【エネルギー問題】

≪情報や本舗≫≪老後の試算≫≪郵貯銀行≫≪フィナンシャルプランナー≫

Images_1

総務省が65歳以上の高齢者の推計人口を公表しました。推計で、3514万人となり、総人口に占める割合が27.7%と、初めて200万人を超たそうです。数年前から郵便局などには長寿時代に備えての準備は出来ていますか?とリーフレットなどが・・・


大手保険会社もSNSで100歳まで生きたとしたら?今の収入で足りますかと、各社のフィナンシャルプランナーが試算を公開している

100


100歳までの寿命は、分からずとはいえ、65歳を超えてからの生活費用はどのくらいかかるのか?・・・総務省の2016年「家計調査報告によると、高齢夫婦の平均生活費は月額267,546円(税金等含む)です

Images_3

ほかに夫婦で「ゆとりある生活」を送る上で日常の生活費以外に月額12.8万円が必要では?と考えられていますよ


ではでは,老後資金の不足分はいくらかを・・・総務省の調査によると、無職(収入が公的年金)の高齢夫婦の平均収入は、月額212,835円となっています(郵貯のリーフレットでも22万円となっていました)

Images_2

平均生活費から差し引くと、毎月54,711円の赤字ということに、これもアンケートなどで、この差額どう埋め合わせますかの問いに60%前後の人が⇒貯蓄を取り崩しての生活ということが分かったそうです

Httpsimgixproxyn8sjpcontentpic20180
フィナンシャルプランナーの試算によると・・・仮に、65歳でリタイアして90歳まで生活を送るとすると、約1641万円準備しておかなければならない(差額での「赤字分」=54,711円×12か月×25年)、「ゆとりある生活」を送るには、単純計算で、さらに、3,840万円(12.8万円×12か月×25年)の上乗せが必要ですよと警鐘でしょうか?

Photo

間違いなく,わずかですが、今の生活のままで収入を毎月増やすことが可能な提案を昨年からお知らせしてきました!この情報や本舗のブログでですよ

毎月の電気代が10%前後お安くなる(電力の自由化による特典)ことでつきの電気代使用量にもよりますが、つきに2・3万円も使う人なら、年間で24.000円から36,000円の収入増と同じことでしょう

同意された方は ⇒ ⇒ ⇒

9233_n

Photo


お問い合わせ】⇒ 【コチラ】

Continue reading "≪情報や本舗≫≪老後の試算≫≪郵貯銀行≫≪フィナンシャルプランナー≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪燃える氷!≫≪メタンハイドレート≫≪天然資源国≫≪太陽熱か?海の藻か?海底のガスか?≫

_news333【2012年10月】日本近海に存在するメタンハイドレートの掘削作業を2013年1月にスタートするニュースが! 日本経済新聞産出に成功すれば、世界初の快挙!

131_1

ヨーロッパ数カ国が大規模な 「デザーテック・プロジェクト」(太陽熱発電) を推進している!すでに伊電力大手エネル社は太陽熱発電所を開設しているのだが・・・

2000ages

日本の大手電力会社東電は原子!原子!の意向のようで≪威光も影を降し始めたようだが≫それはさておき


Aazu5

日本は、空の自然資源エネルギーではなく、海の自然資源エネルギーに海路を見出そうとしている「オーランチオキトリウム」は東北被災地の仙台・福島で実用実験に入り≪車を動かした!ジェット機だって夢ではない≫

同じ藻の種類でユーグレナ【みどりむし】は食用開発されていて≪製品化されているようだ!≫が、コチラも培養率の高さと、速さから研究が進んでいるようだ


Aaa0b7

驚きなのは、研究開発の結果が出て政府が目を転じているのが≪燃える氷!メタンハイドレート≫なるものだ!氷が燃えるのだから摩訶不思議だ・・・・≪心は凍ったり、燃えたりはするが!氷がね~ぇ・・・?≫

≪日本政府は国家プロジェクト予算として170億円を投じたそうです≫

Ages

日本の海の下に、この燃える氷!≪天然ガス100年分の消費量≫が埋まっていると言われていて、ついに2012年「バレンタインデーの日」に、世界初の掘削作業が始まると発表されました

