【免疫・ハーブ】

≪情報や本舗≫≪花粉症対策≫≪ハーブ≫≪免疫のちから≫≪ケルセチン≫≪ホースラディッシュ≫≪クスリでなく食事でとる≫

02baner
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料
                                   


Img205


このところ今年蔓延しそうな花粉症対策で「ケルセチン」という言葉を聞きません?この「ケルセチン」は身近なものでは「タマネギ」!その外側の茶皮に豊富に含まれていると・・・。「タマネギ」は「どろどろからサラサラへ」でもよく知られていますよね

Photo

「ケルセチン」は、薬を含む他の抗アレルギー作用物質とは異なり、ごく少量でもアレルギー症状を引き起こす主役であるヒスタミンという物質を強力に抑制する成分を持ち、ヨーロッパを中心に花粉症の治療薬【抗ヒスタミン剤としての効果を持つ】として広く利用されてきています。症状の出始めに継続して摂取することによって、その後のヒスタミン放出をほぼ完全に抑制する可能性が高いという報告があります

Aaigtrmages


≪手っ取り早いところでは、タマネギの茶色い皮の部分を60-70℃くらいの湯で煎じ、10分ほど蒸らして飲んでみては如何でしょう・・・実際!コレではなかなか取れないのが実情です!安心安全で良質の補完栄養素があります

20090813hjc8d000_13

またインフルエンザウィルスの感染予防と症状の悪化予防【感染をし難くする作用】があることが動物と人間の実験で分かり、花粉の時期前に、「ケルセチン」をとった人は、とらなった人に比べて、感染した例は1/10だったそうです

250pxarmoracia_rusticana


≪耳寄りな話:3年ほど前から、かなりヘビーな花粉症の人が昨年から平気な状況ということで、聞いて見るとケルセチンと一緒にホースラディッシュを使っているとのことでした⇒ある臨床栄養士さんの話!トライしてみては如何が!≫

Kafunsyo

この「ケルセチン」を使うことでの効果を得るには、半年から2年の継続して使用することが必要です、なぜなら「ケルセチン」の特徴は使用を続けることで体質そのものの改善効果があるからです、Ba9001_09

即効性を求めるのなら他の薬剤などとの併用を考えてください【耳寄りな話の「ホースラディッシュ」(西洋わさび)の併用?】

Agesburogu

何らかの原因で正常な細胞に異常が起きると、花粉を異物だと認識してしまい、花粉をウィルスと同じように認識するので、「花粉=異物」と情報を認識した免疫細胞は、花粉に猛然と襲い掛かって攻撃を始めます。このために鼻水やくしゃみ、目のかゆみ、微熱などの症状が引き起こされると考えられているのですね。

つまり、【細胞が正常】であれば、ウィルスかそうでないかの【識別機能が正確】に働き、異物は異物でも、花粉をウィルスではなく「花粉」と判断し、過剰反応をしないというわけです。

8098637


| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

Clarity- 2D Research System | ≪Lexi Boling-雑誌ヴォーグ≫ | ≪OcciGabi=オチガビ≫ | ≪YouEconomy=ユーエコノミー≫ | ≪アルツハイマー病創薬研究財団(ADDF)≫ | ≪アンチエイジング≫ | ≪シグナムの美肌効果≫ | ≪リディア・コーLPGA≫ | ≪脳内活性サプリ≫ | ≪脳内活性サプリ・Q&A≫ | ≪INK.500ーランキング≫ | ≪JAPAN OPEN≫ | ≪PP2A≫ | ≪PP2A&TAU(タウ)≫ | ≪SIG-1012(高レベル分子)≫ | ≪Signum Biosciences≫ | ≪WEBでの取り扱い説明≫ | ≪WEB登録をWEB動画で≫ | 【24時間テレビ】 | 【お知らせ】 | 【がん・ガン・癌・】 | 【がん情報・・・テレビ番組】 | 【がん情報・・・新聞・雑誌】 | 【ねこ:ネコ・猫が三昧】 | 【やってTRY!やって渡来!】 | 【アスリート・・・・プロスポーツ選手】 | 【アセア=ASEA】 | 【アルツハイマーと認知症】 | 【インフルエンザ対策】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【コーヒーと医療】 | 【スクリプス研究所】 | 【スーパーボウルのCM】 | 【スーパーボウル・ハーフタイム】 | 【ダウン症候群】 | 【トランス脂肪酸】 | 【ノーベル賞・レガシー認定】 | 【パンデミック対策】 | 【ファイターズガール】 | 【ベン・カーソン】 | 【マクガバン・レポート】 | 【マグロ・・・アンブロ | 【レスベラトロールと長寿】 | 【中村天風】 | 【伝説のスピーチ】 | 【偶然の発明・偶然の発見】 | 【免疫・ハーブ】 | 【再生医療】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医学・医療】 | 【原理・原則・法則】 | 【反魂丹・万金反】 | 【古事記にまつわる話】 | 【地震・津波・未曾有の災害】 | 【大原麗子・・・ギラン・バレー症候群】 | 【妊娠中の食べ物=りんご】 | 【子供の脳の栄養素=DHA】 | 【子宮頸がんワクチン】 | 【宇宙と医学】 | 【幹細胞・再生医療】 | 【心温まる・癒される】 | 【抗加齢・寿命・延命】 | 【文明開化】 | 【本・書籍・BOOK】 | 【本当?それとも嘘なの?】 | 【植物コレステロール】 | 【植物・・・草・花・葉・茎・根】 | 【歴史における出来事】 | 【母乳・・・邪馬台国・卑弥呼】 | 【母乳・母乳育児】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵と火星探査写真】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【知っててお得情報】 | 【科学の粋】 | 【米国立がん研究所】 | 【糖質栄養素その有用性】 | 【糖鎖】 | 【糖鎖と免疫細胞】 | 【糖鎖による臨床】 | 【糖鎖の栄養素】 | 【糖鎖・その応答反応】 | 【細胞の最新情報】 | 【脳内活性】 | 【脳梗塞と再生医療】 | 【自閉症・ADHD】 | 【自閉症・ADHD・他動症・・・】 | 【著名人・有名人・芸能人】 | 【遠位型ミオパチー・・・難病】 | 【雑学・耳学・よもやま話】 | 【顕微鏡・双眼鏡・望遠鏡】 | 【食・栄養・サプリ】 | 【DNAテスト】 | 【ISC細胞・細胞再生】