【糖尿病・肝炎・難病・奇病】

≪情報や本舗≫≪C型肝炎患者≫≪コーヒーで!≫≪疾患の進行を遅らせる≫パート②

Photo

Photo_4【メルアド】ここをクリック!

                   □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


コーヒーを飲んでいる人は肝臓がんの死亡率<が低いという疫学的研究結果が日本や欧米の研究グループから多数報告された

Photo_2


、コーヒー摂取と肝臓がん発症リスクとの関連について検討した10件の研究(肝臓がん患者2,260例)のメタ解析を行った結果が2007年にイタリアの研究グループから報告されています。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ≪画像の解説≫


図:C型肝炎ウイルスの持続感染により、肝細胞の壊死と炎症が起こり、次第に肝臓の線維化(結合組織の増殖)が進行して肝硬変になり、さらに肝臓がんが発生する≫


Ffa5041435fe9d8eb519b648f2b5ec9a【画像をクリックして下さい!】


コーヒーを多く飲むとC型慢性肝炎の進行や肝臓がんの発生が抑制される【進行速度が遅くなる】ことが報告されている、


■画像&もっと詳しくは⇒コチラのサイトから

パート①でも書き込みのコーヒーに含まれる「アラビノガラクタン」や「アラビノマンナン」に由来する多糖類やオリゴ糖類が作用するのではないかと考えられません?


Photo_3

コーヒー豆に10%以上含まれるアラビノガラクタン、このアラビノガラクタンの腸内細菌の増殖に対する影響、それは特定のビフィズス菌を増殖させる効果があることを発見しましたと(この成果は日本食品微生物学会で論文にて報告しています)
Photo

補完栄養素に含有の西洋カラマツ由来の「アラガラクタン」!が腸管でシッカリと腸内細菌によって分解吸収されていると「スクリプス研究所で証明されたことも改めて特筆しておきます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪C型肝炎患者≫≪疾患の進行を?≫≪コーヒーで遅らせる≫パート①

                 
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Barner_4

Photo_4【メルアド】ここをクリック!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2009oct29hhno1

2008年5月に【膵臓ガンのリスクを「コーヒー」が!=大腸ガン&肝ガンも?=】2002年頃からコーヒーを飲むと血糖値を正常に保つインスリンの働きが活発になる?と書き込みをしていましたが、つい先週の29日に今度は>「コーヒーを飲むと、慢性C型肝炎患者の疾患の進行を遅らせることが新しい研究により判明した!」とアメリカの医学誌「Hepatology(肝臓学)」11月号に掲載されました(2009.10.29掲載)

Photo

米国疾病管理予防センター(CDC)によると、米国で300万人以上(世界人口の2.2%)がHCVに感染している。米国ではHCVが肝移植の主要な原因となっており、毎年8,000~10,000人が死亡しているそうです


この研究では、患者766人を対象に、コーヒー、緑茶および紅茶の摂取についてたずねるとともに、3カ月ごとの診察を約4年間実施したほか、18カ月目と3.5年目に生検を行い肝疾患の進行を調べた。その結果、1日に3杯以上コーヒーを飲む患者は、コーヒーを飲まない患者に比べ肝疾患の進行がみられる確率が53%低かった・・・と!この詳細は⇒【HealthDay News より】

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


Data

どうしてコーヒーが、このような疾患に対してガンのリスクを軽減したり、疾病の進行を遅らせるのか当ブログの【膵臓ガンのリスクを「コーヒー」が・・・】でも書き込みしましたが!コーヒーに含まれる「アラビノガラクタン」や「アラビノマンナン」に由来する多糖類オリゴ糖類が作用するのではないかと考えられません?。今でも多くのがん患者が使用している「丸山ワクチン(SSM)」の有効成分が「アラビノマンナン」です


Photo_2

生体に対する糖鎖による免疫賦活作用については無数の研究結果が検証されています。大和薬品のバイオブランのアラビノキシランという糖鎖、丸山ワクチンのアラビノマンナン、牛結核菌(BCG)のアラビノガラクタン、そしてこのブログで再三紹介の「糖質栄養素」の開発会社の製品に含まれるアラビノガラクタンなどは免疫賦活作用が証明されています

コーヒー・免疫賦活剤と言えば、”UCC”の上島コーヒーが2006年に技術開発発表をしていました⇒【ここをクリック!また「免疫賦活剤とその製造方法」で特許出願も同時にしていましたコーヒー抽出物がアラビノガラクタンを含有する抽出物である免疫賦活剤であるこの免疫賦活活性が、マクロファージなどの免疫担当細胞の増殖促進に由来することを特徴とする⇒【詳細はコチラ!】

Photo_3

ここからの2007年12月のUCC上島コーヒーが神戸大学との共同研究発表「コーヒー豆由来アラビノガラクタンビフィズス菌増殖効果を発見!」多糖類コンプレックスに含有の西洋カラマツ由来「アラビノガラクタン」が腸管でシッカリと腸内細菌によって分解吸収されていると「スクリプス研究所で証明されたことと非常に関連する発表だったのではないでしょうかね?

