【栄養・食べもの】

≪情報や本舗≫≪食品の裏側 ≫≪みんな大好き食品添加物≫

141112cookingthumb636x35881181

「今日一日であなたは何種類の食品添加物を口にしましたか?」――こう聞かれたら!あなたはどう答えますか?この本を読んで下さい!驚きの答えが書かれていました、

Photoその本は『食品の裏側 みんな大好きな食品添加物』(東洋経済新報社)で著者は安部司氏!

Img01


添加物は光と陰の表裏一体です。陰は添加物の持つ毒性や危険性!光は、添加物があるおかげで、私たちは楽に簡単に食事ができるということらしい。例えばポテトサラダ、スーパーでは、3日間は腐らないようにしたいので、そのために保存性のある添加物を入れて作るそうです。

Images_2


パックの裏にそのポテトサラダに含まれている添加物は全部書かれているはずです!問題は充分な「情報開示」がなされていないという点?さっきのポテトサラダにしても、「合成保存料は使用していません」などとあえて表示している場合があるそうです

しかし、もともと合成保存料は使ってはいけないのだから、それをいうなら「合成保存料は使用していませんが、保存効果のある化学物質はいっぱい使っています」と書くのが正しいと!

Photo_3

もっと怖い話が、ブタに毎日、コンビニの弁当だけを与えていたら、羊水が真っ黒になって、全部が流産あるいは死産したそうです、ブタの場合は、添加物の害がこうして目に見える形になって現れましたが、

人間に対しては危害未満になっていて、どんな影響が出ているのかよく分からない状況だということ!【どうしましょう明日からコンビニの弁当もおにぎりも食べるのやめようか!そうは行かないのが現実か!】


Images_7


食品製造の舞台裏の実態は!廃棄寸前のとても食べられないクズ肉も30種類の「白い粉」で、『激安!人気ミートボール』に化け/

色の悪い低級タラコが添加物に一晩漬けるだけで、赤ちゃんの肌のようなつやつやの高級明太子に変身/

コーヒーフレッシュの中身は水と油と「添加物」だけ/サボテンに寄生する虫をつぶして染めるハムや健康飲料・・・

【食べるものが無くなるよ!それにこんな話もよく聞きます、コンビニ弁当・おにぎりのお米に日持ちのする添加剤をその上からツヤを出すためのワックスシャワー、かつベンについているキャベツにシャキシャキキャベツにするため添加剤・・・・・・・・】

Continue reading "≪情報や本舗≫≪食品の裏側 ≫≪みんな大好き食品添加物≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪”食“は「スローフード」”≫≪生活”は「スローライフ」≫

Images

”食“は「スローフード」”生活”は「スローライフ」で”のお話しを強調されていました札幌清田にある「ながの小児科」院長先生から、そのとき「ロハス?」という言葉が出ていたのでしょう

Photo

ながの先生は、早くから漢方をとりれていて医食同源!そう医療にも「スローフード」「スローライフ」をモットーに、”薬師(くすし)でありたいと・・・《先生の目指すところは中国の後漢末の薬学・医学のレジェンド⇒”華陀”!はたまた"薬師如来”でしょうか――情報や本舗》

気には留めおきもしなかったその「ロハス」!・・・・・マスメディアで洪水の如く?氾濫?・・・”スローライフ・スローフード”将にそのものなのですね!

hot

ただし地球がボロボロで自分だけ健康なんて、あり得ないということを土台にして「地球環境」「ヒトの健康」を考え直そうという「ライフスタイル」がアメリカから発信されて、いまやアメリカ米国成人人口の30%、約5000万人以上の人々が「ロハス」を重視しているそうで、『今までマイナーと考えられてきた ロハス スタイル は、今や主流である。』と――

10


アメリカの雑誌「LOHAS Journal」――アメリカで日本で世界の各国で「ロハス」という造語≪LOHAS(ロハス)とは、米国の社会学者ポール・レイ氏と心理学者シェリー・アンダーソン氏が提唱した「Lifestyles Of Health And Sustainability」の頭文字をつないだ造語≫が出てくる以前からこのことを提唱されてきた方がいるのですね!

Images_14

その博士は補完栄養療法の第一人者ドクター・ニュージェンといいます。「健康や持続可能性を重視するライフスタイル」・・ロハス・・

博士は、現在の地球のことを「猿の惑星」ならぬ『毒の惑星』と称して私たちが現存している地球を3歳の赤ちゃんとなぞらえ、その地球に「タバコ」をすわせているようなものだと!


Images_12_2


この現況・環境から早期に「グッドバイ』しなければと!持続可能な経済に視点をおいてみて、たとえば地球環境に負荷をかけない!

