【時の話題・はなしのネタ】

≪生きること(生命)と食べること(食)≫≪物理学者「村山斉」≫≪雑誌「フォーブス」(Forbes )の記事より)≫≪情報や本舗≫

147a223a601ce32c64b3a23046fc5c67

2050年、私たちの生活は どうなっているのだろう。そんな疑問から、フォーブス(Forbes JAPAN)は「食べる」というテーマで話を語ったのは なんとあの宇宙物理学者・素粒子物理学者の村山斉教授でした
Images_14


アメリカのバークレー大学から国の要請で 東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)に初代機構長として 11年にわたって務め、宇宙にまつわるさまざまな謎に挑んでいる「村山斉博士」です

食べることは、人間が宇宙の一部であることを象徴する行為であると同時に、これからの時代、人は食べることによって未来をつくるアイデアを生み出すようになるだろうと村山教授は語った。


≪食事」は宇宙の循環の一部≫

Images_10_2まずお聞きしたいのは、宇宙物理学者にとっての人間という存在についてです。

宇宙はおよそ138億年前に誕生し、空間的には138億光年という果てしない広がりを持っています。対してひとりの人間は、長くても100年ぐらいしか生きられませんし、大きさもせいぜい2メートルぐらい。つまり、宇宙の時間と空間の尺度からすれれば、人間はきわめてちっぽけな存在でしかないわけです。

ところが、そのちっぽけな人間が、138億光年の宇宙のことを考え、思いを巡らすことができる。それがものすごく面白いと思います。人間というのは不思議な存在ですね。

Images_10_2
──人間が食べることの意味をどのようにお考えでしょうか?

食べるという行為は、「宇宙の物質循環の一部」だと言えるかもしれません。

Images_10_2
──どういうことでしょうか?

そもそも、私たち人間の身体を構成する元素は、宇宙の長い歴史のなかでつくられたものです。およそ138億年前のビッグバン直後の宇宙には、元素としては水素とヘリウムしか存在していません。その水素とヘリウムが集まって恒星ができ、核融合反応によってさまざまな元素がつくられました。

Images_17

恒星が寿命を終えて爆発すると、それらの元素が宇宙空間に放出されます。こうした元素の塵が集まって、新たな恒星や惑星がつくられます。星が生まれて爆発し、そこからまた次の星が生まれる。この宇宙の物質循環のサイクルのなかで、地球もつくられました。その地球で生命が誕生しました。

Images_10_2
──宇宙の壮大なストーリーのなかで、人間は生まれてきたということですね。

人間は、1年も経つと物質的にほとんど入れ替わると言われています。古い細胞は死に、新しい細胞がつくられる。食べることは、その循環を成り立たせる重要な営みです。

生命が循環によって維持されるのは、生命が宇宙の循環のなかで生まれたからなのかもしれません。つまり、人間もこの循環と無縁ではいられない。食べることは「宇宙の物質循環の一部」というのはそういう意味です。
アイデアを生むために食べる

Images_10_2
──では、その食べるという行為が、2050年にどうなっているとお考えでしょうか。

人間は長い間、生きるために食べてきました。ところが現代においては、人は必ずしも生命維持のためだけに食べているわけではありません。現代の先進国では、基本的には食べものが確保され、美食を追求している人もいます。一方で、食べることを栄養補給と割り切って、サプリメントなどを日常食にしている人もいます。

こうした傾向は、現代社会の成熟ぶりを見ていると、今後ますます強まっていくように思えます。たとえば肉体労働がロボットで置き換えられるようになると、人間の運動量が減り、補給しなければならないエネルギーや栄養の量も、今より減っていく可能性があります。そうなると、生命維持のために食べるという意味合いがさらに薄まっていくでしょう。

Images_10_2
──食べることの意味が多様化しているということですね。

もうひとつ付け加えたいのは、食べることがアイデアを生む触媒の役割を果たしているということです。Kavli IPMUでは、毎日15時に研究者たちが集まり、おやつを食べながら、コーヒーやお茶を飲みながら話をする「ティータイム」という制度を設けています。このティータイムでの雑談からいくつも新しい研究が生まれています。