Photo_4

コーヒー豆に10%以上含まれる水溶性多糖類の一種であるアラビノガラクタン、このコーヒー豆由来の多糖類の生物活性については今までほとんど明らかにされていなかったのですが、今回、アラビノガラクタンについて注目し、アラビノガラクタンの腸内細菌の増殖に対する影響、それは特定のビフィズス菌を増殖させる効果があることを発見しましたと(この成果は日本食品微生物学会で論文にて報告しています)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖尿病新薬≫≪メルク≫≪ジャヌビア≫≪インスリン≫≪WBS≫                           テレビ東京のニュース番組で・・・

Photo_222010年9月に万有製薬が糖尿病新薬「ジャヌビア」の講演会に参加した医師325人謝金を支払いしたことで、公正競争規約違反で警告を受けた

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

BarnerAseamolecules1

もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Januvia28

10月21日、小谷真生子がキャスターを務める「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京系)で日本の糖尿病市場の特集がありました。

現在、日本の糖尿病患者数は900万人ともいわれ、その予備軍を含めると、2000万人かとも?世界ではと言うと、糖尿病全患者数は2.85億人、2030年に4.35億人を超える恐れがあると予想されているとコメント!

番組内では、厚生労働省がアメリカのメルク社の経口糖尿病治療薬「ジャヌビア」を承認した(10月16日)ことを、そして販売はメルクの日本子会社=万有製薬が!メルク社といえば、10年ほど前には世界で最大の製薬メーカーでしたが、現在は8番目だそうです。【年内にはM&A?同業大手の経営統合で第2位の予想も】

232

売上高 2,419,770万ドル(2007年) 従業員数約62,600人 の詳細はクリック⇒ コチラ


【日経プレスリリース:万有製薬、経口糖尿病治療薬「ジャヌビア」の製造販売承認を取得】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

20090611hjc6b000_11

糖尿病の患者数が急速なスピードで増えていて、糖尿病は世界的な問題ともなっていて今回承認された糖尿病治療薬⇒新薬の「ジャヌビア」は【スピード承認だったともコメントしていました】治療が必要な人にとっては朗報でしょうね?


糖尿病は一昔までは「成人病」そして今は、「生活習慣病」!この疾患は名の通り生活習慣が適正でなかったために罹患したのであれば、その生活スタイル・慣れ親しんだ習慣を変えることで、元の体に!すなわち健康な状態になると言う事ですよね

Photo

健康な体は、健康な組織、その組織は健康なる器官、そして器官は健康な細胞からつくられるのですよね!糖尿病はエネルギー源としてのブドウ糖を細胞に取り込むときに必要なインスリン(ホルモン)がないか!はたらきが悪いか!【簡単に解釈するとね】が


Colum07_image02 ⇒【クリック画像!拡大】

実は「糖鎖」=細胞のアンテナがインスリンを取り込むアンテナの感度の役目をしていて細胞の取り込み口⇒トランスポーターという所からドンドンとブドウ糖を取り込んでいるのです!【インスリンには細胞のアンテナ「糖鎖」はついていないので受けての細胞の糖鎖⇒”インスリン受容体”!】アンテナ=糖鎖の感度が悪くなるとブドウ糖は血中に流れて赤血球に取り付いて、120日間ランデブーをするのです!この血中の数値⇒ヘモグロビンA1Cが血糖値履歴?と言われる所以です

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo←≪”ヤヌスの神”≫


ジャヌビア」という名前は、「ローマ神話に登場の神!ヤヌス⇒【JANUSと言って≪入り口&出口≫≪前&後≫の門を持つ二面性の神⇒門の守護神」とビア⇒【via】=経由という単語をつなげて命名したそうです!この新薬は、血糖値の調節において正反対の働きを持つ2つのホルモン、【インスリン】と【グルカゴン】の量を調節することで効果を示すことから、この「正反対の働きを持つ2つのホルモンを調節する作用をジャヌビアの命名者がなぞらえたのでは,ないか?とサイトにあったそうです・・・・・


| | Comments (2) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪総力報道≫≪中岡亜希≫≪署名活動≫≪遠位型ミオパチー≫ 

Banerealswitchheader
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

■中岡亜希さんの新刊本「死なないでいること、生きるということ」・・・売上げの一部が活動資金になるそうです≪ただし、SORDホームページからの購入!≫
O0129018611736320554

昨年の今頃でしたね? 『 ニュース23 』 の特集で放映されはじめて【遠位型ミオパチー】という病名を知ったのですが!100万人に1人がなるといわれる希少疾患が突然、身にふりかかってしまった・・・・

