【水に関する話】

≪情報や本舗≫≪トラコテの水≫≪ルルドの水≫≪ノルデナウの水≫≪ナダーナの水≫≪アセア=ASEAの水≫

Banerb18

世界には、飲むだけで病気が治るという「奇跡の水」の話を聞かれたことがあると思います!フランスのルルドの泉、メキシコのトラコテの水、ドイツのノルデナウの水、インドのナダーナの水、

Asea_logo_png

そして「奇跡の水」ではありませんがアメリカのアセア(ASEA)の水!・・・【最後に動画と説明】⇒

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

                                                             ■トラコテの水(メキシコ)

メキシコのトラコテという小さな村の、ある牧場の井戸から湧き出す水が、さまざまな病気を治す「不思議な力を持つ水」として、海外からも数多くの人々を集めています。

Photo05≪イメージ画像≫



伝説の始まりは、1991年、犬の散歩中、怪我をして倒れてぐったりしていた犬にこの井戸の水を飲ませたら突然歩きだした、という出来事でした。それ以来、年間300万人ものその噂を聞いた人がこの水を飲み、神経麻痺や糖尿病、子宮がんなど様々な病気が治った、軽くなったという話が続いたのです。

A

2000年11月26日、日本テレビで放送された特命リサーチ200Xその中で紹介されたメキシコ奇跡の水が、万病を治すといわれている 「トラコテの水」この水の分析結果から活性水素を多く含んでいるということが判明しました。

≪現在は厚生省薬務課の指導から、活性水素水という言葉は、概念・その効能は科学的・医学的に立証されていないこともあり、不適切だとされ、単に水素または水素水、水素豊富水という表現に・・≫

9336597body

その奇跡の水の分析結果を発表したのはウルグアイのモンテビデオ総合病院です!驚くことに、エイズ100%・アレルギー99%・皮膚疾患96%・消化器疾患91%・呼吸器疾患90%・糖尿病88%・骨関節炎87%など、多くの病気が改善されるというものです。

Yu_sinrei11

この水は、前記のようにエイズや癌などの治療や 難病にも効果があるといわれ、バスケットファンならずとも知らない人はいない、元MBA選手でHIVウィルスに感染したマジック・ジョンソン氏もトラコテを訪問していたそうです

自然界の中で、この水素を含んだ水は非常にまれなことだそうです。水素とミネラルが結びついて体内にできる毒性のある活性酸素を取り除き免疫力を高めアレルギー・糖尿病・リウマチ・高血圧・がん・アトピーなど現代医学では治りにくい病気が治るのではないだろうか?といわれています。

■ルルドの水(フランス)

フランスのルルドの泉には1858年に少女ベルナデッタが聖母マリアからお告げを受けた場所を掘ったところ、水が湧き出たという伝説があり、その水には、怪我や病気を治す力があるといわれています。

Okuirise_keiryu≪イメージ映像≫


今ではルルドは、年間500万人の巡礼者が訪れる、カトリック最大の聖地です。そのため、泉が枯れてしまわないように、豊かに湧き出る泉は見学のみ、というルールで、観光客や巡礼者達は、泉から引いた蛇口で「奇跡の水」を汲むことになっています。ルルドの町には、水を入れるポリタンクやマリア像を売る土産物屋が多く並んでいます。

Kamimoko11

また、泉の水を使った沐浴場が造られていますが、「1日何千人もの人が入って白く濁っているのに、この水には、なぜかバイ菌がまったくない」という話もあります。

しかし、ルルドの泉で病気が治ったと自己申告をした人は、1862年以来6700人にものぼりますが、泉が発見されてから現在までに教会から正式に奇跡と認定された症例は、わずか66例しかないということです。奇跡の認定数が少ないのは、教会側が厳しい基準を設けているのを裏付ける証拠ともいえますが、その厳しい基準をパスして奇跡と認められた症例が、果たして本当に奇跡であったのかどうかについては、よくわからないというのが現状です。


■ノルデナウの水(ドイツ)

Lrg_10779086


ドイツのノルデナウという人口300人の町にある洞窟で、大変きれいな水をたたえた泉が発見されました。1991年この土地でホテル業をしていたトメスがオランダ人の客からワインについていろいろ注文をつけられた為、それなら自分でワインを選んでくれ、とワインの貯蔵庫にしていた廃坑に連れて行ったところ、その客は驚いて「ここは強いエネルギーを感じる。ここの湧水を飲むと病気が癒されるだろう。」と話したといわれています。