風力発電などの自然エネルギの活用・サスティナブルな農業・地球温暖化の防止・エネルギ源の水素化の実現・・・・など!


Images_13


そもそも『健康』と『地球環境』は切り離せないもの!地球がぼろぼろで自分だけ健康なんてありえないですから!

目先の利益を求めすぎる事件が多い昨今、せめて暮らしぶりを一人一人が10年後・100年後を見据えた暮らし方を!

8

それは決して難しいことではないのではないでしょうか?まさに「ロハス」・・・「スロ一ライフ」「スロ一フ一ド」過去100年間に失ってきた数々のものを、もう一度この手に取り戻そうではありませんか!

Continue reading "≪情報や本舗≫≪”食“は「スローフード」”≫≪生活”は「スローライフ」≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪食事に由来する特殊な糖≫【可能な有用性とその詳細】

Baner3065200
       知って!ガッテン糖鎖情報や本舗

Googles_13th_birthday2011hp


グーグル検索で「グライコサイエンス【糖科学】&ニュートリション【栄養】というウェッブサイトに「未知との遭遇」である!食事に由来する特殊な糖のはたらきが、分かりやすくも、難しくも、詳細に渡って書かれてある

Fil05077s1


「食事に由来する特殊な糖:可能な有用性とその詳細について」である!冒頭に≪本ジャーナルに記載された科学情報は教育を目的としており、医師による治療やその他正規治療法に代替するものではありません≫とある・・・念頭に置かれてお読み下さい

Photo_12


【序説】

食事に由来する特殊な糖(糖質栄養素)は、健康に有用で興味深い作用を持つ新分類の栄養素と表現することができるであろうと、糖質生物学分野専門の科学者たちは提唱しています。2 グライコ(糖質)とは「甘い」という意味で、単糖あるいは糖を指します。

Photo

昔から炭水化物(糖)の役割はエネルギー源として知られていましたが、これに加え、健康な身体の組織や機能の編成において極めて重要な役割を持っていることが、まだ認識も浅いほどの近年、新たな発見となっています・・・・・・・
≪続きは≫1ページ~2ページ後半


           ■【有用性のまとめ】■

【有用性の詳細と作用機序】とは、身体の中で糖が実際どのように働いているかについて、より詳しい情報なのですが!・・・下記にカテゴリ別に記載しました!また下記に掲載した研究結果の大多数は、ある特定の糖鎖の栄養素を使って得られた報告ではありません

Aaaaa「有用性のまとめ」と「有用性の詳細と作用機序」との詳細をカテゴリー別に・・・・≪続きを読む≫で進んでください

Download_pdf_5≪免疫系の調節≫

糖鎖の栄養素(あるいはその代謝産物)は、健康な免疫細胞や免疫系の機能に必要となります。 これらには次のような有用性があることが示されています・・・・・・・・・・・・・≪続きを読む≫

Download_pdf_5≪ガン≫

糖鎖の栄養素は、ある種のガンの増殖や腫瘍細胞の転移の阻害を助けます・・・・・・・・・・ ≪続きを読む≫

Download_pdf_5≪細菌感染≫

糖鎖の栄養素は、細菌、ウイルス、真菌を殺す働きを助けることで感染を予防します。例えば・・・・≪続きを読む≫

Download_pdf_5≪糖尿病と代謝異常≫

糖鎖の栄養素には次のような有用性があります・・・≪続きを読む≫

Download_pdf_5≪ホルモン機能≫

糖鎖の栄養素(あるいはその代謝産物)は、健康的なホルモン機能のために主要な役割を果たしています。そして次のような有用性があります・・・・・・≪続きを読む≫

Download_pdf_5≪ストレス≫

糖鎖の栄養素(あるいはその代謝産物)は、身体にストレスがかかっている間、重要な働きをします。その理由は次の通りです・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・≪続きを読む≫

Download_pdf_5≪その他の生物学的効果≫

糖鎖の栄養素には次のような有用性があります・・・・・・≪続きを読む≫

Download_pdf_5≪ヒト母乳中の糖質栄養素≫

糖鎖の栄養素(シアル酸(NANA)、フコース、ガラクトース、N-アセチルグルコサミン、およびN-アセチルガラクトサミン)は、新生児の健康に特に重要であり、ヒトの母乳には豊富に含まれています。 母乳中の糖質栄養素は、授乳中の幼児に対して下記の有用な役割を果たします・・・・・・・≪続きを読む≫

      ■≪概要≫「有用性の詳細と作用機序」■

Photo_2


体内のたんぱく質や脂肪は、「糖」と結合して複合糖質(糖たんぱく質、糖脂質)を形成します・・・・・

「有用性のまとめ」の後には「有用性の詳細と作用機序」を列記しており、身体の中で糖が実際どのように働いているかについて、より詳しい情報を載せています。各々の内容の説明及び見解については、脚注の文献をご参照下さい。


