【再生医療・幹細胞】

≪情報や本舗≫≪再生医療!≫≪新旧の情報!≫

C13

再生医療のTV放映がTBS系にてあるそうです!3年前にお気に入りに入れておいた、損傷した心臓を幹細胞の移植によって劇的に回復という記事を探してきましたので情報公開します!AP通信が協力のコメントですから「ガセネタ記事」では有りません!

nature_cover6

といっても韓国の黄教授の例もありますが?また身近な札幌医科大学の再生医療は以前NHKで最前線ということで紹介もされていますし!(NHK教育「サイエンスZERO」で放映)

糖質栄養素この分野にても再生医療に関わることが・・・・・・?有るのですよ!


【損傷した心臓、幹細胞移植で劇的に回復】(上)
16歳の少年、ディミトリー・ボンビルくんは、自宅で日曜大工作業中に誤って電動釘打ち機(ネールガン)で心臓に傷を負ってしまった。


外科手術を受けたが、深刻な心臓発作を起こすなど症状が思わしくなく、医師たちは両親に心臓移植が必要だと伝えた。


img_01_02_02

だが、ひとつだけ別の治療法の選択肢も紹介した。それは、人間では前例のない幹細胞治療法によって損傷した心臓の組織の再生を試みる提案だった。両親は同意し、その技法が試みられた。


その結果は、従来の幹細胞治療をめぐる議論を根底から覆しかねないものとなった・・・・続きを読む↓
(上)
http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20030314304.html

(下)
http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20030317308.html

こちらのお話は2003年で旧情報!この再生医療は自分自身の骨髄細胞を取り出してご自身の体に戻すという再生ですから「クロン細胞」の再生とはまったく違いますよね!

Finalbrochurepg1

放映前ですからどのような内容かはわかりませんが、新旧の情報ということでは、2006年で新情報!です!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪幹細胞≫≪再生医療≫≪自然治癒力≫

Images_13

再生医療のTV放映が、2月12日【日】18;30よりTBS系テレビ局(2006)にてありました!

といっても世界中が最初は驚き、後には落胆させられた、韓国の黄教授の例もありますが?また身近な札幌医科大学の再生医療は以前NHKで最前線ということで紹介もされていますし!(NHK教育「サイエンスZERO」で放映)


Photo

以前にお気に入りに入れておいた、損傷した心臓を幹細胞の移植によって劇的に回復という記事を探してきましたので情報公開します!AP通信が協力のコメントですから「ガセネタ記事」では有りません!

img_01_02_02


【損傷した心臓、幹細胞移植で劇的に回復】(上)
16歳の少年、ディミトリー・ボンビルくんは、自宅で日曜大工作業中に誤って電動釘打ち機(ネールガン)で心臓に傷を負ってしまった。

外科手術を受けたが、深刻な心臓発作を起こすなど症状が思わしくなく、医師たちは両親に心臓移植が必要だと伝えた。

だが、ひとつだけ別の治療法の選択肢も紹介した。それは、人間では前例のない幹細胞治療法によって損傷した心臓の組織の再生を試みる提案だった。

Images_1

両親は同意し、その技法が試みられた。その結果は、従来の幹細胞治療をめぐる議論を根底から覆しかねないものとなった・・・・続きを読む↓

(上)
http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20030314304.html

(下)
http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20030317308.html     こちらのお話は2003年で旧情報!

この再生医療は自分自身の骨髄細胞を取り出してご自身の体に戻すという再生ですから「クロン細胞」の再生とはまったく違いますよね!新旧の情報ということでは、2006年で新情報!です!(2006/12/13 05:09)

Photo_2

2014年最新情報として、この分野にても再生医療?に関わることが・・・・・・?有るのですよ!

≪大阪大学大学院 医学系研究科 心臓血管外科≫での最新医療情報です


自分の心臓では生命を維持できないほど心機能が悪化した患者さんでは、補助人工心臓を装着し、心臓移植を待つ以外に治療法はありません

Images_2_4


従来の治療にかわる治療法として、再生治療が現在世界中で注目されつつあります。、足の筋肉から採取した筋芽細胞をシート状にして心臓に移植する方法を確立しました。

この治療は人工心臓を装着された重症心不全の患者さんに行われましたが、患者さんは人工心臓が外せるほどに心機能が回復し、健康な人と変わらない生活を・・・

【本文】

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪再生医療≫≪胸腺という臓器≫≪免疫細胞の成熟に関わる臓器≫≪世界初の人工的臓器の再生に成功≫

