【気になる本・書籍】

≪情報や本舗≫≪日本の自殺≫≪文芸春秋が再掲載≫≪めざしの土光敏夫≫≪朝日新聞≫≪日本経済新聞が2011年に!≫

51762bbdjhal


コンビニ書店?で文芸春秋の表紙に芥川賞の見出し【全文&選評掲載】に目がとまり、”なか見!検索”するとトップ記載にとても興味のあることが書かれてあって、立ち読み中止・・レジへ!

001


その記載のなか見!は、1975年(昭和50年)、文芸春秋に「日本の自殺」という論文が掲載されていたそうで、37年もたった今年、あの大震災から一年を向かえようとしている3月発売の≪文芸春秋≫に再び掲載されたそうだ・・・・これは異例のことらしい


朝日新聞が、12年1月に朝日新聞1面「座標軸」という大型コラムに「日本の自殺』を憂う」という見出しで、今年1月の紙面でこの「日本の自殺」という論文が現実味を帯びてきた云々の記事がキッカケでもあったとか・・・


Aaaaa

この論文⇒「グループ1984年」と名乗る共同執筆論で、”日本の危機に警鐘を鳴らす”として、当時注目された、その論文が「かつてなく現実になってきた」と、文芸春秋3月号での再掲載に及んだのでしょう

≪芥川賞がトップでの記載かと思いきや、いきなり表表紙にもない予言の書「日本の自殺」再考がト・・・このところ増えている自殺と考えてしまう!ところが30数年前の論文が目に飛び込んでくる・・・なるほど!文芸春秋さんの二重効果を目論んだ仕掛けだったのかな?≫


この掲載記事22ページ中2ページを読むことができます!文藝春秋社の粋な?計らいで【ただし5月7日までの限定でね・・・・・・
Photo 【コチラから読む!】 


Aae6aebae38292e68682e38186thumbnail

ネット検索では、こんな話が「朝日新聞の主筆が、この37年も昔に発表された『日本の自殺』という論文を思い出して、ホントに日本は破綻してしまうのではないかと怖くなってしまったという。それに対して、文藝春秋も丁寧に応じた。」とあった

Aaabvtwcgl

当時、この論文は非常に注目され、経団連会長だった土光敏夫さんは絶賛しコピーしては知り合いに配ったそうだ【”私の履歴書経済人20”で「何万部もコピーして配った・・・と】 

≪先人の良きリーダーを求めてか?報道番組でお目にかかる・・・あの「めざしの土光さん」だ!≫

61fsby2ehkl

我々の知りうる最古の文明から21の文明の種が没落消滅して言った・・・文明の没落過程の共同研究に着手した!と始まる≪1976年12月と1984年4月にPHP研究所より単行本で出版されている・・・中古本でも5000円から8000円と高値だ!≫

Book

論文中のタイトルを拾ってみる先ずは「日本没落の予感」・・・「ローマ帝国滅亡との類似」・・・「日本が直面する困難」・・・「危機は内部にある」・・・「豊かさの代償」・・・「現代文明がもたらす幼稚化」・・・「デマによる集団ヒステリー」・・・「情報の洪水が人間を劣化させる」・・・「自殺のイデオロギー」・・・「戦後民主主義の弊害」・・・「没落を阻止するために」で終わりとしている

今の日本に、似て非なることもあるにしても、大きく重なるのではと・・・1975年!そのはるか以前から、日本の衰退は始まっているのではと

100606_1

「パンとサーカス」のフレーズが多く出てくるが⇒日本経済新聞が昨年2011年の9月30日の電子版で”パンとサーカス”がはびこる「日本の自殺」とタイトル名できさいしている

現在の世界状勢からこの論文を思い出したと文芸春秋が1975年2月号に載った「日本の自殺」を紹介していた
先ずは何あれ、文芸春秋3月号を購入してみることだ!

Ages

さてさて芥川賞をこれから読むことにするが・・・「共喰い」も「道化師の蝶」もトップ記載記事ですっかりかすんんでしまったかな?

A5c2dab136e516345843802

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪トワイライト≫≪9,999万部のベストセラー小説≫≪少女とヴァンパイアの禁断の恋≫≪シリーズ映画化≫

Aaatwilightworld

全世界でシリーズ累計”4,200万部”突破という大ベストセラーなんです。最終巻 『Breaking Dawn』 は2008年8月2日に発売されるや、最初の24時間で”130万冊”を売り上げたという小説!