     【燃える氷!”メタンハイドレート】とは


”メタンガス”と”水”が結晶化したもので、高圧で低温という永久凍土の地下や、水深500メートル以上の深海の海底で見つかっている天然資源で≪今回の掘削では、1000メートルよりさらに200~300メートル掘り進めるらしい≫

A

たかじんの「そこまで言って委員会」でもご夫婦で登場して「メタンハイドレート」を話していられた「青山繁晴・千春」夫妻!千春奥様は特許まで取って研究に余念のない・・


Photo
委員会の模様と氷のメタンハードレートを初めて見つけた時の分かりやすい紙芝居映像⇒■【コチラ】■


4_3_3

調査の結果では、≪驚きで腰が抜ける≫なんとなんと琵琶湖270杯分(7.4兆立方メートル)もの「メタンハイドレート」が埋蔵されていると推定!世界でも有数の埋蔵量が日本の近海にあるわけで、日本は資源大国ではないですか!

Aaa870638_0


調査といえば、「青山千春」博士の凄いこと⇒氷の「メタンハイドレート」の見つかった新潟近海、その日本海側の調査はほとんど行われてなく、東シナ海のメタンハイドレートについては、「青山千春」博士のの調査データしか存在しない・・・凄いと思いません!

≪だというのに?南海トラフには巨額の予算が投じられて政府主導で行われており、日本海側には・・動画紙芝居②で

A_2⇒■【コチラ!】■

日本海側の調査はほとんど行われておらず、東シナ海のメタンハイドレートについては、青山千春の調査データしか存在しない

≪中国や韓国の漁船ばかりではなく釣具を持たない船が近海をうろつくのも?どうやら・・・・≫
1004

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪デザーテック・プロジェクト≫≪太陽熱発電と風力発電≫≪サハラ砂漠≫

Mirror


2011・3・11・2・46⇒忘れがたい数字なんです!この日から再生可能エネルギーが多いに注目し始めた、といっても、これは日本のことなのかな?

Agesdezatekku

ヨーロッパでは、すでに数年前から途方も無いエネルギー計画が立てられているのですね!非営利団体の DESERTEC Foundationが、「デザーテック・プロジェクト」といって、太陽熱発電や風力発電を使って砂漠で電力を生み出し、その電力を消費地に送電することを推進促進するもの

20090806_1_1s


サハラ砂漠【サハラ砂漠はほぼ無人】に照りつける太陽の熱を利用することにより、エネルギー問題を一挙に解決しようという巨大プロジェクトなのだ!世界中の砂漠に降り注ぐ太陽エネルギー6時間ぶんが、全世界の1年間のエネルギー需要に相当するそうだ

Photo 【デザーテックの公式ウェッブサイト】

デザーテックでは、太陽光を鏡(ヘリオスタット)で一ヶ所に集光し、その熱でパイプ内を流れる液体を加熱し、発生する蒸気でタービンを回すという熱発電技術システムだそうだ!

02s


発電した電力は、地中海の海底送電網などを通じて欧州に電力を供給する計画で、太陽熱発電はエネルギー効率が太陽光発電と比しても極めて高く、ソーラー技術のなかで発電コストが最も低いことから、

20090714dem001b001

欧州大手12社、サハラ砂漠太陽熱発電計画を始動したのが2009年で!3年間かけて技術・財政・法制の3分野について調査を行う、2012年は今年だ・・・・

≪12社には、ドイツの総合電機大手シーメンスや独ミュンヘン再保険などが≫

Photo_2【デザーテック・プロジェクトを動画で観る】


世界の人口は増え続けているとはいえ、資源には限りがあるし、2030年には世界人口の3分の2が大都市に集中するようになるだろうし、環境面では、いま以上に極めて難しい課題が突出してくるだろうから

Money100_bills


現時点での大まかな構想では、発電規模は2050年までに欧州大陸の消費電力の15%を供給する計画で、2050年までの事業費は総額4.000億ユーロ(約51.6兆円)


