【糖鎖】

≪情報や本舗≫≪TGA≫【糖鎖の栄養素】≪認可製品≫【安心・安全・品質】≪オーストラリア保健省≫

Banerealswitchheader

最近、日本の健康食品でよく耳にする⇒【表記されている成分量の10分の1しか実際含まれていなかった】【まったくと言って入っていなかった】 

Tgalogowhite


この種のニュースもオーストラリアのサプリメントでは考えられないことです。なぜならオーストラリア保険省薬品・医薬品行政局では、治療効果のある医薬品やサプリメントの安全性や品質の管理を行っているからなんです

111227s

昨年!このような事も⇒オーストラリアTGAが医薬品成分 (シブトラミン) を含む製品【右の写真】に注意喚起をした!この健康食品 は、100%ハーブ由来の痩身目的の製品と謳って販売されていたが、医薬品成分であるシブトラミンを検出・・・
【詳細を読む】


Pic1_2

≪TGA≫=(Therapeutic Goods Administration)と呼ばれる厳しい基準を設けたもので、その≪TGA≫に認可される基準とは、以下に挙げられるものです

 1.安心して身体に使える安全な商品である

 2.成分中、及び生産過程に汚染が無い

 3.成分の表示に間違いが無い

Gnp【こうした検査が!】


また、TGA認可製品が信頼されている理由として、各製品に対して認可後も常に、抜き打ちなど様々な厳しい検査が続けられているという点が挙げられます。


この、TGAによる確かな安全と品質への追求により、オーストラリアの国民は、安心して薬品・サプリメントを使用しています。


【糖鎖の栄養素】は、TGAの認可を受けている製品で、安心して摂って頂ける栄養素なのです・・・

Logogmpcerts


さらにGMP・NSF・コーシャと製品の安全性&品質の安心と多くのサプリメントの中でも類のない栄養素では・・・・【もっと読む!】


Ages

≪NSF≫≪GMP≫≪コーシャ≫


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖鎖の栄養素≫≪多発性硬化症≫≪驚くべき回復!≫

S004

若い女性に増えてきた多発性硬化症 !難病も正しい栄養で・・?で「チームマナテック」のメンバーで多発性硬化症からの復帰回復を果たしてその後ボディビル大会で数回チャンピオンにもなった選手!その復活とは・・・

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
Banerealswitchheader

Photo 

←マーク・ジョーンズ(Mark・Johnes)は11歳の時、立ち木に突撃?激突!してしまった事からか、その晩には家の中の壁とか家具などにぶつかったりして歩くことすら、ままならなくバランスを取れずに転倒すらする始末でした!


Doctors


両親は心配のあまり、小児科医・専門医と観て貰いに行きました。15才になった時、二人の神経医ともう一人の医師が"多発性硬化症の診断を下しました、また別の二人の医師は”筋ジスロトフィーとの診断!

Photo_2


どちらにしても痛みで話すこと・書くこともつらく、ただただ祈っているばかり"うつ病"にも陥り、自殺を考える日々もありました。

Images

診断は21もの斑点がMRIの検査で脳に見られ、小脳の萎縮による進行性多発硬化症ということでした。脳の20%~40%が損傷があるためか、家に入るにも杖も使えずなんと這って入らなければならない最悪の状態を迎えていました。沢山の種類のクスリで胃や足・目に副作用がひどく本当にクスリを止めたいと思うほどでした

Photo_5

ちょうどこの頃、姉妹の友人でアンジーという女性が、「ある栄養素を摂りれることでメニエール症候群を含め様々な疾患から快方に向かっている人たちがいるのよ!」と数多くの実例を話してくれました、そして摂ってみてはどうか?と奨められました!勇気づけられた事もあり、アンジーの話すこのある栄養素を摂り始めることにしました

Photo_5ある栄養素【糖質栄養】

摂らなくても良いと判断できうるクスリを、いままでベッドに入る前に飲んでいた習慣を止めただけだというのに、何かしら目がはっきりとし出し、上手に話すことが出来たりと、体調の変化に気がつき始めたのです

Photo_2_2

22年間の病歴デモって、糖鎖の栄養素を摂り始める前までは、足が使えなくなり、おまけに視力も低下して焦点が合わずに見ることに不自由をを感じ始め、車イスの生活と90%以上の介護が必要となり施設への入所許可を余儀なくといった状況下にありました!

手・足・からだと幹になる筋肉の萎縮がすすんでいて、障害克服・体力増進のためにボディビルとウエイトリフティングのトレーニングを取り入れたのです!もちろん糖鎖の栄養素とニュートラスティカル【補完栄養・微量栄養】をスタートさせたことで、杖を使って歩けるようもなり、遠方への旅行にも一人で出かけることが出来るようにもなってきていたのです

Photo_6

3年後【40才時】には糖鎖の栄養素のサポートもあって、ジョーンズの鍛え上げられた身体は筋肉隆々の彫刻のような体型へと変身してきていました。トレーニングとこの栄養素の摂取とでパフォーマンスをあげてジョーンズは地方のボディビル大会や全国大会や国際ボディビル大会へ身体障害者としてウェイトリフティングに挑戦!各大会で6個のボディビルディングの勝者そして2個のウェイトリフティングのチャンピオンシップを保持するまでになったのです

Photo_3

この頃には、MRIの検査結果も当初”21”もあった斑点が、今では5つだけの病変の斑点が見られる程度に改善され≪多発性硬化症を好転させ、筋肉を再生させ斑点を取り除く事は医学的には不可能なのに!・・・・ダン・フォーツ博士≫
なんと、車椅子に乗った進行性の多発性硬化症患者が!ボディビルダーへと変身するなど誰しも考えない事が起きてしまったのです

