【免疫反応・応答反応】

≪情報や本舗≫≪自己免疫≫≪アトピー性皮膚疾患≫≪糖質栄養素≫≪驚きの結果!≫

【原文】を翻訳したものです http://www.livingsugars.com/rash.htm

Trailer


≪糖鎖・糖質栄養素は8ヶ月間で医師が10年間でなし得なかったことを!≫

Rashface

リンジーの重篤な皮膚の発疹
リンジー(Lindsey)は、小さなテキサス南部の町で祖母に育てられた。 二歳の時、彼女は全身を覆われての、ひどいかゆみや痛みを伴う発疹に打ちひしがれた。 リンジーは、このひどい状態のためにホームの他の子供と一緒に学校に通うことを避けるようにして通学したのだ。

彼女は、日常的なな痛みに悩まされ、他の子供たちは彼女の顔と手に見えるひどく醜い発疹を、見てはリンジーをからかうのでした
Rasharmlegs


10年間というもの、祖母は、医師から医師へ連れて行き、次々に奨められるステロイドを含む様々な薬を使ってみたものの、何の手助けにはならなかった。 年中、処方薬による副作用やその毒性は、彼女の若い体は犠牲を払わされたわけです。 甲状腺と副腎は、副作用による被害を受け、リンジーの胃には、沢山の潰瘍が見られた。

Photo

2001年には、リンジーと祖母はテキサス州の別な小さな町へと引越しをしました。 祖母はリンジーの処方薬が無くなりそうなので薬局に行ったところ、薬剤師が祖母を呼んで、薬の投与方法で、あまりにも女の子にとっては相当で重篤な副作用があることを彼女に警告しました

Photo_2

その瞬間、彼女は選択肢を必要とすることを実感して、祈る気持ちで、オプションをインターネットで検索し始めました。 彼女の学校の仕事をして、リンジー(Lindsey)を助けるために雇われた先生はちょうどグリコニュートリエンス【糖鎖・糖質栄養素】を知っていた妹を持っているが起こった。

先生は、彼女の妹と呼ばれて、リンジーさんの状態を説明し、糖鎖・糖質栄養素が役立つかもしれないかどうか尋ねた。 教師の妹が到着したとき、彼女はこの貧しい少女は10年以上にわたって、この悪夢に苦しんでいたという考えベアハードリーでした!

Rashnew1


8ヶ月の期間、リンジー(Lindsey)に糖鎖・糖質栄養素=グリコニュートリエンスを摂らせた後、リンジーの発疹が完全に消えていました。 写真はグリコニュートリエンス【糖質栄養素】開始後、8ヶ月間摂った リンジー(右)と彼女と一緒に並んだ彼女のいとこ(左)とポーズをとっています。今は、リンジーは、公立学校に元気で通い・・・"私の目標は、一年皆勤を持つことです" と言っています

※ 【糖鎖・糖質栄養素=グリコニュートリエンス】とは、アメリカのビルマカナリー博士とレジマクダニエル博士の共同開発されたアロエベラの薬効成分を主成分にした特許にまもられた「アンブロトース・コンプレックス」という製品です

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nature免疫学:腸内微生物にとって良い宿主

Volume 514 Number 7524

Cover Story: 引用回数トップ100論文:Nature が調べた被引用回数オールタイムベスト100論文


免疫学: 腸内微生物にとって良い宿主ブックマーク

Nature 514, 7524
2014年10月30日

健全な腸内微生物相の存在は宿主の健康にとって重要なので、感染に対して宿主の全身が応答する際に、「良い」微生物を守るために宿主の資源が費やされたとしても不思議ではない。そうした資源の投入の1つが、L-フコシル化である可能性がある。糖タンパク質や糖脂質に結合しているL-フコースは、微生物にとっては利用可能だが、宿主のエネルギー摂取には利用できない。今回J Pickardたちは、マウスの全身をToll様受容体リガンドに曝露すると、樹状細胞やインターロイキン(IL)-22に依存した機構を介して小腸上皮でフコシル化が誘導されることを明らかにした。フコシル化したタンパク質の一部は腸管内腔へと放出され、フコースはそこで遊離されて腸内微生物相の栄養源となり、宿主にとって有益な短鎖脂肪酸の産生に寄与する。

NEWS & VIEWS p.576
doi: 10.1038/nature13756 | 日本語要約 | Full Text
LETTER p.638
doi: 10.1038/nature13823 | 日本語要約 | Full Text | PDF

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫【栄養素】に於ける生理学上の【応答反応】⇒≪免疫応答≫≪免疫反応≫呼び名はどうあれ?     

