【糖鎖】

≪情報や本舗≫≪特発性間質性肺炎≫≪糖鎖の働きで≫≪アンブロトース栄養素≫

Photo

糖鎖と間質性肺炎のキーワードでネット検索したところ、いくつかの体験談が!糖鎖の働きを高める栄養素がこの危機的状況を和らげてくれると ほとんどの体験談が記載され、その栄養素がアンブロトース栄養素だと紹介されている・・・知っていました?

Img62993466_1

あの美空ひばりさんが間質性肺炎が原因で身まかれるてしまったことを・・・・何かとこの体験談がご参考になること願い書き込みしました

Images_1

【死ぬだけの運命だった私が… 】

60才女性 間質性肺炎と言われて、治療の効果が全くない状態でした。どんどん病状は悪化していくばかりで、まさに死ぬのを待っているような不安と絶望の毎日を送っておりました。感染症が怖くて外出もできないのです。そんなある日のこと「アンブロトース」を食べてみませんかと 少しでも元気になられるたらと思いまして?」と勧めてくれる知人がおりました。「詳しい方が東京からいらしているので話を聞いてみませんか。」と言っていただき、何もすることもない毎日ですので、話を聞いてみることにしたのです。その方は自宅までやってきてくれ、夕方ではあったのですが、熱心に糖鎖のこと、栄養素のことを話してくれました

その方の義理のお姉さんが間質性肺炎から健康になったお話は凄かったのです 義姉は病状が悪化して、病院から在宅に帰された、つまり自宅で死を待つのみの状態であったのです。1日10リットルの酸素を入れている状態でした。そこでアンブロトース・パウダーを思い切って大量に摂取しました。5日程たって検査で病院に行きました。するとドクターが「信じられない?肺が少し動いてますよ。何をやったのですか!?」といったのです。酸素の量もどんどん減っていきました。ドクターは最初そんなものは信じられない、と言っていましたが、毎日頑張って食べました。

すぐに一般病棟での入院が始まりました。ドクターはアンブロトースのことは知らないということで、反対されていましたので、隠れて食べていました。ペットボトルに溶かしていつも飲んでいました。抗酸化製品も1h毎に食べたのです。「その甲斐あってか、義理の姉はすっかり回復して8年間元気に生活できていますよ。個人差はあるにしても、あなたも取り組んでみる価値はあると思いますよ。」とその方は言いました。

そんなお話を聞き、健康になりたいし、どうせ治療法なんてないと思いましたから、「糖鎖機能を向上させて自分も健康になれるかも・・・」と食べてみることにしました。最初は1日50g程を摂取しました。アンブロトースを食べ出して3か月がたった時、病院で間質性肺炎がだんだん良くなっているといわれました。先生は信じられない様子でしたが、「肺機能が元に戻ろうとしている」と言われました。うれしくてうれしくて、それからもどんどん積極的にアンブロトースを取り続けました。

半年がたちました。私はアンブロトース栄養を紹介してくれた方の勉強会に参加しました。一番前で元気に笑顔で参加した私を見て皆さんが「本当によかったわね」と祝福してくださいました。希望のなかった私に、健康を取り戻せたアンブロトースと情報をくれた友人たちに感謝する毎日です。今では本業の畑仕事もバリバリこなすまで健康になりました。たまに行く○○済生会病院の診察で、担当医にこう言われました。「あんたが生きているってことが私は一番不思議だよ。」  

※現代の医療で有効な治療効果が望めない間質性肺炎。医者もできるだけのことはやっているのですが、決定打がありません。自宅待機、といわれる方ばかりです。今回、糖鎖栄養療法の可能性を提案させていただけます機会が有ったことに感謝します。一人でも多くの方に健康になって頂きたいと思います。

もし、食事を満足に食べることもできない状態だったら、アンブロトースも十分に取れなかったと思います。食べれるうちにこの栄養素療法を一刻も早く取り組まれることをお勧めします。重症になればなるほど、食べる量も増えますし、食べるのも大変となります。

Images_1

【間質性肺炎の完治宣言を医者からもらった男性のお話】

「ドクターから間質性肺炎完治との診断をいただきました。ありがとうございます。」とうれしそうに語るこの男性は45歳で突発性間質性肺炎と診断されました。咳がひどくてついに2カ月の入院生活を余儀なくされました。
退院して間もないころ何か良いものはないかと探していたところ、アンブロトースの話を近所の方から聞き、話を聞きたいということでに2時間ほどかけて男性の住む町に行ってきました。お会いしてビックリしたのは、顔がパンパンに腫れ上がっていたのです。いわゆるムーンフェイス状態です。ステロイドの副作用でした。

間質性肺炎や糖鎖の働きのお話や、取組には個人差があるということもお話させていただきました。それからアンブロトー)の摂取が始まりました。4カ月ほどたった時に、肺の動きがよくなっていると先生は言いました。糖鎖の働きが肺機能を元に戻し始めたと感じました。これからどんどん良い方向へ行くように祈りました。何しろ一家の大黒柱として仕事もこなさなければこの先どうなるのか、まだまだ不安なことが多い時期でした。紹介者からは「とにかく毎日しっかり食べ続けてください」と言われました

7か月目の検査で「80%完治です。この調子だとあと少しですね」と言われ、まさに希望で心も明るくなってきました。そしてついに8か月目に「完治宣言」をドクターがしてくれました。35mgあったステロイドの数値を10mgまで下げることができました。。すごいことです。アンブロトース栄養素は素晴らしい健康を運んできてくれました。健康になってまた働けるというありがたみをかみしめております。