Side_ttl_3この栄養素!摂ってみますか】⇒【コチラ

ダン・フォーツ博士【イリノイ州国立大学卒】はこのように言及しています「明らかに細胞は医学のテキストの本を読む事が出来はしません!しかし読むという事も知らない細胞が、健康な細胞へと修復したり、新生の健康細胞を打ち建てているので!と考えられません?」
Fda

* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものではありません

Photo_4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫【糖鎖の栄養素】≪その安全性!安心!≫【CRN】≪世界30カ国特許≫

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
Smoking_kills7


Crn01

日本の厚生労働省に該当する米国食品医薬品局【Food and Drug Administraion】略して「FDA」のウェッブサイトの検索サイト【右上のsearch】に糖鎖の栄養素の開発会社名「・・・・・」と入力してみたところ、362件の結果のヒットが!

トップの表示をクリックして出てきたのが【CRNという機関の“DOCKET NO. 96N-0417(資料案件ナンバー96N-0417)栄養補助食品に関わるGNP”(トピックス:提案された規則の経済影響)が26ページにわたるレポートを見つけました!

Photo_3

その21ページ目に「・・・・・・・」のGNPをクリアーしたCRNが検査終了した13製品の列挙を見つけます。≪CRN=the Council for Responsible Nutrition1973年に創立されたワシントンD.C.に拠点を置くこの機関は、成分供給元とメーカーを代表している栄養補助食品産業の主要な同業組合のうちの1つで、CRNメンバーは、倫理規定のコードを厳守します≫


≪糖鎖の栄養素の開発会社≫

Photo

13種類の製品群の列記【会社のコンプライアンス抵触により表記できません】拡める気が、あるのだろうか?疑問です・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ca4zilyx

その製品群から「・・・・・・・・」と入れてみると52件の結果が出てきて、そのトップは糖鎖の栄養素の開発会社がFDAに報告し、許可を得るために 提出の製品成分のドキュメントファイルでFDAの受領のスタンプの押印がありました!いずれも2003年ごろの情報ですが・・・・

Gmpbig


日本では2007年ごろから栄養補助食品であっても厚労省がGMPを提起し始めたことから、多くの栄養補助食品を取り扱う会社が「わが社の○○はGMPに基づく・・・」云々と声を大にしていますが?実際にはこうした裏づけを持ち合わせた会社はごく少数ではないでしょうかね!

GMPは本来、医薬品の製造、加工、個別包装、保管において製造業者が遵守しなければらない内容を明確化したものなんですが!「mannatech」の糖質栄養は食品でありながら、当初から採り入れているのです】

Ch5_bookoflife

決して手前味噌ではありません!2007年ごろからですが、日本ではなじみの無いことはさておいて、アメリカでは歴史と由緒のある第三機関から認められるコメントとか認証・承認が出され始めているという事実認定があるからです


一つには一昨年の「スクリプス研究所」のナチュラル・サプリメントカンファレンスに出典して多大なる評価を受けた事【既にブログにアップの記事←クリック】
≪”スクリプス研究所”とグーグルの検索!日本では4,460件ですがアメリカでは2,350,000のヒットですよ!「糖鎖の栄養素の開発会社」は、今年もこのカンファレンスにパネル発表で参加しました≫

Photo_3

一つには2008年から2009年にかけての「NSF」での製品の安全・安心での評価を受けたという事実【コチラもブログにアップ記事←クリック】


| | Comments (0) | TrackBack (1)

≪情報や本舗≫【糖鎖の栄養素】による【小脳動脈瘤破裂】からの驚くべき回復!                                      【報告事例】パート③

02

Photo_4

アルバータ大学医学部【カナダ】を卒業したアレックス医師は1987年に小脳動脈瘤破裂(右側)による頭蓋内の大量出血に襲われました!まったくもって健康で医療に携わって来たというのに

Photo_12

1987年11月5日の午後10時40分!自宅で起きた突然のことだったそうです。奥様の迅速で的確な判断で救急車~病院と!その運ばれた病院はアレックス医師が主任医師として今さっきまで医療現場で活躍していたのですから!救急救命の最高のスタッフと最先端の医療技術による緊急処置を受けてほとんど死んでいた命をとり止めたのです!


Photo_5

緊急処置から24時間後!状態が安定したので、破裂部分を修復して、脳の血流を取り戻す脳外科手術にとりかかりましたが場所が場所だけに9時間の大手術だったそうです。

その後はICUで昏睡状態にあり、完全に回復するのはとても難しいと思われていたらしく医局の掲示板にはアレックス医師の状態が毎日「昏睡状態、危篤、回復の見込みなし」と書かれていたそうですよ!

Photo


そして4ヵ月後、ついに昏睡から醒めはしたものの、全く何もすることが出来ず(歩く・話す・食べる)すべてのリハビリ
を病院で何ヶ月も続け、家に戻ってからもさらに何年も続けたのです

元の生活を取り戻そうと努力をしての12年間!そんな中ちょうど2000年に秘書がある糖鎖の栄養素による体質改善を紹介してくれたのだそうです。医師としてか最初は半信半疑だったようですが、いろいろ調べていく内に生物的・生化学的にも納得のいくものだと分かったのです

Photo

奥さんとも話し合いの上、その糖鎖の栄養素を摂り始めたところ、数ヶ月の内に効果が現れてきたのです。まずはエネルギーレベル・記憶喪失・認識障害といった状態に変化が現れました

気分も非常に良く、昼寝の必要もなくなり、ヒザから下の感覚も戻り転ぶこともなく4ヶ月後になったのです!12年間、悩まされ続けた頭痛も減って、2000年の7月以降、多くの鎮痛剤がマジック?のように私のポケットからドンドンと消えてしまったようです!と・・・


Photo_13

すべての面で改善がみられ、毎日エネルギッシュな活動ができるようにもなった今は、障害年金も必要ではなく。市立大学で解剖学と生理学を教え、公開セミナーでは、科学と糖質栄養素の素晴らしさを教え、今では16年前の1987年以前に、タイムスリップでもしたかのように、日に16時間以上も働くこともしばしばです。糖鎖の栄養素を取り始めて年経ちますが、いまだに健康が向上しているように思います!

