【浮世絵-国芳の猫三昧】

≪情報や本舗≫≪いま、歌川国芳のスカイツリーが見たいから≫≪グーグルのCM≫

Photoクリック ⇒
2017年!喜多川歌麿の世界を展開!


Kuniyosi

日本よりも外国で人気の高い「歌川国芳」!その人気は海外にまで広まり、2009年にはロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツで、2010年にはニューヨークのジャパン・ソサエティー・ギャラリーで大規模な展覧会が開催!

国芳は、役者絵、風景画、武者絵、春画、美人画、風刺絵など、あらゆるジャンルで活躍し、膨大な数の作品を残している。

パワフルな武者絵やユーモラスな戯画を描き、浮世絵の常識などあるものかと、まさに破天荒といえる作品を画くことで大衆の喝采を浴びたのが歌川国芳なんです


浮世絵に「スカイツリー」が予言されてる?と話題になっていました!今年(2016年12月)グーグルGoogleのコマーシャルで取り上げられ、ますます国芳人気をあおることに!

海外でも国芳の浮世絵がクローズアップされ、再評価されて、”奇想の天才絵師”と呼ばれる由縁はこうした絵に隠された現代に通じるものが見え隠れするところが話題に・・・

それは、隅田川界隈を書いた浮世絵「東都三ツ又の図」の中に、東京スカイツリー(電波塔)を予知していたかのような“謎の塔”が、隅田川を描いた浮世絵に残されていた


      【東京新聞の掲載記事!】
C0119160_1231656

この書き込みは2015年に・・・なんとここに来て”グーグルGoogleのコマーシャルで国芳の浮世絵に見られる隅田川のの当時で言うスカイツリーが、確かに大写しをしてみてもそう見えるのだから


対岸に見える小さな橋は、当時!永代橋の北側に3つの堀?か、水路?が在り、そこに掛かっていた橋うちの1つでは?と

どうです?拡大画面にするとよく分かるでしょう、小さな橋が見つけられましたか・・・国芳が書いたと言われる場所は、今で言う 日本橋中州付近 らしい


Ad3ecb13d7a33fac6d29422275695a0f 

塔の横にある、 もう一つの背の低い塔!これは記録にもあるそうで火の見櫓 とのことです

火の見櫓の高さは、当時!10m(3丈2尺)と決まっていたそうですから、謎の塔を比較して推定すると2倍半ほど、さするに、その高さ25mになりますか

     【拡大してみるとまさに電波塔!】Img_150461_4605474_3210x300


当時は江戸城より高い建物は建ててはならなかったのだそうですから、この高さの”やぐら”は、実在しないわけで、天才絵師のなせる歴史ミステリーですね

Images【この画像は石油掘りのやぐらです】


推測の域は出ませんが、一時的に建てられた『井戸を掘る為のやぐら』ではないかと言うのが現代の有力説のようですよ?


Photo_22011年3月11日に発生した東日本大震災 このニュースサイトの日付をご覧ください・・・なんと2011年3月5日ですよ

その6日前に180年前の江戸の「井戸掘りやぐらの浮世絵が参照絵として紹介されていたのも・・・・?

Photo


当ブログでも国芳の浮世絵を≪R-16指定≫≪歌川国芳≫≪奇想の浮世絵師≫≪春画・あぶな絵・まくら絵≫で書き込みしている

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ねこ≫≪猫≫≪ネコ≫≪歌川国芳≫

Images_39


ユーモラスな戯画を描いて海外の喝采を浴びた「歌川国芳」!その破天荒で、常識をも覆す、驚きの画業ら、”奇想の絵師”といわれている・・

美人画、武者絵、春画、役者絵、風景画、戯画(ぎが)、諷刺画(ふうしが)、いま流行の妖怪画(妖怪ウッチ?)、絵文字等々浮世絵の百科事典と幅広く


Images_11_2

中でも、いまや何度目かの「ねこのブーム!」ときては、「歌川国芳」!無類の猫好きとして有名な”ねこの浮世絵”は見過ごすわけ、聞き逃すわけにはいかないのですよ

むかし「トラ!トラ!トラ!」という映画がありました、こちら歌川国芳の「ネコ!ネコ!ネコ!」で戯人画作品は、検索すると、あるはあるは、ドッサリ!と
5d8c0076_2
現代のネズミ捕り!この絵を貼っておけば、ねずみも恐れ・おののき、寄って来ないのまじない絵らしい

