

その中で、北斎には極めて特殊な流出品があった それは『北斎漫画』であって すなわち画家が絵を描くための「絵手本」手本としてたくさんのモチーフを載せた全15編の画集で こっれはジャンルとして浮世絵ではないます

Images-7_3 この「北斎漫画」が15巻

 

モネやドガ、ゴッホ、ロートレックなどフランス印象派とその周辺の画家から、スイスとドイツで活動したパウル・クレーや北欧の画家、さらにはエミール・ガレのガラス工芸に至るまで、さまざまな影響を多くの実物や資料の比較展示によって知ることができます

P1

P3

ドガは、相撲の力士が腰に手を当てた『北斎漫画』のポーズを、自身の主要なモチーフである踊り子の描写の中で表現している。

(左)葛飾北斎『北斎漫画』十一編[部分](刊年不詳、浦上蒼穹堂)
(右)エドガー・ドガ《踊り子たち、ピンクと緑》(1894年、パステル、紙[ボード裏打]、66×47cm、 吉野石膏株式会社[山形美術館寄託])

 

P4
メアリー・カサット《青い肘掛け椅子に座る少女》(1878年、油彩、カンヴァス、89.5×129.8cm、ワシントン・ナショナル・ギャラリー National Gallery of Art, Washington, Collection of Mr. and Mrs. Paul Mellon, 1983.1.18 Courtesy National Gallery of Art, Washington)

 

P5

 

Images-1_20190717054201

Hokusaidega_bath_t1000x570

557b7090efc5ab4d7c50b07cd1c331d8620x323

2f3117b3

O0450025012939201548

Jap_45

3015d098

Hk1

Photo_20190717054201    

 

 

| | Comments (0)

≪情報や本舗≫≪パスポートのデザインが刷新!≫≪葛飾北斎≫≪富嶽三十六景≫

Images_2


Can5icgi

2016年、外務省はパスポートの査証欄のページに印刷されている図柄を、海外でも人気度&話題性のある、浮世絵に変更される、

それも葛飾北斎の代表作「冨嶽三十六景」をモチーフにした新デザインに変更する方針を固めた(変更されるのは出国や入国の際にスタンプを押す査証欄のページのデザイン)

       Images    1      

外務省によると、ビザに絵が盛り込まれるのは、1866年にパスポートが発行されて以来初めてということらしい(現在は「桜」の図柄が使われている)

新パスポートは10年用が北斎の24作品、5年用が16作品を採用するのはどれか?検討した結果、世界的に知られた「富嶽三十六景」に決まった

000061793≪外務省のhオームページにこのことが記載≫
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_003309.html


表紙の変更も検討したが「シンプルさに根強い人気がある」(外務省旅券課)として引き継ぐことになった。

Images_8


葛飾北斎の代表作「冨嶽三十六景」をモチーフにした新デザインに変更する。見開きのページの全面に「冨嶽三十六景」のうち「凱風快晴(赤富士)」「江戸日本橋」などの24作品を使用する方針だという。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪いま、歌川国芳のスカイツリーが見たいから≫≪グーグルのCM≫

Photoクリック ⇒
2017年!喜多川歌麿の世界を展開!


Kuniyosi

日本よりも外国で人気の高い「歌川国芳」!その人気は海外にまで広まり、2009年にはロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツで、2010年にはニューヨークのジャパン・ソサエティー・ギャラリーで大規模な展覧会が開催!

国芳は、役者絵、風景画、武者絵、春画、美人画、風刺絵など、あらゆるジャンルで活躍し、膨大な数の作品を残している。

パワフルな武者絵やユーモラスな戯画を描き、浮世絵の常識などあるものかと、まさに破天荒といえる作品を画くことで大衆の喝采を浴びたのが歌川国芳なんです


浮世絵に「スカイツリー」が予言されてる?と話題になっていました!今年(2016年12月)グーグルGoogleのコマーシャルで取り上げられ、ますます国芳人気をあおることに!

海外でも国芳の浮世絵がクローズアップされ、再評価されて、”奇想の天才絵師”と呼ばれる由縁はこうした絵に隠された現代に通じるものが見え隠れするところが話題に・・・

それは、隅田川界隈を書いた浮世絵「東都三ツ又の図」の中に、東京スカイツリー(電波塔)を予知していたかのような“謎の塔”が、隅田川を描いた浮世絵に残されていた


      【東京新聞の掲載記事!】
C0119160_1231656

この書き込みは2015年に・・・なんとここに来て”グーグルGoogleのコマーシャルで国芳の浮世絵に見られる隅田川のの当時で言うスカイツリーが、確かに大写しをしてみてもそう見えるのだから