2

Kavli IPMUは、数学・物理学・天文学の研究者が集まって、宇宙の根源にまつわる謎を解き明かそうとしている研究機関です。宇宙の謎を解明するには、ひとつの学問分野だけでは太刀打ちできません。分野の垣根を越え、知恵やアイデアを結集する必要があります。

ところが、せっかくひとつところに異分野の研究者を集めても、研究者が研究室にこもっていたのでは、分野を跨いだ連携は生まれません。異分野の研究者が気軽に集まり話せる場として、IPMU創設時からティータイムの制度を導入しています。

Images_10_2
──ただ話すのではなく「食べる」のが重要ということでしょうか。

顔を合わせて、食べながら話すのがミソです。Kavli IPMUの研究員は世界中を飛び回っていますし、世界中の研究機関と共同研究もしています。オンラインのビデオ会議も日常的ですが、実際に会って話した方がコミュニケーションが深まります。


Images_18


≪2018年「流行語大賞」となった・・・「そだねー!」のカーリング女子が「モグモグタイム」でも話題となりましたが まさに食べながら話していましたよね・・・モグモグと≫

Images_3


そこに食べるが加わるとさらにいい。食べることで生存本能が満たされてお互いリラックスするのか、発想が自由になります。実際、ティータイムから新しい研究が生まれてくる瞬間を何度も目にしました。「同じ釜の飯を食う」という諺もあるように、一緒に食べることで安心感が生まれ、思考が活性化するのかもしれません。

Images_10_2
──食べることから最先端の研究がいくつも生まれてくるんですね!

こうした仕組みは、すでに世界中で数多くの研究機関や企業が取り入れています。社内に社員が自由に集まれる場所があり、そこは社員がリラックスして遊べるようになっている。小腹が空いたときにお菓子を食べられるスナックバーもあり、そこで食べながらの雑談から、新しい商品やサービスが生まれてくる。日本企業でも導入例が増えているようですね。

社会がこれからますます成熟していくことを考えると、アイデアを生み出すために食べる流れも一層強まるでしょう。2050年の未来は、食べることから生まれたアイデアによってつくられるのかもしれません。

Images_14_2


むらやま・ひとし◎東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)主任研究者。1964年東京都生まれ。1991年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。理学博士。東北大学助手、カリフォルニア大学バークレー校教授などを経て、2007年から2018年10月14日までKavli IPMUの初代機構長を務めた。専門は素粒子論・宇宙論。『宇宙は何でできているのか』(幻冬舎新書)はじめ著作多数。メディアを通して研究成果を伝えることにも力を入れる。難解な素粒子論・宇宙論を分かりやすい言葉で語る。

Images_13

Continue reading "≪生きること(生命)と食べること(食)≫≪物理学者「村山斉」≫≪雑誌「フォーブス」(Forbes )の記事より)≫≪情報や本舗≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪生きること(生命)と食べること(食)≫≪生物学者「福岡伸一≫≪情報や本舗≫

Images_17

先ずは 「生物と無生物のあいだ」で有名な生物学者である福岡伸一氏は、生命と食に関してわかりやすいお話をされています 「生命と食」~生物学が示す”食べ方”=”生き方”その講演内容から抜粋して書き込み

-------------------------------------
の理由~

◆生きることと食べることの意味

ルドルフ・シェーンハイマーというドイツに生まれアメリカに亡命した一人のユダヤ人科学者が、とても重要なことを発見していました。彼は、食べ物は単なるカロリー源ではないということを明らかにしたのです。

シェーンハイマーの実験は非常にシンプルなものでした。ネズミに食べものを食べさせて、その食べものの分子がネズミの体の中に入ったあと、どこへ行き、どうなるかを追跡していったのです。


Images_11

目印をつけたアミノ酸は全身に飛び移り、その半分以上が、脳、筋肉、消化器官、骨、血管、血液など、あらゆる組織や臓器を構成するタンパク質の一部になっていました。食べものはネズミの体の一部となって、その場に留まっていたのです。

