【医食同源】

≪情報や本舗≫≪脊髄性筋ジストロフィー≫≪ある栄養素を摂ることで・・・≫

02baner
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料


ある栄養素の不足が、現代病の共通する原因となっていると考えられる【食源病!】この不足した栄養素が足りれば、私達は自己治癒力が向上し、健康を回復できる【自然治癒力をとりもどす!】ということが分っています!検索中に遭遇したサイトを訳してみました⇒


Photo_5事例その4=筋ジストロフィー


Photo

そこで、私は、あるサプリをゾンドラに飲ませました。この人は脊髄性筋ジストロフィーの患者で、私が50年間診てきた人です(彼女の兄弟は13 歳でデュシェンヌ型筋ジストロフィーのために亡くなっています)。彼女は2 歳の時から全てに看護が必要でした。自分では何もできませんでした。ものをうまく飲み込むこともできず、24 時間の酸素吸入も必要でした。

5621_3

補足:デュシェンヌ型とは、身体の筋力が低下するため、脊柱を支持できなくなり脊柱変形がおこりやすい。自力では座っていることが難しいため、何かしらの支え必を要とする】

Womanandmakeup

多少セラミックに絵を書くことができたので、1 日2 時間、週2 回、テーブルを支えにして右腕で描いていました。
その彼女がサプリを飲み始めて4 カ月、50 年の生涯で初めて、一人で食事をし、歯を磨き、自分の鼻をこすることができたのです。今では、1 日3、4 時間は酸素吸入を外せるようになりました。ものもうまく飲み込めるようになり、絵も週6 日、1 日6~8 時間、描けるようにもなりました!


Photo_2

ゾンドラはこう言います。「自分はすごく元気だからもっとできると思うけれど、少しは休まなければね、その必要を感じなくても!」その後も病状は改善<しています。そして、生まれて初めて、1年間、呼吸不全のための治療や入院の必要がありませんでした。その間、彼女の二人の看護婦とルームメートがインフルエンザにかかっていたにも拘らず。

Fda

* ココでの書き込みは、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪小児の食事≫≪ファストフード店≫≪必要なカロリー≫≪小児肥満≫

Barner_2_rotavirus_children_2


医学誌「Childhood Obesity(小児肥満)」8月号に「子どもがファストフード店で食べるメニューは、脂肪、カロリー、塩分が高いことが、新しい研究で明らかにと記事が掲載された

Auragirimono5

今回の研究で判ったことは、ファストフード店で子どもが食べる昼食には、1日に必要なカロリーの51%、1日に推奨される塩分摂取量の50%以上が含まれていること【カロリーの35%以上は脂肪に由来するものであった】

Ages_3


今回の調査では6週間にわたって、米ラディ小児病院(サンディエゴ)内のファストフード店で昼食を取った544家族を対象に、レシートを収集して注文内容を記録する一方、家族に選んだメニューやその理由を尋ねた。


Ages_4

その結果、未就学児が最もよく注文していたのはフライドポテト、炭酸飲料、チキンナゲット、チーズバーガー、ハンバーガーで、年齢の高い児童は、同様のメニューのほか、ホットアップルパイ(6~11歳)、チョコチップクッキー(12~18歳)などを注文していた。

牛乳やジュースよりも炭酸飲料の注文が多く、より伝統的なファストフードであるフルーツパフェなどの比較的健康によいメニューを無視する傾向がみられた。

Photo


■家族がファストフード店に行った理由は:

※ 子ども(および大人)が好きだから。

※ 便利だから。

※ ご褒美として。

※ 空腹で、ほかに選択肢がなかったため。

Ages_5

子ども専用メニューについてくる”おまけ”は大きな要因とはならず、49%は全く考慮しなかったと回答!著者らは、人々が単純にファストフード好きであることも考慮した上で、適正な栄養に関する情報をもっと伝える必要があると述べている


≪米カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)のKerri N. Boutelle氏は、ファストフードの影響や、米国で蔓延する肥満に対する影響を認識することが重要であると述べている≫

Ages_9

【原文】(HealthDay News より8月9日)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪植物ってえらい!植物ってすごい!≫≪アロエベラの有効成分?≫パート①

Photo■2011年の大震災による原発事故での放射能漏れからの書き込みが多く検索!ウイッキペディアにアロエベラが放射線皮膚炎に効果ありや?無し?

⇒【パート③】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Baner_6

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Kureopatora_2

古代工ジフトのミイラと共に発見されたパピルスという書物には、アロエベラが紀元前2000年の頃から最高の薬草とされていたことが古い文献に記述されています。クレオパトラはアロエベラの液汁を体中に塗りつけ、その伝説となった美貌を保ち続け、またアレキサンダー大王は兵士の体調維持にアロエベラを携帯させたことは有名なエピソードとして近世に伝えられています。

