【糖尿病・肝炎・難病・奇病】

≪情報や本舗≫≪肉類の摂取を増やすと、糖尿病発症率が上昇≫【発生リスク⇒48%】≪ウォールストリートジャーナル≫

222ages
        【ウォールストリートジャーナル】

.【肉類の摂取を増やすと、糖尿病発症率が上昇】とウォールストリートジャーナルのニュース!約15万人のデータを分析した結果、過去4年間で赤身肉(牛肉や豚肉など)の消費を増やした人は、

その後の4年間に”2型糖尿病(生活習慣に起因するとみられる糖尿病)”を発症する確率が、赤身肉の消費を増やさなかった人より高いことが分かったそうです

糖尿病とグーグル検索をすると厚生労働省の糖尿病ホームサイトがトップヒットする、開いてみた何と四コマ漫画でスタートしている

We05
We06
We07
We08

どうみてもこの漫画の元はアメリカの色合いが強いように思えるが、それはさておきこのURLは「厚生労働省のホームページへようこそ」とある⇒【コチラ!】

ほかに生活習慣病が同様なスタイルで公開しているので気になる疾患があればサイトを紐解いてみて・・・

Item_01_07

≪以下、抜粋にて全文は≫ ⇒【コチラ】

この分析はシンガポール国立大学の研究者らが中心となり、米ハーバード大学が主に看護師や医師を対象に実施した3つの長期調査からデータを収集した


162016

赤身肉の消費と2型糖尿病の発症との関連を指摘する研究はこれまでにもあったが、赤身肉の消費量の変化と2型糖尿病の発症リスクとの関係を長期追跡したのは、今回が初めてとみられている。被験者は研究開始時以降、4年ごとに消費した飲食物の種類に関する詳細な質問に回答した。分析は約20年分のデータを対象に行った。


この研究で分かったことは。赤身肉の消費量を過去4年間で1日当たり半サービング以上増やした集団と、消費量を変えなかった集団とを比較すると、その後の4年間に2型糖尿病を発症するリスクは、消費量を増やした集団の方が48%高かった

Hon


論文の執筆者らは「この結果は赤身肉(と2型糖尿病の予防)との関連の強さを確認するもので、長期間にわたる赤身肉の消費抑制が予防上良い効果をもたらすことを示す証拠がさらに増えたことになる」と述べた

米政府が出している一般的な食事の指針と同様に、米糖尿病学会(ADA)は糖尿病の患者に対し、野菜や果物を多く摂取し、乾燥豆を含む全粒食品を選ぶよう推奨している。また1週間に2、3回魚を食べることも推奨している。脂肪分の少ない肉とは、牛肉や豚肉のうち、名前の最後に「ロイン」がつくもので、ポークロインやサーロインなどを指す。

糖尿病は約2600万人の米国人を悩ませている病で、体がインスリンを作れない、ないし適切に使えないことによる血糖値の高さを特徴とする。2型糖尿病は糖尿病で最も多く見受けられるタイプで、体重増や加齢と関連づけられることが多い。

糖尿病は心臓発作、脳卒中、腎臓病、失明、手足などの切断、それに神経損傷のリスクを高める。糖尿病のもう1つのタイプである1型糖尿病は自己免疫疾患で、幼少期に診断される場合が多い。

Logo_news333疾病管理予防センター(CDC)は2050年までに、米国の成人のうち、最大で3人に1人が糖尿病になる可能性があると予測している。糖尿病は現在、米国人の死亡原因で7番目に多い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖尿病人口が3億人!≫≪2型糖尿病患者の回復事例≫≪栄養療法≫ 

Chek


成人の27%が「糖尿病」か「予備群」!【厚生労働省「2011年国民健康・栄養調査報告】・・・という事は、国民の4人に1人以上が糖尿病かその予備群である
Earthtram1

世界の糖尿病人口は3億人超えているようで、日本は700万人で世界第9位 、そして米国の8人に1人が2型糖尿病・・・その 2型糖尿病からの回復体感があります。ゴーエン博士が栄養療法を勧める中、画期的なことが・・・


Photo_5事例その5=Ⅱ型糖尿病

2010


その栄養療法を取入れてたのはビルという軍人さん、以前、軍隊で外科の助手をしていたビルは、1980 年代に海外勤務から戻った後、2 型糖尿病になりました。最初、血糖値は900 以上【これは、驚きの数値でしょう!】ありました。