Photo_2


栄養補助食品は、身体上の正常で健康な構造や機能をサポートするものです。現在すでに病気を患っており、栄養補助食品を通常の治療の補完として摂取したい方は、事前に医療の専門家とご相談下さい。

Science

上記のダウンロードリンク先の掲載した研究結果の大多数は、市販されている特定の糖質栄養素を使って得られた報告ではありません。この科学文献の一覧は、糖質栄養素摂取によって起こり得る有用性を示すことにより、糖質栄養素が健康向上に関与していることの事実へ、医学研究者の意識を向けさせることを目的としています。

またこれは、現在行なわれている治療への安全な栄養補完として、糖質栄養素の利用を検討されている消費者の皆様へ情報を提供するものです。

            ■≪その安全性≫■


Photo_3

安全性について栄養補助食品の副作用は稀です。 中でも食事由来の糖質栄養素の糖による副作用は極めて稀で、例えば、150ポンド(約68kg)の人間が28gのアミノ糖(ガラクトサミン)を摂取したのと同じ量を動物に投与した際に、副作用が見られたとの報告が1件ありますが、通常の食事をはるかに超えた量を摂取しない限りまず起こりません

| | Comments (1) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪発芽玄米≫≪あや姫≫≪減農薬≫≪産地直送≫≪γーギャバ≫

Pa01029795Photo_8

■□■【一キロ@1.150円のところ発売価格は950円】・・現在!初回注文の方には、生産者からの特別価格@650円にて提供中

Photo

動画You-Tube>「浅田真央」さんは”玄米”を食べている!

0000000610栗沢町に「米作り」にこだわり続けるコメ処”松ちゃん”に、ある新聞記事を読んで連絡を取った!その記事とはつくば大学の名誉教授でもある「村上和雄」先生が大学の研究グループに玄米を発芽させ、それを乾燥させたお米⇒≪発芽玄米≫を授乳期の女性41名を対象に発芽玄米を主食のグループと白米のグループに分けて比較したところ、

発芽玄米グループは、母乳中の免疫成分が摂取前に比べ13%増加した【白米グループはほぼ変化なし】発芽玄米は母乳の免疫成分を増やし、母親のストレスを抑制することも見いだしたとの書き込みでした
もっと詳しく】⇒クリック!

Photo_9


米作り処”松ちゃん”には「あや姫」という粘り気のあるお米がある、これを使って発芽玄米の試作に入ってもらうことにしたのが昨年10月の事!試行錯誤、ここに来て上々の出来となり商品化に踏み切る事が決まった、

手間ヒマ掛かるため一般に価格も高めである。相場では減農薬でなくとも、一キロ⇒800円から1100円前後している減農薬ともなると。一キロ⇒1300円から1450円ほどしているというのが現状のようだ


0000000610_2

発芽玄米の驚くべき栄養効能は「ガンマー・ギャバ【GABA】」が白米や玄米より非常に多く深まれている

Photo発芽玄米に含まれる「フェルラ酸」が認知症を予防とファンケル社が学会で発表!⇒ 【その記事】

そのギャバ【GABA】の効果とは:
高血圧の降下作用・高コレステロールの降下作用・またギャバ【GABA】の作用の一つ、アルツハイマー型痴呆の予防、改善や記憶改善作用・肝臓や腎臓の能力を高める・神経を沈める作用・・・と将に健康回復・健康革命が

Photo■【肥満抑制効果⇒発芽玄米に含まれるある物質によって体脂肪の低減!動脈硬化の予防効果!があると高知女子大学グループ&ジョージア医科大学グループの研究でその物質を検証して「日本肥満学会」に発表した

ファンケル社の報道関係者へのPDFが・・・・クリック!【PDF発芽玄米の肥満抑制効果を実証



Photo_2ご希望の方は⇒【メルアド】
ここをクリック!


Continue reading "≪情報や本舗≫≪発芽玄米≫≪あや姫≫≪減農薬≫≪産地直送≫≪γーギャバ≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪食育≫≪子育て≫≪リンゴを食べることが?≫≪妊婦の食生活!≫≪小児の喘息・湿疹を予防≫

Logo_news3332013年「母乳に関する」最新情報⇒≪母乳で子供を育てるのが最適≫【裏付ける調査】

Banerantiaginglonglife


        ≪「食育&子育て」の最新情報!≫


新しい研究で、1,200組の母子を対象として、出産前から5歳になるまで追跡調査したところ、妊娠中の母親のリンゴの摂取状況と小児喘息および喘鳴の発現率の関連が比較された

【その結果は?】

Photo

妊娠中にリンゴを定期的に母親が食べていた数で比較すると、最も≪リンゴの摂取≫の多かった群(1週間に4個以上)の母親から生まれた子どもと、最も≪リンゴの摂取≫の少なかった群(1週間に0-1個)の母親から生まれた子どもの小児喘息および喘鳴の発現率が大きく違った!