※ちなみにこの方は諸般の事情でちょっと少なめな量で取り組まれたのですが、個人差の範疇でこういったこともあるということでしょう。1か月アンブロトース360g  オメガ3  植物ステロール の組み合わせでした。通常はもう少し多く摂ることをお勧めします(今までの経緯にもよります)


Images_1

【数値が正常になった男性のお話】

54才男性 2年前に特発性間質性肺炎を発症、 ステロイド15ml投与、LK-6は676 筋肉を維持するためにエアロバイクで運動するも息切れが多くなっていました。この栄養療法での良い報告が気になり、自分も試してみたいと摂取を開始しました。アンブロトースパウダー1日20g、総合栄養素、糖鎖ビフィズス菌、オメガ3、の組み合わせでスタート。

2週間ほどして便の色が変わってきました。濃い茶色だったのが、薄い茶色になっています。腸内環境の改善が進んでいると感じました。1日も欠かすことなく食べることに専念しています。3か月半が過ぎ、kL-6の値が基準になる500を下回って411となりました。進行が止まっているといわれました。症状はまだあるのですが、当初言われた3~4か月での数値改善通りの結果に、うれしくなりました。これからがまた大変ですが、毎日アンブロトース栄養素を食べ続けて健康を目指します。

※前回よりもKL-6の数値が下がっても、500以上の場合は炎症があるわけです。進行が止まったわけではないので、CTレントゲン画像には線維化が増えた様に映ります。

また進行が止まっても、すでに線維化した部分は白く写ります。進行が止まれば(また落ち着いている)線維化は変わらないか改善されるということになります。すぐには咳や息苦しさは無くならず、残ります。KL-6値は、検査時に風邪を引いていたり、体力が落ちていたりなどにも多少左右されることがあります。

糖鎖栄養療法では、3~4カ月目での肺の数値が改善する方が多いようです。また6カ月目での症状の改善とドクターの診断で、はっきりとした改善診断をいただくことが当面の目標となります。


Images_1

【間質性肺炎で、3か月休職から、仕事復帰】

59才男性 12月に咳と痰が出て息苦しい症状があったので、大学病院で検査の結果、片肺下部に水泡があり、特発性ではないが、間質性肺炎と診断されました。程度は初期から中期だろうということでした。8年前に肺に影が有ったのですが、そののまま放置していました経緯もありました。仕事柄、咳こんだりしていては仕事にならないし、自身もつらくなったので、休職をして自宅待機となりました。治療法もないと途方に暮れていた時に、糖鎖の働きのお話を聞き、信じてやってみようと思ったわけです。この時の肺の酸素濃度は95、酸素吸引はしていませんでした。アンブロトースパウダーは1日20gから始めて、30gに増量していきました。1カ月に7個ペースです。総合栄養パック、オメガ3、糖鎖ビフィズス菌も合わせて食べています。

3カ月がたったころ体調がよくなっていました。酸素濃度も95→97に回復。症状が軽くなって、深呼吸もできるようになっていたのです。そして3カ月ぶりに仕事に復帰できたのです。このことは本当にうれしい限りです。病院に行くと「間質性肺炎はよくなることはない」といろいろ脅かされ、前向きな話がないので、行くのが嫌になっていて数値は計れていませんが、咳止めも飲んでおらず、この調子でアンブロトース栄養素をしっかり飲んで全快を目指したいと思います。

※奥様は「なぜだか主人は、おならがよく出ていて、しかも臭いが強いんですよ。びっくりです」といいました。「腸の環境が活発になり、宿便が腸のひだから外れて外に出ようとしている、今まさに腸内フローラが善玉菌70%に近づく中での反応だと思っています。主人はこのアンブロトース栄養素はずっと食べていくと言っています。ありがとうございます

Images_1


【肺に空気が入ってくるようになりました】
  
うちの父は72才男性、一年前に肺炎を起こしまして肺気腫もあり、間質性肺炎と診断されました。当時入院中で、ステロイド治療、酸素が6~10リットル入っていました。寝たきりの生活です。娘の私が、この糖鎖ブログにたどり着き、資料を送ってもらい、1日20g食べることで摂取を開始しました。しかし食欲が伴わずに食べれるだけを食べるということになってしまいました。抗酸化カプセルも、糖鎖ビフィズス菌も、薬を6種類飲んでいるのでなかなか飲めませんでした。
しかしながら3カ月たったころ、ヘルパーさんから「肺に酸素が入るようになってますよ。」と言っていただき、本人もこの糖鎖栄養素を食べているおかげだと、いうようになりました。食べたいけれど他の薬を飲むのが精いっぱいで、十分に糖鎖栄養素を食べることが出来ないことがどうにかならないのか?病院の薬は間質性肺炎に効いているいるのか?肺が柔らかくなるなんて言うことは普通ではありえないことだそうです。糖鎖栄養素を中心に薬を減らしてでも食べたいという父。何とか摂取量を増やして間質性肺炎を乗り越えたいと思うわけです。食べれるときに十分量を食べることの重要性を感じています。
再度ブログ管理人様に相談した結果、食べやすい方法などいろいろ教えていただき、父とともに希望をもって取り組む毎日です。


Images_1

【飲みだして1週間でKL-6が下がり】
 
 60歳女性 去年の秋に息苦しさを感じ、年を越した3月5日に病院に行ったところ、間質性肺炎と診断されました。娘がインターネットでいろいろ調べて、糖鎖というものが間質性肺炎に希望が持てると知らせてくれました。4月1日より1日30gで摂取を開始(オメガ3、糖鎖ビフィズス菌、総合栄養素も併用)
KL-6が1850(3・5)→2050(3・30)だったのが4月8日の検査で1250に下がっていました。こんなに早く下がるとは聞いていませんでしたが、ちょっと驚きです。糖鎖は腸の粘膜を厚くして腸内細菌を改善させると聞いておりました。たしかに私は、自律神経の乱れで下痢がひどく、悩んでいました。糖鎖栄養療法をしてからは1日に1~2度で落ち着いてきていて、下痢ではありません。体調も良くなっています。
特発性ではなくて、膠原病からくる間質性肺炎らしいことが分かってきました。それまでは膠原病だとは気付いておりませんでした。また明日から、ステロイドと免疫抑制のお薬が開始になります。副作用が出ないかどうか入院して様子を見ているわけですが、薬を使う前に数値が下がったのはやはり糖鎖のおかげかなと思います。KL6、500以下を目指して頑張っていきます。