その後、毎日、普通インスリンを200 単位と長時間作用性インスリンを120 単位注射していましたが、何年間も血糖値が500 以下になることはありませんでした。網膜症も発症していて、両方の目の内部に出血があり、3 カ月毎にレーザー治療を受けていました。

Insulinrecepto画面をクリック!してみて下さい

その治療のお陰で多少の改善はみられましたが、再発を抑えることはできませんでした。また、末梢神経障害が両脚と両腕にみられました。そして、両方の下肢には糖尿病特有の潰瘍が現れていて、切断を勧められていましたが

彼はこれを拒否し、インターネットで他の治療法を探していました。筋肉がひどく弱り、半ブロック歩こうとして、跛行(脚のけいれん)や狭心症を起こしたこともありました。

Photo_4

運動不足のために体重が増え、330 ポンドになったこともあります。高血圧の薬を何種類も飲んでいたのに、何年間も、血圧は平均200/115 でした。手は関節炎のために動かせなくなっていました。

4 年後、彼は、足治療医、理学療法士、神経科医、そしてヘルス・サウス・リハビリ病院医師の要請で、保険維持機構(HMO)の承認を得て、ようやく電動スクーターを使えることになり、自分で動き回れるようになったのです。

Brainfunction

1990 年代の前半には、3、4 カ月の間に脳卒中を何度も繰り返し、一過性脳虚血発作を3 度起こしました。さらに、安静時の息切れを伴う睡眠時無呼吸とも診断されて、

鼻用ステロイドや気管・気管支用ステロイドを含む6 種の吸入剤を使っていました。心不全を起こして下肢がむくんだこともあります。度重なる脳卒中のために左半身の力が衰え、偏頭痛と複視に悩まされていました。


Photo_5

長年、非常に多くの抗生物質を飲み続けていたので、飲まなくてもよい月があれば、「良い月!」としていました。彼は腎臓からアルブミンが排せつされるようになり、

血中尿素窒素(BUN)とクレアチンの値が上がるに及んで、もう腎不全を起こして透析が必要になる日も間近かと思われました。いくつもの病気が絡んだ難しい病状となって、彼は「自分はもうすぐ終わりだ」と覚悟をしたようです。

Banerealswitchheader


病気と家族のことを思い、精神的にひどく落ち込んでいました。自らインターネットで調べもし、12 人の医師や専門家が治療に当たっても、悪くなってゆく彼の病状を変えることはできませんでした。全ての希望を捨てたビルは葬式の準備をし始めました。

その時、ある栄養素に出会ったのです。インターネットで少し調べたのち、最後の手段として試してみようと思いました。何かを期待していたわけではなく、「どうせだめさ」と思いながら。3 ヵ月後、彼の視力が回復してきました。

Baner02

両足、両脚の潰瘍が治っていました。痛みや腫れ、体の衰弱(脳卒中による左半身の衰えも含む)、息切れ、脚のけいれんは解消しました。ステロイドを含む6 種の吸入剤は不要になり、関節炎もありません。

彼はもう電動スクーターや杖なしで歩けます。偏頭痛も慢性副鼻腔炎もなくなり、抗生物質を摂る必要がなくなりました。血圧は平均130/85 です。尿にアルブミンは検出されませんし、クレアチンの値も上がっていません。

Successstoriesdefault


腎機能が安定した証拠です。体重は280 ポンドに減り、脂肪も減少して、筋肉量が回復しつつあります。インスリンは、普通のものが一日10~50 単位に減り、長時間作用性は60 単位を午前と午後一回ずつ注射するだけす。血糖値は105~125、グリコヘモグロビン(A1c)は驚くほど下がって、現在5.1 です。

83ca7


(赤血球のグルコースのレベルを測る単位で、大変良い状態です!)以前、ビルは食事に注意を払っていませんでした。もし、低血糖の食事療法をしていれば、体重は減り、インスリンの量も少なくなったはずです。でも、ようやく今、可能になりました。ビルは運動を始めたのです。ひどい鬱状態からも解放されました。

何よりと思うのは、彼がこう言っていることです。「前は全くなかったのに、今、僕には希望がある!今起きている変化に本当に驚いている。あるものは早く、あるものはゆっくりと、まだこれからという変化もある。でも、僕が快方に向かっていることは確かだ!」

Fda

* ココでの書き込みは、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません

| | Comments (13) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖尿病≫【池田史郎医師】≪インスリンか?食育か?≫【血糖値・A1Cの低下】