その噂が瞬く間に広がり、実際に様々な病気が癒され、チェルノブイリ原発の事故では白血病が治った人もいたそうです。

Yu_biruwa13

今では奇跡を求めて、1日に何百人という人びとが、この洞窟を訪れているのです。
また、ガーデック医師はホテルの隣に診療所を開設し、多くの患者さんを診察・治療しながら、彼が「ノルデナウ現象」と名付けた不思議な病気改善効果について研究してます。

■ナダーナの水(インド)

Yu_sunayu11≪イメージ映像≫

インドのナダーナ村で、1992年、すでに枯れてしまった井戸から再び水が吹き上げ始めました。


この時作業をしていた一人の井戸掘り職人が、作業中、目に雑菌が入り、井戸水で目を洗ったところ一晩で回復し、さらに持病の夜盲症まで治ったのです。

Photo01


そして、何人かの村人が水浴びをすると皮膚病が治ったり、5歳の小児麻痺の少女がこの水で一週間で治って歩けるようになったりということで、たちまち評判になり、「ナダーナの神秘の水」は、噂が噂を呼んで広まり、今では毎年50万人もの人が押し寄せているそうです。

「トラコテの水」も「ルルドの水」も「ノルデナウの水」・「ナダーナの水」により起きている現象は、水に含まれる水素水とミネラルの働きによる「その謎」が判明しつつあります!

Azo「奇跡の水」の謎を解明するため、これまで何度となく科学的な調査が行われてきました。成分分析をすると・・・・⇒【続きを読む】


活性すると言われる、水素水のようなものは、それによって細胞の働きを促進するという役割ですし、ミネラルは、それによって栄養分を細胞に届ける」という役割です

■「ASEA」は、それとは全く違いいます「細胞の修復材料そのもの」なのです【詳細は右のカテゴリー≪アセア=ASEA≫でお確かめ下さい!


Agazineprosper

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪奇跡の水≫の≪謎を解明!≫

PhotoAclewater_img1


「奇跡の水」の謎を解明するため、これまで何度も科学的な調査が行われてきました。成分分析をすると、それらの水はたいていの場合、ミネラル分が一般の水より多いという結果が出ています。しかし、それではなぜ奇跡が起きるのかという決定的な確証は得られませんでした。

Yu_sinrei11

そんな中、活性水素という視点からそれらの水を分析して、その水には活性水素が豊富に含んでいることが明らかに、そして2001年、スウェーデンの学会で発表されました

Kamimoko11

しかも、ノルデナウの水だけではなく、ルルドの泉、トラコテの水に、活性水素が多く含まれていることが明らかになりました。もちろん活性水素はいったん発生してもすぐに消滅するため、水の中に活性水素が存在しうるという理論には反論も寄せられたそうです

Saobou_ault

しかし、研究が進むにつれて、それらの「奇跡の水」にはいずれも豊富なミネラルが含まれており、活性水素の反応はミネラルの含有濃度に依存して強まることが分かってきたのです。つまりここでも、水の中に存在するミネラルが活性水素の運び手となっているらしいことがわかってきたのでした。


日本のテレビ局の取材に応じて行った実験、トラコテの水や還元水ではクリップに錆が生じなかったという事実が、はっきり、くっきり残されています。“水道水やボトルウォーターの水ではクリップは錆びる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪電子レンジでチンした水は?果たして!≫

Images_112016年5月更新しました!【「ジョンホプキンス大学」での電子レンジに関する重要な発表が!】⇒ ⇒ 【重要な発表!はこちらクリック!】
A0113065200_2
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

1930年代に驚異的な治癒率を誇った食事療法であるゲルソン療法は、マックス・ゲルソン博士によって確立されたのですが!患者の一人でもあり生涯ゲルソン療法の支持者であったノーベル平和賞受賞者、アルバート・シュバイツァー博士

Photo

「ゲルソンの中に医学史上、もっとも傑出した1人の天才を見る」と言及!ゲルソン療法では、
電子レンジの使用を一切禁止しているのです。

Ages

電子レンジはマイクロ波と呼ばれる周波数の高い電磁波を使用した加熱器です。、1秒間に24億5千万回というすごいスピードでマイクロ波によって食材に含まれる水の分子と荷電分子が動かされます。