Baner02


2007年に「糖質栄養素」という言葉が一般的にも広がり始めるキッカケにもなった補完栄養学の博士「ドクター・ニュージェントの書かれた「いのちの鎖」という本は今でも書店の書架においてありますが!

Inochi

ニュージェント博士が、多々多くの奇跡的な治癒を経験されて、生体に作用がある栄養素を摂り入れられると起る事、「いのちの鎖」にこの事での書き込みがあります!

糖質栄養素によって体から毒素が除かれ始めるとき、それに伴う症状が起きることがあります。皮膚の痒み、頭痛、吐き気、不安感、憂鬱、倦怠感、胃腸障害などですが

Photo_2

これらはいずれも、私たちの周りにある7万5000以上の合成化学品が関係していることによる明らかな症状です。


糖質栄養素を摂る前に生体系を洗浄していれば、解毒に伴うそれらの症状を軽減することができます。いずれにしても、あなたの体質や健康状態を考慮したうえで、糖質栄養素をもっとも効果的に用いるために、糖質栄養素について知識と経験をもつ医師と相談することをお勧めします。【””いのちの鎖””第4章から一部抜粋】

Photo_3【マクダニエル博士】

糖質栄養素について知識と経験をもつ医師!この糖質栄養素の研究開発者のお一人「レジ・マクダニエル」博士が、上記の症状とその対応を「The Correcting Response=正しい応答」・・・・糖質栄養に於ける生理学上の免疫反応・・・・を詳細に分かりやすく書かれています

【細胞と細胞が正しい応答をして、生体に正しい応答反応を!細胞間コミュニケーションの所以ですかね】以下⇒訳にトライしてみました


_news333_2長文なので⇒【正しい応答!≫


■糖質栄養を摂る事で予想される、東洋医学・健康食品業界で言われる【クレンジング反応(好転反応】とは似て非なることが理解できることと思います

■糖質栄養素■は、最良の健康=(オプティマルヘルス)をサポートするための補完栄養を目的に開発されたものであり、疾病の診断、治療、治癒、あるいは予防を目的としたものではありません。記載された情報は、医師による治療などに取って代わるものではなく、栄養に関する一般的な知識を深めていただくことを目的としています

Fda

* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪正しい応答≫⇒≪免疫応答≫⇒≪応答反応≫ ≪糖質栄養による副反応?≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Header_3


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo

「コレクティングレスポンス」と言う文責”レジ・マクダニエル博士”の取り置いたファイル【検索遭遇】を、盆休み中に辞書を左手に、画面に翻訳機を、右手にはネズミ?と概略からすると、先ずは≪コレクティング≫=は「正しい」そして≪レスポンス≫(response)とは 「応答する,反応する」という意味で情報や工学の世界でよく使われ、会話型システムに対してユーザが問い合わせをしたり,要求を出したりする、そのシステムが応答する状況での応答【音声応答】!

たとえば,図書館システムで,本の所在を問い合わせて,その結果の情報が戻ってくる!また銀行のATMでキャッシュカードを入れて,パスワード,出金指示,出金額を入れてから,お金が出てくるあるいは,ネットワークにアクセス要求を出してからアクセスの結果が戻ってくる!・・・【上智大学の学識者のサイトより一部抜粋】

Photo_2

マクダニエル博士の書かれた「コレクティング レスポンス」は直訳すれば「正しい応答」です細胞と細胞が会話をして≪もちろん音声応答などするはずはありません!細胞のアンテナといわれる【糖鎖】を使っての会話です≫身体をバランスのとれた正しい自然な状態に持っていくことを会話【糖鎖と糖鎖の応答】のやり取り=応答いかがでしょうか?細胞のアンテナ=糖鎖が、応答して反応してウェルネス=健康増進を目指す

植物由来の糖質栄養は細胞間コミニケーションを正しく応答できる糖鎖の働きを正常に活性させる働きをもつ栄養素で、本来なら21世紀に登場するはずのものが?20世紀に登場してしまった!のですから、既存の栄養素でも起きる好転反応は20世紀に置いていきましょう!内容も知って得する!「応答反応」です・・・・・・・書き込みの準備中!

