【自閉症・発達障害・ADHD】

≪情報や本舗≫≪増え続けるリタリンの乱用?≫≪クローズアップ現代≫≪向精神薬≫

02
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

2007年の情報や本舗≪自閉症について調べてみよう!≫で向精神剤の一つ「リタリン」の書き込みをしていますが、6年たった今でも増え続け、そして使われ続けていることに多くの疑問を感じるわけなんです

Aaalogo_01

10年以上も前からアメリカの小学生に使われ始めた問題提起されているというのに、何故か日本の医師らもここ数年使用し始めているようです。その副作用からつい先週のNHKクローズアップ現代で”くすり漬けになりたくない”というタイトルで特集していたのが2012年6月13日


News4

≪これは、別途書き込みするとして、スイス・インフォという日本版ニュースに「増加の一途をたどるリタリン消費」という記事の掲載があった≫・・・・以下抜粋して


注意欠陥・多動性障害 ADHD と診断された児童は集中力に欠け、何を始めても最後までやり抜くことができなかったり、また児童のほとんどが衝動的な行動を取る。

Aaimages



リタリンはADHDを持つ児童に処方されている。服用することで物事に集中できるようになり、「脱線する」ことが少なくなるからだ」


Aaphoto_4

≪だからアメリカでは、ダンプでリタリンを小学校に荷下ろしする風刺漫画まで出る始末・・・情報や本舗≫


多動症・注意欠陥生涯(ADHD )の治療薬リタリン ( Ritalin ) の生産は、過去10年間で約10倍 になった。近年は集中力を高めるためのドーピング剤やパーティ用のドラッグとして乱用されている。

Aaaaa

特記として医療従事者の書き込みがある

■≪成人にとっては注意力散漫が問題であって、多動性が問題ではない ≫ ・・・・・ダニエル・バース氏(ソロトゥルン 州小児青年精神科主任医)

■≪ リタリンを使用しても、大抵、1度か2度試すだけに限られる ≫・・・・・アレクサンダー・ビューヒェリ氏(社会福祉援助青年相談)


リタリンの原料、メチルフェニデート ( Methylphenidat ) の需要は、1999年以来スイスで約10倍になったとスイス治療薬研究所 ( Schweizerisches Heilmittelinstitut ) の担当者、ヨアヒム・グロース氏は説明する。一方、スイスの製薬会社ノバルティス ( Novartis ) 社は具体的な数値を公表することを控えている。

1413016_s


■【リタリン】 ( Ritalin ) ■

1944年に初めてリタリン ( Ritalin ) に含まれる作用物質のメチルフェニデート ( Methylphenidat ) がスイスの製薬会社( 現)ノバルティス社/Novartis ) の社員、レアンドロ・パニッツォン氏によって合成された。

当時は新開発された薬剤を自己試験するのが通例だったため、パニッツォン氏と妻のマルギューリが服用していた。

夫妻はテニスの成績が改善したことでこの薬剤の効果を確信。その後、薬品は妻マルギューリのニックネーム「リタ」に因んでリタリンと名付けられ、1954年よりドイツ市場で販売された。

メチルフェニデートは刺激作用や興奮作用があり、疲労や心理的抑制を取り除く効果がある。そのほか、短期的に運動能力を高め、筋肉痛や疲労といった知覚シグナルを次第に取り除き、食欲を減退させ、幸福感を満たす作用がある。長期間の服用は中毒になる可能性があるが、身体的な依存反応はない。


Atomgen

リタリンは時にスポーツ競技のドーピング剤として使用されているが、、スポーツなど競技で好成績を挙げるための薬物を投与!その他の物理的方法を採ること!はオリンピック、競馬など全ての競技で使用が禁止され、違反行為となる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ダウン症候群≫≪PDRの掲載情報⇒ダウン症≫≪補完栄養素≫

Barner_2


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo_7

「PDR」⇒米国医師用卓上参考書に「ダウン症候群≪原文≫」について【何が、ダウン症候群を引き起こしますか?】&【ダウン症候群の徴候と症状は、何ですか?】&【どのように、ダウン症候群は治療されますか?】&【どこで、私はサポートされると言う事と詳細な情報を見つけることができますか?】といったことを分かりやすく記載されているので参考になればと要訳を列記します≪日本語の可笑しいところはご勘弁を!≫

Tn_mailbox_150_150≪以下読まれる前に「PDR」とは?⇒【コチラ


ダウン症(また、ダウン症候群と呼ばれている)は、染色体の数で問題に起因する状態です あなたの子供が余分の染色体数21を持つとき、ダウン症候群は起こります。これは、あなたの赤ちゃんには生まれて、彼の人生の残りの間ある状態です。それは、しばしば精神遅滞(学習に関する問題)と他の健康問題を引き起こします

Photo_3

通常、人の体の中のほとんどあらゆる細胞は46の染色体があります。そして、23の一組(各々のうちの2つ)で準備されます。性細胞(例えば精子と卵)は、各々23の一つの染色体だけがあります。受精(精子と卵が会うとき)の時点で、各々の親からの23の一つの染色体は、結び付きます。一旦卵と精液が出会うならば、細胞は新しい細胞を分けて、形成し始めます。そして、後であなたの子供に成長します。ダウン症候群で、間違いは3つの染色体数21を引き起こしている受精の間、または、の直後に起こります。これは、トリソミー(Trisomy) 21とも呼ばれています。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo_4