しかし、その三日間でネズミの体重は増えていませんでした。このネズミは大人のネズミだったので、成長しないで、ほぼ同じ体重に留まっていたのです。

このことから、食べものは体のなかに入って、体の一部に変わるけれど、もともとそこにあった分子は分解され、体の外に捨てられた、ということが考えられます。


Images_10

つまり、食べものの分子は、単にエネルギー源としてっもやされるだけではなく、体のすべての材料と菜って、体の中に溶け込んでいき、それを同時に体を構成していた分子は、外へ出ていくということです。

体というふうに見えているものは、そこにずっとあるわけではなくて、絶え間なく合成され分解されていく、流れの中にあるのです。


Images_16


食べるという行為は、これまで見たとおり、生命や健康に第一義的に関わってくるものです  生命は絶え間なく分解と合成を繰り返す、ダイナミズムの中にあります。そして、食べ、生きるということは、体を地球の分子の大循環にさらして、環境に参加することにほかなりません。食物の分子はそのまま私たちの分子になる。


食物とはすべての生物の身体の一部であり、食物を通して私たちは環境と直接つながり、交換しあっています
以上、生物学者「福岡伸一」氏の「生物と無生物のあいだ」・・・2008年の講演より抜粋


Continue reading "≪生きること(生命)と食べること(食)≫≪生物学者「福岡伸一≫≪情報や本舗≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪観測史上最も遅い初雪≫≪128年前というと1890年のことである≫≪その時何が≫≪情報や本舗≫

>Mig


2018年11月20日、札幌で観測史上最も遅い初雪! 強い寒気が南下して 未明に札幌でみぞれが確認され、札幌で初雪を観測したと発表されました なんとなんと128年前の1890年と並ぶ観測史上最も遅い初雪だと

いつもの年より23日遅く、昨年より28日遅い観測と言う事で 


128年前と言っても? その前後にどんな歴史上の出来事があったのか 1877年 (明治10年)に あの西郷さんが命を絶たれた■西南戦争が 同じ年に多くの学生があこがれる(入るのが難しい) 1877年 (明治10年) ■東京大学設立  1882年 (明治15年)にはすでにパンダ人気では全国にこの名前が ■上野動物園開園  その翌年には文明化開化の音がすると教科書でもうたわれた 1883年 (明治16年)■鹿鳴館の完成

6

そして1890年の前年の1889年 (明治22年)に ■大日本帝国の憲法が発布されたのです そして15年後に大日本帝国は ■日露戦争へと進んでいくのです・・・それ以来の「初雪」なんです

当時の歴史上の名だたる人物を年齢順に列記してみると あんな人!こんな人!まだまだ幼少の人々の


7109mtz6ayl


【高齢者】 榎本 武揚 69  徳川(一橋) 慶喜69 渋沢 栄一65  

【働き盛り】 高村 光雲 53   明治天皇53 高橋 是清51  内村 鑑三44  二葉亭 四迷41  津田 梅子41  夏目 漱石38 幸田 露伴38 

【活躍の期待される人】
吉田 茂27 有島 武郎27 永井 荷風26 大正天皇26  高村 光太郎22  鳩山 一郎22 石橋 湛山21  東条 英機21  

【成人前に幼少の砌の人】
谷崎 潤一郎19 古今亭 志ん生15 近衛 文麿14 河合 栄治郎14   芥川 龍之介13 淺沼 稲次郎7  阪東 妻三郎4  小林 秀雄3 美濃部 亮吉1 堀 辰雄1   榎本 健一1


Photo

Continue reading "≪観測史上最も遅い初雪≫≪128年前というと1890年のことである≫≪その時何が≫≪情報や本舗≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪アップル創業者の一人⇒ウォズニアック≫≪素数37のお話≫≪回文構造≫≪情報や本舗≫

Images_16

Appleが好きなら誰しもが知る、アップル創業者の一人ウォズニアック、過去にはウォズの魔法使いと言われたウォズニアック氏も64歳になったわけですが、2015年ハッピーニューイヤーのメッセージで『2015年は「数学的な響き」だ』とコメントしたそうですよ

