【アルツハイマー・認知症】

≪情報や本舗≫≪脳細胞の死滅度を測定≫≪脳のはたらき≫≪1分で出来るテスト≫

Brainfunction


「人間は脳の10%しか使っていない」というのは迷信らしい、脳のどの部分にも役割があって、それぞれが忙しく働いているのです!人が呼吸する酸素の20%だって、脳で使われています

Shutterstock_5583268


脳の血管を全部伸ばして見ましょう⇒10万マイル(約16万キロ)地球を4周もできる長さです!


情報を処理するニューロンは1000億個もあり、脳をHDDに例えるなら、その容量は4テラバイトで、ブルーレイ・ディスクなら80枚・DVDなら850枚分で、アメリカ議会図書館のデータの4%分にあたるそうですよ

さてこれほどの脳も加齢とともに衰えていきます、ところで貴方の脳細胞が、どのくらい生き残っているのか、知りたくありませんか?

    【脳の細胞死滅度を測ってみましょう】   ↓   ↓   ↓

Logoaaaaa


■【1分で脳の細胞死滅度をチェック!】

Photo

脳細胞は幼児期に形成され、以後年齢と共にその数はドンドンと減少していくそうですしかし、脳を使うことで、その活性レベルをある程度キープすることができるらしいのですがまずは、あなたの脳細胞が○○%残っているのか質問に答えて

≪TRY IT≫
4a1ebfcb

情報や本舗の数値は「30,5%」死滅していましたね?以下コメントです

貴方の脳はちょっと疲れているようです。ときどき、妙にハイテンションになったりすることはありませんか?それは、脳から“気持ちのイイ汁”が分泌されている証拠です。

少量なら問題無いですが、あまり過剰に分泌されると、脳神経を冒す恐れがあるので、ほどほどにしておきましょう。寝る前は、歯を磨くと吉。ご飯は腹八分が丁度イイです。お腹を出して寝ていると、風邪をひくので注意。

この結果はフィクションです管理者が適当に作っただけなので、あくまでギャクとして受け止めて下さい

Photo_18

脳に限って言えば、サイズは必ずしも重要ではないのですが、平均的な男性の脳の重量は1360グラム!なんとアインシュタインの脳は1230グラムと軽量だったそうですよ!ちなみにアインシュタインの死後、科学者たちは研究のため彼の脳を標本とし、240枚のスライドにスライスしたとの話が伝わってきています

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪リンゴ≫≪認知症≫≪アルツハイマー≫≪日本抗酸化学会≫

Photoアルツハイマー病患者数が2倍に!なると米国で【診断ガイドライン】が、アルツハイマー病協会(AA)と米国立加齢研究所(NIA)によって27年ぶりに改訂された(HealthDayニュース・・・2011.5.2掲載)

631c3f
 【アルツハイマー患者が進みゆく病状を自画像の描写だそうだ】

                                  

Logo4

フランスに本部を置く「世界抗酸化学会(ISANH)」の日本支部=「日本抗酸化学会(JSA)」のニュースに≪りんご抗酸化物質はアルツハイマーと戦うことが出来ると≫昔からりんごの健康に対する効果は広く知られ、このブログでもいくつかの「リンゴ」情報も書き込みしています!

_news_2 ≪リンゴのケルセチン≫にはこんな働きも!あることを知っていました? 

「1日1個のりんごで医者いらず」とか「リンゴが赤くなると医者は青くなる(トマトも言いますよね)」西洋のことわざにもあります。

Photo


新しい様々な効果!が報告されています、 そんななか「 りんご」に含まれる「ケルセチン」という物質の高い抗酸化作用によって、アルツハイマー病など痴呆の進行や、 脳細胞の老化などを防ぐ効果が期待されるという結果をまとめました【アメリカと韓国の研究チームのマウス実験】

木村秋則さんの「奇跡のリンゴならその効果は計り知れないかも?】⇒アマゾンのクリック「なかみ拝見!検索」で読めます

E5a587e8b7a1e381aee383aae383b3e382b

「まだ人の体内での働きなどを慎重に分析する必要がある」としていますが、 実験結果による目安として「1日1個食べればケルセチンが一定量確保できる」と期待できるのでは?