Ch5_bookoflife

【紀元前1550年の古代エジプトの医学書には、アロエベラミイラ製造の為の防腐剤の一つとして用いられていたこと、また、特に眼病に効くといった記述ガあるのです!】

キダチアロエとアロエベラ【日本ではなじみ薄い?】の大きな違いは、ムコ多糖体の成分が、アロエベラにはキダチアロエの約9倍強も含有されています。アロエベラはカリブ海に浮かぶバルバドス島を原産地とするユリ科の多年生多肉植物で、植物学者の”リンネ”博士がこのバルバドスのアロエを、500種類の中から特定【有効成分が最も多い!】した事で、通称「アロエベラ リンネ」と呼ばれる所以なのですね

Image4

アロエベラに含まれる、8つのうちの一つ「マンノース」が持つ薬効効果を長年に渡って研究していた二人の博士、「ビル・M博士」と「レジ・M博士」なわけですが、この研究のアロエが「バルバドス・アロエ」っだのです!下記のアロエベラの成分の「多糖体」の中に「グルコース」「キシロース」「ガラクトース」そして「アロエマンナン」と見出せることと!8つの糖鎖の知識をお持ちの方は、なるほど!と頷けるはずです


一般にアロエベラ生葉(果肉・皮)に含まれているとされる以下はその成分です【皮には毒性が強く使用しないで葉肉【粘粘のゲル状のもの】だけを使用】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

10530

【酵素類】アリナーゼ アミラーゼ カタラーゼ リバーゼ オクトシドーゼ アルドナターゼ グリコシドブドウ糖 ラモノーゼ

【ビタミン】
ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンB3 ビタミンB6 ビタミンB12 ビタミンA ビタミンC ビタミンE 葉酸 ビタミンM

【ミネラル】
マンガン クロム 銅 亜鉛 鉄 マグネシウム リン ゲルマニウム カリウム ナトリウム 塩素   

103_3

【多糖体、その他】
グルコース キシロース ガラクトース セルローズ 生理活性物質 植物ホルモン サポニン アロイン アロエエモジン アロエウルシン アロミチン アロエマンナン アロクチン アルボランAB アロエチン アロエシン アロエソンエモジン ホモナタロエン ベータババロエン オーグリコシド ウロン酸 ムコ多糖類液合体 ルミセン リモネン コニフェリルアルコール グルコサミン酸 クリサミン酸 クリソファン酸

【 アミノ酸】
リジン メチオニン アエニルアラニン ロイシン バリン イロソイシン スレオニン トリプトファン アスパラギン酸 グルタミン酸 アラニン プロニン ヒスジン セリン グルシン アルギニン チロシン シスチン

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo

〔アロエベラにおける効果〕・火傷・抗炎症・便秘・皮膚症・痔・切り傷・発疹・アトピー等・美肌効果(シミ・シワ)やダイエット効果・内臓不調(整腸作用)・細胞の活性化

・リウマチ・抗ガン作用 ・保湿性・高血圧、低血圧・眼の治療 ・肝臓機能を高める・口内炎・抗菌作用 ・免疫力を高める・血糖効果作用・ゼンソクや慢性気管支炎

■【上記 [アロエベラにおける効果] の内容は薬事法に基づき掲載しております】と出典先に記述されていました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪宇宙飛行士と補完栄養素≫≪降コレステロール剤の副作用≫

Aaaages

先ずは、日本人の宇宙飛行士の話題から・・・・・11月11日の「1」並びの日に、日本人初のママさん宇宙飛行士が誕生しました

Photo


日本人の宇宙飛行は8人目で女性では2度もシャトルに搭乗した向井千秋さん(56)に続き2人目の快挙となった女性は「山崎直子さん」【東大航空宇宙工学専攻修士課程を習得】という方で、アメリカでも”NASA”(米航空宇宙局)にも女性飛行士は30人いるそうですが、母親は10人ほどだそうです

Photo_2

山崎さんは、小学生のころ「宇宙戦艦ヤマト」アニメが大好きで、「大人になったら誰もが宇宙に行ける」と漠然と思っていたそうで中学3年のときにスペースシャトル「チャレンジャー」の爆発事故をテレビで見た時に「ショックだったが、かえって人が宇宙に行くことに現実感を感じた」と語っていたそうです

004


        複数のオンラインニュースより


■【元NASA宇宙飛行士ドゥエーン・グラベリン(Graveline)氏のウェッブサイトを要約した書き込みです】

Doc_portrait_172_01

さて、タイトルの本題にアメリカの元NASA宇宙飛行士で前USAF航空医官でもあり退官・退職者の臨床医の「D.ドゥエーン・グラベリン(Graveline)宇宙飛行士&博士がコレステロールの数値が高めでスタチン系の降下剤を飲み続けていたところ、13年間で二つの事例が起きてしまった!

ひとつは、グラベリン医師自身に起きた「記憶喪失」!いま一つは、筋肉の痛み、筋肉炎症、末梢性神経障害、怒り、パラノイア、深い落ち込み、パーキンソンの症状に似たこと、ルーゲーリッグ病的なことが増加していくことが明らかで、後退しているのではないかとも思える驚くべき結果?だったと


ウェッブサイト■にコメント【原文】を述べています!確かに降コレステロール剤としての降下?いえ効果はあります。

13838_zoom


しかし副作用もあることを知ってほしい!それはファイザー社の開発「リピトール」によって自身の身体に及んだ”スタチンによる副作用であると!ファイザー社は、記憶喪失に関して1-2%の発生率を報告しています!