Babysignalingfrontiernutrition

≪リンゴの摂取≫の多かった群の母親から生まれた子どものこれまでの喘鳴のリスクが27%低く、5歳までに喘息または喘鳴を発症する可能性がおよそ半分であったとか。

【トマトが赤くなると!リンゴが赤くなると!⇒医者が青くなる】


【リンゴの予防効果は】
リンゴ中に含まれるフラボノイド等によるものである可能性が高いと研究者は述べているようです・・・また魚を食べるとアトピー性皮膚炎(湿疹)発症率がそれぞれ低下することも明らかになった。


Asea
【“リンゴを食べれば医者いらず”のことわざの理由が明らかに】


Photo_8


リンゴが健康的な食品であることはすでに常識ともなっていますが、新しい研究で、果物に含まれる”ペクチン”と呼ばれる成分が消化器系の善玉菌(friendly germs)を増大させることが明らかにされつつあると言う事です!

■ニュースソース⇒この知見は、≪医学誌「BMC Microbiology(微生物学)≫・・・デンマーク工科大学国立食品研究所での研究(1月20日オンライン版)

Logoまた、ペクチンの驚きの機能が!「りんご」に含まれる「ペクチン」が、身体に取り込まれた放射能≪セシウム137≫を排出するのに効果的ですと、swissinfoに記載されたニュースです

Thumbnail

≪セシウム≫≪リンゴ≫≪放射能排出≫≪ペクチン≫≪原発事故≫


植物ってえらい!植物ってすごい!でこのように⇒野菜・果物に含まれる微量栄養素=ファイトケミカル【トマトのリコピン・お茶のカテキンなど】の働きが生体に重要な役割を持っていることが知られてきていますが、

Ages

オランダの研究機関で妊娠中にリンゴを1日1個食べることが、母親にとって “医者いらず” と言うのはトマトでもリンゴでも風聞として伝えられていますよね!【トマトが赤くなると!リンゴが赤くなると!⇒医者が青くなる】


Realswitchsupplementalfacts


■【リンゴの成分って?知っていますか】りんごはその殆ど(84.9%)が水分で、残りの約15%に含まれている成分⇒クリック!【リンゴ成分


今回のオランダの研究機関での調べで実は、実際に恩恵を受けるのは、お腹にいる赤ちゃんかもしれないとの調査結果が・・・・・

Photo_2

【この調査研究は、妊娠中の特定の食品の母の摂取量が同じ子供たちで喘息とアレルギーの結果と関係しているかどうか調査するために行われました】

Photo

【この調査では、母親に妊娠中の食生活と子どもの食事について、また子どもの健康状態についてのアンケートを行った】


その結果、妊娠中に多くのリンゴを食べていた母親の子どもは、喘鳴(ぜんめい)の発症率が37%低かった。

Photo_2


また、りんご好きな母親の子どもは、果物嫌いの母親の【子ども】と比べて、喘息の症状が46%少なく、医師に喘息と診断を受けた割合が53%低かった

■妊婦と幼児にとって【コチラも↓】新情報! 

≪幼児の認知機能向上と運動能力向上≫≪妊婦の認知力も向上≫

Banerealswitchheader


Ages_2もっと詳しく読む方⇒【コチラ】!

Pubmed

上記に記載されたことは「PUB MED=米国立医学図書館が提供する世界最大級の医学・生物文献データベース」に載っているのです⇒【pub med 検索結果

Photo

米ビューモント病院(ミシガン州)小児アレルギー・免疫科のDevang Doshi博士は、予防効果のメカニズムについてはさらに研究が必要だが、リンゴに含まれるフラボノイドや他の抗酸化物質と何らかの関係があるとみている。

A0113065200

また、医学誌「Thorax(胸郭)」に昨年(2008年)掲載された研究によれば、週に1回以上魚を食べていた母親の【子ども】は、全く食べなかった母親の【子ども】と比較して湿疹になる確率が43%低かった。

Photo_3

米セントジョン病院(デトロイト)メディカルセンターのアレルギー・免疫科のジェニファー・アップルヤード博士は、子どもの食品アレルギーのリスクを減らすために、妊娠中にナッツやピーナッツ、貝や甲殻類を控えることを勧めている、しかしアップルヤード博士は「妊娠中の栄養摂取についてはまだ多くの研究が必要だと・・・