「リンゴ」に含まれる抗酸化物質(ケルセチンなど)などの脳の神経伝達物質を(アセチルコリン)を増やすことで記憶力向上や、アルツハイマー予防に役立つといいます

Thumb5【赤くなり始めると!・・・】

記憶力向上、アルツハイマー予防などのリンゴの健康効果を高めるには、 リンゴの成分(レシチン)と大豆のケルセチン【大豆にもレシチンは含まれています】を合わせると、記憶力向上、アルツハイマー予防効果が3倍にも高まるといいます          【続きを読む】


Header0009ケルセチンが含まれている主な食品一覧】⇒ケルセチンは、リンゴや緑茶のほか、タマネギやホウレン草、ケール、パセリ、赤ワイン、松の葉、イチョウ葉、ブロッコリやモロヘイヤなどにも多く含まれる黄色の色素成分のポリフェノール化合物です。プロポリスの有効成分でもあります


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪記憶・認知力の低下に≫≪ある栄養素が!≫

02


Photo
”NMI”が今年6月に発表した調査によると、全米で成人人口の44%(女性の52%、男性の36%)が、老化による<記憶・認知力の低下・衰退がベビーブーマーの最も恐れていることだと、またベビーブーマー世代の62%が、ストレスや不安が記憶・認知力低下の引き金になると考えているという。


Timemagazinecover4150x150

ちなみに、アンチエイジングに熱心なベビーブーマー世代が危惧しているのがアルツハイマー病などによる記憶力や認知力の低下、そこでベビーブーマー世代の90%が、機能性食品やサプリメントを摂取していれば、健康的な外見を維持できると信じているという!

Ca0hefgp

【植物由来の糖鎖の栄養】が記憶や認知力の低下どころか、一日わずかテーブルスプーン一杯分の補完栄養素を摂ることで、認知力【視覚認識】&記憶【作用記憶】を高めるという発表が、既に今年4月にあったのです・・・・・まさに「驚き!の凄い!ニュース」なんですよ

Photo

学識・学術経験者による発表で、ハワード大学の科学者!アチヤ・N・スタンシル(Atiya N. Stancil)博士とレスリーH.ヒック(Leslie H. Hicks)は、2009年4月16日にジャーナルPerceptualとMotor Skillsに糖鎖の栄養(Ambrotose)に関する研究調査を発表しました!【その詳細を読む!】⇒

Photo_2

その書き込みはクリック⇒ 
糖鎖の栄養素!驚きのニュース!≫


この認知力【視覚認識】&記憶【作用記憶=ワーキングメモリー】が高まれば”認知症”かどうかを調べる阪大式(西村式)認知テスト・長谷川式認知テストなど不要になるでしょう?

Brainfunction

≪この二つの検査法の中には【視覚認識】=≪幾つかの物を瞬間的に覚えて隠したものを答える)【作用認識=簡単な算数・・・100引く1の答えは?)私もベビーブーマー真っ盛りの年代、そしてシッカリと糖鎖の栄養素を摂っているからは、先ずは大丈夫!

Photo_2お試しあれ!】⇒ 【コチラ】


Data1

先ずは、チェック!⇒ 
長谷川式認知症テスト


補足:NMIとは調剤薬局を中心に、メディカルゾーン事業、介護や福祉の面での良質なサービスなど、きめ細かい医療サービスを展開するエヌ・エム・アイ グループ】らしい?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪イチョウ葉≫≪認知症≫≪予防効果なし≫≪アルツハイマー≫

Photo【2015年最新のお知らせです!昨年にアメリカのプリンストン大学で20年間研究の末、脳の栄養素といえるものが発表に・・・】

コチラをクリック!クリック!⇒ 【脳の働きを高めるEHT】

Can5icgi

昨年(2008)12月に【イチョウ葉エキスに認知症の予防効果なし】と昨年末(2008)日経メディカルニュースに約3000人の高齢者を対象にした無作為化試験の結果 がピッツバーグ大学のスティーブン・デコスキー博士らによって「JAMA」誌=アメリカ医師会の機関誌に報告発表されていた!