Ages_3Ages_4Ages_5

2009年の情報ゆえ、今や映画との相乗効果もあって”1億冊”の大ベストセラー本となっている!そして、世界30カ国語以上にも訳され『ハリー・ポッター』に次ぐ世界的なベストセラーの本とは

416l93denjl_bo2204203200_pisitbsti


原作はステファニー・メイヤーで小説名は≪トワイライト≫・・・完璧な容姿を持つヴァンパイアと人間の少女との初恋!しかしそれは禁断の恋であった!そして永遠の愛を誓い合い、衝撃の結末を迎える

【なか見!検索】

Ages_6

アメリカはなんとヴァンパイアのお好きな人種であろうか?吸血鬼伝説を背負っているのでしょうね・・・2月6日に開催の「スーパーボウル」のアウディのCMでもヴァンパイアーを使っているよ

Craving_explorer128【アウディのCM】

310174


10代の少女を中心に絶大な人気を得て、シリーズで映画化され最終章前編となる『トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part1』は、2012年2月25日公開・・・


20111111152439_00_240

【その予告編動画!】
http://www.the-twilight-saga.jp/breakingdawn/

人間の少女とヴァンパイアの青年との恋を描き、世界中の人々を魅了してきたラブ・ストーリーの完結編の前編。ついに結ばれたベラとエドワードを過酷な運命が待ち受ける。これまでの3作でちりばめられてきた数々の謎も明らかに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪LIFEという糖質栄養素の摂り方の本≫≪各種疾患≫≪経絡≫≪アメガ≫≪痛み≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Banertop_main


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Bookmanna

インターネットで、こんな本を見つけ購入してみた!植物由来の栄養素を実際に各種疾患に利用された「摂取方法」のデータが記載されてある。著者はシュラクター医師(Dr.Schlachter)といって、疾病のカテゴリー別に分け、どのように摂ったら好いかを本にしたものらしい

Body

≪急を要する時⇒「日常の栄養が疾病危機にあるプログラム」と疾病を持っている時⇒「日常の栄養が疾病回復時に於けるプログラム」とに分けて、また中国古来の経絡を疾患に応じて圧する箇所を図解で掲載している・・・・≫

Photo

シュラクター医師( Dr.Schlachter)は、食事における植物由来の栄養素の重要性が記述されている、「基本的に医師は”1つの病気に1つの薬”の方針に沿った教育を受けています。つまり、私達は身体全体レベルでの病気の進行に注目する教育を受けていないのです」・・・・と言っています。【シュラクター医師は、現在サマーリン病院の集中医療センターの医長】

Photo

←「LIFE」はアリストテレ医師(Dr.Aristotle)が表題「MANNA」=「In Search of Manna 」を更新した本とある、本には370種の全ての疾患に実際に使われた栄養素の量と疾患回復の経絡の場所を!

その【1ページ】をウェッブ上で見つけた・・・これだ⇒ http://mannatext.com/Restlesslegsmple.pdf(328ページ)

この【ページの疾患】は≪restless legs syndrome=むずむず脚症候群≫といってパーキンソン病のようにドーパミンの機能低下とも言われている・・・・・You-Tunbeに疾患の映像が⇒【LASTに!】

Photo_2

健康へのチャレンジ!ページが・・・

【関節炎】Arthritis 47ページ 【慢性疲労】Chronic Fatigue 92ページ
【線維症】Fibromyalgia174ページ 【花粉症】Hay Fever 202ページ
【不眠症】Insomnia 239ページ 【月経の痛み】Menstrual Cramps271ページ


Meridianstimplus■経絡を圧するメディアン・スティム・プラス(MeridianStimPlus)という道具


経絡を圧する道具も販売されているようですが!【右の写真】2010年 の暮れにアメリカとシンガポールに友人の多い大学時代の友人から痛みの箇所に、経絡を圧したり、クルクルとその周りをまわして改善・回復するステンレスの棒がかなり話題になっているよ!と・・・送られてきた字も絵も書けないペンシル?

5395812914_210043672b_z_2

確かに取説には痛みの箇所に応じて経絡の支点箇所が図解であり、やってみたがここ数日、肩の張りはやわらいだように思える

箱書きには【Amega】【AMWand】とある「アメガ」と言うのだろう

≪興味津々なので、別途書き込み予定!≫
       ↓     ↓      ↓     ↓   
_news■【別途書き込み】■⇒アメガ・アメガワンド・アムワンド・・・・

Photo_5むずむず脚症候群

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪古事記≫≪因幡の白兎≫≪大国主命≫≪編纂1300年前の一年前!≫

       ≪2011年!新春のお慶び申し上げます≫
Photo

Img_1494318_59151247_0

Photo                  
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2011年も未承認!未確認!未知なる情報!をせっせと書き込みをする所存です。昨年ツイッターに参戦して、コチラからの情報や本舗の訪問者も増えつつ!昨年5億人を超えたFaceBookフェースブックの参戦も促されるも?ままならず・・・

Wikileaks_4

新しい情報の発信スタイル、アメリカ大統領がツイッターを使っての選挙に勝利したことは、既に遅き話!ウィッキリークス・オープンリークスと凄まじい進化ですね・・・日本の国会議員諸氏の参戦もも多く、かつては考えられない直接メッセージのやり取りが自由に始まっている!昨年の年始で書きこみしたツイッター議員の登場もそう遠からじかもしれませんね?⇒もうそこまで来ていますよ

Aa4qxvfcajypw6scan8quyy

来年は「古事記」!712年、天武天皇が碑田阿礼が誦み習ったモノを≪記憶力が並外れた人だったようだ?≫を
太安万侶に編纂させた・・・日本最古の歴史書が来年1300年を迎える!意味深い、2011年の年明けである

Photo


さてさて今年の干支が”うさぎ”!こんな噺をご存知でした、あの”古事記”「オオクニヌシ」が傷ついた兎に知恵を授けました、その後助けられた「兎⇒因幡の白兎」は今度は「大国主命」に、ある予言を授けたのです!それは、多くの神々(八十の神々)から求愛を受けていた「八神の姫」は、貴方様(大国主命)と結婚するでしょうと!