Photo_3 ←【中味の観れる本】


この事が、盆の入りで移動の渋滞時間を使い読み直しの”アンドルー・ワイル博士”の「癒す心、治る心」の64ページに、将にこの内容に通じる著述がありました!

≪□からだは健康になりたがっている!健康とは、完全にバランスがとれた状態のことである!そのとき、すべてのシステムは円滑にはたらき、エネルギーが無理なく循環していて、それは自然な状態であり,なんの努力もしない状態である!したがってからだはバランスを崩したとき、自然な状態にもどろうとする。健康な状態にもどろうとするその勢いは人為的に活かすことが可能でありまた活かすべきである・・・・・それを治療と言う!≫

Photo_4 ←自然療法の臨床医”華陀

植物自然療法【自然治癒力】によく起ると言われる、好転反応にはいろんな説があり東洋医学では別名「瞑眩反応」と言い特に医学的な根拠やデータがあるわけではないと言われていますが?実際このような事が起きることが多々あり、単に体感では片付けられない状況に近年なりつつあるのではないでしょうか?・・・・(情報や本舗の私論・持論・独断論)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪栄養素に於ける生理学上の応答反応≫≪正しい応答≫         

Photo_3


糖鎖の栄養素の話題になって、お話を進めていくと、決まって訪ねられる事は「糖尿病に効きますか?」「血圧下がりますかね?」「がんの人に勧めてみたいですね!」と特定の病気に対しての効果をよく訊かれます

残念ながら(?)、薬事法・会社のコンプライアンスなどにより、そのような効果があっても言えないことになっているのです。

Photo

ここです、糖鎖の栄養素を私は、食品であって食品でない!薬であって、薬でない!と・・・・何故か、”とんち問答”のようですが、その答えを糖鎖の栄養素の研究者の一人である「マクダニエル博士」が「The Correcting Response」=「正しい応答」とレポートされています


Photo_2

細胞のアンテナ糖鎖の働きを高めて、細胞と細胞がコミュニケーションを行い、体にとって「正しい応答」を引き出すために、体に足りない栄養素・なくてはならない栄養素が生体に摂り入れられると、生体が反応をするらしい!


薬の副作用で起る反応・東洋医学で言われる好転反応(メンケン反応とも)とは、似て非なるとはいえ多くの人が体験する「正しい応答」・・・・・是非とも詳しくはお読み下さい!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

12042605_1261354463879735_582454403

  ■□=The Correcting Response=□■

            【正しい応答】 

   Physiological Reactions to Mannatech Optimal Health products 
   (By H .Reg McDaniel /M.D.)


■正しく適正な食事を摂ることで又健康を構築する為に開発された糖鎖の栄養製品を補完することで、身体にとって劇的にとても良い反応が出始めます。

          ■≪理想的な応答≫■

理想だと応答はどんどんと改善されていく感覚で起こるのです。先ず最初に疲れにくいということに気がつきます そしてエネルギーが一日中働いて持続します。朝の目覚めがとても良く、夕方になると疲れが出るといった、以前よくあったことも改善されていく感覚を感じることでしょう。翌朝にはもっと目覚めの良い朝を迎えるということに、心理的にも情緒的にも健全な状況を感じるとともに、どんな些細なことにも悩んだりすることも無くなり、あなたの古き行動パターン・気分の優れなさを置き去った感覚で、幸せと感じ始めることになるのです。


Cy_050101
 


 ■≪正しく起きる応答≫■ 
                                 
細胞間コミュニケーションを通じての免疫系の働きが始まると、同時に生理学上・生化学上の不安定なバランスを保ちながら身体の何らかの不快な感覚が起きうることがあるかもしれない。それは長い間の不適正な食事を取り続けてきたことで、そう簡単には身体を調整することが難しいと言うことなのでしょう。                                    
不適正な食事を取っていたことで生じるかもしれないこれら応答が出たときは、身体が健康の改善・回復の状態へ向かっているのだと確信を高めることでしょう。その応答とは発熱・発疹・蕁麻疹・甚だしいガス・水っぽい鼻水・頭痛・不眠・喉の乾き・疲れやすい・不活発無気力・吐き気・下痢・単純ヘルペス・口の乾癬・口内糜爛・便秘・めまい神経過敏・様々な身体の痛み・及び関節と筋肉の痛みなど等々!                         Data
                                                                  
あなたが、これらを正しい応答と認識するなら、より良い健康へ向かっての道のステップだと考えてください、これらの応答反応は長い目でみると多くの利点を得るための小さなリスクだとも考えられませんか?