■【何が、ダウン症候群を引き起こしますか?】

あなたが、あなたの子供がダウン症候群の兆候を見せることに何かをした訳ではありません!誰しもがダウン症候群の兆候原因の要因を持っています。女性の年齢が高くなるにつれて、ダウン症候群の子を産む確立は増加します。あなたの子供のダウン症候群は、以下のどれを通してでも起こったかもしれません

Photo

ダウン症候群 では22対の常染色体のうち21番以外の染色体は全て正常な2本組だが、21番染色体だけは3本組(トリソミー)になっており、これがダウン症候群を引き起こす原因で「トリソミー21」と言われる所以である

Photo_2

■【ダウン症候群の兆候と症状は、何ですか?】

新生児はおとなしく、めったに泣かず、筋弛緩低下の傾向があります、

≪顔≫ダウン症候群の子供は目線が上へ傾斜する傾向があります、そして、目の色のついた部分⇒(虹彩)に、小さな白い発疹があるかもしれません。彼の鼻頭は、平面的で、あごは小さく、舌診では・・・シワが多く、中心溝がなく、大きな舌がはみ出て、口は普段でも開き気味のままとなることが多い。 、

≪成長と発育≫ダウン症候群の子供には、年齢のわりには、学習問題が?身体及び精神の発達が遅れ、IQ(知能指数)は50以下 の場合が多く見られるようだ ?それと歩くこと!話すこと!読むこと書くこと!が他の子供たちより、ゆっくりとしているかもしれません。


Photo_5

≪手と足≫ヤシ実の中央を走って横切る一つの深いしわのように、ダウン症候群の子供には、手のひらに見られる兆候【手のひらにはシワが1本(猿線)のことが多い】。指は短く、指の関節が2つしかないことが多い。足は通常、5本目の指は曲がり気味で短いです。つま先は短くもあるかもしれなくて、第一趾および第二趾の間の隙間が広く、足の底にあるシワが足の後方まで続く

≪頭と首≫ダウン症候群の子供は、背中でわずかに平らである、小さな、丸い頭があります。クビの後ろ周りに過剰な皮膚がみられることが多い。

≪筋肉≫ぐったりした筋肉で、ダウン症候群の子供は、ゆるい間接を持っています。


≪ダウン症候群の子供の合併症≫血(例えば白血病)の病気、目、歯茎、口、副鼻洞または肺の感染症など

■【どのように、ダウン症候群は診断されますか?】  赤ちゃんが生まれる前に、ダウン症候群と診断されるかもしれません。介護者は、以下の一つ以上のテストをするでしょう

≪羊水穿刺≫このテストは、羊水で見つかる赤ちゃんの細胞をチェックします。羊水は、胎児(子宮の内側の赤ちゃん)のあたりの流体です。超音波で、介護者は皮膚と子宮を通して挿入される針を使っている流体サンプルをします。サンプルは、それからテストのために研究室に送られます。

≪血液検査≫異なる血液検査は、赤ちゃんがダウン症候群がありそうかどうか調べるためにされます。

≪絨毛膜絨毛サンプリング≫このテスト(また、CVSと呼ばれている)は、胎児で問題について調べます。超音波を使って、介護者は胎盤(母と赤ちゃんをつないでいる子宮の組織)からサンプリングします。細いチューブは膣と頸部(子宮の一番下の部分)を通して、そして、胎盤に挿入されます。サンプルズも腹部(胃)を通して、そして、胎盤に細い針を置くことによって集められるかもしれません。サンプルは、それからテストのために研究室に送られます。

≪胎児の超音波≫このテストは、胎児のモニター画像を観るために、音波を使います。若干のゼリーのようなローションは、腹部に置かれます。小さなハンドルは、ローションによって、そして、腹部の皮膚全体に穏やかに動かされます。あなたは、テレビのようなスクリーンで赤ちゃんの画像を見ることができます。介護者は赤ちゃんの年齢を学ぶことができて、彼がどれくらい速くなっているかについて見ることができます。赤ちゃんの動き、心拍数と位置は、見られることができます。介護者は、ダウン症候群で見つかる赤ちゃんについて物事を見ることもできるかもしれません。

一旦赤ちゃんが生まれるならば、介護者はその時点で、赤ちゃんを見ることによってダウン症候群があるということを認識するかも知れない。あなたの子供の介護者は、診断を確認するために、あなたの子供の特別な実験をするかもしれません。染色体分析は、介護者があなたの子供の染色体を見るのを確認する血液検査です。


Photo_6

■【どのように、ダウン症候群は治療されますか?】

ダウン症候群のための治療はありません。処置は、最高のものへと彼の能力を引き上げてあなたの幼児使用を助けて、促すことを含みます。あなたは、あなたの子供に彼の成長と発育をサポートしてくれるかもしれない専門家(作業療法士)を含む異なる介護者に会わせることで、特別のプログラムでもってまたは特別の学校に置くかもしれません。他を扱って、支配して、健康問題も、重要です。あなたの子供は、以下の一つ以上を持つかもしれません:

