≪アンビット・エネルギー(Ambit Energy)≫    

≪情報や本舗≫≪アンビットエナジー社が日本に進出≫≪財経新聞に掲載の記事≫

6

世界最大のエネルギー供給サービスのダイレクト・セリング会社であり、米国で有数のエネルギー小売企業であるアンビット・エナジー社は、今日、日本進出としてアンビット・エナジー・ジャパン合同会社を正式にオープンさせました。

現在、北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力の9社が電力を供給する地域にお住まいの一般家庭または小規模事業者は、アンビット・エナジー・ジャパンのサービスに申し込むことができます。

Images_21

日本はアンビット・エナジーにとって初めての海外進出です。2006年にジェリー・トンプソン・ジュニア氏とクリス・チャンブレス氏が共同で創業したアンビット・エナジーは、アメリカで16の州とワシントンD.C.の電力自由市場で電気と天然ガスを供給しています。同社は全米で120万以上の顧客を抱え、2016年には12憶ドルを超える年商を記録しました。

共同創業者兼CEOのジェリー・トンプソン・ジュニア氏は、「日本への進出は、アンビットにとってこれまでにない成長の機会(オポチュニティ)だ。サービス品質の高い電気を数百万人の新しいお客さまに、魅力的な価格で提供できることに、とても興奮している」と述べました。


Images_27

【左側の人物がクリス・チャンブレス氏】【右側の人物がジェリー・トンプソン・ジュニア氏】

もう1人の共同創業者で、アンビット・エナジー・ジャパンのCMOでもあるクリス・チャンブレス氏は、「10年前にアンビットを立ち上げたとき、米国屈指のエネルギー小売企業として高い評価を受けることを決意した。今、日本で同じ決意を持ってお客さまに優れたサービスをお届けするために全力を尽くしたい」と述べました。

Photo

日本の電力市場は2016年4月1日に自由化され、同社にとって約7.8兆円以上の可能性があります。この自由化により、価格競争が起き、消費者により安い料金を提供できるようになりました。

Photo_3

アンビット・エナジー・ジャパンにご興味のある方は、同社のホームページ(AmbitEnergy.co.jp)をご覧ください。

Whyambit_2

【アンビット・エナジーとは 】


Sparky

アンビット・エナジーは全米および現在は日本で、電力が自由化された市場で電気と天然ガスを供給しています。ダイレクト・セリング企業として40万人を超える独立コンサルタントを抱えています。

同社が2006年に設立された時の目標はただ1つ、米国屈指のエネルギー小売企業として高い評価を受けることでした。そのために設立したカスタマーケアセンターは、受賞歴もあります。また、エネルギーパートナー、コンサルタント、そしてお客さまとも非常に良好な関係を築いています。

Images_23

アンビットの戦略は功を奏しています。「Inc.」誌では6年連続、最も急成長している企業として紹介され、2010年には第1位に輝きました。年商は12憶ドル、120万人以上のお客さまにご満足いただいているアンビットは、


「Direct Selling News」のランキング調査では4年連続世界最大のエネルギーのダイレクト・セリング企業に選出されています。

Imagesaaa_2

アンビット・エナジーの詳しい情報については、 アンビット・エナジー・ジャパン:AmbitEnergy.co.jp 下記にお問い合わせください。AmbitEnergy.co.jp

【ニュースソース】プレスリリース発表元企業:Ambit Energy・・・・プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ


2011041810412704

Continue reading "≪情報や本舗≫≪アンビットエナジー社が日本に進出≫≪財経新聞に掲載の記事≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪アンビット・エナジー(Ambit Energy)で事業を開始する

アンビット・エネルギー・コンサルタントが、お客様が毎日使っているものに大きな価値を提供することにより、財務上の自由を発見していることを学びましょう。それはすべてこのビデオから始まります。


            視聴回数26,719回3年前 ”第2章:当社”

英語力のある方は聞かれるままに・・・読むことが出来る方は字幕を読みながら・・・私のようにチンプンカンプンの方には動画の内容を苦心惨憺して日本語にしました・・・以下に

【コメントの訳文】

会社、なぜAmbit Works、Ambit Energy | Ambit Energy


ビジネスを今すぐ始めましょう:http://goambit.com/startabu ...


Photo

Ambit Energyがなぜあなたのために働くのかを知るためには、なぜ他の人のために働くのかを調べてください。このビデオでは、Ambitの顧客、コンサルタント、エグゼクティブは、お金を節約し、お金を稼ぎ、ビジネスを適切に行うことについて話しています。

Ambit Energyの料金およびサービスの詳細、またはAmbit Energyチームへの参加については、www.AmbitEnergy.comをご覧いただくか、(877)282-6248までお電話ください。

About:Ambit Energyは、米国内の規制緩和市場において、主に40万人以上の独立系コンサルタントによる直接販売チャネルを通じて販売されている電気および天然ガスサービスを提供しています。

17353392_10206536886619843_27620910

Ambitは2006年に設立され、アメリカで最も優れた、最も尊敬されている小売エネルギープロバイダーであることを念頭に置いています。そのために、Ambitチームは受賞歴のあるカスタマーケアセンターと、エネルギーパートナー、コンサルタント、顧客との素晴らしい関係を構築しました。