5caft7zm6ca1dj2noca1ooik2cai7fpi4ca

その報告は、≪イチョウ葉抽出物240mg/日の服用しても、認知症またはアルツハイマー病罹患に有意な影響を与えないという≫というものでした!またピッツバーグ大学での大規模調査とは(1545人(平均年齢79.1歳)・追跡期間の中央値は6.1年)

Photo_2

イチョウ(Ginkgo biloba)の葉の抽出物は、生薬として、記憶と認知能力に対する作用を期待する人々に日本でも広く多くの人に使用されていますが!これまでにも行われてきた試験・調査でも、いずれも適切なパワーを持っていなかった。また、認知症一次予防を目的として米国で承認されたイチョウ葉由来医薬品は、まだ無いのです!


Cover_nature3

■【今回の無作為試験の内容】■

イチョウ葉抽出物の認知症予防における有効性と安全性を評価した臨床試験で使用したイチョウ葉製品は、米国で一般に使用されているドイツの Schwabe Pharmaceuticals社の「EGb 761」で、用量は、過去に行われた臨床試験でも用いられており、一般に使用されている中では最も高用量となる240mg/日とした。

原題:「Ginkgo biloba for Prevention of Dementia」

_news333「視覚識別」と「作用記憶」を極めて、大幅に高めるという研究発表のニュース・ソース・・・】

メディカル.ニュース・トゥデイ【医薬ニュース】

ロイター.ニュース【報道ニュース】

その他【検索サイトーグーグル】


Grant

今年(2009)4月にプレスリリース・ニュース【他数件=末尾にサイト公開】で「糖質栄養素」が視覚識別【サイトメモリー】と作用記憶【ワーキングメモリー】を高めるというハワード大学の二人の博士による研究調査結果を記事掲載していた

≪訳してみると学識・学術経験者による発表で使用製品(糖質栄養=パウダー製品)・資金提供会社【クラフト・フーズ社)・製品寄付(糖質栄養素パウダーの研究開発会社)と公表していました≫  

Newsstand

クリック⇒≪驚きのニュース!≫

| | Comments (13) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪アルツハイマー病≫≪血管性認知症≫≪補完栄養素≫≪非盲検調査≫