Photo_3

妊婦は自分のためだけでなく子どもの将来の健康のためにも、賢い選択をするべきである」とも述べている!
妊婦がオメガ3脂肪酸(DHA)が不足した状態であるなら、出生時に脳の発達に傷害のある子供と・・・・問題の根本に、胎児とお母さんの関係が要因と

   ■≪妊婦≫≪DHA≫≪胎児≫≪子供の脳の発達≫■


Aaigtrmages


| | Comments (3) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪地産地消のお店開店!≫≪ご贔屓に!≫

Photo_5081227_10530001Photo_2Photo_3


栗沢町に松永ファームという、”こだわり”の米造りを手がけてヨーロッパ(EU)にまで出荷している農場があります!ここ栗沢町は北国北海道開発で屯田で富山県からこの地に転出した経緯があり、富山に砺波というところがあるのですが!栗沢にもこの地名が残っています。越後地方の米所に先祖をもつ、子孫の一人通称「松ちゃん」の造る米は、一度食べた方は「やめられない!とまらない!・・・・・

          ■■■発芽玄米は21世紀の主食!■■■


Photo_6

■今回は「発芽玄米」の提供です!”あや姫”という粘りのある玄米を使い発芽玄米、特有のパサツキを解消して大変食べやすく、かまど炊きでもすると、その香ばしさは、たまりません

発芽玄米は、玄米に1日から2日程度水を含ませて発芽させた米です、玄米がほんの0.5mm~1mmほど発芽したもので、そのわずかな発芽がポイントです。【ただ水の温度調整が肝心で、32度前後に保たなくてはなりません!この温度でないとうまく発芽しないからです】これによってとても硬かった玄米が柔らかくなり食べやすくなります。また、発芽によって栄養価がとても高まるのです 自然に近い状態(籾の状態)で発芽させているので、栄養分の流出が少ないとされています!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

090818_10350002090818_10400001090818_10370002

やはり発芽玄米を食べるなら市販されたものを買うことです。
市販されたものだと成長と止められており、乾燥されております。
保存が効く上においしいです。

米の中で眠っていた栄養素が活性化され、発芽(芽が出た瞬間)させたものを発芽玄米と言い、白米はもちろんのこと、玄米よりも栄養価が高く、白米や玄米にはなかった栄養も生まれます。
 発芽玄米には、増加した豊富な栄養素と新しく生まれた栄養素、さらには柔らかくて美味しいという素晴らしい利点があります。
 まさに21世紀の主食であるといえます。


ラーメンといえば札幌の代名詞にもなっていますが、札幌に一柳製麺という業者さん向けの蕎麦を提供している工場が190万都市の中心部で盛業している社長の一柳さん、数年前にラーメンも札幌市内の有名ラーメン店に納入を始めたのですが!このメンの美味さは、まさに絶品!一般向けに特別提供できる事になりました

■今回はメンが10玉にスープ(ミソ味4・塩味3・しょうゆ味3)がついています、メンは生めんで、お早目の賞味をお奨めしますが、常温でも3.4週間は持つらしい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪IQの高い子どもは野菜好き≫ パート②

Photo_5■植物ってえらい!植物ってすごい!■
情報は⇒【コチラ!クリック!】

Baner
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_4

栄養素と言えば「三大栄養素」=糖質(炭水化物)・タンパク質・脂質ですよね!近年この三大栄養素胃が食材から十分に摂れていないことから、不足しているビタミン、ミネラルの栄養素が加えられ、その後これまた不足しているファイトケミカルと言う微量栄養素がとても重要な役割を持った「栄養素」だと言う事が判明してきたのです!

古くから、なぜか?知らずに食べ継がれてきた野菜・果物に含まれる「ファイトケミカル」とは

Mil05077s1


ファイトケミカルという言葉!この【ファイト】=植物で【ケミカル】=化学を意味していて、「ファイトケミカル」とは植物に含まれる化学成分を意味しているとのことです。


前述の5つの栄養素が体の素材を作り、生存に必要なエネルギー源を作るのに対し、ファイトケミカルは抗酸化作用、免疫系制御、解毒酵素誘導など、健康に重要な効果をもたらすことがわかってきた事からブログでも書き込みのある「植物ってえらい!植物ってすごい!」と言う絵本も出ています【詳細は本を読んでください

Photo

■「植物ってえらい!植物ってすごい!」この本は子供向けの本ですよね?絵本ですし、付録にはお母さん向けの”もっと知りたい方へ”と・・・・そして「トップに公開の動画の「糖鎖」の事が、この絵本にやさしく紹介されいるのですよ!【パート③】で書き込みの準備中

【パート①】⇒≪IQの高い子どもは野菜好き≫←クリック!の文末の”アメリカのある学園の58人の生徒が、補完糖質栄養を食べての全ての評価で大きく改善されたことは、データと共に発表されいます!