2015という数字は、数学的です 20 は、4×5、15は、 3×5 に分解できます

さらに、2015を因数分解すると5*13*31で13と31は共に素数でひっくり返した数でもあり、1331は回文構造になっている

Images_19


2015を二進法で表すと11111011111でこれまた回文構造である


2015は8を底とすると3737=2015÷8・・・・私は37を特別な数字だと思っています、その理由の1つは脂の乗った素晴らしい年齢だから、そしてもう1つは初めての不規則な素数だからです!


『10進法を8進法に変換して計算すると

・10進数2015を8進数に変換

2015÷8=251・・・7(1桁目)

251 ÷8=31 ・・・3(2桁目)

31  ÷8=3  ・・・7(3桁目)

3   ÷8=0  ・・・3(4桁目)

よって、答えは3737になる。

Moneybss

ところで、「回文」とは回りくどく、怪なる文ではないですぞ!上から読んでも、下から読んでも同じ⇒ご存知でしょ「磨かぬ鏡」「竹藪焼けた」もちろん英文でもあります「Madam, I'm Adam」(マダム、私はアダムです)

回文は英語ではpalindromes(=回文)というらしい。数字では以下に

【99にある数字を掛けると】

Images_111

【99・・・999に55を掛けると?・・・あら不思議!】

Images_122


今年で64歳になるウォズニアックですがいつも遊び心を持っていていいですね。2015年も彼を見習っていろんなものをユニークな視点で見れるといいな。彼にとって37は特別な数字らしく、それは最小の非正則素数であり、素数に関連していろいろ美しいのが2015のようです

888

回文の里・・・作並というところがあるそうですよ、検索してみると、面白い回文の発見が?

Continue reading "≪アップル創業者の一人⇒ウォズニアック≫≪素数37のお話≫≪回文構造≫≪情報や本舗≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪本のタイトルが?≫≪明日はもう一つの日≫≪風と共に去りぬ≫

Relaciones_publicas


知識や経験や感情から「なぜ」と思われることもあります、それがさらに未来の祝福に預かるチャンスでもあると言う事です 人の世では、やっと積み上げたにも関わらず、急に方向転換をせざる得ない状況に遭遇するし

その事が、大きく流れを変え、運命まで変える事にも発展しかねないことが起こりうることを知っておくべきでしょうね

 96958a9f889de0


かつて、この事がある本におきました、それは「明日はもう一つの日」という本が出版されることになったのですが、出版直前に、同じタイトル名で別の本が出てしまった為に、そのため多くの損失を生み、損害を被ったのですね

本はタイトル名が売れ行きに大きな影響を与えることは多くあります、「明日はもう一つの日」は別なタイトルが、考えられその数24の候補名が!・・・・決まったのは17番目の候補に決まったそうです

Photo

それが、未来の祝福に預かるチャンスともなって、信じられないほどの成功を収めたのです 決まった本のタイトルは、なんとなんと「風と共に去りぬ」だったのです!

一度やり直すことが起きても、その後はかり知れない祝福が隠されていることのお話でした

Continue reading "≪情報や本舗≫≪本のタイトルが?≫≪明日はもう一つの日≫≪風と共に去りぬ≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪お宝発見「ハートマンのバッグパック≫≪ブランドバッグのHERTMANNがなぜか?≫

3年ほど前でしょうか?近くにリサイクルショップがオープンしていて昨年そこで、布製のリュックサック(バックパック)を見つけ手に入れた。プライスはなんと@900!よほど汚れとか破損とか?をヒックリ返し見ても見当たらない

ほぼ新品である、アジを占めて今年のぞいてみた、リュックは数が少なく手提げバックが並んでいたのだが、洋服の陳列しているスペースにまたまた布製のバックが鎮座していた?興味を特に引いたのは下の部分を取り巻く革部分についていたロゴマークだ・・・・ベルティングレザーとツイードのコンビネーション