Safe_image_2

世界ではじめて完全な胸腺を含む臓器を動物の体内で作ることに成功したと、SF小説のような話が飛び込んできましたよ!それも免疫に大きく関わる胸腺の再生とは

この実験に挑み成功したのは、スコットランド、エディンバラ大学の研究者らで、この論文は『Nature Cell Biology』に発表されたそうです

           【再生された胸腺?】
140831wholeorgan

胸腺の構造は比較的単純ではありますが、免疫細胞のT細胞の分化、成熟など免疫に関わり感染防御に働くとても重要な組織です・・・・≪幼児期から小児期にかけて、免疫を担う重要な臓器です≫

2

今回は構造&機能と完全な胸腺を作ったということで、再生医療分野でのまさに画期的な出来事です(ブレイクスルー)・・・・≪スタップ細胞が現実にあるなら再生医療はこうした研究を加速させ、医療革命が起るでしょうに≫

■スーパーコンピューター「京」そしてスタップ細胞での理化学研究所の「胸腺」の説明 ⇒ 【胸腺とは】

Photo_2【胸腺のとても分かりやすい紙芝居!】


ただし、気になるヒトへの応用ですが、、移植する場合の拒絶反応や細胞の癌化などが課題で、すぐに実用化というわけにはいかない!ここがいつも残念なことなのですね

でも考えてください、一昔前だとSF小説のような話!未来の話!とされてきたものが、実現しているのも事実で、今後5年~10年で、進展していくことは間違いないでしょうし,期待に夢!膨らみます

1648917037478283170

論文『Nature Cell Biology』

たどたどしい訳文・・・以下難しい

再生医療の中心的な目標は、由来するか、または増殖細胞から移植可能な臓器を生成することで、in vitro(試験管内)で。多くの研究は、定義された細胞型の産生を示したが

完全に無傷の器官の作成 が報告されていない

転写因子のフォークヘッドボックスN1(FOXN1は)批判的に胸腺上皮細胞の発達に必要とされる2、3(のTEC)、胸腺間質の主要な細胞型4、ここでは、強制することを示しFoxn1発現は機能的なTECは、胚芽層の境界を越えて無関係な細胞型への線維芽細胞をreprogrammeするのに十分である。

これらFOXN1は TECを(iTECs)は両方の効率的な開発、サポート誘発CD4 +およびCD8 + T細胞のin vitroでの。移植では、iTECsがTをサポートするために必要なTECサブタイプのすべてを含んでいた、

完全な、完全に組織され、機能的な胸腺を設立β細胞分化およびT細胞とレシピエントの免疫系を移入。iTECsは、このように細胞の再プログラミングのアプローチは器官全体を生成するために使用できることを実証し、患者の免疫機能を高めるために胸腺移植の広範な使用の可能性を開く。

Photo

≪図の説明が・・・・≫

≪参考文献が続く≫

Patentorf

| | Comments (8) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪再生医療≫≪名古屋大学≫≪骨髄損傷の≪幹細胞≫≪歯冠細胞≫

Banertop_main

Logo_nhknews_nNHKのお昼のニュースに幹細胞による再生医療・・・・動物実験とはいえ、骨髄損傷のラットの改善回復を歯冠細胞≪親知らずの歯≫から再生するという凄いニュース


K10043524211_1112020702_1112020705_

【歯の細胞でネズミの脊髄損傷を治療】
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111202/k10014352421000.html

人の歯にある特殊な細胞を、脊髄の損傷で足が動かないネズミに移植して治療することに、名古屋大学のグループが世界で初めて成功しました。

この細胞を、脊髄の損傷で後ろ足が動かない10匹のネズミの脊髄に移植したところ、およそ1か月後にはすべてのネズミで後ろ足が動くようになり、多くはほぼ正常に歩くまで回復したということです

Twitter_2

≪NHKニュースからツイッターにつぶやきました・・・≫幹細胞による再生医療・・・・動物実験とはいえ、骨髄損傷のラットの改善回復を歯冠細胞≪親知らずの歯≫から再生するという凄いニュースでしょう


@tenboss NHKニュース 歯の細胞でネズミの脊髄損傷を治療  nhk.jp/N3yw61N4

以前に広島大学歯学部での歯周病≪歯ぐきの再生≫ニュースがありました

Anew_tooth_3

≪幹細胞による再生医療≫≪歯周病≫≪広島大歯学部≫≪歯ぐき再生≫

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪幹細胞による再生医療≫≪歯周病≫≪広島大歯学部≫≪歯ぐき再生≫

Nhk2011・12月2日の最新ニュース⇒歯冠細胞の幹細胞を使うことでのマウスの実験で骨髄損傷を起こしているラットの改善がみられたとのお昼のNHKニュースが流れていました・・・・・凄いことだよ!ヒト臨床が進めば待ち望む人には「オーマイゴッド!」で「アンビリーバブル!」の世界だよ
02baner
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料


幹細胞による再生医療のニュースが⇒歯周病に患う人には朗報でしょう!幹細胞を使った再生医療は、さまざまな細胞になる能力を持つ【iPS細胞】の研究が盛んで先日も腸の再生がみられたニュースも!