Chek

2013年2月10日池田レディースクリニック 「池田史郎」院長の仙台講演【現代医学に殺されないために】はタイトルにも,届いた時間にも驚かされた!というのも朝の04;31到着メールがその講演内容のビデオレターであったからだ


Mqdefault

ほぼ2時間!じっくりと観て、聞いて,さらにビックリでした!タイトルの続きが内容に盛りこまれている、

「現代医学に殺されないために」は自己の治癒力をまず働かせるために「食育」は必須で必要なんですと・・・・以前から池田先生はおしゃられていました


Ss_interests2

「人の体は、270種類60兆個の細胞で出来ている、すなわち体は食べ物で出来ているのです。心臓を一秒たりとも休まず動かしている心筋細胞も、体内に入り込んだ毒素を解毒・排泄する肝臓も、そして赤ちゃんの素である卵子と精子も例外ではありません、生殖細胞は食べ物と栄養を糧に育ち、受精のチカラを持ちます。妊娠しやすい体を作るのは食べ物だと言うことを深く肝に銘じてください」!


池田レデーィス・クリニックは【糖鎖栄養療法研究会】に所属しているため、レディースばかりではなくジェントルマンもみえられます!何故かについては⇒ 【不妊】!【妊娠】!【糖鎖の栄養素が関与】 !をお読みください

Gaikan

不妊治療ばかりではなく、池田史郎院長の肝に銘じてという食の質を転じることで、食源病とも言われる生活習慣病の一つ「糖尿病」の著しい改善回復が来院患者さんにみられたそうです・・・先生のお許しをえて下記に、そのお話を・・・

私のクリニックの患者さんのお話です。60歳台後半のお姉さんです。食後3時間での血糖値は 338g/dl 未治療でした。食後2時間では 400 を超えているかもしれないという状況でした。


内科の専門病院をもし受診してしまったら、いきなりインスリンを打たれているかもしれません。

83ca7

早速食事の改善です。食品添加物を排除してゆくと同時に、糖鎖の栄養素だけ閉じ込めたカプセルを一日4個摂取を開始しました。摂取カロリーの量的制限は一切していません。食事の質を改善するのみです。

YouTube でお話ししたとおりです。【補足⇒冒頭に記載した仙台での講演のこと】

ですから、患者さんは、好きなものを好きなだけ食べています。それでも体重は半年間で 4.5kg 減少しています。
血糖値コントロール状況の指標である、ヘモグロビンエーワンシーの血中濃度の変化です。


A26l0lh_2


正常値は 6.5 未満です。後一歩で正常域に達するのですが、これからが踏ん張りです。【補足⇒添付ファイルにこのヘモグロビンエーワンシー(HBA1c)の血中濃度の変遷グラフがありました!折れ線グラフからの拾い読みを以下に・・・】

Hba1c2_3

グラフによると来院が2012年11月27日とあります、12月17日の最初の測定値が10.4!・・・食の質改善と糖鎖栄養療法の開始・・・年が明けての2013年1月6日の測定値10.2・・・1月26日⇒9.4・・・2月15日⇒8.3・・・3月7日⇒7.6・・・3月27日⇒6.8・・・4月16日⇒6.7・・・5月6日⇒6.6・・・5月26日⇒6.5・・・6月15日⇒【このグラフ⇒Yahooボックスに収納! ダウンロードしてください 】


池田史郎院長が最後に「ぜひインスリンを使う前に受診してくださいと願うばかりです。インスリンを使うと正常化は難しくなります。インスリンなしでは暮らせなくなります。ではまた。」

Hba1c_2


タイトルにあるようにインスリンか?食育か?・・・糖尿病予備軍といわれたら食育と運動で改善するでしょう、しかし気づかないうちに進行していて糖尿病と診断された時に、あなたはどちらを選びますか

池田先生の言われるインスリンを使うと正常化は難しいとの考えが同意している本が出ていました!本の表表紙のタイトルに惹かれ手にした本です「糖尿病の皆さん、インスリンをやめてみませんか?」という

糖尿病のみなさん、インスリンをやめてみませんか?
飛鳥新社
岡本 卓

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 糖尿病のみなさん、インスリンをやめてみませんか? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖尿病のしくみ≫≪インスリンと糖鎖≫≪ヘモグロビンA1Cとは≫≪動画で分かりやすく≫