103_3     【画像クリックで拡大

あえてこう呼ばさせて頂きますが「糖鎖臨床医学」によって再び命を与えてくれた糖鎖・糖質栄養学は大変重要なのです。細胞が正しく機能していれば、あなたは健康です。細胞は、正しい栄養素さえ与えられれば、自分で自分を修復する力を持っているからです

                                                                    □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
8sugars


糖鎖の栄養素の開発者の一人「レジ博士」はかつてからこの栄養素が糖鎖の形成に大きく関わることと同時に、この栄養素によって、血中の幹細胞が増加すると推定されることによって人の何かによって欠けているところに働くことで、原因などよくわからないている病と言われているものに

糖鎖の栄養素が働いているのではと考えていたことが2004年のJAMA=アメリカの医師会のレビュー誌に脳細胞・神経細胞は再生される事が発表された事からだったのです!

News1

1996年に世に出た「糖鎖の栄養食品」は現在30ヶ国で特許承認されていますが!その4年後にアレックス博士が秘書からの情報で、調べてとり始めたことで伝聞手記のようなことが起きたことは、まさにレジ博士の推定していた考えと一致すると思いませんか?【私見ですがね!】

Photo_8

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


                                                              
【悪魔の苦しみが⇒喜びの笑顔に】

Nlesqw


 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖鎖≫≪インスリン分泌≫≪理化学研究所≫≪トランスポーター≫

Banertop_main


News1

Googleの機能に「グーグル・アラート」という指定したキーワードに一致する検索結果(ウェブやニュースなど)をメールで配信してくれるサービスからキーワード「糖鎖」のアラートが鳴り響きはじめた?

「膵臓(すいぞう)β細胞の糖鎖異常が糖尿病発症につながる」分かりやすく副題が⇒≪糖鎖がインスリン分泌を決めることを初めて発見≫と・・・

■-糖鎖がインスリン分泌を決めることを初めて発見-■
http://www.riken.jp/r-world/info/release/press/2011/110815/

A365406


発表したのは昨年の事業仕分けでスーパーコンピューター開発で、当時は溌剌・颯爽と「一番でないとダメなのですか?二番ではダメなのですか!・・・・」高名≪高慢かも≫な大臣「レンホウサン」の追究を受けた【理化学研究所 ※】の嬉しいニュースでした

Aphoto_4 ⇒【画像リンク元】

【余談:レンホウサンが大臣に就任になることに懸念をもっていた、あの自民から何故か椅子とリに与党にお入りになった与謝野馨氏の椅子とリゲームで転げ落ちられ、無念かな!恋々(レンレン)と民主に身を奉じたというのに「レンホウサン」

  椅子をとり損ねた、蓮舫さん!金魚をのように赤くなれない「どじょうの椅子」は、シッカリと摑んで居残ったようだ・・・・


Ax7ep77


※ 「理化学研究所」:ノーベル賞(化学賞)を受賞している野依良治プロフェッサーが理事長を務める。また今年になって日本学士院賞を受賞した谷口直之教授(理研-産研アライアンスラボ)は糖鎖の研究でも第一人者です


Photo_3

糖鎖の糖尿病に関わる発表でした。糖鎖の話を聞及んだ最初から「糖鎖がインスリン分泌を決める」ということを、お互いカギと鍵穴の関係のたとえ話で認識していましたので、化学音痴の私でも少しは読んで理解が得られました


Photo

【冒頭一部・・・抜粋】

◇ポイント◇

※ 膵臓β細胞の血糖認識にはグルコーストランスポーターの糖鎖修飾が必要

※ 膵臓β細胞の糖鎖修飾機能を維持することで糖尿病を予防

※ ヒト2型糖尿病患者のβ細胞でも、糖鎖修飾機能が低下

膵臓(すいぞう)β細胞から分泌されるインスリンは糖代謝に重要な役割を果たしています。膵臓β細胞は、血糖レベルを認識するために細胞表面にグルコーストランスポーターを発現させ、そこを通過して細胞内に流入したグルコースがインスリンの分泌を引き起こす

Brain

そのシグナルを発生させる仕組みになっています。2型糖尿病の発症過程では、β細胞表面でのグルコーストランスポーターの発現が低下するとともに、血糖認識機構が不全となることが知られています。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖質栄養素≫≪安全・安心性の証明≫≪NSF≫≪GMP≫≪品質の安全・安心性≫≪KOSHER≫

Photo

=============================
世界的な医学誌・科学雑誌・メディアに収録&紹介されている糖鎖の栄養素=糖質栄養素ですが、2011年には
製品の原材料から製造過程まで厳しくチェックされるコーシャ【KOSHER】の認定を受けたのです!