【画像クリックで拡大】⇒
New_tooth

しかし、がん化などの副作用の問題など?病気の治療に使うには10年以上かかるのでは⇒一方、【幹細胞】はもともと体内に存在し特定の部位の細胞になる能力を持つものだから、副作用の危険性が小さく、治療への応用が始まっている例も≪札幌医大の脳梗塞の幹細胞による臨床事例など⇒後述!≫

■歯周病になると・・・

Perio0901b

歯周病患者は約3700万人いるとされています≪補足: 歯周病とは歯ぐきが細菌によって溶ける疾患≫


今回の臨床研究は歯周病患者から骨髄液を採取し、患者の骨髄液から骨や筋肉のもとになる幹細胞を採取して培養後に患部へ戻す(移植)というもの、その患部が4~8ミリほど歯ぐきが回復&再生したという発表でした!⇒【広島大の研究グループ】

≪以下⇒毎日新聞の抜粋記事≫004


歯ぐきが細菌によって溶ける歯周病について、患者の骨髄液から骨や筋肉のもとになる幹細胞を採取して培養後に患部へ移植し、 歯ぐきを再生させることに広島大の研究グループが成功した。患者を対象にした臨床研究で、移植をした患部は4~8ミリほど歯ぐきが回復した。 細胞培養技術の向上などで再生効果を高め、3年以内に厚生労働省へ先進医療を申請、実用化を目指す。【野田武】

Photo_7

30~65歳の歯周病患者の男女11人から骨髄液を採取。この中に含まれる間葉系幹細胞を培養・増殖させ、医療用コラーゲンと混ぜて歯周病患部へ注入した。11人のうち、転居などで経過を追跡できなかった3人を除く8人中6人で、 歯ぐきの回復や、歯周病で生じた歯と歯ぐきの間のすき間(歯周ポケット)が小さくなった。 移植した幹細胞が歯周組織となったり、もともとあった細胞の増殖を促す物質を出して自力での組織再生を後押ししたとみられる。

■詳細⇒【毎日新聞オンラインニュースから

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_4


≪下の図はNHK教育のサイエンスZEROで驚きの再生力! と題して骨髄幹細胞を自分の骨髄幹細胞を増殖培養して注射することにより脳梗塞や心筋梗塞で傷ついた組織を修復すると言う画期的な治療法が札幌市立札幌医科大学での臨床の場で応用されて結果を出された梗塞患者の追跡番組を紹介していましたが!


Download_pdf⇒【その詳細全容≪PDF≫ダウンロード


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Scrap似て非なることであっても似た事なんでしょうね!】


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪再生医療≫≪新たなる挑戦!≫≪脳梗塞≫≪胎児期アルコール症候群≫≪情報や本舗≫

Asea      ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

 

 

 

 


札幌医科大学脳神経外科の宝金清博教授
らは、脳梗塞患者の骨髄液を採取して静脈内に注入し、神経再生能力で脳梗塞の症状改善を目指す世界で初めての治療法を始めたのが2004年の2月の事でした!【宝金清博教授は2010年出身校の北海道大学医学部に戻られたそうです】

 

Photo_9

 

2006年の8月、医学部の倫理委員会の承認を得られた事で、ラットではなく脳梗塞で傷ついた患者に適用することで始まりました

 

Cover_nature

 

2006年の10月に患者本人の骨髄の幹細胞を使っての国内初の脳梗塞の治療を行う予定が、医学的な条件(患者の)が整わないとして、延期していたのですが、11月になって脳梗塞を発症した半身が不自由になった50代の女性に実施すると発表しました。

 

骨盤から12月下旬に骨髄液を採取し、幹細胞を抽出し約2週間かけて培養して、細菌やウイルスに感染していないか検査した上で、12日午前に腕に点滴で投与したところ、その時点では拒絶反応は見られなかった事が2007年1月に言及されていますこの詳細を読む

 

2007年の2月まで50代の女性を皮切りに、数人(12名?)の例の実施!50代の男性【登口さん】例が明らかに効果が表れた事から【詳細を読む!】11月5日NHKスペシャル「眠れる再生力を呼びさませの~脳梗塞・心筋梗塞治療への挑戦~」で放映されたのです
ブログの書き込み!】

 

 

 

Photo 齋藤利和教授(左)と研究者たち(札幌医大提供

 

治療効果に関する科学的な検証は、まだまだとは言え札医大の脳神経外科の「宝金清博教授」らの脳神経細胞の再生を促す国内初の脳梗塞の治療に同大学医学部の「神経精神科」の「斉藤利和教授が、神経細胞の元になる神経幹細胞が、うつ病やアルコール依存症・胎児期アルコール症候群などの病にも有効ではないかと?ラットを使った動物実験で、可能性が今後あるのではという研究結果を出したと!