Image15_4


画面クリック!拡大ではっきり見れます

■17項目にわたって、生徒の習慣や行動を教師に観察してもらった結果を補完糖質栄素を食べる前と食べた後【6ヶ月間】の評価をグラフにしたものです

Image16_2


画面クリック!拡大ではっきり見れます


■5人の教師たちによる「把握力」「協調性」「生徒と教師の会話」「生徒同士の会話」「宿題の提出は・・」「教室内での集中力・注意力」「授業態度・学習環境」等々を、食べる前・食べた後【6ヶ月間】での、はっきりと改善の見られた点の評価のグラフ!全ての項目で大幅な改善が見られ、特に「把握力」「授業態度」では、驚きの評価です


Photo_2


こうした結果は身近でも、世界中の国々でも多く聞こえてきています【世界の声はマナリリーフと言うNPOのボランティア組織団体からの情報!】


【栄養・食べもの】 | | Comments (1) | TrackBack (1)

≪情報や本舗≫≪食育の認識!≫

Images


一般的ではないこの「食育」という言葉は明治時代から使われていたらしい?陸軍の薬剤担当だった石塚左玄という方が「体育・知育・才育は即ち”食育”なり」と始めて使った文献がある!

Photo


2002年に牛肉問題や産地偽装【なお現在も蔓延っている?】など食の安全を揺るがす事件によって生じた消費者の不安・不信感を”食育”を通じて取り除く目的で「食育調査会」なるものが国に設置され、翌2003年総理大臣だった小泉純一郎が施政方針演説に取り上げて”食育”という言葉が一般化したのだそうです


(それにしても懲りない面々の多いことか!ミートホープに始まり白い恋人・赤福・お福・船場吉兆と、どこ吹く風なのだろうか?)


Photo_2

その後2005年には法律として「食育基本法」が成立した!この法成立のため、衆議院等に参考人として出席し、また食育に関する本も書き・講演を多数行った服部幸應氏は内閣府「食育推進会議」「食育推進計画検討会」委員でもある


分り易く音声で聞ける服部幸應氏の「食育の時間」のサイト【ここを■クリック!】

200801158959501n

焼酎甲?間違い小中高と同窓の北海道野球協議会の理事で元橋戸賞投手・日本野球連盟常任理事でもある「柳俊之」君も日頃会うたびに青少年の「食育!食育!朝飯食わないとダメダメ!」といい続けているのですが、


今年1月15日付けの「スポーツ報知」にインタビューに応じてコメントしています
『 「小中学生のいい体をつくるためには食べることが大事。食育です。北海道にはいいもの(食材)がたくさんある。スーパーで外国産の安いものを買うと防腐剤、化学物質、合成物質など添加物があることが今、嫌な意味で注目されている。


自然なものを自然な形で体に必要な栄養素を取り入れていくのがいい。北海道にはその土壌がある“地産地消”に野球界も貢献できるわけです』


10534

四里四方を走り廻って集めた食材で作った料理が「馳走」!「ごちそうさま」の「馳走」だ!将に”地産地消で身土不二”!アメリカに世界中を廻って人間が食する良い物だけを集めた会社があります、ある「馳走」を作るために必要だったからです。その「馳走」は?・・・・・・・・・


20080220191315

今日の科学では、人間のからだには必須脂肪酸必須アミノ酸が欠かせないように、健康を保つためには

”8つの糖分”が必要であると!その8つをどのように体内に取り込む(消化・吸収)ことが出来るか?そのために食材が必須だったから世界の隅から隅まで、探し回って今時点で今時点「最高の栄養素」を世に送り出している会社があります


【今時点では?とは、なぜなら?未だ見つかっていない身体にとって良い「食材」があるかも知れないからです!】

Continue reading "≪情報や本舗≫≪食育の認識!≫"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

≪情報や本舗≫≪食べ物とガン!②≫≪厚生労働省が調査≫

Patent


厚生労働省研究班が生活習慣と健康について90年より10万人規模の調査結果を発表した。調査結果は、主に岩手県から沖縄県までの10都府県の40~69歳の男女計約11万人に対し、

Photo_16


喫煙や飲酒、食事内容などさまざまな生活習慣をアンケートした後で十数年間追跡し、死亡や病気との関係を調べたものでそのうちの、【食べ物の影響】!やはり相関関係がありました。・・・・喫煙の関係&メタボは新聞にて!・・・・
≪毎日新聞・ 暮らし ・ 健康 ≫より

2月25日のブログで書き込みした「食物とガン・・リスクの関係に新たな知見」同様、【植物】の働きは驚くべきですね!「植物ってえらい!植物ってすごい!」本がありましたが子供向けの絵本で、【糖鎖】の働きも紹介されていて、その【糖鎖】の働きにも植物が関わっているのですから!