Nintei_img

その判断基準が細かく厳格がゆえに、品質の安全性に信頼がおける証ではないでしょうか!どんな企業が取得してるかというと 【コカコーラ】【ネッスル】【ハーゲンダッツ】 【リプトン】【ゴディバ】【タカラ酒造】 などの有名企業を初めとする7000社以上の世界企業が取得      ≪今回糖質栄養素も取得≫

Ageskosya

コーシャ【KOSHER】の公式ウェッブに≪Search the OU Kosher≫のページがあってプロダクト・サーチが可能です! アルファベット入力するとズラリと出てきます「M&A&N&N&A&T&E&C&H」
http://product_search.oukosher.org/

チョット説明が・・・日本事務所のサイトは⇒ 【コチラ】

Nsf

コチラは2008年6月25日の糖質栄養素の安心安全の世界的には著名な「スクリプス研究所」≪日本では何故か?馴染みが薄い!≫で、天然由来のの栄養素のコンペで、この糖質栄養が腸管でシッカリと腸内細菌によって分解吸収されていることが証明されたと言って過言ではないのですが!

Ah112

また世界保健機構【WHO】の食品・飲料水・室内空気・サプリメント等に関する品質を検査するためのNPO法人として国際的な活動を行い、また食品工場で使用される化学剤の国際的な登録機関でもあるNSF(National Sanitation Foundation) International)が、この糖質栄養【9種の多糖類とグルコサミンを単糖でミックスしたパウダー⇒旧タイプと新タイプの2種類=糖質栄養の開発会社社】がNSF/ANSI 173 Dietary Supplements Standard の基準を満たしているとの証明をもらいました≪有料の検査機関でGMPが条件になっています≫

Nsf_blue


                  【Finished Products】

Trade Designation Product ID Product Form Manufacturer's Recommended
Daily Serving Size   Botanical
■Advanced A・br・to・e・capsules      N/A Capsules       4 Capsules
■Advanced A・・rot・se・complex powder  N/A Powder        1,340 mg
■A・br・・oseョ complex capsules       N/A Capsules       2 Capsules
■A・bro・・seョcomplex powder        N/A Powder        880 mg

上記「NSF]の証明の公開アドレス
http://www.nsf.org/Certified/Dietary/Listings.asp?Company=4P070&Standard=173

<Photo_22010年最新版】ではNSFで追加承認された製品が列記されています「抗酸化剤入りのAOカプセル」「ミネラルも植物由来による特許製法の総合ビタミンミネラル剤」「ヤムイモを主成分にした栄養剤」ほか


Gmp

この発表は糖質栄養のラベルに記載されている成分!その製品!の純度が許容できるとの証明をしたことになります。また製品の製造過程においてもグッド・マニファクチャ―リング・プラクティス【GMP】に対応していることへの評価!なぜなら製造メーカーがこれらの厳しいGMP検査基準に応じない限り、NSFは製品を保証ないという事です

10534

メーカー側は「厳しい純度標準を満たす成分を選ぶことに加えて、すべてのそのメーカーが業界標準GMPsを支持することを確実として、そして絶えず製造パートナーをモニターして、弊社製品の有効性と純度の頻繁な社内で独立したテストを行います」と

Cover_nature3

また「糖質栄養の開発会社の基幹製品のパウダーは世界で初の糖質栄養補助食品で43以上の特許でのテクノロジーを もって製造されています」


研究開発に関わる科学者は「特に健康と健康の問題に関して、品質は特に知識のある顧客が決して妥協しないということです」&「特にベビーブーム世代の間で、開発会社、は非常に積極的に、健康増進に取り組む忠実な支持者の賛同を得ています!旗艦製品の「9種の多糖類と1種の単糖(グルコサミン)をミックスした製品」、この第三者=NSFの証明は糖質栄養の顧客が長年知っていたものの確信です-今後も製品・品質・製品科学で最も高い標準を追求することを約束をします」と述べています

Photo_3

NSF International概要
NSFは60年前にミシガン大学公衆衛生学部から派生した非営利,非政府機関です!NSFは米国国家基準局(ANSI)が認定した最初の第三者機関で,国家基準を開発できる機能を持っていて、NSF基準は主に食品,飲料水,室内空気の安全、サプリメントに関連し,産業,消費者など全ての利益を考慮したコンセンサスに基づくものである。NSFは様々なStakeholder委員会や公衆衛生関連委員会を通じて基準開発に必要な適切な公衆衛生安全対策を指導する役割を持つ。

Photo_7

NSFはまた,世界保健機構の食品・飲料水・室内空気安全協力センターとして国際的な活動を行っている。NSFの製品および管理システムの認証サービスは,ISO9000,ISO14000,HACCP9000をはじめ,飲料水添加物,飲料水システム関連部品,食品加工機械,栄養添加物,GMOなど広範にわたり,現時点で140,000の製品・サービスまた4,000に上る企業がNSFの認証を受けている。


Gmp_2

GMP(Good Manufacturing Practice)医薬品等の製造所の設備(ハード)と製造管理及び品質管理(ソフト)に関する基準です。 GMPの内容は、①人為的な誤りを最小限にする ②医療品に対する汚染及び品質変化の防止 ③高度な品質を保証するシステムの設計 、以上のの3要素を基本にしており、それぞれについて、マトリックス的な管理を行うことを定めたものであるといえます。本来は薬品に適用されていたもので平成17年の薬事法改正により、従来の製造承認制度から製造販売承認制度に移行しました。このことにより、今まで以上の分野において、より適格なGMP管理が要求されます。 (薬事法改正に伴い、医療機器(従来の医療用具)GMPの抜本的見直しが行われ、医療機器の製造業の許可要件となっていたGMPが「医療機器における品質マネジメントシステム:ISO13485:2003」に準拠した内容に改定されました。 ★【開発供給会社での糖質栄養は食品です!それなのに自主的にこうした厳しい基準に適応しているからこそ今回の快挙といえる証明が保証されたのですよね!】