Photo
捕らえたねずみを、どうしようというのか?・・・本当の書き出しは探してください

Photo_4
にゃんとも!ネコで猫の画・・・猫だらけ

Photo_5【グーグルのよく使う、動物文字も、すでに国芳さんは使っていた!驚木!桃の木!山椒の木!である】

Images
【海の向こうの当て字】 ↑ 【江戸の当て字】 ↓

Photo_6
首に舞いたる赤い布・曲がりし猫のからだも「し」の文字かたち!アルファベットも「C」のかたち

Blog_import_4d701775bd93e  Photo_7  63


Photo_8
富岳三十六景の「葛飾北斎」が描いた”たこと美女”の春画!こちら国芳の描く「たこ」・・・↓


Photo_9

Photo_11
歌川国芳さんとは同年代の歌川広重さん描いた「東海道53次」!・・・猫が"じゃれる”からでもないでしょう、洒落か?駄洒落か?チトは「おもろい」「むりもある」

    ≪猫飼好五十三疋(びょうかいこうごじゅうさんびき)≫
Photo_12

              Photo_2【画像クリックで拡大!】Photo_13

日本橋ー二本だし⇒ 品川ーしろ顔 ⇒川崎ー蒲焼き ⇒神奈川ー嗅ぐ皮 ⇒保土ヶ谷ー喉かい ⇒戸塚ーはつか(ねずみ) ⇒藤沢ーぶちさば(鯖) ⇒平塚ー育つか ⇒大磯ー重いぞ  ⇒小田原ー無駄とら


Photo_15
五十三次の出発点、お戸日本橋♪、七つ立ち!二本立ちならぬ”二本だし”・・・・・【追い出しかつおのことなのか?】


Photo_16
保土ヶ谷ーのどかい(喉がかゆいと)


Kuniyoshicats112
三島ー三毛猫で”み毛ま”は”のどかい”同様、かなり無理?

Photo_18
三島女郎衆のいる処だけに、「主(ぬし)さまなんぞ、言われてみたら本音か?嘘か?割けた尻尾も見えぬわけ

Tokusyu01
無類のねこ好きだけあって、戯画ではないが、ねこが必ず何処かにいる!

Photo_19
いいね!いいね!足でじゃらしている姿が!・・・誰だい?「わたしゃ、猫になりたい」などと

Photo_20
ねこ可愛いがりも、度を過ぎると悪さもするわい・・・

Photo_21
炬燵じゃ、暑いと、お行儀わるく・・・

Photo_22
あらぬ処に飛び込みやがって、許せぬ!許せんとばかりに・・・ならぬ堪忍、するが堪忍!

Photo_23
時にはお仕置きせにゃならぬ!・・・実はさかなを盗み食い、どうやら目黒の秋刀魚のようだ


Photo_24
おまけに子供までもが、お行儀わるく、困ったわらす子じゃ

Photo_25
わらす子も子猫も、やっと落ち着いたわい・・・・実はこの画!「源氏雲浮世画合」といって54枚からなる作品で、
『源氏物語』の巻名と和歌を記し、芝居などの役者を描いた揃物シリーズ物(今で言うブロマイド?か)で、当時のベストセラーだったそうですよ


Photo_26

        【擬人画に戻って、猫尽くし】

Images_11


Photo_27


Photo_28

【歌舞伎が猫の世界では・・・・!」


Photo_29

Photo_30

Photo_31

【男どもの間で流行したお稽古事・・・いろいろ♪・・・人生いろいろ♪】


Photo_32
浄瑠璃を教える、女のネコ師匠その着物の柄は鈴に小判、手前のネコ弟子はフカヒレ柄、奥のネコ弟子はタコの柄、どちらもネコの大好物・・・細かいところにも観る楽しみを!


Photo_33
手鞠の稽古、いろいろ♪、百態!


Photo_34
隠し画でも、何処かにあるのか?上の画にはない画像?(赤いはかまの曲芸師はとてもよく似てはいるのだが・・・のう、国芳さん!

Photo_36

Photo_37

Photo_39

【此処からは、内輪の・・・いえいえ団扇の画】

Photo_40

Photo_41

Photo_44

Photo_42


Photo_46
やはり、国芳さん!遊び心が半端でないのだろう・・・影絵ですか、この時代にねーぇ

下書きとは違う配置に?今で言う編集!校正!を

Images_14

【おまけ】
Photo_47
Photo_38

【番外!出産シーン・・・これは、珍しき画である】

Images_15_3


Images_12_3

Photo【画像検索中に「歌川国芳」の百数十年のたった今!なぜか諸外国で話題になった


国芳さんの奇想天外な発想は現代をも遠眼鏡で観えていたのか・・・?という画像が、その驚きの書き込みは、現在編集中・・・

もちろん、春画・あぶな絵・まくら絵・は歌麿!北斎に負けず、劣らず、【下記リンクから!】
Images_8_2

Photo_14≪歌川国芳≫≪奇想の浮世絵師≫≪春画・あぶな絵・まくら絵≫←【クリック!】


Continue reading "≪情報や本舗≫≪ねこ≫≪猫≫≪ネコ≫≪歌川国芳≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪歌川国芳≫≪奇想の浮世絵師≫≪浮世絵「・・・・・・≫≪番傘に隠された秘密!≫・・・パート②