 

札幌医科大学のウェッブが刷新され、医科大に関わるニュースが紹介されていて【asahi.com 】の"知に挑む”脳研究「再生医療」の記事に遭遇しての書き込みです!

 

Photo_2 コレが神経幹細胞!

 

以下上記記事の続き・・
最初に試みたのは、赤ちゃんが母胎にいる間に引き起こされる胎児性アルコール症候群の実験だ。母ネズミにアルコールを与え、この障害のモデルネズミをつくる。外見は正常だが、非常に多動で恐れを知らない行動を示す子ネズミになる。生後1カ月のとき、シャーレの中で増やした子ネズミの神経幹細胞をしっぽの静脈から注入してみた。

 

 

Brainfunction

 

 

 

その結果、子ネズミの多動などがなくなった。神経幹細胞の移植によって治療ができる可能性が、動物実験で示されたわけだ。ほかに統合失調症のモデルネズミでも、神経幹細胞を入れてやると、脳のネットワークが復活していることも突き止めたという

 

齋藤利和教授は小樽の病院で断酒会をつくり、アルコール依存症の患者と格闘を重ねてきた。その中で「アルコールの病気は人格障害などではなく、脳で何かが起きている」との確信をもった。教授は、アルコール依存症、統合失調症やうつ病、さらには「キレる」といわれる子どもたちにも脳内神経回路の障害があり、幹細胞移植法が考えられるとみる。

 

 

Photo_3

 

難治性のうつ病は抗うつ剤でかなり治せるが、1割くらいは治りづらい人もいるという。神経幹細胞の移植はこうした難治性のうつ病をはじめ、統合失調症などさまざまな精神の病気の治療に使える可能性もありそうだ。「次はサル。成功したら、精神科でも幹細胞を治療に使える時代が来るかもしれない」と斉藤利和教授は話す。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

Chek

 

このニュース記事に以前書き込みをした補完栄養素を摂る事で胎児期アルコール症候群からの回復改善の報告事例がありました、サラという胎児期アルコール症侯群のため心臓陣害を持ち、脳性小児麻痺を持って生まれた少女のお話です!

 

サラの義母はサラに補完栄養を与えるとともに、栄養素のゲルを全身にすリ込むことを始めました。 サラがものが飲み込めるようになると微量の栄養補完と野菜&果物の栄養を加えました。

 

Babysignalingfrontiernutrition_2

 

 

 

4歳の時に小児科の専門医の診断を受けたところ胎児期アルコール症候群についても脳性小児麻痺に関しても全くその疸跡はなく、心臓も正常に発育し手術の必要もなくなっていました。生まれた時のサラの写真を見るとひどい胎児期アルコール症候群独特の特徴が頗つきにあリましたが、いまでは全く正常です。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

Aaaaa■こうした報告は、勿論科学的な証明を示しているわけではあリません!あるアメリカの医科学研究所のバルバドスアロエの研究では権威者のある博士と研究チームが栄養臨床の結果の事例なのです!他にも多数、中枢神経系や膵臓や肺、肝臓や心臓細胞などの説明不可能な機能の回復事例を機関紙で公開していることも事実なのです!

 

 

 

Ca4zilyx_2

 

(* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません

 

 

 

 

| | Comments (1) | TrackBack (1)

≪NHKスペシャル≫≪脳梗塞治療へ挑戦≫≪放映内容”ビデオ起こし”≫≪情報や本舗≫

Aaaaphoto

 

 

2月の朝のことです、登口さん(52歳)は自宅で目を覚ましたとき左腕に突然の痛みに襲われ、夜7時になって近くの病院に行くと脳に繋がる血管【右側の動脈】が詰まっていることが分かったのです!