Aaigtrmages


| | Comments (2) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪3人の医師の身に起きた奇跡のようなお話!≫【報告事例】パート①

Aimg141


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

アメリカでは7000人を超える多くの医師たちが、糖鎖の栄養素=糖質栄養素の効果を認めています!
Img_downloads_mrlogo

特に3人の医師の糖質栄養による生活改善(QOL)された体験を、敬虔なキリスト教徒でありマナリリーフと言う慈善団体(【72カ国、4万2000人にのぼる子どもたちへ栄養補助食品を届けし続けている】
Alinda

この中心的人物の「リンダ・キャスターさんが、そのマナリリーフのことと、現代のアメリカの奇跡といわれるバイオテクノロジー企業の創業の回想録「確固たる運命」のなかで著述されていましたのでご紹介します!≪日本でも始まっています=マナリリーフ・ジャパン=詳細はPDFにて≫

【カナダのエドモントン「ロイヤル・アレクサンドラ病院」元医局長】

Noimage_01

■元医局長は、1987年に突然!重度の脳卒中に襲われました。これほどの脳卒中ですと、生存率はわずか10パーセントであると言われています。博士の脳は30パーセントもその機能を失い、教えることも、医者として働くことも不可能になりました。
Photo_5


元医局長は他の医師たちから、鎮痛剤を飲みながら残りの人生を過ごすことになるが、その状況を受け入れるべきであると助言されました。それから十年以上経って、元医局長は糖質栄養素のことを聞きます。

Photo_3

そこで手に入る文献はすべて読み、自分でもそれを試してみる決心をします。糖質栄養素の製品を摂り始めてから4ヵ月後、博士の生活の質は劇的に向上し、思考も明晰になってきました。
博士は、自分の脳細胞の再生と、摂取している製品との間に直接的な関係があると信じています。博士は、この製品が自分の命を回復してくれたと認め、今では世界中を回りながら何千人もの人々に、糖質栄養学のテクノロジーについて、また、その効果について説いています。

Doctors

【2004年に「ハーバード医科大学」の元微生物学教授】

米国特許商標局に23年間勤続され定年退職しました。博士は、生物学的に効果のある物質や配合を調査する部門の長でしたので、過去20年間になされた最高の栄養学的、薬学的発見について、豊富な知識を持っていました。


Caoxi7st

最近のインタビューで、博士は次のような発言をしています。特許局で働いていた期間に自分が目撃したものの中で、最も意義ある発見、また、医療保険の将来に大きな影響をもたらすようになるかもしれない発見、それは糖質栄養素の発見であると!


【ベンジャミン・カーソン博士】-(ボルティモアに「ジョン・ホプキンス大学」小児神経外科部長)
Caofel61

■当ブログにも数回書き込みをしている、タイム誌でもCNNで も、在米医師トップ20の一人に挙げているベン・カーソン博士!そのカーソン博士は、1987年に、ドイツのバインダー・シャム双性児に対する頭部接着分離手術を主導しています。このような手術で、分離された双生児がともに生存したのは、これが始めてでした。

Carson_thumb

このように医療の分野で最も影響力のある博士が驚きの発言をしてくれているのです、2002年、博士は、進行性の高い前立腺癌にかかっていると診断されました。博士は、通常の治療法では回復する可能性が低いと判断し、栄養素を用いた補完治療の可能性を探ることにしました。

Photo_2

カーソン博士が治療しているある児童患者の父親が、レジ博士と連絡を取って、糖質栄養素の使用法について話し合ってはどうかと提案してきました。【補足:レジ博士はベン・カーソン博士がアメリカにとって多大な損失どころか彼は世界にとって必要な医師で絶対に救わなくてはとの使命に燃え力強い説得に入ったのでした】

8esdsential

数時間の話し合いを行なった結果、ベン・カーソン博士は自分でもその製品を試してみることにしました。通常の治療と糖質栄養素の併用により、予想以上の効果が出ました。治療中も生活の質は保たれ、手術後の回復は予想以上で現場復帰は6ヶ月と多くの医師らが判断、ところがなんと、3ヶ月でベン・カーソン博士は医療現場に戻られたのです!

Photo_10

カーソン博士は手術はしなくても良い状況まで回復していたのですが「このことは偶然にも私の身に起きたことかも知れない、そこで糖質栄養で多くの人が私と同様なことが起きると思われてしまうことは、非常に危険なことだから私は西洋医学の世界で生きている人間でもある、だから手術はするのです!」と素晴らしい医師ではありませんか!


レジ・博士は、ある医学シンポジウムでカーソン博士が自分の体験について発表するのを聞きました。カーソン博士は大胆にも、癌と戦うための自分の秘密兵器は、補完治療のために摂取した糖質栄養素製品(パウダー)であると発表したのです。


レジ博士の話では、その瞬間、彼は座っていた椅子から落ちそうになったとのことです。博士は、同僚の医者たちを前に、得に癌専門医たちを前に、このような大胆な発言をする勇気を持った医師を見たことがなかったのです。


Jyunnbiages

レジ博士は、糖質栄養の開発会社元CEOで「確固たる運命」の著書リンダ・キャスターとは運命共同体=夫婦!】に、ベン・カーソン博士の講演は、今まで聞いた中で最高のものだったと告げました。そして、どんな犠牲を払ってでも、ベン・カーソン博士に糖質栄養素の研究開発会社の国際大会で講演をしてもらうべきだと提案しました。