02


生活習慣病のひとつ糖尿病の方に、インスリンと糖鎖のメカニズムが分かりやすい動画で見ることが出来ます
【説明文は自由にお作り下さい・・・検索サイトに情報あり】              

119asea_b8

http://legacy.kek.jp/newskek/2006/sepoct/insulinreceptor.html
Insulinreceptor1s



【ブドウ糖・インスリン・鍵穴と鍵?】ここ20年の謎?といわれ続けてきたインスリンの鍵穴のことが細胞のアンテナ「糖鎖」の解明で仕組みが分かったのです

Baner3065200


食事をすると、血液中のブドウ糖(緑)が増えて血糖値が上がりすると、すい臓からインスリン(赤)が分泌されます。筋肉細胞等の細胞膜表面にはインスリン受容体(青)があってその先に「糖鎖」というものが付いています

*【インスリンには糖鎖は付いていない!】

Photo

そこで細胞がブドウ糖を取り込むようにと信号【糖鎖の働き会話=細胞間コミュニケーション】が送られて受容体にインスリンが結合!【鍵穴と鍵が一致=細胞同士の会話が正確に伝達され】

こうして、細胞はブドウ糖をエネルギー源として利用したり、蓄えたりすることができるのです。


Photo_2



糖尿病の人はこの調節がうまく働かないので、食事をしてもブドウ糖が細胞に取り込まれず、エネルギーとして利用できないのです

*【調節機能のアンテナの感度が狂っていれば機能しませんそれは「糖鎖」の働きに大きく関わっているのですね!】
Hba1c



血糖値が上がったままの状態【A1Cの数値が高い状況】さまざまな合併症を引き起こす原因にもなるのです!

*【血中に残されたブドウ糖は赤血球に付いてすぐには離れずに【と言うのは赤血球の寿命は120日】、よくヘモグロビンA1C検査でエーワンシーが○○?という数値はこのことを言うのです】

この計量器【本当には在りません】の水準地”エーワンシー6.5”を超えないように⇒合併症になってからでは遅きに失しますぞ

Hba1c2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪C型肝炎患者≫≪コーヒーで!≫≪疾患の進行を遅らせる≫パート②

Photo

Photo_4【メルアド】ここをクリック!

                   □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


コーヒーを飲んでいる人は肝臓がんの死亡率<が低いという疫学的研究結果が日本や欧米の研究グループから多数報告された

Photo_2


、コーヒー摂取と肝臓がん発症リスクとの関連について検討した10件の研究(肝臓がん患者2,260例)のメタ解析を行った結果が2007年にイタリアの研究グループから報告されています。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ≪画像の解説≫


図:C型肝炎ウイルスの持続感染により、肝細胞の壊死と炎症が起こり、次第に肝臓の線維化(結合組織の増殖)が進行して肝硬変になり、さらに肝臓がんが発生する≫


Ffa5041435fe9d8eb519b648f2b5ec9a【画像をクリックして下さい!】


コーヒーを多く飲むとC型慢性肝炎の進行や肝臓がんの発生が抑制される【進行速度が遅くなる】ことが報告されている、


■画像&もっと詳しくは⇒コチラのサイトから

パート①でも書き込みのコーヒーに含まれる「アラビノガラクタン」や「アラビノマンナン」に由来する多糖類やオリゴ糖類が作用するのではないかと考えられません?


Photo_3

コーヒー豆に10%以上含まれるアラビノガラクタン、このアラビノガラクタンの腸内細菌の増殖に対する影響、それは特定のビフィズス菌を増殖させる効果があることを発見しましたと(この成果は日本食品微生物学会で論文にて報告しています)
Photo

補完栄養素に含有の西洋カラマツ由来の「アラガラクタン」!が腸管でシッカリと腸内細菌によって分解吸収されていると「スクリプス研究所で証明されたことも改めて特筆しておきます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪C型肝炎患者≫≪疾患の進行を?≫≪コーヒーで遅らせる≫パート①

                 
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Barner_4

Photo_4【メルアド】ここをクリック!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2009oct29hhno1

2008年5月に【膵臓ガンのリスクを「コーヒー」が!=大腸ガン&肝ガンも?=】2002年頃からコーヒーを飲むと血糖値を正常に保つインスリンの働きが活発になる?と書き込みをしていましたが、つい先週の29日に今度は>「コーヒーを飲むと、慢性C型肝炎患者の疾患の進行を遅らせることが新しい研究により判明した!」とアメリカの医学誌「Hepatology(肝臓学)」11月号に掲載されました(2009.10.29掲載)

