【糖質栄養素その有用性】

≪情報や本舗≫≪糖質栄養素≫【有用性のまとめ】 ≪免疫系の調節≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Banertop_main


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

       【有用性のまとめ】<免疫系の調節>


糖質栄養素(あるいはその代謝産物)は、健康な免疫細胞や免疫系の機能に必要となります。これらには次のような有用性があることが示されています: 細胞の生存と同様に、組織の治、回復の様々な局面において主要な役割を果たします。

□免疫系の機能を強化します

□喘息に良い効果があります

□リウマチ性関節炎に良い効果があります

□エリトマトーデスに良い効果があります

□歯周病、口腔潰瘍、口唇ヘルペスの症状を改善します

□アレルギー接触性皮膚炎の皮膚反応を抑制します

□ 気管支のアレルギー反応を阻害します

□関節炎を予防します

□骨関節炎患者の痛みを大幅に和らげ、関節を動きやすくします

   【有用性の詳細と作用機序】<免疫系の調節>


■健康な免疫系の機能は、免疫グロブリンたんぱく質と免疫細胞 が正しくグリコシル化されているかに依存して います

■シアル酸(NANA)、フコース、ガラクトース、N-アセチルグルコサミン、そしてN-アセチルガラクトサミン
 を含むヒトの母乳中の免疫グロブリンAは、母親が以前に接触したことのあるアレルギー物質に結合することに
 よって、哺乳中の幼児がアレルギー反応を起こさないようにします

■血管内皮細胞や免疫細胞の表面にある糖質栄養素の糖は、免疫細胞が傷ついたあるいは感染した組織に接 触するために、どこで血流を離れるのかを教えるという細胞間情報伝達の重要な信号として働いています。これ によって免疫細胞は感染した微生物を破壊し除き去ることができるのです

■ マンノース、ガラクトースそしてこれらを含む多糖体は、マクロファージを活性化することによって傷の治癒を早
  めます。マクロファージは免疫反応や組織の炎症を調節するさまざまな生活性物質の放出を統制し、さらに細  菌や細胞の残骸も消化する免疫系の細胞です

■ 炎症箇所でマクロファージが死細胞や細胞の残骸を貪食(殺菌・消化)する際に、細胞表面上にある糖質栄養  素の糖によってどの細胞が死んでいるかを認識します

■ 組織の炎症を引き起こす際の必要過程にはリンパ球(血液細胞の一種)の血管内皮細胞接着がありますが、  糖質栄養素の糖はその接着を遮断する働きがあります

■ 糖質栄養素の糖が免疫機能を高めることが、動物実験において示されました

■ マンノースあるいはN-アセチルグルコサミンによって炎症誘発性の細胞や分子が抑制されることから、糖質   栄養素の糖は喘息やリウマチ性関節炎(免疫系の炎症性疾患)の患者に対する有用性において直接関連が  あると言えます

■ フコースはアレルギー性接触皮膚炎の皮膚反応を抑制し、シアル酸(NANA)は呼吸器系のアレルギー反応を  阻害すること が動物実験で示されています。

■ 動物実験における関節炎反応は、マンノース多糖体の経口投与あるいは関節への注入によって、予防するこ  とができます

■ N-アセチルグルコサミンの代謝産物であるグルコサミンは、骨関節炎患者の痛みを大幅に減少させ、関節を  動きやすくします

■ リウマチ性関節炎の患者はガラクトースを欠損した免疫グロブリンを発現しており、ガラクトースの欠損の程度
  が症状の重篤さや回復の悪さに関連していることから、これが疾患に関係する因子になっていると思われす

■ リウマチ性関節炎の患者では血中のフコース量が減少しており、疾患の重症度と相互に関連しています

■ 糖質栄養補助食品は、エリテマトーデスに良い効果があります

Copyright


Fda

* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません


| | Comments (1) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖質栄養素≫【有用性のまとめ】 ≪細菌感染≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Banertop_main


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

        【有用性のまとめ】<細菌感染>


糖質栄養素は、細菌、ウイルス、真菌を殺す働きを助けることで感染を予防します。 例えば:

□ 目への感染を抑制します

□ 吸い込まれて気道の粘膜で食い止められた細菌やウイルスを不活性化することによって、肺の感染や損傷を  防ぐ助けをします

       【有用性の詳細と作用機序】<細菌感染>


■ マンノース・キシロース、 あるいはグルコサミン(N-アセチルグルコサミンの代謝産物) などの糖質栄養素の  糖は、細菌、ウイルス、真菌を死滅させる助けをし、また感染を予防します

■ マクロファージは細菌を捕獲して破壊し、その攻撃に対して最前線で防衛する細胞ですが、その細胞表面にあ  るマンノース受容体が、他の細胞上にあるマンノースあるいはフコースを含む物質と結合することにより、この   細胞が破壊しなければならない外来の侵入者かどうかの判断をします

■ マンノース・シアル酸(NANA) そしてフコースのような糖質栄養素の糖は、体細胞表面にある結合部分と拮抗  することによって、細菌やウイルスの接着を防ぎ、感染を予防します