04281700_5902f6baadc90


これはあまり知られていないことかもしれないが、歴史あるアメリカのバッグメーカーの代物である・・・本物であれば!でもこのメーカーのものはフェイク商品が出回ることはないであろうから、陳列棚から手に取ってみる、金属の
ロゴの貼り付けも間違いなく、おまけに使用感の全くないものだ

Img_1973_2
間違いなく「HERTMANN=ハートマン」の商品だ・・・なぜ持ち主は手放したんだろう?正価では@37.000から@58.000はするはずだ・・・ショップの購入スタッフがハートマンというブランドを知りえなかったのだろう【一つ難点と言えばヴィトンのバッグに良くついている小さなキーがないのがそれかな】


プライスカードを見ると@3.700・・・拾い物だよこれは!すぐにレジに直行した、何でも鑑定団で「やったねッ!」の気分である、家に戻り早速ネット検索…やはり見覚えのマークは「大当たり!」の結果だった

Images_16
米国大統領ルーズヴェルトが 英国首相ウィンストン・チャーチルにプレゼントした。大谷翔平で話題をさらっているベーブルースが好んで使用、007「死ぬのは奴らだ」でボンドが使ったスーツケースとか、この話は聞き及んでいたが

ほかにも第36代米国大統領リンドン・ジョンソン、第41代米国大統領ジョージ・ブッシュ・シニアはハートマンのアタッシュケースの愛用者でもあった
Img_1956

Continue reading "≪情報や本舗≫≪お宝発見「ハートマンのバッグパック≫≪ブランドバッグのHERTMANNがなぜか?≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪この動画!半端ねえって・・≫≪早くも2018年、今年の流行語???≫

半端ねえって・・・言っている人、現在は銀行の行員だそうだ

2008年第87回全国高等学校サッカー選手権大会準々決勝で対戦した滝川第二の主将DF・中西隆裕さんだ!今回ワールドカップで決勝点を挙げた当時鹿児島城西のFW大迫勇也の凄いと言わしめるパフォーマンスに完全脱帽でロッカールームでの泣いて、わめいて、最後は絶賛の中西隆裕さんの動画再生が

11


半端ない・・・昨日だけでなんと450万回だそうじゃ   こちらはその中西さんの「「大迫、半端ないって!後ろ向きのボールめっちゃトラップするもん。あんなんできひんやん、普通!!」

【その後ろ向きでのトラップ・・・・本当に凄いし。半端ねえって】


中西隆裕は関西大学に進み、その後三井住友銀行に就職?「半端ないって」Tシャツにもなって、著作権が発生するならは中西隆裕さんに入るのだろうかね・・・その額!半端なかったりしてね

Images_18


Continue reading "≪情報や本舗≫≪この動画!半端ねえって・・≫≪早くも2018年、今年の流行語???≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪昭和38年の「小学2年生」≫≪日本列島改造論はここからか≫

Images_20

日ハムの本拠地使用球場の札幌ドームで未来の車!大集合と大手自動車メーカーが競って最新の新型カーを出展していた!

そうとう昔になるが、こんな画像を取り込んであった・・・今昔物語?どころかデロリアンに乗って2018年に

Photo


【人気こども月刊誌】

あたらしい東京 空とぶタクシー たいようの光で電気を作るところ

未来に広がる夢  今の東京 絵解き百科 ブーン 空とぶじどうしゃにのって ふじさんの すそのにできた あたらしい東京をけんぶつしましょう わぁ すばらしい町ですね

Img_3


経済成長も高まるなか 都市は目覚ましい変容をとげていく 伸びゆく力とそれに伴う軋轢 夢と希望を乗せて出発…

一コマ目 東京はもうせまくなった
二コマ目 はやくうごかないかな どこのみちもいっぱいだ
三コマ目 ここにまちをつろう ここならひろくていいですね


林立する高層ビルの上を空とぶ自動車が飛ぶ 100年後の首都の想像図   過密化した東京から富士山麓に首都が移転している

Photo_2


たのしい2年生 38年1月号…

Continue reading "≪情報や本舗≫≪昭和38年の「小学2年生」≫≪日本列島改造論はここからか≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪日本酒の蘊蓄ばなし≫≪酒・さけ・酒・・日本の酒≫