 

Can5icgi

 

 

 

この原因で、脳に充分な酸素と栄養が届かず、神経細胞は大きなダメージを受けました【脳梗塞です】!脳梗塞は3時間以内であれは薬で血流を回復させ神経細胞を救う可能性もあったのですが、12時間も経過してから病院に行ったため、命に別状は無かったものの左半身に運動麻痺が残ってしまったのです

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

Photo_6
発症してから1ケ月経過しました。左半身に麻痺が残りバランス感覚が障害を受けているため、リハビリ室の床に引いた白線上を真っ直ぐに歩くことが出来ないのです!【左に傾いてしまう】また左手の麻痺は特にひどく、積み木の棒をシッカリと握ることも、腕を前に出すことすら厳しい状態でした
Images

 

 

■2月21日登口さんは新しい治療法≪患者本人の骨の中にある骨髄の幹細胞とよばれる細胞を使い、脳こうそくで傷ついた脳の神経を再生させる試み≫に懸けてみることにしました!治療の担当者は脳神経外科「本望先生」で、早速治療の準備が始まりました。

 

 

001

 

■3月19日いよいよ骨髄幹細胞を使った登口さんの治療が始まります。倒れてから一ケ月半が経っています。

 

【本望医師】 「座れます?」「今日これからもう少しで細胞治療が始まりますが、今の気持ちはどんな感じですか。」

 

【登口氏】 「直ると考えています。楽しみです」

 

 ≪再生医療チームは、脳の写真を撮り最終確認!≫

 

Tanmen1

 

 

上の画像がその脳の断面の画像です。【画面をクリック!拡大】白く見えるところが脳梗塞で神経細胞が傷ついる部分です。ここは左半身に運動の指令を伝える場所のため登り口さんは左手が思うように動かせません。画像で白く見える部分に変化が見られるかどうかに注目します。 

74_3

 

体内に注入される骨髄幹細胞の用意されました。この袋の中におよそ1億6千万個の細胞が詰まっているそうで、数を増やした方が高い再生力が期待できることから取り出した細胞を培養して1万倍に増やして使うらしい!

 

     ≪午前11時体内に投与≫

 

Danmen2

 

通常の点滴と同様、腕の静脈から少しつつ入れていき【その間、50分ほど】無事終了!骨髄幹細胞は血液に乗って全身を循環しその一部が脳梗塞の部分に到着し神経細部を再生すると期待しています。運動麻痺どのように回復していくか?の経過観察・・・

 

    ≪5時間後、脳の内部を見るMRI画像検査≫

 

本望医師がMRI室で見た画像には、驚くべきことが!

 

Photo_3

 

【本望医師】 「どうですか?」

 

【放射線技師】 「考え難いんですが…、フレアの信号が違うんです。明らかに小さい…」

 

【本望医師】 「本当だ、小さいね」

 

Tanmen1  
脳梗塞の部分(白いところ)が、わずかばかりですが小さく見えます
治療直前の画像が左、治療後の画像が右で、これまでの医学の常識では発症後一ケ月半も過ぎれば多くの神経細胞は死んでいると考えられていたわけですから、この画像の変化から察するに、その常識をくつがえすものです

 

【本望医師】 「この辺に運動の繊維(神経)が走っているので、ここが良くなったら まひも良くなる」

 

■3月20日 朝6:00の回診時間!

 

【本望医師】 「どうですか?」

 

Photo_4

 

【登口氏】 「指が動くようになりました。」「手を開いたり閉じたり」「これもまったく出来なかったですからね。」

 

 

【本望医師】 「何時から出来たかの?」

 

 

【登口氏】 「朝、動かしてみたら動きました」

 

 

【脳梗塞になってから一ケ月半、動かなかった左手の指が一晩で動き始めたことについて・・・】

 

【本望医師】 「画像の所見と臨床症状があっているので治療の効果と思う、骨髄幹細胞が関係し、弱った神経細胞を元気づける働きと考えられる。脳梗塞の部分に到着した骨髄幹細胞が神経栄養因子という物質を出し傷ついた神経細胞を回復させたと云うことに!」

 

 

■4月4日 腕の動きが見違えるほど、素早くなり積み木の棒をスムースに移動できるようになっていました。

 

Photo_2

 

■4月11日 歩行のほうは以前とは全く違って、崩していた左半身マヒのためのバランスは回復して、左に傾くことも無く真直ぐ歩くことができます。

 

 

【登口氏】 「ごくあたりまえのことが出来たら嬉しい。ほんとの赤ちゃん気分でしょうか、立って歩ければ嬉しいでしょう、そんな気分で…」

 

 

臨床試験でのたった一回の骨髄幹細胞投与で、日に日に回復していく登口さんの姿を愕きをもって見つめていた札幌医科大学リハビリテーション医学教授は・・・
【医学教授】 「一番の印象としては、そんなに急に変わるものか、こんな事があるか、そんな幹細胞を入れて24時間とか48時間のそんな短時間で急に機能が上がることがあるのか、それが一番の驚きでした。…」

 

 

■5月20日午前 左手は更に回復していました。握力も8kgまで戻ってきました。日常の細かな動きも苦になりません。食事に添えられる海苔の袋も開けることができます。1ヶ月前口を使って割っていた箸、力強く割ることが出来ます。さらに今までは手を動かすぞと意識しないと動かせない左手が自然と動くようになってきました。

 

 

【登口氏のコメント】 それぞれの行動が無意識に出来るようになった。考えなくても動くようになった。前は本当にできなかった、すべて命令しないと!