≪作業処置を助けること≫これは、補聴器・酸素マスクとかを含むかもしれません。

≪薬≫子供は、心臓疾患を治療するか、発作(痙攣)をおさえるか、感染症と戦うために、薬を必要とするかもしれません。

≪治療≫これらは、身体検査(職業的な)と言語療法を含むかもしれません。理学療法士は、特別なエクササイズであなたの子供を手伝います。これらのエクササイズは、彼の骨と筋肉をより強くするのを助けます。作業療法士は、あなたの子供が彼自身の世話をすることがよりよくできるようになるのを手伝うかもしれません。技術、例えば入浴すること、ドレッシングと食べ物は、教えられもするかもしれません。言語療法士は、彼が話すか、正しく唾をのむのを援助するために、あなたの子供と働くかもしれません。

≪手術≫手術は、医学問題(例えば心臓の欠陥、ブロックされたか不完全な腸または骨訂正)を修正するために必要かもしれません。

■【どのように、私はダウン症候群で私の子供の世話をすることができますか?】

あなたの子供のダウン症候群を防がなかったということを知っていることは、重要です。ダウン症候群で特別な子供を持つったことでためらわないでください。以下は、彼を助ける両親が彼の状態に対処してすることができることなのです

≪常に、あなたの子供を定期的に医学療法を受けられるところへ連れて行ってください≫子供の医学療法を逃さないでください。そのときに、子供を介護者へ連れて行くことは、健康にしておくのを助けます。子供自身の人生でいつでも得ることができた多くの医学問題が、あります。定期的な試験とテストをすることは、介護者があなたの子供には処置を必要とする問題があるかどうかわかっているのを援助します。多くの場合に、彼の問題が見つかって、早く扱われるならば、あなたの子供の健康はよりよいかもしれません。

≪常に、予防接種をさせてください≫予防接種のためにあなたの子供を彼の介護者へ連れて行ってください。あなたの子供が簡単に感染症にかかるかもしれないので、彼がこれらのショットに彼の健康を保護させることは重要です。

あなたの子供の状態について学んでください≫ダウン症候群についてシッカリと読んでください。子供のことで介護者に状態の影響について尋ねてください。あなたがよりダウン症候群とその問題を知っているほど、あなたはよりよく子供を助けることができます。ダウン症候群子供がいるならば、もう一人の子供をもうける前に、介護者と話してください。

≪子供に人と交流する方法を教えてください≫どんな赤ちゃんまたは子供とでも通常するだろうすべてのことをこころ見てください。子供を家族旅行へ連れっていってください。本を読んだり、子供に合わせて歌を唄ってください。一緒に、あなたの子供の足を道具に、手と足を使わせる活動をしてください。何度も何度も繰り返してしてください。子供を特別な学習プログラムに入れてください。これらのプログラムは、ダウン症候群赤ちゃんと子供たちが育って、する方法を学ぶのに役立ちます。

≪あなた自身とあなたの子供に対する支持を見つけてください≫ダウン症候群子供がいる多くの家族が、あります。彼らと話すことは、あなたがあなた自身の感情を調査するのを援助するかもしれません。あなたがしている方法とあなたの家族が調整された方法について他の人と話してください。たくさんの質問をしてください。あなたがあなたの子供を気にかける重荷がひどすぎるのを感じるならば、介護者と話してください。

■【どこで、私は支持と詳細な情報を見つけることができますか?】

ダウン症候群で子供を持つことは、あなたとあなたの家族の生活状況が変わっています。子供がダウン症候群であることを認めることは、難しいです。あなたの近くのあなたと人々は、混乱したか、怒っているか、悲しいか、怖いか、無力であると感じるかもしれません。両親として、あなたはあなた自身を非難するかもしれなくて、あなたが間違った何かをしたと思うかもしれません。これらは、通常の感情です。あなたの感情についてあなたの介護者、家族または友人と話してください。あなたは、支援グループに加わりたくもあるかもしれません。

詳細は以下に連絡してください

米国小児学会・国家ダウン症候群会議・全国ダウン症候群協会

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ダウン症≫≪発症のメカが治療法につながるか?≫≪補完養素≫≪北海道新聞記事≫

02


Photo

2009年12月25日クリスマスの日「北海道新聞=朝刊」に≪先天性疾患「ダウン症候群」が発症するメカニズムに、細胞内にある21番目の染色体【トリソミー21】から作られる酵素が関与する【酵素をかたちづくる役目も糖鎖のは重要な役割のはたらきの1つです】ことを

Logosmoking_kills

≪世界で初めて突き止め、米科学誌に発表した≫と研究発表したのは北海道大学遺伝子病制御研究所の「野口昌幸教授」で今回の画期的な発見は、発がんのメカニズムを研究する中でのヒントがあった!【研究には偶然の発見が多いですよね!】

□北海道大学のプレスニュース⇒【コチラPDF

Zouki


「分子生物学」という最先端の情報に触れ、研究にはアメリカ!と渡米90年米国国立衛生研究所(NIH)98年米はバード大医学部助教授を経て現在北大にて、この発見からの研究を進めている!