10615

■塩分や野菜、果物の摂取量が、胃がんの発生に影響する。

■野菜については、

  ▽ほうれん草などの緑色野菜  ▽かぼちゃ、ニンジンなどの黄色野菜

  ▽キャベツやトマトなど緑黄色以外の野菜--に分けて調べた結果、どの種類でも週1日以上食べる人は
ほとんど食べない人に比べ、胃がんになる危険が2~5割低かった。

■果物も週1日以上食べると胃がんの危険が下がる。


B21f75783a2c35da30b9fc33d3045f10_1

(ゴールデンウィークにもこのブログで「野菜や果物が「ガン」を撃退と書き込み、改めて野菜・果物の働きが!)

■魚を多く食べる人は、男女共に心筋梗塞などの心臓病にかかる危険減

■大豆イソフラボン」を豆腐や納豆、みそ汁などから多くとる女性は、少ない女性より乳がんにかかる危険 は   54%減

米国癌学会(AACR)主催の癌予防研究に関する国際シンポジウムでこの件は発表され、大豆がどのように乳癌リスクに影響しているのかは正確にはわかっていないがと!)

Photo


植物が一番栄養豊富
で、美味しく食べられるときは完熟した際!言葉を変えると”腐りかかった”ときですよね【嗜好は抜きにして】植物だって”子孫の存続”そうです種が腐ってしまっては鳥・動物・昆虫に食べてもらえず、やがては土に返っていくのですが・・・


ここからが植物の凄さ!何とか腐って朽ち果てることが無いようにと、自身の力で抗酸化となる物を作り出す?もしくは土から吸収するのですね!このことにいち早く、気がつき”完熟野菜・果物だけを使って製品化した会社があるのです!

Aaigtrmages

| | Comments (0) | TrackBack (1)

≪情報や本舗≫≪亡食の時代!≫≪食が食でなくなる時代!≫≪食源病!≫

Asea
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料


ある栄養素の不足が、現代病の共通する原因となっていると考えられる【食源病!】この不足した栄養素が足りれば、私達は自己治癒力が向上し、健康を回復できる【自然治癒力をとりもどす!】ということが分っています

Imgbb08f669zikazj

「今日朝ごはんにガムを食べてきたよ」朝食にガムやチョコレートを食べる小学生がいる一方、朝食を食べない小学生、食べさせない母親・・・私立の学校では朝食の給食を始めたところもあるそうです。


日本の食卓がおかしい「飽食の時代」は、食文化、おふくろの味を破壊し、さらには食への感謝の気持ちを奪い去り、「食」が「食」でなくなる「亡食の時代」へ突入した!

356e5d00

さらには、「おコメや野菜をきれいに洗うために洗剤を使った」という女子大生・・/どんなケーキにもデコレーションケーキの生クリームのようにマヨネーズをかけるOL・・/何にでもマヨネーズや唐辛子をかけて食べる調味料依存の味覚破壊・・/一人で冷や飯に味噌汁をかけ、


猫飯(ねこまんま)にして食べる孤独なお年寄り・・/クッキー状の栄養食、ゼリー状のサプリメントしか食べないサラリーマン・・/「臭いぬか漬けなんて子供に食べさせないで」と先生に文句を言った母親・・/こうした母親かどうか?は不明ながら


「給食費を払っているのだから学校で『いただきます』と言う必要はない」と主張する保護者!大量に食べては捨て、食べ物へのありがたみも礼儀作法も忘れ、その食品本来の食べ方さえ分からなくなってきた日本人。


食文化は、家庭や社会で人から人へと受け継がれるものだが、それが機能不全に陥っている現状はまさに深刻ではないだろうかと、紹介の本が産経新聞の取材を源に扶桑社から出版されています

22266

食品の裏側」という本でも、わずか三分で「とんこつ味」ができる食品添加物、赤身肉に脂肪を注入して霜降り肉を作り出す技術・・・・!そして「はし」をきちんと持てず(多くの子供達がにぎり箸しかできない)、ごはんとおかずを交互に食べることができなくなった日本人……食育は本来は家庭でするものだと思います

Housyoku

【子供の運命は常にその母が創る(ナポレオン)】

それにしても「飽食の時代」と言われ、コンビニで賞味期限になったり、食料品が大量に廃棄される一方、わが国の食糧事情が戦後とほとんど変わらないという事実には驚かされる。