あなたの身体が不適正な食事からくる情緒的ストレス・物理的ストレスおよび環境ストレス【重金属など長期に渡ってさらされてきた食材・石油化学製品・その他の化学物質】によって、あなたの持ち合わせている自然防御体制は少なくとも何らかの危険にさらされることになります。免疫系が回復される時 その応答はインフルエンザの兆候に似た状況を起こすかもしれません              

Vitrv

人体は身体に蓄積される毒素を排泄排出するための驚くべき浄化システムを持っています。このシステムに不具合が生じた際に排泄機能が作用することなく毒素は増え、体内の脂肪として格納し始めるのです。一旦この自然浄化システムが効率よく働き始めると、応答が生じて、腎臓・肝臓・皮膚および肺が蓄積された毒素をより早く取り除こうと免疫システムを稼動させるのです。これらの応答は身体中のあらゆるリンパ腺に波及して吐き気・頭痛・膨潤とといった症状を引き起こします

           ■≪アレルギータイプの応答≫■

胃の中の塩酸の欠乏またはその機能障害によって酷使された肝臓および副腎によって、ある種のアレルギー応答が出始めます。そのアレルギーのタイプは発疹と息切れです!

           ■≪応答が出始めた時には≫■

一日あたり100ポンド(60キロ)の体重につき少くとも1クォータ・ボトルの水又は野菜・果物のコンビネーションジュース・天然の炭酸等を飲むことで毒素を洗い流し腎臓の自然排泄システムの働きを活発にします。果物・野菜などの糖質シリアルを多く摂ることを心がけてください、こうすることで体内からの毒素を排除する機能を高めてくれるからです!

積極的に15分間は歩くと言うエクササイズを日課としてください。こうした適度の運動も外毒作用の働きを高めるので、とても良い方法です!もしも応答が我慢出来ないほどになったら2・3日摂取することを止めるか!量の調節をして序々に細胞の回復を待って、以前摂っていた量に戻していくことを試みてください

細胞の回復レベル機能に必要とされる修復機能に合わせるためにも繰り返し摂られるべきだからです

                                                                 【訳文:テンボス】

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

Photo_10

糖鎖の栄養素■は、最良の健康=(オプティマルヘルス)をサポートするための補完栄養を目的に開発されたものであり、疾病の診断、治療、治癒、あるいは予防を目的としたものではありません。当ブログに記載された情報は、医師による治療などに取って代わるものではなく、栄養に関する一般的な知識を深めていただくことを目的としています

Continue reading "≪情報や本舗≫≪栄養素に於ける生理学上の応答反応≫≪正しい応答≫         "

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪白血球≫≪糖鎖≫≪血管」の中で≫≪白血球の動画≫

Baner02


北大の薬学部「西村教授」が免疫細胞を活用した、がん治療の開発研究を完了して、臨床試験に入ると!新聞でも公表されていましたが、免疫細胞とは「白血球」のことですよね!

地球上のすべての動物で「白血球」を持たない動物はいないそうで【「赤血球」を持たない動物は多くいます(イカやタコなど)!知っていました?】

Photo

「白血球」も「赤血球」も休みことなく血管の中をめまぐるしく流れていて、特に「白血球」は炎症箇所を見つけては外部からの異物に攻撃を仕掛けたり、修復作用をしたりと、

私たちの体の中に「お医者さん=主治医」を持っているようなものですよね!

 ■流れていく白血球=この動画は下記↓

「白血球=主治医」が血管を巡回検診?(パトロール)していて炎症箇所の連絡があると血管壁をゆっくりとクルクルと回りながら【ローリング】その炎症部分まで行きつき、血管壁の細胞と細胞の間から炎症箇所に入っていくという動画がありました

【ちょうど”1分”のところから見てください】


白血球のローリング


この動画で「白血球」が炎症部分に近づいてきたときに血管壁からとび出てくるものが「細胞のアンテナ=糖鎖」なんですよ!この糖鎖の働き【アンテナの感度】が良くなければ?

どうなるでしょうね、いくら名医の「主治医=白血球」と言えども巡回検診で患者の様態の変化を見逃してしまうことにもなりかねないでしょう!