Photo_4


元CEOはそれを受け入れ、ベン・カーソン博士に電話を入れました。カーソン博士の返事は、喜んで講演をするが、謝礼はすべて、自分が運営している恵まれない子たちのための財団に送ってほしいということでした。カーソン博士は、マナフェストに事務部門の秘書アンドレイ・ジョーンズを連れてきました。
彼女に会った瞬間、神様が新しい贈り物を私たちマナリリーフに送ってくださったことが分かりました  出典:確固たる運命


183576_10150415775260179_515880178_


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪臨床医の伝聞≫≪糖鎖・糖質栄養素≫・・・【臨床体験】

Doctors_2


■以前の私は週80時間以上働いていましたし、夜間や週末、休日の往診も引き受けていました。病院では毎日30人以上の患者を診察し、病院での回診やケア施設の訪問、緊急手術、またそれ以外の病院での事務的な仕事もすべてこなしていました。そして私は、家内の理解もあって自宅で電話相談も受け、さらに病院の出張所でも仕事をしていたのです。

Intro_to_glycobiolgy001002

その一方、定期的に運動もしていましたし、ラケットボールや犬といっしょに走ったりもしていました。それゆえに、突然重大な小脳動脈瘤に襲われてしまったことは、私にとってとんでもないショックでした。

私は少なくても外見は完全に健康でしたし、疲れを感じることもありませんでした。仕事に生き甲斐を感じていましたし、人を助ける願望が人一倍強かったのです。でも私は、基本的なルールを忘れていました。症状がないということが、完璧な健康を意味するわけではないということを…。


Photo

■1987年11月5日の午後10時44分までは、私は完全に元気でした。しかしその1分後の10時45分に、私はほとんど死んでいたのです。私は右側の小脳の中間部の動脈瘤破裂に襲われたのです。大量の出血がありました。

Photo_8

ものすごい頭痛に襲われ、死の寸前にありました。でも私は、死ぬ前に家内に何が起きているのかを話すことができ、家内は次に何が起こるかを予想することができました。だから家内は急いで救急車を呼んで、私を病院に運んだのでした。

Photo_9

病院で…私はその病院の主任医師でもあったので、緊急手術のための最高の専門スタッフたちが私の到着を待っていました。私は緊急処置を受け、その結果非常に幸運なことに命をとりとめたのです。アメリカの医師たちは、緊急時には素晴らしい仕事をしています。その技術は世界一であり、私の命が助かったのもすべて彼らの素晴らしい技術のおかげです。


Photo_2

緊急処置からほぼ24時間後、私の状態が安定してきたので、9時間に及ぶ脳外科の手術を受け、破裂していた部分を修復し、脳の血流を取り戻すことができました。


しかし私は何日間もICUで昏睡状態にありました。完全に回復するのはとても難しいと思われました。あとで分かったことですが、医局の掲示板には私の状態が毎日掲示されていたのです。それはいつも「昏睡状態、危篤、回復の見込みなし」だったそうです。 

■「その日」から4ヶ月後、再び人生が蘇った

Chronic_illness

しかし私は、ついに昏睡から醒めました。が、全く何もすることができませんでした。歩くことも、話すことも、もちろん食べることもです。それからはすべてのリハビリや、物理的な治療、心理的な治療を行いました。リハビリは病院で何ヶ月も続き、家に戻ってからもさらに何年も続きました。何年もかかって私は徐々に回復してきました。やるだけのことはすべてやったのだからもう慣れるしかない。私はそう思っていたのです。
 その当時の私の状態は、こんなふうでした。


Photo_10

短期間の記憶喪失と認識障害、極度の疲労感があるため、2時間ごとに眠らなければならない。たとえば…、朝起きて、朝食を食べて、少し寝て、昼食を食べて、少し寝て、夕食を食べる、そして少し休息をとって、眠りにつく。


平衡感覚の問題もあり、ヒザから下の感覚がないために、よく転びました。また脳外科手術の合併症で、しつこくてひどい頭痛がありましたよく真夜中に目が覚めて、うめいたり、痛みで泣いたりしました。したがって私はあらゆる種類の痛み止めを使っていました。家内はよく起き上がって、私が息をしているかどうかを確かめたそうです。

1qnz_2

こうして私は12年間の毎日、たえず痛みと疲労といっしょに生きてきたのです。
 私は生きてはいましたが、生活があるような状態ではありませんでした。生きがいを見つけるためにボランティアをやろうとも思いましたが、そのたびに、医者でありながら何もできない自分に気づかされ、とても憂鬱になっていました。

■幸運な出来事が・・・【今考えると】

Photo_2

そんななか、ちょうど2000年の春、ある糖質栄養素による体質改善を秘書から紹介されました。しかし私は医者でもあるため、糖質栄養素が自分の体を治す助けになるということに、とても懐疑的でした。私は何時間もコンピュータを使ってglycoscience.comやMedscapeといったサイトをリサーチしました。そして、「もしここで言われている通りならば、すぐに試してみよう」という結論に到着したのです。

9336597body

■すると…、何ヶ月もたたないうちに、エネルギーレベルや記憶喪失、認識障害といった状態に変化が現れました。そして気分も非常に良くなったのです。もう昼寝をする必要もなく、ヒザから下の感覚も戻ってきて転ぶこともなくなりました。4ヶ月後には全く頭痛を感じなくなりました。2000年の7月以降、私は一切鎮痛剤を使っていません。

Photo_11

とにかくすべての面で生活が改善しました。休まなくても毎日活動ができるようになりましたので、私はいま市立大学で解剖学と生理学を教えています。そして公開セミナーで、科学と糖質栄養素の素晴らしさを講義しています。