Images_1

【だいぶ肺がよくなってきたと医者に】

74才男性 10月に特発性間質性肺炎と診断。40歳まで喫煙
今まで健康だと思っていたので突然のことでビックリしました。33%がすでに線維化もありました。肺の洗浄なの治療を受けました。
アンブロトースを11月より、すがる思いで摂取を開始しました。糖鎖パウダー1日20gで開始したのですが、12月に体調を崩してやむなく1か月入院。入院中糖鎖を食べることが出来ない状態で、1月に退院してからは1日15gは食べるようにしていました。4月になって病院で検査を受けたところ1月のKL-6値が954だったのが4月14日で、777に下がっていました。酸素濃度も98あって問題なしでした。

ドクターから「だいぶ良くなってきていますね。」と言われて、気持ちが明るくなりました。これから風邪や肺炎にならないようくれぐれも注意しなさいと言われました。普通にしていたらここまでの回復も難しかったのではないかと思いました。そしてまた糖鎖栄養療法をきちんとやろうと思います。


Images_1

【アメリカでの体験談】

間質性肺炎と多発性菌炎。この2つが発病すると死ぬとドクターに言われていました。ステロイド漬けの毎日でした。一向に回復には向かわない絶望の毎日を送っていたある日、縁あってアンブロトース栄養素のことを知り、とにかくやってみようと食べ始めました。摂取後、大腿部の筋肉痛、疲労感、倦怠感、動機、息切れなどが消失。今は仕事に復帰して頑張っています。

よくある質問:ここで病院の先生に「アンブロトース栄養素(糖質栄養素)を食べて大丈夫ですか?」と質問された方が、「糖を多く食べると二酸化炭素が出て肺に負担がかかるのでは?」と言われたとのご質問。これは心配ありません。糖鎖の糖は砂糖(グルコース)と違ってカロリーのない糖です。糖尿病の方でも食べれる糖です。

ドクターは糖鎖のことをご存じないので、こういった心配までされるのでしょう。酸素吸入を取り入れている方は、酸素から発生する活性酸素の除去も必要になってきます。これをやることで栄養素が細胞に届きやすくなります。(抗酸化栄養素の導入)


Images_1

【ステロイドなどの化学部質が病気を悪化させる!】

免疫を抑える化学物質は、全て間質で免疫を抑えています。間質とは細胞と細胞を結合している組織のことですから、細胞と細胞の間にある組織(細胞外マトリックス)で起こる病気が間質性肺炎ということになります。実は糖鎖もこの間質に存在していて細胞間の情報をやり取りしています。化学物質で糖鎖がダメージを受けると機能が滞り、正常な解毒ができなくなります。糖鎖が正常に働けば、自己免疫を正常にし、解毒も行い、肺機能を元に戻そうとする力を回復させることができるのです。

膠原病の薬は間質性肺炎やリウマチを起こす副作用を持っています。薬は化学物質であり、免疫の働きを抑えます。膠原病を起こしている結合組織に運ばれ、そこの免疫の働きを低下させます。毎日毎日大量に飲み続けると、徐々に処理されなくなり、結合組織に蓄積されていきます。抗リウマチ薬は他のあらゆる種類の結合組織にも溜まっていきます。すると免疫の戦いはさらに別の組織の結合組織に拡大して いきます。つまり病気を治すつもりの薬が、さらに大きな病気を生み出すという悪循環に陥ってしまうのです。これが薬害で起こる病気のからくりなのです。

間質性肺炎はほとんどが、大量に薬という異物を入れた結果であると考えられるのです。現在用いられている抗リウマチ薬の一番怖い副作用として間質性肺炎があります。代表的な抗リウマチ薬であるリウマトレックスの副作用で亡くなられた患者さんの病名は全て間質性肺炎と言われています。食欲のあるうちに一刻も早くアンブロトース栄養を取り入れることが大事です。


Images

Continue reading "≪情報や本舗≫≪特発性間質性肺炎≫≪糖鎖の働きで≫≪アンブロトース栄養素≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖鎖があらためて注目されてきた理由は?≫【過去に】≪細胞再生の報告事例が!≫

C13

再生医療!2003年2月19日、アメリカ医師会(JAMA)のレビュー誌に注目発表された事は全米人気ナンバー1のジョンズ・ホプキンス大学医学部での初めてのドナー幹細胞が血液脳関門を通って移植者の神経細砲になった骨髄移植の手術がきっかけであった。


Cover_nature1

それは交通事故での4人の女性の骨髄に男性の骨髄を移植したところ、あとになって4人の女性【お亡くなりになられたわけですが・・・・合掌!】全ての脳細胞から(病理解剖の結果)男性の染色体≪Yー染色体≫が発見された事からだったのです!