【因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)は「稻羽之素菟」(古事記)が正しいらしい、素をシロと読むことから白兎との俗説が広まったのでは・・・身ぐるみ(うさぎの毛皮)はがされ裸=素になった!】


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo_2世界地図が動き回って干支の「うさぎ」を創るなんて!


世界地図で干支を全て表すという、なんとも不可思議なプレートテクトニクス映像です!子丑寅兎!で4番目、先ずはご覧になってからご判断を・・・・


Photoコチラ子・牛・寅・・

■≪「うさぎ」の図←クリック拡大≫■
04usagi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪マクガバン・レポート(報告書)≫≪アメリカ合衆国上院栄養問題特別調査委員会報告書≫

Barner
Photo_14Photo_15Ca9jr9w4


1930年代に栄養療法と自然治癒力とで当時は不治病と云われた結核の患者を100%近くも完治させ、その後も心臓病・腎臓病・ガンまでも治癒させていた医師がいました!

Button_switch_nowマックスゲルソンという医師です、1959年にゲルソンが亡くなった時にあのシュバイツァー博士が「彼は医学の歴史上、また20世期最も傑出した天才の1人であった」と賞賛したことは、良く聞かれる話です!


Photo_2

食事療法による自然治癒療法で多くの結核・心臓病・腎臓病・そして末期がん患者までの命を助け続けたことで、1946年、ゲルソンのあまりの治療実績に驚いたアメリカ合衆国上院栄養問題特別調査委員会は、この療法への研究補助金の支給を決定しました!ところが、アメリカ・ガン学会はこの決定に異論を唱え、握り潰しを図ったのです

Pic_food_crisis


栄養療法を無視したわけではないでしょうが、その後は西洋医学を中心とした政府機関に巨額の研究費(結核・心臓病・腎臓病・ガンに対して)特に「がん撲滅プロジェクト」と

称して1971年にアメリカのニクソン大統領は、国家的プロジェクトとして「ガン撲滅計画」をスタートさせ、巨額の研究費を国立ガンセンターなど、西洋医学を中心とした政府機関に投じました。


Photo_8


アメリカ建国200年を迎える1977年までには撲滅するという計画だったのですが増え続けるこれら疾病に、再度の調査を決断したのです、その調査をまとめたものが「マクガバンレポート」です!ゲルソン療法の是是非非から1970年代のアメリカは

Vitrv

ガン・心臓病・糖尿病等の生活習慣病患者の増加(特に働き盛りの50代に多いことから)に伴う国の医療費の増大も限界にまで達しており「戦争では、どこにも負けないアメリカが、国民の病気で滅びてしまうだろう」とまで・・・・

医療が、こんなにも進歩しているにも拘らず病気にかかる人は増える一方。時の大統領のフォードは「何故?」と疑問に思い、その解明のために、上院議会に栄養問題特別委員会を設置、当時民主党の大統領候補でもあったジョージ・マクガバン上院議員を委員長に指名したのです。

Money100_bills


2年間に亘って200億円という巨費を投じて、当時の大物上院議員と称されるパーシー氏・ドール氏・ケネディー氏等を委員に加え、威信をかけての調査を行なったのです。

そして、その調査は、1977年に正式名「アメリカ合衆国上院栄養問題特別委員会報告書」⇒通称「マクガバン・レポート」が発表されたのです。

Photo_9

その報告書は5.000ページにもわたる大がかりなものでした、世界中を過去150年前までさかのぼり、約3,000名を超える医療従事者・専門家などの審議調査に基づき、多くの詳細な結果と、重要な結論を究明したのです。

医療費の増大ですが、1977年には1180億ドル(=約25兆円)、そんな財政的危機のなかマクガバン氏は「巨額医療費を注ぎこんだとしても、それで国民が少しでも健康になるのであれば良いのです」と言及しました

Photo_10


アメリカ国民の食事について、「栄養過剰時代の栄養失調」と結論づけて、その上で心臓病をはじめとする諸々の慢性病は、肉食中心の誤った食生活がもたらした「食源病」であり薬では治らない

と結論づけ、高カロリー、高脂肪の食品つまり動物性食品を減らし、できるだけ精製しない穀物や野菜、果物を多く摂るように勧告しています。

Ss_interests2


「…人間の体は、それを構成している一つ一つの細胞が正常なバランスを取っていれば病気にならない。また、細胞を正常に働けるようにしてやれば、病気は治る。 細胞に栄養を与えることが、これからの新しい医学である」