 

■5月20日午後 
昼食の後、登り口さんは病院の周りを歩いて見ることにしました

 

Photo_5

 

【作業療法士】 「それじゃあ、難しいところに行ってみましょう。登ってみましょう。いいですね。」
 ≪病院の敷地内の傾斜の在るところを作業療法士=OTと歩いたところ、起伏のあるところでもバランスを崩さずにシカッリと歩けました!一人でも歩くことが可能ななれば、仕事への復帰という希望も見えてきます≫

 

 

【登口氏】 「歩いて自分なりに自信はついてきました。そろそろ復帰したいなと思っています!そのためにも、二踏ん張り位いしないと…」

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

Danmen2_2

 

治療前、治療直後、治療1ヶ月後の脳の断面画像です。登口さんの脳で梗塞の起きている箇所で、時間の経過とともに白い部分が狭くなっている変化がはっきりと分かります!骨髄幹細胞が長時間脳の回復を促し続けている【骨髄幹細胞は新たな血管を造り神経細胞を回復させる】と考えられると本望医は言います 

 

治療前と治療1ヶ月後で脳の血流を比較してみると、赤く見えるところが血流が滞っているところで治療1ヶ月後では、赤いところが減っている!と言う事は血液の流れが良くなっているということですね。
本望医師は血管が新たに出来たことで血流が増え傷ついた神経細胞の回復が更に進んだと考えています。
Teturyu

 

■ 8月22日 登口さん退院!!!

 

【本望医師】「今回、細胞治療をして、実は、我々が固定した(死んだ)と思っている脳の領域がまだまだ活動していて、しかも治療に反応する可能性があるという事が分かったことは大きいことですね」

 

■10月1日 職場復帰を果たしました!!!

10月26日学会で、この骨髄幹細胞の臨床試験の最初の報告があったそうです!治療を受けていたのは登り口さんを含め8名、そのうち強い運動麻痺があったのは6人です。全員に症状の変化が見られている途の事です【登り口さんの他にも麻痺していた左手が動くようになった例が!】今後も続け治療の効果や副作用がないかどうかについて検証していくそうです。札幌医科大学付属病院の脳神経外科の宝金教授は次のようにコメントされています

 

Houkin

 

【宝金教授】 「最悪の場合だったら、細胞が勝手気ままな行動をして腫瘍になってしまうとか、そう言うことが少ないが可能性があるので、2年位スパン長さでは見て頂かないといけないと思っています。」

 

2003年2月19日、アメリカ医師会(JAMA)の雑誌に注目に値する記事が掲載されました!これまでは通説だった脳細胞も含め神経細胞は再生できないと言われていた説が翻されたたのですから!この事実は人間の脳を修復したり再生したリする可能性に関する革命的な発見でした!【もっと読む!】 ←クリック

 

240pxparacelsus_1

 

この発見は、自らの体に秘められた再生力を解き明かし始めました。
【1500年頃にパラセルサスという医師は”すべての人類が必要としている健康と癒しは、神によってもたらされます。人生に於ける大きな挑戦とは、それを発見することなのです”】その再生力にはどれほどの力を持っているのかと言うと、答えは私たち自身の体のなかにあります。【NHKスペシャルのこの放映の最後のまとめのコメント】

 

【作成・著作NHK札幌】  コーディネーター:ベティナ・ポスト小林ディレクター:青柳由則、阿久津哲雄、制作統括:阿部正敏、松本俊博

 

 

 

   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪スクリプス研究所≫≪凄い!ニュース≫≪情報や本舗≫

Baner_2      知って!ガッテン糖鎖情報や本舗

 

世界で初めて人間の皮膚から新型万能細胞(iPS細胞)を作り出した山中伸弥(京都大教授)の話題もマスメディアから少々遠のいた?感のある

 

Ips

 

その5月にアメリカの民間であって国家の予算を研究に組み込んでいる「凄い!研究所」=「スクリプス研究所」のシェン・ディン准教授らの研究でわかった「凄いニュース!」とは・・・

 

472pxbeckmannight_2

 

 

 

■さまざまな細胞に変化できるiPS細胞を、四つの遺伝子のうち、がん遺伝子を含む二つを使わず、代わりに「スクリプス研究所」が持つ数万種類の化学物質の中から、体細胞にiPS細胞のような万能性を持たせることができる物質を探し、

 

その結果、2個の遺伝子と化学物質の組み合わせで、マウスのiPS細胞を作ることができた上に、作製に成功する割合も、4個の遺伝子を使う場合よりも高かったという・・・・【もっと詳しいブログサイト!】←クリック

 

Photo

 

【凄いのは!あらゆる臓器の細胞にすることができ、再生医療への応用が期待されるiPS細胞なのですが、ウイルスの使用が安全性の課題となっていて!