2b55c88a

こんな記事を見つけました!【骨髄幹細胞で失明治療に希望の光】AP通信で2002年7月31日マウスを使った実験では、眼に注射した幹細胞は網膜組織の一部となり、新しい血管をつくったと、「米スクリプス研究所」(カリフォルニア州ラホーヤ)の研究者グループが、骨髄の幹細胞がマウスの眼で新しい血管をつくることを確認したと発表した
≪スクリプス研究所では山中教授の「iPS細胞」再生医療の京都発表後の2006年~研究開発に入り、すでに発表も行っている


Photo

【3年間全く反応のない深い昏睡状態の6歳の少年のケース】

この少年の脳の活動を示す脳波は補完栄養素を摂る前は全くフラツトでした栄養素を摂リ始めて6ヵ月後ですが、脳のいろいろな部分で顕著な活助の増大【脳神経細胞の復元】が認められたと!これ以外にも長期間の昏睡状態にあった子供に補完栄養素を与えることによって昏睡状態から目覚めた例が!


Dream

■【昏睡状態にあった子供が摂取後5日目で脳の機能回復のケース】

3年間昏睡状態にあった子供が摂取後5日目で脳の機能が回復したという。


Photo_2

【胎児期アルコール症侯群のため心臓陣害を持ち、脳性小児麻痺サラのケース】 

サラば胎児期アルコール症侯群のため心臓陣害を持ち、脳性小児麻痺を持って生まれてきました。 サラの義母は、 サラがものが飲み込めるようになると補完栄養以外の微量栄養素【完熟野菜&果物】を加えました。

<
4歳の時に小児科の専門医の診断を受けたところ胎児期アルコール症候群についても脳性小児麻痺に関しても全くその疸跡はなく、心臓も正常に発育し手術の必要もなくなっていました。生まれた時のサラの写真を見るとひどい胎児期アルコール症候群独特の特徴が頗つきにあリましたが、いまでは全く正常です。

知能指数も80以下だったのが100以上に上がり、胎児期アルコール症侯酵に関して前例のない変化だと云う事です! 


Esstemcell

札幌医科大学・国立循環器センターの脳梗塞臨床試験のケース

こうした報告は、勿論科学的な証明を示しているわけではあリません しかし、4年、5年経って 昨年の札幌医科大学!今年の国立循環器病センター!での骨髄中の幹細胞を注射して脳の血管を再生させ、組織の再生を促すことで脳梗塞による後遺症の治療を目指す臨床試験!が始まりました!無論!補完栄養を使っていない事は当然のことです

Continue reading "≪情報や本舗≫≪糖鎖があらためて注目されてきた理由は?≫【過去に】≪細胞再生の報告事例が!≫"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

≪情報や本舗≫《ロイヤルゼリー》《糖鎖を発見》《山田養蜂所》《薬効成分》《女王蜂》

_news_2

C19

Beyond

ミツバチ産品でよく知られているまたテレビコマーシャルでもお馴染みの山田養蜂所がミツバチの分泌物であるローヤルゼリーのたんぱく質には4種類の「糖鎖」が結合していることを研究結果から明らかにしてからそう経っていないのですが!

そのうちのガラクトース【これが世界初らしい】の表からだと”マンノース””ガラクトース””N-アセチルガラクトース””N-アセチルグルコース”の組み合わせらしいです【難しくてよくわかりません?】ですが、

この4種類の中のxガラクトース含有の複合型糖鎖は昆虫細胞が生産する糖鎖からは見つかっておらず、世界初!ということらしいです

8esdsential

この細胞のアンテナと言われる「糖鎖」の働きを正常にするために自然界には8つの糖鎖全てが入っているものはない ことから、

また食材として体内に取り込み「甘くない糖」が細胞に摂り込まれ酵素【糖転移酵素】を使って15以上の工程で細胞のアンテナ糖鎖を形成しているのですよね!

G

この糖鎖がローヤルゼリーの薬理作用にどう関わっているか、今後の解明に?ミツバチの女王蜂のみが食べるローヤルゼリーは働き蜂が花粉を食べて体内で消化し分泌した特別食なのです!


多くの栄養素が含まれ滋養強壮・更年期障害改善・血圧降圧作用などと「糖鎖」の関わり、即ち「糖鎖」の薬理作用が相当な役割を〆ていたことになりますね?

山田養蜂所がマスコミ向けに配布した「参考資料②」つきのファイル
報道関係者各位 ←クリック!


| | Comments (0) | TrackBack (2)

≪情報や本舗≫≪山川民夫≫≪文化功労者≫≪シアル酸研究会≫≪ABO式血液型≫≪脳の栄養素≫

4


文化功労者に糖鎖の世界的な研究をされてきたことで、日本学士院会員山川民夫(東京大学名誉教授・・東京薬科
大学名誉教授)氏がノーベル物理学賞受賞の3人のうち2人とともに選ばれ受賞された

Images_17_2

生化学者として、日本の第一人者でもある「山川民夫」先生は8つの糖鎖の内の、脳の栄養素とも言われるシアル酸の研究で知られている・・・・・シアル酸研究会の会長でもある


我々の細胞は例外なく糖鎖で覆われており、糖鎖の末端はシアル酸と呼ばれる酸性の糖がしめる、最もポピュラーな赤血球と脳について述べてみよう。

Images_35

山川民夫先生は、動物は種属によって赤血球表面に存在する糖脂質の糖鎖構造が異っており、糖脂質がABO式血液型特異性を決定していること、

 

≪血液型はその糖鎖の付き方によってA型・B型・O型・AB型とに別れているのです≫

Images_25

ヒトの赤血球膜では、全脂質の約5%が糖脂質で、そのまた約5%が糖鎖の末端に N-アセチルノイラミン酸をもっている。・・・シアル酸で知られる


ヒトの赤血球膜に存在する糖脂質の末端のN-アセチルノイラミン酸(シアル酸)がはずれると、その赤血球は老廃物として肝臓で分解されて捨てられる運命にある。すなわち、赤血球の老化(エージング)をコントロールしているものと考えてよい。