もし何らかの事情で日本への輸入がストップした場合、毎日食べられるのはコメだけで、みそ汁は二日に一杯、牛乳は六日に一杯、卵は七日に一個、肉は九日に一回しか取れないそうです


Photo_13

大量に食べては捨て、食べ物へのありがたみも礼儀作法も忘れ、その食品本来の食べ方さえ分からなくなってきた日本人。それが機能不全に陥っている現状はまさに深刻ではないでしょうか???


| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

≪アンビットの新聞紙上記事≫ | ≪アンビットの登録≫ | ≪アンビットのQ&A≫ | ≪アンビット・エナジーについて動画で・・・≫ | ≪アンビット・エネルギー(Ambit Energy)≫     | ≪アンビット・・・=ペイジーの支払い方法≫ | ≪アンビット創業≫ | ≪アンビット日本オープン!≫ | ≪アンビット概要ビデオ≫ | ≪アンビット登録方法≫ | ≪供給地点特定番号≫ | ≪切り替えのお手伝い≫ | ≪安くなるカラクリ?≫ | ≪新電力を創り出す新テク!≫ | ≪新電力会社の販売ランキングで≫ | ≪経済産業省の作成の公開ビデオ≫ | ≪講演会・・・アンビット主催≫ | 【AKB48】 | 【あきない映像】 | 【お蕎麦やー手打ちそば】 | 【がん・ガン・癌のはなし】 | 【アセア=ASEA-自己治癒力】 | 【アセア=ASEA】 | 【アメガワンド】 | 【アルツハイマー・認知症】 | 【アンブロトース ライフ】 | 【インフルエンザ】 | 【ウェルネス革命】 | 【エネルギー問題】 | 【エボラウィル】 | 【オリンピック&スポーツの祭典】 | 【カバラ数字の怪】 | 【グーグルの凄さ】 | 【サプリメントウオッチ】 | 【ジオラマ】 | 【スーパーボウル】 | 【ドッキリ=フラッシュモブ】 | 【ハオルチアとは】 | 【ハリウッド女優のお肌に】 | 【ハリーポッターとフクロウ】 | 【ファスティング】 | 【フェルメールの画】 | 【フラッシュモブ】 | 【ミトコンドリア】 | 【ランキング】 | 【レドックスシグナル】 | 【ワイナリー・オチガビ】 | 【ワイン・ワイナリー】 | 【不思議な現象】 | 【中村天風】 | 【仮想通貨&貨幣論】 | 【伝説スピーチ】 | 【偶然が生み出す発明&発見】 | 【偶然とは思えない】 | 【免疫反応・応答反応】 | 【免疫細胞のお話】 | 【再生医療・幹細胞】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医食同源】 | 【原理原則】 | 【子供に影響を与える栄養】 | 【宇宙・科学・物理】 | 【手塚治虫の世界】 | 【放射能・原発問題】 | 【日本の領土・・古事記】 | 【日本ハムファイターズ】 | 【日本野球連盟】 | 【時の話題・はなしのネタ】 | 【有名・著名・芸能人の訃報記事】 | 【未曾有の大震災】 | 【栄養・食べもの】 | 【植物ってえらい!植物ってすごい!】 | 【歌川国芳の浮世絵三昧】 | 【武士道】 | 【母乳】 | 【毘沙門天と須弥山】 | 【気になる・お肌のはなし】 | 【気になる本・書籍】 | 【水に関する話】 | 【水・・・電子レンジ】 | 【法王を決めるコンクラーベ】 | 【注目のエネルギー】 | 【注目のテクノロジー】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【浮世絵・艶(え)本】 | 【潰瘍性大腸炎】 | 【知って得する話】 | 【知られざる意外な話】 | 【神話と生物」 | 【科学の文献資料】 | 【科学の検査データ】 | 【糖尿病・肝炎・難病・奇病】 | 【糖鎖】 | 【細胞のお話】 | 【美術館めぐり】 | 【脳梗塞・脳疾患】 | 【自然災害シュミレーション】 | 【自然界の神秘】 | 【自閉症・発達障害・ADHD】 | 【著名な作家・書家・画家】 | 【著名な科学者たち】 | 【話題のTV番組放送】 | 【認知症・アルツハイマー】 | 【誰しもが飲む水の話】 | 【警告!警鐘!】 | 【金貨のプレゼント】 | 【長寿の秘密】 | 【食の安全・安心】 | 【鳥インフルエンザ特集】 | 【黒猫マウキー】 | 【ASEA・・・アスリート】 | 【JAZZ=ジャズ】