対岸に見える小さな橋は、当時!永代橋の北側に3つの堀?か、水路?が在り、そこに掛かっていた橋うちの1つでは?と

どうです?拡大画面にするとよく分かるでしょう、小さな橋が見つけられましたか・・・国芳が書いたと言われる場所は、今で言う 日本橋中州付近 らしい


Ad3ecb13d7a33fac6d29422275695a0f 

塔の横にある、 もう一つの背の低い塔!これは記録にもあるそうで火の見櫓 とのことです

火の見櫓の高さは、当時!10m(3丈2尺)と決まっていたそうですから、謎の塔を比較して推定すると2倍半ほど、さするに、その高さ25mになりますか

     【拡大してみるとまさに電波塔!】Img_150461_4605474_3210x300


当時は江戸城より高い建物は建ててはならなかったのだそうですから、この高さの”やぐら”は、実在しないわけで、天才絵師のなせる歴史ミステリーですね

Images【この画像は石油掘りのやぐらです】


推測の域は出ませんが、一時的に建てられた『井戸を掘る為のやぐら』ではないかと言うのが現代の有力説のようですよ?


Photo_22011年3月11日に発生した東日本大震災 このニュースサイトの日付をご覧ください・・・なんと2011年3月5日ですよ

その6日前に180年前の江戸の「井戸掘りやぐらの浮世絵が参照絵として紹介されていたのも・・・・?

Photo


当ブログでも国芳の浮世絵を≪R-16指定≫≪歌川国芳≫≪奇想の浮世絵師≫≪春画・あぶな絵・まくら絵≫で書き込みしている

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪歌川国芳≫≪奇想の浮世絵師≫≪浮世絵「・・・・・・≫≪番傘に隠された秘密!≫・・・パート②

Tokusyu01

奇想天外な浮世絵が多く、日本よりも外国で人気の高い「歌川国芳」!その人気は海外にまで広まり、2009年にはロンドンで、2010年にはニューヨークで、


2013年にはイギリスの大英博物館で浮世絵【春画だけ】を150点を一挙に大公開した、また2015年!札幌芸術の森美術館にて公開だった!(春画の出展は、無し)

国芳は、春画、美人画、役者絵、風景画、武者絵、風刺絵など、あらゆるジャンルで活躍し、膨大な数の作品を残している。

Images_123

当ブログでも国芳の浮世絵を≪R-16指定≫≪歌川国芳≫≪奇想の浮世絵師≫≪春画・あぶな絵・まくら絵≫で書き込みしている

パワフルな武者絵やユーモラスな戯画を描き、浮世絵の常識などあるものかと、まさに破天荒といえる作品が多いのですが、中に当時の絵に、21世紀に通じる不思議な謎の絵が書かれてあったり、


20111222222351e44

これから書き込む突然の雨に、てんやわんやの風物画なのか、人の持つ番傘に書かれある数字が、国芳の身に関わることでと、当時の大衆には「何の数字か?」はいざ知らず・・・【雨降りの画は、彫り師,摺り師泣かせと言われる画である】喝采を浴びたのも納得できるが、いまなお現代に、時を越えてのあるメッセージを絵に閉じ込めている?

143811737107904027179

その奇想天外の浮世絵とは!⇒「東都御厩川岸之図」で、持つ番傘に記された数字が「千八百六十一番」この数字が謎を呼んでいるのです?

激しい夕立に対岸の景色は雨にかすみ、左3人の男たちは、1つの傘に入り込んで雨をしのぎ、真ん中のうなぎ取りの猟師は、あきらめ顔での店じまい・・・

右の男は何故か3本の傘を貸す様子もなく、小脇に抱え、先を急いでいる【3本あれば全員傘で助かるのに】

143811739255497073179_2

ここで、注目してください!貸し傘【番号が振ってあるので】を小脇に抱え、貸し傘を深く差している右の男を!この男が差している傘にもこの貸し傘屋の屋号と番号が書いてあります

書かれた番号は「千八百六十一番」=(1861番)⇒この4桁の数字に途轍もない秘密が隠されていたのですと、推測しての多くの情報が・・・私もネット検索で知ったのですが

実は歌川国芳は西暦1861年に亡くなるのです!亡くなった年が、西暦「1861年」!自身のなくなる年を予想・予言したのでは?と推察したくなりませんか?

1

江戸時代に西暦をどれくらいの人が知っていたかどうか?いくら奇想天外の絵師とはいえ国芳といえども分かりません、西洋絵画の影響を強く受けた人ゆえ、西暦の概念があったかどうかも不明です。

1861年と言えば日本では、坂下門外の変・生麦事件の起きた前の年です。遠くアメリカでは、アメリカ合衆国とアメリカ連合国との間で行われた、あの南北戦争が起きた年ですから

歴史的にも世界で大変な出来事が起きている年なんですよね!歴史ミステリーも含めてこちらも推察してみませんか?・・・

Continue reading "≪情報や本舗≫≪歌川国芳≫≪奇想の浮世絵師≫≪浮世絵「・・・・・・≫≪番傘に隠された秘密!≫・・・パート②"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪歌川国芳≫≪奇想の浮世絵師≫≪浮世絵「東都三ツ又の図」≫≪スカイツリー≫・・・パート①

Tokusyu01


奇想天外な浮世絵が多く、日本よりも外国で人気の高い「歌川国芳」!その人気は海外にまで広まり、2009年にはロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツで、2010年にはニューヨークのジャパン・ソサエティー・ギャラリーで大規模な展覧会が開催!