7

また、受精の際に一匹の精子が卵子に進入すると、シアリダーゼが分泌されて総ての精子のしっぽ(N-アセチルノイラミン酸)が切断されて、他の精子がすべて壊されて排除されることもよく知られている。シアル酸の生理作用が如何に能率的であるかが分かるであろう。


Continue reading "≪情報や本舗≫≪山川民夫≫≪文化功労者≫≪シアル酸研究会≫≪ABO式血液型≫≪脳の栄養素≫"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪東京大学医科学研究所≫≪糖鎖≫≪感染を防御≫≪腸管上皮細胞≫

C6c9c7e4bfb7cab91

先月、糖鎖の最新情報の発信があった。ここに来るまで、研究技術が未発達で複雑な糖鎖研究は、細々と続けられてきて、また解析技術も未発達であったため研究が難しかった


0701


2007年にはfグリム童話になぞらえて「ようやくシンデレラは舞踏会で王子様とダンスを踊れるようになったんです」と糖鎖研究では第一人者の谷口直行教授が語るように、糖鎖研究は注目を集めつつある

Logo
東京大学 医科学研究所・科学技術振興機構(JST)からの最新の糖鎖情報(平成26年8月22日)とは


  腸管上皮細胞に発現している糖鎖が、病原性細菌の感染を防御していることを発見した。

  腸管上皮細胞に発現している糖転移酵素は、病原性細菌・ウイルスといった病原体の感染、クローン病などヒトのさまざまな疾患に関与している。


  自然リンパ球による腸管上皮細胞の糖鎖修飾機構を応用することで、感染症やさまざまなヒトの疾病に対する予防や診断、治療法の開発につながると期待される。

Photo


【記載記事サイト】免疫細胞による新たな感染防御機構の発見

この最新情報と前後して、あの科学雑誌「ネイチャー」に感関連する記事が≪免疫のカテゴリー≫に機能を介して8つの糖鎖のうちの一つ「フコース」、そのフコースが小腸上皮でフコシル化が誘導されることを明らかにした。

【ネイチャー】免疫学: 腸内微生物にとって良い宿主


Images_26

フコシル化したタンパク質の一部は腸管内腔へと放出され、フコースはそこで遊離されて腸内微生物相の栄養源となり、感染力を高める⇒腸管上皮細胞に付加されたフコースはサルモネラ菌の感染を防いでいる

そして、ついにここまで研究が進んできたのだ⇒細胞膜の特定の位置にあってこそインスリン受容体は機能する。


Continue reading "≪情報や本舗≫≪東京大学医科学研究所≫≪糖鎖≫≪感染を防御≫≪腸管上皮細胞≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪TGA≫【糖鎖の栄養素】≪認可製品≫【安心・安全・品質】≪オーストラリア保健省≫

Banerealswitchheader

最近、日本の健康食品でよく耳にする⇒【表記されている成分量の10分の1しか実際含まれていなかった】【まったくと言って入っていなかった】 

Tgalogowhite


この種のニュースもオーストラリアのサプリメントでは考えられないことです。なぜならオーストラリア保険省薬品・医薬品行政局では、治療効果のある医薬品やサプリメントの安全性や品質の管理を行っているからなんです

111227s

昨年!このような事も⇒オーストラリアTGAが医薬品成分 (シブトラミン) を含む製品【右の写真】に注意喚起をした!この健康食品 は、100%ハーブ由来の痩身目的の製品と謳って販売されていたが、医薬品成分であるシブトラミンを検出・・・
【詳細を読む】


Pic1_2

≪TGA≫=(Therapeutic Goods Administration)と呼ばれる厳しい基準を設けたもので、その≪TGA≫に認可される基準とは、以下に挙げられるものです

 1.安心して身体に使える安全な商品である

 2.成分中、及び生産過程に汚染が無い

 3.成分の表示に間違いが無い

Gnp【こうした検査が!】


また、TGA認可製品が信頼されている理由として、各製品に対して認可後も常に、抜き打ちなど様々な厳しい検査が続けられているという点が挙げられます。


この、TGAによる確かな安全と品質への追求により、オーストラリアの国民は、安心して薬品・サプリメントを使用しています。


【糖鎖の栄養素】は、TGAの認可を受けている製品で、安心して摂って頂ける栄養素なのです・・・

Logogmpcerts


さらにGMP・NSF・コーシャと製品の安全性&品質の安心と多くのサプリメントの中でも類のない栄養素では・・・・【もっと読む!】


Ages

≪NSF≫≪GMP≫≪コーシャ≫


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖鎖の栄養素≫≪多発性硬化症≫≪驚くべき回復!≫

S004

若い女性に増えてきた多発性硬化症 !難病も正しい栄養で・・?で「チームマナテック」のメンバーで多発性硬化症からの復帰回復を果たしてその後ボディビル大会で数回チャンピオンにもなった選手!その復活とは・・・

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
Banerealswitchheader

Photo 

←マーク・ジョーンズ(Mark・Johnes)は11歳の時、立ち木に突撃?激突!してしまった事からか、その晩には家の中の壁とか家具などにぶつかったりして歩くことすら、ままならなくバランスを取れずに転倒すらする始末でした!


Doctors


両親は心配のあまり、小児科医・専門医と観て貰いに行きました。15才になった時、二人の神経医ともう一人の医師が"多発性硬化症の診断を下しました、また別の二人の医師は”筋ジスロトフィーとの診断!