「…病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の修復能力である。それを のに最も大切なものは、食べ物に含まれる栄養素である…」

Book


そして、そのレポートの中で最も理想的な食事は、日本人が元禄以前に食べていた食事であると明記されたのです。「なぜ元禄時代以前?」という疑問があがるでしょう。

理由は、元禄時代になって、精米技術が発達し、白米を食べるようになったからです。その結果「江戸わずらい=脚気」が大流行したという話が残っています【お米は精白することで、胚芽に含まれるビタミン、酵素、ミネラル、食物繊維といった、貴重で重要な栄養素が無くなってしまいます】

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪葬られた「第二のマクガバン報告≫≪ザ・チャイナ・スタディ≫≪フィットフォーライフ≫≪マックスゲルソン≫

                               
Lll
知ってもらいたい!糖鎖情報や本舗


BookBook_2

2005年にTHE CHINA STUDY(ザ・チャイナ・スタディ)」という本が出版され、その翻訳本といわれる”葬られた「第二のマクガバン報告」”が昨年12月に書店に並びました。この原本「ザ・チャイナ・スタディ」が世に出たときには、米国の食品・製薬・医薬業界が騒然とし、大きな反響を呼んだそうです・・・現在上巻・中巻と出ています

【風聞】ゲーリー・プレーヤー(プロゴルファー)は、8000万人の視聴者を持つケーブルTVのゴルフチャンネルに出演し、この本「ザ・チャイナ・スタディ」を読むよう跪(ひざまず)いて訴えたそうです!


10136500289


1985年に初版が世に出て以来、今日までに世界で1200万部を超えて刊行され、超ロングセラーとして史上に輝く「健康栄養学」のバイブルである「フィット・フォー・ライフ」=「FIT FOR LIFE」と言う本・・・既にブログでも書き込み済みですがこの本、世界32ヵ国で翻訳され、「世界の名著25」にも選ばれたベストセラーで、「ナチュラル・ハイジーン」が世界中に広く知られるようになったきっかけは、この理論を一般の人に最もわかりやすい方法で解説したグスコー出版刊「 FIT FOR LIFE 」の登場によるものだったのでしょう

ナチュラルハイジーン」とは民間療法ではなく、1830年代、薬や手術を主流とする西洋医学に対し疑問を抱くアメリカの医師らによって、学問的にしっかり体系づけられた自然治癒力を最大限に生かすために考案した科学的な健康法=健康理論であり、科学の一分野だったのです。

Image001_th〔九州大学附属図書館医学分館蔵〕


【補足】この理論のルーツは、「医聖ヒポクラテス」や「ピタゴラス」「アルキメデス」といった古代ギリシャの医師や哲学者たちまでさかのぼるのですね!「健康維持そして病気改善の秘訣は、自然と調和して生きることである」と彼らの弟子たちに教えていたからです


そして100年後の、1930年代の前半にも栄養療法と自然治癒力とで結核・心臓病・腎臓病・ガンまでも治癒させていた医師がいました!マックスゲルソン博士です、1959年にゲルソン医師が亡くなった時にあのシュバイツァー博士が「彼は医学の歴史上,最も傑出した天才の1人であった」とマックスゲルソン療法を賞賛したと言うことです!

Photo_4


食事療法による自然治癒療法で多くの末期がん患者の命を助け続けたことで、1946年、ゲルソン博士のあまりの治療実績に米上院のガン問題調査委員会は驚き、研究補助金の支給を決定しました。ところが、アメリカ・ガン学会はこの決定に横槍を入れ、つぶしてしまったのです!


栄養療法を無視したわけではないでしょうが、その後は西洋医学を中心とした政府機関に巨額の研究費(結核・心臓病・腎臓病・ガンに対して)特に「がん撲滅プロジェクト」と称して1977年までには撲滅するという計画だったのですが増え続けるこれら疾病に、再度の調査を決断したのです

_news≪それが「マクガバンレポート」です!長くなるので、改めて書き込みします≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_2


21世紀になって、さらにもう一歩踏み込んだ、食におけるがん予防について、ショッキングなレポートがアメリカから発信されたのです! 2005年、米国の食品・製薬・医薬業界を騒然とさせる一冊の書籍⇒『THE CHINA STUDY(ザ・チャイナ・スタディ
)』という本でした!昨年の12月に、『葬られた「第二のマクガバン報告」(上)(中)』と日本語版でグスコー出版から発刊されました

Colinmamikovsh【T・コリン・キャンベル博士=右】⇒


内容(上)は栄養学研究での世界的権威T・コリン・キャンベル博士(⇒“栄養学のアインシュタイン”ともいわれ)らが長期間にわたって、中国での大規模疫学調査の分析結果を明らかにしたもので、前述のマックスゲルソン療法と同様に、業界に不利益になると判断した米政府はこのキャンベル博士らの研究成果をことごとく握り潰してきた経緯が!・・・・