7


「純米吟醸」は水と米だけで作った日本酒!「本醸造酒」は醸造用アルコールが少し入っている。「普通酒」はさらに、醸造用アルコール以外の原料も入ったもの・・・・一般的に醸造用アルコールが入っている「本醸造酒」は辛口で純米吟醸は豊潤な口当りが特徴とか

Images_16

お寿司屋さんのお勧め日本酒「大吟醸」に飲みやすさとフルーティーさをバランスよく備えた日本酒」大吟醸は何が違うのか?

大吟醸は原料のお米を5割以上を磨いて作られていて、その磨きが4割だと「吟醸」ということだそうです。純米大吟醸」も醸造用アルコールが添加されていますが、「純米大吟醸」は5割以上も磨いたお米と水だけで作られているため価格も高めです


6


これさえ知っておけばOK!酒の談義のお仲間に入れます

十四代(じゅうよんだい):山形県

獺祭(だっさい):山口県 ...

久保田(くぼた):新潟 ...

田酒(でんしゅ):青森県 ...

八海山(はっかいさん):新潟県 ...

黒龍(こくりゅう):福井県 ...

飛露喜 (ひろき):福島県 ...

越乃寒梅 (こしのかんばい):新潟県

Continue reading "≪情報や本舗≫≪日本酒の蘊蓄ばなし≫≪酒・さけ・酒・・日本の酒≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪老後の試算≫≪郵貯銀行≫≪フィナンシャルプランナー≫

Images_1

総務省が65歳以上の高齢者の推計人口を公表しました。推計で、3514万人となり、総人口に占める割合が27.7%と、初めて200万人を超たそうです。数年前から郵便局などには長寿時代に備えての準備は出来ていますか?とリーフレットなどが・・・


大手保険会社もSNSで100歳まで生きたとしたら?今の収入で足りますかと、各社のフィナンシャルプランナーが試算を公開している

100


100歳までの寿命は、分からずとはいえ、65歳を超えてからの生活費用はどのくらいかかるのか?・・・総務省の2016年「家計調査報告によると、高齢夫婦の平均生活費は月額267,546円(税金等含む)です

Images_3

ほかに夫婦で「ゆとりある生活」を送る上で日常の生活費以外に月額12.8万円が必要では?と考えられていますよ


ではでは,老後資金の不足分はいくらかを・・・総務省の調査によると、無職(収入が公的年金)の高齢夫婦の平均収入は、月額212,835円となっています(郵貯のリーフレットでも22万円となっていました)

Images_2

平均生活費から差し引くと、毎月54,711円の赤字ということに、これもアンケートなどで、この差額どう埋め合わせますかの問いに60%前後の人が⇒貯蓄を取り崩しての生活ということが分かったそうです

Httpsimgixproxyn8sjpcontentpic20180
フィナンシャルプランナーの試算によると・・・仮に、65歳でリタイアして90歳まで生活を送るとすると、約1641万円準備しておかなければならない(差額での「赤字分」=54,711円×12か月×25年)、「ゆとりある生活」を送るには、単純計算で、さらに、3,840万円(12.8万円×12か月×25年)の上乗せが必要ですよと警鐘でしょうか?

Photo

間違いなく,わずかですが、今の生活のままで収入を毎月増やすことが可能な提案を昨年からお知らせしてきました!この情報や本舗のブログでですよ

毎月の電気代が10%前後お安くなる(電力の自由化による特典)ことでつきの電気代使用量にもよりますが、つきに2・3万円も使う人なら、年間で24.000円から36,000円の収入増と同じことでしょう

同意された方は ⇒ ⇒ ⇒

9233_n

Photo


お問い合わせ】⇒ 【コチラ】

Continue reading "≪情報や本舗≫≪老後の試算≫≪郵貯銀行≫≪フィナンシャルプランナー≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