■ 表面に糖質栄養素の糖の受容体を持っている細菌には、大腸菌、淋菌、結核菌、サルモネラ菌、ブドウ球菌   などがあります

■ シアル酸(NANA)や、フコースを含むオリゴ糖を持つヒト母乳中の糖脂質は、大腸菌毒素から身を守ります

■ 糖タンパク質である細胞表面のムチンは、体細胞表面の糖質栄養素の糖への細菌の結合を妨げることによっ  て、感染を防ぎます

■ 母乳中の主要な糖たんぱく質であるラクトフェリンは、呼吸器系ウイルスの増殖を阻害し、大腸菌、クレブシエ
  ラ属、シュードモーナス属、プロテウス属、エルシニア属、スタフィロコッカス属、リステリア属のような細菌や真  菌を殺します

■ 母乳に見られる糖たんぱく質やオリゴ糖は、腸内で有益なビフィズス菌の成長を促進することによって、病原   菌誘発性の下痢を予防します

■ 糖質栄養素の糖は、マクロファージ(免疫細胞)の刺激によりウイルスにとって毒である インターフェロンを
  放出させたり、ウイルスをコーティングしているたんぱく質のグリコシル化の抑制によりウイルスの正常な機能
  を妨害することから、抗ウイルス活性を示すものと思われます

■ マンノースを含む糖やN-アセチルグルコサミンは、感染細胞の一種アメーバによる目の感染を阻害することが
  示されています

■ 細菌の表面にマンノースが結合することによって、体細胞による微生物の取り込みや破壊を促進する可能性   があります

Copyright

Fda

* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

Clarity- 2D Research System | ≪Lexi Boling-雑誌ヴォーグ≫ | ≪OcciGabi=オチガビ≫ | ≪YouEconomy=ユーエコノミー≫ | ≪アルツハイマー病創薬研究財団(ADDF)≫ | ≪アンチエイジング≫ | ≪シグナムの美肌効果≫ | ≪リディア・コーLPGA≫ | ≪脳内活性サプリ≫ | ≪脳内活性サプリ・Q&A≫ | ≪INK.500ーランキング≫ | ≪JAPAN OPEN≫ | ≪PP2A≫ | ≪PP2A&TAU(タウ)≫ | ≪SIG-1012(高レベル分子)≫ | ≪Signum Biosciences≫ | ≪WEBでの取り扱い説明≫ | ≪WEB登録をWEB動画で≫ | 【24時間テレビ】 | 【お知らせ】 | 【がん・ガン・癌・】 | 【がん情報・・・テレビ番組】 | 【がん情報・・・新聞・雑誌】 | 【ねこ:ネコ・猫が三昧】 | 【やってTRY!やって渡来!】 | 【アスリート・・・・プロスポーツ選手】 | 【アセア=ASEA】 | 【アルツハイマーと認知症】 | 【インフルエンザ対策】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【コーヒーと医療】 | 【スクリプス研究所】 | 【スーパーボウルのCM】 | 【スーパーボウル・ハーフタイム】 | 【ダウン症候群】 | 【トランス脂肪酸】 | 【ノーベル賞・レガシー認定】 | 【パンデミック対策】 | 【ファイターズガール】 | 【ベン・カーソン】 | 【マクガバン・レポート】 | 【マグロ・・・アンブロ | 【レスベラトロールと長寿】 | 【中村天風】 | 【伝説のスピーチ】 | 【偶然の発明・偶然の発見】 | 【免疫・ハーブ】 | 【再生医療】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医学・医療】 | 【原理・原則・法則】 | 【反魂丹・万金反】 | 【古事記にまつわる話】 | 【地震・津波・未曾有の災害】 | 【大原麗子・・・ギラン・バレー症候群】 | 【妊娠中の食べ物=りんご】 | 【子供の脳の栄養素=DHA】 | 【子宮頸がんワクチン】 | 【宇宙と医学】 | 【幹細胞・再生医療】 | 【心温まる・癒される】 | 【抗加齢・寿命・延命】 | 【文明開化】 | 【本・書籍・BOOK】 | 【本当?それとも嘘なの?】 | 【植物コレステロール】 | 【植物・・・草・花・葉・茎・根】 | 【歴史における出来事】 | 【母乳・・・邪馬台国・卑弥呼】 | 【母乳・母乳育児】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵と火星探査写真】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【知っててお得情報】 | 【科学の粋】 | 【米国立がん研究所】 | 【糖質栄養素その有用性】 | 【糖鎖】 | 【糖鎖と免疫細胞】 | 【糖鎖による臨床】 | 【糖鎖の栄養素】 | 【糖鎖・その応答反応】 | 【細胞の最新情報】 | 【脳内活性】 | 【脳梗塞と再生医療】 | 【自閉症・ADHD】 | 【自閉症・ADHD・他動症・・・】 | 【著名人・有名人・芸能人】 | 【遠位型ミオパチー・・・難病】 | 【雑学・耳学・よもやま話】 | 【顕微鏡・双眼鏡・望遠鏡】 | 【食・栄養・サプリ】 | 【DNAテスト】 | 【ISC細胞・細胞再生】