Photo

米国疾病管理予防センター(CDC)によると、米国で300万人以上(世界人口の2.2%)がHCVに感染している。米国ではHCVが肝移植の主要な原因となっており、毎年8,000~10,000人が死亡しているそうです


この研究では、患者766人を対象に、コーヒー、緑茶および紅茶の摂取についてたずねるとともに、3カ月ごとの診察を約4年間実施したほか、18カ月目と3.5年目に生検を行い肝疾患の進行を調べた。その結果、1日に3杯以上コーヒーを飲む患者は、コーヒーを飲まない患者に比べ肝疾患の進行がみられる確率が53%低かった・・・と!この詳細は⇒【HealthDay News より】

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


Data

どうしてコーヒーが、このような疾患に対してガンのリスクを軽減したり、疾病の進行を遅らせるのか当ブログの【膵臓ガンのリスクを「コーヒー」が・・・】でも書き込みしましたが!コーヒーに含まれる「アラビノガラクタン」や「アラビノマンナン」に由来する多糖類オリゴ糖類が作用するのではないかと考えられません?。今でも多くのがん患者が使用している「丸山ワクチン(SSM)」の有効成分が「アラビノマンナン」です


Photo_2

生体に対する糖鎖による免疫賦活作用については無数の研究結果が検証されています。大和薬品のバイオブランのアラビノキシランという糖鎖、丸山ワクチンのアラビノマンナン、牛結核菌(BCG)のアラビノガラクタン、そしてこのブログで再三紹介の「糖質栄養素」の開発会社の製品に含まれるアラビノガラクタンなどは免疫賦活作用が証明されています

コーヒー・免疫賦活剤と言えば、”UCC”の上島コーヒーが2006年に技術開発発表をしていました⇒【ここをクリック!また「免疫賦活剤とその製造方法」で特許出願も同時にしていましたコーヒー抽出物がアラビノガラクタンを含有する抽出物である免疫賦活剤であるこの免疫賦活活性が、マクロファージなどの免疫担当細胞の増殖促進に由来することを特徴とする⇒【詳細はコチラ!】

Photo_3

ここからの2007年12月のUCC上島コーヒーが神戸大学との共同研究発表「コーヒー豆由来アラビノガラクタンビフィズス菌増殖効果を発見!」多糖類コンプレックスに含有の西洋カラマツ由来「アラビノガラクタン」が腸管でシッカリと腸内細菌によって分解吸収されていると「スクリプス研究所で証明されたことと非常に関連する発表だったのではないでしょうかね?

Photo_4

コーヒー豆に10%以上含まれる水溶性多糖類の一種であるアラビノガラクタン、このコーヒー豆由来の多糖類の生物活性については今までほとんど明らかにされていなかったのですが、今回、アラビノガラクタンについて注目し、アラビノガラクタンの腸内細菌の増殖に対する影響、それは特定のビフィズス菌を増殖させる効果があることを発見しましたと(この成果は日本食品微生物学会で論文にて報告しています)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖尿病新薬≫≪メルク≫≪ジャヌビア≫≪インスリン≫≪WBS≫                           テレビ東京のニュース番組で・・・

Photo_222010年9月に万有製薬が糖尿病新薬「ジャヌビア」の講演会に参加した医師325人謝金を支払いしたことで、公正競争規約違反で警告を受けた

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

BarnerAseamolecules1

もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Januvia28

10月21日、小谷真生子がキャスターを務める「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京系)で日本の糖尿病市場の特集がありました。

現在、日本の糖尿病患者数は900万人ともいわれ、その予備軍を含めると、2000万人かとも?世界ではと言うと、糖尿病全患者数は2.85億人、2030年に4.35億人を超える恐れがあると予想されているとコメント!

番組内では、厚生労働省がアメリカのメルク社の経口糖尿病治療薬「ジャヌビア」を承認した(10月16日)ことを、そして販売はメルクの日本子会社=万有製薬が!メルク社といえば、10年ほど前には世界で最大の製薬メーカーでしたが、現在は8番目だそうです。【年内にはM&A?同業大手の経営統合で第2位の予想も】

232

売上高 2,419,770万ドル(2007年) 従業員数約62,600人 の詳細はクリック⇒ コチラ


【日経プレスリリース:万有製薬、経口糖尿病治療薬「ジャヌビア」の製造販売承認を取得】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

20090611hjc6b000_11

糖尿病の患者数が急速なスピードで増えていて、糖尿病は世界的な問題ともなっていて今回承認された糖尿病治療薬⇒新薬の「ジャヌビア」は【スピード承認だったともコメントしていました】治療が必要な人にとっては朗報でしょうね?