このプロジェクトにより、2050年までにドイツ国内で24万人ぶんの雇用を生み、2兆ユーロぶんの電力を生み出世界の太陽電池市場は年40%の伸びを示す有望企業だ。「欧州の人は太陽光発電を【現代の油田】と考えている」

200desertec_concentrated_solar


英国は枯渇感の出てきた北海油田の代替として洋上風力を位置付け、再生可能エネルギーを基幹にしようとの政策が明確にして、洋上の60基もの世界最大級の洋上風力発電を使って、洋上風力にシフト

また石油にどっぷり漬かってきた米国といえども、エネルギー省が太陽電池の技術開発支援などに乗り出したそうだ・・・・・

2000agessakoku

日本はどうした???日本はいまだ文明開化に至っていないのか?鎖国をいつまで続けるつもりだろう?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪アメガワンド≫≪痛み≫≪ゼロポイント・エネルギー≫≪字も絵も書けないペンシル≫  パート②

Amegawand


アメガブラックアムワンドには12の異なる鉱物≪ミネラル≫とクリスタル≪水晶≫が入れるという専売特許を持つアマイズドFusion《核融合》テクノロジーでのエネルギーを活用している

Amega_amwand

さらにダイヤモンドの粉末を入れることで、より強い反応の結果をアマイズドFusionによって引き起こすということです【耳元で振ってみるとカシャカシャと音がします】

Mauzerjpimg600x3421317093808zikvnt6

この最新のブラックアムワンド・ティプ≪追加発売された⇒構成物の改善≫は、およそ30%効率がアップしましたり強力に品質アップしたたことで、エネルギーの増幅が高められました!すなわち、より活性化し、蓄えられたエネルギーを伝導率よく受けとることで、エネルギーを統制する事が可能になったわけです


Amegadirections

【どのように使うのか!】

① 先ずは、脳天でクルクルと3回時計回りにアメガワンドをまわします!次は眉間に向けて、さらにノド元で、心  臓辺りで、丹田(へそ下3寸辺り)、最後は生殖機能あたりで同じく3回まわします

Photo

② 指先にチップを当て、外にはじくように左右の指先全部を同様に行ってください!⇒コレは血流の悪いものを   はじき出すという操作だそうです
Photo_2

③ さらに指と指の間でチップの先を使い、ブロックされているエネルギーを解き放つ操作をして下さい⇒コレはリ  ンパの流れの悪いところをはじき出す操作だそうです

048_2

④ ブラックチップアムワンドを思いあたるところに時計回りに先ずは3回!改善なくば9回!それでも改善がみられない18回!とコレを繰り返し行うことだそうです

■より近づけて廻すことよりでエネルギーの増大と安定化の増幅効果があるのだそうです

【アムワンド(amega wand )ブラックチップの利点】

   ※  ホモオスタシス状態にもっていく(完全バランスが取れる)

   ※  ゼロポイントエネルギーを使って、身体のバイオエネルギ
      ーを構築する

9336597body

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪オーランチオキトリウム≫≪日本が産油国?≫≪ボトリオコッカス≫≪再生エネルギー≫≪渡邉信筑波大教授≫

Aaaaa■2012年元旦スペシャルTBS≪夢の扉プラス≫で「オーランチオキチリウム」の第2弾が放映されました・・・・【その「なか見!検索」】

0210_dsn_mannatech_bicycle


渡邉信筑波大教授は長年にわたり、今まで何百もの藻類を採集、研究・分析してきたところ2009年に沖縄の海から採集してきた藻類200株のうちの一つ「オーランチオキトリウム」という藻に注目しました

Ainimg_(筑波大学ー環境・生物多様性研究室WEB内写真より)

多くの藻類が太陽光を利用して光合成を行うのに、この「オーランチオキトリウム」は有機物を取り込む従属栄養藻類で、太陽光は必要としない藻だということ

20110225_03【オーランチオキトリウム!只今、培養中・・・・】

そして「オーランチオキトリウム」のすごさはその増殖スピードで、倍加時間は10℃で約12時間、20℃で約4時間、30℃だと2時間。光合成を行なう「ボトリオコッカス」と比べるとオイル生成量は3分の1と少ないのだが、なんと増殖の速さが36倍!オイル生産効率は単純計算でボトリオコッカスの12倍だそうだ