こうして糖鎖臨床医学は、私に再び命を与えてくれました。栄養学は非常に重要なのです。細胞が正しく機能していれば、あなたは健康です。細胞は、正しい栄養素さえ与えられれば、自分で自分を修復する力を持っているのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ひどい火傷≫≪2ガロンのガソリンが爆発≫≪糖鎖の栄養素≫≪驚きの結果!≫【報告事例】パート⑨】

【原文】を翻訳したものです
http://www.livingsugars.com/burn.htm

Banertop_main_2


糖鎖の栄養素はジェームズ氏のひどい火傷を・・・・!≫

Burnface

妻と私は1994年に「植物由来の栄養素」を食生活に摂りいれ始めることにしました。ベビーブームに生まれた私たちは精神的にも高品質のサプリメントを使用することによって病気を予防して、能力障害を避けようと考えています。私たちは、今日の食物が最善であっても、私たちの身体の需要を満たすことができないと云うことを知っています。

そして、2年後に、私たちは、「植物由来の栄養素」の真のパワーの驚くほどの凄さを、初めて体験したのです。

Aa

1996年10月16日に、家の庭で芝刈り機で仕事をしている時に、2ガロン(7リットル)のガソリンが私の顔で爆発して、あっという間に火達磨となり、数フィート離れた砂利の歩道に吹き飛ばされたのです。運が良かったのですね、私の妻(ダイアナ)が近くに居たことで、そして、彼女は火を消そうとして上着を持って、私の上で飛び回りました。妻と私は、家に急いで入り、ダイアナは911にすぐ電話をしました。救急車が来る間、私たちは浴室の中で、すべての汚れや土を洗い落としかけながら、ぶら下がっている皮膚を切り落とし始めていたのです。

Burnarms

私の肘から指先までが、特にひどく火傷していました。他にも私の胴体部分の上と、頭と首の周りにやけどの個所がありました。鏡に顔を写してみると、私の顔がまるでブローランプで爆破されたように見えて、私は妻に言いました、「今までで、一番ハンサムな男のように見えないだろうかね!」。救急車の運転手が到着したとき、私たちが傷をきれいにして、新鮮な「アロエベラ」と「植物由来の栄養素をベースに混ぜ合わせたゲルを塗り終えるまでは、救急車には乗らないということを知って

Aaa

救急隊員が、救命緊急病院からの問い合わせに「いいえ、彼らは、まだ車には乗っていません」と言って、送受信兼用の無線機で病院と話していたことを覚えています。「彼らはまだ救急車には乗ってないです。」私は病院に行く前に入念に事前の手当てをしておくことを切に望んでいただけなのです。ついに、病院に到着しました、そして、私は火傷の緊急治療センターで、およそ1時間ほど、病院との対応で過ごしました。

Photo


私がすべての抗生物質を拒否したとき、普通の患者ではないということをスタッフは感じたのではないでしょうか。ひどく焼けただれて、胴体の上の周りは多くのナパーム弾を受けたクレーターのようになっていて、医師らが29%の火傷状況を判定した彼らは抗生物質を使わなければ、感染するのを避けることが出来ないと、しかし、私はそうしたくないと頑なに断ったのです。私は高められた免疫システムを信じていたからです。翌朝、医師は病室に入ってきて、複数の移植用の皮膚片が必要であると、そして少なくとも2週間の入院が、必要であると言いました。

Photo

次に、私はできるだけ円満に応じようとしました。「そうですね、そうしますか、それともそうしないかです」彼は少々むっとしてその問題に、こう云いました、「するかもしれないし、しないかも知れないとは、どういう意味ですか!」。私自身が医師ではありませんが、医師の役割を担うことで、自身にしたことをやり続けたいのです!と説明しました。(医師は私にとって、下請契約者でしょう)、そして自分に対して彼に許容したことだけに責任を負わせるでしょう。私は、栄養素を取って、妻の手作りの健康な食事を食べて、いくつかすべてを癒して、皮膚片の移植手術による諸問題を回避したいとの思いが強いと医師に言いました。

Glycoburn

医師は私のプランに決して満足しているように見えませんでした。医師は、移植用の皮膚片が必要であると言い残して病室からさっさと出て行きました。そこで、最愛の妻ダイアナが健康な食物を私に持って来てそれと特別なサプリメントを毎日摂ることで、私のそばにいて、共に祈りました。

また、彼女はマスコットとして可愛いぬいぐるみのタイガーを持って来ました。彼女は、「植物由来の糖質栄養素」を治療のゲルに混ぜて、それを私の火傷のすべての生傷に当てることによって傷を治療しました。

Imgh2

看護婦たちはこの手順をまわりに集まってきて、見るのですが、なかなか「広げる赤」(感染)を探し当てることは出来なかったのです。それでも、医師たちも看護婦たちも1日か2日たっても、少しの感染も見ることが出来ませんでした。実際、看護婦たちは、いまでは、好奇心をもってまわりに集まり、私を元気づけてくれたのです、なぜなら皮膚と神経が驚くほど急速な速度で生まれ、かわっていたのですから・・・

6日後には、その火傷の治療室から歩き始めたのです!妥協しなかったことで、医師らが2週間以上治療に要すると予測したことはなんとしたことか。医師は3週間以内に腕の火傷跡が残らないよう圧力服に戻るように云ってきました。

Burndone■ジェームズ氏の8ヶ月後【ケロイド状態が見られない!】

3週間後、なんと傷跡が残るという事がなく、医師は圧力服を奨めることをしませんでした。実際には、4週間たって人々が、顔が前より元気に見えたと言っていました。過去数年間にわたって私の皮膚は絶えまなく、好転していきました。医師が、火傷した部分で皮膚着色を欠くことになると言いましたが「植物由来の栄養素」をしっかり摂って、皮膚の上でそれらを使用し続けました。


いまは、皮膚のやけどの部分はしっかりと健康そのものです、そして、ケロイドの後も見えません!だれも、私が今までに大きな火傷を負ったなどと思う人などいないでしょう!この「植物由来の栄養素」の補完と画期的な製品が回復の不可欠の鍵であったことを確信しています。(回復していくことが、破壊的な結果から防いでくれたのです)。

私の妻は、私がこれまで以上にハンサムだと云ってくれます!

