【米国立がん研究所】

≪情報や本舗≫≪食生活≫≪米国立がん研究所≫【ヤムイモ】≪乳がん≫【ディオスゲニン】≪マザーホルモン≫

Baner3065200


食生活によって一部の癌(がん)の発症リスクが左右される可能性が複数の研究で示され、ボストンで開催された米国癌学会(AACR)主催の癌予防研究に関する国際シンポジウムで発表された。

20061122hj9bm000_22


米国立癌研究所(NCI)のLarissa Korde博士らによる研究では、幼少期に多量の大豆を摂取した女性で、乳癌発症リスクが有意に低いことが示された。

Photo

アジア人は米国人に比べ大豆の消費量が多く、乳癌発症率は米国人の4分の1から7分の1である。しかしアジア人が米国に移住すると、わずか3世代で米国人の乳癌発症率に追いついてしまうさらに対象者の母親255人にも情報を求めた結果、大豆が最も重要な因子であることを突き止めたという。

大豆がどのように乳癌リスクに影響しているのかは正確にはわかっていないが、大豆に含まれるイソフラボンにはエストロゲン様の保護作用があり・・・・・・詳細はヘルスニュース(米)http://health.nikkei.co.jp/hsn/news.cfm?i=20061122hj000hj

Check_01


日本でもアメリカからの小麦粉の大量輸入が始まる前は大豆の摂取がほとんどでは?味噌・しょうゆ・豆腐・納豆・・・!それらがイソフラボンを多く含んでいるとの事そして女性ホルモンのエストロゲン様の働きがあるということ前回、前々回と野菜の身体に及ぶ栄養の関わる保護作用はとても大きな作用を持っているのですが、近年大豆よりエストロゲン様の含む植物が見つかっていました!

Book


【植物って、本当に凄い力を持っている】

それは古代よりハーブの効果(薬効)が言われている世界中にある「山芋」のことです!ヤム芋には、豊富なジオスゲニンという、体内合成によってプロゲステロンに変化することで、細胞のカルシウムの取り込み量を増やします。

ヤム芋を日常的に食事として食べている国や地域では、骨粗しょう症も、月経前症候群もほとんど知られていないのは、ヤム芋に含まれるディオスゲニンの効果と考えられているからです。

Ages958
陸上の100メートルの記録を9秒69!そして9秒58・・驚きのタイムでぬりかえた「ウサイン・ボルト」はヤムイモを毎日、食べているそうです


野生のヤム芋は、数世紀に渡り、伝統的な医療によって使われてきました。 無論日本にもあります、がこのディオスゲニンの含有が残念ながらほとんどありません!

2751214692 【ヤム芋=ヤムイモ】


マザーホルモンといわれているDHEAを身体の中で合成するための成分が、このディオスゲニンなのですが、DHEAは、80以上あるといわれている各種ホルモンの原料になる成分なので、ホルモンのバランスを保つためにこのDHEAがとても大切です。

Photo_2


メキシカンヤムが豊富なニューギニアのトロブリアンド島の住人はいつまでも若く健康です。メキシカンヤムは長年避妊薬、ステロイド、ホルモン剤とするために研究がなされてきました。結果、体内のホルモンバランスを取るのに非常に有効であることが判明しました。

                (February 25, 2007)

| | Comments (3) | TrackBack (4)

その他のカテゴリー

Clarity- 2D Research System | ≪Lexi Boling-雑誌ヴォーグ≫ | ≪OcciGabi=オチガビ≫ | ≪YouEconomy=ユーエコノミー≫ | ≪アルツハイマー病創薬研究財団(ADDF)≫ | ≪アンチエイジング≫ | ≪シグナムの美肌効果≫ | ≪リディア・コーLPGA≫ | ≪脳内活性サプリ≫ | ≪脳内活性サプリ・Q&A≫ | ≪INK.500ーランキング≫ | ≪JAPAN OPEN≫ | ≪PP2A≫ | ≪PP2A&TAU(タウ)≫ | ≪SIG-1012(高レベル分子)≫ | ≪Signum Biosciences≫ | ≪WEBでの取り扱い説明≫ | ≪WEB登録をWEB動画で≫ | 【24時間テレビ】 | 【お知らせ】 | 【がん・ガン・癌・】 | 【がん情報・・・テレビ番組】 | 【がん情報・・・新聞・雑誌】 | 【ねこ:ネコ・猫が三昧】 | 【やってTRY!やって渡来!】 | 【アスリート・・・・プロスポーツ選手】 | 【アセア=ASEA】 | 【アルツハイマーと認知症】 | 【インフルエンザ対策】 | 【オチガビ=OcciGabi】 | 【コーヒーと医療】 | 【スクリプス研究所】 | 【スーパーボウルのCM】 | 【スーパーボウル・ハーフタイム】 | 【ダウン症候群】 | 【トランス脂肪酸】 | 【ノーベル賞・レガシー認定】 | 【パンデミック対策】 | 【ファイターズガール】 | 【ベン・カーソン】 | 【マクガバン・レポート】 | 【マグロ・・・アンブロ | 【レスベラトロールと長寿】 | 【中村天風】 | 【伝説のスピーチ】 | 【偶然の発明・偶然の発見】 | 【免疫・ハーブ】 | 【再生医療】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医学・医療】 | 【原理・原則・法則】 | 【反魂丹・万金反】 | 【古事記にまつわる話】 | 【地震・津波・未曾有の災害】 | 【大原麗子・・・ギラン・バレー症候群】 | 【妊娠中の食べ物=りんご】 | 【子供の脳の栄養素=DHA】 | 【子宮頸がんワクチン】 | 【宇宙と医学】 | 【幹細胞・再生医療】 | 【心温まる・癒される】 | 【抗加齢・寿命・延命】 | 【文明開化】 | 【本・書籍・BOOK】 | 【本当?それとも嘘なの?】 | 【植物コレステロール】 | 【植物・・・草・花・葉・茎・根】 | 【歴史における出来事】 | 【母乳・・・邪馬台国・卑弥呼】 | 【母乳・母乳育児】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵と火星探査写真】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【知っててお得情報】 | 【科学の粋】 | 【米国立がん研究所】 | 【糖質栄養素その有用性】 | 【糖鎖】 | 【糖鎖と免疫細胞】 | 【糖鎖による臨床】 | 【糖鎖の栄養素】 | 【糖鎖・その応答反応】 | 【細胞の最新情報】 | 【脳内活性】 | 【脳梗塞と再生医療】 | 【自閉症・ADHD】 | 【自閉症・ADHD・他動症・・・】 | 【著名人・有名人・芸能人】 | 【遠位型ミオパチー・・・難病】 | 【雑学・耳学・よもやま話】 | 【顕微鏡・双眼鏡・望遠鏡】 | 【食・栄養・サプリ】 | 【DNAテスト】 | 【ISC細胞・細胞再生】