20110225_05


【300リットルの培養槽で、ボトリオコッカスを培養している】

ボトリオコッカス!特に渡邉教授がある湖sで発見した「藻」は、光合成でCO2が溶け込みやすく、増殖とオイル生産のバランスが良いのが特徴で、また有機排水(家庭・工業排水など)を与えるとボトリオコッカスの増殖が著しく促進され,弱光下においても高いバイオマステクノロジーが得られます。

Aazu5【細胞の外にあるのが油です!染色して黄色くみえるのが藻の油】


現段階では,1年間で1ヘクタール当たり,およそ100トンのオイルをとることができると試算されますが,1ヘクタール当たりその10倍の量のオイルを生産できるようになれば実用化に結びつくと考えられます

Photo_2

では、「オーランチオキトリウム」からどのくらいのオイル生産が可能となるのか?渡邉教授はこう述べている≪1ヘクタールの広さに深さ1mの培養装置を作ったとして、4日ごとに収穫していくとすると、年間約1.000トンのオイルがとれることになる。  ≪ボトリオコッカスの10倍の量のオイルが生産可能となる≫

倍加時間を4時間として4時間ごとに67%を収穫し、同量の新鮮培養液を継ぎ足すという連続生産システムにすれば年間10.000トン以上のオイルがとれることになる≫

Agesoil_2

現在日本が輸入している石油量は約1・9億トンだそうだ、連続生産システムを利用すると、2万haあれば2億トンの石油生産が可能となると試算している!

≪2万ヘクタール(200平方キロメートル)は霞ヶ浦の面積(220平方キロメートル)とほぼ等しい。東京ドームの4.000個分の方が分かりやすいかな!・・・そのぐらいの場所が確保できれば、輸入石油量がまかなえるのだ!≫

Aaaaaa0205021011234767920_2

教授はさらに、次のような提案を!平成20年度農林水産省の「耕作放棄地に関する現地調査」によれば、全国で28.4万haの耕放棄地が存在する。

そのうちの10%をオーランチオキトリウムの連続生産システムの用地として利用すれば、日本の石油必要量は賄われる計算となり、石油輸入国家から石油輸出国家に転換することも可能となる


_news333【最新情報・・・自然資源エネルギー開発!コチラは海底深くにある■「燃える氷!メタンハイドレート情報・・・・】■

このメータの空(エンプティ)に近い状況を打破できるかもしれません!⇒まさに日本は産油国と成りうるではないでしょうか・・・・・


Ca8pizwh_2


| | Comments (1) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪オーランチオキトリウム≫【たかじんのそこまで言って委員会】≪ボトリオコッカス≫【渡辺信教授】≪代替石油≫

Baner
   (筑波大学ー環境・生物多様性研究室WEB内写真より)
                                         【たかじんのそこまで言って委員会】で昨年来勝谷誠彦氏が、ことある毎に「オーランチオキトリウム」といって石油と同じ物を作る「藻」が自然再生エネルギーで凄いのだと!・・・・

A200511_img_8

≪番組の大御所?「三宅久之」さんが、この「オーランチオキトリウム」の事を「オーランチキチキ」と言った言葉が、ヒョットして⇒≪今年の流行語大賞≫になるかも?と≫

A6b8a1e8bebae69599e68e88

この「藻」は沖縄の海に生息する昆布やワカメの仲間なのだが、光合成をせずに有機物を食べて生きているそうだ!そしてこの「藻」を発見したのが筑波大学の「渡辺信」教授
が発見した物だそうだ

Aaaaaaoranntiオーランチオキトリウム

≪多くの藻類は太陽光を利用して光合成を行うのだが、「オーランチオキトリウム」は有機物を取り込み太陽光を必要としないそうだ!葉緑体を持たない従属栄養生物で、周囲の有機物を吸収して生育する 炭化水素を作り出す藻類なのだ≫