               ≪訳文 2005・1・3≫

Fda

* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪正常細胞がガン細胞を食べる≫≪神戸大チーム≫≪免疫細胞がガン細胞に突入≫≪トレハロースの林原≫

Barner


GW明けの15日に、がんのもとになる異常な細胞を、周囲の正常な細胞が食べて破壊するメカニズムを神戸大大学院医学研究科チームが解明したとのニュースが!


【ニュースはコチラ】
004


がんのほとんどが臓器の内部を覆う「上皮組織」の細胞で発生していることから、神戸大チームが実験を!

Aaphoto

その結果、「上皮組織」で一部の細胞ががんになりかけると、隣の正常な細胞で特定のタンパク質の働きが活発になり、ほかの細胞を食べやすいように形状を変化させていた。その後、異常細胞を生きたまま丸のみして破壊!


Download_pdf 【神戸大の図解入りのPDF】


Photo

昨年これとは逆のがん細胞に正常細胞(免疫細胞)が入り込んで破壊すると言うニュースもありました。まさに食うか!食われるか!の違いはあれ、がん細胞を攻撃死させることでは変わりない事です


Photo_4

2010年9月トレハロースのリーディングカンパニー「林原」の林原生物化学研究所が2006年に発見したT細胞「HOZOT」(ホゾティ)が、癌細胞の中に積極的に侵入し、まるでトロイの木馬のように外部から癌細胞内に侵入し内部から癌細胞を死滅させることを世界で初めて確認したとの、ニュースから半年というのに

_news■2011年2月、「林原」と共に林原生物化学研究所は会社更生法適用を申請、更生手続開始されたのですが、この発見により、各種の疾患治療を目的とした臨床応用、特に新しい抗癌メカニズムとしての活用の可能性が高まった!その活用では

■抗癌作用を持つ免疫細胞として、癌患者自身の血液で【cell-in-cell活性】を持つ細胞を作り出し治療する

■新たな癌治療法として、抗癌剤の効きにくい癌に抗癌剤を直接運ぶ「運び屋」として利用する

<≪日本癌学会学術総会≫での発表に使われたであろう電子顕微鏡写真がコレだ!

325_image_7325_image_8_2

▲⇒【左図】 癌細胞に免疫細胞が2つ入り込んでいる。(透過型電子顕微鏡写真) 

▲⇒【右図】 死んだ免疫細胞が癌細胞を障害している。癌細胞の構造がおかしくなって障害を受けているのがわかる  (林原生物化学研究所提供)

Cover_nature3


             

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

≪アンビットの新聞紙上記事≫ | ≪アンビットの登録≫ | ≪アンビットのQ&A≫ | ≪アンビット・エナジーについて動画で・・・≫ | ≪アンビット・エネルギー(Ambit Energy)≫     | ≪アンビット創業≫ | ≪アンビット概要ビデオ≫ | ≪アンビット登録方法≫ | ≪供給地点特定番号≫ | ≪切り替えのお手伝い≫ | ≪安くなるカラクリ?≫ | ≪新電力を創り出す新テク!≫ | ≪新電力会社の販売ランキングで≫ | ≪経済産業省の作成の公開ビデオ≫ | 【がん・ガン・癌のはなし】 | 【アセア=ASEA】 | 【アメガワンド】 | 【アルツハイマー・認知症】 | 【インフルエンザ】 | 【エネルギー問題】 | 【オリンピック&スポーツの祭典】 | 【サプリメントウオッチ】 | 【スーパーボウル】 | 【ミトコンドリア】 | 【ワイン・ワイナリー】 | 【中村天風】 | 【伝説スピーチ】 | 【偶然が生み出す発明&発見】 | 【免疫反応・応答反応】 | 【再生医療・幹細胞】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医食同源】 | 【原理原則】 | 【子供に影響を与える栄養】 | 【放射能・原発問題】 | 【日本ハムファイターズ】 | 【日本野球連盟】 | 【時の話題・はなしのネタ】 | 【有名・著名・芸能人の訃報記事】 | 【未曾有の大震災】 | 【栄養・食べもの】 | 【植物ってえらい!植物ってすごい!】 | 【歌川国芳の浮世絵三昧】 | 【母乳】 | 【気になる・お肌のはなし】 | 【気になる本・書籍】 | 【水に関する話】 | 【注目のエネルギー】 | 【注目のテクノロジー】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【浮世絵・艶(え)本】 | 【知って得する話】 | 【科学の文献資料】 | 【科学の検査データ】 | 【糖尿病・肝炎・難病・奇病】 | 【糖鎖】 | 【細胞のお話】 | 【脳梗塞・脳疾患】 | 【自閉症・発達障害・ADHD】 | 【著名な作家・書家・画家】 | 【著名な科学者たち】 | 【話題のTV番組放送】 | 【認知症・アルツハイマー】 | 【誰しもが飲む水の話】 | 【警告!警鐘!】 | 【金貨のプレゼント】 | 【長寿の秘密】 | 【鳥インフルエンザ特集】 | 【ASEA・・・アスリート】