こうしたことが電子顕微鏡のもっと優れたものが研究発明されて、実像で見れるように成っててきたことで、免疫の仕組みはもちろんのこと、

Zu7

1996年に「ハーパー生科学」に初めて掲載された”糖たんぱく質”が8つの単糖【食品として摂れるように研究開発したテキサスの会社の科学者たちは”ビッグ8”と呼んでいますがが】


Stke030513s

細胞の膜から飛び出て生体活動に於いて、とても重要な働きをしていて、8つの単糖が複雑に鎖状に木の枝のように「糖たんぱく質」の先についている「糖鎖」と呼ばれるものが近年、様々な役割を担って生体活動に寄与していることが判明してきたのです


| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

≪アンビットの新聞紙上記事≫ | ≪アンビットの登録≫ | ≪アンビットのQ&A≫ | ≪アンビット・エナジーについて動画で・・・≫ | ≪アンビット・エネルギー(Ambit Energy)≫     | ≪アンビット・・・=ペイジーの支払い方法≫ | ≪アンビット創業≫ | ≪アンビット日本オープン!≫ | ≪アンビット概要ビデオ≫ | ≪アンビット登録方法≫ | ≪供給地点特定番号≫ | ≪切り替えのお手伝い≫ | ≪安くなるカラクリ?≫ | ≪新電力を創り出す新テク!≫ | ≪新電力会社の販売ランキングで≫ | ≪経済産業省の作成の公開ビデオ≫ | ≪講演会・・・アンビット主催≫ | 【AKB48】 | 【あきない映像】 | 【がん・ガン・癌のはなし】 | 【アセア=ASEA-自己治癒力】 | 【アセア=ASEA】 | 【アメガワンド】 | 【アルツハイマー・認知症】 | 【インフルエンザ】 | 【ウェルネス革命】 | 【エネルギー問題】 | 【エボラウィル】 | 【オリンピック&スポーツの祭典】 | 【カバラ数字の怪】 | 【グーグルの凄さ】 | 【サプリメントウオッチ】 | 【スーパーボウル】 | 【ドッキリ=フラッシュモブ】 | 【ハオルチアとは】 | 【ハリウッド女優のお肌に】 | 【ハリーポッターとフクロウ】 | 【ファスティング】 | 【フェルメールの画】 | 【フラッシュモブ】 | 【ミトコンドリア】 | 【ランキング】 | 【レドックスシグナル】 | 【ワイナリー・オチガビ】 | 【ワイン・ワイナリー】 | 【不思議な現象】 | 【中村天風】 | 【仮想通貨&貨幣論】 | 【伝説スピーチ】 | 【偶然が生み出す発明&発見】 | 【偶然とは思えない】 | 【免疫反応・応答反応】 | 【再生医療・幹細胞】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医食同源】 | 【原理原則】 | 【子供に影響を与える栄養】 | 【宇宙・科学・物理】 | 【放射能・原発問題】 | 【日本の領土・・古事記】 | 【日本ハムファイターズ】 | 【日本野球連盟】 | 【時の話題・はなしのネタ】 | 【有名・著名・芸能人の訃報記事】 | 【未曾有の大震災】 | 【栄養・食べもの】 | 【植物ってえらい!植物ってすごい!】 | 【歌川国芳の浮世絵三昧】 | 【武士道】 | 【母乳】 | 【気になる・お肌のはなし】 | 【気になる本・書籍】 | 【水に関する話】 | 【水・・・電子レンジ】 | 【法王を決めるコンクラーベ】 | 【注目のエネルギー】 | 【注目のテクノロジー】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【浮世絵・艶(え)本】 | 【潰瘍性大腸炎】 | 【知って得する話】 | 【知られざる意外な話】 | 【神話と生物」 | 【科学の文献資料】 | 【科学の検査データ】 | 【糖尿病・肝炎・難病・奇病】 | 【糖鎖】 | 【細胞のお話】 | 【美術館めぐり】 | 【脳梗塞・脳疾患】 | 【自然界の神秘】 | 【自閉症・発達障害・ADHD】 | 【著名な作家・書家・画家】 | 【著名な科学者たち】 | 【話題のTV番組放送】 | 【認知症・アルツハイマー】 | 【誰しもが飲む水の話】 | 【警告!警鐘!】 | 【金貨のプレゼント】 | 【長寿の秘密】 | 【食の安全・安心】 | 【鳥インフルエンザ特集】 | 【黒猫マウキー】 | 【ASEA・・・アスリート】