中岡 亜希さんの近況(今年33歳)とこの希少疾患の特集を、昨日のTBS「総力報道=The News・・・終了しましたがね!」で放映していました!⇒【ニュース23

百聞は一見にしかず


手足に力が入らなくなっていることを自身気がついては?いたのでしょう?客室乗務員だった中岡さんはフライトの同僚から『歩き方がちょっとおかしいね』って言われたり、フライトサービで提供する紙パックのジュースの開け口を指でひきちぎることが、難しくなってきている・・・

Image007

そこで初めて自分の体調の変化を自覚!診断を受け精密検査の結果がこの病名だったのです!(この時、憧れだった客室乗務につき始めた25歳!・・・夢、まさにこれからと・・・)

昨日の「総力報道=The News」では客室乗務員をやむなく引退した後、中岡さんの、この希少疾患に患う人(400人とも500人とも)と一緒に国の特定疾患の認定を受けるべく

Aphoto_2

また国の支援(治療法&治療薬等の研究開発)を受けるために開始した署名運動の(18万人を超えていますが、中岡さんのブログ内からオンライン署名が出来ます!ココまで読まれた方は、是非ともサインを願います!


Photo_4

2009年中岡亜希さんのブログが引越しして再開されて、そこに昨年6合目で自然の力【天候の悪化】には立ち向かえず断念した富士山頂踏破も今月30日に「為せばなる・・・・」でやり遂げた様子がブログの書き込みにありました⇒そのブログ【空と向日葵(ひまわり


20100730_1577153

富士山頂での満面の笑みの「中岡亜希」さん!後ろでシッカリサポートしているのは優しさあふれる妹さんでしょう?

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

原因不明の、この【遠位型ミオパチー】!ここまで、妹として、ヘルパーとして、時には親のような気持ち?で接してきた妹さんも、最近になって、この希少疾患に罹病している事を告知された【なんとはかない事か】解明はされていないが、両親の特定の遺伝子に変異がおこり、突然、生み出されると見られているとはいえ・・・それにも拘らず、一所懸命、明るく振舞い姉の介護をしている様子

Photo

そして、この疾患への創薬に向けて、10年後には治療薬として出てくる!10年後まで、何とかリハビリを続け、中岡さんは、その夢は夢で、現実を見据えれば、筋肉の働きはままならないことは事実!

Photo_3

今年、自身のためにも、今はまだ症状は出ていないとはいえ、大切な妹のため、疾患と必死に闘っている人のためにも、力と勇気と希望と夢とを、もってもらうことを信念として、富士山への登頂に挑戦した模様も映じていました!


Photo_5

読売新聞(2010・8.18)=中岡さんが代表の会社のメディア情報≫

山頂付近の天候思わしくなく、残念ながら、今年は中止と・・・・断腸の思いでリーダーの涙ながらの映像が、中岡さんの夢の実現をお仲間が願っていた様子が伝わりました

Photo_2

富士山登頂の発端は子供達のこんな”一言”からだった⇒『亜紀ねえちゃんに山の上から星を見せて上げたい!』・・・・2009年8月26日の産経新聞より


「中岡さん!来年をまた目指せますか?来年また着ましょう!」の言葉に、中岡さんは明るくも、元気に、また朗らかに、うなずき、決意をしていたのでしょうね?

Ahumb5

天候の許せる6合目付近に登り、そこで観るパノラマは、中岡さんにとって、かつて日常的に観ていた、飛行機の下の富士山にかかる、雲の間から垣間見えるパノラマ以上だったことでしょうね

Photo_2

中岡さんの目が、いつになく輝いていたのではと想像するに過ぎませんが!中岡さんにだけ映った大パノラマだったのでは・・・・・・

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

≪新聞記事がありました≫

【命ときめし日に】・・・存在しない病
10127261722_310127261727


                      =中岡さんのブログより=

Aaigtrmages


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪若い女性の多発性硬化症 !≫≪難病も正しい栄養で・・≫【報告事例】パート④

Baner

Photo_11

12月8日のGooのヘルスケアー「健康と医療」に東京女子医科大学医学部の清水優子先生の下記取材協力記事が・・・以下抜粋


Brain2


若い女性に多発性硬化症≪神経疾患≫が増えてきているそうです!多発性硬化症(MS:Multiple Sclerosis)という病気、原因不明で、脳や脊髄の神経系が障害を受け、体のさまざまな部位に影響を及ぼすらしく、また次第に症状が進行する慢性疾患病ということです

適切な情報がなく、病気への認知度が低い、周囲の理解が得られない上に根治薬もなく早期診断・早期治療と言われています!しかし、患者数は確実に増え続けている。   【もっと読む】!