 

組み込みにウイルスが必要な遺伝子を、研究所が持つ数万種類の化学物質の中から特化した化合物で代替し、予想外の副作用やがん化のリスクを避けることをめざしている。ということではないでしょうか?】山中教授は、がん遺伝子をのぞく三つの遺伝子で作製する方法も開発したが、ウイルスは使っている。

 

 

Ips_cell_without_sox2_3クリック!【この研究の差は左の図を拡大して

 

 

スクリプス研究所のディン准教授は、06年の京大の発表直後からマウスと人の細胞で研究を始めたのですが、なんとこの発表が京大のお膝元、京都市で開かれた国際シンポジウムで明らかにしたことも驚きでよね?発表後、読売新聞の取材に対し、これ以外の組み合わせでもマウスや人のiPS細胞作製に成功していることを明らかにして、

 

004

 

 

 

 

これまで必要と考えられてきた「Oct3/4」と「Sox2」も必須ではなく、「近い将来、遺伝子を使わず化学物質だけでより安全な方法を確立することで、iPS細胞を作ることができることを目指す」また「化学物質の名前は、戦略上明らかにできない」語り、成果を発表したのは、今回が初めてだそうです!                   

 

―■以上一部読売新聞オンラインニュースより■―

 

Photo_2

 

 

補足スクリプス研究所の研究者の基礎理念は例えば、ある疾患の治療法開発のために,分子生物学者,薬理学者,コンピュータ化学者,構造生物学者からなるグループをつくり多様な分野の研究者が協力することで,多角的に病態プロセスを分子レベルで解明することを目指すことが思想背景にあり、このことが成功を収めている理由なのでしょう】

 

Ecsegar09

 

こんなに凄い研究所=≪スクリプス研究所≫だと言うのに検索サイトで日本語で入力検索しみると3,500程度のヒットですよ?英文で入れると480,000からのヒットが見られます?この差をどう見られますか?⇒人口でも国土面積の差でも、比類できない差ですよね?

 

 

2010年検索では日本語入力6.500件英文入力631.000件

 

Photo_4

 

 

 

円周率を「3」で教えている国ですから!ノーベル賞受賞者12名!アメリカのマサチューセッツ工科大学一校だけで63名の受賞者そして民間の研究所スクリプス研究所」で数人の受賞者を輩出!考えさせられませんか?
グーグル検索【スクリプス研究所】←クリック!

 

グーグル検索【The Scripps Research Institute 】←クリック!

 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

≪脳梗塞≫≪骨髄幹細胞で治療≫≪国立の施設が臨床試験へ≫≪情報や本舗≫

02

 

 

NHK教育のサイエンスZEROで驚きの再生力! と題して骨髄幹細胞を自分の骨髄幹細胞を増殖培養して注射することにより脳梗塞や心筋梗塞で傷ついた組織を修復すると言う

 

Photo

 

画期的な治療法が札幌市立札幌医科大学での臨床の場で応用されて結果を出された梗塞患者の追跡番組を紹介していましたが!

 

【臨床試験とはいえ治療法として国立の施設が昨年11月に年内にも始めると朝日新聞に掲載されていたそうです】

 

Aaaaa【その全貌!】2007年11月「NHKスペシャル」

 

 

 

 

Photo_3

 

「脳梗塞、骨髄幹細胞で治療 国立の施設が臨床試験へ」と見出しで、始めるのは大阪府吹田市の国立循環器病センターで骨髄中の幹細胞を注射して脳の血管を再生させ、組織の再生を促すことで脳梗塞(こうそく)による後遺症の治療を目指す臨床試験!重い後遺症が残る重症患者を対象とし、治療効果の検証を目指す幹細胞治療は国内初となる。すでに国の承認を得ており、センター内の最終調整を進めている。【補足:国内初は一昨年から開始した札幌大学医学部脳神経外科が初だと思いますが?】

 

Photo_5

 

同センターの成冨博章部長(脳内科)を統括責任者とする臨床試験は、心臓にできた血栓が血流で移動して脳の血管を詰まらせる、心原性脳梗塞の重症患者を対象とする

 

 

長嶋茂雄・元巨人監督も発症した病気だ。
20~75歳で、入院から7日の間に改善がほとんど見られない患者12人に対し、本人か家族の同意を得て実施する。

 

 

Photo_4

 