Photo_3


概要は、肉や牛乳の動物性たんぱく質ががんを促進する、動物性食品は「腫瘍の成長」を増加させるが、植物性食品は「腫瘍の成長」を減少させる、といった内容で、 「動物性食品の摂取ががんの最大の要因である」ということを、40年余にわたる研究と、750以上もの世界の一流文献の裏付けにより解き明かしている。

Health Net Media(ヘルスネットメディア】の記事より一部抜粋編集】

A0113065200


| | Comments (18) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ドクター月尾の地球方程式≫≪聖書≫≪ベストセラー本≫≪ノーベル文学賞≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Photo_2
知ってお得な話かも糖鎖情報や本舗

Btn_play_movie「糖鎖の働きをアニメで!」今すぐ観る!【4分44秒】                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

E3838ee383bce38399e383abe8b39ee383a


2010年、作家村上春樹さんがノーベル文学賞の有力候補と目されながらも、今一歩か二歩手が届かなかったようだ。年末に公開される映画「ノルウェイの森」は原作は、1000万部も売れているのか?超ベストセラー本である。「1Q84」の売れ行きは、いずれ追い越すのも時間の問題かも!

Bibbia06

世界で一番売れている本はなんでしょうか⇒この問いにそれは「聖書」と答える人は多くないはず!先週の「ドクター月尾の地球方程式」では「聖書」についてお話していた。聖書は3000年近く前に書かれたと考えられ、現在では世界各国の言語に翻訳されており、その出版部数は推定10億冊とも、凄い数字ですが?3.880億冊とも言われているそうです

≪世界一発行されている本⇒聖書としてギネス・ワールド・レコーズに登録されている≫

Photo

世界で出版社発表のものや、推計に基づくものなど作品によっては数値が印刷部数・発行部数・実売部数で様々ではあるが真偽は兎も角順に並べてみる【ウィキペディアより】

①先ずは聖書 60億冊から3880億冊

コーラン 不明 

毛沢東語録 9億冊から65億冊 

エホバの証人 1億数千冊

モルモン教 1億数千冊

【宗教の教義本が如何に?を物語る数字ですね!】 

ハリーポッターと賢者の石(J/Fローリング) 一億冊

そして誰もいなくなった(アガサ・クリスティ) 一億冊

星の王子様(サン・テグジュベリ) 8千万冊

【歴代のベストセラーを①位から順に並べたものではないということ】


Photo_2ドクター月尾こと「月尾義男」教授


「ドクター月尾の地球方程式」の話に戻そう「聖書」は西洋で印刷術が普及するまでは、僧侶が羊皮紙などに書写して伝えていたので、部数は限られたものでしたが、15世紀に西洋で印刷技術が利用されるようになって、急速に部数が増えていきます。印刷術の発明者グーテンベルクが最初に印刷したのも聖書です。

20101008_1


「聖書」は西洋で印刷術が普及するまでは、僧侶が羊皮紙などに各ページが42行ずつ、書写して伝えていたもので、そのため『42行聖書』⇒右写真とも呼ばれているそうで、15世紀に印刷が始まり、まず羊皮紙で45部が印刷され、次に紙に135部が印刷されたと考えられています。

Biblebook⇒慶応義塾図書館蔵・・グーテンベルク42行聖書 マインツ 1455年頃 紙">グーテンベルク42行聖書 マインツ 1455年頃 紙】


現在、羊皮紙に印刷されたものは12部、完品は4部、紙に印刷されたものは36部、完品は17部残っていて、羊皮紙、紙に印刷された『42行聖書』は世界で48部残っている計算になる、そしてその内の47部は図書館に保存されているとなると?

Caw3itor

さて、あとの1部は⇒なんとマイクロソフトの創業者ビル・ゲイツが持っているとのことだ。そしてこれまた凄い話だが!彼は他にも世界一貴重な本を所有していて、それはレオナルド・ダヴィンチが晩年に執筆した自筆の原稿で『レスター手稿』といわれる世界に1冊しかない本を所有しているんだって≪ドクター月尾の地球方程式より≫018a


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪≪情報や本舗≫自閉症≫≪糖鎖の栄養素による臨床結果≫≪医療研究所≫≪機関誌プロセーディング≫

Banerch04
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

1977年に非営利の研究所として、設立された「フィッシャー・インスティチュート」は科学者・医師・研究者らが集まって学術的な研究をサポートすることを目的とした!20年後の1997年、フィッシャー・インスティチュート・メディカル・リサーチの機関紙≪プロセーディング=Proceeding≫(第三者機関)に糖鎖の栄養素による臨床結果の特集号が掲載されていたのを、要訳してみました


メディカル・リサーチの機関紙≪プロセーディング

 P_vol1no1bigP_vol4no3bigProcedings_3_3

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

10534_2

≪序論=INTRODUCTION≫

「自閉症」の親御さんへ植物由来の栄養素とファイトケミカルを、そのお子さんに摂ってもらうことで健康面・生活活動面ではどうか?の質問公開状を送った。この研究は栄養面・生活活動面で子供たちにインパクトがあることなのかどうか設計されての研究でした