ダウン症候群では、若年性アルツハイマー病や白血病などの合併症が高い確率で発生することが知られており、発症メカニズムの解明で、合併症治療に役立つことでの期待は大きい【この詳細記事はクリック!⇒共同通信

【合併症の多くは以下 ↓ ↓】
Photo_3

ほとんど合併症の無い場合もありますが、先天性心疾患(40%)特に心内膜欠損症、消化管の奇形(十二指腸狭窄、鎖こう)、白内症(2%)、急性白血病(1%)、一過性骨髄異常増殖症、環軸間接不安定性(2ー3%)、甲状腺疾患(3%)、点頭てんかん(10%)、眼の屈折異常(近視、遠視、乱視)、浸出性中耳炎など

染色体のお話

Photo_5【画像拡大でよくわかります】

私たちの体は小さく分けていくと、すべて細胞というひとつの基本単位に行き着きます。細胞はそのひとつひとつの中に私たちの体が生きてゆくために必要なそして、子孫を作るために必要な遺伝情報を持っています。

Photo_4

ヒトは、46本の染色体をもち、22対の常染色体と2本の性を決定する染色体からなっています(女性は2本のX染色体、男性はXY染色体を1本づつ持っています)染色体には、」番号が付いていて、21番染色体が3本あること【異状】から、「トリソミー21」と呼ばれる

Button_switch_now■右のお気に入りリンクに⇒≪補完栄養療法で診療をされている

ながの小児科【糖鎖栄養療法研究会メンバー医師】の詳細は・・・


89fdb64e0be437aa5eebf96302d0b845208

染色体の分裂がほんの僅か違ってしまった「ダウン症候群」が元に戻る事などありえません!ただし、糖鎖の栄養素!否どんな栄養素であっても、それらをきちんと補ってあげたときには驚くべき事が起こる事も決し否定できません!可能性は、誰にでも十分あります、ですから古来から食べ物によって、患った人が質の改善された生活を送っている多くの人々がいますよね!

Photo


かなり大袈裟かも知れませんが、現代最先端医療を凌駕してしまうほどの事が起こっても、何ら不思議ではないのですね。これが人間本来の力ですよね!必要な材料さえ⇒栄養素であっても、補完栄養素であっても、体に入れてあげると、人間の身体は、それをどう使うべきかという事を知っているのです

Twitter


⇒■■■ @tenboss ■■■


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪オバマ大統領≫≪医療のトップ項目に”自閉症スクリーニング"≫

Photo_5【2010年8月更新!】ある医療研究所での≪自閉症の臨床データ≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Header_3

Photo_6

【事実!】知見に基づく最新の糖質栄養学なのです、子どもたちの身体の健康・脳の健康を広めている故”七田真”さんの右脳開発による「七田式教育研究所」や”鈴木昭平”さんが始められた「エジソン・アインシュタインスクール」でも【糖鎖の栄養素】を摂りいれている、お子さんが多いようです

                   □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo

2006年アメリカの議会は自閉症対策法案【Combating Autism Act】毎日のように自閉症に苦しむ何千もの家族の日々の窮状認識しての疾患関連の画期的な法案だった!当ブログでも≪自閉症の新しいガイドライン=米国小児学会≫で書き込みしましたが、2009年9月にオバマ大統領は実践すべき医療のトップ項目に”自閉症スクリーニング”【選別検査】


大統領のホワイトハウス 24ポイントの政策リストの中に自閉症のことが入っています、4つの箇条書きにて自閉症との取り組みを次のように

Photo_2

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

■ 1.自閉症のための研究、待遇、治療、検査診断、国民意識の向上とサポートサービスのためのさらなる資金提供。

■ 2.自閉症の人々のための「一生涯のサービス」(子供たちの、また大人たちの)多くの両親は、自閉症児のために治療や診断の為にお金を払おうとするが、彼らの子供たちスクリーニング【選別検査】と治療の料金を払うのに苦労するため、この個人負担を少なくする

■ 3. 2006に制定されたCombating Autism法【自閉症の為の法律】のための、より多くの資金提供をします。


Photo_4

■ 4. 2歳児のうちから自閉症を見つけ出すために、すべての幼児に普遍的なスクリーニング【選別検査】による全ての乳幼児を再度診断し、自閉症を見つけ出すことを行います。この事はとても大事なことで、自閉症の子どもたちは両親・小児科医が心配事を口にしない限り、小学校入学まで自閉症への治療が行われない。早期の診断と治療がより早く始まるほど、それはより効果的なのですが、国のスクリーニング計画で見逃してしまうのです!こうした行動で子供の数を減らすことができます

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

簡単なチェックテストDefault

■アメリカでの自閉症診断がくだされる平均年齢は3.1歳!親が自閉症の兆候に気づいて医者の診断をあおいだにもかかわらず、「心配する必要はありません。」「考え過ぎです。」「もうちょっと大きくなるまで待ちましょう。」などと言われて、大切な時期を逃してしまうこともあります。リサーチによって、自閉症は早く発見され早く治療を始めれば始めるほど良いことが現在明らかになっています。