Tokusyu01

奇想天外な浮世絵が多く、日本よりも外国で人気の高い「歌川国芳」!その人気は海外にまで広まり、2009年にはロンドンで、2010年にはニューヨークで、


2013年にはイギリスの大英博物館で浮世絵【春画だけ】を150点を一挙に大公開した、また2015年!札幌芸術の森美術館にて公開だった!(春画の出展は、無し)

国芳は、春画、美人画、役者絵、風景画、武者絵、風刺絵など、あらゆるジャンルで活躍し、膨大な数の作品を残している。

Images_123

当ブログでも国芳の浮世絵を≪R-16指定≫≪歌川国芳≫≪奇想の浮世絵師≫≪春画・あぶな絵・まくら絵≫で書き込みしている

パワフルな武者絵やユーモラスな戯画を描き、浮世絵の常識などあるものかと、まさに破天荒といえる作品が多いのですが、中に当時の絵に、21世紀に通じる不思議な謎の絵が書かれてあったり、


20111222222351e44

これから書き込む突然の雨に、てんやわんやの風物画なのか、人の持つ番傘に書かれある数字が、国芳の身に関わることでと、当時の大衆には「何の数字か?」はいざ知らず・・・【雨降りの画は、彫り師,摺り師泣かせと言われる画である】喝采を浴びたのも納得できるが、いまなお現代に、時を越えてのあるメッセージを絵に閉じ込めている?

143811737107904027179

その奇想天外の浮世絵とは!⇒「東都御厩川岸之図」で、持つ番傘に記された数字が「千八百六十一番」この数字が謎を呼んでいるのです?

激しい夕立に対岸の景色は雨にかすみ、左3人の男たちは、1つの傘に入り込んで雨をしのぎ、真ん中のうなぎ取りの猟師は、あきらめ顔での店じまい・・・

右の男は何故か3本の傘を貸す様子もなく、小脇に抱え、先を急いでいる【3本あれば全員傘で助かるのに】

143811739255497073179_2

ここで、注目してください!貸し傘【番号が振ってあるので】を小脇に抱え、貸し傘を深く差している右の男を!この男が差している傘にもこの貸し傘屋の屋号と番号が書いてあります

書かれた番号は「千八百六十一番」=(1861番)⇒この4桁の数字に途轍もない秘密が隠されていたのですと、推測しての多くの情報が・・・私もネット検索で知ったのですが

実は歌川国芳は西暦1861年に亡くなるのです!亡くなった年が、西暦「1861年」!自身のなくなる年を予想・予言したのでは?と推察したくなりませんか?

1

江戸時代に西暦をどれくらいの人が知っていたかどうか?いくら奇想天外の絵師とはいえ国芳といえども分かりません、西洋絵画の影響を強く受けた人ゆえ、西暦の概念があったかどうかも不明です。

1861年と言えば日本では、坂下門外の変・生麦事件の起きた前の年です。遠くアメリカでは、アメリカ合衆国とアメリカ連合国との間で行われた、あの南北戦争が起きた年ですから

歴史的にも世界で大変な出来事が起きている年なんですよね!歴史ミステリーも含めてこちらも推察してみませんか?・・・

Continue reading "≪情報や本舗≫≪歌川国芳≫≪奇想の浮世絵師≫≪浮世絵「・・・・・・≫≪番傘に隠された秘密!≫・・・パート②"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪歌川国芳≫≪浮世絵武者絵≫≪浮世絵あぶな絵≫

Tokusyu01


歌川国芳は、春画、美人画、役者絵、風景画、武者絵、風刺絵など、ありとあらゆるジャンルでの作品を残しています、ここからは、ネットで集めた国芳さんの春画を鑑賞しましょう

ただし、お断りごとが、あります武者絵の後に歌川国芳のあぶな絵があります・・・こちらは元服前の男女16歳以下にはご配慮をお願いしたく思います⇒≪R-16指定≫

3_4

国芳は幼少の頃から絵を学び、7、8歳では、多くの著名作家の武者絵を写し、12歳で描いた「鍾馗提剣図」を「歌川豊国」の目にとまり、なんと15歳で入門したそうです、その武者絵!三国志にまで及んでいる