PhotoTBS「夢の扉」で、世界がビックリ仰天の大発見!以前から注目されている「ボトリオコッカス」の10倍以上の石油生産する能力を持っているといわれている≪沼や田に油がよく浮いているのは、こうした藻の為せることだそうだ≫


20110225_02⇒■ボトリオコッカス

渡邉教授のチームは重油に相当する炭化水素を産生する「ボトリオコッカス」の研究を進めていたのですが、弱点が⇒培養時間が遅く、コストが高くつくと・・・ところが、なんと、この弱点を解決する、新発見があったのですね


Aaaaaa0205021011234767920


渡辺信教授が、2009年に沖縄の海から採集してきた藻類200株のうちのひとつが、その「藻=オーランチオキトリウム」」で、なんと驚きはその増殖スピードだったのだ比較すると、オイルの生成量は1/3だが36倍の速さで増殖するため、オーランチオキトリウムのオイル生産効率は、ざくっと計算してボトリオコッカスの12倍と云うから驚きだ!

そんなわけで、「オーランチオキトリウム」と「ボトリオコッカス」のコラボで生産するオイルは容易に燃料化でき、石油会社が持っている技術を利用すれば化学製品の原料にすることも可能だということ

Aranns

[渡邊教授]が発見したオーランチオキトリウムはアメリカで数兆円の予算を組み先頭をきって研究を行っていますがアメリカをも脅かす素晴らしいものなのです。

B816654be119ec303e3039ec63983d14


教授は、沖縄のマングローブの根っこで発見したらしいですが、詳しい発見場所は当然なことながら極秘です!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

≪アンビットの新聞紙上記事≫ | ≪アンビットの登録≫ | ≪アンビットのQ&A≫ | ≪アンビット・エナジーについて動画で・・・≫ | ≪アンビット・エネルギー(Ambit Energy)≫     | ≪アンビット・・・=ペイジーの支払い方法≫ | ≪アンビット創業≫ | ≪アンビット概要ビデオ≫ | ≪アンビット登録方法≫ | ≪供給地点特定番号≫ | ≪切り替えのお手伝い≫ | ≪安くなるカラクリ?≫ | ≪新電力を創り出す新テク!≫ | ≪新電力会社の販売ランキングで≫ | ≪経済産業省の作成の公開ビデオ≫ | 【がん・ガン・癌のはなし】 | 【アセア=ASEA】 | 【アメガワンド】 | 【アルツハイマー・認知症】 | 【インフルエンザ】 | 【エネルギー問題】 | 【オリンピック&スポーツの祭典】 | 【サプリメントウオッチ】 | 【スーパーボウル】 | 【ミトコンドリア】 | 【ワイン・ワイナリー】 | 【中村天風】 | 【伝説スピーチ】 | 【偶然が生み出す発明&発見】 | 【免疫反応・応答反応】 | 【再生医療・幹細胞】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医食同源】 | 【原理原則】 | 【子供に影響を与える栄養】 | 【宇宙・科学・物理】 | 【放射能・原発問題】 | 【日本ハムファイターズ】 | 【日本野球連盟】 | 【時の話題・はなしのネタ】 | 【有名・著名・芸能人の訃報記事】 | 【未曾有の大震災】 | 【栄養・食べもの】 | 【植物ってえらい!植物ってすごい!】 | 【歌川国芳の浮世絵三昧】 | 【母乳】 | 【気になる・お肌のはなし】 | 【気になる本・書籍】 | 【水に関する話】 | 【注目のエネルギー】 | 【注目のテクノロジー】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【浮世絵・艶(え)本】 | 【知って得する話】 | 【科学の文献資料】 | 【科学の検査データ】 | 【糖尿病・肝炎・難病・奇病】 | 【糖鎖】 | 【細胞のお話】 | 【脳梗塞・脳疾患】 | 【自閉症・発達障害・ADHD】 | 【著名な作家・書家・画家】 | 【著名な科学者たち】 | 【話題のTV番組放送】 | 【認知症・アルツハイマー】 | 【誰しもが飲む水の話】 | 【警告!警鐘!】 | 【金貨のプレゼント】 | 【長寿の秘密】 | 【鳥インフルエンザ特集】 | 【ASEA・・・アスリート】