赤ちゃんが18ヶ月位になるまでに言葉の遅れなどから親が気づいたりしますが、以下は18ヶ月以前の自閉症の赤ちゃんに見られるかもしれない兆候です。アメリカ小児科アカデミー(APA)では2歳になるまでに二回、自閉症の検査をすることを薦めています⇒ここに「自閉症のチェックリスト」←”クリック”をご紹介します


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Cover_nature11

またこのような事で、政府と個人で加入している保険へのおおきな保証をすることもできるだろうし、最近の調査で、自閉症の親の52パーセントが、そのケアと治療の為に家族のためのお金を使い財政を逼迫していると答え!自閉症を持たない家族の13%程度の親が子供の病気やケアが家庭の財政を逼迫させると答えた、

Ad1

2006年に制定された法律(Combating Autism act)は5年間の間に自閉症の研究や治療リサーチ等に10億ドル【1.000億円】を供給するという事が決定されたが、【米国の経済事情もかさねっていることも加わってか?】まだ2億ドル【200億円】しか供給されていない。


Cover_nature3


疾病対策センター(The Centers for Disease Control and Prevention)は、9ヵ月18ヵ月&24ヵ月または30ヵ月に健康な赤ちゃんに対して自閉症の検査をすることを小児科医に勧めるのですが、多くの小児科医がそれらのスクリーン・テストに手が回らないのと、推薦されたこのテストが軽い自閉症には十分敏感でないことが、対応の悪さだったようです!自閉症の早めの検査は、本当に素晴らしい考えですが、この問題に意欲的なオバマ大統領のチームであっても、この事は、とても困難なことでしょう

Photo_3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ダウン症の英語論文を要約しているブログの紹介!≫

        ■■■【2009年11月=更新!】■■■

   ■ダウン症の英語論文を要約してブログの紹介!■

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

_rotavirus_children_2

もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_2

昨年5月に三人目のお子さん(プリンセス)が授かった医療翻訳を目指していたブログ名「働く主婦の独り言」の家族に思わぬ出来事が!生まれたお子さんに、ある不測の事【←詳細はクリック!】が!

今年11月の事なのでしょうね?ネットサーフで13歳のダウン症の男の子ダウン症の健康問題についていろいろな情報を提供をウェッブサイトで小児科医でもある父親が1997年から今日まで配信し続けている!その貴重な情報を要約して公開しているのです

Photo_3

情報や本舗の「自閉症&ダウン症」のカテゴリー・ページにも多くのヒットがあり、是非是非情報を求めている方にとって役立てばと思い「働く主婦の独り言」の管理人さんに連絡をとってリンクを貼ることの許可を頂きました!是非!是非!読まれる事をお奨めします!この翻訳サイト13歳のダウン症の男の子のお父さんであり、小児科医でもある人が作っているサイトだそうで、ダウン症の健康問題についていろいろな情報を提供してくれているとのことでした!


             ■■■【ダウン症関連論文】■■■

お断りが一つ!私のブログにて書き込みしている「糖質栄養」を働く主婦のお子さんが摂っていることはブログ内に書き込みがありますが以下の「働く主婦の独り言」さんの翻訳文のダウン症候群のお子さんが摂っていたわけではない事を強調しておきます】

■ ダウン症関連論文(1)  ←クリック  ≪思春期前のダウン症児のレプチン値を兄弟と比較したもの≫

■ ダウン症関連論文(2  ←クリック! ≪ダウン症児の認知症と死亡率

■ ダウン症関連論文(3) ←クリック! ≪ルームランナーを使ったダウン症児の(歩行)訓練~根拠に基づいた発達成果

■ ダウン症関連論文(4)  ←クリック!  ≪ダウン症児の母親が、産後に受けたサポート(告知含む)について振り返る ≫

■ ダウン症関連論文(5))  ←クリック!  ≪学齢に達したダウン症の子どもの医学的側面 ≫

ダウン症関連論文(6) ←クリック   ≪ダウン症児の睡眠の特徴≫

ダウン症関連論文(7) ←クリック  ≪ダウン症者発話言語理解の長期的な変化を予測する≫

ダウン症関連論文(8) ←クリック   ≪ダウン症者の身体測定値(頭蓋顔面部と身長)の年齢による変化

ダウン症関連論文(9) ←クリック   ≪成人ダウン症者の言語障害に対するドネペジル投与:24週間に渡る予備的なオープン試験

ダウン症関連論文(10) ←クリック   ≪ダウン症児に、新生児の時期にチロキシン投与を行うと2年間の発達と成長にどのような効果があるか:無作為化臨床試験


| | Comments (8) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪自閉症の子供等10万人調査≫≪米国立衛生研究所(NIH)が開始≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Saibou_denntatu_1免疫細胞が会話をしている貴重な写真です!(日経サイエンスー2006年より)                               