Photo
            【剣豪・宮本無三四】


220pxeight_hundred_heroes_of_our__2
             【豪傑・自来也】

Photo_3
             【剣豪・・・・・・・】


        【源頼光・・・妖怪ウオッチ?】


Photo_4
           【歌舞伎・市川海老蔵】

Photo_11
              【豪傑・自雷也】

Photo_12
    【五条の橋・・下駄の歯で、大刀の刃渡り!牛若丸】


Kuniyoshi_5_thum
   【牛若丸ときたら、弁慶なくば片手落ち・・・若かりしむさい坊の若武者ぶり】

Photo_13
       【坂田の金時・・・マサカリ担いだ金太郎】

Kuniyoshi_13_thum
【江戸に実在した商人天竺徳兵衛が、何故か四代目鶴屋南北の歌舞伎で、ガマガエルを使役する妖術使いと?】

Mai01k321


Kuniyoshi_15_thum
【武田の軍師山本勘助が押さえ込みし、山中から雪まみれのイノシシ!】


Kuniyoshi_2_thum
【武田家勇将の一人 豊後守の勇将伝・・・この表現が150年以上も前とは!】

Kuniyoshi_9_thum
【上杉家の勇将で重臣・本庄繁長に弾が当たり、炸裂する盾の表現!同じく】


Kuniyoshi_16_thum
【猛将碓井又五郎と巨大な猿との格闘!猿の口から吐き出された炎が凄い】

Photo_9
  【通俗三国の華佗の医術で肘の切開手術を受ける関羽】

Images_6

なぜか?日本で春画は社会的にタブー視されてきた背景があって無修正のまま掲載されるようになったのは、平成になっての四半世紀に過ぎない 

          【修正というより隠しの構図!】・・・色っぽくありません

Cf0jm2ugaavxlj

Cg111aa

 【クリックで拡大!】・・・この足の描写で見えないところが、見えてきませんか!
Ce2  Cgml4   Cfaa 

春画・あぶな絵・まくら絵・笑い絵と、これは!ここまでは!と定義づけの議論は結構ですが、警察だって最近は交番は「POLICE」と書かれてある、ならいっそのこと、これら浮世絵も「SHUNGA」と、ひと括りにしてみては!

Photo

         【喜多川歌麿の「歌満くら】

Images_15


Images_13

20100503_690813


さてさて、ここからの春画の浮世絵は、昨年イギリスの大英博物館において公開された春画展と 同様に規制があります・・・16歳以下は保護者同伴といってもクリック!一つで入館できる?しからば画像クリック!はご法度ですぞ



【検索画像も同様で、お子様の目に触れぬようご配慮を願います・・・・・・】
【ここからは⇒16歳以下は保護者同伴でなければ⇒≪R-16指定≫】 

Images_9_3

0803101


       ≪国芳のSYUNGAはここより≫


Photo_2


Wahon117img600x47514198622492qgdmu8

Photo_3

Photo_6

        ≪ネット検索にて新たな画像⇒3枚の追加≫


Photo


Photo_2


Kuni_yosi

Images_18

        【思わず!ワ~ォと叫んでしまうわ・・・】


Photo_7

Photo_8

Photo_11


Photo_9_1


Photo_12


Photo_13


Photo_14

Img_04_03


Img_04_02


Img_04_01


131104shunga9_1


131104shunga9_1_3


Images_21


Images_15

まだまだ、続くよ・・・・

048_1


049


050


Photo


1


Photo_2


1_2


Photo_3


1_3


Continue reading "≪情報や本舗≫≪歌川国芳≫≪浮世絵武者絵≫≪浮世絵あぶな絵≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪奇想の浮世絵師=歌川国芳≫【札幌芸術の森】≪ねこの戯画≫【海外で話題騒然!人気騒沸!】

Images_10_2

札幌芸術の森美術館で三大浮世絵師の一人、また無類の猫好きでも知られる「歌川国芳」展を開催している・・・(こちら有料)

http://event.hokkaido-np.co.jp/kuniyoshi/

と同時に長年のお知り合いの公益財団法人「天風会」理事長宮田興子さんのお嬢さん「椎名澄子」(彫刻家)さんの作品が美術館の中庭に11月まで展示公開されています(こちらは無料)

【北海道新聞】←クリック

Images_11_2

ユーモラスな戯画を描いて海外の喝采を浴びた「歌川国芳」!その破天荒で、常識をも覆す、驚きの画業から、”奇想の絵師”といわれている・・

美人画、武者絵、春画、役者絵、風景画、戯画(ぎが)、諷刺画(ふうしが)、いま流行の妖怪画(妖怪ウッチ)、絵文字等々浮世絵の百科事典

むかし「トラ!トラ!トラ!」という映画がありました、こちら歌川国芳の「ネコ!ネコ!ネコ!」で戯人画作品は、検索すると、あるはあるは、ドッサリ!と

Continue reading "≪情報や本舗≫≪奇想の浮世絵師=歌川国芳≫【札幌芸術の森】≪ねこの戯画≫【海外で話題騒然!人気騒沸!】"

| | Comments (1) | TrackBack (0)