Photo

この病気のはっきりした原因はまだわかっていません、おそらくウイルスや細菌から体を守るリンパ球などの免疫系が、何らかのきっかけで、脳や脊髄の中枢神経系や視神経を攻撃するようになるのではないかと考えられていて、このように、本来、体を守ってくれる免疫系の異常による病気を「自己免疫疾患」といいます。

免疫を高めてくれるという、ある栄養素を摂った事でこの多発性硬化症それも突発性の症状から数ヵ月後に回復したニュースがネバダのウーマン=WOMAN」と言う雑誌に報じられ、そしてテレビニュースでも報じられたのです!ジャクリン・パーマーさんという24歳で結婚したばかりだと言うのに・・・・

Photo

その模様がYou Tube で見ることが!

【動画と写真を見る前のプレゼンテーションです!】

2月ごろに結婚を控えていたパーマーさんは突然体の至るところに変化が生じたのです、右手が内出血でも起こしたように紫色に成って腫れあがり、冷たくなって痺れてもきました。右足が動かず歩くことが出来ません。最初は杖を使い、その後は歩行器を最終的には車椅子に乗ることにもなりました!

Thumbnailserver2


主治医のブレイン・パーセル医師はパーマさんの症状からして多発性硬化症(MS)と診断しました。その5ヶ月の間には、症状の改善もままならず、友人とも家族であっても会いたくないと鬱状態にもなっていた時に、パーマーさんは依然聞いたことのあるテキサスにある

Photo_3

人から奨められたある栄養素というものを、パーセル医師に見せました!医師は最初見たとき「それは何なのですか?」と尋ねましたが、ボトルのラベルを読んで決断をしました。医師はパーマーさんに、その栄養素を摂らせることにしたのです!そして

Jaclyn1123x167

7月12日:朝8時、元気なパーマーさんは目覚めたときに足が伸ばせることに驚きを感じました【映像で字幕12日の日付が】

7月14日:昼12時55分、レストランの身体者障害パーキングスペースからは杖を使って食卓テーブルにつくことが出来たのです!記念すべき日かもしれませんね!

7月16日:杖も誰の支えもなく、歩くことが出来ます【画像でもしっかりと歩いています】

Jaclyn2110x165

7月20日:なんと!なんと!パーマーさんはジムに行ってウォーキングマシーンでトレーニングに励んでいます【写真で見てください】       

【5年ほど前にダラスで起きた実話】

フィッシャー医科学研究所の出版誌「プロセーディング」と「Sugars That heel」にパーマーさんの回復のことが掲載されています!

P_vol2no1big
P_vol1no1big


字幕で、この栄養素がこうしたことの可能性を持っていることを、他にも4つの病名をあげてコメントしています!「自己免疫性疾患」「キャンサー=ガン」「心臓疾患」「不妊症」に対して

≪如何です?なくてはならない栄養が奇跡を起こしているのではありません!奇跡は正しい栄養に支えられた人間のからだの中にあるのです≫

Fda

* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

≪アンビットの新聞紙上記事≫ | ≪アンビットの登録≫ | ≪アンビットのQ&A≫ | ≪アンビット・エナジーについて動画で・・・≫ | ≪アンビット・エネルギー(Ambit Energy)≫     | ≪アンビット創業≫ | ≪アンビット概要ビデオ≫ | ≪アンビット登録方法≫ | ≪安くなるカラクリ?≫ | ≪新電力を創り出す新テク!≫ | ≪新電力会社の販売ランキングで≫ | ≪経済産業省の作成の公開ビデオ≫ | 【がん・ガン・癌のはなし】 | 【アセア=ASEA】 | 【アメガワンド】 | 【アルツハイマー・認知症】 | 【エネルギー問題】 | 【スーパーボウル】 | 【ミトコンドリア】 | 【ワイン・ワイナリー】 | 【中村天風】 | 【伝説スピーチ】 | 【免疫反応・応答反応】 | 【再生医療・幹細胞】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医食同源】 | 【原理原則】 | 【子供に影響を与える栄養】 | 【放射能・原発問題】 | 【日本ハムファイターズ】 | 【時の話題・はなしのネタ】 | 【有名・著名・芸能人の訃報記事】 | 【未曾有の大震災】 | 【栄養・食べもの】 | 【歌川国芳の浮世絵三昧】 | 【母乳】 | 【気になる・お肌のはなし】 | 【気になる本・書籍】 | 【水に関する話】 | 【注目のエネルギー】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【浮世絵・艶(え)本】 | 【知って得する話】 | 【糖尿病・肝炎・難病・奇病】 | 【糖鎖】 | 【脳梗塞・脳疾患】 | 【自閉症・発達障害・ADHD】 | 【長寿の秘密】 | 【鳥インフルエンザ特集】 | 【ASEA・・・アスリート】