Photo


≪方法=METHOD≫

植物由来の栄養素nとファイトケミカル(完熟野菜・果物)を摂っている40人の自閉症の子供の親に自閉症の分野に関わる専門的な質問回答を求めた。この検査(トライアル)期間中に糖鎖の栄養とファイトケミカル(完熟野菜・果物)と一緒に摂っていたその使用製品名すべて、また処方で他の介在で摂ることがあったかどうか?その他の製品の使用した期間は、糖質栄養(多糖類)と植物栄養(完熟野菜・果物)を取る前と、摂った後での回答は⇒4つのポイントとは「言葉」「認識力」「感覚」「運動神経」です。その回答では初期の摂り始めた時点で「感覚」と「運動神経」でわずかに問題があったこと、最低3ヶ月間、他の栄養素を併用してい他のですが、その後同じか?少し良いか?かなり悪いか?どうかの回答を求められていたのです


* 共同介在の製品の使用
* 共同介在の製品使用の継続期間
* 体重に対してサプリメントの総合計の相関の欠如
* 円熟した効果の可能性


10530



≪方法論=METHOLOGY≫

25人の子供たちの親からは調査票の回答(63%)が得られた。其のうち3件は不完全回答、1件は3ヶ月以下の摂取であったため除外。このように、この研究は21件の子供の栄養に関わるデータベースに基づく。内訳は4人の女の子と、17人の男の子⇒その男の子は3歳から15歳(17人のうち13人が7歳以下でした)3ヶ月から18ヶ月の間、糖質栄養とファイトケミカルを摂り続けた3ヶ月から36ヶ月の間これら製品を摂ってレポート提出したのは10人以下であった
14人の子供たちは糖質栄養とファイトケミカル摂り続けた(他の処方薬・栄養素)一緒に摂っていた(それら他のものとは:ビタミン・ホメオパテック【○○療法】リメディ【医療】アンチファンガル【抗菌】・トランキライザー)


Photo


そして20人の子供たちが、キャンディのような栄養素を一日に2個から8個摂っていた。またその内9人の子供たちは糖鎖の栄養素とファイトケミカルとヤムイモと大豆を摂った。このうち3人の子供たちは他の介在があった

最も多かった報告は栄養素を摂る前と、摂った後とでの行動の変化、少なくとも半分以上の父親はわずかばかりであっても改善・回復がみられたことは、それを摂りはじめた初期の段階で「言語」「認識作用」「感覚」「運動動作」と自閉症に良くみられる特に目立った特徴で少なからず感じたようです

心配のおける「言葉」「認識作用」での問題のあるケースでも「言語」表現力では20人、理解力では16人、そして「認識作用」でも13人の回復回答のレポート提出があった


Photo_5


初期段階の自閉症の問題点として「知覚」、その運動分野では「聴力感覚=14人」「視覚感覚=12人」「運動調整の問題=10人」と最も頻繁に作用する問題は「視覚認識」の欠陥であった。そして食欲不振・食べ物の嗜好・繰り返しといった行動はわずかな回答ではあった

提示されたチャートではカテゴリーに応じて「言語」「知覚認識」「感性」「運動作用」での健康面での特徴・・・前もってテストをして、その子供たちの些細なこと・厳しいことに関わらず感じていたことが、その後どうなったかを人数とパーセンテージで表している

≪ここでチャートでは表示ができないので、左の数字は【わずかであてっも厳しくもあっても問題点をかかえた子供の人数】続く数字は【とてもよく改善・回復した子供の人数】その【回復改善のパーセンテージ】

004_3


≪特性≫ ≪問題のあった子供≫ ≪改善・回復≫ ≪%≫

アイコンタクト  20人           17人       85%
食欲       17人           12人       71%
嗜好       19人           16人       84%
反応動作    17人           13人       76%
睡眠       14人           12人       86% 
積極性      14人           10人       71%
無気力       8人            7人       88%
言語・記憶力  ―――          ―――       ―――
言語表現力   21人           19人       90%
理解力      20人           19人       95%
認識力開発   19人           17人       89%
知覚論争    ―――           ―――      ―――
聴感度      17人           15人       88%
触覚感度    19人            16人       84%
視覚感度     9人            8人        89%
運動調整    14人            10人       71%

【補足:女の子7人の両親の内の一人の親は、理学療法士ですが同じ療法士によって、その子供は1才から5才までサポートを受けていた報告がされている。こうした多くの子供たちは理学療法士による、何らかの聴覚トレーニング・プログラムでのサポートを受けているとみられることを別記しました】

Photo_7

≪病状の改善・回復はというと?≫


≪特性≫ ≪問題のあった子供≫ ≪改善・回復≫ ≪%≫

アレルギー    14人             9人      64%
喘息         3人             3人     100%
耳の感染      5人             2人      40%
静脈問題      9人             6人      67%
皮膚発疹      6人             5人      83%
下痢         5人             5人     100%
便秘        11人            10人      90%