糖尿病は一昔までは「成人病」そして今は、「生活習慣病」!この疾患は名の通り生活習慣が適正でなかったために罹患したのであれば、その生活スタイル・慣れ親しんだ習慣を変えることで、元の体に!すなわち健康な状態になると言う事ですよね

Photo

健康な体は、健康な組織、その組織は健康なる器官、そして器官は健康な細胞からつくられるのですよね!糖尿病はエネルギー源としてのブドウ糖を細胞に取り込むときに必要なインスリン(ホルモン)がないか!はたらきが悪いか!【簡単に解釈するとね】が


Colum07_image02 ⇒【クリック画像!拡大】

実は「糖鎖」=細胞のアンテナがインスリンを取り込むアンテナの感度の役目をしていて細胞の取り込み口⇒トランスポーターという所からドンドンとブドウ糖を取り込んでいるのです!【インスリンには細胞のアンテナ「糖鎖」はついていないので受けての細胞の糖鎖⇒”インスリン受容体”!】アンテナ=糖鎖の感度が悪くなるとブドウ糖は血中に流れて赤血球に取り付いて、120日間ランデブーをするのです!この血中の数値⇒ヘモグロビンA1Cが血糖値履歴?と言われる所以です

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo←≪”ヤヌスの神”≫


ジャヌビア」という名前は、「ローマ神話に登場の神!ヤヌス⇒【JANUSと言って≪入り口&出口≫≪前&後≫の門を持つ二面性の神⇒門の守護神」とビア⇒【via】=経由という単語をつなげて命名したそうです!この新薬は、血糖値の調節において正反対の働きを持つ2つのホルモン、【インスリン】と【グルカゴン】の量を調節することで効果を示すことから、この「正反対の働きを持つ2つのホルモンを調節する作用をジャヌビアの命名者がなぞらえたのでは,ないか?とサイトにあったそうです・・・・・


| | Comments (2) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪総力報道≫≪中岡亜希≫≪署名活動≫≪遠位型ミオパチー≫ 

Banerealswitchheader
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

■中岡亜希さんの新刊本「死なないでいること、生きるということ」・・・売上げの一部が活動資金になるそうです≪ただし、SORDホームページからの購入!≫
O0129018611736320554

昨年の今頃でしたね? 『 ニュース23 』 の特集で放映されはじめて【遠位型ミオパチー】という病名を知ったのですが!100万人に1人がなるといわれる希少疾患が突然、身にふりかかってしまった・・・・

中岡 亜希さんの近況(今年33歳)とこの希少疾患の特集を、昨日のTBS「総力報道=The News・・・終了しましたがね!」で放映していました!⇒【ニュース23

百聞は一見にしかず


手足に力が入らなくなっていることを自身気がついては?いたのでしょう?客室乗務員だった中岡さんはフライトの同僚から『歩き方がちょっとおかしいね』って言われたり、フライトサービで提供する紙パックのジュースの開け口を指でひきちぎることが、難しくなってきている・・・

Image007

そこで初めて自分の体調の変化を自覚!診断を受け精密検査の結果がこの病名だったのです!(この時、憧れだった客室乗務につき始めた25歳!・・・夢、まさにこれからと・・・)

昨日の「総力報道=The News」では客室乗務員をやむなく引退した後、中岡さんの、この希少疾患に患う人(400人とも500人とも)と一緒に国の特定疾患の認定を受けるべく

Aphoto_2

また国の支援(治療法&治療薬等の研究開発)を受けるために開始した署名運動の(18万人を超えていますが、中岡さんのブログ内からオンライン署名が出来ます!ココまで読まれた方は、是非ともサインを願います!


Photo_4

2009年中岡亜希さんのブログが引越しして再開されて、そこに昨年6合目で自然の力【天候の悪化】には立ち向かえず断念した富士山頂踏破も今月30日に「為せばなる・・・・」でやり遂げた様子がブログの書き込みにありました⇒そのブログ【空と向日葵(ひまわり


20100730_1577153

富士山頂での満面の笑みの「中岡亜希」さん!後ろでシッカリサポートしているのは優しさあふれる妹さんでしょう?