Photo_2


どちらにしても痛みで話すこと・書くこともつらく、ただただ祈っているばかり"うつ病"にも陥り、自殺を考える日々もありました。

Images

診断は21もの斑点がMRIの検査で脳に見られ、小脳の萎縮による進行性多発硬化症ということでした。脳の20%~40%が損傷があるためか、家に入るにも杖も使えずなんと這って入らなければならない最悪の状態を迎えていました。沢山の種類のクスリで胃や足・目に副作用がひどく本当にクスリを止めたいと思うほどでした

Photo_5

ちょうどこの頃、姉妹の友人でアンジーという女性が、「ある栄養素を摂りれることでメニエール症候群を含め様々な疾患から快方に向かっている人たちがいるのよ!」と数多くの実例を話してくれました、そして摂ってみてはどうか?と奨められました!勇気づけられた事もあり、アンジーの話すこのある栄養素を摂り始めることにしました

Photo_5ある栄養素【糖質栄養】

摂らなくても良いと判断できうるクスリを、いままでベッドに入る前に飲んでいた習慣を止めただけだというのに、何かしら目がはっきりとし出し、上手に話すことが出来たりと、体調の変化に気がつき始めたのです

Photo_2_2

22年間の病歴デモって、糖鎖の栄養素を摂り始める前までは、足が使えなくなり、おまけに視力も低下して焦点が合わずに見ることに不自由をを感じ始め、車イスの生活と90%以上の介護が必要となり施設への入所許可を余儀なくといった状況下にありました!

手・足・からだと幹になる筋肉の萎縮がすすんでいて、障害克服・体力増進のためにボディビルとウエイトリフティングのトレーニングを取り入れたのです!もちろん糖鎖の栄養素とニュートラスティカル【補完栄養・微量栄養】をスタートさせたことで、杖を使って歩けるようもなり、遠方への旅行にも一人で出かけることが出来るようにもなってきていたのです

Photo_6

3年後【40才時】には糖鎖の栄養素のサポートもあって、ジョーンズの鍛え上げられた身体は筋肉隆々の彫刻のような体型へと変身してきていました。トレーニングとこの栄養素の摂取とでパフォーマンスをあげてジョーンズは地方のボディビル大会や全国大会や国際ボディビル大会へ身体障害者としてウェイトリフティングに挑戦!各大会で6個のボディビルディングの勝者そして2個のウェイトリフティングのチャンピオンシップを保持するまでになったのです

Photo_3

この頃には、MRIの検査結果も当初”21”もあった斑点が、今では5つだけの病変の斑点が見られる程度に改善され≪多発性硬化症を好転させ、筋肉を再生させ斑点を取り除く事は医学的には不可能なのに!・・・・ダン・フォーツ博士≫
なんと、車椅子に乗った進行性の多発性硬化症患者が!ボディビルダーへと変身するなど誰しも考えない事が起きてしまったのです

Side_ttl_3この栄養素!摂ってみますか】⇒【コチラ

ダン・フォーツ博士【イリノイ州国立大学卒】はこのように言及しています「明らかに細胞は医学のテキストの本を読む事が出来はしません!しかし読むという事も知らない細胞が、健康な細胞へと修復したり、新生の健康細胞を打ち建てているので!と考えられません?」
Fda

* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものではありません

Photo_4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫【糖鎖の栄養素】≪その安全性!安心!≫【CRN】≪世界30カ国特許≫

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
Smoking_kills7


Crn01

日本の厚生労働省に該当する米国食品医薬品局【Food and Drug Administraion】略して「FDA」のウェッブサイトの検索サイト【右上のsearch】に糖鎖の栄養素の開発会社名「・・・・・」と入力してみたところ、362件の結果のヒットが!

トップの表示をクリックして出てきたのが【CRNという機関の“DOCKET NO. 96N-0417(資料案件ナンバー96N-0417)栄養補助食品に関わるGNP”(トピックス:提案された規則の経済影響)が26ページにわたるレポートを見つけました!

Photo_3

その21ページ目に「・・・・・・・」のGNPをクリアーしたCRNが検査終了した13製品の列挙を見つけます。≪CRN=the Council for Responsible Nutrition1973年に創立されたワシントンD.C.に拠点を置くこの機関は、成分供給元とメーカーを代表している栄養補助食品産業の主要な同業組合のうちの1つで、CRNメンバーは、倫理規定のコードを厳守します≫


≪糖鎖の栄養素の開発会社≫

Photo

13種類の製品群の列記【会社のコンプライアンス抵触により表記できません】拡める気が、あるのだろうか?疑問です・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ca4zilyx

その製品群から「・・・・・・・・」と入れてみると52件の結果が出てきて、そのトップは糖鎖の栄養素の開発会社がFDAに報告し、許可を得るために 提出の製品成分のドキュメントファイルでFDAの受領のスタンプの押印がありました!いずれも2003年ごろの情報ですが・・・・

Gmpbig


日本では2007年ごろから栄養補助食品であっても厚労省がGMPを提起し始めたことから、多くの栄養補助食品を取り扱う会社が「わが社の○○はGMPに基づく・・・」云々と声を大にしていますが?実際にはこうした裏づけを持ち合わせた会社はごく少数ではないでしょうかね!