Flowmoney

私たちのほぼ全員が日常的に電気や天然ガスを使用しています。そのため、Ambit Energyでビジネスを開始するコンサルタントは、従来のネットワークマーケティングの機会に勝る大きな利点があります。


友人、家族、新しい連絡先が毎月エネルギー使用料を節約できるようにするだけで、Ambit Consultantsはすぐに残余収入を得るようになります。

Continue reading "≪情報や本舗≫≪アンビット・エナジー(Ambit Energy)で事業を開始する"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪NHKワールド≫≪電力規制緩和≫≪低圧電力の小売≫≪Ambit Energy≫

9Images_3

2016年4月1日「NHKworld」 という海外向けのサイトで日本での4月から始まる”日本の電力規制緩和”の動画ニュースを流していましたが、現在は⇒This Bideo not available =公開されていません と見ることができません

サイトにある英文の書き込みを日本語にしましたので、以下からお読みください!これから日本で始まる一般家庭向けの電力=低圧のが日本でどう取り扱われていくのか、少しは理解が高められるのではないかとアップしました

【英文の書き込みサイト】 ←クリック!


日本の消費者は今では電力供給者を選ぶことができます。彼らは長い間、住む地域の大手電力会社から電力を購入してきました。

電気小売市場の完全規制緩和が金曜日に始まった。この動きは、大手電力会社が保有する60年以上の独占を終了させる。

Photo_2

その他の事業は、家庭に電力を供給することが許可されるようになります。260社以上の企業が市場に参入しています。

日本では、発電事業から1995年に電力販売の規制緩和が始まりました。2000年以来、彼らは徐々に工場などの大口ユーザーの電力小売りを自由化し始めました。

そして今、小売業者は家庭や中小企業に電力を供給し、市場をさらに開放することができます。


Images_2


世界中の多くの国や地域で電力小売市場が規制緩和されています。彼らには、ドイツ、英国、いくつかの米国の州、そしてアジアの一部が含まれます。日本にはたくさんの教訓があります。

電力市場の完全規制緩和は、安倍晋三首相の成長戦略のハイライトである。彼は新しいビジネスチャンスを創造し、業界の競争と革新を促す改革を進めています。

小規模ユーザーの電力市場は、約700億ドルの価値があります。これは8,500万以上の世帯と中小企業にサービスを提供しています。ガス会社、コンビニエンスストアチェーン、そして他の多くの企業は、その豊富な収穫を見ています。私はもっと知ろうとした。


Power

東京の家電店では、通信会社がスマートフォンの最新モデルと電気料金プランを提供している。両社は電力小売業に参入している。彼らは彼らの電話とタブレットユーザーのためのより安価なユーティリティ法案を宣伝している。

「価格とサービスは重要です。より良い取引があれば、私は切り換えます」とある買い物客は述べています。

「まともな安全基準を持つ会社を選びたいと思っています。私は新しい小売業者からのオファーについてあまり知らないので、現在情報を収集しています。

だから今、消費者は、ますます多くのプロバイダから選ぶことができます。より多くの選択肢が良いと思う。

しかし、市場への新規参入を受け入れるリスクは何か?二つあります。一つは価格です。競争が激化すれば、通常、電気代は少なくなる。

1_s

しかし専門家は、それが長期的にはそうでないかもしれないと警告している。競争相手が落ち着き、小売業者が震えを経験した後、消費者はより高い請求書で殴られる可能性がある。

日本選手権研究所のシニアマネージャー、瀧口慎一郎氏は、「選手数は減少し、数人の選手が市場を支配する」と語る。"そのような状況では、電力価格は再び上昇するだろう。

それは時には他の場所での経験でもあります。ドイツでは、2年目にコストが急上昇することなく、安い取引で人々を誘っている企業もありました。

カリフォルニアが規制緩和を受け入れた後、それは停電に襲われた。消費者は、料金を引き上げるために電力不足を意図的に作り出すというユーティリティーを非難した。

日本のエネルギー利用者は、安定供給が著しい。もう一つの課題はそれをそのままにしておくことです。何十年にもわたって同じ企業が発電と小売りを行い、需要と供給が通常一致した。

専門家は、小売業者からの需要が、特に日本の暑い、湿度の高い夏と寒い冬の間に、サプライヤーを圧倒する可能性があると指摘する。

エネルギー供給の準備が不十分なため電力会社が電力を十分に供給できない可能性がある」と述べた。

だから、消費者や小売業者は、それを回避する方法に注意を払う必要があります。業界ではどのような変化が見られますか?


Photo_3

主要電力会社はほとんど競争に直面していない。今や市場は外国企業を含むすべてに開放されています。アナリストらによると、米国と欧州のエネルギー企業が新たな機会を見ている可能性があるという。

また、日本企業が拡大するチャンスです。自宅の競争環境に耐えることができれば、海外の機会が増える企業もあります。

世界経済の不透明感や国内消費の低迷の中で、日本経済の見通しは曇っています。規制緩和とその影響は、政府の成長促進の重要なテストである。

6


Continue reading "≪情報や本舗≫≪NHKワールド≫≪電力規制緩和≫≪低圧電力の小売≫≪Ambit Energy≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)