この動きによって分子同士で激しい摩擦がおきる事によって温度が上がりますこの振動によっては分子、原子レベルで深刻な影響を受けて、自然界には存在しない構造異性体が出来てしまうことが懸念されています?奇しくもある天才学者が・・・・

Photo_4

2度もノーベル賞を受賞している天才学者ライナス・ポーリング博士【化学賞・平和賞】は「電子レンジで調理された食品のタンパク質は、

L型アミノ酸が自然界にはないD型アミノ酸に変化しており、代謝不可能となっている。それが原因となって、きわめて有害な活性酸素の発生が促進される。」


無論、電磁波(電子レンジはマイクロ波)の人体への影響はまだ正確には明らかにされてはいませんが、食材ばかりではなく、調理方法の食への影響!疑わしきことが新聞・雑誌・TVで情報としてリークされててきています

■その一例として、検証というか?実験というか?アメリカから以下の情報が送信されてきた!

Photo

植木鉢の植物に左側には「電子レンジ水(電子レンジで沸騰させた水)」と右側にはストーブにかけた鍋で沸騰させた「水道水」、その二つの水を冷ましてから、毎日、水やりした結果、両者にはどのような違いが出るのか、試みた写真のアップです

Day12 Day32 Day52


≪画面をクリックして拡大画面で観るとよく分かります!≫


Day72 Day92


結果は一目瞭然、電子レンジ水を与えた植物は、5日目あたりからだんだんと違いが?、9日目には朽ち枯れてしまっていますね!

■英語力の無さに情けないやら、空しいやらで、書き込みをした2007年!メール配信で≪情報や本舗≫≪電子レンジでチンした水は?果たして!≫最近になって以下のURLにきっちりよ書き込みがありました


_news333≪コレはアメリカの小学年の子が宿題のテーマを電子レンジの水がどうなるかと?その祖父のアシストの下、実験した結果発表だったようです≫・・・その翻訳は・・・【こちら!】


Microwaved Water - See What It Does To Plants


Banerealswitchheader

≪このような情報も開示されています!≫


Photo_2アメリカスタンフォード大学の医師と研究グループは、電子レンジが免疫力に与えるダメージを与えることを発表

【是是非非はともかく】

スタンフォード大出身のジョン・A・カーナー医学博士も同じ研究チームにいたが、「科学ニュース(Science News)(1992年4月25日号)」に掲載された記事に彼の言葉が引用されている。

≪以下にその要約の抜粋を記します≫

Photo_3

「母乳の解凍では、体温(37℃)以上にあげると病原菌と戦う抗体だけでなく,リゾチームあるいはバクテリアを消化する酵素をも破壊する」

ジョン・A・カーナー・ジュニアとスタンフォード大学の彼の同僚は電子レンジで再加熱した母乳は33.5度という低い温度でもリゾチームの活動性、免疫抗体という反伝染性物質の損失がおき,潜在的病原となるバクテリアの成長を促進するという。 

これに反論するテキサス大学医学部のランドル・M・ゴールドブラムのコメントは、「電子レンジが害を与えるという絶対的な証拠はない。それはただの加熱によりる影響である」・・・・

【この反論コメントにさらに反論!】

Apqmxiw

⇒ペンシルバニア州立大学のマドレーヌ・シグマ・グラントは、「低温状態のサンプルにおけるリゾチームと免疫抗体の低下は、電子レンジによって部分的に生じた摂氏60度以上の温度の熱を単に反映しただけかもしれない。

電子レンジによる加熱は本来的にむらがあり、カーナーの研究のように4ml以下の量でテストした場合には正しい結果を予測できない」
__________________________