GMPは本来、医薬品の製造、加工、個別包装、保管において製造業者が遵守しなければらない内容を明確化したものなんですが!「mannatech」の糖質栄養は食品でありながら、当初から採り入れているのです】

Ch5_bookoflife

決して手前味噌ではありません!2007年ごろからですが、日本ではなじみの無いことはさておいて、アメリカでは歴史と由緒のある第三機関から認められるコメントとか認証・承認が出され始めているという事実認定があるからです


一つには一昨年の「スクリプス研究所」のナチュラル・サプリメントカンファレンスに出典して多大なる評価を受けた事【既にブログにアップの記事←クリック】
≪”スクリプス研究所”とグーグルの検索!日本では4,460件ですがアメリカでは2,350,000のヒットですよ!「糖鎖の栄養素の開発会社」は、今年もこのカンファレンスにパネル発表で参加しました≫

Photo_3

一つには2008年から2009年にかけての「NSF」での製品の安全・安心での評価を受けたという事実【コチラもブログにアップ記事←クリック】


| | Comments (0) | TrackBack (1)

≪情報や本舗≫【糖鎖の栄養素】による【小脳動脈瘤破裂】からの驚くべき回復!                                      【報告事例】パート③

02

Photo_4

アルバータ大学医学部【カナダ】を卒業したアレックス医師は1987年に小脳動脈瘤破裂(右側)による頭蓋内の大量出血に襲われました!まったくもって健康で医療に携わって来たというのに

Photo_12

1987年11月5日の午後10時40分!自宅で起きた突然のことだったそうです。奥様の迅速で的確な判断で救急車~病院と!その運ばれた病院はアレックス医師が主任医師として今さっきまで医療現場で活躍していたのですから!救急救命の最高のスタッフと最先端の医療技術による緊急処置を受けてほとんど死んでいた命をとり止めたのです!


Photo_5

緊急処置から24時間後!状態が安定したので、破裂部分を修復して、脳の血流を取り戻す脳外科手術にとりかかりましたが場所が場所だけに9時間の大手術だったそうです。

その後はICUで昏睡状態にあり、完全に回復するのはとても難しいと思われていたらしく医局の掲示板にはアレックス医師の状態が毎日「昏睡状態、危篤、回復の見込みなし」と書かれていたそうですよ!

Photo


そして4ヵ月後、ついに昏睡から醒めはしたものの、全く何もすることが出来ず(歩く・話す・食べる)すべてのリハビリ
を病院で何ヶ月も続け、家に戻ってからもさらに何年も続けたのです

元の生活を取り戻そうと努力をしての12年間!そんな中ちょうど2000年に秘書がある糖鎖の栄養素による体質改善を紹介してくれたのだそうです。医師としてか最初は半信半疑だったようですが、いろいろ調べていく内に生物的・生化学的にも納得のいくものだと分かったのです

Photo

奥さんとも話し合いの上、その糖鎖の栄養素を摂り始めたところ、数ヶ月の内に効果が現れてきたのです。まずはエネルギーレベル・記憶喪失・認識障害といった状態に変化が現れました

気分も非常に良く、昼寝の必要もなくなり、ヒザから下の感覚も戻り転ぶこともなく4ヶ月後になったのです!12年間、悩まされ続けた頭痛も減って、2000年の7月以降、多くの鎮痛剤がマジック?のように私のポケットからドンドンと消えてしまったようです!と・・・


Photo_13

すべての面で改善がみられ、毎日エネルギッシュな活動ができるようにもなった今は、障害年金も必要ではなく。市立大学で解剖学と生理学を教え、公開セミナーでは、科学と糖質栄養素の素晴らしさを教え、今では16年前の1987年以前に、タイムスリップでもしたかのように、日に16時間以上も働くこともしばしばです。糖鎖の栄養素を取り始めて年経ちますが、いまだに健康が向上しているように思います!

103_3     【画像クリックで拡大

あえてこう呼ばさせて頂きますが「糖鎖臨床医学」によって再び命を与えてくれた糖鎖・糖質栄養学は大変重要なのです。細胞が正しく機能していれば、あなたは健康です。細胞は、正しい栄養素さえ与えられれば、自分で自分を修復する力を持っているからです

                                                                    □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
8sugars


糖鎖の栄養素の開発者の一人「レジ博士」はかつてからこの栄養素が糖鎖の形成に大きく関わることと同時に、この栄養素によって、血中の幹細胞が増加すると推定されることによって人の何かによって欠けているところに働くことで、原因などよくわからないている病と言われているものに

糖鎖の栄養素が働いているのではと考えていたことが2004年のJAMA=アメリカの医師会のレビュー誌に脳細胞・神経細胞は再生される事が発表された事からだったのです!

News1

1996年に世に出た「糖鎖の栄養食品」は現在30ヶ国で特許承認されていますが!その4年後にアレックス博士が秘書からの情報で、調べてとり始めたことで伝聞手記のようなことが起きたことは、まさにレジ博士の推定していた考えと一致すると思いませんか?【私見ですがね!】

Photo_8

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


                                                              
【悪魔の苦しみが⇒喜びの笑顔に】

Nlesqw


 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖鎖≫≪インスリン分泌≫≪理化学研究所≫≪トランスポーター≫

Banertop_main


News1

Googleの機能に「グーグル・アラート」という指定したキーワードに一致する検索結果(ウェブやニュースなど)をメールで配信してくれるサービスからキーワード「糖鎖」のアラートが鳴り響きはじめた?

「膵臓(すいぞう)β細胞の糖鎖異常が糖尿病発症につながる」分かりやすく副題が⇒≪糖鎖がインスリン分泌を決めることを初めて発見≫と・・・

■-糖鎖がインスリン分泌を決めることを初めて発見-■
http://www.riken.jp/r-world/info/release/press/2011/110815/

A365406


発表したのは昨年の事業仕分けでスーパーコンピューター開発で、当時は溌剌・颯爽と「一番でないとダメなのですか?二番ではダメなのですか!・・・・」高名≪高慢かも≫な大臣「レンホウサン」の追究を受けた【理化学研究所 ※】の嬉しいニュースでした

Aphoto_4 ⇒【画像リンク元】

【余談:レンホウサンが大臣に就任になることに懸念をもっていた、あの自民から何故か椅子とリに与党にお入りになった与謝野馨氏の椅子とリゲームで転げ落ちられ、無念かな!恋々(レンレン)と民主に身を奉じたというのに「レンホウサン」