【補足:2人の子供たちの親は、耳の感染で「ある程度」若しくは「厳しい」問題点の改善回復を論じている。数人の両親からのコメントを付け加えるなら、彼らの子供たちの健康や、その子供たちの感染防御能力・技量・菌による感染・長い間のコブの除去などと、本質的に改善回復が認められることを別記しました】


Photo_4

≪論考=DISCUSSION≫

多くの子供たちに多面的領域での改善面がみられた。ある場合、両親は確かにその改善点がそれら製品の使用での直接の関連に感じ入っています。他の場合、その両親は実際のところ何らかの介在による応答などによって確信できないまま、ほとんどの両親たちはサプリメントを子供たちに与え摂りつづけることを選択している


Photo_8

子供たちの誰一人として自閉症の総合的分析、それは健康・技術・能力の証明・論証での改善が安定したレベルであることを子供たちにとっては、多くのことを学び取ったように見えます
信頼すべきデータは制限つきで、その結果はより良いコントロールされた結果の提示があるとはいえ、さらに研究の必要が求められる

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_16

「…人間の体は、それを構成している一つ一つの細胞が正常なバランスを取っていれば病気にならない。また、細胞を正常に働けるようにしてやれば、病気は治る。 細胞に栄養を与えることが、これからの新しい医学である。」

Side_ttl_3この栄養素!摂ってみますか】⇒ 【コチラ】

「…病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の修復能力である。それを のに最も大切なものは、食べ物に含まれる栄養素である…」


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪自閉症の原因≫≪研究報告!≫≪両親から受け継ぐ遺伝子に≫≪雑誌ネイチャー≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Photo_3

もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_2

2010年6月9日、自閉症の原因となる研究報告が付英科学誌ネイチャー(電子版)に掲載された。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)をはじめ11カ国から120人の研究者が参加しての研究報告によると、 小児自閉症患者996人とそうでない小児1287人の遺伝子を比較したところ、通常、両親からそれぞれ1つずつ受け継ぐべき遺伝子が1つ足りなかったり、3つ以上存在するといった「コピー数多型」が20%ほど多く見つかったという


The20autistic20spectrum


米国をはじめ世界中で患者が増えているといわれる自閉症。近年米国では、この病名に「スペクトラム(連続体)」という言葉が付き、これまで自閉症とみなされなかった軽度の症状までも自閉症と診断されるようになった。米国における自閉症の発症率や代替療法利用率など現状を報告する■≪補足:自閉症スペクトラムとは ≫・・・自閉症、アスペルガー症候群、特定不能の広汎性発達障害などの広汎性発達障害を連続体の1要素として捉えたもののことである

Photo


1980年代以前は、自閉症といえば、子ども2000人に1人の割合で発症するごく稀な疾患とみられていた。2010年、 米国の子供の110人に1人が、「自閉症スペクトラム」を発症している疾病対策予防センター(CDC)の推計によると、という。患者は0歳-21歳で、推定で約73万人。   

Ad1

自閉症は今では、発達障害による症状としてよく知られているが 1943年、米国ジョンズ・ホプキンス大学の児童精神科医、レオ・カナー氏が、精神分裂症の症状の一つを「自閉」と命名していらい、「自閉症(Autism)」という病名が使われるようになる。


Mayo_s

米国で権威ある医療機関、メイヨークリニックでは、自閉症の改善にクリエイティブ療法や音楽療法などの代替療法を利用している。また、食事療法も取り入れており、代表的なものでは、プロバイオティックス、ビタミンA、C、B6、B12、マグネシウム、葉酸、オメガ3脂肪酸などサプリメントの服用も頻繁に試みている。

最も利用率が高かったのは、食事療法で38%、栄養成分の摂取では、ビタミン・ミネラル(なかでもビタミンB6)が30%、オメガ3脂肪酸やフィッシュオイルが23%。その他、祈り療法、バイオフィードバック、マッサージ療法、ハーブ療法、カイロプラクティスなどで、利用率は10~16%だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪糖鎖の栄養素≫≪In Search of Manna ≫≪摂取量≫≪シュラクター医師≫≪LIFE≫

Photo_6クリック!■【パート②】■


Baner
もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

                                   
004

最初にお断りしておきます!ここで言う「植物由来の糖鎖の栄養素」は、最良の健康=(オプティマルヘルス)をサポートするための補完栄養を目的に開発されたものであり、疾病の診断、治療、治癒、あるいは予防を目的としたものではありません。当ブログに記載された情報は、医師による治療などに取って代わるものではなく、栄養に関する一般的な知識を深めていただくことを目的としています

Hon


この栄養素!愛用する人が増えていく中で、多くの医師も愛用!数人の医師は自身の気になるところが改善されていくことで「原点回帰」⇒≪汝の食物を汝の医薬とせよ、汝の医薬は汝の食物とせよ≫ヒポクラテスこの深い言葉に啓発されて、アメリカだけでも、代替医療として取りあげた数千人の医師らに広がったそうです。