⇒【この画像の解説
クリック!・・・日経サイエンスの本には左にもう一個の細胞が・・・・


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo

2006年12月19日、アメリカで Combating Autism Act of 2006 【自閉症対策法】が成立していました!この法律は自閉症に対する社会の認知を高め、自閉症児・者への支援と研究を促進させると言うことで、連邦議会を承認通過して、ブッシュ大統領が署名した自閉症対策の法律でした。

翌2007年11月30日には米国小児科学会(AAP)が自閉症スペクトラム障害をもつ小児の発見および対処法について2つの勧告を発表しました。


Photo_2

【第1の報告】は、自閉症スペクトラム障害の発見方法を詳細に示したもの【詳細はコチラ!】 ←クリック

【第2の報告】は、自閉症と診断された後の対応に焦点を当てたもので、早期介入の重要性を強調。自閉症が疑われる場合は、診断が確定するのを待たずに、できる限り早く介入治療を開始するよう推奨している。少なくとも週25時間、1年間の治療が必要だという。

Photo_3

2006 年成立の自閉症対策法に対して2007年予算では一億ドル (120億円)を計上【ホワイトハウスの発表による】そしてこの法律は、全米規模で2011年まで、自閉症やそれに近い症候群に関する予算を計上し、各地に拠点を設けることなどが盛り込まれていたわけで、

Photo_14

この以下のニュースは、生活環境や遺伝によって、自閉症や肥満・学習障害・小児糖尿・小児ぜんそく・出生異常など対策をしているにも関わらず近年増えていく現況を危惧してのアメリカ政府の対応でしょうか?10万人を出生前から21歳まで追跡する「全米子ども調査」を来年から始めると発表したのです!

総費用は、なんと32億ドル(約3370億円)に上るという。大学や病院、政府機関など全米約40カ所の拠点施設で、妊娠中や妊娠予定の参加希望女性を募り、生まれた子どもの健康診断データや遺伝子のほか、住居内のごみや飲料水といった環境試料も収集、発症した病気などとの関連を解析するという!
Gmp


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪自閉症の新しいガイドライン≫≪発見方法!≫≪米国小児科学会≫

Photo_5【2010年8月更新!】ある医療研究所での≪自閉症の臨床データ≫


Asea

ある栄養素の不足が、現代病の共通する原因となっていると考えられる【食源病!】この栄養が足りれば、私達は自己治癒力が向上し、健康を回復できることが可能に【自然治癒力をとりもどす!】ということが分っています

Photo_6

米国小児科学会(AAP)は、自閉症スペクトラム障害をもつ小児の発見および対処法について2つの勧告を発表しました

20071108hjab8000_08


【第1の報告】は、自閉症スペクトラム障害の発見方法を詳細に示したもので、その兆候は

■両親や世話をする人を見つめるとき、嬉しそうな表情がみられない
■生後5カ月ごろ以降、親子の間での喃語でのおしゃべりがない
■親の声を認識しない。親が子どもの名前を読んでも振り向かない
■目を合わせない
■9カ月を過ぎても喃語(なんご=片言を言う)が出ない
■手を振る、指差すなどの身ぶりが少ないか、全くない
■反復的な行動がある

言語が発達するころに明確に現れる危険信号は以下のとおり:

■16カ月までに単語が出ない
■1歳までに喃語がなく、指差しなどの身振りによる伝達もみられない
■2歳までに2語文が出ない
■年齢にかかわらず、言語能力が低い

Photo

小児の発達には大きな個人差があるとして親を安心させる傾向があるために、小児が正式に自閉症であると診断されるまでに1年以上を要することもあり、治療に最適な時期を逃してしまうことがある(ニューヨーク大学小児研究センターMellissa Nishawala博士)ですから、たとえ親が特に心配していなくても、生後18カ月から24カ月の間にすべての小児について共通のスクリーニングを実施するよう推奨している。

Chek


【第2の報告】は、自閉症と診断された後の対応に焦点を当てたもので、早期介入の重要性を強調。自閉症が疑われる場合は、診断が確定するのを待たずに、できる限り早く介入治療を開始するよう推奨している。少なくとも週25時間、1年間の治療が必要だという。

小児科医へは家庭で行われる可能性のある補完療法代替療法を知っておくよう推奨している。例えば、自閉症改善のために子どもにカゼイン・グルテン除去食を与える親がいるが、栄養障害を生じる危険もある     ≪2007年HealthDay Newsより≫

Photo

アメリカでは数年前から「リタリン」と言う薬を自閉症児・ADHDの子らに使われている事実が問題視され続けてきていました【風刺漫画で学校にダンプカーが横付けで満載の「リタリン」を荷降ろししている】なぜなら「リタリン」はマリファナなどと同類項の基準の薬だそうだからです!
つい最近日本でも抗ウツ剤として処方どおりに使用せずに問題提起されてマスメディアでも取り上げられていましたが!抗ウツ剤としては使用しないということで野放し状況【自閉症・ADHDに使用は医師のモラルの問題】
小児科で投薬されていると言う話も聞こえ始めています

Photo_8

3年ほど前に、清田区美しが丘で開院の”ながの小児科”の院長長野先生が「リタリン」を日本の子供に使い始めだしてしまったら大変なことになってしまうと懸念され、以前からの「食育」は勿論、今回の自閉症ガイドラインにも小児科医に提唱されている補完栄養も取り入れられている”子供の健康”を最優先に考えられている先生です