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

原因不明の、この【遠位型ミオパチー】!ここまで、妹として、ヘルパーとして、時には親のような気持ち?で接してきた妹さんも、最近になって、この希少疾患に罹病している事を告知された【なんとはかない事か】解明はされていないが、両親の特定の遺伝子に変異がおこり、突然、生み出されると見られているとはいえ・・・それにも拘らず、一所懸命、明るく振舞い姉の介護をしている様子

Photo

そして、この疾患への創薬に向けて、10年後には治療薬として出てくる!10年後まで、何とかリハビリを続け、中岡さんは、その夢は夢で、現実を見据えれば、筋肉の働きはままならないことは事実!

Photo_3

今年、自身のためにも、今はまだ症状は出ていないとはいえ、大切な妹のため、疾患と必死に闘っている人のためにも、力と勇気と希望と夢とを、もってもらうことを信念として、富士山への登頂に挑戦した模様も映じていました!


Photo_5

読売新聞(2010・8.18)=中岡さんが代表の会社のメディア情報≫

山頂付近の天候思わしくなく、残念ながら、今年は中止と・・・・断腸の思いでリーダーの涙ながらの映像が、中岡さんの夢の実現をお仲間が願っていた様子が伝わりました

Photo_2

富士山登頂の発端は子供達のこんな”一言”からだった⇒『亜紀ねえちゃんに山の上から星を見せて上げたい!』・・・・2009年8月26日の産経新聞より


「中岡さん!来年をまた目指せますか?来年また着ましょう!」の言葉に、中岡さんは明るくも、元気に、また朗らかに、うなずき、決意をしていたのでしょうね?

Ahumb5

天候の許せる6合目付近に登り、そこで観るパノラマは、中岡さんにとって、かつて日常的に観ていた、飛行機の下の富士山にかかる、雲の間から垣間見えるパノラマ以上だったことでしょうね

Photo_2

中岡さんの目が、いつになく輝いていたのではと想像するに過ぎませんが!中岡さんにだけ映った大パノラマだったのでは・・・・・・

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

≪新聞記事がありました≫

【命ときめし日に】・・・存在しない病
10127261722_310127261727


                      =中岡さんのブログより=

Aaigtrmages


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪若い女性の多発性硬化症 !≫≪難病も正しい栄養で・・≫【報告事例】パート④

Baner

Photo_11

12月8日のGooのヘルスケアー「健康と医療」に東京女子医科大学医学部の清水優子先生の下記取材協力記事が・・・以下抜粋


Brain2


若い女性に多発性硬化症≪神経疾患≫が増えてきているそうです!多発性硬化症(MS:Multiple Sclerosis)という病気、原因不明で、脳や脊髄の神経系が障害を受け、体のさまざまな部位に影響を及ぼすらしく、また次第に症状が進行する慢性疾患病ということです

適切な情報がなく、病気への認知度が低い、周囲の理解が得られない上に根治薬もなく早期診断・早期治療と言われています!しかし、患者数は確実に増え続けている。   【もっと読む】!

Photo

この病気のはっきりした原因はまだわかっていません、おそらくウイルスや細菌から体を守るリンパ球などの免疫系が、何らかのきっかけで、脳や脊髄の中枢神経系や視神経を攻撃するようになるのではないかと考えられていて、このように、本来、体を守ってくれる免疫系の異常による病気を「自己免疫疾患」といいます。

免疫を高めてくれるという、ある栄養素を摂った事でこの多発性硬化症それも突発性の症状から数ヵ月後に回復したニュースがネバダのウーマン=WOMAN」と言う雑誌に報じられ、そしてテレビニュースでも報じられたのです!ジャクリン・パーマーさんという24歳で結婚したばかりだと言うのに・・・・

Photo

その模様がYou Tube で見ることが!

【動画と写真を見る前のプレゼンテーションです!】

2月ごろに結婚を控えていたパーマーさんは突然体の至るところに変化が生じたのです、右手が内出血でも起こしたように紫色に成って腫れあがり、冷たくなって痺れてもきました。右足が動かず歩くことが出来ません。最初は杖を使い、その後は歩行器を最終的には車椅子に乗ることにもなりました!

Thumbnailserver2


主治医のブレイン・パーセル医師はパーマさんの症状からして多発性硬化症(MS)と診断しました。その5ヶ月の間には、症状の改善もままならず、友人とも家族であっても会いたくないと鬱状態にもなっていた時に、パーマーさんは依然聞いたことのあるテキサスにある

Photo_3

人から奨められたある栄養素というものを、パーセル医師に見せました!医師は最初見たとき「それは何なのですか?」と尋ねましたが、ボトルのラベルを読んで決断をしました。医師はパーマーさんに、その栄養素を摂らせることにしたのです!そして

Jaclyn1123x167

7月12日:朝8時、元気なパーマーさんは目覚めたときに足が伸ばせることに驚きを感じました【映像で字幕12日の日付が】

7月14日:昼12時55分、レストランの身体者障害パーキングスペースからは杖を使って食卓テーブルにつくことが出来たのです!記念すべき日かもしれませんね!