7_21_1969


医師が、医師に伝えるためにか?どうしても現代の医薬では、解決出来ないと医師が判断した時に、糖鎖の栄養素の使用で画期的に改善回復したことでTVニュース・新聞⇒≪ネバダ・ウーマン
に採り上げられた事例があります。


Thumbnailserver2元気を回復した「ジャクリン・パーマー」さん

【回復事例】がウェッブで公開されています、ステロイド依存症による「喘息」の「ミセス・ドーン(65)」クスリの大量投与か副作用・合併症で緊急治療室へ、まさに生死の際を体験・・・また新婚間もない「ジャクリン・パーパー(24)」突発性の多発性硬化症に!車椅子の生活を覚悟しなければ・・・・いずれもシュラクター医師による加療によって回復改善の希望がもたらされたのだ⇒詳細はコチラ公開のウェッブサイトにて


41an585bjwl

この本は 糖鎖の栄養素を実際に各種疾患にどれほど利用されたかのデータが記載されています、著者は、シュラクター医師(Dr.Schlachter)とアリストテレ医師(Dr.Aristotle)で糖鎖の栄養素で疾病のカテゴリー別に分け、どのように摂ったら好いかを本にしたのです⇒糖鎖の栄養素のテキストとある

【最初に出たのが表題MANNA=「In Search of Manna 」!は、未公開になっていますが、その後表題が「LIFE」となって⇒【アマゾンで購入できます】・・・

Photo_2



<シュラクター医師( Dr.Schlachter)は、食事における糖鎖の栄養素の重要性を説いています、「基本的に医師は”1つの病気に1つの薬”の方針に沿った教育を受けています。つまり、私達は身体全体レベルでの病気の進行に注目する教育を受けていないのです」・・・・と言っています。【シュラクター医師は、現在サマーリン病院の集中医療センターの医長】


[日常の栄養が疾病危機にあるプログラム」(Daily Nutiritional Crisis Program)と「日常の栄養が疾病回復時に於けるプログラム」(Daily Nutiritional Wellness Program)に分けられ記載されています。


300_


本には、370種の全ての疾患に実際に投与された糖鎖の栄養素の量が!その【1ページ】がこれだ

Download_pdf_2http://mannatext.com/Restlesslegsmple.pdf

この【ページの疾患】は≪restless legs syndrome=むずむず脚症候群≫といってパーキンソン病のようにドーパミンの機能低下とも言われている

【New Drug for Restless Legs Syndrome (Aug. 2005)】


Yt125⇒≪動画

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

≪アンビットの新聞紙上記事≫ | ≪アンビットの登録≫ | ≪アンビットのQ&A≫ | ≪アンビット・エナジーについて動画で・・・≫ | ≪アンビット・エネルギー(Ambit Energy)≫     | ≪アンビット創業≫ | ≪アンビット概要ビデオ≫ | ≪アンビット登録方法≫ | ≪供給地点特定番号≫ | ≪切り替えのお手伝い≫ | ≪安くなるカラクリ?≫ | ≪新電力を創り出す新テク!≫ | ≪新電力会社の販売ランキングで≫ | ≪経済産業省の作成の公開ビデオ≫ | 【がん・ガン・癌のはなし】 | 【アセア=ASEA】 | 【アメガワンド】 | 【アルツハイマー・認知症】 | 【インフルエンザ】 | 【エネルギー問題】 | 【オリンピック&スポーツの祭典】 | 【サプリメントウオッチ】 | 【スーパーボウル】 | 【ミトコンドリア】 | 【ワイン・ワイナリー】 | 【中村天風】 | 【伝説スピーチ】 | 【偶然が生み出す発明&発見】 | 【免疫反応・応答反応】 | 【再生医療・幹細胞】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医食同源】 | 【原理原則】 | 【子供に影響を与える栄養】 | 【宇宙・科学・物理】 | 【放射能・原発問題】 | 【日本ハムファイターズ】 | 【日本野球連盟】 | 【時の話題・はなしのネタ】 | 【有名・著名・芸能人の訃報記事】 | 【未曾有の大震災】 | 【栄養・食べもの】 | 【植物ってえらい!植物ってすごい!】 | 【歌川国芳の浮世絵三昧】 | 【母乳】 | 【気になる・お肌のはなし】 | 【気になる本・書籍】 | 【水に関する話】 | 【注目のエネルギー】 | 【注目のテクノロジー】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【浮世絵・艶(え)本】 | 【知って得する話】 | 【科学の文献資料】 | 【科学の検査データ】 | 【糖尿病・肝炎・難病・奇病】 | 【糖鎖】 | 【細胞のお話】 | 【脳梗塞・脳疾患】 | 【自閉症・発達障害・ADHD】 | 【著名な作家・書家・画家】 | 【著名な科学者たち】 | 【話題のTV番組放送】 | 【認知症・アルツハイマー】 | 【誰しもが飲む水の話】 | 【警告!警鐘!】 | 【金貨のプレゼント】 | 【長寿の秘密】 | 【鳥インフルエンザ特集】 | 【ASEA・・・アスリート】