Images_123


そして2013年秋にイギリスの大英博物館で浮世絵【春画だけ】を一挙150点を大公開した中にも「歌川国良」の浮世絵(春画・あぶな絵)!が

≪イギリスの大英博物館で浮世絵【春画=あぶな絵】を大公開!≫

2015年!春画は出展なかったが、浮世絵展示公開が現在札幌芸術の森美術館にて開催された

41hc4issegl_ac_ul320_sr226320_

国芳は、春画、美人画、役者絵、風景画、武者絵、風刺絵など、あらゆるジャンルで活躍し、膨大な数の作品を残している。

当ブログでも国芳の浮世絵を≪R-16指定≫≪歌川国芳≫≪奇想の浮世絵師≫≪春画・あぶな絵・まくら絵≫で書き込みしている


パワフルな武者絵やユーモラスな戯画を描き、浮世絵の常識などあるものかと、まさに破天荒といえる作品を画くことで大衆の喝采を浴びたのが歌川国芳なんです


      【東京新聞の掲載記事!】
C0119160_1231656


東日本大震災の前に、浮世絵に「スカイツリー」が予言されてる?と話題になりました。海外でも国芳の浮世絵がクローズアップされ、再評価されて、”奇想の天才絵師”と呼ばれ

それは、隅田川界隈を書いた浮世絵「東都三ツ又の図」の中に、東京スカイツリー(電波塔)を予知していたかのような“謎の塔”が、隅田川を描いた浮世絵に残されていた

Aa31305ba352eab503d6a89f9c533db5_2 【画面拡大!クリックしてください・・・】  

国芳が書いたと言われる場所は、今で言う 日本橋中州付近 らしい

対岸に見える小さな橋は、当時!永代橋の北側に3つの堀?か、水路?が在り、そこに掛かっていた橋うちの1つでは?と

どうです?拡大画面にするとよく分かるでしょう、小さな橋が見つけられましたか・・・


Ad3ecb13d7a33fac6d29422275695a0f 

塔の横にある、 もう一つの背の低い塔!これは記録にもあるそうで火の見櫓 とのことです

火の見櫓の高さは、当時!10m(3丈2尺)と決まっていたそうですから、謎の塔を比較して推定すると2倍半ほど、さするに、その高さ25mになりますか

     【拡大してみるとまさに電波塔!】Img_150461_4605474_3210x300


当時は江戸城より高い建物は建ててはならなかったのだそうですから、この高さの”やぐら”は、実在しないわけで、天才絵師のなせる歴史ミステリーですね

Images【この画像は石油掘りのやぐらです】


推測の域は出ませんが、一時的に建てられた『井戸を掘る為のやぐら』ではないかと言うのが現代の有力説のようですよ?


Photo_22011年3月11日に発生した東日本大震災 このニュースサイトの日付をご覧ください・・・なんと2011年3月5日ですよ

その6日前に180年前の江戸の「井戸掘りやぐらの浮世絵が参照絵として紹介されていたのも・・・・?

Photo

さてさて、歌川国芳にはもう一つ予知をしていたと思われる「東都御厩川岸之図」で人物が何げなく持っている番傘に記された「千八百六十一番」という謎の数字が、途轍もない話題を呼んでいました

Kuniyoshi003_main_2

こちらはパート②にて書き込みします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪奇想の浮世絵師=歌川国芳≫【札幌芸術の森】≪ねこの戯画≫【海外で話題騒然!人気騒沸!】≪本舗≫

Images_10_2

札幌芸術の森美術館で三大浮世絵師の一人、また無類の猫好きでも知られる「歌川国芳」展を開催している・・・(こちら有料)

http://event.hokkaido-np.co.jp/kuniyoshi/

と同時に長年のお知り合いの公益財団法人「天風会」理事長宮田興子さんのお嬢さん「椎名澄子」(彫刻家)さんの作品が美術館の中庭に11月まで展示公開されています(こちらは無料)

【北海道新聞】←クリック

Images_11_2

ユーモラスな戯画を描いて海外の喝采を浴びた「歌川国芳」!その破天荒で、常識をも覆す、驚きの画業から、”奇想の絵師”といわれている・・

美人画、武者絵、春画、役者絵、風景画、戯画(ぎが)、諷刺画(ふうしが)、いま流行の妖怪画(妖怪ウッチ)、絵文字等々浮世絵の百科事典

むかし「トラ!トラ!トラ!」という映画がありました、こちら歌川国芳の「ネコ!ネコ!ネコ!」で戯人画作品は、検索すると、あるはあるは、ドッサリ!と

Continue reading "≪奇想の浮世絵師=歌川国芳≫【札幌芸術の森】≪ねこの戯画≫【海外で話題騒然!人気騒沸!】≪本舗≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)