7月16日:杖も誰の支えもなく、歩くことが出来ます【画像でもしっかりと歩いています】

Jaclyn2110x165

7月20日:なんと!なんと!パーマーさんはジムに行ってウォーキングマシーンでトレーニングに励んでいます【写真で見てください】       

【5年ほど前にダラスで起きた実話】

フィッシャー医科学研究所の出版誌「プロセーディング」と「Sugars That heel」にパーマーさんの回復のことが掲載されています!

P_vol2no1big
P_vol1no1big


字幕で、この栄養素がこうしたことの可能性を持っていることを、他にも4つの病名をあげてコメントしています!「自己免疫性疾患」「キャンサー=ガン」「心臓疾患」「不妊症」に対して

≪如何です?なくてはならない栄養が奇跡を起こしているのではありません!奇跡は正しい栄養に支えられた人間のからだの中にあるのです≫

Fda

* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

≪アンビットの新聞紙上記事≫ | ≪アンビットの登録≫ | ≪アンビットのQ&A≫ | ≪アンビット・エナジーについて動画で・・・≫ | ≪アンビット・エネルギー(Ambit Energy)≫     | ≪アンビット・・・=ペイジーの支払い方法≫ | ≪アンビット創業≫ | ≪アンビット概要ビデオ≫ | ≪アンビット登録方法≫ | ≪供給地点特定番号≫ | ≪切り替えのお手伝い≫ | ≪安くなるカラクリ?≫ | ≪新電力を創り出す新テク!≫ | ≪新電力会社の販売ランキングで≫ | ≪経済産業省の作成の公開ビデオ≫ | ≪講演会・・・アンビット主催≫ | 【がん・ガン・癌のはなし】 | 【アセア=ASEA-自己治癒力】 | 【アセア=ASEA】 | 【アメガワンド】 | 【アルツハイマー・認知症】 | 【インフルエンザ】 | 【エネルギー問題】 | 【オリンピック&スポーツの祭典】 | 【グーグルの凄さ】 | 【サプリメントウオッチ】 | 【スーパーボウル】 | 【ドッキリ=フラッシュモブ】 | 【フェルメールの画】 | 【フラッシュモブ】 | 【ミトコンドリア】 | 【レドックスシグナル】 | 【ワイン・ワイナリー】 | 【中村天風】 | 【仮想通貨&貨幣論】 | 【伝説スピーチ】 | 【偶然が生み出す発明&発見】 | 【免疫反応・応答反応】 | 【再生医療・幹細胞】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医食同源】 | 【原理原則】 | 【子供に影響を与える栄養】 | 【宇宙・科学・物理】 | 【放射能・原発問題】 | 【日本の領土・・古事記】 | 【日本ハムファイターズ】 | 【日本野球連盟】 | 【時の話題・はなしのネタ】 | 【有名・著名・芸能人の訃報記事】 | 【未曾有の大震災】 | 【栄養・食べもの】 | 【植物ってえらい!植物ってすごい!】 | 【歌川国芳の浮世絵三昧】 | 【母乳】 | 【気になる・お肌のはなし】 | 【気になる本・書籍】 | 【水に関する話】 | 【水・・・電子レンジ】 | 【法王を決めるコンクラーベ】 | 【注目のエネルギー】 | 【注目のテクノロジー】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【浮世絵・艶(え)本】 | 【知って得する話】 | 【科学の文献資料】 | 【科学の検査データ】 | 【糖尿病・肝炎・難病・奇病】 | 【糖鎖】 | 【細胞のお話】 | 【美術館めぐり】 | 【脳梗塞・脳疾患】 | 【自然界の神秘】 | 【自閉症・発達障害・ADHD】 | 【著名な作家・書家・画家】 | 【著名な科学者たち】 | 【話題のTV番組放送】 | 【認知症・アルツハイマー】 | 【誰しもが飲む水の話】 | 【警告!警鐘!】 | 【金貨のプレゼント】 | 【長寿の秘密】 | 【鳥インフルエンザ特集】 | 【黒猫マウキー】 | 【ASEA・・・アスリート】