…これは、そうわずか150.000人、副作用といえる確立?には十分な根拠とはいえないかも知れません!スタチン薬の投薬は4000万人のアメリカ人に対して・・・・


Nasaapphd


元NASA宇宙飛行士”ドゥエーン・グラベリン”医師は補完栄養にどう行き着いたかの経路は情報や本舗には入ってきておりませんが,補完栄養(glyconutrients)を使うことで、その結果をこのグライコニュートリエント(補完栄養療法)を採り入れたことから、薬を減らしていき以前の身体に自然回復・自己治癒力で戻りつつあるとスピーチをしています!


P_vol2no1bigProcedings_3_3P_vol4no3big

■1977年に設立されている医学研究所「フィッシャーインスティチュート」でも文献論文として有料で見分できます!機関誌を購入できる、フィッシャーインスティチュートのページBooksのNEWのところです≪これら機関誌は私の購入した物です≫

02

【要約の続きをもっと読む方は!】

Photo_6

スタチン薬が両刃の剣であるという事実は、少数の人にしか知られていません。医者が薬のこの種類について混乱するのも不思議ではないです。
スタチンがコレステロールを還元するとき、それは、同時に、同程度の量によってCOQ10・Dolichols・セレン含有タンパク質・Rho・グルタチオンと通常のリン酸化の統合を減らしています!これは、たしか、主に医学コミュニティに知られていない何千もの副作用報告の原因です。


Photo_4

スタチン薬リピトールに接した私自身の経験は、私の本で詳細に書かれています!メモリー(Memory)の記事リピトールが盗りさるもの(Lipitor Thief)にまとめられています。

Photo_5

ジョンソン宇宙センターで私の一年の宇宙飛行士身体検査の間、リピトールを導入してから6週間後に、一過性の記憶喪失(TGA)に見舞われたのです!【私のコレステロール数値は、数年の間、右肩上がりの傾向にありました】

すべては6週間目までよかったのです!しかし、そのとき私は森の中にいる認識すらなかったのです、散歩から帰ったあと、私の妻が云うには、私が家の周辺の庭のあたりをあてもなく歩いているのを見つけたと!

私は、一過性の記憶喪失(原因未知数)の診断で、調べている神経科医(Neurologist)の診察室で、私は6時間後に「目がさめました」

Br


| | Comments (2) | TrackBack (1)

その他のカテゴリー

≪アンビットの新聞紙上記事≫ | ≪アンビットの登録≫ | ≪アンビットのQ&A≫ | ≪アンビット・エナジーについて動画で・・・≫ | ≪アンビット・エネルギー(Ambit Energy)≫     | ≪アンビット・・・=ペイジーの支払い方法≫ | ≪アンビット創業≫ | ≪アンビット概要ビデオ≫ | ≪アンビット登録方法≫ | ≪供給地点特定番号≫ | ≪切り替えのお手伝い≫ | ≪安くなるカラクリ?≫ | ≪新電力を創り出す新テク!≫ | ≪新電力会社の販売ランキングで≫ | ≪経済産業省の作成の公開ビデオ≫ | 【がん・ガン・癌のはなし】 | 【アセア=ASEA】 | 【アメガワンド】 | 【アルツハイマー・認知症】 | 【インフルエンザ】 | 【エネルギー問題】 | 【オリンピック&スポーツの祭典】 | 【サプリメントウオッチ】 | 【スーパーボウル】 | 【フェルメールの画】 | 【フラッシュモブ】 | 【ミトコンドリア】 | 【ワイン・ワイナリー】 | 【中村天風】 | 【仮想通貨&貨幣論】 | 【伝説スピーチ】 | 【偶然が生み出す発明&発見】 | 【免疫反応・応答反応】 | 【再生医療・幹細胞】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医食同源】 | 【原理原則】 | 【子供に影響を与える栄養】 | 【宇宙・科学・物理】 | 【放射能・原発問題】 | 【日本ハムファイターズ】 | 【日本野球連盟】 | 【時の話題・はなしのネタ】 | 【有名・著名・芸能人の訃報記事】 | 【未曾有の大震災】 | 【栄養・食べもの】 | 【植物ってえらい!植物ってすごい!】 | 【歌川国芳の浮世絵三昧】 | 【母乳】 | 【気になる・お肌のはなし】 | 【気になる本・書籍】 | 【水に関する話】 | 【注目のエネルギー】 | 【注目のテクノロジー】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【浮世絵・艶(え)本】 | 【知って得する話】 | 【科学の文献資料】 | 【科学の検査データ】 | 【糖尿病・肝炎・難病・奇病】 | 【糖鎖】 | 【細胞のお話】 | 【脳梗塞・脳疾患】 | 【自閉症・発達障害・ADHD】 | 【著名な作家・書家・画家】 | 【著名な科学者たち】 | 【話題のTV番組放送】 | 【認知症・アルツハイマー】 | 【誰しもが飲む水の話】 | 【警告!警鐘!】 | 【金貨のプレゼント】 | 【長寿の秘密】 | 【鳥インフルエンザ特集】 | 【ASEA・・・アスリート】