Photo【2015年最新のお知らせです!昨年にアメリカのプリンストン大学で20年間アルツハイマーの研究の末、脳の栄養素といえるものが発表に・・・】

コチラをクリック!クリック!⇒ 【脳の働きを高めるEHT】

Caaqxgjv

アメリカでは450万人がアルツハイマー病にかかっていると推定され、高齢化の進展とともに発生が非常に多くなっていて、今後も増加の一途ですが、

アルツハイマーには独特(典型的)の症状があり、本人や家族の病歴から血管性認知症とは区別することが可能です

631c3f

アルツハイマーと血管性認知症に関する所見は文書化されていますが、後述するとしてこの調査に協力して貰うために、

アルツハイマーと血管性認知症の人たちに栄養を補完することに協力する参加者をインターネットによる公開告知と口コミによる手段で50人の家族と友人が選ばれました

Button_switch_now【この調査の対象となるべき患者の基準は】

■医師が治療暦や検査の結果、アルツハイマーまたは血管性認知症であることを診断していること

■特に脳の生検は必要とせず、患者には一件も行われなかった

■患者はパウダーや錠剤やカプセルを飲めることが条件です

Photo_4

■参加の人たちには本来、インフォームドコンセントを与えることが出来ないので、法律的な後見人の署名・同意書を必要とした

Button_switch_now対象外となった除外基準は】

■参加者が認知症や脳の機能障害に関する現在進行中の研究に参加していないこと
 
■(注意事項):慢性病を持つ参加者は参加が認められましたが、状況の変化の追跡調査をされました


Science


≪認知症や他の症状に対して現在、処方されている薬は継続することとし、除外の基準にはなりませんでした≫


Button_switch_now患者の観察と主観的なデータ収集】

■アルツハイマー患者の行動および病状と状況をケアー用紙を使って、記録されました

■患者の進行状況を追跡するために、A Manual for Facility 4が使われました

≪このフォームでは患者の症状を4段階レベルで表しました≫

Button_switch_now客観的なデータ収集と統計的な解析】

■アルツハイマーの患者ケアーマニュアルと言うのがあって、そのマニュアルでの疾病重症度スコアを用いて毎月評価が行われました

■疾病重症度スコアはPCのエクセルに入力され標準的な解析も行われました

■データに対しては F 検定が用いられました


Photo


【結果!】

■研究の対象となったのは36名【女性21名、男性15名】でした。平均年齢は75.8歳【女性に平均は73.3歳、男性は76.3歳】そして22の州にまたがっています

■アルツハイマーの患者27名中16名【59%】は報告された疾病重症度スコアの20項目で統計的には有意で顕著な改善が見られました

Photo_6

■一人の患者に関しては最初の月の疾病重症度スコアと6ヵ月後のスコアは同じでしたが、医師とヘルパーさんに電話で詳細なインタビューをしたところ、なんと改善が報告されたのです。そこで、この患者は変化のあった患者の中に含まれました
 
■血管性認知症患者の場合には9人中6人【67%】に改善がありました

■アルツハイマーと血管性認知症を組み合わせた場合には36人中22人に改善が見られました【61%】と言うこのパーセンテージは有意でした


Button_switch_nowディスカッション】

知的能力が低下している高齢者の中で多数の患者たちが補完栄養素の摂取によって、程度の差はありましたが改善を示しています、またこの研究で観察された反応はテストに於ける均一性に欠けていたり、手続きの整合性を保証するための専門のスタッフが不十分であったなどの問題もありました

Photo

が,ただこの研究報告で指摘された補完栄養素の摂取によ神経変性疾患の患者に対しての実験的な質問と反応は、より大規模な研究を行う価値があることと、必要性を示唆するものであると考えられます

Patentorf

【文書化されている、アルツハイマーと血管性認知症に関する所見!】神経変性疾患を持つ患者を3つのグループに分けて病理解剖を行ったところ、24%、28%そして45%のケースでアルツハイマーおよび血管性認知症に関する組織的・解剖学的発見がありました。

細胞内のアミロイド小体あるいはアミロイド班と神経原繊維繁華がアルツハイマーと診断された患者の顕微鏡を用いた場合の発見でした

Brainfunction


専門家たちや患者の家族は、アルツハイマー患者に関する研究は最低12人の高齢の男性と女性の患者から報告された


さらに顕著で臨床的な前向きな変化の報告によって支持されいるとの結論に達したのです。同一患者でアルツハイマーと血管性認知症とその複合したケースが神経変性の分類としてこの調査には含まれています

質問は次の通りでした「栄養補完はアルツハイマーと見完成認知症の患者の日々の動作と生活の質を向上しますか・・・・・・・・・


Can5icgi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

≪アンビットの新聞紙上記事≫ | ≪アンビットの登録≫ | ≪アンビットのQ&A≫ | ≪アンビット・エナジーについて動画で・・・≫ | ≪アンビット・エネルギー(Ambit Energy)≫     | ≪アンビット創業≫ | ≪アンビット概要ビデオ≫ | ≪アンビット登録方法≫ | ≪安くなるカラクリ?≫ | ≪新電力を創り出す新テク!≫ | ≪新電力会社の販売ランキングで≫ | ≪経済産業省の作成の公開ビデオ≫ | 【がん・ガン・癌のはなし】 | 【アセア=ASEA】 | 【アメガワンド】 | 【アルツハイマー・認知症】 | 【エネルギー問題】 | 【スーパーボウル】 | 【ミトコンドリア】 | 【ワイン・ワイナリー】 | 【中村天風】 | 【伝説スピーチ】 | 【免疫反応・応答反応】 | 【再生医療・幹細胞】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医食同源】 | 【原理原則】 | 【子供に影響を与える栄養】 | 【放射能・原発問題】 | 【日本ハムファイターズ】 | 【時の話題・はなしのネタ】 | 【有名・著名・芸能人の訃報記事】 | 【未曾有の大震災】 | 【栄養・食べもの】 | 【歌川国芳の浮世絵三昧】 | 【母乳】 | 【気になる・お肌のはなし】 | 【気になる本・書籍】 | 【水に関する話】 | 【注目のエネルギー】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【浮世絵・艶(え)本】 | 【知って得する話】 | 【糖尿病・肝炎・難病・奇病】 | 【糖鎖】 | 【脳梗塞・脳疾患】 | 【自閉症・発達障害・ADHD】 | 【長寿の秘密】 | 【鳥インフルエンザ特集】 | 【ASEA・・・アスリート】