発症後7~10日の間に腰の骨から骨髄を採取。その日のうちに、骨髄単核球細胞と言われる幹細胞を分離して注射する。【札幌医科大学での骨髄幹細胞による再生医療は抽出してから培養していましたが、国立循環器病センターでは抽出してその日のうちにと言うことは培養なしでと言うことなのですね?】

 

【1カ月後、臨床試験を直接担当しない部署が安全性・効果を評価!】

 

 

Photo_2

 

骨髄採取を発症後7~10日としたのは、マウスの実験や人間の研究で、この時期に神経幹細胞が損傷部位に集まるとわかったため。
【補足:このことはサイエンスゼロで実際画像で見せていました,北の国立大学”北海道大学医学部”では骨髄幹細胞が梗塞箇所に向かう映像撮影に成功してそのメカニックも解明した!とこちらもサイエンスZEROで紹介していましたよ】

 

Img_797324_52870652_0_2

 

こうした幹細胞は血管がないと死んでしまう。骨髄単核球細胞には血管再生を促す働きがあるので、それによって神経幹細胞がうまく定着すれば、症状の改善が見込めるという。 同センター研究所の田口明彦・脳循環研究室長は「脳出血が一番こわい副作用だが、骨髄に元々ある細胞を使うだけに安全性は高い」と話す。

 

■札幌医科大学の2007年からの臨床試験一年=2008年1月6日,北海道新聞

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪再生医療最前線≫≪脳神経再生が現実に!≫≪情報や本舗≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

Barner_3 知ってもらいたい/糖鎖情報や本舗

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

再生医療!京都大学の山中教授の「万能細胞」が日本では国のプロジェクトとして国家研究費を組み、新たに追加10億円の研究費と国家の肩入れが、世界中の何処より先駆けてとの意向なのでしょうか?

 

Ips

 

 

ここに来て「再生医療」が現実味を帯びてきたのは、歯の再生!(親知らずの組織をとって培養、そのものを抜けたところに戻すことで再生していく】またNHKスペシャルでも放映されたように札幌医科大の脳梗塞治療【臨床試験】で患者が社会復帰できるまでになる幹細胞による再生医療の現実性!

 

 

Bdownload_pdf

 

【札医の脳神経外科=本望講師の脳梗塞治療の実用化研究」PDF

 

Zero

 

 

 

12月15日にはNHK教育TV「サイエンスZEROでは札幌医科大学の脳神経外科研究室での「骨髄幹細胞」培養によって患者の幹細胞を増やした後、患者自身に点滴することで、 今までの治療では考えられないような回復を続けることに成功例を

 

そして北海道大学?学部では、脳内で脳梗塞を起こした細胞に向かって移動する骨髄幹細胞の様子を 撮影することに成功したとの報道!【いずれも北海道のこと何か北海道が再生医療の前線基地では!】

 

Photo⇒■【幹細胞】

 

札幌医科大の今回の臨床試験の発端は2005年9月10日のNHK教育TV[サイエンスZERO]で放映されていたのですから、2年後の放送では当時の研究からの可能性を計画通りに今回将に、献体試験からの臨床試験まで2年間で実際、梗塞患者が驚くほどの回復で社会復帰を1年も待たずして可能にしたことは観ていて感度しました!

 

Scrap

 

北海道大学の「黒田敏」医師による撮影の成功は⇒何故、損傷箇所に幹細胞が行き着くのかと言うことの解明が成された訳で、それは傷んだ脳の細胞からはSDF1というタンパク質が分泌され、 それがシグナルとなって体内の骨髄幹細胞が集まってくると考えられそうなんです

 

【重要ななタンパク質のすべてに糖タンパク【糖鎖】が付いている訳ですからシグナルと言うのは「糖鎖」のことなんでしょうと勝手に解釈!標的に向かって、幹細胞は集合していったと言うことは、体がSOSを発しているところにちゃんとレスキュー隊が行くんですね、自然治癒力のメカニズムですね・・・・情報や本舗】

 

Data1

 

 

 

 

韓国の「ファン(黄)教授のES細胞とは違い【おまけに捏造だった訳ですから!】万能細胞も骨髄幹細胞も西洋医学の新しい幕開けが始まりそうですね

 

--------------------------------------------------------------------------------
”驚きの再生力!骨髄幹細胞”・・・・・・・・12月15日放映

 

■札幌医科大学付属病院における脳梗塞の臨床試験について
骨髄幹細胞を培養し増加させ、点滴投与することで治療する試み
札幌医科大学 脳神経外科 宝金清博 教授 ・ 本望修 医師

 

■タンパク質SDF1と骨髄幹細胞について
北海道大学病院 神経外科 黒田敏 医師

| | Comments (0) | TrackBack (1)