Cover_nature3


「百聞は一見にしかず」⇒水がこうなるという事が理解する事が出来ました!電子レンジ調理をした際の食べ物がどうなるか?想像してみて下さい・・・・


■スイスのハンス・ヘンテル博士は、スイス連邦技術研究所や大学の生化学研究所の学者達との研究グループを編成して、電子レンジが食物に与える影響について調査し

「電子レンジは食物の栄養成分にダメージを与え、それを食べた人の血液にも悪い影響を与える。」と指摘した。

  【血液中の変化としてはヘモグロビンの減少、(悪玉)LDLコレステロールの増加が起きているという】

Aaigtrmages

| | Comments (7) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

≪アンビットの新聞紙上記事≫ | ≪アンビットの登録≫ | ≪アンビットのQ&A≫ | ≪アンビット・エナジーについて動画で・・・≫ | ≪アンビット・エネルギー(Ambit Energy)≫     | ≪アンビット・・・=ペイジーの支払い方法≫ | ≪アンビット創業≫ | ≪アンビット日本オープン!≫ | ≪アンビット概要ビデオ≫ | ≪アンビット登録方法≫ | ≪供給地点特定番号≫ | ≪切り替えのお手伝い≫ | ≪安くなるカラクリ?≫ | ≪新電力を創り出す新テク!≫ | ≪新電力会社の販売ランキングで≫ | ≪経済産業省の作成の公開ビデオ≫ | ≪講演会・・・アンビット主催≫ | 【AKB48】 | 【あきない映像】 | 【お蕎麦やー手打ちそば】 | 【がん・ガン・癌のはなし】 | 【アセア=ASEA-自己治癒力】 | 【アセア=ASEA】 | 【アメガワンド】 | 【アルツハイマー・認知症】 | 【アンブロトース ライフ】 | 【インフルエンザ】 | 【ウェルネス革命】 | 【エネルギー問題】 | 【エボラウィル】 | 【オリンピック&スポーツの祭典】 | 【カバラ数字の怪】 | 【グーグルの凄さ】 | 【サプリメントウオッチ】 | 【ジオラマ】 | 【スーパーボウル】 | 【ドッキリ=フラッシュモブ】 | 【ハオルチアとは】 | 【ハリウッド女優のお肌に】 | 【ハリーポッターとフクロウ】 | 【ファスティング】 | 【フェルメールの画】 | 【フラッシュモブ】 | 【ミトコンドリア】 | 【ランキング】 | 【レドックスシグナル】 | 【ワイナリー・オチガビ】 | 【ワイン・ワイナリー】 | 【不思議な現象】 | 【中村天風】 | 【仮想通貨&貨幣論】 | 【伝説スピーチ】 | 【偶然が生み出す発明&発見】 | 【偶然とは思えない】 | 【免疫反応・応答反応】 | 【免疫細胞のお話】 | 【再生医療・幹細胞】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医食同源】 | 【原理原則】 | 【子供に影響を与える栄養】 | 【宇宙・科学・物理】 | 【手塚治虫の世界】 | 【放射能・原発問題】 | 【日本の領土・・古事記】 | 【日本ハムファイターズ】 | 【日本野球連盟】 | 【時の話題・はなしのネタ】 | 【有名・著名・芸能人の訃報記事】 | 【未曾有の大震災】 | 【栄養・食べもの】 | 【植物ってえらい!植物ってすごい!】 | 【歌川国芳の浮世絵三昧】 | 【武士道】 | 【母乳】 | 【毘沙門天と須弥山】 | 【気になる・お肌のはなし】 | 【気になる本・書籍】 | 【水に関する話】 | 【水・・・電子レンジ】 | 【法王を決めるコンクラーベ】 | 【注目のエネルギー】 | 【注目のテクノロジー】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【浮世絵・艶(え)本】 | 【潰瘍性大腸炎】 | 【知って得する話】 | 【知られざる意外な話】 | 【神話と生物」 | 【科学の文献資料】 | 【科学の検査データ】 | 【糖尿病・肝炎・難病・奇病】 | 【糖鎖】 | 【細胞のお話】 | 【美術館めぐり】 | 【脳梗塞・脳疾患】 | 【自然災害シュミレーション】 | 【自然界の神秘】 | 【自閉症・発達障害・ADHD】 | 【著名な作家・書家・画家】 | 【著名な科学者たち】 | 【話題のTV番組放送】 | 【認知症・アルツハイマー】 | 【誰しもが飲む水の話】 | 【警告!警鐘!】 | 【金貨のプレゼント】 | 【長寿の秘密】 | 【食の安全・安心】 | 【鳥インフルエンザ特集】 | 【黒猫マウキー】 | 【ASEA・・・アスリート】 | 【JAZZ=ジャズ】