  椅子をとり損ねた、蓮舫さん!金魚をのように赤くなれない「どじょうの椅子」は、シッカリと摑んで居残ったようだ・・・・


Ax7ep77


※ 「理化学研究所」:ノーベル賞(化学賞)を受賞している野依良治プロフェッサーが理事長を務める。また今年になって日本学士院賞を受賞した谷口直之教授(理研-産研アライアンスラボ)は糖鎖の研究でも第一人者です


Photo_3

糖鎖の糖尿病に関わる発表でした。糖鎖の話を聞及んだ最初から「糖鎖がインスリン分泌を決める」ということを、お互いカギと鍵穴の関係のたとえ話で認識していましたので、化学音痴の私でも少しは読んで理解が得られました


Photo

【冒頭一部・・・抜粋】

◇ポイント◇

※ 膵臓β細胞の血糖認識にはグルコーストランスポーターの糖鎖修飾が必要

※ 膵臓β細胞の糖鎖修飾機能を維持することで糖尿病を予防

※ ヒト2型糖尿病患者のβ細胞でも、糖鎖修飾機能が低下

膵臓(すいぞう)β細胞から分泌されるインスリンは糖代謝に重要な役割を果たしています。膵臓β細胞は、血糖レベルを認識するために細胞表面にグルコーストランスポーターを発現させ、そこを通過して細胞内に流入したグルコースがインスリンの分泌を引き起こす

Brain

そのシグナルを発生させる仕組みになっています。2型糖尿病の発症過程では、β細胞表面でのグルコーストランスポーターの発現が低下するとともに、血糖認識機構が不全となることが知られています。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

≪アンビットの新聞紙上記事≫ | ≪アンビットの登録≫ | ≪アンビットのQ&A≫ | ≪アンビット・エナジーについて動画で・・・≫ | ≪アンビット・エネルギー(Ambit Energy)≫     | ≪アンビット・・・=ペイジーの支払い方法≫ | ≪アンビット創業≫ | ≪アンビット日本オープン!≫ | ≪アンビット概要ビデオ≫ | ≪アンビット登録方法≫ | ≪供給地点特定番号≫ | ≪切り替えのお手伝い≫ | ≪安くなるカラクリ?≫ | ≪新電力を創り出す新テク!≫ | ≪新電力会社の販売ランキングで≫ | ≪経済産業省の作成の公開ビデオ≫ | ≪講演会・・・アンビット主催≫ | 【AKB48】 | 【あきない映像】 | 【お蕎麦やー手打ちそば】 | 【がん・ガン・癌のはなし】 | 【アセア=ASEA-自己治癒力】 | 【アセア=ASEA】 | 【アメガワンド】 | 【アルツハイマー・認知症】 | 【アンブロトース エンパクト】 | 【アンブロトース ライフ】 | 【インフルエンザ】 | 【ウェルネス革命】 | 【エネルギー問題】 | 【エボラウィル】 | 【オリンピック&スポーツの祭典】 | 【カバラ数字の怪】 | 【グーグルの凄さ】 | 【サプリメントウオッチ】 | 【ジオラマ】 | 【スーパーボウル】 | 【ドッキリ=フラッシュモブ】 | 【ハオルチアとは】 | 【ハリウッド女優のお肌に】 | 【ハリーポッターとフクロウ】 | 【ファスティング】 | 【フェルメールの画】 | 【フラッシュモブ】 | 【ミトコンドリア】 | 【ランキング】 | 【レドックスシグナル】 | 【ワイナリー・オチガビ】 | 【ワイン・ワイナリー】 | 【不思議な現象】 | 【中村天風】 | 【仮想通貨&貨幣論】 | 【伝説スピーチ】 | 【偶然が生み出す発明&発見】 | 【偶然とは思えない】 | 【免疫反応・応答反応】 | 【免疫細胞のお話】 | 【再生医療・幹細胞】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医食同源】 | 【原理原則】 | 【子供に影響を与える栄養】 | 【宇宙・科学・物理】 | 【手塚治虫の世界】 | 【放射能・原発問題】 | 【日本の領土・・古事記】 | 【日本ハムファイターズ】 | 【日本野球連盟】 | 【時の話題・はなしのネタ】 | 【有名・著名・芸能人の訃報記事】 | 【未曾有の大震災】 | 【栄養・食べもの】 | 【植物ってえらい!植物ってすごい!】 | 【歌川国芳の浮世絵三昧】 | 【武士道】 | 【母乳】 | 【毘沙門天と須弥山】 | 【気になる・お肌のはなし】 | 【気になる本・書籍】 | 【水に関する話】 | 【水・・・電子レンジ】 | 【法王を決めるコンクラーベ】 | 【注目のエネルギー】 | 【注目のテクノロジー】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【浮世絵・艶(え)本】 | 【潰瘍性大腸炎】 | 【知って得する話】 | 【知られざる意外な話】 | 【神話と生物」 | 【科学の文献資料】 | 【科学の検査データ】 | 【糖尿病・肝炎・難病・奇病】 | 【糖鎖】 | 【細胞のお話】 | 【美術館めぐり】 | 【脳梗塞・脳疾患】 | 【自然災害シュミレーション】 | 【自然界の神秘】 | 【自閉症・発達障害・ADHD】 | 【著名な作家・書家・画家】 | 【著名な科学者たち】 | 【話題のTV番組放送】 | 【認知症・アルツハイマー】 | 【誰しもが飲む水の話】 | 【警告!警鐘!】 | 【金貨のプレゼント】 | 【長寿の秘密】 | 【食の安全・安心】 | 【鳥インフルエンザ特集】 | 【黒猫マウキー】 | 【ASEA・・・アスリート】 | 【JAZZ=ジャズ】