Photo_3■アメリカの風刺漫画ではダンプカーに満載の「リタリン」!を小学校の校庭に荷下ろししている・・・・日本でも密かにこんなことが起きつつあるのですから怖い話です

| | Comments (0) | TrackBack (1)

≪情報や本舗≫≪自閉症について!≫

Photo_6■「防災ハンドブック・・・【支援者向け】&【本人・家族】&【助けてカード】

2010e4b896e7958ce887aae99689e79787e
Grant_2

偶然にも今日!4月2日は国連が定めた「世界自閉症啓発デー」である、改めて「自閉症」を調べてみることにした。いまや、日本では1,000人に1か 2人の発症率、どこまでを自閉症の範囲とするかによって発生率は大きく違うようだが、「自閉症」推定36万人!知的障害や言語障害を伴わない高機能自閉症(アスペルガー症候群、またはアスペルガー障害)など含めると120万人いるといわれているとのことです・・・・【日本自閉症協会調べ】

Cztitle自閉症は生まれつきの障害で、脳に何らかの先天的な障害があり、そのことで様々な症状を引き起こしていると言われています!今のところ、原因は明らかにはされていません

Photo_2


「自閉症」という言葉からして、他人との関わりを拒否して自分の殻にこもる「引きこもり」と混同されがちですが、実際は全く違うらしい、自閉症の特徴的な症状としては、ザックリ?と言うと「ことばの発達の遅れ」・「対人関係の難しさ」・「特定の物や場所へのこだわり」とこの3つが挙げられると・・・・

自閉症児の80%は、知的障害が伴い、この目安としては一般的だがIQが70未満ということ!知的障害が重ければ「重い自閉症」とされ、この症状の程度によって知的障害を伴わないものを高機能自閉症やアスペルガー症候群と呼ぶらしい

Photo_3

現代医学では根本的な原因を治療する事は不可能とされているのだが、自閉症の治療は療育(治療教育)を中心に行う【療育の基本となるのは行動療法】=社会との摩擦を減らすために、望ましい行動をサポートし、ふさわしくない行動をやめさせる方向にもっていく治療法が療育らしい・・・・・【リサーチ・ナビ国立国会図書館より一部抜粋】

Grant_3

Cahmb7d2

原因が完全に究明されていない現在、疫学・予防策は確立されていない時には症状によって薬を使うこともありますと!何のクスリかは知りませんがリタリンは使っては、欲しくないですね、ここにきて「リタリン」を日本でも多く使い始めたようです!


Photo_4


糖質栄養素と関わった時にアメリカの小学校の子ども達に「リタリン」を処方することが多いことから風刺漫画で学校にダンプカーで「リタリン」を積み下ろしする図が!アメリカでは、リタリンは塩酸メチルフェニデートの一般名で知られ、アメリカ合衆国麻薬取締局の「目録II」の麻酔薬として分類されています【コカイン、モルヒネ、アンフェタミン1と同じ分類です】

アンフェタミン:強力な中枢神経刺激剤・・聞いたことがあるでしょう!■「スピード」と呼ばれる覚せい剤です■

Photo■右の「お気に入りリンク」の”ながの小児科”の先生は多くの医師がこのようなクスリを使い始めることになれば、子ども達の健全で健康な未来は無くなってしまうと危機感をお持ちです


Drug


リサーチ・ナビ国立国会図書館の「自閉症について調べる」のページ最後に自閉症児や家族を支援する日本自閉症協会のホームページが紹介されていて、そこには自閉症の理解を深めるためのパンフレット「自閉症の手引き」や自閉症の判断基準、発達障害者支援法などの各種情報を掲載しています

P015

各種情報という所に「防災ハンドブック」といって万が一に震災の起きた時に自閉症の人は、とっさに気持ちを交わすことが難しく、災害時、突発的な状況の急変を読み取れない、そこで対策ガイドラインを小冊子にした物をインターネットでダウンロードできる


■ 防災ハンドブック(支援者向け  

■ 防災ハンドブック(本人・家族向け  

◇ 助けてカード

Caxdbdv4Photo_5


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪アメリカで自閉症対策法が成立 !≫

Photo_5【2010年8月更新!】ある医療研究所での≪自閉症の臨床データ≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Header_3

子どもたちの身体の健康・脳の健康を広めている故”七田真”さんの右脳開発による「七田式教育研究所」や”鈴木昭平”さんが始められた「エジソン・アインシュタインスクール」でも【糖質栄養素】を摂りいれている、お子さんが多いようです

Side_ttl_3お問い合わせ・資料請求】⇒ 【コチラ】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo_2

2006年12月19日、アメリカで Combating Autism Act of 2006 (自閉症対策法)が成立しました!

日本でも自閉症と言う言葉が聞こえ始めていますし論議もされてはいますがその対策は?アメリカでは、ついに成立したようです。自閉症に対する社会の認知を高め、自閉症児・者への支援と研究を促進する法律が連邦議会をとおり、ブッシュ大統領が署名しました!

200pxgeorgewbush


ホワイトハウスのウェッブサイト記事です
http://www.whitehouse.gov/news/releases/2006/12/20061219-3.html

この法律は、全米規模で2011年まで、自閉症やそれに近い症候群に関する予算を計上し、各地に拠点を設けることなどが盛り込まれています。はっきりと研究に重点が置かれた法律になっています。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

主な要旨は以下に↓

■【The Act Authorizes Research Under NIH To Address The Entire Scope Of Autism Spectrum Disorder (ASD).】■

Banner_nimh

NIH (国立衛生研究所)の主導のもとで、自閉症スペクトラム全体を視野に入れた研究を進める、各地域に自閉症の研究と疫学のためのセンターを設置する。・・・・・・・・・・・

ホワイトハウスの発表によると、2007年予算では一億ドル (120億円)ということらしいです。日本は,どうなのでしょうか?
450pxwh_from_north

以下のリンクは、ホワイトハウスの発表です。

自閉症は社会性や他者とのコミュニケーション能力の発達が遅滞する発達障害の一種で、ただ単に「自閉症」という場合は、低機能自閉症の事のみを【フリー百科事典ウィキペディア


≪微量栄養秦の健康回復に役立つ可能性については想像の域を超えているのです≫Photo_16

「…人間の体は、それを構成している一つ一つの細胞が正常なバランスを取っていれば病気にならない。また、細胞を正常に働けるようにしてやれば、病気は治る。 細胞に栄養を与えることが、これからの新しい医学である。」

「…病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の修復能力である。それを のに最も大切なものは、食べ物に含まれる栄養素である…」


Photo_8

ある人が島根でハンディを持った児に情報交換などの活動をしている「七田まこと」さんの会に伝えたことが・・・多くの自閉症・ダウン症・多動症・・・・の子らに質の改善【クヲリティ・オブ・ライフ】をもたらし始めたのですね!まこと会の掲示板を見てください!⇒
まこと会の掲示板のウェッブサイト

Photo_7


まこと会の掲示板には、多くの親御さんが投稿された改善回復例がありました!現在公開されていませんが2005年から2007年当時のウェッブ内での記載掲示板の記事はファイル保存して手元に有ります!004_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

≪アンビットの新聞紙上記事≫ | ≪アンビットの登録≫ | ≪アンビットのQ&A≫ | ≪アンビット・エナジーについて動画で・・・≫ | ≪アンビット・エネルギー(Ambit Energy)≫     | ≪アンビット・・・=ペイジーの支払い方法≫ | ≪アンビット創業≫ | ≪アンビット概要ビデオ≫ | ≪アンビット登録方法≫ | ≪供給地点特定番号≫ | ≪切り替えのお手伝い≫ | ≪安くなるカラクリ?≫ | ≪新電力を創り出す新テク!≫ | ≪新電力会社の販売ランキングで≫ | ≪経済産業省の作成の公開ビデオ≫ | 【がん・ガン・癌のはなし】 | 【アセア=ASEA】 | 【アメガワンド】 | 【アルツハイマー・認知症】 | 【インフルエンザ】 | 【エネルギー問題】 | 【オリンピック&スポーツの祭典】 | 【サプリメントウオッチ】 | 【スーパーボウル】 | 【フェルメールの画】 | 【フラッシュモブ】 | 【ミトコンドリア】 | 【ワイン・ワイナリー】 | 【中村天風】 | 【伝説スピーチ】 | 【偶然が生み出す発明&発見】 | 【免疫反応・応答反応】 | 【再生医療・幹細胞】 | 【北野たけし・ビートたけし】 | 【医食同源】 | 【原理原則】 | 【子供に影響を与える栄養】 | 【宇宙・科学・物理】 | 【放射能・原発問題】 | 【日本ハムファイターズ】 | 【日本野球連盟】 | 【時の話題・はなしのネタ】 | 【有名・著名・芸能人の訃報記事】 | 【未曾有の大震災】 | 【栄養・食べもの】 | 【植物ってえらい!植物ってすごい!】 | 【歌川国芳の浮世絵三昧】 | 【母乳】 | 【気になる・お肌のはなし】 | 【気になる本・書籍】 | 【水に関する話】 | 【注目のエネルギー】 | 【注目のテクノロジー】 | 【浮世絵】 | 【浮世絵ー葛飾北斎】 | 【浮世絵-国芳の猫三昧】 | 【浮世絵・艶(え)本】 | 【知って得する話】 | 【科学の文献資料】 | 【科学の検査データ】 | 【糖尿病・肝炎・難病・奇病】 | 【糖鎖】 | 【細胞のお話】 | 【脳梗塞・脳疾患】 | 【自閉症・発達障害・ADHD】 | 【著名な作家・書家・画家】 | 【著名な科学者たち】 | 【話題のTV番組放送】 | 【認知症・アルツハイマー】 | 【誰しもが飲む水の話】 | 【警告!警鐘!】 | 【金貨のプレゼント】 | 【長寿の秘密】 | 【鳥インフルエンザ特集】 | 【ASEA・・・アスリート】